ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

交流のひろば

サックスが好きな方々のための交流の広場です。

初めての方でも大歓迎です。 お気軽に何でも書き込んで下さい!

この記事の下にある、「コメント」の部分から入って下さい。


Taka


===========<< 新 着 情 報 >>===========

いつもミストなサックスに訪問して頂き、ありがとうございます。
当ブログでは、訪問して頂いている方々には「交流のひろば」をいつも利用して頂いていますが、このたび私の方で「サックス吹きのひろば」というSNSを作りました。

http://takasax.sns.fc2.com/

※ 新規登録から登録して頂ければ、どなたでもご参加頂けます。
※ 新規登録の際は、メールアドレスを間違えないように入力して下さい。(招待メールが届きません)

サックスの大好きな方々の交流の場となればと思っていますので、ぜひご参加下さい。

★12月15日現在で、60名の方にご参加頂いています。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

交流のひろば | コメント:304 | トラックバック:0 |
<<ようこそ、ミストなサックスへ! | HOME | サイトマップ>>

この記事のコメント

はじめまして
中1でアルトサックスを吹いています。
いくつか質問があるのですが…

1.音程なのですが低い音が低く高い音は高くなってしまいます。改善方法を教えていただきたいです。

2.コンクールでのソロのためのオーディションがあるのですが、ソロに合うような、よく響く透き通った音が出せるようになりたいです。
今の音はベーという音だったりこもってしまったりします。
試行錯誤しているのですが同じアルトの人に勝てるような音が出せません。
アドバイスお願いします。

3.お手本にするために吹奏楽に向いた透き通った音のプロの方の音を聞きたいのですが何を聞けばいいのかわかりません…
よければYouTubeやCDで聞けるような、おすすめを教えていただきたいです。

いつも参考にさせていただいていてこのブログを見つけてから音が良くなり感激でした!ありがとうございます!
長文すみません。
2017-02-19 Sun 20:24 | URL | ぽんち #-[ 編集]
> もちさん

こんばんは。管理人のTakaです。返信が遅くなってしまい、申し訳ありません。


> アルトサックスを吹いてるものなのですが、最近配られた楽譜になめらかなメロディがあるのですがやわらかい音色を出すコツってありますか?

やわらかい音色、誰もがあこがれますね。
もちさんは、「やわらかい音色」って具体的にどんな音色をイメージされていますか?

サックスでいい音を出すためには、私のブログの記事の「音色」のカテゴリーにも書いていますが、頭の中に自分の出したい音のイメージをしっかりと持っていることが一番大切です。

まずは、プロの奏者の音をたくさん聴いて、自分の出したい音色、こんな音を出してみたいという音色をまずは探してみましょう。
そして、自分が練習する時に、自分の出したい音色を具体的にイメージしながら練習して下さい。

あとは、アンブシュアをリラックスさせること(噛み過ぎない)、喉を開くこと、腹式呼吸で楽器にしっかりと息を入れることを意識して練習しましょう。

アンブシュア、喉を開く、腹式呼吸、音色の作り方については、私のブログに色々と詳しく書いていますので、サイトマップを利用して記事を探して読んでみて下さいね。


いい音を目指して頑張って下さいね!!!
2016-01-04 Mon 21:43 | URL | Taka #-[ 編集]
アルトサックスを吹いてるものなのですが、最近配られた楽譜になめらかなメロディがあるのですがやわらかい音色を出すコツってありますか?
2015-12-14 Mon 22:39 | URL | もち #-[ 編集]
> りっぱーさん

こんばんは。管理人のTakaです。

下のFの音が低いようですね。
サックスは、もともとが音程の取りにくい楽器ですし、デリケートな楽器ですので、楽器の調整が狂うと音程もだんだん狂ってきます。

また、もともと楽器の個体がよくないものは、特定の音だけ音程が悪かったりしますので、購入時にはプロの先生の選んだ音程のよい選定品を購入したりすることが大切です。

さて本題ですが、変え指を使うと音程が合う程度であれば、大したことはないと思いますが、変え指で音色が変わってしまうのは
ある程度は仕方ないですね。

どうしても気になるようであれば、楽器の調整で改善できる場合もありますので、楽器店のリペアの方に相談してみてはいかがでしょうか。

私も音程があまりにもひどい場合などは、楽器店のリペアの方に楽器の調整でなんとかならないか相談するようにしています。
2015-06-22 Mon 01:33 | URL | Taka #-[ 編集]
前回は有り難うございました!
参考になりました!
で、またもや質問なのですが
下のFが低いのです。
口でも直らないぐらい低くて……
サイドキー押したら合うのは合うのですが
音色が結構変わってしまいます
どうしたらいいでしょうか
2015-06-20 Sat 19:03 | URL | りっぱー #-[ 編集]
> りっぱーさん

こんにちは。管理人のTakaです。
返信が遅くなってしまい、申し訳ありません。

最近、バリトンからアルトに楽器が変わったとのことですので、息のスピードの違いにも戸惑っていると思いますし、アンブシュアもバリトンに比べると少しタイトなアンブシュアになりますので、慣れるまでは少し時間がかかると思います。

さて、下のFあたりから息が入りにくいとのことですが、バリトンに比べるとアルトはマウスピースも小さいですし、アルトの低音域はしっかりと息の量を入れてやる必要がありますので、口の中を縦にしっかりと広げて、喉を開く感じでお腹からしっかりと「ホォーーーーー」という感じで息を入れるようにしましょう。

サックスの低音域は、高音域に比べると息の入れ方や口の中の状態も少し極端に意識してやらないと音が一発で出てくれませんので、その点を頭に入れておきましょう。

低音域の音を一発でしっかりと出すには、まず一番目には、「出したい音を頭でイメージして、その音を実際に声に出して歌うつもりで吹くこと」です。
頭に出したい音がちゃんと出ているイメージを持って吹くと、不思議とその音もちゃんと出ますし、この音は出しにくいんだよねーってイメージを持って吹くと一発で出てくれなかったり、ちゃんとした音が出てくれません。

練習方法ですが、まずは出しにくい音を何度も吹いてみて、その音がちゃんと出ている時の口の状態、息の入れ具合などの感覚をしっかり身体に覚え込ませましょう。

その感覚がつかめてきたら、その音を頭から一発で出す時に、その時の口の状態、息の入れ具合の感覚を再現させる感じで、先に書いたようにその音を頭で歌いながらイメージして吹いてみましょう。


頑張って下さいね!
2015-05-16 Sat 16:22 | URL | Taka #-[ 編集]
こんばんは
最近、バリトンからアルトに楽器が
変わったのですが低音域が思うようにふけず苦戦しております
下のFあたりから息が入りにくくて
一発で音が出ません
高音域は普通に出るのですが....
何かコツとかないでしょうか?
2015-04-22 Wed 21:31 | URL | りっぱー #-[ 編集]
> あるるるるるるるるるるるるるるる さん

こんばんは。管理人のTakaです。返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。

お腹を使うことを意識し始めてからそうなるようになったとありますが、まず楽器の調整に問題はないでしょうか?
実際に見聞きしてみないと正確なアドバイスができませんが、今までちゃんと出ていた音が急に出にくくなったとか、リードを色々と変えて吹いてみてもちゃんと音が出ないということであれば、楽器の調整に問題がある可能性が高いと思います。

楽器の調整に問題がないという前提で話をしますと、口からマウスピースに吹き込む息が広がってしまったりしていませんか?

お腹を意識しすぎて、口から吹き込む息が広がってしまっていると、リードが効率よく振動しませんので、ノイズの多い音になってしまうと思います。

マウスピースの内部の水滴についてですが、私はあまりマウスピースの内部の水滴を意識したことがないので何とも言えませんが、お腹から息をしっかりと吹き込めているとリードやマウスピースの内部に水滴が付きにくくなりますので、悪いことではないと思いますよ。

楽器の調整に問題がなく、リードもズレなく正しくマウスピースにリガチャーで固定されているのでしたら、口から吹き込む息が広がっていないかチェックしてみて下さい。

口からマウスピースに吹き込む息は、ブログの記事にも書いていますが、息を1点に集める感じで、細い息の柱を作るイメージで息を入れるようにしましょう。

お腹を使うことを意識することは非常に大切なことですが、お腹で息を吸って吐く感覚がまだしっくり来ないのであれば、ブログの腹式呼吸の練習の記事で書いているように、まずは楽器を使わずにお腹で息を吸って吐く感覚をしっかりと体に覚えこませた方がいいと思います。

お腹で息を吸って吐く感覚がまだしっくり来ない状態でお腹を意識しすぎると、変なところに力が入ってしまったり、噛みすぎのアンブシュアになってしまったり、吹き込む息が広がってしまったりと、別のところに変な影響が出てしまったりしますので、悪循環になってしまうと思います。

ですので、練習の際には、音がうまく出なくてもあせらずに、肩の力を抜いて、リラックスして練習するようにしましょう。

頑張って下さいね!
2015-04-01 Wed 21:32 | URL | Taka #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-03-30 Mon 15:57 | | #[ 編集]
ここ半年間素直に音が出ません。出たとしても、普通になりやすいリードでもすごく抵抗のあるハズレのリードで吹いているような感覚になります。お腹を使うことを意識し始めてからそうなるようになってきました。何がいけないのでしょうか。今までこういう経験をしたことがなかったので焦っています。あと、それと同じ時期からマウスピースの中の上半分に全く水滴がつきません(下半分は普通についています)。それも何か関係しているのでしょうか。
2015-03-10 Tue 00:33 | URL | あるるるるるるるるるるるるるるる #uG5ZQfPc[ 編集]
> あるるる さん

こんにちは。管理人のTakaです。

> 喉を広げようとすると顎下(?)が膨らみます…普通のことでしょうか?

喉を広げるときは、舌の奥の方を下げるようにしますので、顎の下は少し膨らむ感じになると思いますので、問題ないと思いますよ。

ただ、喉はリラックスさせておく必要がありますので、喉には力が入らないように注意しましょう。


頑張って下さいね!
2014-11-01 Sat 14:00 | URL | Taka #-[ 編集]
喉を広げようとすると顎下(?)が膨らみます…普通のことでしょうか?
2014-10-27 Mon 23:28 | URL | あるるる #-[ 編集]
> ばるとさん

こんばんは。管理人のTakaです。

返信が遅くなり、申し訳ありません。

腹式呼吸についてのご質問を頂きましたが、コメントが管理人にのみ閲覧可能になっていますが、ご質問の内容は非公開ということでしょうか?

もし、非公開ということであれば、メールにてご回答させて頂きますので、大変お手数ですが非公開かどうかをお知らせ下さい。

2014-10-19 Sun 04:56 | URL | Taka #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-10-05 Sun 09:25 | | #[ 編集]
> きゃべちさん

こんばんは。管理人のTakaです。いつも当ブログを見て頂いてありがとうございます。

> 今年、サックス3重奏でアンサンブルコンテストに挑戦してみようと思っているのですが、Takaさんのおすすめの曲はありますか? 編成は、アルト、テナー、バリトンです。
> あまり技術が高くないので(泣)、中学生でも取り組めるような難易度でお願い致します。
> 私たちの唯一の候補に、渡部哲哉さん作曲のカプリッチョという曲があります。
> この曲は初心者の中学生でも演奏できる曲でしょうか?

アンサンブルの三重奏の曲は、以前から当ブログにもたくさんお問い合わせ頂いていますが、曲が少ないのが現状ですね。

最近では、お書き頂いているカプリッチョや、パッション、ガラスの香りなども出ています。
カプリッチョやガラスの香り(三重奏バージョン)もそうですが、WindsScoreから三重奏が色々と出ているようですので、チェックしてみてはいかがでしょうか?

http://brass.winds-score.com/?mode=cate&cbid=119500&csid=2

カプリッチョ(三楽章)、ガラスの香りでしたら、ジャズ調のリズムがちょっと難しいかも知れませんが、ちゃんと練習すれば中学生の方でも演奏できると思いますよ。

カプリッチョとガラスの香りがちょっと難しいようでしたら、上のURLにある、「鳥の眺める朝」という曲が易しくていいと思います。

あと、編成がAATになりますが、個人的には石毛里佳さんの「アカサタ」という曲も面白くていいように思います。

夏のコンクールもそろそろ終わって、次は冬のアンコンに向けて練習ですね。


頑張って下さいね!

2014-08-15 Fri 22:00 | URL | Taka #-[ 編集]
こんにちは。
いつもこのブログを参考にさせていただいています。

中2で吹奏楽部、アルトサックスを吹いている者です。
今年、サックス3重奏でアンサンブルコンテストに挑戦してみようと思っているのですが、Takaさんのおすすめの曲はありますか? 編成は、アルト、テナー、バリトンです。
あまり技術が高くないので(泣)、中学生でも取り組めるような難易度でお願い致します。

私たちの唯一の候補に、渡部哲哉さん作曲のカプリッチョという曲があります。
この曲は初心者の中学生でも演奏できる曲でしょうか?

お返事いただけると嬉しいです。

2014-08-01 Fri 01:32 | URL | きゃべち #-[ 編集]
> いちごさん

こんばんは。管理人の Taka です。もうすぐコンクールのシーズンですね。

中学最後のコンクールでソロが吹けるのであれば、いい思い出にになりますね。

> そこでビブラートをかけるときに、やっぱりお腹でかけた方がいいんですか??
> 教本には口でかける的なことが書いてあって私は今、口でかけています。

ヴィブラートについての質問ですね。

私も記事に書いていますが、サックスのヴィブラートはアゴ(口)でかけるのが基本ですので、口でかけたので問題ありません。
というか、それが基本ですので無理してお腹でかける必要はないですよ。

例えば、フルートとかですとサックスとは音を出す仕組みが違いますので、フルートとかですとヴィブラートはお腹でかけてやる必要があります。

私の場合は、アゴでかけるヴィブラートとお腹でかけるヴィブラートを併用していますが、それが正解という訳ではないですし、基本はアゴ(口)でヴィブラートをかけることができればそれで十分です。

ヴィブラートで重要なことは、演奏する曲、演奏するフレーズに合ったヴィブラートをかけることです。

演奏する曲やフレーズによっては、ヴィブラートの波が大きい方がいい場合もありますし、小さい場合がいい場合もあります。

また、音やフレーズの最初からヴィブラートをかけた方がいい場合、最後の方だけ少しだけかけた方がいい場合などいろいろな場合がありますので、その点は指揮者の先生とよく相談された方がいいと思います。

> あと、私はすぐに口がつかれてばててしまいます。
> 1曲吹いたらすぐばててしまいます。
> 高音など吹くと特にばててしまいます。
> やっぱりアンブッシュアが悪いのでしょうか??
> 確かに私はちょっと締めすぎのアンブッシュアかもしれません・・・。
> あとコンクールまで2週間強しかないのですが治すことはできるでしょうか。

高音域を吹くと特にばててしまうということですので、おそらく噛み過ぎのアンブシュアになってしまっているのだと思います。

噛み過ぎのアンブシュアを治すには、ブログの記事にも書いているように地道な日々のトレーニングで意識しながら、高音域の息の入れ方をマスターする必要がありますので、中学1年生の頃からクセになってしまっているのであれば、2~3週間で治すのは正直言って難しいと思います。

それでも、今からマウスピースを強く噛まないようにして、高音域を吹くときには口の中を狭くして、吹きこむ息で細くて硬い柱を作るようなイメージで、マウスピースを強く噛むことよりも「息をしっかりとマウスピースに通すこと」を意識して日々練習することで、何もしないよりはずっとよくなると思います。

マウスピースを強く噛むクセがついてしまっている人は、マウスピースにしっかりと息を吹きこめていない場合が多いと思いますので、そうなるとさらにマウスピースを強く噛まないと高い音が出ませんのでそれで余計に強くマウスピースを噛むという悪循環におちいってしまいます。

ですので、コンクールまでの間はマウスピースを強く噛まずに、とにかく「たっぷりと息を吸って、マウスピースにしっかりと息を通す」ことを意識して練習して下さい。

しっかりとマウスピースに息を入れることを意識すれば、強く噛まなくても高い音が楽に出るようになると思いますし、強く噛んでいるとマウスピースから息が入りませんので、アンブシュアも強く噛まなくなると思います。


中学最後のコンクール、悔いのないように頑張って下さいね!
2014-07-28 Mon 00:39 | URL | Taka #-[ 編集]
こんばんは。

今日は質問したいことがいくつかあったので
コメントさせていただきます。


まず、ビブラートについてなんですが・・・。
私は、今年の吹奏楽コンクールで
アルトサックスでsoloを吹くことになりました。
ちなみに中3で今年最後です。

そこでビブラートをかけるときに、
やっぱりお腹でかけた方がいいんですか??

教本には口でかける的なことが書いてあって
私は今、口でかけています。


あと、私はすぐに口がつかれて
ばててしまいます。

1曲吹いたらすぐばててしまいます。

高音など吹くと特にばててしまいます。

やっぱりアンブッシュアが悪いのでしょうか??

確かに私はちょっと締めすぎのアンブッシュアかもしれません・・・。

あとコンクールまで2週間強しかないのですが
治すことはできるでしょうか。


お忙しいところだとは思いますが
お返事お願いします。

長文・乱文失礼しました。
2014-07-25 Fri 22:44 | URL | いちご #-[ 編集]
>ましゅまろさん

こんにちは。Takaです。返信が遅くなってしまってすみません。

> 実は学校のセルマーのリガチャーとヤマハのマッピを使ってるのですが
> 組み合わせが悪いのを知って買い換えようとおもっているのですが
> セルマーのマッピとヤマハのリガチャーどちらがいいのでしょうか?

セルマーのマウスピースとヤマハのリガチャーとどちらがいいかというのは、どういうことでしょうか?
セルマーのリガチャーに合わせてマウスピースをセルマーに買えるのがいいか、ヤマハのマウスピースに合わせてリガチャーをヤマハに合わせるのがいいかということでしょうか?

もしそうなのであれば、今まで使い慣れたマウスピースの方に合わせるのがベターだと思います。

マウスピースが変わると、アンブシュアや息の抵抗感が変わるので、マウスピースを変える場合は、かなり慎重になる必要があります。

個体のあまりよくないマウスピースを使用されているのであれば、プロの先生の選定品などに変えると、今までよりも見違えるように吹きやすくなったりしますが、今吹いているマウスピースが吹きやすくて気に入っているのであれば、マウスピースをむやみに変えない方がいいでしょう。

また、マウスピースにしてもリガチャーにしても同じことが言えるのですが、どのメーカーのどのモデルがいいかについては、実際に楽器店に行って自分で試奏して確かめてみるのが一番です。

人の噂や前評判だけで購入して、そのモデルが自分に合っていなかったりすると悲劇です。

私が吹奏楽やクラッシックでセルマーのマウスピースを勧めているのは、吹奏楽やクラッシックではセルマーのマウスピースを使うのが最も一般的だからです。

もちろん、ヤマハでもヤナギサワでも自分に合っていて吹きやすいのであれば、セルマーでなくても全然OKです。

ということで、マウスピースとリガチャーのセッティングに関しては、自分で色々と試してみるのが一番だと思いますので、変えたいと思っているのであれば、今のマウスピースとリガチャーを持って楽器店に行ってみて、自分が変えたいと思っているものと吹き比べてみましょう。


そうすることで、今のセッティングが本当に自分に合っていないのかどうかもよく分かると思います。


2014-05-05 Mon 12:17 | URL | Taka #-[ 編集]

こんにちは^^

あのバリサク吹きなんですが、
今迷ってることがあるんです。

実は学校のセルマーのリガチャーとヤマハのマッピを使ってるのですが
組み合わせが悪いのを知って買い換えようとおもっているのですが

セルマーのマッピとヤマハのリガチャーどちらがいいのでしょうか?

また友達からもセルマーは良いと聞くのですがどこが良いのか分からないです;;

回答お願いします
2014-04-27 Sun 15:04 | URL | ましゅまろ #-[ 編集]
> かりんさん

こんばんは。管理人のTakaです。コメントの書き込み、ありがとうございます。

吹奏楽のことですね。かりんさんの楽団は一般バンドでしょうか?

一般バンドは、音楽専門の指揮者の先生もしくはトレーナーの方がいるバンドとそうでないバンドとでは演奏が大きく変わってきます。

音が停滞してしまうということは、実際にかりんさんの楽団の音を聴いてみないと具体的にどんな感じなのかが分かりませんが、吹奏楽もサックスと同じで基礎ができていないのではないでしょうか。

具体的には、音の出し方に始まって、音の処理の仕方、強弱、ハーモニーなどなど、練習すべきことはたくさんあります。

吹奏楽団で基礎を練習するには、練習の時に「バンド教本」を使うといいと思います。

私が中学生の頃は、ファーストディビジョンというバンド教本があり、各楽器の教本の曲を演奏すると、パート、セクション(木管、金管、打楽器)、全体合奏といろいろな形態の編成で練習することができます。

あと、吹奏楽のための練習曲も色々と出版されていると思いますので、探してみられるといいと思います。

今は私も吹奏楽から離れてしまっていますので、今はどんなバンド教本が出ているのかは分かりませんが、どのバンド教本を使っても、吹奏楽の基礎に必要な要素が盛り込まれていますので、どの教本を使ってもいいと思います。

そして、その教本を使って合奏の時にバンド全体でのロングトーンや音階練習、ハーモニーの練習などを、各パート、セクション、全体合奏の単位でしっかり練習するといいと思います。

ここでは、サックスのことについてのみ触れていますが、基礎練習に関してはサックスだけでなく、他の楽器でも同じようにロングトーンや音階練習、吹奏楽になると色々な楽器と一緒に演奏しますので、音の処理や強弱のダイナミクスレンジ、和音などを各パート、セクション、全体合奏の単位でしっかりと練習することが大切です。

私が昔、新設の一般バンドでコンクール初出場で関西大会まで行ったときは、サックスパートと木管セクションを見ていましたが、音の処理、音程、強弱のダイナミクスレンジ、和音などを各パートごとに結構細かくチェックしていました。

また、近くに吹奏楽の強豪の中学校や高校などがあれば、その学校がどのような練習をしているのかを見学に行くのもいいと思います。

特に吹奏楽の強豪の中学校や高校の合奏練習が勉強になると思います。

高校は中学時代の経験者がたくさんいますので、経験者のほとんどいない中学校の練習の方がいいかも知れませんね。

私も高校1~2年の時は、指揮者の先生が吹奏楽の専門の先生がいなかったので、学生指揮で毎年金賞を取っている学校に練習の見学に行って勉強させてもらったりしてましたよ。

一般バンドの場合は、バンドをまとめる先生のいる中学や高校の吹奏楽部とは違って、いろんな考え方のメンバーがいますので、ただ楽しく吹けたらそれでいいという人から、上手くなって地方大会、全国大会まで行きたいという意識の高い人まで多種多様な人がいますので、中には基礎練習を嫌がる団員もいたりして、個々のメンバーのレベルが大きく違ったりしますので、団員を1つにまとめるのが結構大変です。

そこは、バンドの方向性を明確にして団員全員に周知して、日々の練習の中で意識付けをすることが大切です。

いろいろな方法を試しているとのことですが、とにかくまずはバンド教本などを使ってパート練習の単位からしっかりと基礎練習をすることです。

もし、私がバンドの指導を頼まれたとしたら、まずはそこから取りかかります。


頑張って下さいね!
2014-04-06 Sun 14:49 | URL | Taka #-[ 編集]
こんにちは!
吹奏楽のことなんですが、私の楽団は音が停滞してしまう傾向がありなかなかまえに進めません(*_*)いろいろな方法を試しているのですが、なかなかいい方法が見つからず困っています。なにかいい方法があったら教えてください(>_<)
2014-03-26 Wed 18:16 | URL | かりん #UOb/c8GM[ 編集]
>Takaさん
返信ありがとうございます。
そうですよね、焦ってもなにもいいことないですよね…

私は、須川展也さんに憧れています。須川さん音を日々イメージしながら練習したいと思います。

あと、私はアンブッシュアがよく理解できていない気がします。
どのくらい下唇は巻けばいいのか、どのくらいの力でくわえればいいのか、など…
Takaさんの記事でも拝見させていただきました。私はたぶん、くわえすぎ、噛みすぎアンブッシュアです。汗

レッスンに行くこともけっこう厳しいので、部活がない日などは基礎練習を重点的に自分で練習することにしようと思います。

後輩のお手本となれるよう、頑張ります。
Takaさんの返信でとても勇気づけられました(^^)
ありがとうございます。これからもたのしく毎日練習に励もうと思います♪
2014-03-20 Thu 21:30 | URL | かな #-[ 編集]
> かな さん

こんばんは。管理人の Taka です。コメントの書き込み、ありがとうございます。

返信が遅くなってしまってすみません。

自分の音について悩まれているようですね。

サックスを始めてまだ1年ということですので、まだまだこれからですよ。

自分の理想からかけ離れていると思うようになってきたということは、自分の吹いている音を冷静に聞けるようになってきたということだと思いますので、いいことだと思います。

特に学生の方ですと、学年が上になると先輩たちが卒業して抜けて、新1年生の後輩たちが入ってくると思いますので、焦りを感じているという人もかなさんだけではなく、同じように感じている人はたくさんいるのではないでしょうか。

しかし、焦ることはありませんよ。

サックスは焦ったところで、そんなに急に上達するものでもありませんし、日々の地道な基礎練習の積み重ねが大切ですので、基礎から1つ1つチェックしながらコツコツと毎日練習を積み重ねていきましょう。

他の中学生がどうして上手く吹けるのか?

気にすればするほど焦りは出てくると思いますが、上手な人は基礎練習をしっかりと積み上げていることと、自分の出したい「いい音」のイメージが頭の中でしっかりと持てているからです。

プロのCDとかを色々と聞かれたとのことですが、自分が出してみたい理想の音を出すプロの奏者の方とかはいましたか?

別にプロじゃなくても、上手な先輩がいて、その人のような音を出してみたいというのでもOKです。

まずは、自分が目指す「いい音」を見つけましょう。

そして、その自分が目指す「いい音」が頭で具体的にイメージできるようにすることが、「いい音」を出すためのファーストステップです。

あとは、基礎練習をしっかりと積むことです。

1年間サックスを吹いてきたと思いますが、もう一度基礎から自分の吹き方をチェックしてみて下さい。

・アンブシュア
・姿勢
・腹式呼吸
・息のスピードコントロール

などなど・・・

日々のロングトーン、音階スケール、エチュード練習で、そういったサックスを吹くための基礎をしっかりと意識しながらコツコツと練習していくことです。

サックスを吹く上で、注意すべきことや、音色の作り方などなど、重要なことについては当ブログでほとんど書いているつもりですので、参考にして頂ければと思います。

焦って背伸びをして、急に難しい練習をたくさんしたとしても、逆にうまくいかずにスランプにおちいったりもしますので、まずは落ち着いて基礎の基礎に立ち戻ることだと思います。

新1年生がもうすぐ入ってくると思いますので、新1年生を教えながら自分も一緒になって基礎練習をしっかりとするのもいいと思いますよ。

その方が上手な人を意識して焦って練習するよりもずっと効果があるように思います。

とにかく、上達するには日々の練習の中で基礎練習をコツコツと積み重ねることと、いい音をたくさん聞いて、自分の目指す音を頭の中で具体的にイメージできるようにして、その「自分の目指すいい音」を常に頭にイメージしながら練習することです。

サックスは1日や2日で驚くほど上達するようなことはありませんので、そんなに焦る必要はないですよ。


頑張って下さいね!
2014-03-17 Mon 02:48 | URL | Taka #-[ 編集]
ありがとうございます☆
2014-03-12 Wed 00:07 | URL | ましゅまろ #-[ 編集]
こんばんは。アルトサックスを吹いている中学2年生です。サックスを始めて1年ちょっとになります。

最近、自分の音がぜんぜん思った通りに吹けず、自分の理想からかけ離れているな、と思うことが増えてきました。
始めた当初は、特に何も考えずに吹いていました。
しかし、上手な先輩が抜け、自分がサックスのパートリーダーとしてまとめていかなくてはいっけないという状況になり、焦りや不安がでてきました。
自分は、まだまだ初心者です。
音も薄っぺらく、指が回らなかったり、ピッチが合わなかったり、ヴィブラ―トがかけられなかったり・・・
勿論、たくさん調べたりしました。
実践できることはすぐやり、プロのCDもたくさん聴きました。

なのに、ぜんぜん上達していない気がします。
ぜんぜんサックスの音になっていません・・・泣

同じ中学生でも、他中の人たちはなんでこんなにうまいんだろう、と聴いてていつも思います。
技術的な面だけでなく、内心的な面(?)も勿論大事だと思います。でも自分は上手になりたい!という思いはとても強いです。

長ったらしい文章になりすいません^^;;
まとめとして、
人に「いい音だ」と言われるためにはどうしたらいいか。上達するには。また、何を意識すればいいか、などです。

なにかアドバイス等がありましたら、ぜひよろしくお願いいたします。
2014-03-06 Thu 22:45 | URL | かな #-[ 編集]
> ましゅまろさん

こんばんは。Taka です。

私はバンドレンの愛用者ですので、最近はRICOのリードはほとんど使っていませんので分かりませんが、やすりが付いているのでしょうか。

やすりと言えば、紙やすりですよね?

どういう意図で付いているのかは、メーカーに確認しないと正確なところは分かりませんが、リードに紙やすりということは、おそらくリードの調整用に付いているのだと思います。

当ブログのリードのカテゴリーの記事にも書いていると思いますが、リードは紙やすりやとくさで削ったりして、バランスの悪いリードや吹きにくいリードを調整することができます。

調整の仕方については、「サクソフォーン演奏技法」や「うまくなろうサクソフォーン」等に詳しいことが書いていますので、そちらを参考にして下さい。

調整以外で一般的にリードに紙やすりを使うシーンと言えば、リードの管理の記事でも触れたと思いますが、新品のリードの表面を軽く磨いて、リードの表面がツルツルになるようにするときに使います。

これは、リードを調整するためではありませんので、リードの表面がツルツルになるように、全体的にまんべんなく本当に軽く1~2回こする程度にとどめます。

これをすることで、なにもしないリードに比べると音がクリアできれいに出るようになります。

昔は、スプーンの裏側とかでリードの表面を軽くこすってツルツルにするとよく言っていましたが、今は紙やすりでリードの表面を軽くこすって磨くのが一般的だと思います。

ただし、あまり磨きすぎるとリードが削れてリードのバランスが崩れたりしますので、そこは十分に注意しましょう。

2014-03-03 Mon 02:27 | URL | Taka #-[ 編集]

こんばんは☽

実は、最近新しくリコのレゼルヴをリードが無いので買いました^

それで、一緒にやすり?みたいなのがついてたんです

私もそこまで詳しくないので...やすりの使い方を教えてください><
2014-02-25 Tue 19:23 | URL | ましゅまろ #-[ 編集]
> ゆりかゴン さん

こんばんは。Takaです。返信が遅くなってすみません。

まずはアンコン、お疲れ様でした。

審査員の先生はサックスの方でしょうかね。
アンブシュアで噛み過ぎると、音色や音の響きも悪くなりますし、音程も高くなってしまいます。

「噛み過ぎのアンブシュア」が癖になってしまっている方は、ゆりかゴンさんに限らず、たくさんの方がそうなってしまっているのではないでしょうか?

以前はバリトンを吹かれていたとのことですので、アルトを吹くようになるとバリトンよりも息のスピードが必要になりますので、息のスピードが足りないと、高音域を出すのにどうしても噛んでしまうようになってしまいます。

> どうにかしてアンブッシュアを治す方法はあるでしょうか。。。

アンブシュアだけに限りませんが、悪いクセを直していくには、普段の練習で毎回毎回意識して直していくしかありません。

私も昔、いろいろと悪い癖が付いてしまっていましたが、練習の時にしつこいぐらい意識して、悪い癖が出ると吹くのを止めてすぐに直すように心がけていました。

ロングトーンや音階スケールの基礎練習の中で、息のスピードを意識して、口の中を狭くして、なおかつアンブシュアは上下に強く噛まずに、どちらかと言えば口の両端を内側にすぼめる方を意識して音を出すようにすることです。

噛み過ぎのアンブシュアを直すためにアンブシュアを上下に強く噛まずに緩めるようにすると、今度は口の中が「オー」という感じで広がってしまう傾向がありますので、アンブシュアを緩めても口の中が広がらないように注意する点がポイントになると思います。

発音で言うと、「ユーーー」とか「キューーー」と発音するようにすると、口の両端を内側にすぼめるような感じになると思います。

あと、当ブログの記事にも書いていますが、下唇の役割は何でしょうか?

そうですね。リードを支えるクッションの役割を果たすようにしないといけませんので、強く噛まずに唇の力だけでリードを支えるようにしてやり、リードの振動を殺さないように意識しましょう。

噛み過ぎのアンブシュアにならないように、正しいアンブシュア、息のスピードコントロール、腹式呼吸をしっかりと身に付けましょう。

具体的にどうすればいいかについては、当ブログの記事に詳しく書いていると思いますので、記事の内容をよく読んで、日々の練習でしっかりと意識して練習しましょう。


頑張って下さいね!
2014-02-03 Mon 02:06 | URL | Taka #-[ 編集]
Takaさん、返答ありがとうございます。

スタンドにつまずいて楽器を倒す…というのは思っていなかったです。

でもそういう危険性もありますね。


そのことも考えながら、購入を検討してみます。
2014-01-30 Thu 23:41 | URL | ゆき #-[ 編集]
以前にも何度か質問させていただいた者です。


この前アンコンがあって、その結果が届きました。
審査員のコメントのところにサックス、
噛みすぎているので音が固い、
と書いてありました。

確かに、私のアンブッシュアは噛みすぎていると思います。
でもこれがもう癖になってしまっているんです。
どうにかしてアンブッシュアを治す方法はあるでしょうか。。。
ちなみにサックス歴2年です。
今はアルトサックスを吹いていますが、
前まではバリトンサックスを吹いていました。

これからソロを吹く機会も増えてくるので
もっと柔らかい音が出せるように、アンブッシュアを治したいと思っています。。

もしアンブッシュアを治す方法があれば教えて下さい。。。
2014-01-26 Sun 20:54 | URL | ゆりかゴン #-[ 編集]
> ゆきさん

こんにちは。Takaです。

返信が遅くなってしまってすみません。

> 楽器スタンドを使ったほうが良いと言われ、ネットで探してみましたが、どれが良いのかよくわかりません。
> ハーキュレスは、比較的手頃な値段でしたが、品質はどうなのかわからなかったのと、形も何種類かあるようですし・・・

楽器のスタンドですね。

私もアルトとソプラノの両方を立てられるスタンドを持っていますが、練習の時はほとんど使っていませんね。

というのも、練習の時はスタンドにつまずいて楽器を倒してしまったりするのが怖いからなんですよね。

スタンドについては、特に私自身こだわりは持っていませんが、選ぶときの基準は、スタンドの足がしっかりしてて倒れにくいものを選びますね。

ハーキュレスのスタンドは知人が何人か使っていて、折りたたみもできますし、私も次にスタンドを買うときはハーキュレスのスタンドが欲しいなぁ…と思いつつも1つ持ってますし、普段はほとんどスタンドを使いませんので買うまで至っていないですが、いいと思いますよ。

ちなみに私の持ってるスタンドは、ソプラノを買い替えた時にサービスで付けてもらったもので、どこのメーカーのものかよく分かりませんが、折りたたみができず、分解してもそれほど小さくならないので持ち運びが不便ですし、ハーキュレスのように折りたたんで小さくなるものは便利だと思いますね。
2014-01-25 Sat 16:21 | URL | Taka #-[ 編集]
Takaさんこんばんは!

楽器スタンドを使ったほうが良いと言われ、ネットで探してみましたが、どれが良いのかよくわかりません。

ハーキュレスは、比較的手頃な値段でしたが、品質はどうなのかわからなかったのと、形も何種類かあるようですし・・・


もし、お勧めのものがあれば教えていただけますか。

よろしくお願いします。

2014-01-14 Tue 23:54 | URL | ゆき #-[ 編集]
有り難うございます☆

参考になりました!
2014-01-14 Tue 20:41 | URL | ましゅまろ #-[ 編集]
> ましゅまろさん

こんばんは。Takaです。

あけましておめでとうございます。
本年もミストなサックスをよろしくお願い致します。

音程がかなり低いとのことですが、それはリガチャーを変えてからでしょうか?
前に使っていたリガチャーに戻してみて、音程はチェックしてみましたか?

音程がかなり低いというのが、リガチャーの問題なのか、楽器の問題なのか、それとも奏法に問題があるのかは、実際にましゅまろさんが吹いているのをチェックしてみないと正確なところが分かりませんが、少なくとも前に使っていたリガチャーに戻してみて比べてみると、音程が低くなっている原因がリガチャーを変えたことによるものなのかどうかが分かると思います。

リガチャーもいろんなタイプのものがありますが、リガチャーも少し上の位置で締める場合と、少し下の位置で変わってきますので、リガチャーの位置を数ミリ程度上下して吹いてみてチェックしてみるといいと思います。

> 「毎日、正しい音を聞くようにすればいい」と言われました

ブログでも書いていますが、チューナーやキーボードなどの鍵盤楽器で正しい音程の音を出して、その音をよく聴きながらロングトーンをすることも大切です。

チューナーのセンサーを使うと、音を聴かずにチューナーの針ばかり見て吹くようになりますので、正しい音感が身に付きませんので、正しい音程の音をよく聴いて練習することは非常に大切です。


> 一度、私の学校のアルトの子がメロディーが棒読みになっていると言われていました
> 私自身も自分がメロディーの時も棒読みみたいで...
> なにか、対処法はあるでしょうか...?

メロディーが棒読みになっているということは、極端に言うと「お経」を読んでいるような感じですね(笑)

初心者の方によくある傾向ですね。


楽器は息を入れると音が出ますし、キーを押すと音が変わります。

ですので、サックスを吹くときに、息を入れて音を出して、楽譜に書かれている音符に従って指を動かして音を変えて・・・

ただそれだけでメロディーを吹いていると、まさにお書きのように「棒読み」ならぬ「棒吹き」になってしまいます。

なぜそうなってしまうと思いますか?



それは・・・



自分の頭の中でそのメロディーのイメージがまだ十分にできあがっていないからです。

分かりやすく言うと、楽譜を見てその音符をただ音にして吹いているだけだからです。


歌に例えてみると分かりやすいと思います。

聴いたこともない歌を、ただ楽譜だけ渡されて、それをカラオケで歌ってみると同じようなことになると思いますよ(笑)

それを、自分のよく知っている歌や、自分の大好きな歌をカラオケで歌ってみるのと比べてみると分かると思います。


自分のよく知っている歌や、自分の大好きな曲ですと、テレビなどでよく耳にすると思いますし、CDなどもよく聴いていて、お手本のメロディーが頭にしっかりとイメージできていますので、カラオケで歌うときも頭にあるそのイメージを思い浮かべながら歌うと思います。

歌手のモノマネをする時なんかはどうでしょう?

よりその歌手や歌の特徴が出るように、メロディーを崩してみたり、声や歌い方に色々と変化を付けたりすると思います。

モノマネとかになるとちょっとやりすぎだとは思いますが、普通に自分の知っている曲や大好きな曲をカラオケで歌うのと同じようにサックスで吹いてやるようにすれば、「棒読み」ならぬ「棒吹き」にはならないと思います。

そのためには、お手本になるCDを何度も聴くのもいいですし、CDがない場合は、楽器でそのメロディーを吹く前に、声に出して何度も何度もそのメロディーを歌ってみて下さい。

その歌う時も、お経のように唱えるのではなくて、カラオケで歌うようにいきいきと歌ってみて下さい。

そして、そのメロディーのイメージをしっかりと頭の中に作ってから、その歌ったときと同じように楽器で吹くようにすれば、全然違ってくると思います。


頑張って下さいね!
2014-01-10 Fri 20:27 | URL | Taka #-[ 編集]
こんにちは☀新年、あけましておめでとうございます

今回は、2つほど質問しに来ました

まず、1つは私自身の話です(あ、バリトンです。楽器は)
実は先月、リガチャーを変えました
ヤマハからセルマーに顧問の方に頼んで変えました
前からリガチャーのねじの部分が壊れていて修理の方にも
新しく買い換えるべきと言われたので変えました

しかし、チューニングのべーがこの時期にしてはかなり低いのです
チューナーで言うと...
442→ー20越え  440→ー20付近 (わかりにくくてすいません)
限界まで入れていてもかなり低いんです
しばらく吹いていても多少は高くなるのですが、それでもかなり低いです
それで、修理に出したときに一度相談したのですが
「毎日、正しい音を聞くようにすればいい」と言われました
しかし、それでもいっこうに治らず困っています
何か、対処法はあるのでしょうか?

2つめは、奏法に関してです
一度、私の学校のアルトの子がメロディーが棒読みになっていると言われていました
私自身も自分がメロディーの時も棒読みみたいで...
なにか、対処法はあるでしょうか...?

長文になりましたが、よろしくお願いします
2014-01-04 Sat 16:42 | URL | ましゅまろ #-[ 編集]
ありがとうございます!

2013-12-29 Sun 21:26 | URL | ピコ #-[ 編集]
> ピコ さん

こんにちは。管理人のTakaです。

下のG、Fということは、最低音よりも下の音ですね。

上の音域であれば、フラジオで出すことができますが、最低音よりも下の音域は残念ながら運指や奏法で出すことはできません。

ただ、画用紙などを丸く円すい形に巻いて筒のようにして、楽器のベルのところに差してやると最低音よりも低い音が出ると思います。

昔、どこかの演奏会でこの技を使っているのを見たことがあるような記憶がありますが、私自身はやったことがありませんので、オススメはしません(笑)

この技を使うと、最低音よりも低い音が出ると思いますが、円すい形の筒の作り方によって音程が変わると思いますので、自分の出したい音に合わせて筒を作るには筒を長くしたり短くしたりして音程を合わせてやる必要があるのと、演奏の途中で筒を付けたり外したりしないといけないと思いますので、結構大変なのではないでしょうか。

また、実際にその音を出す部分が、同じ音を長く伸ばすようなところであればいいと思いますが、メロディーの一部の音でその音が出てくる場合は、その筒を付けたり外したりして演奏するのはちょっと無理がありますね。

ですので、最低音よりも下の音が出てきた場合は、1オクターブ上で演奏したりする方が一般的だと思いますよ。


2013-12-25 Wed 09:42 | URL | Taka #-[ 編集]
こんばんは!
テナーサックスの下のGって出る方法ありますか?
出る指とかあったら教えてください!後その下のF の音も出る方法があったら教えてください!
2013-12-23 Mon 18:06 | URL | ピコ #r976ctW.[ 編集]
> ゆいこ さん

こんばんは。初めまして。管理人のTakaです。

もうアンコンの時期、真っ盛りですね。

「祀り」をやることになったようですね。

実はうちのカルテットも、アンコンの曲ではありませんが、「祀り」はやったことがありますよ。

うちのカルテットのアルト吹きの母校の高校がアンコンで「祀り」をやることになって、昨年は高校生に「祀り」の指導をしてきました。

> サックスアンサンブルは表現力が命と顧問の先生に
> 強く言われるのですが表現力ってなんなんでしょうか....
> 曲に感情を込める、というのがイマイチわかりません

表現力が大切だということはよく言われることですね。
中学生の皆さんぐらいですと、イマイチピンと来ないという方もいるかもたくさんいらっしゃるかも知れませんね。

> 単純に曲名や曲調からどんな場面でどんな様子なのか
> 想像してそれを強弱や音色で音に表せばよいのでしょうか????

いいところに気がついていると思いますよ!

曲というのは、作曲者が作っていますが、その曲その曲によって作曲者がその曲に込めた「想い」があります。

その曲を演奏する、もしくは歌う人が、その曲がどんな想いで書かれているかを「解釈」して演奏ないし歌わないことには、その曲はとてもつまらない曲になってしまいます。

つまり、「祀り」であれば、曲の全体を通して、それぞれのメロディーがどんな場面や情景を作曲者が考えて作曲しているかを考えてみましょう。

それは、ゆいこさんの想像で全然OKです。

曲名に「祀り」という名前が付いているように、曲はなんだか「おまつり」のような雰囲気もしますよね?

この曲は3つの楽章で構成されていて、急 ― 緩 ― 急の構成になっていて、それぞれの楽章で曲の雰囲気が全然違うと思いますので、それぞれの楽章のメロディーがどんな情景なのかを思い浮かべてみましょう。

それで思い浮かべた情景をメンバーみんなで絵に描いてみてもいいですね。

そして、その思い浮かべた情景をメンバーみんなで話し合ってみましょう。

「炎の章」であれば、「炎」という言葉からいろんな情景が連想されると思いますし、「雪の章」であれば「雪」という言葉から冬の情景が連想されたりするのではないでしょうか?

そうして、曲のそれぞれの楽章をメンバーみんなで考えてみると、ここはこんな情景だと思うから、もっと燃えるように吹いてみてはどうだろうか?ここは、静かなメロディーなので薄暗い山道で雪が舞っているような感じだから、もう少し暗くて寒い吹雪のような感じが出るように吹いてみてはどうだろうか?といった具合に、演奏に味付けをしてみるのです。

どんな曲でもそうですが、ただ単に楽譜通りに演奏するのと、そういう感じで曲の「解釈」を自分たちで考えて、その曲がどんなことを伝えたいのか?を考えて演奏するのでは、演奏は大きく違ってきます。

有名な指揮者の先生がよく言うのですが、演奏には「想い」がないとつまらない演奏になってしまいます。

それは、ただ単に曲を楽譜通りに演奏するのではなく、その演奏する曲に演奏者が命を吹きこんでやる、つまり演奏する曲に「想い」を持って演奏することで、その曲が生きてくるということなのです。

> また、この曲の最終章でソプラノサックスは同じメロディを吹くところが3回あります
> 3回とも同じように吹くんじゃなくて吹き分けないといけないと思うのですが
> 実際どういうふうに吹け分ければいいのかわかりません
> 最後に向かって盛り上がっていくのでそれに沿ってソプラノのメロディも盛り上がっていく、みたいな感じ
> 自分たちで考えていいんですかね
> この質問をかいているうちに少しずつわかりはじめてきたような気がします

そうですよ!そんな感じで、自分たちで考えてみればいいんですよ。

ゆいこさんは、3回ある同じメロディーを3回とも同じように吹いてみると楽しいですか?

せっかく3回も同じメロディーがあるのですから、3回とも違う感じで吹いてみると面白くなりませんか?

例えば、1回目は普通に吹いて、2回目は少し静かに吹いて、最後は思いっきり派手に華やかに吹いてみるとどうでしょう?

楽しくなりませんか?(笑)

別に違うパターンでもいいですよ。最初は小さく、2回目は少し大きく、3回目は派手に大きく華やかにでもいいと思います。


「祀り」は技術的にはそんなに難しい曲ではありませんので、先生のおっしゃるように「表現力」が勝負になると思います。

ですので、メンバーみんなで曲全体のストーリー「物語」を考えてみて、それに合わせて演奏する時にどんな風に吹いたらいいかをぜひぜひ考えてみて下さい。

それは、前にも書きましたようにみなさんが勝手に考えたもので全然OKですよ!

全国大会に出てくるような上手な学校は、どこもこういう風に曲の「解釈」をしっかりと考えて演奏しています。

そうすることで、演奏する方も楽しくなりますし、聴いている方にもその曲に込められた「想い」が伝わってくるという訳です。

あと、強弱の表現についてですが、当ブログの記事でも書いていますが、楽譜に書かれている強弱記号があると思いますが、演奏する時はそれを大げさなぐらいに差を付けて演奏しないと、聴いている方にはそれほど変わっているようには聞こえませんので、強弱については大げさなぐらいに極端に付けてやるといいと思います。

アンコンまであまり日もないと思いますが、もう曲は通せるぐらいに仕上がっているのであれば、焦らずにメンバーみんなで「祀り」の曲に込められた情景や想いなどを想像して、曲に味付けをしていきましょう。


頑張って下さいね!!!
2013-12-09 Mon 01:14 | URL | Taka #-[ 編集]
こんばんは、初めまして!
中学3年でサックスをしているものです
今年のアンサンブルでソプラノを担当することになりました
曲は祀り~サックス四重奏のための~です

さっそくですが質問です
サックスアンサンブルは表現力が命と顧問の先生に
強く言われるのですが表現力ってなんなんでしょうか....

曲に感情を込める、というのがイマイチわかりません
単純に曲名や曲調からどんな場面でどんな様子なのか
想像してそれを強弱や音色で音に表せばよいのでしょうか????

また、この曲の最終章で
ソプラノサックスは同じメロディを吹くところが3回あります
3回とも同じように吹くんじゃなくて
吹き分けないといけないと思うのですが
実際どういうふうに吹け分ければいいのかわかりません
最後に向かって盛り上がっていくのでそれに沿って
ソプラノのメロディも盛り上がっていく、みたいな感じ
自分たちで考えていいんですかね
この質問をかいているうちに少しずつわかりはじめてきたような気がします


アンコンまで時間がなくて焦ってます
質問も文章もまとまりがなくてすいません
どうぞよろしくお願いします
2013-12-07 Sat 23:58 | URL | ゆいこ #-[ 編集]
> あや さん

こんばんは。管理人のTakaです。コメント、ありがとうございます。

グラーヴェとプレストは、昔からサックスアンサンブルの定番曲ですね。

私も吹いたことがありますが、ソプラノが一番大変ですね。

> ゆっくりなところは、音を小さくすると音の出だしが汚くなったり、出なかったりします。
> また、はやいところでタンギングが必要なところのパッセージがなかなかできません。
> 低音かつ速いので、まったくできません。

音を小さくすると音がかすれたり、低音がうまく出なかったりするのであれば、リードを少し柔らかいものを使った方がいいかも知れませんね。

ソプラノは、アルトよりも硬いリードを使う人が多いと思いますが、3半とかの硬めのリードを使うとpやppの発音が難しくなり、低音も出にくくなると思いますので、リードを硬さを1ランク落してみるといいと思います。


> あと、公立高校なので練習時間も少なく、日によっては練習時間30分のときもあるのですが、優先すべき練習があれば教えてください。

公立高校や進学校は、部活の練習時間が限られている学校が多いですし、大変ですよね。
しかしながら、練習時間が限られている学校でも、コンクールで代表になったりする学校もあります。

優先すべき練習は、やはり「基礎練習」ですね。

ロングトーン、音階スケール、エチュード

たとえ30分しか練習時間がなくても、「基礎練習」を一番大切にすることですよ。

ブログの「基礎練習」のカテゴリーに「練習メニューを作ろう!」という記事がありますので、その記事を参考にして、30分しか練習時間がない場合の基礎練習メニューを作っておくといいと思います。

たとえその日は基礎練習しかできずに、曲の練習が全くできなかったとしても、基礎練習がしっかりとできていれば、曲はすぐに仕上がりますからね。(速い運指の曲とかでも、音階スケールの練習がしっかりとできていれば、少し練習すれば指もすぐに回るようになります)


頑張って下さいね!
2013-11-20 Wed 22:28 | URL | Taka #-[ 編集]
こんにちは
高校2年でサックスをしているものです。
今年のアンサンブルでソプラノを担当することになりました。
曲はグラーヴェとプレストです。

ゆっくりなところは、音を小さくすると音の出だしが汚くなったり、出なかったりします。
また、はやいところでタンギングが必要なところのパッセージがなかなかできません。
低音かつ速いので、まったくできません。

良い練習方法はありますか?


あと、公立高校なので練習時間も少なく、日によっては練習時間30分のときもあるのですが、優先すべき練習があれば教えてください。
2013-11-19 Tue 21:40 | URL | あや #fjvZ0k9g[ 編集]
有難うございます☆

参考にして、頑張ります
2013-10-20 Sun 18:44 | URL | ましゅまろ #-[ 編集]
> ましゅまろさん

こんにちは。Takaです。

返信が遅くなってしまってすみません。

> 実は、私の顧問の先生がサックスパートの1年から一人バリサクを新しくやらせると言われたんです
> で、そこまではよかったのですが今日、一人アルトの子を体験で吹かせたんですが
> マッピは音が出るのに、楽器になると全く出ないんです;;

アルトを吹いている人がバリトンを吹くときは、マウスピースの大きさはもちろん変わりますし、必要となる息の量や息のスピード、アンブシュアの締め具合も大きく変わってきますので、最初は音を出す感覚を身に付けるのに少し時間がかかると思います。

また、マウスピースだけで吹くのと楽器を付けて吹くのとでは、バリトンの場合は楽器も大きくて管も長くなりますので、全然変わってきますよ。

アルトを吹いている方であれば、アンブシュアは極端に緩めてやる必要がありますし、マウスピースだけで音が出ても楽器を付けるとさらにアンブシュアは緩めてやらないとちゃんと音が出てくれないと思います。

バリトンはアルトに比べるとかなり音域が低いですし、リードもアルトよりははるかに振動幅が大きくなりますので、アンブシュアはリードが大きく振動するようにしっかりと緩めてやらないといけませんんし、吹き込む息も「ホォォォーーーー」という感じで、かなり太い息の柱を作ってやるイメージで息を入れてやる必要があります。

ですので、アルトを吹いている方であれば、全く別の楽器を吹くぐらいのつもりで吹くぐらいの方がいいと思います。

ご質問を頂いてから少し時間が経ってしまってますが、いかがでしょうか?

バリサクは音が低いので嫌がる人もいますが、吹いてみるとかなり面白い楽器ですよ。


担当になった後輩にしっかり教えてあげて下さいね!
2013-10-17 Thu 10:11 | URL | Taka #-[ 編集]
こんばんは かなり前に質問させていただいた者です

実は、私の顧問の先生がサックスパートの1年から
一人バリサクを新しくやらせると言われたんです
で、そこまではよかったのですが
今日、一人アルトの子を体験で吹かせたんですが
マッピは音が出るのに、楽器になると全く出ないんです;;
本人に聞くと、息をかなり入れてるらしく姿勢も問題なかったように見えました
明日、別の子をして全員吹かせる予定なのですが
もし、全員音が出なかったりしたら新しく増やさない方がいいのでしょうか?
ちなみに、1年は5人でアルト3人 テナー2人です
2013-10-08 Tue 19:04 | URL | ましゅまろ #-[ 編集]
> ゆきさん

こんばんは。Taka です。

グリッサンドやトリルについてですが、指がなかなか動かないということであれば、練習方法は基本的には速いパッセージを練習する方法と同じで、まずはゆっくりのテンポで確実に吹いてみて、できるようになれば徐々にテンポを上げていくオーソドックスな練習方法でOKです。

しかしながら、アンサンブルの曲を練習する中でということですので、まずはグリッサンドやトリルの練習をする前に、アンサンブルの曲の中で出てくるグリッサンドやトリルをまずは抜いて曲が吹けるように練習しましょう。

そして、ある程度曲が吹けるようになってから、グリッサンドやトリルの部分を練習するようにした方が、曲がなかなか仕上がらなくて焦ることもなくなりますし、後でその部分を集中的に練習することができますので、気分的にも楽になります。

実際に楽譜を見てみないと分かりませんが、グリッサンドの部分は、例えば中音の「ド」から高音の「ド」に上がる場合とかでしたら、最初の「ド」の音と最後の「ド」の音を少し長めに伸ばして、「ドーーーーレミファソラシドーーーー」という感じで指が回るテンポで吹いてみて、確実にできるようになったら少しずつテンポを上げて練習するようにすると吹きやすいと思います。

また、トリルの部分も、例えば「ド」と「レ」のトリルであれば、最初はゆっくりのテンポで「ドーーレーードーーレーードーーレーー…」から始めて、「ドーレードーレードーレー…」、「ドレドレドレドレ…」と地道にテンポを上げて練習していくしかありません。

ゆっくりのテンポで吹くと、結構かったるい…って思われる方も多いですが、ゆっくりのテンポで吹いてみると案外テンポ通りに吹くのが難しかったりしますし、ゆっくりのテンポでまともに吹けないのにテンポを速くしても絶対にちゃんと吹ける訳がありませんので、速いパッセージで指が回らないという場合は、とにかくゆっくりのテンポから確実に吹けるようにして徐々にテンポを上げて練習していくのが一番の早道です。

ゆっくりのテンポではできないのに、テンポを速くするとできるというのは、ちゃんと吹けていないのにそれっぽく適当に指を動かしてごまかして吹いているだけです(笑)


ちなみに、私もグリッサンドやトリルで、すぐにできないような難しい運指のパターンのものが出てきたら、必ずこのオーソドックスな練習法で練習しています。


頑張って下さいね!
2013-09-23 Mon 01:33 | URL | Taka #-[ 編集]
Takaさんこんにちは。

アンサンブルの曲を練習する中で、グリッサンドやトリルが出てきますが、なかなか指が動きません。どのような練習をすればいいでしょうか?以前早いパッセージの練習方法の記事がありましたが、同じ方法でよいのでしょうか。

グリッサンドやトリルに対するTakaさんの考え方を教えていただけないでしょうか。
2013-09-22 Sun 16:37 | URL | ゆき #-[ 編集]
> はなこ さん

こんばんは。管理人のTakaです。

いつもミストなサックスを見て頂いてありがとうございます。

グラーヴェとプレスト、難しい曲をやることになりましたね!
私も過去に何度か吹いたことがある曲です。

何の調か気になるということは、#や♭がいっぱい付いてたら難しくて嫌だな~って感じでしょうか?(笑)

グラーヴェとプレストは、#や♭で指がもつれるというような感じではなく、楽譜上はそれほど難しく見えません。

私も今手元に楽譜がないので、実際に楽譜を見てみないとよく覚えていませんが、グラーヴェの部分は調号よりも臨時記号が多かったと思いますが、グラーヴェでテンポがゆーっくりですのでメロディーを覚えてしまえば#や♭の難しい運指で苦労することはないと思います。

プレストの方は、ソプラノとテナーは確か♭が1つでアルトとバリトンは調号なし?だったような記憶がありますし、こちらも#や♭の運指で指がもつれることはないと思います。

そういえば、途中で転調もしてたような気が…?

ちょっとうる覚えですが…

ただ、プレストの方はテンポが速い上に細かい音符が多いので、#や♭で苦労するというよりも、音階スケール練習をしっかりしておかないと指が速く回らないと思います。

いずれにしても、グラーヴェとプレストは譜面上はそれほど難しくないように見える楽譜ですが、実際に吹いてみると、特にプレストの部分は#や♭が少なくてもテンポを上げると指回しが想像以上に大変だと思います。

ということで、曲の難易度は5段階で言うと「5」(難しい)の曲になりますので、ゆっくりのテンポから確実に練習して、少しずつテンポを上げて練習するという一番オーソドックスな練習方法になると思います。

しかしながら、グラーヴェとプレストは昔からあるサクソフォーン四重奏の名曲中の名曲で、演奏効果も非常に高い曲ですので頑張って下さいね!

2013-09-19 Thu 07:14 | URL | Taka #-[ 編集]
いつも参考にさせて
いただいています。

今度のアンコンで
グラーヴェとプレストを
やることになりました。

それでなんの調なのか
少し不安なので

教えていただいても
よろしいでしょうか?
2013-09-15 Sun 22:18 | URL | はなこ #-[ 編集]
> ゆりかゴン さん

こんにちは。Taka です。

スワブが楽器に詰まってしまったようですね。

どのような状況か見てみないことには分かりませんが、お書きの状況からするとあまり強く引っ張るとスワブが破れるか、先のヒモが切れてしまったりすると思います。

詰まっている状況にもよると思いますが、スワブがクシャクシャの状態で管に詰まったようになっていて、ネックの接続部分に近いところで詰まっているのであれば、プラスチック製のボールペンや棒などをネックの接続部分側から入れて、楽器本体から出た棒の反対側を床や机などの硬いところに当てて、ゆっくりギューーーっと押してやるようにすると、詰まったスワブが取れる場合があります。

ただし、この方法はネックにスワブが詰まってしまったときなどには有効ですが、楽器本体でしかも入れる棒の長さが届かないところにスワブが詰まっているのであればちょっと無理だと思います。

しかし、お書きの状況ですと、そういう状態ではなさそうですね。

「上の方のキーにスワブが引っかかってしまい」と書いていますので、おそらくスワブが管の内側上部にある出っ張りのような部分(オクターブキーを押した時に開閉する小さな穴の内側)にスワブが引っかかっているのではないでしょうか?

もし、その部分にスワブ引っかかっているのであれば、その引っかかり部分を長い棒などを入れて外してやるようにしないと、無理にスワブを引っ張るとスワブが破れるか、スワブのヒモがちぎれてしまうと思います。


いずれにしても、私はスワブが詰まっている状況を実際に見ることができませんので、無理をしないと取れない状況なのであれば、楽器店に持ち込んでリペアの方にスワブを取り除いてもらいましょう。


それが誤って楽器を傷つけたり壊したりすることもありませんので、一番確実です。

2013-09-03 Tue 17:08 | URL | Taka #-[ 編集]
前にも質問させてもらったものです。

中学二年生でアルトサックスを吹いているのですが、楽器本体にスワブを通すときに、上の方のキーにスワブが引っかかってしまいスワブが抜けなくなりました。
今日の練習のときに抜けなくなってしまって、今楽器はスワブが抜けていないままの状態で学校にあります。

もうベルからスワブは抜けない状態で、友達と二人ががりで抜こうとしても、抜けませんでした。

3年生の先輩はもう引退されたので聞きづらいです。

何とかしても抜く方法はありませんでしょうか・・・。

2013-09-02 Mon 22:14 | URL | ゆりかゴン #-[ 編集]

ありがとうございます!!

言ってみたいと思います!
2013-08-17 Sat 06:34 | URL | マロン #D6oMJeSA[ 編集]
> すい さん

こんにちは、始めまして。管理人の Taka です。
コメント、ありがとうございます。

中学時代はトランペットをされていたのですね。
であれば、息の使い方や高音域で口の中を狭くしたりするのはサックスでも同じですので、その点は割とすんなり入っていけるのではなでしょうか。

> それで質問なのですが、私はサックスを吹き続けていると、喉が乾くというか詰まるというか、音が出なくなってしまうのです。

実際に、すいさんが吹いているところを見てみないと適切なアドバイスができないかも知れませんが、喉が渇くというか詰まるような感じになってしまうというのは、喉に力が入りすぎているのではないでしょうか?

サックスの初心者の方によくある傾向なのですが、腹式呼吸がまだしっかりとできていない状態で、サックスを吹く時に、息の抵抗が結構キツいと感じて、一生懸命に息を入れようとすると喉に力が入ってしまいます。

喉に力が入ると、お腹からしっかりと息を送り込もうとしても、喉で息を止めてしまうような形になってしまいますので、結果として一生懸命吹いているのに喉が詰まったような感じになってしまいます。

リードは何番のリードを使われていますか?

初心者のうちは、サックスの息の抵抗感に慣れるまでは柔らかいリードを使われた方がいいと思います。

3番のリードを使っているのであれば2半のリードを、2半のリードを使っているのであれば2番のリードを使うようにして、普段よりもワンランク柔らかいリードで練習してみて下さい。

そして、喉の力を抜いてリラックスした状態で、マウスピースにしっかりと息を通すイメージで楽に音を出す練習をしましょう。

サックスはリード楽器ですのでトランペットに比べると、そんなに力を入れて吹かなくてもリードが振動すれば楽に音が出る楽器ですので、まずは音の出しやすい柔らかいリードのセッティングで、体をリラックスさせた状態で楽に音を出す練習から始めてみてはいかがでしょうか?

頑張って下さいね!


2013-08-15 Thu 11:18 | URL | Taka #-[ 編集]
> マロンさん

こんにちは。管理人の Taka です。

後輩の方が、バリサクの低い音が出ないということで指導されているようですね。

バリサクの低い音になると、リードの振動幅もかなり大きくなりますので、まずアンブシュアは大きく緩めてやる必要があります。

アンブシュアを緩めるイメージは、下アゴをさげる感じで、発音で言うと「オーーー」という感じで、息を入れますので、「ホォーーー」という感じにして、口から太い息の柱を出すイメージで吹いてやるとより出やすくなると思います。

また、リードも柔らかめのものを使った方が低い音が出やすいと思いますので、リードの硬さもチェックするといいと思います。


頑張って下さいね!

2013-08-15 Thu 11:07 | URL | Taka #-[ 編集]
はじめまして。
私は高校に入ってアルトサックスを始めた者です。
中学ではペットをやっていました。
ちなみに高1です。
なので初心者です。

それで質問なのですが、私はサックスを吹き続けていると、喉が乾くというか詰まるというか、音が出なくなってしまうのです。

実は今吹奏楽部を立ち上げ途中なので、聞ける人がいません。
なので、コメントさせていただきました。

返信よろしくお願いします。
2013-08-12 Mon 14:59 | URL | すい #-[ 編集]
こんにちは!後輩がバリサクの低い音がどうしても出なくてどう教えたら一番わかり易く教えられますか?
2013-08-10 Sat 18:41 | URL | マロン #/gBLyVR.[ 編集]
> ましゅまろ さん

こんにちは。Taka です。お久しぶりですね。

> 実は、ある吹奏楽のイベントに参加しようと思っています
> で、そのときに本来私は、バリトン奏者なんですが、
> My楽器ではないのですw
> それで、アルトで参加しようと思っているのです

バリトン奏者の方がアルトを吹くときに一番苦労するのは、「息のスピード」だと思います。
特に、オクターブキーを押した上の音域は、綺麗に鳴らすのが結構大変だと思います。

当ブログの【バリトンサクソフォーン】のカテゴリの「バリトンサックスからのコンバート」という記事が参考になると思いますので、一度読んでみられるといいと思います。


> で、夏休み中にがんばって練習しようと思うのですが
> 家でやるときどうしようかわからないんです
> できるだけ、音量をだしつつも近所迷惑にならないようにしたいのです
> というより、短期間練習では、難しいのでしょうか?

私が教えている生徒さんにもよくお話することなのですが、家でサックスの練習をされる場合は、近所迷惑にならないように気にして、吹き込む息を無理にセーブして練習したりすると変なクセが付きやすくなりますので、家で音がしっかり出せない環境にあるのであれば、外に練習場所を借りて練習するべきです。

例えば、カラオケボックスとか、近くの公民館等の公共施設の音楽室やスタジオを借りるなどです。

カラオケボックスは、楽器の持ち込みが禁止されているところもありますので、事前に確認しておくといいと思います。(ちなみにシダックスであれば、楽器の持ち込みOKです)

また、公民館等の公共施設の方がカラオケボックスよりもかなり割安の料金で借りることができます。


> あと。最高音の音が出にくいのですが、こつってありますか?
> お願いします

これは「息のスピード」をしっかりと付けて吹くことです。
当ブログでは高音域を出すノウハウについてはたくさん書いているつもりですので、過去の記事をじっくりと読んでみられるとヒントがいろいろと見つかると思います。


頑張って下さいね!
2013-07-16 Tue 17:35 | URL | Taka #-[ 編集]
まえに、質問させていただいたものです
また、来てしまいました(笑)

実は、ある吹奏楽のイベントに参加しようと思っています

で、そのときに本来私は、バリトン奏者なんですが、
My楽器ではないのですw
それで、アルトで参加しようと思っているのです

で、夏休み中にがんばって練習しようと思うのですが
家でやるときどうしようかわからないんです
できるだけ、音量をだしつつも近所迷惑にならないようにしたいのです
というより、短期間練習では、難しいのでしょうか?
あと。最高音の音が出にくいのですが、こつってありますか?
お願いします
2013-07-15 Mon 18:48 | URL | ましゅまろ #-[ 編集]
> あや さん

こんばんは。管理人の Taka です。コメント、ありがとうございます。

コメント頂いた記事が「連絡ボード」でしたので、こちらにコメントを移させて頂きました。


> 今年のコンクールで課題曲5を演奏することになり、はじめのソロを吹かせてもらえることになりました。

いよいよ吹奏楽コンクールの季節がやってきますね。
私も吹奏楽からは長らく離れていますので、今の課題曲についてはよく分かりませんので、YouTubeで探して聞いてみました。

広瀬正憲作曲の「流沙」という曲でしょうか?
http://www.youtube.com/watch?v=DCbMEpfmU7U

中高生の皆さんが曲の解釈に苦労する現代曲ですね。


冒頭部分のソロのメロディーですが、聞いているとソロ前半の部分が中音のレから開放のド#に移って伸ばしてますね。

サックスの楽器の特性上、こもりやすい音と響かない音の組み合わせですので、奏者としては吹きにくいメロディーだと思います。


> 少し時間が空いたりすると、息をしっかり入れてもド♯の音がはじめからしっかりと鳴りません。

ド#で息をしっかり入れるのではなくて、ソロの始めからしっかりと息を入れて吹くようにして、あまり個々の苦手な音を意識せずに、あくまでも1つのメロディーだと考えて演奏されるといいと思います。

> 本番は舞台袖で待つ時間も長いので不安です。

夏は暑いですし、待つ時間が長いとリードも乾きやすいと思いますので、待っている間はリードをこまめになめるようにして乾かないようにしておくといいと思います。


> あと、あのソロは一息で吹くべきなのでしょうか?

このぐらいのソロですと、フレーズもそんなに長くありませんので、可能であればしっかりと息を吸って一息で吹いた方がフレーズが切れなくていいと思います。(私なら一息で吹きます)

どうしても息が持たない、またはメロディーをしっかりと歌いたいということであれば、ド#の伸ばしの最後の音の処理を丁寧にして、素早くブレスするようにするといいと思います。

ブレスが入るところはどうしても音がブツっと切れてしまいやすくなりますので、このソロのメロディーの場合ですとブレスを取る前の音の処理に十分気を使うようにすれば自然にメロディーが流れて聞こえると思います。


頑張って下さいね!
2013-06-25 Tue 20:56 | URL | Taka #-[ 編集]
一度、前にも質問させていただいた高校生です。

今年のコンクールで課題曲5を演奏することになり、はじめのソロを吹かせてもらえることになりました。

少し時間が空いたりすると、息をしっかり入れてもド♯の音がはじめからしっかりと鳴りません。
本番は舞台袖で待つ時間も長いので不安です。

あと、あのソロは一息で吹くべきなのでしょうか?

何かアドバイスもらえませんでしょうか?

2013-06-24 Mon 20:24 | URL | あや #mQop/nM.[ 編集]
> ゆりかゴン さん

こんばんは。Taka です。

> バリサクの真ん中のFの音がとても高いです。B♭の音でチューニングするとFの音がチューナーではかるとFisになっています。Fの音はサックスは高くなるといいますが異様に高いんです。
> また、一番低いCの音とDの音が出ません。つい最近までは出ていたのですが・・・。


うーん、、、これも実際にゆりかゴンさんの楽器を確認してみないことには何とも言えませんが、つい最近まで出ていた音が出なくなったとのことですので、楽器の調整に問題がある可能性が高いですね。

バリトンで真ん中の「F」の音ということは、オクターブキーを押した「レ」の音ですね。
確かにこの音は、サックスの楽器の特性上、音程が高くなりやすい音です。

最近では、気温も高くなってきていますので、全体的に音程が高くなる傾向が出ると思いますが、「一番低いCの音とDの音が出ません」とありますので、楽器の調整が狂っていることで、「F」の音程にも影響が出ていることも考えられます。

まずは、他の人に楽器を吹いてもらって、同じ症状が出るかどうかチェックしてみましょう。

他の人が吹いても同じ症状が出るようであれば、楽器に問題がある可能性が高いので、一度楽器店のリペアの方に楽器を見てもらった方がいいと思います。

あと、自分で楽器の調整の狂いを簡単にチェックできるところとしては、キーを固定している柱を留めているネジが緩んでいて、柱の先端からネジが飛び出てきたりしていることがよくあります。

この場合、ネジの緩みでキーの連動がうまくいかなかったりしてタンポがちゃんと閉まらなかったりしますので、音がちゃんと出なくなったりします。

このネジの緩みは、キーの付いている柱の部分の先端からネジが飛び出ていないかどうかを見るとすぐに分かりますので簡単にチェックできますし、ネジが飛び出ていた場合は、マイナスの精密ドライバーで飛び出たネジを締めてやるとすぐに直ります。

うちのカルテットのバリトン吹きも、音の出が悪いな…と思ったら、このネジが緩んで飛び出ていることがよくあって精密ドライバーで飛び出たネジをよく締めています。


もし、ネジも特に飛び出ていないということであれば、楽器店のリペアの方に見せてチェックしてもらった方がいいと思います。

2013-06-03 Mon 01:34 | URL | Taka #-[ 編集]
バリトンサックスを吹いている中学二年生です。

バリサクの真ん中のFの音がとても高いです。B♭の音でチューニングするとFの音がチューナーではかるとFisになっています。Fの音はサックスは高くなるといいますが異様に高いんです。
また、一番低いCの音とDの音が出ません。つい最近までは出ていたのですが・・・。
分かりにくくてすみません。


よろしくお願いします
本当に困っているんです・・・。

2013-05-31 Fri 23:02 | URL | ゆりかゴン #-[ 編集]
> ましゅまろ さん

こんばんは。Taka です。

原因はアンブシュアにあったようですね。

結果として原因がどちらにあったにせよ、いつものように音がうまく出せないとか、急に音が出しにくくなったなどの症状が出たら、ブログの記事にも書いてますが、まずはそれが楽器の調整が狂っているせいなのか、自分の奏法に問題があるのかを切り分けてやる必要があります。

この切り分けをしないと、結局自分の中で原因がどちらにあるかも見当がつかずに悩むことになります。

> 一応、今考えているのは、いつも修理に出して直してくれる方がいるのでその方にみてもらおうと・・・
> 思っているのですがどうでしょうか?

前回、楽器を調整に出してからどのぐらい経っているのでしょうか?

学生の方ですと毎日部活で楽器を練習するという方がほとんどだと思いますので、最低でも半年に1回、もっと楽器のコンディションをいい状態に保ちたいのであれば、3ヶ月に1回はリペアの方に楽器の調整が狂っていないかどうかをチェックしてもらった方がいいと思いますよ。

こまめにチェックしてもらった方が、楽器のコンディションもいい状態で保たれますし、万が一調整が狂っていても、こまめに楽器を見てもらっていれば、ちょっとした調整で済んだりしますので修理代金も結果として安く済みますからね。

今回は奏法に問題があったということが分かったようですが、半年以上楽器のコンディションをチェックしてもらっていないというのであれば、いつも修理に出しているリペアマンの方に一度楽器を見てもらった方がいいかも知れませんね。

もちろん、自分の奏法にも問題があるし、楽器のコンディションにも問題があるという場合だってありますからね。

2013-05-24 Fri 22:31 | URL | Taka #-[ 編集]
こんばんは☆ミ
お返事が遅くなってすいません;;

実は、一昨日ぐらいから先輩がいなかったので
(修学旅行?です)相談できなくて;;

原因を追及したら、アンブシュアが悪かったらしく
直してみたら鳴りました^^
ただ、息を思いっきり入れてるのに前のような
いい音が出にくくなったんです
曲をやっても一発で出なくなってしまって・・・・・・
それと前よりも若干指で押すときに押しにくくなった
んです(もしかしたら関係ないと思うのですが・・)

一応、今考えているのは、いつも修理に出して直してくれる方がいるのでその方にみてもらおうと・・・
思っているのですがどうでしょうか?

再度、回答お願いします☆ミ
2013-05-24 Fri 21:44 | URL | ましゅまろ #-[ 編集]
> ましゅまろ さん

こんばんは。管理人のTakaです。

いつも当ブログを見て頂き、ありがとうございます。

> 実は、ここ最近、バリサクの低音域(ド~下)の音が
> 何というか……どろっとした感じ?の音(特にシとシ♭)が出るんです
> というよりいつも吹いている時の音じゃないんです
> 一応、リードやアンプシュアでは無いのですが……
> たぶん私的には、シとシ♭の指で押した時に閉まるところが若干開いてるので、それでは無いかと……
> 一応先輩にも相談はしたのですが……原因が分からないんです
> そこで、修理に出した方がいいのでしょうか?
> あと、出来たら解決策?もお願いします

これはまさに、「奏法の問題か?楽器の問題か?」をはっきりさせる必要がありますね。

当ブログの【奏法】のカテゴリに「奏法の問題か?楽器の問題か?」という記事を書いていますので、読んで頂ければ分かると思いますが、私がましゅまろさんの楽器の状態を直接見たり、実際に吹いてみたりすることができませんので、まずは先輩に吹いてもらって同じ症状が出るかどうかを確認した上で、楽器をリペアマンに見せて、楽器の調整が狂ってないかどうかをチェックしてもらいましょう。

まずはそこからですね。

楽器店によってはリペアマンがいなくて、チェックしてもらうには修理に出すしかない楽器店もありますので、リペアマンが常駐している楽器店を調べて、楽器を持ち込んでその場で楽器をチェックしてもらいましょう。

その場で楽器をチェックしてもらえば、簡単な調整で直る場合はその場で対応してくれますし、料金も無料で済むこともありますし、本格的な調整が必要ということであれば、その場で楽器を修理に出して帰ることになると思います。

学校の楽器であれば、調整費用がかかった場合は学校で負担してくれるケースがほとんどだと思いますので、楽器店に持ち込む前に顧問の先生にも相談しておきましょう。


以上が私からアドバイスできる解決策です。
2013-05-22 Wed 02:18 | URL | Taka #-[ 編集]
初めまして、バリトンサックスを担当している吹奏楽部の者です

困った時はこのサイトを見させてもらっています♩
おかげで、いろいろと助けてもらっています(笑)

実は、ここ最近、バリサクの低音域(ド~下)の音が
何というか……どろっとした感じ?の音(特にシとシ♭)が出るんです
というよりいつも吹いている時の音じゃないんです
一応、リードやアンプシュアでは無いのですが……
たぶん私的には、シとシ♭の指で押した時に閉まるところが若干開いてるので、それでは無いかと……
一応先輩にも相談はしたのですが……原因が分からないんです
そこで、修理に出した方がいいのでしょうか?
あと、出来たら解決策?もお願いします
2013-05-22 Wed 01:23 | URL | ましゅまろ #-[ 編集]
Takaさん、こんにちは。いつも丁寧なお返事ありがとうございます。Takaさんのおっしゃる通り、確かに高い音域になると、かなり強く噛んでいる様に思います。

その時、「これは、いけないな…」って意識する事もありますが、ついついそのまま続けてしまっている時もよくあります。

練習時間も、少しずつ休憩を取る様にしますね。
顎を壊れさせては、何にもなりませんから。;^^

アンブシュアがまだまだなんだと思います。
口もすぼめながら吹く・休憩をマメにする。とか今後は無理をしないように長ーく続けていけたらと思います。
今はルパンの練習しています。高いミの音はルパンで必要^^ 無理しないで、頑張ります。

また、ブログも読ませて頂きます。いつも本当に有難うございます♪♪
今後もよろしくお願い致します^^
2013-05-02 Thu 10:23 | URL | yukiko #P32cpZnM[ 編集]
> あるとん2号さん

こんばんは。Takaです。

高校合格、おめでとうございます!
高校生活も始まり、吹奏楽部にも入部されたようですね。

> マウスピースは水洗いしてはいけないのでしょうか?
> 友達曰く、音大の人からやめた方がいいと言われたらしいです。
> どうしても気持ち悪いのなら、何とか水(すみません、名前を忘れました…霧吹きみたいなやつらしいです)で洗うようにと言われたらしいです。
> 私は中学三年間毎日水洗いをしていました。
> やはり、削れて音色が変わったりするのでしょうか?

マウスピースの水洗いについての議論ですね。
その音大生の方は、誰からどんな理由で「マウスピースは水洗いしない方がいい」と教わったのでしょうね。
私が学生の頃は、マウスピースは水洗いしない方がいいという話は正直、音大生やプロの先生からも聞いた記憶がありません(笑)

マウスピースを水洗いしない方がいいということが言われるようになったのは、いつからでしょう?
ここ最近(最近と言ってもここ10年ぐらいですかね)になって私もたまーーにですが聞くようになりました。

しかしながら、マウスピースの水洗いについては正直なところ私はあまり気にしていませんね。

私の場合は、水洗いをしないように気をつけている訳でもないですし、洗いたいときは気にせず水洗いしてますし、マウスピースを水洗いして音が悪くなったとか、サックスを演奏する上で何か問題になったことは今までで一度もないですからね。

もし、水洗いして何か問題があるとしても、マウスピースの色が変色してしまうぐらいかな…と思っていますし、水洗いすることで音が変わってしまうぐらいマウスピースが削れてしまうことはさすがにないと思ってますからね(笑)

しかしながら、マウスピースが変色するのが嫌だという人は避けた方がいいかも知れませんね。


スワブを通すとマウスピースが削れてしまうのでよくないという話もこの前少し話題になったと思いますが、この水洗いの話も個人的には問題だと思っていませんので、私の個人的な見解としては、「マウスピースの水洗いは気にしなくても大したことじゃない」というのが私の答えですね(笑)

2013-04-29 Mon 01:53 | URL | Taka #-[ 編集]
> Yukikoさん

こんばんは。Takaです。

顎関節症になってしまったようですね。

サックスを吹いて顎関節症になってしまう人、結構いますよ。

特に初心者の方に多いのですが、顎関節症になってしまう大きな原因としては、やはりマウスピースをくわえるときに「噛みすぎのアンブシュア」で長時間練習しているとなってしまうケースが多いように思います。

当ブログのアンブシュアのカテゴリの記事でも書いていますが、特に高い音域では、息のスピードが必要になりますので、息のスピードが足りないと、マウスピースを上下に強く噛むことでリードの先端だけを振動させて高い音を出そうとしますので、息のスピードが足りない人はマウスピースを強く噛み、その状態で長時間練習すると顎への負担が大きくなってしまうという訳です。

少なくとも痛みがあるうちは、練習は控えた方がいいと思いますが、yukikoさんの顎の状態をよく知っている医師と相談されるのが確実です。

顎への負担をなくすには、私が前のご質問の回答にも書いたように、高い音域の音を吹く時には、口の中を狭くして息にスピードを付けることと、マウスピースを上下に強く噛まないように気を付けること、長時間練習する場合はこまめに休憩を取って口を休ませてやることが大切です。

私も長くサックスを吹いていますが、私でも長時間練習すると口が疲れてきますし、口が疲れてくるとアンブシュアをキープするのが辛くなってきますので、そうなってくると私でもアンブシュアをキープするために噛みすぎのアンブシュアになってしまったりしますからね。

高音域を吹くときにマウスピースを強く噛みすぎないようにするポイントとしては、口の中を狭くして息のスピードを速くしてやることと、アンブシュアは口の両端を内側にすぼめることを意識してやると噛みすぎのアンブシュアになりにくくなります。

口の両端を内側にすぼめるには、頬の筋肉を使いますので、ブログの記事でも書いていますが、長時間吹いていると頬が疲れてきて痛くなってきます。

私も楽器を連続して吹いていると口がバテテきて頬が痛くなってきますので、そうなると休憩を入れて指で頬をマッサージして頬の筋肉をほぐしてやったりします。

初心者の方の場合は、アンブシュアがまだしっかりと固まっていなかったり、息のスピードコントロールがまだ上手くできなかったりすると思いますので、長時間練習する場合は、そんなに口が疲れていなくてもこまめに休憩を取りながら練習された方がいいと思います。

口が疲れた状態で練習を続けると、マウスピースを上下に強く噛むようになって顎に負担がかかってしまいますし、それがクセになってしまうと直すのに相当な時間が必要になったりしますので、せっかく長い時間練習しても逆効果になってしまったりしますからね。

アンブシュアと息のスピードコントロールについては、ブログの記事に詳しく書いていますので、参考にして頂ければと思います。


サックスは本当に魅力的な楽器ですよね。

私もサックスは本当に大好きですし、これだけ長く吹き続けているのもサックスの魅力に取りつかれてしまってるからです(笑)


今は痛みもないとのことですので無理されないように、休憩をこまめに取りながら練習を楽しんで下さいね。


2013-04-29 Mon 01:21 | URL | Taka #-[ 編集]
こんばんは。お久しぶりです☆

無事に高校にも合格し、再び吹奏楽部でアルトを吹くことになりました。
そこで、気になったことがあったのですが…
マウスピースは水洗いしてはいけないのでしょうか?
友達曰く、音大の人からやめた方がいいと言われたらしいです。
どうしても気持ち悪いのなら、何とか水(すみません、名前を忘れました…霧吹きみたいなやつらしいです)で洗うようにと言われたらしいです。

私は中学三年間毎日水洗いをしていました。
やはり、削れて音色が変わったりするのでしょうか?
2013-04-26 Fri 23:59 | URL | あるとん2号 #4Kjo4XdA[ 編集]
Takaさん、こんにちは。コメント有難うございました。そうです。以前、喉が弱くて…と言う質問をしたyukiです。yukikoです;^^ あれからもう3年が経ちました。こちらで質問させて頂いてお返事いただき、喉の事をそれほど気にせずに現在もレッスン出来ています。ほんと、有難うございました♪ 

今回は一番高いミの音の質問。Takaさんの言われる様に、練習してみます。音がにぶい音と言いますか、レは普通に出るのですがミの音が何とも変な音に…。
息の強さや、スピードとか意識して練習してみます。


もう一つ質問宜しいでしょうか?
レッスンは週一度の1時間だけで、あとは家で練習しているのですが、調子にのって昨年冬に、家で週に3・4回を各2時間位練習してた事があって、そのせいでしょうか…。ある朝、あごが開かなくなり、口腔外科に行くと顎関節症の診断でした。その後は、練習も控えて2か月程で痛みも無くなり、あごの開くのも正常に戻りましたが、長い間練習すると、また顎関節症になるのではと怖くなります。一度、顎関節症になると練習は控えた方が良いのでしょうか?特に高い音を吹くと、あごに負担がかかる様に思い、あごを意識して吹いてしまいます。そんな時はあごに負担が無い様に姿勢も正してアンブシュアも気を付けて吹く様にはしています。顎関節症は一度かかると、どのような感じで練習していけばそれほど負担もなく、続けていけるのでしょうか?
サックスは細く、長く、続けて行きたいと思っています。ほんと、サックスの音色が大好きで、聞く事は勿論の事、自分で吹くだけでも癒されるほど、私にとっては最高の至福のひと時です。

現在は痛みもなく普通の状態です。あごの円盤?が上に移動しているとの診断でしたが、そんな方は多いらしくあまり気にしないで良いとは言われました。サックスプレイヤー(私はそこまでいきませんが…)は顎をどの様に気を付けて練習されておられるのでしょうか?
申し訳ございませんが、お返事よろしくお願い致します。
2013-04-26 Fri 14:25 | URL | yukiko #P32cpZnM[ 編集]
> yukiko さん

こんばんは。Takaです。

以前、喉が弱くてもサックスが吹けますか?ということでご質問頂いた、YUKIさんでしょうか?
履歴を遡ってみましたが、もう3年目になるのですね。時の経つのは本当に早いものです。

さて、高いミの音ということは、左手のパームキーと右手のサイドキーを使った音ですね。

おそらく1音下のレの音はすぐに出るけど、ミになるとうまく出せないのではないでしょうか。

当ブログでもあちこちに書いていますが、まず高音域では「息のスピード」が重要になります。
それと、高音域は低音域に比べると吹き込む「息のスピード」は速くしないといけませんが、「息の量」は低音域よりも少なくなります。

つまり、高音域で息の量をたくさん吹き込もうとすると、特に高音域のミの音あたりから音が出しにくくなります。

なので、強く息を吹き込もうとすると息の量が一気増えますので音がうまく出なくなってしまいます。

それと、息の量は少なくても息のスピードは速くないといけないので、口の中を狭くしてやるといいと思います。

発音で言えば、「クゥーーー」または「キューーー」と発音するときの口の中の状態にしてやるといいと思います。
そうすれば、口の中が狭くなりますので、息のスピードが速くなります。

イメージで言えば、ストローに息を吹き込む時のように、息で「丸くて細い息の柱を作る」ような感じで息を入れてやると高音域のミの音よりも上の音が出しやすくなります。

ポイントをまとめると…

1.口の中を狭くする(クゥーーーまたはキュゥーーーと発音する時の口の中の状態です)
2.強く吹きすぎない(息の量をほんの少し減らしてやると高音域が出しやすくなります)
3.息で細くて丸い柱を作るイメージで息を吹き込む。

といった感じで、この3つのポイントを意識して息を吹き込むようにすれば、高音域のミよりも高い音はすぐに出るようになると思います。


頑張って下さいね!
2013-04-25 Thu 02:20 | URL | Taka #-[ 編集]
こんにちは。以前に一度ご質問させて頂いていた者です。何とか3年目を超えて、順調に大人のグループのレッスンを受けているのですが、今回一番高いミの音を習いました。音がうまく出ない様なのですが、良いアドバイスをいただけますでしょうか?運指をまちがえているのでしょうか?よろしくお願いします。
2013-04-24 Wed 18:24 | URL | yukiko #P32cpZnM[ 編集]
> ゆりかゴン さん

こんにちは。管理人の Taka です。

> チューニングのとき、バリサクの音程がなかなか上がらず困っています。
> 沢山ロングトーンをしても、入れれるだけ入れても、20セント以上低いです。
> どうやったら、すばやく楽器を温める・音程をあげることができるでしょうか?

4月も中旬を過ぎましたが、まだ肌寒い日がありますね。

楽器が冷えて音程が低くて音程がなかなか上がらずに困っているようですね。

バリサクになると、楽器も大きいので息を入れて楽器を温めるにも結構大変だと思います。

すばやく楽器を温める方法についてですが、他の方のコメントでも少し触れたことがありますが、例えば使い捨てカイロをハンカチなどに包んでネックのところに巻くように当てて楽器を温めるだけでも違います。

今の時期であれば、冬ではありませんので、そこまでする必要もないかと思います。

それ以外で、何も使わずに楽器を効率的に温めるとすれば、楽器に暖かい息を吹き込んで楽器を温めるときに、キーを全部押さえた状態(最低音の運指)で息を入れるようにしましょう。

キーを全部押さえた状態(最低音の運指)で暖かい息を入れると、楽器の穴から息が外に逃げませんので効果的に楽器を温めることができます。

ちなみに、私も楽器が冷えて音程が低いときは、楽器のキーを全部押さえた状態(最低音の運指)で暖かい息を吹き込んで楽器を温めるようにしています。


バリサクの場合は、アルトよりも楽器が大きいので、息を入れて温めるのにも時間がかかりますので、チューニングの少し前から時間の余裕を持って楽器を温めておくといいと思います。

2013-04-17 Wed 10:33 | URL | Taka #-[ 編集]
バリトンとアルト掛け持ちしてます!

チューニングのとき、バリサクの音程がなかなか上がらず困っています。
沢山ロングトーンをしても、入れれるだけ入れても、20セント以上低いです。

どうやったら、すばやく楽器を温める・音程をあげることができるでしょうか?
2013-04-15 Mon 19:21 | URL | ゆりかゴン #-[ 編集]
> ちしゃ さん

こんばんは。管理人の Taka です。書き込み、ありがとうございます。

仕事が多忙のため、返信が遅くなってしまってすみません。

> 昨日1度ソプラノを吹いてみましたが、音はでたものの、まったく吹き方がわかりません。
> 特にアンブシュアなど自信がないです。
> ソプラノの吹き方やアドバイスがあったら教えてください!!

「こうもり」と言えば、ヨハン・シュトラウスの名曲ですね。

ソプラノは、アルトを吹いていると誰しも一度は憧れる楽器ではないでしょうか。

さて、ソプラノですが、アルトよりもマウスピースが小さくなりますので、アルトよりもアンブシュアを少しタイト気味にしてやることと、アルトよりも速い息のスピードが必要になりますので、アルトで高音域を吹くときのように口の中を狭くして、息にスピードを付けてやる必要があります。

当ブログの「息の柱」という記事があるのですが、そこで書いているように、息で細くて硬い柱を作ってやるイメージで息を入れることが大切です。(一度、記事をよく読んでみて下さい)

それ以外に関してはアルトと吹き方の基本はほぼ同じですので、それほど難しく考える必要はないと思います。

つまり、アルトで基本がしっかりとできていれば、ソプラノも上記のことを意識すればあとは吹いているうちに自然と吹けるようになっていくと思います。

また、ソプラノは音程が命ですので、正しい音程で吹けるようにしっかりと練習しましょう。

ソプラノは、アルトよりもマウスピースが小さいので、アンブシュアが少しでも動くと、音程が大きく変わってしまいますので、アルトよりもアンブシュアをしっかりと固定させてやるように意識しないと、アンブシュアが不安定だと音程が不安定になりますので注意しましょう。

ソプラノは、他の楽器と音程を合わせるのはアルトよりも難しくなりますので、合奏とかでは他の楽器の音をよく耳で聴いて、音程を合わせることに神経を使って下さい。

もちろん、ソプラノ以外の楽器でも他の楽器の音をよく聴いて音程をしっかり合わせることが大切ですが、正しい音程を取るのが難しいソプラノは、特に音程には気を使う必要があります。


頑張って下さいね!
2013-04-15 Mon 02:59 | URL | Taka #-[ 編集]
初めまして。
アルトサックスを吹き始めて3年目となりました。
中学3年吹奏楽部員です。

早速ですが、夏コンの自由曲で「こうもり」を吹くことになりました。そこで、私は初めてソプラノサックスを吹こうかと思っています。
今までは同学年の子がアンサンブルなどで吹いてきています。その子の方が経験豊富なのは承知の上で、とりあえずソプラノの楽譜をもらいました。(まだ決定ではないです)
難しいのはわかっていますが、ソプラノを1度だけでも吹いてみたいな、という個人的な感情があったから楽譜をもらってしまいました。

昨日1度ソプラノを吹いてみましたが、音はでたものの、まったく吹き方がわかりません。
特にアンブシュアなど自信がないです。

ソプラノの吹き方やアドバイスがあったら教えてください!!
2013-04-06 Sat 12:54 | URL | ちしゃ #I39YXU3E[ 編集]
> としさん

こんばんは。管理人のTakaです。

> さて、自分はアルトサックスを買って一ヶ月という超初心者なのですが、右手を使うと(ファミレド)音がスムーズに出なかったり、音がひっくり返って困ってます。
> 左手だけの運指だとそのようなことはないのですが、原因は何が考えられますか?

初心者の方ということで、原因は様々な原因が考えられますね。
まずは、リードが正しくマウスピースに付けられているかどうかからチェックしてみましょう。
また、右手のキーがちゃんと押さえられているかどうかもポイントですね。
ちゃんとキーを押さえているつもりが、押さえられていなかったりということもあります。
また、キーを押さえる時に、手のひらなどが他の不要なキーに当たっていたりして音がちゃんと出なかったりということもよくあります。

また、新しい楽器を購入されたとのことで、新しい楽器はキーの調整が狂いやすいので、買ったばかりのときはこまめにリペアマンに楽器を見せて、キーの調整をしてもらうことも大切です。

> まだアンブシュアの安定したポジションが分かっていないため起きている気がしますが。。
> 浅くくわえると音が籠もるし、深くくわえると音が雑になって、こちらも困ってます。

アンブシュアについては、実際にとしさんの吹いている状態を見てないと的確なアドバイスができませんので何とも言えないところですが、初心者の方ですと吹いているうちにアンブシュアが動いてしまうことがよくありますので、アンブシュアは動かないようにしっかりと固定して、ロングトーンなどの基礎練習をしっかり積まれるといいと思います。

当ブログにアンブシュアなどの基礎については色々と記事を書いていますので、よく読んで参考にされるといいと思います。

頑張って下さいね!

2013-03-25 Mon 00:53 | URL | Taka #-[ 編集]
Takaさん、その他の皆さん初めまして。としと言います。よろしくお願いします!

運良くこのブログに辿り着き、勉強させていただいています。

さて、自分はアルトサックスを買って一ヶ月という超初心者なのですが、右手を使うと(ファミレド)音がスムーズに出なかったり、音がひっくり返って困ってます。
左手だけの運指だとそのようなことはないのですが、原因は何が考えられますか?
まだアンブシュアの安定したポジションが分かっていないため起きている気がしますが。。
浅くくわえると音が籠もるし、深くくわえると音が雑になって、こちらも困ってます。
現在は教則本で練習してるので、変な癖がつくのが怖いです。
どうか、よろしくお願いします!
2013-03-20 Wed 17:30 | URL | とし #-[ 編集]
> ココアさん

こんばんは。管理人の Taka です。

> ピッチのことで相談なのですが、高い音はとても高くて低い音はとても低いです。
> 前はそんなことなかったのですが・・

ピッチについてのご質問ですね。

ピッチが大きくズレてしまうのにはいくつが原因があり、まずは楽器に原因があるのか、奏法に原因があるのかを切り分ける必要があります。

前はそんなことはなかったとありますが、今起きている現象は他のサックスパートの人がココアさんの楽器を吹いてみても同じような現象が出てますか?

まずはそこをチェックしてみましょう。
同じパートの人にココアさんの楽器を吹いてもらって、例えば2人に吹いてもらって2人とも同じ音がピッチがものすごく高くなったり、ものすごく低くなったりするようであれば、楽器の調整が狂っている可能性があります。

楽器の調整が狂っている場合は、リペアの方に楽器を調整してもらうしかありません。

また、サックスはもともと高くなりやすい音と低くなりやすい音がありますので、まだまだ寒い季節ですので気温の関係で楽器全体のピッチが下がってしまっていると、もともとピッチの悪い音の音程も大きくズレてきたりしてしまいます。

その場合は、楽器に暖かい息をしっかりと入れて楽器を暖めて、全体のピッチが上がってきたところで問題の音の音程がどの程度ズレているかをチェックしてみるといいと思います。


また、他の人が吹くとピッチのズレがそれほどないようであれば、ココアさんの奏法に問題があります。

最近になってアンブシュアが不安定になったり、息の入れ方にムラが出てきているようであれば、ピッチも不安定になってきます。

ココアさんは、チューナーなしで自分の吹いている音程が他の音に比べて高いか低いかというのがだいたい自分で分かりますか?

もしもチューナーなしでは音程の大きなズレが分からないということであれば、チューナーや鍵盤楽器で正しい音程の音を出して、その音をよく聴きながらロングトーンをして、正しい音感をしっかりと身に付けましょう。


まだまだ寒い季節が続きますが、頑張って下さいね!
2013-02-18 Mon 20:58 | URL | Taka #-[ 編集]
前回はありがとうございました!
なおってきています♪

ピッチのことで相談なのですが、
高い音はとても高くて低い音はとても低いです。

前はそんなことなかったのですが・・

いつも困っています、

どうしたらいいでしょうか。

いつもすみません( ∵`)
2013-02-18 Mon 19:34 | URL | ココア #-[ 編集]
> ココアさん

こんばんは。Takaです。

> 高い音から低い音に行くときに低い音がちゃんとなりません。
> ひとつたかい音になってしまいます。
> 時間がたってから低い音になるという感じです。
> これは楽器に原因があるのでしょうか?

これは跳躍の音のことを言ってるのでしょうかね?
跳躍の音は低い音から高い音へ跳躍する場合と、高い音から低い音へ跳躍する場合があると思いますが、高い音から低い音へ跳躍する場合の方が、跳躍後の音をちゃんと出すのが難しいと思います。

跳躍の音は、息のスピードコントロールが上手くできていないと、高い音に上がるつもりが上がらなかったり、低い音に下がるつもりが下がらずに上の音が出たり、下の音が出るのに少しタイムラグが出たりしてしまいます。

跳躍の音は普段の練習の中でも練習しておかないと、曲の中で音の跳躍するフレーズとかを吹くことになったときにうまく吹けなくて苦労する人も多いと思います。

この現象については、「息のスピード不足のチェック」という記事がありますので、その記事をよく読んで頂いて、記事のコメントでゆきさんという方から同じような現象についての質問を頂いていて、私がそれに対してアドバイスを書いていますので、よく読んで参考にしてみて下さい。

頑張って下さいね!
2013-02-10 Sun 22:47 | URL | Taka #-[ 編集]
前回はありがとうございました!
技術向上に向けて頑張っています(・v ・)

また相談なのですが、

高い音から低い音に行くときに
低い音がちゃんとなりません。
ひとつたかい音になってしまいます。
時間がたってから低い音になるという感じです。

これは楽器に原因があるのでしょうか?
2013-02-10 Sun 17:42 | URL | ココア #-[ 編集]
> しゅうさん

メッセージ、ありがとうございます。

中には、喉を意識してうまくいく人もいるかも知れませんが、私のこれまでの経験上では、喉に力が入ってなかなかお腹からスムーズに息を入れることができない人を多く見てきてますので、私の場合は喉は開くようにして、力は入れずにリラックスさっせて吹くように指導しています。

息のコントロールは慣れるまではなかなかすぐには上手くいかず、難しいかも知れませんが、コツコツと頑張って下さいね!
2013-02-03 Sun 01:45 | URL | Taka #-[ 編集]
Takaさん

返信ありがとうございます。
アンコンもお疲れさまでしたそしておめでとうございます!

喉には力を入れないほうが良いのですね。
息のスピード、息の柱、意識して練習していきます!

丁寧に教えていただきましてありがとうございました。
2013-02-02 Sat 13:15 | URL | しゅう #ARQ1QeL6[ 編集]
> しゅうさん

こんばんは。Takaです。

喉仏の件ですが、私も喉仏の話は聞いたことがあり、喉の状態を変化させること、つまり喉仏を動かすことで倍音(オーバートーン)をコントロールすることを教えるプロの先生もいるようですね。(主にジャズ系の先生です)

ブログにも書いていますが、私は元がクラッシック(吹奏楽)の出身で、もう30年以上サックスを吹いていますが、倍音(オーバートーン)の練習はほとんどしたことがないですし、これまでにプロの先生やサックス科の音大生と一緒に吹いたりして色んなことを教わったりもしましたが、喉を使って音をコントロールするということは一度も聞いたことがありませんので、喉を使って音をコントロールするということを初めて聞いた時には、正直驚きました。

喉を使って倍音をコントロールすることについては、私も喉はほとんど意識したことがありませんので、正直コメントのしようがないというのが本当のところです。

私が指導する時に喉の状態について教えるのは、記事にも書いていますが「喉を開く」ことぐらいで、それ以外では喉の状態については指導の中ではほとんど触れません。

喉の状態を変化させる指導法を否定するつもりはありませんが、喉を意識すると喉に力が入りやすくなってしまって、腹式呼吸を使ってお腹から圧力のかかった息を吹き込むのを喉で止めてしまう変なクセが付きやすくなるので、私の生徒さんには喉はリラックスさせて力を入れないように指導しています。

ですので、私が喉についてアドバイスするとすれば、喉はリラックスさせてお腹から圧力のかかった息がスムーズに通るようにすることと、音の響きが喉の奥からさらにお腹まで響くように「喉を開く」ことを指導します。

私の場合は、高音域、中音域、低音域を吹く時の息のコントロールについては、「息の柱」の記事に書いてある内容で指導するようにしていますので、当ブログの「息の柱」の記事をよく読んで参考にして頂ければと思います。

2013-01-31 Thu 01:55 | URL | Taka #-[ 編集]
Takaさん

こんばんは。
返信ありがとうございます。

アドバイスを元に今日練習してみたところ、今までより音が出しやすくなった気がします!
ただまだまだ高音域が安定しないので、これからもっと練習します!

腹式呼吸も、自分には「ひざから息を出す」という感覚が1番しっくり来ました。

それと、自分で色々調べているときに「サックスを吹くときは歌うように喉仏を上下させて吹く」という項目がありました。
人間が高い声を出すときは喉仏は上がり、低い声を出すときは下がるというものだったので、サックスを吹くときも同じように喉仏を上下させることで息のスピードを変化させる、というものでした。
しかし実際にサックスで高音域を吹いてみると喉仏の位置がほとんど変化していなかったので、もしかしたらこれも息のスピードが足りなくなる原因かなと思いました。
高い声を出すイメージで吹いても上手く喉仏を上げられなかったのですが、何か良い方法はないでしょうか?

何度もすみません。

よろしくお願いします。

2013-01-31 Thu 00:17 | URL | しゅう #ARQ1QeL6[ 編集]
> しゅうさん

はじめまして、こんばんは。管理人のTakaです。

いつも参考にして頂き、ありがとうございます。

高音域の音程が低くなって、ぶら下がるようになってしまうのは息のスピード不足ですね。
息のスピードを速くするには口の中を狭くしてやる訳ですが、口の中が広がってしまうと息のスピードが付かず、ピッチが下がるばかりでなく不安定になってしまいます。

「口の中を狭くする」というのが感覚的に分かる人と、イマイチピンと来ないという人がいますので、少し違う表現で書いてみると、「舌をリードに近づけるようにする」と口の中が狭くなると思います。

もしくは、「クゥーー」と声を出してみて下さい。その時に口の中はどうなっていますか?
舌の奥の方が口の中の上の方に来ていて、息の通り道が狭くなっていると思います。
これが「口の中を狭くする」ということです。
「ゥ」を入れたのは、口の両端を内側にすぼめるニュアンスを分かりやすくするためです。

頬が膨らんでしまうのは、口の中を狭くして息を入れるときに奥歯を噛み合せるようにする(完全に奥歯を噛み合わすことはできませんが)ことで解消できると思います。

あと、ピッチをよくするためには、自分の吹く音を正しいピッチで頭の中で歌いながら吹いてみて下さい。正しいピッチが分からない場合は、チューナーや鍵盤楽器で正しいピッチの音をしっかりと聴いて頭の中でイメージできるようにして下さい)

頭の中で正しいピッチの音がイメージできないと、実際に出す音のピッチも悪くなり、音も不安定になります。

いかがでしょうか?

口の中を狭くして口の両端を内側にギュッとすぼめる感じは、「クゥーーー」または「キュゥーーー」と声を出して発音するときの口の中の状態が一番近いと思います。


次に、腹式呼吸についてですが、「お腹で息をする感覚」はつかめていらっしゃいますか?

お腹に息を入れるときは、お腹の力を抜いてリラックスさせ、お腹だけでなく身体全体に吸う息が充満するような感じでたっぷりと息を吸います。

そして、息を吐くときは口ではなくて足のひざ、もしくはつま先から息を吐き出すような感じで息を吐いて下さい。

そうすることで、お腹の横隔膜が下がるような感じになりますので、息に圧力をかけられるようになります。

腹式呼吸は、お腹を意識しないといけませんが、みぞおちが痛くなるということは、お腹を意識した時に変なところに力が入りすぎている可能性がありますので、息を吸うときにお腹をもう少しリラックスさせて楽に息を吸って、吐く時は足から息を吐くような感じで練習してみて下さい。


頑張って下さいね!
2013-01-30 Wed 01:50 | URL | Taka #-[ 編集]
Takaさん

初めまして。
いつも参考にさせていただいております。

アルトサックスを始めてからもうすぐ2年がたつのですが、未だにピッチがガタガタで音色が汚いのが悩みです。
現在2半のリードを使用しているのですが、オクターブキーを押したファ#から上の音と、低いレより下の音が低くなってしまいます。
特に高音のピッチがひどくて、どうにかして合わせようとしてアンブシュアに変に力を入れてしまったりして、音程が合っていてもかなり聞き苦しい音になってしまいます。

Takaさんの記事を拝見させていただいて、おそらく息のスピードに問題があるのだろうと感じました。
そこでなのですが、Takaさんがおっしゃっている「口の中を狭くする」ということがいまいち感覚としてつかめません。
アンブシュアの「口を上下ではなく左右にギュッと絞る」というのを意識して、口先はすぼめているのですが、吹くときにどうしてもほっぺたがふくらんでしまい、それをどうにかふくらまないようにしようとすると変に力んでしまいます。

腹式呼吸は現在練習中で、少しずつ出来ていると思うのですが、たまに吹くときに意識しすぎて、みぞおちのあたりに軽い痛みというか違和感を感じてしまうのですが、あまり意識しすぎないほうが良いのでしょうか?

色々書いてしまってすみません。

よろしくお願いします!

2013-01-29 Tue 01:40 | URL | しゅう #ARQ1QeL6[ 編集]
ありがとうございます!

実際にやってみます!
2013-01-26 Sat 06:42 | URL | かまぼこ #-[ 編集]
> かまぼこ さん

こんばんは。Taka です。

> 今ソプラノサックスを吹いていてド♯が解放のせいか、
> ベーベーなってしまって それもなめらなソロのところで
> とても目立ってしまいます(・_・;
> 何かいい練習方法はありますか!?
> あと変え指とかあったら教えてください!!

開放の運指のド♯の音はサックスでは楽器の特性上、音が汚くなりやすい音ですね。

この音は、ブログの記事の中でも取り上げているところがあるのですが、吹き込む息が広がらないように息を1点に集めることをより意識することと、響きにくい音ですので息の量をたくさん入れてやることです。

また、アンブシュアで注意すべき点は、マウスピースを深くくわえすぎないことと、口の両端を内側にギュっとすぼめてやることの2点です。

中でも、口の両端を内側にギュッとすぼめることを意識するだけでも、息が1点にまとまりやすくなりますし、ド♯の広がった汚い音はだいぶマシになると思います。


頑張って下さいね!
2013-01-25 Fri 17:47 | URL | Taka #-[ 編集]
こんばんは!

今ソプラノサックスを
吹いていてド♯が解放のせいか、
ベーベーなってしまって
それもなめらなソロのところで
とても目立ってしまいます(・_・;

何かいい練習方法はありますか!?
あと変え指とかあったら
教えてください!!

お願いします。
2013-01-23 Wed 21:20 | URL | かまぼこ #-[ 編集]
> ココアさん

こんにちは、管理人の Taka です。コメント、ありがとうございます!

> ○最近低い音がとても低いんです(B♭は合うのですが…)
> アンブシュアが悪いのでしょうか?

実際にココアさんの吹いているアンブシュアなどを見てみないと正確なところは分かりませんが、この時期は気温がかなり低くて寒い季節ですので、楽器が冷えると全体的に音程が低くなる傾向にありますし、楽器の特性上、もともと音程が低くなりやすい音は余計に低くなってしまいます。

暖かい季節でも同じ現象が出るということであれば、奏法に問題がある可能性がありますが、前はそんなことはなくて最近になってそういう傾向が出るとか、冬でも特に寒い日は音程がかなり低いということであれば、気温によって音程が下がっている可能性が高いと思います。

ですので、チューニングする前に楽器に暖かい息をしっかり入れて楽器を暖めたり、カイロで楽器の管体を暖めたりして音程を上げてやるようにしましょう。


> ○最近サックスを吹いていると頬がすぐ疲れるっていうか痛くなります。
> 前はそんなことはなかったのですが、これはよくあることなのでしょうか。
> ソプラノを2ヶ月ぐらいやったことと関係があるのでしょうか。

正しいアンブシュアで長時間吹いていると頬が疲れてくるというのが正常な疲れ方ということを他の記事で書いたと思いますが、アンブシュアで口の両端を内側にすぼめるようにしていると頬が疲れて痛くなってきます。

これは、口の両端を内側にすぼめるときに頬の筋肉を使うからです。

ソプラノはマウスピースが小さいので、口の両端を内側にすぼめやすいと思いますので、それに2ヶ月間慣れた後で、アルトに戻ってマウスピースが大きくなったときに、口の両端を内側をすぼめるのに無意識に頬の筋肉をよく使っているのだとすれば、頬が疲れて痛くなってくると思います。

いずれにしても、サックスの正しいアンブシュアでは、口の両端を内側にすぼめることがポイントの1つになっていますので、口の両端を内側にすぼめた時にすぐに頬が疲れてしまうという人は、今までのアンブシュアで頬の筋肉をあまり使っていなかったということですので、これからは常に口の両端を内側にすぼめることを意識して吹くようにして、ボールペンを唇の力だけでくわえる練習をしたりして、頬の筋肉を鍛えてやるようにするといいと思います。

また、実際にココアさんのアンブシュアの状態を見ていませんので、もしかしたらアンブシュアに力が入りすぎている可能性もありますので、自分でチェックしてみて、アンブシュアに力が入りすぎているようであれば、少しアンブシュアをリラックスさせてやりましょう。


頑張って下さいね!
2013-01-21 Mon 14:52 | URL | Taka #-[ 編集]
こんばんは!

吹奏楽部でアルトサックスをやってます!

○最近低い音がとても低いんです(B♭は合うのですが…)
アンブシュアが悪いのでしょうか?

○最近サックスを吹いていると頬がすぐ疲れるっていうか痛くなります。
前はそんなことはなかったのですが、これはよくあることなのでしょうか。

ソプラノを2ヶ月ぐらいやったことと関係があるのでしょうか。

よろしくお願いします!
2013-01-18 Fri 18:55 | URL | ココア #-[ 編集]
ありがとうございます(^O^)

腹式呼吸の練習頑張りたいと思います!!
2013-01-14 Mon 20:32 | URL | あや #-[ 編集]
> あやさん

こんばんは。管理人の Taka です。ご連絡、ありがとうございました。

昨年のメッセージより送って頂いた際のご質問の返事を書いて送ったのですが、返ってきてしまいましたので、ご連絡をお待ちしていました。


【質問】
高校一年でアルトサックスを吹いています♪
最近思うようにきれい且つ太い音が吹けなくて悩んでいます。
そんなとき、このHPを発見し、自分なりに努力しているのですが、なかなか太い音が出せません。
そして、最近楽器がジージーなります。
友達がその楽器を吹いてもそのような音はなりません。
このようなとき、どのようなときどうすればいいのでしょうか?
(←つばが溜まっていなくてもなります。)

アドバイスいただけないでしょうか?


【返信】
楽器がジージー鳴るとのことですが、友達がその楽器を吹いたときは、あやさんのマウスピースとリードをそのまま付けて吹きましたか?

実際に、その現象を見聞きしないと何が原因になっているのかが分かりませんが、吹いたときにノイズが混じるのは、つばが溜まっていないのであれば、リードノイズの可能性が高いと思います。

リードが正しくマウスピースに付けられていなかったり、使っているリードのバランスが悪かったり、長く同じリードを使い続けていてリードの寿命がきていることなどが考えられます。

ですので、他のリードや新しいリードに変えてみても同じ現象が出るかどうかを確認してみると分かると思います。

次に、綺麗な音色を出すことについてですが、あやさんは具体的にどんな音色を出したいか?というイメージは持っていますか?

いい音色を作っていくには、私のブログの記事にも書いているように、プロのいい音色をたくさん聴いて、自分がどういう音を出したいかという具体的なイメージを持つことがまずは大切です。

そして、太い音を出すには、腹式呼吸を使ってしっかりと楽器に圧力のかかった息を吹き込むことで音も太くなってきますので、腹式呼吸の記事を参考にして、腹式呼吸が正しくできるように練習を積んでいきましょう。

音色や音の太さは、1日や2日では急に良くなりませんので、日々の練習でロングトーンやスケール練習をしていく中で、腹式呼吸を意識しながらしっかりと息を入れる練習をしていきましょう。

練習方法については、ブログにも書いていますので参考にして頂ければと思います。

頑張って下さいね!

===========================

最近、硬い音しか出ないということですが、これもあやさんがどんな音を具体的に目指しているか、以前のどの音に比べて硬い音なのかということが文字だけでは分かりませんので、私からのアドバイスとしては、以下のCoronさんへのアドバイスと同じで、まずは自分の目指す音が具体的にどんな音なのかをプロの演奏などを聴いたりしてハッキリさせるのが第一です。

その上で、どのように吹けばそんな音が出せるのかを日々の練習の中で試行錯誤してみて下さい。

当ブログでは、みなさんが練習していく中で試行錯誤して、上達していくのに役に立つ情報を色々と掲載していますので、「音色を良くしたい」、「柔らかい音を出したい」という場合は、【音色】のカテゴリーの記事をよく読んで日々の練習の参考にして頂ければと思います。

また、今までにも同じようなご質問をたくさん頂いていますので、この「交流のひろば」の過去のコメントをずっとさかのぼって読んでいって頂いても参考になる情報が見つかると思います。


頑張って下さいね!
2013-01-13 Sun 23:58 | URL | Taka #-[ 編集]
すみませんm(__)m

去年ブログオーナーヘのメッセージというところでメールを送らせていただいたのですが、ドメインの変更がどうしてもできなく、途方に暮れていたところ、この欄をみつけました!!


最近硬い音しかでません。
自分でも原因がわからなく戸惑っています。。

アドバイスあただけますか??



URLやPASSのところには何を入力したらいいのかわからないので空けています。(´Д`;)ヾ 
2013-01-13 Sun 22:01 | URL | あや #-[ 編集]
> Coron さん

こんばんは。管理人の Taka です。

コメント、ありがとうございます。

「どうしたら柔らかい音って出せるんでしょうか?」という質問はよくみなさんから頂く質問ですね。
他にも、「いい音を出すためにはどうすればいいでしょうか?」という質問もよく頂きます。


では、私からCoronさんに質問ですが、Coronさんの出したい「柔らかい音」とは、具体的にどのような音でしょうか?

逆質問になってちょっと意地悪な感じがするかも知れませんが、実はこの質問に対する回答がすごく重要なんですよ!

ここで、回答が「とにかく柔らかくてみんなからいい音だねって言われるような音です」と答えてしまう人は、自分の出したい音のイメージができていない人です。

ブログの記事にも書いていますが、サックスでいい音色を作っていくためには、自分の目指す「いい音」、「柔らかい音」、「太い音」などの自分の出したい音の具体的なイメージが頭に描けていないと、いくら練習をしてもいい音色を作っていくことはできません。

では、この「具体的なイメージ」とは何を意味しているか?ということですが、例えば、「あの先輩のような音が出したい」、「プロの須川展也さんのような柔らかくて甘い音を出したい」、「ダニエル・デファイエのような柔らかくて力強い音が出したい」といった感じで、「何となく頭でぼんやりと考えている音のイメージ」ではなくて、「実際に耳で聴くことができる音のイメージ」を意味しています。

これは、実際に自分の出したい音がプロの奏者の音や上手な人の音という風に具体的な音が頭にイメージできているということですので、その目指す人の音に近づけるように日々の練習の中で「どうすればあんな音が出せるんだろう?」ということで、自分であれこれと吹き方を変えたり試したりして試行錯誤しながら自分の目指す音を作り上げていけます。

Coronさんが自分の出したい「柔らかい音」の具体的なイメージがまだないということでしたら、プロの奏者のCDを聴いたり、今ならYouTubeでもプロの演奏がたくさんアップされていますので、いろんな音を聴いて、自分の出したい音の具体的なイメージを頭の中に持つようにしましょう。

もし、具体的なイメージが既に頭にあるということでしたら、その音をCDやYouTubeなどで何度も聴いて、どうすればこのような音が出せるのか?ということを常に練習で意識しながら、その音を真似するように練習しましょう。

音色の作り方については、当ブログの【音色】のカテゴリーに音色の作り方に関する記事を書いていますので、よく読んで参考にして頂ければと思います。


頑張って下さいね!

2013-01-07 Mon 00:10 | URL | Taka #-[ 編集]
初めまして!
中2のCoronと言います。

私はアルトサックスを吹奏楽部でやっているのですが、いつも同学年の子や顧問に
「音が固い!」と言われてしまっています。。

それならまだいいにしても
同じアルトの後輩にも
「なんか、音が『真面目ッ!』って感じですねw」

と言われてしまい…(泣)

せめて後輩には言われたくなかったのですが・・
どうしたら柔らかい音って出せるんでしょうか?

よろしくお願いします。
2013-01-06 Sun 16:34 | URL | Coron #-[ 編集]
> PONさん

こんばんは。管理人の Taka です。

コメントの投稿、ありがとうございます。

マウスピースを差し込んだときにネックが曲がってしまったのですか?!?!

私も、かれこれ30年以上サックスを吹いていますが、マウスピースをネックに差し込むときに、ネックがぐにゃりと曲がってしまったという話は聞いたことがありませんので、正直言ってビックリですね!

ぐにゃりということは、本当に大きく曲がってしまったということですよね。

どこか無名のメーカーの本当に安い楽器であればそのようなことも、もしかしたらあるかも知れませんが、普通に学校の楽器とかですと、普通はヤマハとかヤナギサワとか、いい楽器を揃えている学校ですとセルマーとかの場合もありますし、ヤマハ、ヤナギサワ、セルマーなどのメーカーの楽器のネックが、マウスピースを少し強く差し込もうとした時にぐにゃりと曲がってしまうようなことはまずないと思いますからね。

実際にどのような感じで曲がっているのか分かりませんが、いずれにしてもネックは修理に出して、修理で直る程度であればいいですが、最悪の場合は新品のネックと交換ということになると思います。

普通は、ネックと言えばその程度の力では曲がったりしないパーツですので、どこかに問題がある欠陥品だったのかも知れませんね。

2012-12-25 Tue 02:46 | URL | Taka #-[ 編集]

こんにちわ(´・ω・)ノ☆

吹奏楽でアルトサックスを
担当しています!
今日、学校の体育かんで発表があって…
本番前に、チューニングをしてたんです。

朝の体育かんだったので寒くて┐('~`;)┌
音程がいつもより
低かったんです

普段、そんな奥まで入れないから
少し、強く力を加えたんです

そしたら、その瞬間、ネックがグニャリと曲がってしまって(><。)。。

そういうことってあるんですかね(><。)。。

2012-12-21 Fri 23:22 | URL | PON #-[ 編集]
遅くなりました(>_<)

ありがとうございます!!

いろいろ参考になりました♪

ティップレールをあまりこすらないように
気を付けようと思います!!

またよろしくお願いします!
2012-12-21 Fri 19:33 | URL | かまぼこ #-[ 編集]
Takaさん、コメントありがとうございます!

詳しく書かれていて、よくわかりました。

とくさ、半年くらい前に生け花に使用していたものをたくさんもらって帰ったのですが、結局どうしていいかわからず捨ててしまいました。

今度手に入れたら教えてもらったようにして、使ってみますね(^o^)

「サクソフォーン演奏技法」「うまくなろう!サクソフォーン」両方とも持っているので、調整のときに参考にしていきます。
2012-12-01 Sat 00:28 | URL | ゆき #-[ 編集]
> ゆきさん

こんにちは。Taka です。

毎日寒いですね。いよいよ冬も本番です。


> スワブを抜き取る時にティップレールをこすらないように・・・と注意はされました。

なるほど、そういうところを注意されたのですね。ティップレールはデリケートな部分ですからね。

ティップレールやサイドレールは、マウスピースが新品の時は平らだったものが長年吹いているとリードの振動で目に見えない程度の磨耗があり、丸くなってくるみたいです。

私の知人で、マウスピースのリフェイスができる人がいるのですが、その人に私の長年愛用のマウスピースを見てもらったときに、いい感じで磨耗してきているので、リフェイスしない方がいいと言われたことがあります。
私が見ても、その磨耗の程度とかは全く分からないんですけどね(笑)

スワブも、綺麗好きの人であれば何度も通したりするので、その関係でティップレールが磨耗してしまったりするのかも知れませんね。


マウスピースは長く使えますよ。

上の前歯の当たる部分が削れてくぼんできたりはしますが、音にはほとんど影響しませんので、自分に合ったいいマウスピースに出会えれば、それを10年、20年と自分の相棒として長く使い続けていくといいと思います。

リードの調整ですが、私も昔はサンドペーパーやとくさ、リードトリマーを使って調整していましたが、今はサンドペーパーで表面をツルツルにする程度で使うか、少し硬いリードはカット面の付け根の部分をサンドペーパーで軽く削って吹きやすくするぐらいで、リードの先端をリードトリマーでカットしたりはしていません。

やわらかすぎるリードは先端をリードトリマーでカットして使ったりするのですが、私の場合は昔リードトリマーで先端をカットしたリードはいい音がしない記憶しか残っていませんので、今ではリードトリマーは一切使っていません。

もしかしたら、今のリードトリマーは品質がよくてそんなこともないのかも知れませんが、昔のやつはリードの先端をカットするとうまくカットできなかったり、リードの先端がよく割れたりしてましたからね。


とくさがあるのであれば、サンドペーパーよりもとくさを使われた方がリードを部分的にうまく削れますのでオススメです。

私も昔は、家の近所の電車の駅の近くにとくさが生えていたのを見つけて、それを取ってきて乾燥させて使っていましたが、今ではとくさを手に入れるのも面倒なので、サンドペーパーを使っています。

サンドペーパーは、1000番~1500番ぐらいの目の細かいものがいいですが、楽器店でもリードトリムペーパーという名前で売られていますので、私は今はそれを使っています。

とくさは観葉植物の一種ですので、苗を買ってきて家で観賞用として育てながら、リードの調整にも使うという風にしてもいいかも知れませんね。

とくさは、竹のように節がありますので、その節の部分でちぎって切り離し、色が茶色くなるまで乾燥させ、使うときはポキッと半分に折って、その切り口の先の部分を指で潰してリード面に押し付け、軽くこすってやるとリードが削れます。

リードの削り方ですが、私の紹介している「サクソフォーン演奏技法」や「うまくなろう!サクソフォーン」に詳しく書かれていますので、そちらを参考にされた方が確実だと思います。

リードを削って調整する際に注意する点は、「リードの先端部分は削らない」、「リードのハートの部分(透かして見たときに山になっている部分)は削らない」の2点に注意して調整されるといいと思います。

リードはデリケートなパーツですので、削りすぎるとすぐにリードがダメになってしまいますので、削るときは2~3回軽くこする程度にとどめ、その都度吹いて確かめながら慎重に調整するのが基本です。

ちなみに、私が中学1年のときは、あまり意味のないマウスピースだけでのロングトーンとかを先輩からやらされていて、同級生の間でどれだけ長く吹けるかのタイムを競っていたのですが、その時に、タイムが伸びるからといってサンドペーパーでリードを削りまくってペラペラにして吹いたりと、今から考えると本当に意味のないバカなことを真剣にやっていた記憶があります(笑)

ですので、私が中学生の時は高いリードを何枚もダメにしました(笑)


リードの育て方は人によっても違うかも知れませんが、私の場合はまず新品のリードの箱をすべて開封して、その中からいいリードを3~4枚選び、そのリードの表面をサンドペーパーで軽くこすってツルツルにして、それらのリードをリードヴァイタライザーの入ったリードケースに入れてローテーションしながら使っていきます。

そして、そのローテーションの中でいい具合に馴染んできたいい音のするリードは、少し使用頻度を下げて、演奏会本番などのここぞという時だけに使うようにしています。

しかしながら、リードも生き物と同じですので、本番当日のためにコレ!!っていうリードを温存しておいても、実際に本番当日のリハーサルとかで吹いてみると、別のリードの方がいい音がしたりすることもよくありますので、そんな時は別のリードを使ったりもします。

今は、リードヴァイタライザーのような湿度を保つ便利な小物が登場しましたが、昔はそんなものもありませんでしたので、フィルムケースに水を入れて、吹くときにリードをその中に浸けて十分に湿らせてから使ったりしてたこともありましたので、便利な世の中になりましたね。


私のリード管理と言えば、その程度の簡単なものですが、そのうち記事にまとめるようにしますね。

2012-11-27 Tue 14:15 | URL | Taka #-[ 編集]
Takaさんこんばんは!

寒くなってきましたね。

マウスピースにスワブ、私も通しています。私の先生は「通さないと不衛生でしょ」と言い、きちんと水分を取っています。

スワブを抜き取る時にティップレールをこすらないように・・・と注意はされました。


マウスピースって20年も使えるんですね。ビックリです。私も大事に使って長持ちさせたいです。


最近悩んでいることのひとつに、リードの調整があります。適当に目の細かい紙やすりで削っていますが、Takaさんはどのような道具を使っていますか?トクサって今もリードを削るときに使っているのでしょうか??リードの育て方、調整の仕方(道具等)記事にしていただけたらうれしいです。


よろしくお願いします(^^)
2012-11-27 Tue 00:33 | URL | ゆき #-[ 編集]
> かまぼこさん

こんにちは。Taka です。

マウスピースにスワブを通してはいけないということは、私も最近になって初めて聞くようになりました。

しかしながら、私がサックスを始めてもう30年以上になりますが、そんなことを聞いたのは最近になって初めてですし、今私が愛用しているマウスピースも20年以上使い続けていて、スワブも通してきていますが、今のところ何の不都合もありません。

マウスピースにスワブを通してはいけないという話はどこから出てきたのでしょうね?

本当かどうか?ということについては、正直言って私もなぜそのような話がでてきたのかが分かりませんので、その答は私も分かりません(笑)

スワブを通すと、マウスピースの内側がスワブが擦れて削れてくるとか、傷が付いて音に影響があるとかそういうことを言っているのかも知れませんが、個人的には何の不都合もないので、私は気にせずスワブを通しています。

または、スワブを通したときにスワブがマウスピースに詰まって取れなくなってしまったとかいうところから来てるのかも知れませんね。
楽器のネックにスワブが詰まって取れなくなったという話はよくありますからね。

どうしても気になるというのであれば、マウスピース用の小さなスワブを使って、水分を取る程度に軽く通しておくぐらいでいいのではないでしょうか。

いずれにしても、私個人としてはスワブをマウスピースに通しても今までに何も不都合が生じたことがないので、そういうことを聞いても気にせずにスワブを通しています。

2012-11-24 Sat 15:22 | URL | Taka #-[ 編集]
よくマウスピースは
スワブを通してはいけないと聞くんですけどそれは本当ですか!?
教えて下さいっ!
2012-11-23 Fri 09:02 | URL | かまぼこ #-[ 編集]
> RIEさん

こんばんは。Taka です。

RIEさんはインドにお住まいだったのですね。海外からのコメント、ありがとうございました。

日本に帰国した際には、実際にレッスンを受けてみられるといいと思います。

JAZZ SELECTの2Hということは、リードの硬さは大丈夫そうですね。
アンブシュアは、リラックスしたアンブシュアが一番です。

頑張って下さいね!
2012-11-18 Sun 03:09 | URL | Taka #-[ 編集]
ありがとうございました。
普段インドに住んでいてサックスの先生はいないので、次回帰国するときに短期のレッスンを受けて実際に見て相談してみようと思います。年に2回帰国時に調整に出しているのでそこでも相談してみます! それまでは、こちら現地の上手なプレイヤーにお願いして吹いてもらって、私と同じ現象が起こるかどうか試してもらおうと思います。
リードはJAZZ SELECTの2ハードなので柔らかいです。これも何か、原因があると思うので
実際のレッスンを受けてみようと思います。
この件でいろいろ試したこともあって、別件ではありますが、リラックスしたアンブシュアがちょっとわかってきたような気がします(音程をコントロールできないけれど)。
いろいろ親身に考えてくださってありがとうございまいした! 今後もサイト参考にさせてください。
2012-11-16 Fri 20:30 | URL | RIE #-[ 編集]
> RIE さん

追伸です。

やわらかいリードにすると、マウスピースを強く噛まなければ音程は若干低めになります。

2012-11-16 Fri 19:33 | URL | Taka #-[ 編集]
> RIE さん

オルタネートフィンガリングということは、バップフレーズとかで同じ音をオルタネートフィンガリングを使って効果的に表現したりするのに使ったりするやつですね。

オルタネートフィンガリングですと、倍音(オーバートーン)の出し方とかも絡んでくると思いますので、なかなか単純には判断できないと思います。

残念ながら、私の方はクラシカルサックスをメインで吹いてきていますので、倍音を利用したオルタネートフィンガリングは実践ではほとんど使いませんので、実際のRIEさんの楽器のセッティングで試してみないことには楽器の問題なのかどうかは何とも言えないのが正直なところです。

また、RIEさんがどのようなアンブシュアでどのような音を出しているかが実際に見聞きできませんので、今のアンブシュアが音程にどの程度の影響を与えているのかも判断できませんので、お書き頂いている内容だけから「レの音が半音高くなってしまっている」原因を突き止めようとするならば、まずはその症状を楽器のリペアマンに伝えて、その問題の音を出す時の関連キーの調整が狂っていないかどうかをチェックしてもらって、楽器の調整に問題があるのか、自分の奏法に問題があるのかをまずは切り分けた方がいいと思います。

例えば、チェックしたもらった結果、もともとの楽器の音程がかなり悪い個体の楽器だったとしても、音によってはキーを調整することでその音の音程だけを少し高めにしたり、低めにしたりすることもできますので、リペアマンに相談するとキーの調整だけで解決することもありますので、リペアマンに楽器を見せて相談してみる価値はあると思います。

また、アンブシュアについては、マウスピースの種類や個体の違い、リードの硬さとマウスピースの相性によっても変わってきますし、マウスピースと楽器の組み合わせの違いによっても、ベースとなる音程を合わせる時のマウスピースを差込む深さは変わってきますので、楽器の調整に問題がないかどうかをまずはリペアマンに確認してもらった上で、あとはRIEさんの周りで今の奏法や起きている状況を直接見てもらえる上級者の方に相談してみられた方がいいと思います。

それと、ひとつ気になったのは、マウスピースだけで吹くと音が出ないということです。
マウスピースだけで吹くには、ネックを付けて吹くよりもしっかりと息を入れないと音が出ませんので、マウスピースだけで音が出ないということは、今使っているリードがRIEさんには少し硬すぎるのではないかと思います。

マウスピースに角度を付けると音が出るのは、下唇を強くリードに押し付けるようになりますので、リードの先端部分を無理やり振動させるような形になって音が出ているのだと思われます。

マウスピースがヤナギサワの7番を使われているとのことですので、ティップの開きもそれなりに大きいマウスピースですので、リードはマウスピースだけで吹いても音が出せるぐらいの柔らかいものを使われた方がいいと思います。

特に倍音(オーバートーン)をよく使うのであれば、リードが硬いと倍音のコントロールが難しくなります。

2012-11-16 Fri 19:19 | URL | Taka #-[ 編集]
Takaさん、さっそくのアドバイスありがとうございます。
普段はいくらか吹いて楽器を少しあたためたあ
とAを基準にほかの音程もチェックします。そうすると、コルクが1センチほど見えた所で丁度よくなります。中音のドやレのピッチのずれはありますが、そのピッチのずれとは別の件です。
オルタネードフィンガリングの運指を見て高音のFから順に練習をしていくとサイドキーを使う高音域のレの変え指のはずである高音のソの運指から、レシャープの音が出てしまうんです。その後、Dシャープ、Eと、本に書いてある音よりきれいにぴったり半音高い音が出てしまいます。
ですから、レ(高音域)の通常の運指と、オルタネートフィンガリングのレ(高音のソの運指)を交互に鳴らすと、レレレレとなるはずが、レレ#レレ#となってしまうんです。
最初は、本が間違えているのではと思ったくらいです。なぜこうなるかずっと考えたり試したりしているのですが、 マウスピースをコルクが見えないところまで入れて吹くとオルタネートの運指で本に書いてある通りの音がピッチもぴったっりででます。
普段から、下の歯に頼ったアンブシュアという自覚があり、力まかせに音量を保っているけれど、響きが全然ないという自覚があります。 以前、とてもいい音で吹くプレイヤーとご一緒させていただいたときに、私の楽器を吹いてもらうと、その人はマウスピースをコルクが見えないところまでぐっと差し込み吹いていました
そのときは何でそうするんだろう??と
思っていたのですが、今になって、もしかして、私の普段のアンブシュアが人より半音ピッチが上がるほどきついのでマウスピースの差し込みが浅くなくてはいけないのではと思って、いろいろ調べていますが、2日ほど調べても、これに関する書きこみは見つかりません。 アンブシュアの確認としてネックだけをつけた状態でGシャープ(これはOK)、マウスピースだけだとAなどいろいろな情報がありますが、、マウスピースだけだと、私は音が鳴りません。ですがこのマウスピースをクラリネットのマウスピースくらい角度を下げると音が出ます。
アンブシュアを矯正しないと、という思あるのですが、自分のアンブシュアが本当に人より半音きっちり高いものなのか、この、オルタネートフィンガリングで出る音、レの変え指のピッチ(ソの運指でレが出る状態)が理想のアンブシュアなのでしょうか。 アンブシャのせいでないとすると
どうして私の楽器からは、レのオルタネート以降、きっちり半音高い音がでるのでしょうか? これは私だけなんでしょうか。 すみませんが
またアドバイスいただけますか?よろしくお願いいたします。
2012-11-16 Fri 13:54 | URL | RIE #-[ 編集]
> RIE さん

こんにちは。管理人の Taka です。メッセージの書き込み、ありがとうございます。

アンブシュアと替え指についてのご質問ですね。

サックスは、マウスピースの差込の深さでチューニングを合わせるのが基本ですよね。

当ブログの【音程】のカテゴリの「替え指による音程の微調整」という記事にも書いていますが、サックスは一般的に吹奏楽やクラッシックでは、実音B♭かAの音を基準にチューニングを合わせます。

お書き頂いている内容ですと、替え指のピッチが悪いため、どの音を基準にマウスピースの差込位置を調整すればいいか分からなくなってしまったということでしょうか?

サックスは、もともと楽器の特性上、音によって音程が若干高くなったり低くなったりする音もありますし、替え指と正規の運指では音程に大きな違いが出てくる音もありますし、気温の変化や、楽器の暖まり具合によっても、吹いているうちに音程が変化してきたりしますので、その辺りのことを考慮に入れておかないと吹いているうちにどれを基準に考えればいいのか混乱してくるかも知れませんね。


マウスピースの差込位置については、まず最初にチューニングを合わせる、B♭かAのピッチを基準に考えるといいと思います。

また、替え指のピッチで悩んでいるようですが、サックスの替え指は、正規の運指の音に比べると音の響きが違ったり、ピッチも少し高かったり低かったりしますので、あくまでも正規の運指のピッチを基準に考えて下さい。

替え指はあくまでも替え指ですので、速いパッセージで指が回らない時に替え指を使ったり、楽器の調整やコンディションの関係でピッチのズレが大きくて、アンブシュアでピッチを調整しきれないときに替え指を使ったりしますので、替え指のピッチを基準に考えると、当然混乱するということになってしまいます。

ですので、マウスピースの差込位置は、チューニングの基準となる音(B♭かA)に合わせて調節することを基本にして、他の音のピッチについても替え指ではなく、正規の運指での音を基準にアンブシュアで音程を合わせるようにして、それでも合わないときに替え指を使って合わせるという感じで考えると混乱することもないと思います。

また、サックスは最初にチューニングを合わせても、吹いているうちに楽器が暖まってくると全体的にピッチが上がってきますので、楽器を続けて吹く場合は途中で再度チューニングをして、少しマウスピースを抜いたりすることもよくありますので、気温や楽器の暖まり具合によるピッチの変化も考慮しておいた方がいいと思います。

この辺りのことは、当ブログの【音程】のカテゴリーの記事に詳しく書いていますので、参考にしてみて下さい。


2012-11-16 Fri 11:06 | URL | Taka #-[ 編集]
アンブシュアについて悩んでいて、いろいろなサイトや動画を見て模索中です。
変え指の練習中に気付いたことがあり、ご質問させていただいています。
アルトサックスSelmerSuperActonⅡマウスピースYanagisawa(7)で練習をしています。マウスピースの入れ方具合についてなのですが、チューナーでピッチを確認すると、ネックのコルクが1センチほど見えるくらいの位置で丁度よい状態です。ですが、一番上のレ(サイドキー)の変え指(高いソの運指)を吹いてみると、半音高くなってしまいます。マウスピースをコルクが見えなくなるところまで差し込むと、この変え指のレが正しい音程になります。
これはもしかして、この深く入れる状態が正しくて、このマウスピースの位置でほかの音のピッチも正しくなるまでアンブシュアを緩めなければならないということでしょうか。言い換えると、半音高くなる差し込み方をして、アンブシュアを占めて半音高い音で普段ふいてしまっているという状況でしょうか?
大混乱中で、どうしていいかわからず、質問させていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。
2012-11-16 Fri 03:02 | URL | RIE #-[ 編集]

ありがとうございます♪ヽ(´▽`)/

凄く参考になりました!

今は3のリードを使ってます。
2半のリードも試してみたいと
思います!

もっとブログも読んで
頑張ります(笑)

また何か質問があったらよろしくお願いします!

2012-08-27 Mon 23:16 | URL | かまぼこ #-[ 編集]
> かまぼこ さん

こんばんは。管理人の Taka です。

> 中1からテナーサックスをしていて今高1です。
> 高1になってソプラノをはじめたのですが、
> よくアルトの持ち変えでソプラノをやっているという人は聞きますが
> テナーからの持ち変えはどうなんでしょうか??

サックスはソプラノからバリトンまで、アンブシュアや運指などの奏法の基本はほぼ共通していますので、どのパートの楽器を吹いていても違うパートの楽器に転向したり、持ち替えをしたりすることが多い楽器ですので、確かにアルトとソプラノの持ち替えをする人は多いと思いますが、バリトンからアルトに変わったり、アルトからテナー、バリトンからソプラノになったという人もいるぐらいです。

サックスという楽器は、低音パートになればなるほど息の量は必要ですが、息のスピードはそれほど必要ありません。また、逆に高音パートになればなるほど息の量は少なくてすみますが、息のスピードがかなり要求されますので、その違いをしっかりと頭に入れておけば、あとはそのギャップに慣れていくだけですので、テナーからソプラノでもあまり気にする必要はないと思います。


さて、テナーとソプラノの持ち替えですが、アルトとソプラノの持ち替えよりも必要とされる息のスピードの差が大きく違いますので、テナーからソプラノに変わったのであれば、かなり意識して息のスピードを速くしてやらないと、特に高音域は出しにくいと思います。

息のスピードを付けるには、口の中を極端に狭くして、細くて速い息を入れる感じで吹いてみて下さい。
ソプラノは、テナーほど息の量は必要ないですが、息のスピードはかなり速い息が必要になりますので、テナーを吹くときよりも息の量をぐっと減らして、息のスピードの方を意識して吹くようにしましょう。

息のスピードコントロールの詳細については、ブログの記事であちこち取り上げていますので、参考にしてみて下さい。

あと、ソプラノを吹くときは、アンブシュアもテナーよりタイトに絞ってやらないといけませんので、きんちゃく袋の口をギュッと締めるような感じでアンブシュアをタイトに絞ってやりましょう。

アンブシュアを絞るときは気をつけないとマウスピースを上下に噛んでしまいやすくなりますので、アンブシュアを絞るときは口の両端を内側にギュッとすぼめることを意識するといいと思います。


> あとソプラノの高いGの音がスースーと息の音がしてしまいます><
> 何かいい方法ありますか!?

リードは何番のリードを使われていますか?

ソプラノの高い音で息の音がするということは、リードが硬すぎるのだと思いますので、3半を使っているのであれば、3か2半、3を使っているのであれば、2半か2のリードを使うようにしましょう。

テナーからソプラノへの持ち替えとなると、必要になる息のスピードが全然違いますので、テナーと同じような息のスピードでは全然足りませんし、ソプラノに慣れるまではリードは1ランク、もしくは2ランクぐらい柔らかいものを使った方がいいと思います。


頑張って下さいね!
2012-08-27 Mon 22:27 | URL | Taka #-[ 編集]
こんにちは!!

中1からテナーサックスを
していて今高1です。
高1になって
ソプラノを
はじめたのですが、
よくアルトの持ち変えで
ソプラノをやっているという人は
聞きますが
テナーからの持ち変えは
どうなんでしょうか??


あとソプラノの高いGの音が
スースーと
息の音がしてしまいます><

何かいい方法ありますか!?

2012-08-27 Mon 21:40 | URL | かまぼこ #-[ 編集]
間違えて
管理人だけ
見れる方に
してしまったんですけど
公開しても大丈夫ですっ
すみませんっ
2012-08-27 Mon 18:19 | URL | かまぼこ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-08-27 Mon 18:11 | | #[ 編集]
> かっちゃん さん

こんばんは。Taka です。

> 先輩の音に比べ私の音は暗いというか音の密度が低いと先生におっしゃられました。
> 音が薄いらしいのですが、それは息のスピードが足りないのでしょうか(;;)
> 結構吹き込んでるつもりなのですが・・・
> リードは3半で薄めのほうをつかってます!
> 吹きにくいとかはないです。
> 楽器はセルマーをつかっています。

実際にかっちゃんさんの音を聴いてみないと、正確なところが分かりませんので、的確なアドバイスができるかどうか分かりませんが、音が薄い、音が軽いと言われるということは、息にしっかりと圧力がかかってないのではないでしょうか?

息に圧力がしっかりとかかってないと、音は軽くなってしまいますし、豊かな音が出ません。
息に圧力をしっかりとかけるには、腹式呼吸が正しくできていないといくら息を吹き込んでも豊かな音にはなりません。

あと、考えられるとすれば、吹き込んでいる息が広がってしまっていると、薄っぺらい音になってしまいます。
これは私がブログの記事で何度も書いていますが、息を1点に集中させることが大切です。

息のスピードは、高音域を吹くときに必要になりますので、高音域を吹くときにマウスピースを強く噛んでしまっているようであれば、息のスピード不足が原因になりますが、音が薄いとか軽いということであれば、息の圧力不足か、息が広がってしまっているのが原因として考えられますので、私のブログの【息】のカテゴリーと【腹式呼吸】のカテゴリーの記事をしっかりと読んで下さい。

特に、【息】のカテゴリーの「息の圧力」、「密度の濃い息」という記事が参考になると思いますので、よく読んで日々の練習に生かしてみて下さい。

腹式呼吸を使って息にしっかりと圧力をかけるには、1日や2日の練習ですぐにできるようにはなりませんので、根気よく毎日コツコツと練習していくしかありませんので、すぐにできなくても諦めずにコツコツと頑張りましょう。

また、リードは3半の柔らかめを使われているようですが、腹式呼吸でしっかりと息の圧力がかけられるようになるまでは、リードの硬さをあえてワンランク落として、3で練習するのもひとつです。

3のリードにすると、音が「べーべーー」言ってしまうようであれば、それは息の密度が低く、息が広がってしまっているということですので、息を1点に集中させるようにするのにはいいと思います。

他の中高生の方も、3半のリードを使っているという人も結構多いと思いますが、いくら3半のリードで苦しくなくて普通に吹けるという人でも、やはり3のリードよりも息の強さと圧力が必要になりますので、腹式呼吸がしっかりとできていないと、3半のリードで吹くとリードが振動しきらずに暗い音になったり、薄っぺらい音になってしまうと思いますので、ワンランク柔らかい3のリードを使った方がいいと思います。

頑張って下さいね!

2012-08-25 Sat 23:59 | URL | Taka #-[ 編集]
お久しぶりです。
前に緊張して音がうまくだせないと
相談をさせてもらった者です!
あのときは本当にありがとうございました。


そこでまた質問をしたいのですが
先輩の音に比べ私の音は暗いというか
音の密度が低いと先生におっしゃられました。
音が薄いらしいのですが、それは息のスピードが
足りないのでしょうか(;;)結構吹き込んでる
つもりなのですが・・・
リードは3半で薄めのほうをつかってます!
吹きにくいとかはないです。

楽器はセルマーをつかっています。

なにか助言などがありましたら 
よろしくお願いします!

乱文失礼しました。
2012-08-25 Sat 20:19 | URL | かっちゃん #-[ 編集]
ありがとうございます!
なんか、心配事が減りました!
takaさん、中学のときは調子こいてたんですね(笑)
実は私も時々そんなときがありました^^;
でも、みんなお世辞ばっかって気づいて・・・orz
ホールと録音ってそんなに違うんですねぇ~!
安心です!
じゃあホールで聞いてたらもうちょっと上手く聞こえてたのかも・・・!

高校でもまずサックスパートに入れるように・・・
あ、その前に、受験がんばります(笑)
2012-08-12 Sun 16:07 | URL | LILY #-[ 編集]
> LILYさん

こんにちは。Takaです。

中学生最後のコンクールお疲れ様でした。

Aが2つということは、金賞まであと一息でしたね。
結果は銀賞でも、ソロも演奏できたようですし、充実したコンクールだったのではないでしょうか。
中学生活の最後のコンクール、色々な想いがたくさんあったと思います。

> それで今、楽器も吹けず、ヤマハとかのカタログを見て楽器欲しいなぁと毎日思ってます・・・。

My楽器が欲しくても買ってもらえない人はたくさんいますよ。
私も大学に入るまでMy楽器は買ってもらえませんでしたし、カタログを見ては欲しいなぁ…といつも思ってましたが、中高生時代は上手くなりたかったので、とにかく練習練習の毎日でした。

> 高校でもサックスを続けたいのですが、やはり今から高校の部活に入って吹くまでの時間がこんなに空くと、初心者並みになってしまう可能性ってりますか?

これからは高校に入るまでは受験勉強ですね。
高校でサックスを手にするまでは少し期間が長いと感じるかも知れませんが、あまり心配する必要はないと思いますよ。
これまで3年間毎日のように吹いてきたのですから、数ヶ月の間吹かなくても、また高校で吹き始めるとまた感覚はすぐに戻ると思いますので、あまり心配せずに今は受験勉強に頑張って下さい!(笑)

ちなみに、私が一番サックスが上達したのは高校3年間でしたし、今の時点であれこれと心配する必要はないと思いますよ。
しっかりと受験勉強をして、自分の行きたい高校にとにかく合格することが一番です。

私の場合は、中学時代は結構チヤホヤされてましたので調子コイてたのですが、高校に入ってからかなり上手い人がたくさんいて、悔しくて悔しくてたまらなくて、人の2倍3倍練習に励んだ記憶があります。

その甲斐もあって、私の音がガラっと変わったのは高校2年の時ですし、LILYさんもまだまだこれからだと思いますので、今はあまり気にせずに受験勉強の方で頑張って下さいね。

> それと・・・コンクールのCDで自分のソロの音を聞いてみると、なんか他の学校との音色の感じが違ったんです。
> ほかの学校はホールできいたんですが・・・。
> 他のとこのアルトのソロとかの音は響いて温泉みたいなんですが、私の音は水みたいだったんです!
> (変なたとえですが笑)
> 素直というか・・・。
> 私の感性がおかしいだけかもしれませんが^^;
> 楽器の種類の違いとか・・・ですか?
> たぶん私が使っていたのはYAS-62です・・・。

実際にホールで生で聴いた音と録音された音を聴くのでは全然聴いた感じは違ってきますよ。
これは、アマチュアの人に限らず、プロの演奏でも同じです。
プロのリサイタルを生で聴いた後で、その時の録音を後から聴いても、生で聴いた感覚とは全然違うなぁ…という印象を受けます。

これは、楽器のグレードのせいとかではないと思います。
生で演奏しているのを直接聴くときは、その「雰囲気」も加わりますので録音を聴くよりもかなり上手く聴こえたりしますし、後で録音を聴くとえーーー、全然たいしたことないじゃん…ってなったりします。

実際に私が高校生の時に、他の学校のサックスの人で上手い人がいて、その人のソロの演奏を生で聴いたのですが、音もよく響くしヴィブラートも凄い!!って思ったのですが、その演奏の録音を後から聴いてみると、その人には失礼ですがビックリするぐらい大したことなくて、ガッカリしてしまったことがあります。

生の演奏を聴くのと録音を聴くのではそのぐらいのギャップがありますので、あまり気にしないことです。

むしろ、自分で自分の音にショックを受けたのであれば、そのショックをバネにして、高校生になってからまた頑張って練習することですよ。
私もそうでしたからね。

> なんか、他のアルト吹きに負けた気がして悔しいんです!
> ビブラートも下手だし・・・。
> でも、ロングトーンはたくさんやってたんですが・・・(泣)

まだまだこれからですよ!
私が伸びたのも高校時代でしたし、その悔しさをバネにして高校では中学よりもさらに上達できるように頑張りましょう。

これからは受験勉強だと思いますので、しばらくサックスのことは横に置いて、勉強の方をしっかりと頑張って下さいね!
2012-08-11 Sat 10:11 | URL | Taka #-[ 編集]
こんばんは。
コンクール終わりました!
結果は銀賞でしたがAが2つでした!
ソロも無事に終えて、次の日の引退式でみんなの前でひとりずつコメントするときに、今までのプレッシャーとみんなへの感謝の気持ちで泣いてしまいました(汗)
それで今、楽器も吹けず、ヤマハとかのカタログを見て楽器欲しいなぁと毎日思ってます・・・。
高校でもサックスを続けたいのですが、やはり今から高校の部活に入って吹くまでの時間がこんなに空くと、初心者並みになってしまう可能性ってりますか?

それと・・・コンクールのCDで自分のソロの音を聞いてみると、なんか他の学校との音色の感じが違ったんです。
ほかの学校はホールできいたんですが・・・。
他のとこのアルトのソロとかの音は響いて温泉みたいなんですが、私の音は水みたいだったんです!
(変なたとえですが笑)
素直というか・・・。
私の感性がおかしいだけかもしれませんが^^;
楽器の種類の違いとか・・・ですか?
たぶん私が使っていたのはYAS-62です・・・。
なんか、他のアルト吹きに負けた気がして悔しいんです!
ビブラートも下手だし・・・。
でも、ロングトーンはたくさんやってたんですが・・・(泣)
2012-08-10 Fri 19:14 | URL | LILY #.KTRWQ8s[ 編集]
> タカシさん

こんにちは。はじめまして。管理人のTakaです。
コメント、ありがとうございます。

> 自分は複式が苦手なんですけど、息を吐く時、舌の位置を奥へやったら息が吐きやすくなって、
> 複式もやりやすくなった気がするんですけど、これは正解ですか?

舌の位置を奥へやるとお書き頂いていますが、舌の少し奥の辺りを下にさげる感じでしょうか?
もしそうであれば、私がブログでも記事にしている「喉を開く」という状態ですね。

喉を開くと、音もよく響くようになりますし、文字通り喉の辺りが広がるようになりますので、お腹から吐き出す息は通りやすくなると思いますよ。

ですので、正解か不正解かで言うならば、正解だと思います。

腹式呼吸がちゃんとできる(息に圧力をしっかりかけられる)ことと喉を開くことは直接的な関係はないかも知れませんが、喉を開くことでお腹からの息が通りやすくなりますので、そういう意味では正解ということになります。

また、喉は開いたけど、腹式呼吸が正しくできていなければ、吹いた音はいわゆる「近鳴りする音」になってしまって、近くではよく聞こえても遠くまでは響かない音になってしまいます。

今後とも、「ミストなサックス」をよろしくお願いします!
2012-08-04 Sat 12:47 | URL | Taka #-[ 編集]
はじめまして。
目から鱗な記事が沢山あって感激です。

自分は複式が苦手なんですけど、
息を吐く時、舌の位置を奥へやったら
息が吐きやすくなって、
複式もやりやすくなった気がするんですけど、これは正解ですか?
2012-08-04 Sat 00:03 | URL | タカシ #-[ 編集]
> りお さん

こんばんは。Taka です。

> あと、いつも吹く前に腹式呼吸をしているのですが、その吐いている息の前に手をかざしてみたところ、この時点でもう息がブレていた事に気づきました。

いいところに気が付きましたね!
吐く息が広がってしまうと、せっかく楽器にしっかりと息を吹き込んでもいい音が出ません。
口から吐く息は1点に集めるような感じにすることが大切ですので、息がブレていることに気が付いたことは大きいと思いますよ。

お書きになっているように、口の両端を内側に寄せるようにすると、息が1点に集まりやすいと思いますので、普段から意識して吹くようにするといいと思います。

それが自然にできるようになってくると、噛むクセも少しずつよくなってくると思いますので、毎日意識しながらコツコツと練習を重ねましょう。

頑張って下さいね!
2012-07-29 Sun 19:49 | URL | Taka #-[ 編集]
匿名希望ではないです。
はやくに返事下さってありがとうございます!
しっかりゆっくりやってみようと思います。諦める気はまったくないので(笑)
噛まないで吹けるように努力します。

あと、いつも吹く前に複式呼吸をしているのですが、その吐いている息の前に手をかざしてみたところ、この時点でもう息がブレていた事に気づきました。
時間とって意識してみると、口を横から中心によせるとまっすぐに吐けました。
これが、多分ストローの口なんですね。

そのまま吹くとかなり前よりよくなった気がします。

これからもやってみます。ありがとうございます。
2012-07-25 Wed 19:57 | URL | りお #-[ 編集]
こんばんは。Takaです。お名前がありませんね。匿名希望さんですかね?

匿名希望さんでも、ペンネームで結構ですので、次からお名前を入れて頂けると嬉しいです。

> 自分アルトを一年吹いてるのですが、やっぱり噛みすぎの口になっていて、今意識して直そうとしている途中です。
> そんな中で、何故か吹いてると音が震えて震えて吹けなくなってしまうんです。
> 音というより多分下唇が震えて音が震えています。
> 基礎練習がもはやできなくて、ロングトーンなんてとんでもない状況なんです。
> それでも安定させる為にロングトーン等は続けた方がいいですか?
> コンクール曲がテンポ60や52などがあって、ピッチを荒らすので吹けません…
> もう音の震えは治らないんですかね

音の震えは噛みすぎから来る典型的なものですね。

とにかく、まずは落ち着きましょう。

音の震えが止まらないことで焦ってしまうと、余計にひどくなってしまいますよ。

噛みすぎてしまうのは、息のスピード不足ですし、特に高音部はスピードのある息がしっかりと楽器に吹き込めていないと、噛まないと音が出ない上に、強く噛むと音が震えてしまいます。

まずは、この悪循環を断ち切ることが必要です。


では、噛まない感覚をつかんでみましょう。

オクターブキーを押さない、左手だけを使って吹く音でロングトーンしてみて下さい。
中音域の「ソ、ラ、シ、ド」ですね。

この4つの音は、サックスの音域の中でも一番出しやすい音域ですので、下唇を強く噛まなくても出せるはずです。

もしも、この4つの音でも噛んでしまうようであれば、音が汚くなってもいいので、とにかく噛まずに吹いて下さい。
そして、噛まずに吹き込む息を1点に集めるようにすれば、汚い音はマシになるはずです。

まずは、この4つの音を使ってしっかりと楽器に息を吹き込んで、音が震えない感覚がつかめるまでロングトーンをしましょう。


落ち着いて、自信を持って、楽器に息をしっかりと吹き込むことを意識すれば、音の震えも止まるはずです。

楽器にしっかりと息を入れようとすると、噛んでいたら楽器に息がたくさん入りませんので、噛むのをやめないといけなくなりますからね。

そうすれば、音の震えもおさまってくる思います。


頑張って下さいね!
2012-07-25 Wed 02:09 | URL | Taka #-[ 編集]
こんばんは。いつも見させて頂いてます。自分ではもうどうしたらいいのかわからないことがあるんです。

自分アルトを一年吹いてるのですが、やっぱり噛みすぎの口になっていて、今意識して直そうとしている途中です。
そんな中で、何故か吹いてると音が震えて震えて吹けなくなってしまうんです。
音というより多分下唇が震えて音が震えています。
基礎練習がもはやできなくて、ロングトーンなんてとんでもない状況なんです。

それでも安定させる為にロングトーン等は続けた方がいいですか?
コンクール曲がテンポ60や52などがあって、ピッチを荒らすので吹けません…
もう音の震えは治らないんですかね
2012-07-23 Mon 20:17 | URL | 匿名希望 #-[ 編集]
> LILY さん

こんにちは。Taka です。

マイ楽器、欲しいですよね。
私もサックスを始めたばかりの中学生の頃からずっとマイ楽器が欲しくてたまりませんでしたよ。
うちは、父親が楽器をやっていたにも関わらず、ずっと買ってもらえませんでしたからね(笑)

確かに楽器がいいと音色もいいというのはありますが、楽器の良さに頼っていると限界が来ますよ。

私の中学高校時代は、父親がかなり古いボロボロのクランポンのサックスを借りてきて、私はそれを吹いていましたので、LILYさんと同じように他のマイ楽器でいい楽器を吹いている人がうらやましかったですが、その分、練習で上手くなってやる!ということで、高校時代は人一倍練習しましたよ。

それで、私が新品のマイ楽器を手にしたのは大学1年のときでしたが、その時は今までの楽器とは比べものにならないぐらい音の感触に感動しましたね。

LILYさんはまだまだお若いので、今はいい楽器を手にすることよりも練習に精を出して、「あの先輩はどの楽器で吹いても上手い!」と言われるようになりましょう!

ヤマハの一番安いグレードの楽器でも、実力のある人が吹くとビックリするようないい音が出るんですよ(笑)

さて、本題ですね。

> 前にも質問したかもしれませんが、ソプラノをずっと吹いていると、だんだんかんでしまいます。
> 我慢しているんですが、どうしても・・・(悲)
> 上の前歯が大きいからその長さ分、人より多く口を広くしなくてはいけないというのもありますが・・・。
> あと、ソプラノのマッピだけで吹くと、かまないように意識すればピーとリードミスしてしまいますし・・・。

これは、明らかに息のスピード不足ですね。
あと、リードミスはアンブシュアが少し深くなりすぎていませんか?

ソプラノは、アルトとは違ってかなり速い息のスピードが必要になりますので、アルトの時も噛んでしまう人は、ソプラノを吹くときは噛まずには吹けないぐらいだと思います(笑)

つまり、ソプラノではそのぐらい息のスピードがないとダメだということです。

LILYさんは、ソプラノを吹くときの口の中の状態はどうなっていますか?極端に狭くして吹いてますか?

前のあるとん2号さんにもアドバイスしましたが、「ヒーーーーー」と発音するような感じで口の中の広さをかなり狭くして、息の圧力をしっかりとかけてスピードのある息を吹き込むようにしましょう。

アンブシュアを噛まないようにすると、無意識に口の中も広がったりしますので、チェックしてみて下さい。

あと、口から出た息は広がっていませんか?

アルトも同じですが、吹き込む息は広がらないように1点に集中させる感じで、息を全部リードに命中させるイメージで吹いて下さい。私がブログの記事でも書いていますが、「口から出た息で細くて硬い柱を作るイメージ」です。

ソプラノの場合は、かなり細くて硬い息の柱にしてやる必要があると思います。


頑張って下さいね!
2012-07-06 Fri 10:25 | URL | Taka #-[ 編集]
> あるとん2号 さん

こんにちは。Taka です。

ソプラノを持ち替えで吹いているようですね。

> 私は今ソプラノを持ち替えで吹いているのですが、サイドキーを使った音がとても細く、きつい音になります。

サイドキーを使った音というのは、高音域の音でしょうか?
ソプラノは、アルトに比べるとかなり速い息のスピードが必要にますし、ましてやソプラノの高音域ともなれば余計に息のスピードが必要になります。

音が細くてキツくなってしまうということですが、高音域を吹く時にマウスピースをかなり強く噛んで吹いていませんか?

私がブログの記事でも書いていますが、高音域を吹くのに必要な息のスピードが足りないために、強く噛んで強制的にリードの先端部分だけを振動させて高い音を出していると、音が細くなり、音も無理やり出すような感じになりますのでキツくなってしまいます。

ですので、アンブシュアは強く噛まないようにして、口の中を極端に狭くして「ヒーーーーー」という発音の感じでスピードの速い息を入れてあげましょう。

高音域の音ですので、アンブシュアもある程度タイトにしてやる必要がありますが、強く噛んでしまうのはNGです。
アンブシュアをタイトにするには、マウスピースを上下に噛むのではなく、口の両端を内側に絞ってやる方を意識してみて下さい。

あとは、口の中を極端に狭くした状態のままで、舌の奥の方を少しだけ下げて喉を開く感じにしてやると音がよく響くようになると思います。


> また、オクターブキーを放した音は「ベー」っとした平べったい音になります。
> どうやったら太くやわらかな音になるのでしょうか?

アルトも同じですが、オクターブキーを使わない中音域の音は、押さえるキーが少ない開放の音になると「べーーー」という響かない音になりやすいと思います。

これについては、私の過去の記事に詳しく書いていますので、当ブログの【奏法】のカテゴリーの「中音域の音」という記事を参考にしてみて下さい。


ソプラノだけに限りませんが、サックスを持ち替えで吹く場合は、楽器が変わると必要となる息のスピードや息の量も変わりますので、持ち替えをするときは全く別の楽器を吹くつもりで、「楽器によって必要となる息のスピードや量が変わる」ということを頭に置いて演奏した方がいいと思います。その点を意識するだけでも、持ち替えはかなりスムーズになると思います。

頑張って下さい!
2012-07-06 Fri 09:53 | URL | Taka #-[ 編集]
My楽器が欲しいですぅぅ(泣)
後輩はアルトの子全員My楽器で実際私より音色いいんです・・・。
その後輩の1人がヤナギサワのA-902の、学校でもお世話になっている楽器屋さんがちょっと手を加えた、スーパーサックスに変えるんです。
私もA-902が欲しい!!!、という愚痴です。
うちはお金ないし、親も楽器とか音楽は一切興味ないので買ってもらえません(泣)
でももし買うならヤマハのYAS-875EXもいいかな・・・!
なんて、買えないのにいろいろ調べています。
むなしい・・・!

愚痴りすぎましたね、スイマセン。
自由曲、チャルダッシュの女王に決まりました!
ソプラノサックスで、オーボエのソロの部分も吹くのですが・・・。
ソロ、課題曲にもあるし自由曲にもある!
すごいプレッシャーです。

前にも質問したかもしれませんが、ソプラノをずっと吹いていると、だんだんかんでしまいます。
我慢しているんですが、どうしても・・・(悲)
上の前歯が大きいからその長さ分、人より多く口を広くしなくてはいけないというのもありますが・・・。

あと、ソプラノのマッピだけで吹くと、かまないように意識すればピーとリードミスしてしまいますし・・・。

みなさんはどうして噛まずに吹けるのって感じです!
お願いします。
2012-07-02 Mon 15:38 | URL | LILY #-[ 編集]
お久しぶりです。
私は今ソプラノを持ち替えで吹いているのですが、サイドキーを使った音がとても細く、きつい音になります。
また、オクターブキーを放した音は「ベー」っとした平べったい音になります。
どうやったら太くやわらかな音になるのでしょうか?
ちなみに楽器はヤマハの675で、ストレートネックで、リードはVDの3です。
2012-07-02 Mon 09:58 | URL | あるとん2号 #4Kjo4XdA[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-07-02 Mon 00:58 | | #[ 編集]
> yas さん

こんにちは。管理人の Taka です。

コメント、ありがとうございます。40代ということは私と同年代ですね。今後ともよろしくお願いします。

コメントを拝見させて頂きましたが、色々と試行錯誤されて頑張っておられますね。
マウスピースを上下逆に吹いてみるという試み、非常に面白いですね!
普通の方ですとなかなか思いつかない発想だと思います。

yas さんがお書きになられているような試行錯誤を繰り返していく中で、色々と見えてくることがありますので、サックスを練習する上で試行錯誤することは本当に大切です。

ボールペンをくわえる練習は、口の両端を内側にすぼめる感覚を覚えることと、頬の筋肉を鍛えるいい練習になります。

確かにマウスピースは真ん丸にはできていませんので、普通にくわえると上下に噛むような感じの口の形になってしまいますので、アンブシュアでは口の両端を内側にすぼめることを十分に意識してやる必要があります。
口の両端を内側にすぼめることを意識すると、上下に噛んでいては口の両端をすぼめられないことに気付くと思います。

私が記事で紹介した、韓国の天才少年も元々はクラシカルサクソフォーンから学んでいるようですね。
他にも彼の動画をYouTubeで検索したのですが、イベールやバッハの曲を吹いているのがありましたので、「あぁ~、やっぱりね~」と思いました。

クラッシックとジャズでは、確かに奏法や表現なども異なりますが、アンブシュア、息の入れ方、腹式呼吸などの基本的な部分は共通していますので、基礎が正しく身につけば、どんなジャンルの音楽でも対応できると思います。

> そんな感じで試行錯誤していると、ある瞬間リラックスしたアンブシュアが出来て、それで吹くと上の症状が驚くほど改善しました。録音してみると思ったほど良くはなっていませんでしたが。
> でも、感覚的には、フレーズを吹いているときに息が詰まらないから楽になめらかに吹ける感じがします。
> また、タンギングも楽にできる感じです。そして何よりも吹いていてすごく快感です。

いい感覚がつかめたようですね。アンブシュアは、リラックスして長時間吹いても疲れないのが一番です。

録音して音が思ったほど良くなっていなかったとのことですが、音については「腹式呼吸」が正しくできるようになって、息の圧力やスピードがうまくコントロールできるようになると、音は見違えるように良くなってきますので、次は腹式呼吸について研究してみるといいと思います。


今後ともミストなサックスをよろしくお願いします。
2012-06-11 Mon 11:03 | URL | Taka #-[ 編集]
はじめまして。
私、40代のおっさんです。テナーを7か月くらいやっているんですが、習いに行く暇がなくてカラオケボックスでシコシコ独学でやっています。それで、録音すると音が悪いし、また練習曲の音符が滑らかに繋がらない、練習曲1曲で口がすぐバテてしまう、といった症状を改善したくてネットを彷徨っている内にこちらへ辿り着きました。それで、こちらのアンブシュア、息の記事を参考にさせて頂いた結果、かなり改善されて、これだ!という感覚を掴む事が出来ました。ありがとうございました。

中でもボールペンを咥える練習が役に立ちました。これをやると口を丸く筒のように絞る感覚が良く分かります。その時に、天才少年の動画のアンブシュアと、たまたま見たキャンディ・ダルファー(私はJAZZファンなのです)のアンブシュアが似ている(頬の筋肉の出方)と思って、それを参考にしながらやりました。それから、他のプロのアンブシュア(JAZZのプロなので、こちらの志向とはちょっと違うかもしれませんが)を見ていて、口の下から顎の先が長く見えるというか、リラックスしているなと思ったのです。つまり、私は上下に噛んでいたので自分とは違うなと思ったのです。だから、むしろ顎を上下に開くという意識を持った方が良いのかなと思いました。

それで、実際にマウスピースを咥えてみると、マウスピースはどちらかというと平べったい形なので、何も意識しないとその形に合わせてしまい、横型になって上下に噛んでしまいます。そこでまたボールペンを咥えて感覚を確かめて、今度はマウスピースの形状を無視して丸くしようとするのですが、マウスピースの上面の平らな面がどうもしっくり来ない。ここは先に下唇をリードに着けてから、一旦、上の歯を浮かした状態から口を絞るとしっくり来ました。その状態で実際に"オー"と発音して感覚を探りました。

それと、マウスピースを咥える深さがよく分からなかったのですが、ネックを外して吹くとベストの位置が良く分かりました。また、マウスピースを上下逆向きに吹いてみたのですが、上唇だとリードがすごく振動しているのが感じられます。下唇は鈍感なのですね。だからリードの振動を抑えすぎてしまっていても分からないのかもしれませんね。

そんな感じで試行錯誤していると、ある瞬間リラックスしたアンブシュアが出来て、それで吹くと上の症状が驚くほど改善しました。録音してみると思ったほど良くはなっていませんでしたが。でも、感覚的には、フレーズを吹いているときに息が詰まらないから楽になめらかに吹ける感じがします。また、タンギングも楽にできる感じです。そして何よりも吹いていてすごく快感です。

結局のところ、上下に噛む癖が付いていたので、それを解除する方向に敢えて意識しないと改善しないという事なんでしょうね。やっぱり、最初は先生に習った方が良いですね。

ではまた、これからも拝見させていただきます。ありがとうございました。
2012-06-11 Mon 01:57 | URL | yas #uzPAZXA2[ 編集]
> バウムクーヘン さん

こんばんは。Taka です。

> ただ、低音が出にくいなと最近感じるようになりました。
> こちらもアドバイスしていただけたら嬉しいです。

低音域についての質問ですね。

サックスは、高音域、中音域、低音域と、吹く音域によって息の入れ方や息のスピードが変わってきます。

その辺の違いを意識せずに、ただ漫然と吹いていると、高音域であれば左手のパームキーや右手のサイドキーを使った音域、低音域であれば下の「レ」の音からテーブルキーを使った最低音の「シ♭」までの音域が出しにくくなります。

これらの音域は、口の中の状態や息のスピードが他の音よりも大きく違ってきますので、うまく音を出す要領をつかまないと出しにくいと思います。

この音域の違いによる息の入れ方、息のスピードの違いについては、当ブログの記事に書いていますので、以下の記事をよく読んで参考にしてみて下さい。

【息】
・息のコントロール
・息のスピード
・息の入れ方

【奏法】
・低音域の音

また、前回のアドバイスで、楽器の調整が狂っていないかリペアマンの方にチェックしてもらいましょうということを書きましたが、楽器の調整はチェックしてもらいましたか?

楽器の調整が狂っていて、キーを押さえた時にタンポが浮いて穴がキッチリとふさがっていないと音が裏返ったり、出にくくなりますので、自分の奏法が悪いのか、楽器の調整が狂っているのかをはっきりさせるためにも、一度楽器の調整をチェックしてもらった方がいいと思います。

頑張って下さいね!

2012-06-10 Sun 02:04 | URL | Taka #-[ 編集]
こんばんわ!!

先日はアドバイスありがとうございました。

アンブシュアも大分改善することができました!!
まだまだ噛みすぎることがあるのでもう少し頑張ります。

ただ、低音が出にくいなと最近感じるようになりました。

こちらもアドバイスしていただけたら嬉しいです。

これからもよろしくお願いします。
2012-06-10 Sun 00:36 | URL | バウムクーヘン #-[ 編集]
> かっちゃん さん

こんばんは。管理人の Taka です。コメントの書き込み、ありがとうございます。

高校二年生でサックス歴7年ということは、もうそれなりに吹けるぐらいの経験年数ですね。

チューニングの際に緊張してアガってしまうということですが、他の皆さんもこのような経験をお持ちの方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

以前、何度かここでアガってしまうのですが…というご質問を頂きましたが、合奏でソロを吹く時にアガってしまうのも、チューニング時にアガってしまうのも原因としては同じようなことが考えられます。

まず1つは、みんなの前で一人で吹くという経験が少なく、いざ一人で吹くということになると、自分の吹く音が他の人にどんな風に思われるかが気になって、自信がなくなってアガってしまうというやつです。

初心者の時は、同じようにアガってしまうこともあると思いますが、どちらかと言えば、それなりに経験を積んで、後輩たちがいたりする先輩の方がプレッシャーがかかったりして余計に緊張してしまうかも知れませんね。

このような場合には、以前にも書きましたが、みんなの前でいい音を出そうと気負いすぎたり、みんなにどんな風に思われるだろうか?といったことを考えないことです。

特に、チューニングということになれば、自分一人がみんなの前で吹く訳ではないですし、みんな同じように一人ずつ音を出しますので、置かれている状況は同じです。

チューニングでは、ソロのように難しいフレーズを吹く訳でもないですし、たった1音をロングトーンして音程を合わすだけなので、何も怖がったりするほどのことでもないのですよ。

それに他の聴いている人たちも、吹いている人の音が上手いとか下手だとか思って聴いている訳じゃないですからね。

逆に自分が他の人のチューニングを聴いていて、それについて色々と考えたりしていますか?
きっとそうじゃないですよね?(笑)

自分の順番が回ってくるまでドキドキしたりして、他の吹いている人の音なんてじっくりと聴いている余裕もないかも知れませんね(笑)

ということで、他の人もそんなことぐらいしか考えていないと思いますので、緊張してアガってしまうほどのことじゃないんですよ。

ですので、チューニングの時は、何も気にせずにハッキリと大きめの音で普通に吹いて、単に音を合わせばいいだけのことです。

そうすれば音も合わせやすいですし、すぐに音が合えばすぐに終わります。


それに、チューニングはあくまでも基準となる音を合わすためのものですので、何もアガるほどのことじゃないんですよ。

アガってしまうのは、色々と余計なことを考えてしまって、自信がなくて不安になってしまうからだと思いますので、まずは自分がチューニングの時になぜアガってしまうのかを考えてみて下さい。

そして、その不安に思うことが何かをハッキリさせて、そういうことをとにかく考えずに思い切って吹くことです。

それに、気にしてアガって吹いても、気にせずに普通に吹いても、どちらにしてもチューニングはしないといけないわけですからね(笑)

どうせやらないといけないことであれば、アガってしまうだけ損ですよ。

それに、毎日やることですから、身構えるほどのことでもない訳ですからね。

毎回そうして気にせずに決まりごとだと思って吹くようにしていると、チューニングは毎日する訳ですから、そのうち慣れてきて何とも思わないようになりますよ。


それと、チューニング時にアガってしまうもう一つの原因として考えられることは、「もし、なかなかチューニングが合わなかったらどうしよう…」と思ってアガってしまうパターンです。

このタイプの人は、なかなかチューニングが合わなくて、何度も何度もやり直しをさせられて、一人で何分もチューニングで時間を取ってしまう人です。

このような人は、待っている人たちに悪いと思って、音が合わないとあせってしまい、そのあせりからまた緊張してちゃんと吹けなくなって、余計に音が合わなくなってボロボロになってしまいます。

こういう人の場合は、チューニングになると「音が合わなかったらどうしよう…」と考えてしまいますので、チューニングになると極度に緊張してアガってしまいます。

このタイプの人は、チューニングの前に自分で事前に十分にチューニングをして、合奏のチューニングの時には、一発で音が合うようにしっかりと準備しておくことが大切です。

事前にちゃんとチューニングをしておくことは、別にこのタイプの人だけがしておくことではなくて、全員がちゃんと準備しておくべきことですので、チューニングに自信のない人はもちろんのこと、合奏が始まる前には全員が音合わせを十分にしておきましょう。そして、合奏の時のチューニングは、その確認程度というのが一番望ましい形です。

また、事前に音を合わせておいても、チューニングの時に音がちゃんと合わせられないという人は、安定した音程でロングトーンがちゃんとできない人だと思いますので、そういう人は基礎練習をしっかりと積むしかありません。


一人でチューニングをする時やソロの時にアガってしまうという人は、とにかく余計なことを考えずに、一人でみんなの前で音を出す機会を増やして、慣れていくしかありません。

…ということで、プロの奏者じゃないわけですから、うまく吹けなかったり、いい音が出せなかったりしても、それが当然な訳ですから、アガったりしなくても大丈夫なんですよ(笑)

そういう風に気楽に考えて臨めば、アガることもなくなると思います。


色々と書きましたが、肩の力を抜いて、気楽な気持ちで頑張って下さいね!


2012-06-03 Sun 23:23 | URL | Taka #-[ 編集]
はじめまして、高校二年生でサックス歴七年目になります。 いつもサイト読んで勉強にさせてもらってます!
ありがとうございます!(^_^)

そこで、最近の悩みなのですが、
部活で一人一人みんなの前でチューニングを
するのですが、どうしても緊張してしまい、
吹く前から手や口が震えてしまい
上手くまっすぐ音をだせず、震えて
弱々しい音になってしまいまず(T_T)

練習や合奏のときは音は
震えません。

ちゃんとできることが
緊張することで出来なくなることが
すっごく悔しいです(T_T)

何かいいアドバイスなど
あれば嬉しいです。

乱文失礼しました!
2012-06-03 Sun 21:22 | URL | かっちゃん #-[ 編集]
> LILY さん

こんばんは。Takaです。

コメントを書いて頂きましたが、「管理人にのみ閲覧」になっています。
内容は質問になっていますが、公開しても大丈夫でしょうか?

お手数ですが、公開しても大丈夫かどうかお知らせ下さい。
2012-05-29 Tue 00:32 | URL | Taka #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-05-28 Mon 20:55 | | #[ 編集]
> asuna さん

こんばんは。管理人の Taka です。

> テナーサックスしています
> 今3のリードを使っているのですが、すぐ薄くなりペーペした音になってしまいます
> 時には、一日で薄くなることもあります
> サックスの先生が来られた時「リードが薄くなるのがはやいね。」と言われました。
> 3はんのリードにしようかまっよています
> ちなみに、身長は147センチの女です
> 3はんでも大丈夫でしょうか?

リードがすぐに磨耗して薄くなってしまうとのことですが、リードはバンドレンの青箱でしょうか?
バンドレンの青箱のリードであれば、他のRICOなどのリードに比べるとリードのコシも硬めなので、同じバンドレンの青箱でワンランク硬いものを試してみるといいと思います。

同じ3のリードでも、少し硬めのリードや少し柔らかめのリードもありますので、箱に入っているリードを全部吹き比べて、少し硬めのリードを使ってみましょう。

音がべーべー言ってしまう場合は、マウスピースをくわえる深さや、息の入れ方に問題がある場合もありますので、このブログの【音色】のカテゴリーに、「音がベーベーと薄っぺらい音になってしまう」という記事がありますので、そこをよく読んで自分でチェックしてみて下さい。

そして、マウスピースをくわえる深さや息の入れ方に問題がないようであれば、asunaさんの息の力が、今使っているリードの硬さに対して強いということになりますので、その場合は3半のリードに変えて試してみましょう。

息の強さは、身体が小さくても息の力が強い人もいますので、身体の大きさだけでは一概に判断はできません。

リードを選ぶ際の注意点ですが、開封したばかりの新しいリードで、すぐ楽に音が出るリードは、磨耗してヘタるのも早いので、開封したばかりの時に少し硬いかな・・・と感じるぐらいのリードを選んだ方が、練習しているうちにだんだんと吹きやすくなってきます。

中高生の方ですと、毎日部活で練習すると思いますので、新しいリードに変えた時には、少し硬いかな・・・?と感じるぐらいのリードを選んだ方が長持ちすると思います。

また、リードは自分に合った吹きやすいものを3~4枚ぐらい選んでおいて、毎日同じものを使わずにローテーションで使うようにした方がいいと思います。

リードは生き物のようなものですので、その日の湿度などによっては、いつもなら吹きにくいリードがその日に限って吹きやすかったり、吹きやすいリードが吹きにくくなったりしますし、吹く人の体調によっても吹きやすさは変わりますので、いつも同じリードばかりを使わずに、その日その日で複数のリードを吹き比べて、その日に一番吹きやすくていい音の出るリードを選んで使うといいと思います。(ちなみに、私はそうしています)
2012-05-11 Fri 01:08 | URL | Taka #-[ 編集]
テナーサックスしています

今3のリードを使っているのですが、

すぐ薄くなりペーペした音になってしまいます

時には、一日で薄くなることもあります

サックスの先生が来られた時「リードが薄くなるの
がはやいね。」

と言われました。

3はんのリードにしようかまっよています

ちなみに、身長は147センチの女です

3はんでも大丈夫でしょうか?

2012-05-11 Fri 00:23 | URL | asuna #5akDDC62[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-05-09 Wed 18:51 | | #[ 編集]
> バウムクーヘン さん

こんばんは。Taka です。

> テナーサックスのF(ソ)の音が最近になってよくはずれて変になってきました。
> ぶるぶる…みたいな…。
> 特にスラーで同じ音を1オクターブ上にあげるとなります。
> 楽器がどこかおかしいのか、それとも技術的な問題なのか教えてください。

リードを長く使っていて、リードの寿命が来たりしていませんか?
もし、同じリードで長く吹いているようでしたら、新しいリードに変えても同じような症状が出ていないかチェックしてみましょう。

次に、他の人が吹いても同じような症状が出ますか?
他の人が吹いても同じような症状が出るようであれば、楽器の調整が狂っている可能性が高いと思います。

今まではちゃんと音が出ていたものが急に出なくなった時などは、楽器店のリペアマンの方に楽器を見てもらって、調整が狂っていないかをチェックしてもらうと、それが楽器の問題なのか、奏法の問題なのかがはっきりすると思います。

チェックしてもらうだけであれば、料金もかからないと思いますので、リペアマンの常駐している楽器店に持ち込んで見てもらいましょう。
2012-05-04 Fri 21:19 | URL | Taka #-[ 編集]
おはようございます。

朝っぱらからすいません。

前回は違う場所に質問してしまいすいませんでした。

それで質問内容なんですが…、

テナーサックスのF(ソ)の音が最近になってよくはずれて変になってきました。

ぶるぶる…みたいな…。

特にスラーで同じ音を1オクターブ上にあげるとなります。

楽器がどこかおかしいのか、それとも技術的な問題なのか教えてください。

いつもいつも面倒くさい質問ばかりしてしまいすいません。

よろしくお願いします!!
2012-05-04 Fri 07:39 | URL | バウムクーヘン☆ #-[ 編集]
> あずき さん

こんばんは。管理人の Taka です。コメント、ありがとうございます。

もうコンクールの課題曲を決める時期になりましたね。
私の方は、今はアンサンブルの活動しかしていませんので、しばらく吹奏楽から遠ざかってます。
最近の課題曲は、昔の課題曲に比べると曲も難しいものが増えましたね。

>  その楽譜では、高いFから真ん中のFにスラーで下がったり、真ん中のFから高いDにスラーで上がったりしなければいけない楽譜です。
>  私は、その楽譜を吹くとスラーで吹いているつもりでも、切れているように聞こえてしまいます。
>  どうすれば、スラーに聞こえるのでしょうか。

スラーについての質問ですね。
スラーの音が切れているように聞こえるということは、音の変わり目で息の流れが止まってしまっているのではないでしょうか?

自分で吹いている時に、吹き込む息はどうなっていますか?
サックスを始めたばかりの方とかですと、運指に気を取られたりして、音が変わる時に無意識に息を切ってしまっている方が結構います。
また、息を切るまではしていなくても、音の変わり目で吹き込む息の量や圧力が一瞬弱くなっていたりします。

きれいにスラーで吹くには、以下の2点に注意しましょう。

1.音が変わっても、吹き込む息の量、息の圧力は一定に保つこと。(息は一定にまっすぐ入れて指を動かすだけで音を変えるイメージです)
2.フレーズを長く取ること。

この2点に注意すると、スラーがきれいにつながって聞こえます。

まず1つ目の練習としては、最初の音をロングトーンで伸ばして、息をまっすぐ入れた状態を保って、指だけを動かして音を変える練習をしましょう。

おそらく曲の中では、4分音符、8分音符、16分音符などのスケールで上がったり下がったりしていると思いますが、最初は本当にゆっくりのテンポで、息をまっすぐ一定に入れることを意識して、音を変えるのに指だけを動かすイメージで練習しましょう。

ゆっくりのテンポで練習する時は、指を動かして音が変わる時に、息の流れが止まったり、息の強さが変わったりしないように注意して下さい。

次に2つ目ですが、私のブログの記事でも書いていますが、スラーの付いたメロディーで1つのフレーズを長く取って吹くようにすることです。

例えば、「ドレミファソラシド」という普通の音階があったとすれば、それを吹く時に、「ドー、レー、ミー、ファー、ソー、ラー、シー、ドー」という感じで、音符を1つ1つ吹くような感じになると、いくらタンギングをせずにスラーで吹いても、音が切れたように聞こえてしまいます。

フレーズを長く取るということは、この例で言うと、「ドレミファソラシド」を1つのかたまりと考えて、この1つのかたまりを一気に吹き切るようなイメージで吹くことです。
文字で書くと、「ドーレーミーファーソーラーシードー」という感じで、「、」が入ってませんので、音符を最初から最後まで続けて一気に吹くようなイメージです。
これを意識するだけでも、音がつながって聞こえるようになると思います。

フレーズの取り方については、基本はスラーの始まりからスラーの終わりまでを1つのかたまりとして考えればいいと思います。

フレーズの取り方については、このブログの【奏法】のカテゴリーに「ブレスの位置とフレーズの取り方」という記事がありますので、そこの記事をよく読んで参考にしてみて下さい。

これから夏にかけて、コンクールの練習ですね。

本番ではいい演奏ができるように、しっかりと頑張って下さい!
2012-05-04 Fri 00:38 | URL | Taka #-[ 編集]
私は、中学生でアルトサックスをふいています
今、私たちの学校では、コンクールの課題曲の「立派な青年」を練習しています。
 その楽譜では、高いFから真ん中のFにスラーで下がったり、真ん中のFから高いDにスラーで上がったりしなければいけない楽譜です。
 私は、その楽譜を吹くとスラーで吹いているつもりでも、切れているように聞こえてしまいます。
 どうすれば、スラーに聞こえるのでしょうか。
 教えてください。返信待っています。
2012-05-03 Thu 18:17 | URL | あずき #-[ 編集]
> LILY さん

こんばんは。Taka です。

体調が悪い時にサックスを吹くと、当然のことながら音色も吹いている感じも悪くなりますよ。

貧血と腹痛であれば、演奏なんて当たり前のようにボロボロになると思います(笑)
腹痛の時は、お腹に力も入りませんし、息もたっぷり吸えないと思いますので、まともにサックスを吹くことはできないですよ。

体調の悪いときは、練習を休んで体調を整えることが一番です。
中高生の方ですと毎日部活があり、練習も熱心にされていると思いますので、多少無理をしてでも練習しなきゃ!って思うかも知れませんが、体調が悪い時に無理して吹いてもいい音は出ませんし、逆に自信を失ってしまったりするので、精神的にもよくありません。

> あと、ロングトーンのとき、自分がなりたい音色がイメージできないんです。

ロングトーン練習は、1つの音を長く伸ばす練習ですので、美しい音色を意識して吹くのが難しいと思います。
当然、ロングトーンでも美しい音色を意識して吹かないといけないですが、それよりも音を長く伸ばした時に一定の音量で音揺れしないように吹けているか、クレッシェンド、デクレッシェンドはちゃんとできているか、音程は正しい音程で吹けているかなどをチェックするようにしましょう。

あと、自分の目指す音色をイメージして吹くのは、曲の練習の方が吹きやすいと思いますので、自分の好きな曲の好きなフレーズを何度も吹いて、自分のイメージする音色に近づけていくといいと思います。
自分の好きな曲の好きなフレーズは、気持ちよく吹けると思いますので、その「気持ちよく吹ける感覚」を磨いていって下さい。

あまり自己陶酔して吹くと、客観的に聴いてみると「くどい演奏」になっていたり、「演歌調の演奏」になっていたりしますので、自分の演奏を録音したものを後で聴いてみると、自分の吹いている感覚とのギャップに気付くと思います。

> あと、音色がめっちゃいいときもあれば、カッスカスの悪いときもあって、という風に波があるんです。
> ロングトーンはちゃんとしてるんですが(泣)
> なんででしょうか?

当然、楽器は人間が吹くものですので、吹く人の体調や精神状態によってそれが演奏に出てしまいます。
特に体調の良し悪しは演奏に大きく影響しますので、上にも書きましたが、体調が悪い時は無理して練習せずに体調をしっかり整えましょう。

私も体調が悪かったり、精神的に疲れている時は音色も悪くなりますので、そういう時はすぐに練習を中止して、身体を休めるようにしてますよ。

また、体調が悪くなくても、調子の波は付き物ですので、調子が出ない時は神経質にならずにあまり気にしないことです。

私の場合は、体調が悪くないのに調子が出ない時は、ロングトーンやスケールなどの基礎練習だけをやるようにして、曲の練習は一切しません。(調子の悪い時は、曲を吹いても調子の悪さが目立ってしまうだけで、余計に気にしてしまいますからね)

2012-04-29 Sun 02:07 | URL | Taka #-[ 編集]
こんにちは!
ささいな質問ですが、気になったので・・・。

今日ちょっと体調が悪くて、サックスをいつもどおり吹いたら、ひどかったんです!
音色も、吹いている感じも違って・・・。

体調が悪いとサックスの音色とか変わるのでしょうか?
あ、ちなみに貧血とお腹いたです(汗)

あと、ロングトーンのとき、自分がなりたい音色がイメージできないんです。
周りの音で・・・ということもあるんですけど・・・
曲のソロとかは、Youtubeで聴きまくって音色などイメージできるので、曲などのほうが音色がきれいに感じます。

どうしたらロングトーンでなりたい音色になれますか?

あと、音色がめっちゃいいときもあれば、カッスカスの悪いときもあって、という風に波があるんです。
ロングトーンはちゃんとしてるんですが(泣)
なんででしょうか?

いつも頼りまくってすいません!

2012-04-28 Sat 23:08 | URL | LILY #aEmTB4nk[ 編集]
> LILY さん

こんばんは。管理人の Taka です。

基礎練習、いつも本気でやっているようですね^^

頬の筋肉はサックスを吹くには重要な筋肉ですので、しっかりと鍛えておくといいと思います。

私も学生時代は毎日サックスの練習をしてましたので、頬の筋肉もしっかりと鍛えられていて問題なかったのですが、さすがに社会人になってからは、しばらくサックスを吹かない期間があったりすると、練習しているとすぐに頬の筋肉が疲れて痛くなってきます(笑)

> あ、あと私は青箱の3のリードが合わないのかな、と思っているんです。
> 抵抗が、1番吹きやすいリードでもちょっとあります。
> かなり使い込んで薄くなっているリードが、吹きやすさではベストだな~と思うので・・・。
> 2半を一回買ってみようと思います!
> インターネットで買っても大丈夫・・・ですよね?

リードの硬さは無理することないですよ。
3が吹きにくかったら、2半にしてみるといいと思います。

リードは、楽器やマウスピースのように試奏しなくても・・・というよりは試奏もできませんし、箱買いするのであればネットで購入しても問題ありません。

バラ売りで買うとしても1枚ずつ包装されていて中も見れなくなってしまいましたので、バラ売りのリードを買うメリットもなくなりましたね。

リードは、使用後は水分をしっかりと拭き取って保管しないと、すぐにカビが生えますよ。
普段使用しないリードは、時々は箱から出して湿気を飛ばしてやるといいと思います。

2012-04-06 Fri 22:55 | URL | Taka #-[ 編集]
ありがとうございます!

基礎練習は・・・たぶん本気ですよ、いつも!
最近、曲決めやスタンドプレイ決めなどでバタバタしてたので、時間がなかったんです!
・・・言い訳です、すいません(笑)

アルトとソプラノ、同じサックスでもずいぶん違いますもんね~。
頬の筋肉鍛えて両方の楽器を上手く吹けるといいな♪と思います。
先生が変わるので、あっと言わせたいです(笑)

あ、あと私は青箱の3のリードが合わないのかな、と思っているんです。
抵抗が、1番吹きやすいリードでもちょっとあります。
かなり使い込んで薄くなっているリードが、吹きやすさではベストだな~と思うので・・・。
2半を一回買ってみようと思います!
インターネットで買っても大丈夫・・・ですよね?

あ、リードで思い出したのですが、この前1ヵ月くらい放置のリード1箱をあけてみたんです。
そしたら・・・なんとリードにカビが生えてました!
恐怖ですよ、あれは・・・(泣)

雑談ばかりですいません^^;
2012-03-29 Thu 16:42 | URL | LILY #aEmTB4nk[ 編集]
> LILY さん

こんばんは。管理人の Taka です。

そうですか、顧問の先生が変わられるのですね。
次の先生がどんな先生になるのかが気になるところですね。
私も、中学、高校時代と、顧問の先生が変わるのを経験してますが、顧問の先生が変わると演奏もガラリと変わったりするので、新しく来られる先生もいい先生が来られるといいですね。

> 結構本気でするときついですねぇ(汗)
> でもガサガサだった音色が少しつるっとなった気がします^^

いつも本気でやってないということですか?(笑)
ロングトーンも含め、基礎練習は本当に大切ですので、いつも本気で頑張って下さいね!(笑)

> なんか、吹いてると、口の筋肉が自分の息に負けている気がするんです。
> 曲吹いていても最後のほうがアンブシュアが崩れてきて・・・。

口の筋肉が自分の息に負けているとありますが、口の筋肉とはどの部分の筋肉でしょうか?

正しいアンブシュアで息をしっかりと吹き込めていると、「口の筋肉」もそうですが、「頬の筋肉」がすごく疲れてきます。

例えば、今まで楽器にしっかりと息を吹き込めていなかった人が、息がしっかりと吹き込めるようになってくると、口の両端から息漏れがしないように口の両端を内側にすぼめるようになりますし、頬が息で膨らまないように頬の筋肉もよく使いますので、頬の筋肉が鍛えられてないと、すぐに疲れてきてアンブシュアが崩れてきます。

この場合の対処法としては、適度に休憩を取って「口を休ませる」ことと、「頬の筋肉を鍛える」ことです。

頬の筋肉を鍛えると言っても、普段は使わない筋肉ですのでピンと来ないかも知れませんね。
頬の筋肉を鍛えるには、ボールペンや少し長い棒を口にくわえて、歯で噛まずに唇だけでくわえた棒が下がらないようにまっすぐ保つようにするとかなりキツいと思います(笑)

今まではそうでもなかったのに、頬の筋肉が息に負けていると感じるようになってきたということは、息をしっかりと入れているということですので、悪いことじゃないですが、頬の筋肉も息の圧力に負けないように、日々の練習の中で鍛えていくといいと思います。

> 今ソプラノとアルトの両方を吹いているのですが、それも関係あるのでしょうか?
> 音色も悪くなってきたし・・・(泣)

次に、アルトとソプラノの持ち替えをしているとのことですが、アルトとソプラノではマウスピースの大きさも違いますし、アンブシュアの締め方、吹き込む息のスピードに違いがありますので、アルトのアンブシュアがしっかりと固まっていないと、持ち替えをすることでアンブシュアが崩れやすくなったりもすると思います。

どうしても持ち替えをしなければならないということであれば、アルトとソプラノは全く違う別の楽器だと思って楽器を持ち替えたときに、それぞれの楽器のアンブシュアを意識して作るようにすればいいと思います。

その辺りをあまり意識せずにただ漠然と持ち替えをして吹いていると、そのうちアンブシュアの締め具合や息のスピードの違いがあいまいになってきますので、そうなってしまうと、アルトを吹いてもソプラノを吹いても、どちらもいい音がしない・・・という状況になってしまったりすると思います。


2012-03-28 Wed 23:24 | URL | Taka #-[ 編集]
> MISA さん

こんばんは。管理人の Taka です。初めてのコメント、ありがとうございます。

いよいよ高校入学ですね。おめでとうございます。

マウスピースを新しく購入されるということですね。
今まで学校のものを使用されてたということであれば、高校になってまた学校のマウスピースを使うにしても、新たに購入するにしても、どちらにしても今までのマウスピースとは変わることになりますので、同じ S80C☆ のマウスピースでも吹いた時の吹奏感は変わることになります。

これは、私がブログでも書いているように、同じメーカーの同じモデルのマウスピースでも、1本1本性格が少しずつ違っているからです。

S80 と S90 のモデルの違いによるマウスピースの特性は私の記事を参考にして、自分の好みのモデルを選ばれるといいと思いますが、私が S90 をアンサンブル向けと書いているのは、あくまでも私が「アンサンブルで主に使用する」という意味で書いてますので、それ以外のティップオープニングの開きの違いとか、音の立ち上がりや響きの違いなど、総合的なマウスピースの性格の違いを評価して、どちらが自分の好みに近いかを基準に選ばれるといいと思います。

ただ、マウスピースの購入は、実際に試奏して選ぶというのが基本ですので、自分で試奏できないモノを購入しないといけない状況にあるのは不安ですよね。

他の皆さんも、地方にお住まいで、近くの楽器店にマウスピースの在庫がなく、欲しいモデルのマウスピースの試奏ができないという方もたくさんいらっしゃると思いますので、もしも、やむを得ず試奏なしで購入しないといけないという方は、楽器を購入する際のポイントと同様に、プロの先生の選定品のマウスピースを購入されるといいと思います。

ネットで探す場合は、「アルトサックス マウスピース S90 選定品」などのキーワードを組み合わせて検索すると、プロの先生の選定したマウスピースが出てくると思います。

例えば、一例ですと、「管楽器Pro」さんでは、石田智子先生の選定品のマウスピースをネット通販で扱っています。

http://kangakki-pro.ocnk.net/product-list/66

それ以外にも、いろんなプロの先生方が選定したマウスピースを通販で購入できますので、検索してみるといいと思います。

次に、今まで吹いていた S80C☆ から S90 に変えた時にすぐに慣れるか?ということについてですが、上にも書いたように、同じ S80C☆ を新たに購入した場合でも、今まで使っていたマウスピースと違うものを使うことになりますので、最初は違和感があって戸惑うかも知れませんが、2つとも吹奏楽ではベーシックなモデルですので、使っているうちにすぐに慣れてくると思います。

自分のマウスピースが手に入ると、可能な限りそのマウスピースをずっと使い続けた方が、色んなマウスピースに変えて吹くよりもアンブシュアもしっかりと作れるようになりますので、自分の最初のマイ・マウスピース選びは大切です。

ですので、やむを得ずネット通販で買うしかないのであれば、必ずプロの先生が選んだ選定品を購入されることをオススメします。

もし、また何か聞きたいことがありましたら、気軽に書き込んで頂ければと思います。
2012-03-28 Wed 22:50 | URL | Taka #-[ 編集]
こんにちは!
今日、転勤する吹奏楽の顧問の先生のために歌おう!ということで歌の練習をしていたんですが・・・。(秘密で☆)
「SAXは音でかいから、歌の練習してるのばれないように、練習している部屋の前で、大きい音でロングトーンしててくれない?」・・・と言われ、必死でロングトーンしてました(笑)
結構本気でするときついですねぇ(汗)
でもガサガサだった音色が少しつるっとなった気がします^^

あ、本題に入りましょうか・・・(笑)
なんか、吹いてると、口の筋肉が自分の息に負けている気がするんです。
曲吹いていても最後のほうがアンブシュアが崩れてきて・・・。
今ソプラノとアルトの両方を吹いているのですが、それも関係あるのでしょうか?

音色も悪くなってきたし・・・(泣)

何かいいアドバイスがあればお願いします。
2012-03-28 Wed 16:32 | URL | LILY #aEmTB4nk[ 編集]
こんにちは。
最近Takaさんのサイトを見つけ、とても参考にしています。
今回初投稿です。


今回マウスピースについて質問があります。
私は今春から高校生となり、中学3年間続けてきたアルトサックスで吹奏楽部に入部したいと思っています。
そこで、高校生になるので、両親に自分用のマウスピースを買っても貰う事になりました☆
今までは学校のセルマーS80C☆を3年間使用してきました。Takaさんのブログでは、S90 180の方がアンサンブル向けとあったので、そちらにしようかなと思い始めました。しかし、近くにある楽器屋さんにはYAMAHAのマウスピースしか置いていないのでネットで購入する事になります。また、Takaさんが「S80と90の違いに戸惑った」と仰っていたので、私もまだ下手糞だし、いきなりマウスピースを変えても大丈夫かな、と思うのですがどうでしょうか。直ぐにS90の扱いには慣れますか。

2012-03-22 Thu 10:06 | URL | MISA #VI0lARLY[ 編集]
> sary さん

こんばんは。管理人の Taka です。コメント、ありがとうございます!

> クラシックサックスの演奏を聴いていると弦楽器のように聴こえるときがあるのですが
> どのようにすれば、そんな音(?響き?)が出るのでしょうか?

クラシカルサクソフォーンの音色は本当に美しいですね。
プロの先生の演奏を聴くと、弦楽器の音のように聴こえたりします。
私も初めてプロの奏者のクラシカルサクソフォーンの音を聴いた時には、その美しい音色に本当にビックリしました。
弦楽器で言えば、アルトはビオラ、テナーはチェロぐらいの音域ですね。

さて、どのようにすればそのような音が出せるか?ですね。
吹奏楽やクラッシックでサックスを吹いている人であれば、誰しもそのような音を出してみたいと思うのではないでしょうか?

「コレ!」というハッキリした秘訣のようなものはありませんが、大切なことは「いい音をたくさん聴く」ことと、自分が吹く時にその「いい音を真似して吹く」ことです。

私のブログの記事の「音色の作り方」のところでも書いていますが、自分の出したいと思う音を何度も何度も聴いて、自分が吹く時にその音を実際に出すことを頭でイメージしながら練習することです。

つまり、「いい音を真似する」ことが一番大切だということです。

不思議なことに、自分は下手だと思って練習すると、なかなかいい音は出てくれません。
ですので、たとえ自分の音が聴くに耐えない音だったとしても、自分の頭の中ではプロの美しい音色をイメージして、少し極端ですが自分がプロになったようなつもりで吹くように意識するだけでも音色は全然違ってきます。

サックスではありませんが、世界的なミュージシャンだったマイケル・ジャクソンの「ムーン・ウォーク」も、元々は別の人のダンスを真似して、彼のオリジナルのアレンジを加えて完成されたものであるというのは有名な話です。

サックスの音色をよくすることも、それと同じような感じで、プロの奏者のいい音を真似することで、だんだんとその音に近づいてきて、その中に自分のオリジナリティーが加わって自分の音色ができていくような感じです。

実際に、自分の出したい音をイメージしていると、どんな風に吹いたらそんな音色になるのか?ということを無意識のうちに試行錯誤するようになりますので、その試行錯誤の中から自分の一番いい音が出せるポイントや感覚が少しずつ分かるようになってくると思いますので、すぐにいい音が出なくても諦めずに「いい音を真似する」ことを常に意識して練習するといいと思います。

少し抽象的な回答になってしまいましたが、いい音色を作るには一番大切なことですので、ぜひ日々の練習で意識しながら頑張って下さい。
2012-03-20 Tue 01:36 | URL | Taka #-[ 編集]
管理人様

いつも参考にさせていただいていますm(__)m
初めておたずねします。

クラシックサックスの演奏を聴いていると
弦楽器のように聴こえるときがあるのですが
どのようにすれば、そんな音(?響き?)が出るのでしょうか?

漠然としていてスミマセン(>_<)
よろしくお願いしますm(__)m
2012-03-15 Thu 19:31 | URL | sary #-[ 編集]
>LILYさん

こんばんは、管理人の Taka です。

そうですか、図星でしたか(笑)
私も経験ありますので、よく分かりますよ。

管楽器奏者は、アガると演奏に大きく影響しますので、しっかり練習して自信をつけておくことと、自分なりのアガらないコツをいくつか持っておくといいですね。

プロの奏者でも、本番でアガることがあるそうですので、プロの先生方もアガらないようにするための自分なりの秘策があるようです。

とあるプロの先生は、本番前には絶対にコーヒーは飲まないそうです。
コーヒーには、カフェインが含まれているので、本番前にコーヒーを飲むとアガってしまうからだそうです。
まぁ、これは人によって個人差もあると思いますので、そのプロの先生の場合は・・・ということですね。

メンタル面は、とにかく場数を踏んで、ステージ経験を積んで強くしていくのが一番オーソドックスです。

それと、ロングトーン練習はとにかく日々の積み重ねが大切です。
一定の期間だけ集中して頑張るという練習ではなくて、毎日少しずつ、例えば5分ずつとかでもいいので、長く続けていくことで効果が出てくる練習です。

少し音が良くなったからと言って、ロングトーン練習をしなくなる人もいるかも知れませんが、ロングトーンは日々の練習の中で習慣にするといいと思います。

頑張って下さい!
2012-01-21 Sat 01:44 | URL | Taka #-[ 編集]
ありがとうございます!
全部図星でした(笑)

なかなか練習出来なくて、楽譜ガン見で吹いてたので・・・。
メンタルもともと弱いし、もっと自信つけないとダメですよね~。

高音の問題は、また先生に聞こうと思います!
あれからロングトーンして、ちょっといい音になったかな・・・?と感じました♪
高音のときのアンブシュアなども研究できてよかったです!

それじゃ、おやすみなさい。
2012-01-20 Fri 22:12 | URL | LILY #aEmTB4nk[ 編集]
>LILYさん

こんばんは。管理人の Taka です。

> 最近、ソロコンとアンコンに出る人の発表会みたいなのを部活内でしているんです。
> それで、出ない人も練習になるから曲練習して吹いてみれば?と先生が言ったので
> 私もソロコンとか出ないんですが、「アルルの女 間奏曲」を発表会のときに吹いたんです。

部内の発表会、いいことですね。
中高生は1校につき、アンコンに出られる枠数が決まってますので、校内予選をして出場チームを決めている学校がほとんどではないでしょうか。

また、出場しないメンバーのために、部員全員が演奏する場を設けることで、アンコンの時期でもみんなが頑張って練習するようにという先生の配慮だと思います。

普段の合奏とかでは、大勢の中で吹くため、校内の発表会とかは、少人数、もしくはソロで演奏する経験ができるいいチャンスだと思います。

> でもいざとなるとアガってしまい、ボロボロでした・・・。
> まず、息が吸えない、タンギングが出来ないってことに気づいたんです!
> どうすればリラックスして練習どおりできるようになりますか?
> ちなみに今日で2回目です。
> 前も練習よりずっとダメでした(泣)
> 大勢で演奏するといつもどおり吹けるんですが・・・。


かなり緊張していたようですね(笑)私も経験ありますので、よく分かりますよ。

私もサックスを始めて間もない頃は、ソロやアンサンブルとかで人数が少なくなると、思いっきりアガってしまってボロボロになった経験が何度もあります。

もうかれこれ私も30年以上サックスを吹いてますが、たまーーーにアガることがありますよ(笑)

アガってしまうのは、メンタルな部分の影響が大きいですね。
練習不足で自信がない時なんかは、結構アガってボロボロになったりすると思います。

また、人前に出た時に、いい演奏をしなきゃいけない…って思って気負っても、めちゃくちゃアガります(笑)
後は、他の人が自分の音を聞いてどんな風に思うんだろう…?なんて下手なんだろう…って思われやしないか、などなど。聴いている人のことを考えてもアガってしまいます。

アガらないための方法は、色々とありますが、人によってそれぞれですので、どれがいいとは言えませんが、以下のポイントがクリアできればそれほど上がることはないと思います。

1.とにかくソロや少人数の舞台経験を積む。
2.あまりいい演奏をしようと気負わない。
3.必死で練習して自分に自信を持つ。


一番大きいのは、やっぱり1.ですね。
中高生の吹奏楽部の皆さんですと、大勢の合奏で演奏することがほとんどで、ソロやアンサンブルなどの少人数で舞台に上がる経験が少ないので、アガってしまうというのは、普通の人なら当たり前です。
ですので、普段の練習からみんなの前でソロで吹くとかして、舞台経験の場をできるだけ多く積むことが大切です。
例えば、パート練習の中でパート内でソロの発表会を定期的にやるのもひとつです。


次に、2.ですが、これもよくあるアガってしまうパターンですね。いい演奏をしないと、みんなから白い目で見られるとか、間違えると笑われる…となどの恐怖心から来るものです。
これが原因でアガってしまうパターンとしては、最初は順調に演奏が始まって、どこかでミスってしまった時に、頭が真っ白になってボロボロになるというヤツです(笑)
間違えてしまったら、人生が終わってしまうぐらいのショックに襲われる感じですね(笑)

私の場合は、間違えてしまった方が冷静になって、後の演奏で気が楽になりますし、逆に調子が上がって来たりしますよ(笑)

私も昔は、このパターンでボロボロになったりしてたこともありましたが、聴いている方は間違えたのも分からなかったり、自分はショックでかなり落ち込んでいるのに、「なぐさめじゃなくて本当にいい演奏だったよ!!!」と言われたことがあったりで、「なーーんだ、いい演奏しようと気負わなくても、いい演奏に聴こえてるんじゃん(笑)」ということが分かってからは全然上がらなくなりました(笑)
普段よりもいい演奏をしようと思わなくても、普段通り吹ければ、それがいい演奏なんですよ。
実際はそんなものです。
ですので、いい演奏をしようと気負わないだけでもかなり気が楽になると思います。


最後に、3.ですが、これも大きいですね。
アガっているうちは、まだまだ練習が足りないということだと思います。
本当に必死で練習しまくって、「サックスを持ったら、楽譜も見ずに自然に曲がパラパラと吹けてしまう…」というぐらいになれば、アガることはないと思います。
私が大学時代にコンクールとアンコンで演奏した曲は、どちらも難曲と言われる曲で、私も必死になって練習しましたし、ソロをミスったら合奏中に指揮者に一人で立って吹かされたり、休憩時間に隅っこで血相変えて何度も何度もさらい込んだ思い出があります(笑)
おかげで、コンクールもアンコンも、全国大会でアガらずに堂々とソロが吹けましたし、自分でも気持ちよかったですよ。
ですので、とにかく必死で練習して、自信を持つことです。人がどう思うなんて関係ないですよ。

たとえ、自分が下手であっても、サックス以外のパートの人はサックスの練習をやっていない訳ですし、アガるとしても、同じサックスパートの上手い先輩の前で吹かされる時ぐらいで、サックス以外のみんなの前で吹く方が楽だと思います。

そのぐらいの気持ちで、とにかく必死に練習を重ねて、たとえ自分では下手だと思っても、今まで必死に練習をしてきたことに自信を持つことです。

たとえそれが偽物の自信だとしても、自信がある人が吹くのと、自信がない人が吹くのでは、明らかに自信がある人の方が、実力が全く同じ人でも演奏はうまくいきます。

アガるということは、いい経験だと思いますので、1回や2回の舞台でアガってしまったことは気にせずに、とにかく自分に自信が持てるぐらい練習してみてはいかがでしょうか。


> あと、低音はいいけど高音をもう少し勉強しといてって言われたんです。
> たぶん音がきついのだと思います。

「たぶん」ということは、本当はどうだったのかを詳しく聞いていないということですね?
「高音をもう少し勉強しといて」と言われたのであれば、具体的に高音がどうだったから、どういう風に直さないといけないかは、ちゃんと後で先生に詳しく聞きましょう。
自分では音がきついのが悪いと思っていても、実はそうじゃなかったとしたら、これからの練習が意味のないものになってしまいますからね。

詳しくどこが悪くて、どう直せばいいのかが分かると、私の方もアドバイスしやすくなりますので、この部分はもう一度先生に詳しく確認して、その部分を今後直していくように頑張りましょう。


頑張って下さい!
2012-01-17 Tue 22:06 | URL | Taka #-[ 編集]
最近、ソロコンとアンコンに出る人の発表会みたいなのを部活内でしているんです。

それで、出ない人も練習になるから曲練習して吹いてみれば?と先生が言ったので私もソロコンとか出ないんですが、「アルルの女 間奏曲」ををの発表会のときに吹いたんです。

でもいざとなるとアガってしまい、ボロボロでした・・・。
まず、息が吸えない、タンギングが出来ないってことに気づいたんです!
どうすればリラックスして練習どおりできるようになりますか?
ちなみに今日で2回目です。
前も練習よりずっとダメでした(泣)
大勢で演奏するといつもどおり吹けるんですが・・・。

あと、低音はいいけど高音をもう少し勉強しといてって言われたんです。
たぶん音がきついのだと思います。
何かアドバイスがあったらお願いしますorz

ほとんど愚痴みたいになってしまいました(汗)
すいません。。。



2012-01-15 Sun 21:33 | URL | LILY #aEmTB4nk[ 編集]
お返事がおくれてすみません。
記事も探さずにすぐに質問するなんてことをしてしまってすみません。。。

今日学校で吹いてみたら音がすごく出ました!!
とても気持ち良かったです(*^_^*)
あと、音がすごく柔らかくなったような気がして、ちょっと自分に酔いしれてましたw

本当にありがとうございました!☆
また質問があったらきます!
そのときはよろしくお願いします!
2011-12-24 Sat 19:48 | URL | 美樹 #-[ 編集]
> 美樹さん

こんばんは。管理人の Taka です。

> テナーをこの間まで4ヶ月間吹いてたんですけど、最近になってアルトになりました。
> そしたら全然吹けなくて…
> 音量も全然出ないし、特に高いソとソ#の音がひっくり返るんですよ…
> 前もアルト吹いたことあるんですけど、そのときはなにもなかったのに…
> どうすればいいですか?><

これは、低い音域のパートから高い音域のパートに楽器を持ち替える時にうまく音が出なくなってしまう典型的な例ですね。

原因は、息のスピード不足によるものだと思います。

私のブログの記事で、「バリトンサックスからのコンバート」という記事がありますので、そこをよく読んでみて下さい。
解決方法を詳しく書いています。

ブログのトップページにサイトマップがありますので、下の方の【バリトンサクソフォーン】のカテゴリに記事のリンクがありますので、そこをクリックして記事を読んで下さい。

テナーからアルトやソプラノへ楽器を変わる場合でも、理屈は同じですので、バリトンをテナーに置き換えて読んでもらえるといいと思います。

頑張って下さい!
2011-12-21 Wed 23:02 | URL | Taka #-[ 編集]
お久しぶりです。
テナーをこの間まで4ヶ月間吹いてたんですけど、最近になってアルトになりました。
そしたら全然吹けなくて…
音量も全然出ないし、特に高いソとソ#の音がひっくり返るんですよ…

前もアルト吹いたことあるんですけど、そのときはなにもなかったのに…
どうすればいいですか?><
2011-12-19 Mon 22:20 | URL | 美樹 #HfMzn2gY[ 編集]
ありがとうございます!

私はずっとリード1つ1つの包装を破らないで順番に使っていたので今あるリードで吹き比べてみようと思います。

リードは学校から箱を買ってもらっているので今度からも全部あけてみようと思います。

本当にありがとうございました!!
2011-11-26 Sat 20:04 | URL | のの #-[ 編集]
>ののさん

こんばんは。管理人の Taka です。

> 私は今なんと言う名前かわからないのですが、青い箱にサックスの絵が書かれているやつの3を使っています。

おそらく、ののさんが使われているリードは、吹奏楽では定番のVandren(バンドレン)というフランスのメーカーのリードですね。
私がこのブログでも紹介している、通称「青箱」と呼ばれているリードです。

サックスを吹く人なら知らない人はいないというぐらい有名なメーカーのリードですので、いい機会ですので覚えておきましょう。

> 1年生のときからずっとそれを使っていて、最近なんだか吹きやすすぎるというか、息が入りすぎているという感じがします。
> なのでこの前3半を使ってみたら今度はこもった感じの音がします。
> こういう場合は3のままで吹くのと、3半に変えて練習するのではどちらがいいんでしょうか?

ののさんのように、硬さのレベルを1ランク上げても下げても、どちらもしっくり来ないという方は結構多いのではないでしょうか?

ところで、ののさんはリードを買う時は、1箱(10枚入り)をまとめて購入されていますか?それとも、1枚ずつバラ売りのリードを購入されていますか?

中高生のみなさんですと、リード1箱(10枚入り)を自分のお小遣いで買うのは結構キツいから、バラ売りのリードを購入されている方も結構いると思います。

リードの硬さですが、例えば3と3半の硬さのリードをそれぞれ1枚ずつ比べてみた時に、3半がすごく硬く感じて、3がすごく柔らかく感じる場合もありますし、3も3半もどちらもそれほど変わらないと感じる場合もあります。

これは、同じ3の硬さのリードでも、リードによって柔らかめのリードと硬めのリードがあるからです。

リードを1箱(10枚入り)を買って、全部のリードを開封して吹き比べてみるとよく分かると思います。

バランスの悪いリードはもちろん鳴りも悪くて吹きにくいですが、吹きやすいと思うリードでも、少し硬めかな…と思うものや、これは柔らかすぎだな…と思うものなど、同じ吹きやすいリードでも硬さが微妙に違っていることに気付くと思います。

これは、3半のリードでも4のリードでも同じで、3半のリードでも3のリードと同じぐらい吹きやすい柔らかめのリードが1箱の中に混じっていることも珍しくないですし、3半のリードでも4と同じぐらい硬めのリードが混じっていることもあります。

リードも製造しているメーカーで、機械を使って同じぐらいの硬さになるように作られてはいますが、リードの原料になっているのは、「ケーン」と呼ばれる竹のような植物ですので、全てのリードが機械的に全く同じ性質のリードになることはありません。

また、3のリードでも、最初は程よい抵抗感があって吹きやすかったリードでも、ずっと吹いているうちにだんだん摩耗してきてリードが薄くなってくると、ののさんの書いているように「吹き易すぎる」、「息が入りすぎる」といった感じになってくると思います。

ですので、3半で吹いてみて少し苦しい、または音がかすれる、こもるなどの症状が出るようでしたら、3のリードで今吹いているリードとは別の3のリードと吹き比べてみて下さい。

あくまでも、リードの選び方の基本は、「自分が一番吹き易いものを選ぶ」ですので、例えば1枚の3のリードが吹き易すぎると感じて、硬さのレベルを1つ上げて試してみた時に、やっぱり硬くて吹きにくいと感じるのであれば、また元の3の硬さのリードで、今度は別のリードを試してみて下さい。

もちろん、3半で別のリードを試してみて、自分にしっくり来るリードがあれば、それを使ってもいいと思います。


最後に、バンドレンの「青箱」(正式名称は、Traditional:トラディッショナルです)を1箱(10枚入り)買って箱を開けると、リードがガムのように1枚1枚包装されていると思いますが、1箱まとめて買った時には、その包装を全部破って、10枚のリードを全部吹き比べて選ぶようにした方がベターです。

中には、包装を破るのがもったいなくて、1枚ずつ開封して、開封したリードから順番に使っている人がいるかも知れませんが、それは「自分の一番吹き易いリードを選ぶ」という意味でも全く意味のないことですので、すぐに止めるべきです。

最近、サックスを吹き始めたばかりの方とかですと、バンドレンの「青箱」のリードはこういうものだと思っている人がいるかも知れませんが、昔のバンドレンのリードは、今よりも小さいタバコの箱ぐらいの大きさの青い箱に入っていて、今みたいな1枚1枚の包装もされていませんでしたし、買って箱を開けたらプラスチックのホルダーに入っているだけ(今の包装を破った状態)でしたので、私は今の青箱の1枚1枚包装されているのがうっとおしくてたまりません。

バンドレンも恐らく未開封の状態のリードの品質を長持ちさせるためとか、何らかの意味があるのだとは思いますが、はっきり言って普通にリードを使う分には、包装されていてもされていなくても何の支障もないので、私にとってあの包装は全く無意味です。

ですので、私は青箱を買ったらすぐに全部のリードの包装をさっさと破って、まとめてゴミ箱に捨ててます(笑)
2011-11-24 Thu 21:35 | URL | Taka #-[ 編集]
こんばんは
この前はお礼もせずにすみませんでした。

今回はリードについてなんですが…
私は今なんと言う名前かわからないのですが、青い箱にサックスの絵が書かれているやつの3を使っています。

1年生のときからずっとそれを使っていて、最近なんだか吹きやすすぎるというか、息が入りすぎているという感じがします。

なのでこの前3半を使ってみたら今度はこもった感じの音がします。

こういう場合は3のままで吹くのと、3半に変えて練習するのではどちらがいいんでしょうか?

何回もすみません^^;
2011-11-24 Thu 18:34 | URL | のの #-[ 編集]
銀箱、2半を買ってみます。

詳しく教えてくださってありがとうございます^^

今日はアンコンの校内オーディションのはずが延期されてしまいました。

明日から期末テストでふけなくなるので、音色が心配です。

いっつもテスト後って音色悪くなるんです・・・。

でも、気合でがんばります!!!
2011-11-14 Mon 23:00 | URL | LILY #aEmTB4nk[ 編集]
>LILYさん

こんばんは。Taka です。

バンドレンV12(銀箱)と言えば、新しく出たリードですね。

私は銀箱がちょうど発売されたばかりの時に、アルト用の銀箱を1箱購入したのですが、アルトを吹く機会が少ないので、実はまだ封を切ってません。

ということで、私もまだ実際に吹いてみた訳ではないので確かなことは言えませんが、銀箱のリードは青箱よりもリードの先端が少し厚めにカットされているそうですので、青箱に比べると少し硬いイメージだと思います。

先端が少し厚めにカットされていると言えば、ジャズ用のバンドレンV16(シングルカット)も先端が少し厚めにカットされていますので、銀箱もおそらくV16と同じような感覚ではないかと推測します。(ちなみに、銀箱はダブルカットです)

ですので、もし銀箱を購入されるのであれば、今使っている青箱の硬さよりもワンランク柔らかいものを購入された方がいいかも知れませんね。

つまり、青箱で3半を使ってる方は3、3を使っている方は2半・・・とリードの硬さのランクを落とした方がベターだと思います。

リードの先端が厚めにカットされているということは、少々荒っぽく吹いてもリードの振動が安定すると思いますので、キンキンした音が抑えられて、「あたたかめ」の音色になるのだと思います。

私もまだ銀箱を試した訳ではないので想像でしかお答えできませんが、青箱に比べてリードの先端が厚めにカットされているということから想像すると、音のクリアさという点では青箱の方が優れているような気がします。

私の周りで聞いた限りでは、銀箱の評判も悪くないようですので、そのうち私もアルトの銀箱を開けて試してみたいと思います。


来週の月曜日は、アンコンの校内予選があるようですね。

アンサンブルでは1人がいくら上手でも、チーム全体のハーモニーがよくないと逆に評価も低くなってしまいます。

SATBの編成ですと、4人が普通に吹くと音の高いソプラノがどうしても飛び出てしまい、全体のバランスが悪くなってしまいますので、中低音のテナーとバリトンがしっかりと吹いて、全体のハーモニーのバランスが崩れないように注意するといいと思います。(ハーモニーは中低音がしっかり鳴ると安定します)

焦っても何もいい結果は出ないと思いますので、校内予選ではメンバー全員で調和の取れたハーモニーを意識して、楽しく演奏することができれば結果も付いてくると思いますので、焦らずに頑張って下さいね!

2011-11-10 Thu 01:59 | URL | Taka #-[ 編集]
ありがとうございます!!

息がたくさん必要なんですね・・・。

リードは3を使っています。

確かにカスッとして高音もかなり踏ん張らないと出ません。

2半に変えてみます!


あと、「バンドレンV12」という銀箱のリードが気になってるのですが、青箱より柔らかめなんですか?

あたたかいビロードのような音がするって書いてあったのでまた試してみたいんですが・・・。

銀箱を買うなら、3のほうがいいですか?



アンコン、今年は1チーム落ちるんです。
ソプラノの音色が悪いとサックスパートも落ちる危険性があって・・・><

来週の月曜日に出るチームを決める試験があります。
精神的に焦燥感が))汗

がんばります!!!!




2011-11-08 Tue 23:11 | URL | LILY #aEmTB4nk[ 編集]
>ののさん

こんばんは。管理人の Taka です。

アンコンの練習は進んでますか?
ギリシャ組曲、感覚がつかめてきたのでしたら、せっかくですのでアンコンの曲とは別に練習してもいいかも知れませんよ。

> 顧問の先生にソロコンサートに出てみないか?と言われました。
> なので出ることを考えているんですが、ソプラノのソロってあるんですか?
> 私は自分のアルトの音色に自信がないので、できればソプラノで出たいと思っています。

顧問の先生にソロコンの出場をすすめられたということは、結構吹けているようですね!^^

アルトのソロ曲はたくさんありますので、色々と選択肢も多いと思いますが、ソプラノになるとソロコンで使える曲というとすぐに出て来ないのですが…
ソプラノであれば、テナーと同じB♭管ですので、テナーのソロ曲がそのまま使えると思いますので、テナーのソロ曲集を探してみられるといいと思います。

あとは、ののさんの演奏を聴いたことがありませんので、ののさんのレベルがどのぐらいなのか分かりませんので、顧問の先生に相談してみられるといいと思います。

音色に自信があるなら、テンポのゆっくりした曲でしっかりと歌うのもいいですし、指が回るのであれば、モンティのチャルダーシュなんかもいいと思います。

それと…

ののさんがアンコンの候補曲として練習していた、ペドロ・イトゥラルデの「ギリシャ組曲」もソロの楽譜があるんですよ(笑)

YouTubeを今ちょこっと検索したら、ソプラノでやってる方がいらっしゃいましたよ。

http://www.youtube.com/watch?v=83w1cegyHwY

このソロの楽譜は、実は私も持ってるのですが、ソプラノ用とアルト用の2種類の楽譜が付いてますので、ソプラノでもアルトでもどちらでもできます。

ご存知のようにギリシャ組曲は少し難しいかも知れませんが、アンコンの候補曲で少し練習しているのであれば、とっつきやすいと思います。

2楽章のアドリブは、結構難しいと思いますので、吹けないところは自分で吹きやすいように少しアレンジしてもいいと思います。

ちなみに、この YouTube で演奏されている方も、2楽章のアドリブは楽譜を少しアレンジして書き換えてますね。


あと、ソプラノのソロ曲集で、クラッシックのものがあります。


「ソプラノサックス・アルバム クラシック名曲選」出版社:(株)ショパン

(収録曲)
1. 誰も寝てはならぬ (歌劇『トゥーランドット』より) (作曲: G.プッチーニ)
2. あなたの声に私の心は開く (歌劇『サムソンとデリラ』より) (作曲: C.サンサーンス)
3. 私のお父さん (歌劇『ジャンニスキッキ』より) (作曲: G.プッチーニ)
4. 間奏曲 (歌劇『カヴァレリアルスティカーナ』より) (作曲: P.マスカーニ)
5. エルザの大聖堂への行列 (歌劇『ローエングリン』より) (作曲: R.ワグナー)
6. タイスの瞑想曲 (歌劇『タイス』より) (作曲: J.マスネ)
7. 私を泣かせて下さい (歌劇『リナルド』より) (作曲: G.F.ヘンデル)
8. 美しい夕暮れ (作曲: C.ドビュッシー)
9. 亡き王女のためのパヴァーヌ (作曲: M.ラヴェル)
10. シシリエンヌ (作曲: G.フォーレ)
11. エストレリータ (作曲: M.ポンセ)
12. ヴォカリーズ (『14の歌曲集』より) (作曲: S.ラフマニノフ)
13. 交響組曲「シェエラザード」より (作曲: リムスキーコルサコフ)

http://www.amazon.co.jp/%E4%BC%B4%E5%A5%8FCD%E4%BB%98-%E3%82%BD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%A0-%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E5%90%8D%E6%9B%B2%E9%81%B8/dp/toc/4883646068

この曲集は私も持ってますが、そんなに難易度の高い曲はありませんので、中学生でも十分に演奏できる曲ばかりだと思います。


顧問の先生も期待されているようですし、頑張って下さいね!
2011-11-07 Mon 22:59 | URL | Taka #-[ 編集]
>LILYさん

こんばんは。管理人の Taka です。

ソプラノの中音域の音が響かないということですね。

中音域のドの音ということは左手の中指1本、もしくは全部開放のド#の音ではないですか?
ブログの記事でも書いていると思いますが、サックスは楽器の特性上、指を開放する運指の音は響きにくいという特徴があります。

真中のレの音も、逆にタンポがほとんど閉まった状態で息を入れますので、息が通る管の長さが長いので、この音もしっかりと息を入れてやらないと楽器の特性で響きにくくなる音だと思います。

LILYさんも書いてますが、アルトでもこの傾向は同じです。

この中音域の音をしっかりと響かせるための大切なポイントですが、ひとつは「息の量をたくさん入れる」ことと、もうひとつは「たくさん入れる息が広がらないように1点に息を集中させて息を入れる」ことです。

開放の運指の音は、楽器に息を入れても、タンポがすべて開いてますので、入れた息がどんどん外に出ていってしまい、出ていく息の量よりもたくさんの息を次から次へと送りこんでやらないと、出てくる音が楽器によく響いてくれません。

「レ」の音の方は、「ド」の音とは逆に管の長さが長くなりますので、こちらは息の圧力をしっかりとかけて息を入れないと、音がこもったような音になってしまって響きが悪くなってしまいます。

詳しくは、ブログの以下の記事を参考にしてみて下さい。

「中音域の音」
http://takasax.blog39.fc2.com/blog-entry-11.html

「オクターブキーを押した中音域の 「レ」 の音について」
http://takasax.blog39.fc2.com/blog-entry-48.html


それと、もうひとつのチェックポイントですが、LILYさんの使われているリードが少し硬すぎませんか?

ソプラノですと、バンドレンの3半を使うという方が結構多いと思いますが、ソプラノの高音域を吹く時に、音がかすれてしまったり、少し強く噛まないと高音域が出ないような場合は、リードが少し硬くて自分に合ってない可能性があります。

ソプラノですと、アルトよりもずっと速い息のスピードが要求されますし、硬めのリードを使う場合は、息のスピードが足りないとリードが十分に振動してくれませんので、息の音が混じりやすくなったり、カスカスの音になったりします。ソプラノの場合ですと楽器の管が短いので、アルトよりもその影響が大きくなると思います。

楽器の調整に問題がないとすれば、ほぼ上記のようなことが原因としてあてはまると思います。

ですので、まずは少し柔らかめのリードに変えてみて、中音域の音はしっかりと1点に息を集中させて、できるだけたくさんの息を吹き込んで、楽器をしっかりと響かせてみて下さい。

おそらく、リードを少し柔らかいリードに変えただけでもカスカスの音はだいぶマシになると思います。

もうアンコンのシーズンですね。

本番ではいい演奏ができるように、しっかりと練習して頑張って下さいね。
2011-11-07 Mon 22:26 | URL | Taka #-[ 編集]
こんにちは。
この前はいろいろとありがとうございました。

今回はまったく別の話になるんですが…
顧問の先生にソロコンサートに出てみないか?と言われました。
なので出ることを考えているんですが、ソプラノのソロってあるんですか?
私は自分のアルトの音色に自信がないので、できればソプラノで出たいと思っています。
あと、曲にはどんなものがあるんですか?
ポイントなどがあれば教えてください。

お願いします!!

2011-11-07 Mon 19:44 | URL | のの #-[ 編集]
お久しぶりです。
アンコンの曲が配られました!
今回はソプラノを吹きます!

それで・・・悩みごとがあって))汗

ソプラノの中音(?)のドとレが音がカッスカスなんです。
アルトでもドとレはちょっとカスカスなので、これは私の吹き方が悪いんでしょうか??

ちょっと前に点検してもらったとき、いい楽器だねといわれたので、やっぱ私が変な吹き方してると思うんです。

カスカスをやわらかくて滑らかな音にするにはどうすればいいですか??

お願いします!!
2011-11-07 Mon 00:13 | URL | LILY #aEmTB4nk[ 編集]
遅くなってすみません。

4分の7拍子なんですね。ありがとうございます。
練習を始めてだんだんと感じみたいなものがつかめるようになってきました。

曲は最近ギリシャ組曲ともうひとつ新しい楽譜をもらいました。
曲名は分からないのですが、難易度はこっちのほうが簡単のようです。
今のところはっきりとどっちの曲になるのか分かりませんが、このままだとたぶん新しい曲のほうになると思います。

私たちは県大会出場を目指しているので、新しい曲のほうで頑張ってみようと思います。

ありがとうございました!
2011-10-15 Sat 18:40 | URL | のの #-[ 編集]
> ののさん

こんばんは。管理人のTakaです。

私のコメントに誤りがありましたので、訂正させて下さい。

2小節で1つと見るので、4分の9拍子ではなくて、4分の7拍子ですね。
1小節に4分音符が3つと8部音符が1つですので、2小節で7拍になりますよね。
間違えてしまってすみません。。m(__)m

> 金賞を本気で狙うのなら、頑張って難しい曲にチャレンジしよう!ということです。

これも一理あると思うのですが、難しい曲を選んで消化不良になってしまっても金賞は取れませんので、
そこそこの曲を完璧に仕上げた方がいい場合もあります。

メンバーの音色がいいのであれば、テンポの速い難しい曲をやるよりは、メロディーの美しい曲を選曲して、音色で聞かせるのもアリです。
中高生の方ですと、ののさんの中学のように、金賞を狙うために難曲にチャレンジする学校も多いと思いますが、難曲に挑戦する場合は、消化不良にならないように、あまり難しすぎる曲は避けた方がいい結果に繋がる場合もあります。

県大会金賞レベルであれば、そんなに難しい曲じゃなくても大丈夫だと思いますが、地方大会以上、全国大会まで狙うのであれば、やはりデザンクロなどの難曲をやらないとなかなか代表になるのは難しいですけどね。

ギリシャ組曲、いい結果が残せるように、ぜひ頑張って下さい!

2011-10-01 Sat 23:24 | URL | Taka #-[ 編集]
アドバイスありがとうございます。

うちの吹奏楽部のレベルはぜんぜん高くないですよ^^; 金賞を本気で狙うのなら、頑張って難しい曲にチャレンジしよう!ということです。

ギリシャ組曲は8分の7拍子に苦戦していました。4分の9拍子と考えてやってみようと思います。
アルトの音色も息のスピードに気をつけてやってみます。

ありがとうございました。
2011-10-01 Sat 22:59 | URL | のの #-[ 編集]
>ののさん

こんにちは。管理人のTakaです。
返信が少し遅くなってしまってすみません。

アルトからバリトンに1ヶ月間だけ変わって、またアルトに戻ったようですね。

このブログの記事にも何度か話題に上がっていますが、サックスは基本的な奏法と運指は同じ楽器ですので、持ち替えや他の種類のサックスへの転向なども、学生の皆さんですと経験ある方が多いのではないでしょうか?

サックスは、基本的な奏法と運指は共通なんですが、マウスピースの大きさも全然違いますし、楽器を吹く時に必要な息の量と息のスピードが楽器の種類によって全然違ってきます。

アルトからバリトンへですと、息のスピードはそんなにいらなくなりますが、逆に必要な息の量がぐっと増えます。また、リードのサイズも大きくなり、リードの振動も大きくなりますので、アンブシュアもアルトに比べると、かなり緩くてルーズなアンブシュアにしてやる必要があります。

そして、またバリトンからアルトに戻る時は、その逆を意識してやる必要があります。
しかしながら、アルトからバリトンへの転向は、比較的楽だと思いますが、その逆のバリトンからアルトへの転向は、かなり息のスピードが必要になりますので、かなり大変です。

一度、アルトからバリトンに変わってバリトンの奏法に慣れた後でアルトに戻してみると、息のスピード不足で、以前よりも高い音が出しにくくなっていたり、息のスピードを元に戻すのに少し時間がかかったりしますので、焦らずに息のスピードを意識して日々練習しましょう。

そうですか、ギリシャ組曲をやるんですか!
中学生でギリシャを選択するということは、結構レベルの高い中学なんでしょうね。
私もギリシャ組曲は、今のカルテットで演奏しましたが、アンコンでギリシャ組曲を選曲するのであれば、まずは制限時間の5分間に収めるためのカットが難しいと思います。
ギリシャ組曲は、4つの楽章から構成される組曲ですが、どのようなカットをするかで曲の感じが全然変わって来ると思います。

1つ1つの楽章のカットは、同じモチーフが何度も出てくるので、比較的カットはしやすいと思いますが、どの楽章を長く取って、どのように組み合わせるかが結構難しいと思います。

4つの楽章を均等ぐらいに割って組み合わせると、1つの楽章が短くなってしまって移り変わりが慌しくなってしまいますし、かといってテンポの遅い2楽章を丸々カットすると、曲想の変化が出しにくくなりますので、各楽章のテンポを極端にいじってやるなどの工夫が必要です。

曲のカットの位置決めは中学生にはちょっと難しいと思いますので、曲のカットについては顧問の先生に相談して決めた方がいいと思いますよ。

あと、楽譜を見たら分かると思いますが、全体を通して難しいポイントは1楽章の伴奏パートの8分の7拍子のリズム、2楽章のソプラノのソロパートとバリトンの伴奏、あとは4楽章のソプラノとアルトの16分音符の掛け合いとかですね。

最初の1楽章の伴奏パートのリズムですが、メトロノームを使って練習する場合、最初は8分音符を1つに刻むように設定して練習すると思いますが、慣れてくるとテンポアップしてメトロノームのテンポを上げて行った時に、速いテンポで「タタタタタタタ・・・」で合わせて吹くのは大変ですし、フレーズも短くなってメロディーが切れ切れになりやすくなるので、テンポアップすると4分音符を1つに刻むようにメトロノームを設定してやります。

この時に、1小節目の2拍目の頭が8分音符ですので、そこからが裏拍になって、2小節目の8分音符まで裏拍が続いて、その次の4部音符2つがまた表拍になりますので、8分の7拍子だと思って吹くと混乱して合わせられなくなりますので、4分音符を1つで数える時は、曲の1フレーズでタイミングを取って吹くようにします。

「タンタタンタン、タンタタンタン、タンタタンタン・・・」と続くと思いますので、タイミングを合わせるとしたら、2つの小節を1つのフレーズと考えてみましょう。「タンタタンタン、タンタタンタン」で1つです。どういうことかと言うと、8分の7拍子を4分の9拍子だと考えてみて下さい。

仮に4分の9拍子だと考えてやると、楽譜上の1小節目の1拍目の頭の音と、2小節目の後ろの四分音符2つの「タンタン」がメトロノームの拍とピタッと合うことに気が付くと思いますので、それに気付いたら、合わせやすくなると思います。

そして、その刻みのリズムにメロディーを合わせるには、8分音符で「1、2、3」+「1、2」+「1、2」と数えるようにして合わせてやると合わせやすくなります。(この時は、「 」の単位を1つとして考えます)

次に、2楽章のソプラノですが、ここは本来はアドリブソロですので、どうしても吹けない部分は同じコード内で楽譜を書き換えるといいと思います。
中学生ですと、楽譜を書き換えるのは難しいと思いますので、これも先生にお願いして、どうしても吹けないフレーズとかは易しく書き換えてもらいましょう。

ちなみに、私は楽譜に書かれているメロディーがどうも気に入らないので、自分で勝手にアレンジして吹きました(笑)

あと、最後の4楽章の16分音符が連続するソプラノとアルトの掛け合いのところですが、ここはそんなに速いテンポで吹かなくてもちゃんと曲になりますので、4楽章全体のテンポをかなり落として吹いても問題ないと思います。ちゃんと吹けていないのに、無理して速いテンポで吹いて、16分音符をごまかして吹いたり、細かい音符がすべったりする方が審査の点数も悪くなると思います。

ギリシャ組曲は、メロディーラインよりも伴奏系の動きがすごく面白いので、伴奏系パートの面白いリズムをしっかりと聞き手に聴かせるようにすると効果的だと思います。
例えば、2楽章を演奏するのであれば、ソプラノは伸び伸びと自由に、バリサクはリズムの面白さを大胆に表現しましょう。

バリサク:「ズーダーダッ、、、ツターーータタタ、ズダッ、、ズダッ、、ツターーータタタ・・・」
言葉にするとこんな感じですかね(笑)
勝手に替え歌の歌詞を入れて歌にしてみたり、変な擬音で歌ってみても面白いと思います(笑)

作曲者のペドロ・イトゥラルデは、元はクラッシックサックスの先生ですが、本人はプロのジャズプレーヤーとしても活躍してる人なので、彼の作った曲は、クラシカルな部分とジャジーな部分の両方が入ってて本当に面白いです。

ですので、そんな曲の特性を生かして、クラシカルな部分とジャジーな部分を極端に吹き方を変えて聞かせるのもひとつですね。

あとは、各楽章の間は、曲想をガラッと変えて吹きましょう。
各楽章の曲のストーリーが変わることをたった5分の間で、どれだけ表現できるかがポイントです。
4人で各楽章のストーリーを色々と想像しもらって、自分たちだけのギリシャ組曲を作ってみましょう。
色々と自分たちで曲ストーリーを考えて演奏すると楽しいですよ!

ギリシャ組曲は、他のサックス四重奏曲とは違って、自分たちで色々とアレンジして吹ける曲ですので、確かにかなり難しい曲だと思いますが、細かい音符に神経質になって、一生懸命に楽譜にカジりついて、楽譜通りに吹こうとするよりは、自分たちで自由に曲を組み立てて、面白く演奏するぐらいの気持ちで練習されるといいと思います。


・・・といった感じで、かなり長くなってしまいましたが、難しい曲だからと言ってあまり構えずに、難しい曲だからこそ楽しく吹く!ぐらいのつもりで頑張って下さいね。

2011-10-01 Sat 14:53 | URL | Taka #-[ 編集]
はじめまして。ののといいます^^

中2でアルトとソプラノをやっているんですが、コンクールが終わって1ヶ月バリトンをやってました。

9月に入ってからアルトに戻ったんですが、
バリトンをやる前の音と、やったあとの音で、なんだか違います。

同じ吹奏楽部の友達にも、「前はやわらかい感じの音だったけど、今は機械みたいな音がする。」と言われました。

友達が言う機械みたいな音というのは、なんて説明したらいいのかわかりませんが、楽譜についてくるCDなどでたまにある、SAXじゃないけどSAXの音みたいな感じのやつらしいです。
(説明が下手でごめんなさい。)

私は前の自分の音に戻りたいのですが、どうしたらいいんでしょうか。

それと、今年のアンコンでギリシャ組曲をやることになったのですが…

楽譜を見たところ、あまりの難しさに自分はともかく、1年生にどう練習させたらいいのかがわかりません。

先生には私が教えろと言われましたがどう教えたらいいのかもわかりません…

なんでもいいのでアドバイスをくださったら嬉しいです。

長々と失礼しました><

2011-09-27 Tue 21:38 | URL | のの #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-09-27 Tue 09:13 | | #[ 編集]
>ののさん

こんばんは。管理人のTakaです。

メッセージありがとうございます。
ところで、ののさんから頂いたメッセージなのですが、管理人のみ閲覧ということで頂いているのですが、メッセージの中にご質問、アドバイスのご要望がありますが、ののさんから頂いたメッセージは公開しても問題ありませんか?

問題ないようでしたら、ご一報頂ければ、私の方でののさんからのメッセージを公開させて頂いて、それに対して返信させて頂きます。
公開したくないようでしたら、ブログの右側の「ブログオーナーへのメッセージ」にメールアドレスを添えてご連絡頂ければ、個別にメールで返信させて頂きます。

お手数ですが、どちらにされるかをご連絡頂ければ幸いです。

よろしくお願いします。
2011-09-27 Tue 00:34 | URL | Taka #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-09-26 Mon 16:00 | | #[ 編集]
>凛太郎さん

こんばんは!管理人の Taka です。

中学の頃からブログに訪問して下さってたのですね。
長い間、どうもありがとうございます。

> 私は高校入学と共に楽器がバリトンからテナーに移ったのですがどうも慣れず、アンブシュアが安定しません。
> 低音と高音の音色が合わないのですが、やはりこれもアンブシュアが原因なのでしょうか?

バリトンからテナーへの転向ですと、マウスピースも少し小さくなりますし、息の使い方もバリトンの時とは少し違ってきますね。

バリトンでは息のスピードよりも息の量が必要ですし、マウスピースから息を吹き込む時も、テナーよりもバリトンの方が吹き込む息が広がる感じでも、息の量がたくさん入っていると楽器もよく響いてくれます。

ところが、テナーになると、楽器もマウスピースも小さくなり、バリトンを吹いていた時よりも、楽器に息を入れる時に息が広がってしまわないように、息をより1点にまとめるようにしないと、楽器がよく響いてくれないと思います。

私がブログの記事で、「息の細い柱を作るような感じで息をまとめる」ということを書いていますが、そのことをもう少し意識してみるといいと思います。
そして、お腹でしっかりと息をささえて、息のスピードをしっかりと付けて吹くようにしてみて下さい。

アンブシュアも、バリトンの時よりもテナーの方が、少しタイトになりますので、口の両端を内側にすぼめることを意識してみるといいと思います。

アンブシュアが安定しないのは、息の入れ方がバリトンの時のように、「息の量」の方を意識して、息のスピードや圧力が足りなくなっているのではないかと思います。

サックスは、楽器が小さくなるほど「息のスピード」が必要になりますし、楽器が大きくなるほど「息の量」が必要になりますので、その辺りを意識してみるといいと思います。
アンブシュアも同様に、楽器が小さくなればタイトになり、楽器が大きくなると緩めのアンブシュアになります。

ですので、アンブシュアも大切ですが、楽器が変わると息使いも変わりますので、息使いの方を常に意識しながら練習してみて下さい。

楽器が変わると、慣れるまでは色々と戸惑うことも多いと思いますが、あまり難しく考えずに、どの楽器を吹いても楽しめるように頑張って下さいね!
2011-08-07 Sun 01:26 | URL | Taka #-[ 編集]
はじめまして。凛太郎です。
サックス歴3年と少しの高校1年生です。
中学の時からこのサイトを参考にさせていただいていました~

私は高校入学と共に楽器がバリトンからテナーに移ったのですがどうも慣れず、アンブシュアが安定しません。
低音と高音の音色が合わないのですが、やはりこれもアンブシュアが原因なのでしょうか?

それと、バリトンの時のような豊かな音が出せずとても困っています。
中学ではサックスを愛してやまなかったのですが
高校に入ってからサックスを吹くのが楽しくなくなってしまいました。
また前みたいに大好きなサックスを吹いて楽しみたいです。
なんでもよいのでアドバイスを頂けたら励みになります。お願いします。
夜分長文失礼しました^^;
2011-08-05 Fri 00:08 | URL | 凛太郎 #-[ 編集]
>あこさん

こんばんは!管理人の Taka です。

いつもブログを見て頂いて、ありがとうございます。

人生最後とは言わず、今後の活動でもぜひソプラノを吹いて下さい(笑)

さて、ソプラノのマウスピースですね。

S90-170 ということは、かなりティップの開きが小さいマウスピースですね。

私も息は普通の人よりも強くて量も多い方ですので、ティップの開きが大きいマウスピースとの相性がいいです。

私の場合は、アルトは S80 C☆、ソプラノは S90-190をメインで使っています。

ソプラノのマウスピースは、S90-190 の前は、S80 C☆☆を使っていましたが、どちらもティップの開きが大きいので息の通りもよくて、音もよく響くので私の愛用品ですね。

自分に合ったマウスピースを使うのが一番なのですが、学校の備品の S90-170 を使わないといけないということで、ティップの開きの小さいマウスピースを使う場合ですが、ブログの記事にも書いているように、ティップの開きの小さいマウスピースは、硬めのリードとの相性がいいので、リードを今よりも少し硬めのリードに変えてみてはいかがでしょうか?

今はグラコンの3半を使われているとのことですので、バンドレンの青箱の3半にするとグラコンよりも少し硬めになると思います。

私も、過去にグラコンの3半を使ったこともあったのですが、リードがすぐにヘタってしまうので、バンドレンの3半に戻してずっと愛用しています。

あと、ブログの小物のところの記事で書いている、「ネックスクリュー」を変えても息の通りが良くなりますよ。

Buzzの洋銀製のネックスクリューでしたら、3~4千円ぐらいで購入できますので、マウスピースを買うよりは安く上がると思います(笑)

ネックスクリューは、私もアルトとソプラノの両方とも交換してるのですが、ソプラノの方は特に息の詰まったような抵抗感がなくなり、息がスッと入ってくれるようになりました。

ネックスクリューは、セルマー、ヤマハ、ヤナギサワと、楽器のメーカーによって違いますが、同じメーカーのソプラノとアルトは兼用で使えますので、ソプラノで使った後はアルトに付けて使えます。

セッティングを何も変えないでということになると、マウスピースを強く噛みすぎないようにしたり、ほんの少しだけマウスピースのくわえる位置を深くしてみるのもひとつだと思います。


まぁでも、今後もソプラノをカルテットなどで吹いたりすると思って、自分に合ったマウスピースを購入されるのが一番だと思いますけどね(笑)

吹奏楽コンクールでソプラノということは、ソロか何かを吹かれるのですかね???

私も大学時代は、吹奏楽人生の中で一番充実した時期でしたので、あこさんもしっかり練習して頑張って下さいね!

以上、参考になれば幸いです。
2011-04-18 Mon 20:59 | URL | Taka #pepA2lNQ[ 編集]
こんにちは!サックス歴9年の大学生です。
いつもこのブログを参考にしてます^^

多分人生最後であろう(笑)今年の吹奏楽コンクールで、ソプラノを吹くことになりました(^^)♪
マウスピースは、学校の備品のS90-170で、リードはグランドコンサートの3半なのですが、息が詰まった感じがして吹きにくいです。

もともと、サックスはバリトンから始めていて、高校からアルトに移ったのですが、
やはりアルトでも詰まって息が通らない感じがしてずっと悩んでました。
そこで最近、アルトのマウスピースを180からC☆に変えたのですが、びっくりするぐらい息の通りがよくなって、響きも良いし、強弱のコントロールも楽になりました。
とにかく息がしっかり入るので吹いてて心地いいです(笑)
こっちの方が相性よかったんですね^^;

この感じで行くと、ソプラノもマウスピースを変えた方が良い気がしますが、予算がないので厳しいです^^;
しばらくは170で頑張るつもりですが、開きの狭いマウスピースを吹きこなすコツなどありますか?
息の量が多いのか、マウスピースの先端で息が詰まり、ほとんどの息を無駄にしてるような感じがします。
2011-04-18 Mon 18:58 | URL | あこ #Zk/lHUeI[ 編集]
>あゆさん

こんばんは。管理人の Takaです。メッセージ、ありがとうございます。

> 私は、低い音が鳴らせるんですが、タンギングをするとオクターブ上がってしまいます。

低音域がオクターブ上がってしまう原因ですが、息のスピードが速くなりすぎていたりすると上の音が出てしまったりします。

低音域で、タンギングをするとオクターブ上がってしまうということですが、低音域でタンギングをした後に、口の中の状態はどのようになっていますか?

低音域を吹くときは、息のスピードをゆるやかにしないといけないので、口の中の容積はしっかりと確保して、口の中を広く保っておく必要があります。

低い音でタンギングした後に、口の中の広さがしっかりと確保できていないと、息のスピードがつきすぎて上の音が出てしまったりします。

ですので、低い音をタンギングした後は、舌をぐっと下にさげて、「トォォォォォーーートォォォォォーーートォォォォォーーー」という発音の感じで吹いてみてはいかがでしょうか?

舌をリリースした後の、「ォーーーー」の発音を意識するといいと思います。

低い音を吹くときは、舌をリリースした後に、口の中を広く保たないと息のスピードがつきすぎてしまいますので、上の音が出てしまったりすることもあると思います。


> それと高い音になるほど音が細くなるんですがどうすれば良いですか?

次は、高音域の音の細さですが、これも息のスピードが大きく関係してきます。

高音域は低音域の逆で、息のスピードがかなり必要になります。

息のスピードが足りないと、マウスピースを上下に強く噛んでしまう、噛みすぎのアンブシュアになったり、息の向きが上向きになってしまうと、高音域は細くて貧弱な音になってしまいます。

息のスピードについては、書くと長くなってしまいますので、当ブログの「息」のカテゴリーの記事をよく読んで参考にしてみて下さい。

中学一年生ですと、まだまだこれからですね。

アンブシュアや息の入れ方、腹式呼吸などの基礎を大切に、日々の基礎練習をコツコツと頑張って下さいね。
2011-03-22 Tue 21:53 | URL | Taka #-[ 編集]
はじめまして。私は、中1でテナーサックスをやってます。あゆです。
私は、低い音が鳴らせるんですが、タンギングをするとオクターブ上がってしまいます。
どうすれば良いでしょうか?

それと高い音になるほど音が細くなるんですが
どうすれば良いですか?
2011-03-21 Mon 17:54 | URL | あゆ #-[ 編集]
Takaさん、ありがとうございます。
舌に力が入りすぎているのは、
昔注意されたことがあるのを思い出しました。

あと、舌のつく角度は考えたことがありませんでした。

色々調整してがんばります。
2011-02-04 Fri 01:42 | URL | YUKIHIRO #-[ 編集]
>YUKIHIROさん

初めまして。こんにちは! 管理人の Taka です。

いつもブログへのご訪問、ありがとうございます。

タンギングで舌が切れて出血するとのことですが、舌のどの辺りでタンギングされているのでしょうか?

舌が切れるとのことですので、かなり舌付きを強くしているのでしょうか?

私も長い経験の中で、舌が切れて出血したという話を周りでも聞いたことがありませんので、どんな感じでタンギングしているのかが気になるところです。

舌が切れるとのことですので、タンギングの際に舌がリードの先端に対して垂直に近い形で触れているのではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

垂直は言いすぎかも知れませんが、リードの先端がリードに刺さるような感じで触れているのであれば、切れて出血してしまうのもありえるかも知れませんね。

または、YUKIHIROさんの舌の面が普通の人よりもデリケートなのかも知れません。(その部分は推測の域を超えませんが・・・)

どのような状態なのか、実際に見てみないと正確なところは分かりませんが、改善するとすれば、タンギング時のアタックを少し軽く弱めに発音することと、舌の先端をできるだけリード面と平行に近い角度で触れてみるようにしてみてはいかがでしょうか?

早いタンギングは、舌に力が入るとなかなか思うようにできないと思いますし、舌の奥でやるとお書きのように早いタンギングが難しくなります。

ブログの記事にも書いていますが、舌を少し平べったくして、発音で言えば「テテテテ・・・」という感じで軽くタンギングをしてみて下さい。

この時、息のスピードが足りないと、舌に力を入れて発音しないと音がちゃんと出なくなってしまいますので、息のスピードはしっかりとつけて、舌の先端で軽く発音する感じで練習してみて下さい。

舌が切れて出血するとのことですので、早いタンギングの時におそらく舌に力が入りすぎているのではないかというのが私の想像です。

一度、チェックしてみて下さい。


以上、参考になれば幸いです。

2011-02-02 Wed 12:37 | URL | Taka #-[ 編集]
はじめまして。
YUKIHIROと申します。
サックス歴4年の高校1年です。
基本的にはテナーサックスを吹いています。

ミストなサックスは、2年ぐらい愛読しています。
何かわからないことがあったらこのブログを読んだりして問題を解決しているのですが、
どうしたらよいのかわからないことがあるので質問させていただきます。

曲の練習(特に速い曲)などでタンギングをしていて10分もたつと舌が切れて血が出てしまいます。
舌のつき方が悪いのかと思ってハーフタンギングをやったりもしたのですが、
ハーフタンギングの最中にも舌が切れてしまいます。
タンギングは舌の先端でしています。奥でやろうともしたのですが、これはこれで遅いタンギングしかできないので困っています。

どうしたらよいのでしょうか。
駄文で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
2011-02-01 Tue 22:08 | URL | YUKIHIRO #-[ 編集]
みなさん、こんばんは。。

管理人のTakaです。

ここんとこというか、もうかれこれ約1年ぐらい前から、当ブログの更新をサボってしまっていたのですが、ようやく約1年前の記事を更新しました(苦笑)

更新したと言っても、私が入っているサックスのSNSの過去の日記をコピペして、編集しただけなのですが・・・

しょっちゅう立ち寄って下さっている方々には大変申し訳ないと思っていますが、今後ともミストなサックスをよろしくお願いします。

m(_ _)m



Taka


2010-06-10 Thu 23:03 | URL | Taka #pepA2lNQ[ 編集]
こんばんは!

月子さん、初めまして。管理人のTakaです。

返事が遅くなってすみません・・・
書き込み、ありがとうございます。


フラジオ奏法、サックスを始めた人なら誰しも憧れますよね。

フラジオ奏法に関する教本であれば、私のブログの記事でもオススメしている、ラリーティールの教本以外には、以下の教本が有名ですね。

教本名: サクソフォン奏者のための高音奏法(ユージン・ルソー著、星野正訳)
出版社: エトワール・ミュージック

この教本は、プロの先生もオススメしている教本です。


この教本は、私も中身をざざっと目を通したことがありますが、個人的にはラリーティールの本の方がサックス全般に関するノウハウがギッシリ詰まっているので好きですね。

フラジオの運指をメインで知りたいということであれば、どちらか一方でもいいと思いますし、ネットで検索してもフラジオの運指を掲載しているサイトがいくつかあります。

教本については、人によって好みもあると思いますので、どちらの教本も楽器店の教則本のコーナーによく置いてる著書ですので、実際に中身を見て購入されるといいかと思います。


サックス歴が22年ということであれば、もう十分ベテランの域ですね。

私もフラジオをマスターしたのは、実はそんなに早くはありませんでした(笑)

私がフラジオを出したいと思った時は、フラジオに関する教本を色々と読んだりして自分でもあれこれと試してみたのですが、なかなかフラジオが出てくれず、一時期は諦めかけた時期もあったのですが、ほんのちょっとしたコツで出るようになりましたよ。

ですので、私の場合は先にフラジオが出せるようになってから、フラジオの理屈に納得したっていう感じでしたね(笑)

そのフラジオが出せるようになった「ちょっとしたコツ」というのが、このブログの記事で紹介している内容です。

これは、音大生から教えてもらったコツで、私が今までどんなに頑張っても、キィーーーという雑音すら出なかったフラジオが、ほんの一瞬であっさりと出せるようになった「秘伝の技」なんですよ。

フラジオが出せるようになった時は、ものすごく感動したのと、いったい今までの苦労は何だったんだろう・・・って感じでしたね(笑)


最初にアルトでフラジオを練習するならば、3オクターブ目のラ(実音C)の音が一番出しやすいと思います。

運指は、オクターブキーを押したレ(アルトですと、実音F)の運指から左手の人差し指のキーを開放にした運指です。

私の場合は、最初は3オクターブ目のソ(アルトですと、実音B♭)を先に出せるようになりましたが、3オクターブ目のラ(実音C)の音がはるかに出しやすいと思いますので、この音から練習されるといいと思います。

後は、ジャズでは定番の練習法なのですが、オーバートーン練習(倍音練習)がフラジオを出すのには効果的です。

オーバートーンの練習方法については、他の方にも紹介しましたが、GOTTSU という竹製マウスピースで有名な後藤楽器さんのサイトに分かりやすく書かれていますので、参考にしてみられるといいと思います。

http://www.bamboomouthpiece.com/over.html


以上、参考になりましたでしょうか?



宝島のソロ、かっこいいですよね!

演奏会でソロがバッチリとキマるといいですね。


本番に向けて、練習頑張って下さいね!!
2010-06-08 Tue 22:41 | URL | Taka #-[ 編集]
初めまして・・・

フラジオ奏法を検索しましたところ、こちらにたどり着き、目から鱗の内容にとても感動いたしました☆

アルトサックスを22年吹いてます
演奏会で宝島を吹くことになり、フラジオで出来たらかっこいいなと思い、練習してみようと思っています


紹介されている、サクソフォン演奏技法の教本には、フラジオの効果的な練習法、運指などが掲載されているのでしょうか・・・


サクソフォン演奏技法の教本を購入しようと思っていますが、他にフラジオの練習にお勧めの教本などがあれば、教えて頂きたいのですが・・・


よろしくお願いいたします
2010-05-25 Tue 03:46 | URL | 月子 #-[ 編集]
ありがとうございました
 
実はミストなサックスさんのページに書いてあったヒー、キーというやり方で倍音が出るようになりました!
 
本当にありがとうございました
2010-05-25 Tue 02:17 | URL | ぺっぷ #-[ 編集]
なるほど!
オークションは思いつきませんでした...
参考にして色々回ってみたいと思います(^^ )
ありがとうございました!
2010-05-24 Mon 22:39 | URL | つじ #-[ 編集]
つじさん、こんばんは!

初めまして、Takaです。

コメント、ありがとうございます。

私が過去の記事で紹介した、トルヴェールカルテットの「High Five」の楽譜のことですね。

http://takasax.blog39.fc2.com/blog-entry-93.html

そうなんです。この楽譜、絶版なんですよね・・・
つじさんのように探されている方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

CDの方は、アマゾンなどで中古品や新品なども出回っているのですが、楽譜の方はなかなかないようですね。

私も、つじさんのコメントを読んでネットでちょこっと探してみたのですが、すぐには見つからないようです。

方法としては、ヤフオクなどのオークションで出回っていないかを当たるぐらいしかないかも知れませんね・・・

後は、楽譜は絶版になっていますが、ちょっとさびれた楽器店の楽譜コーナーにひっそりと置いてたりすることもあるかも知れません。

何年か前は、私も絶版になっているのに店に置いてあるじゃん!!!って思って、店頭で見かけたことも確かあった記憶がありますので。

うーーーーん・・・
私の思いつくとこでは、あちこちのオークションの出品をチェックするのが一番可能性が高いかも知れませんね。


いい情報がなくてすみません。。
2010-05-24 Mon 21:14 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
ぺっぷさん、こんばんは!

初めまして、Takaです。
コメント、ありがとうございます。

大学の軽音楽部ということは、ジャズかフュージョンをされているんですかね?

クラッシックや吹奏楽では、倍音練習、つまり、オーバートーンの練習というのはあまりやりませんので、ピンと来ない方が多いのではないでしょうか。

実は、この私も倍音練習についてはあまりやったことがなく、フラジオも出せるようになってから倍音練習をやったりしましたが、倍音練習に関してはあまり一生懸命練習した記憶がないのが正直なところです。

倍音練習、つまりオーバートーンの練習は、フラジオを出すのには有効な練習方法だとよく聞きますが、私の場合は喉というよりは口の中の広さを調節することで息のスピードをコントロールすることで倍音を出すような感じで吹いてますね。

私の場合は、口の中の広さを調節するときに、「オー」、「ウー」、「クー」、「キュー」と発音するような感じで、息の通り道を狭くしていってやることで倍音を出しています。
私は意識していませんが、おそらくこの時に喉の状態も変化していると思います。

このように、倍音練習に関する詳しいところは、私の知識からうまく説明できませんが、倍音練習について分かりやすく書かれてあるサイトがありますので紹介しておきますね。

GOTTSU という竹製マウスピースで有名な後藤楽器さんのサイトです。

http://www.bamboomouthpiece.com/over.html

このサイトでは、オーバートーンの練習方法の紹介と、後藤さん自身が倍音練習で吹いたものも公開しています。

クラッシックや吹奏楽と、ジャズやフュージョンでは奏法が少し異なりますので難しいですよね。

よかったら参考にされてみてはいかがでしょうか。

2010-05-24 Mon 20:51 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
はじめまして、つじと申します。
かなり前のものなのですが、Takaさんの、ソニーロリンズのオレオについての記事を拝見いたしました。
私は高校のサックスパートでアンサンブルするためにこの曲の楽譜をずっと探していたのですが、絶版だったのですね...
どうしても手に入れたいのですが、そういう場合はどこをあたればよいのでしょうか。教えていただけると嬉しいです。
2010-05-24 Mon 16:33 | URL | つじ #-[ 編集]
初めまして、ぺっぷと申します!
つい最近このブログを発見しまして、正直な話他のどのサックスについて書かれているサイトよりも実践的で勉強になります^^

自分は今年から大学の軽音楽部に所属しているのですが、一つ困っている事がありまして、自分は中高で吹奏楽をやっていたのですが、ノドの使い方を全く理解していないことに気づきました。
そのせいで倍音も最低音で4倍音程しか出せず、音にもかなり影響しているようなんですが、ノドの働きを実感として持っていないため、正直ノドが動くことでアンブシュアが微妙に変化しているだけじゃないのか?とも思っています。
 
そこで、倍音とノドの関係(よろしければオーバートーンの練習法も含めて)をお聞きしたいのですが、お願い出来ませんでしょうか?よろしくお願いします!!
 
2010-05-22 Sat 02:59 | URL | ぺっぷ #-[ 編集]
深雪さん、こんばんは!

はじめまして、ミストなサックスのTakaです。

コメント、ありがとうございます。

音が汚いということですが、どんな感じなのでしょうか?

ズルズルというツバの音がするとか、べーべーといった音がするとか、高い音が上ずるなどなど、いろんなことが考えられますね。

サックスで音色をよくしていくのには、いろいろとポイントがあります。

腹式呼吸がしっかりできることや、アンブシュア、息のスピードや向きなどなど、いろいろと気をつけなければならないことがあります。

私のブログの記事はいろいろと読んでみられましたか?

・腹式呼吸
・アンブシュア
・息の入れ方
・息のスピード

などがサックスでいい音を出すためのポイントになってきますので、もしまだ記事をじっくりと読んでいないということでしたら、一度じっくりと読んでみて下さい。

簡単な練習方法についても書いていますので、参考にしてみて下さい。

サックスだけに限らず、管楽器は腹式呼吸が大切です。

しっかりと息を吸って、しっかりと息を吹き込むことが基本になると思います。

息はしっかりと吸えていますか?

しっかりと息を吸えば、吐く息のスピードを速くしたり遅くしたり、強く吹いたり弱く吹いたりというコントロールもしやすいと思いますので、まずは息をしっかり吸うようにしてみてはいかがでしょうか。

あとは、ブログの記事でも触れていますが、マウスピースを上下に強く噛み過ぎないように注意することです。

楽器もセルマーのいい楽器を使われているようですし、焦らなくてもいいと思いますよ。

私も中学時代は、「たっぷり息を吸って、たっぷり吹け」とよく言われてましたので、常にそのことはいつも意識して吹いてきました。

細かいところは、私のブログの記事を参考にして練習してみて下さい。
分からないことがあれば、またここで質問して頂ければ、お答えしますよ。


夏のコンクール、これから練習も大変だと思いますが、頑張って下さいね!

2010-04-29 Thu 21:02 | URL | Taka #pepA2lNQ[ 編集]
うめさん、こんばんは!(^^)

返事が遅くなってしまってごめんなさいね。

セルマーのマウスピースを買ったようですね。

マウスピースは、人によって好みや合う合わないがありますので、
購入するときは楽器店で試奏してみてじっくりと選ぶのが一番です。

吹き方がオーボエということは、どういうことなんでしょうか?
その先輩がどういうところをそう言ったのか、実際のところは分かりませんが、
オーボエの吹き方ということは、口の両端を横に引いてしまってるような
感じになってしまっているのではないでしょうか?

ソプラノの音がオーボエのような音とか言う表現で言われたりすることはよくありますが、
吹き方がオーボエというのであれば、口の両端を横に引きすぎているとか、唇の赤い部分が
見えていないという感じなのかも知れませんね。

ブログにも書いてますが、口の両端はサックスの場合は内側にすぼめる感じにして、
横に引かないように注意しないといけませんので、もしもうめさんが口の両端を横に
引いている感じで吹いているのであれば、直した方がいいと思います。

私も実際にうめさんのアンブシュアや吹き方を見た訳ではないので、正確なところは
言えませんが、気になるようであれば、鏡を見ながらアンブシュアをチェックしてみては
いかがでしょうか。

マウスピースも新しくなったことですし、頑張って下さいね!!
2010-04-29 Thu 20:43 | URL | Taka #pepA2lNQ[ 編集]
はじめまして。
テナーサックスを吹いています深雪といいます。

現在中学2年です。中学で吹奏楽にはいってテナーになりました。もうすぐ1年がたちます。

そこで、質問があるのですが、
音がとても汚いんです。高い音や低い音がとくに・・・。どんな練習をすればよくなりますか?
それと、強弱をつけているつもりなんですけど、先生に棒吹き!!と言われてしまいました。もうすぐ後輩が入ってきます。こんな音を後輩の見本になるとは思えませんし、コンクールもあるのに足を引っ張ってしまいます。

楽器は父が元々テナーを吹いていたので、セルマーのいいやつを使っています。
響きのある音にするにはどうしたらいいですか?

こういう場で質問していいのかわからないんですが、悩んでいます。
2010-04-28 Wed 18:45 | URL | 深雪 #-[ 編集]
こんばんは!うめです^^

いただいたアドバイスを踏まえて
やはり、試奏したほうがいいなと思ったので
ちょっと遠出して 大きな楽器屋さんでマッピみてきました!

さすが 大きいところは違いますね^^;
オットーリンクのラバーは残念ながら なかったので
ヤマハのとセルマーのと吹き比べして
セルマーを買いました!

やっぱり前使っていたバンドレンのものより
はるかに吹きやすかったです^^

実はフルートをやっている先輩と一緒に行ったんですが
先輩に「吹き方、完全にオーボエだね」
と 言われてしまいました;

自分ではよくわからないんですけど…

それって ちゃんと吹けてないってことですかね…
ちょっと不安になってしまいました^^;
2010-04-06 Tue 03:17 | URL | うめ #-[ 編集]
返答ありがとうございました。

そうですね、音を小さくすることを考え過ぎていたかもしれません。そのため息も小さく、おとなしく、とやっていたみたいです。口をしっかり〆ていませんでした。
わかりました、まず綺麗な音を出すことができるように練習します。その後にスタッカート、pをマスターしたいです。

貴重なアドバイス、ありがとうございました!
2010-04-02 Fri 11:04 | URL | モツ #-[ 編集]
Re: 質問です
モツさん、こんばんは。

Takaです。

カノンをやってるのですね。
綺麗な曲ですよね。

>スタッカートで「ソドミ ソシレ」が来ます。曲としてはいったん鎮まるところです。
> その音がとても汚くなるんです、曲の頭にも似た部分があるんですが、そこはしっかりスタッカートできます。

鎮まるところということは、強弱記号は「p」か「pp」でしょうか?

サックスを始めてまだ1年ぐらいですと、pやppなどの弱奏部分を綺麗に吹くのは大変だと思います。

特に、スタッカートでpやppとなると、綺麗な音で吹くのはより難しくなりますね。

実際にモツさんが吹いている状況を見てみないと正確なところは分かりませんが、pやppの弱奏の音が汚くなってしまうのだとすれば、息のスピード不足でリードが振動しきらずに息の音がよく聞こえてしまうのと、スタッカートを意識するがあまりにさらに息のスピードが不足してしまっているのではないでしょうか?

もし、pやppの弱奏部分で綺麗な音が出ないということであれば、まずはpやppを意識せず、さらにスタッカートも外してみて、ちゃんと綺麗な音が出る普通の音量で吹いてみて下さい。

そして、少しずつ音量を下げていって練習してみてはいかがでしょうか。

小さな音で綺麗な音を出すには、口の中を狭くしてストローに息を吹き込むような感じで細くてスピードのある息を入れてやることが必要です。

まだ初心者のうちは、小さな音で吹いてと言われると、思わず息の圧力やスピードまで弱めてしまいますので、結果としてリードがちゃんと振動せずに、音も汚くなってしまいます。

小さな音で吹いてと言われたら、息の圧力やスピードはそのままで、口の中の息の通り道を細く狭くしてやることで「吹き込む息の量を減らす」という感じで吹いてやると音量も小さくなり、音もしっかりと出ると思います。

スタッカートですが、「タッ、タッ、タッ・・・」という発音のイメージで吹くと音が汚くなってしまう上に、アタックもキツくなってしまいますので、イメージで言うと、「ポン、ポン、ポン・・・」か「トン、トン、トン・・・」といった感じで、軽く「ン」の余韻が残るようなイメージで丁寧に吹くように気をつけるだけでもかなり違ってくると思います。

後は、写真がちょっと小さいので見えにくいですが、スタッカートで「ソドミ、ソシレ」となっている部分は、音が跳躍してますね。

音が跳躍しているということは、息のスピードコントロールも必要になってきますね。口の中の広さをわずかに変化させる感じで、極端に言えば「オ・ウ・イ(ユ)、オ・ウ・イ(ユ)」と発音するようなイメージで吹いてやると、息のスピードコントロールがしやすくなると思います。

このようなパターンの音の跳躍の練習は、教則本でアルペジオをしっかりと練習するといいですよ。
ブログの教則本の記事でも紹介していますが、ミュールの「分散音階とアルペジオ」などの教則本を使って練習するとより効果的だと思います。

言葉で言うのは簡単ですが、ちゃんとできるようになるためには、日々の地道な練習の積み重ねが大切ですので、すぐにできないからと言って諦めずに、根気よくコツコツ練習して頑張って下さいね!

2010-04-02 Fri 01:46 | URL | Taka #-[ 編集]
はじめまして、モツと申します。
昨年の6月から音楽部に入り、アルトサックスをはじめました。現在高校2年生です。

現在「カノン」をやっています、このカノンはアルトメインで曲が進んでいきます。途中でどうしても汚くなってしまうところがあるんです、サビが終わり、そのあとに「ミーレードーシーラーソーラーシー」のフォルテが来ます。問題がそのあとでして、スタッカートで「ソドミ ソシレ」が来ます。曲としてはいったん鎮まるところです。
その音がとても汚くなるんです、曲の頭にも似た部分があるんですが、そこはしっかりスタッカートできます。
先輩からはどうしても無理なら出さない方がいいといわれました。
けれどもやはりそこで抜けたくないです、かつ迷惑もかけたくないです。
何かアドバイス貰えないでしょうか?ずうずうしいですが、お願いします。
楽譜、パスは カノン です。少し見づらいです。

http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org780399.jpg.html

どうかよろしくお願いします。
2010-04-01 Thu 23:11 | URL | モツ #djNfkN.M[ 編集]
うめさん、こんばんは!

お久しぶりですね。Takaです。

リードは、いろいろと使ってみて自分の一番吹きやすい硬さのものを使われるのが一番ですよ^^
さて、マウスピースについてですが、サックスのマウスピースは本当にいろんなメーカーからいろんなモデルが出ていて、迷ってしまうところですね。

うめさんは、なぜオットーリンクのラバーにしようと思われましたか?

自分の好きなプレーヤーがリンクラバーを使っているからというのもあるかも知れませんし、ジャズでリンクのマウスピースを使っている人が多いというのも理由のひとつとしてアリだと思います。

マウスピース選びで考えないといけないのは、まずは何のジャンルの音楽をするのか、どんな音を出したいのか、自分に合っているか、などなど・・・

まだ技量的に初級者ですと、マウスピースをあれこれと変えて吹くのは、アンブシュアが崩れてしまったり、変なクセがついてしまったりしますので、マウスピース選びは慎重にされた方がいいと思います。

マウスピースはメーカーやモデルによって特性がいろいろとあるのと、吹く人によって音や吹きやすさも様々です。

吹奏楽やクラッシック、ポピュラーなどを中心にということであれば、セルマーやバンドレンのマウスピースが最も一般的です。

ジャズなどでダークなサウンドを目指したいということであれば、アルトであればメイヤーやリンクラバーもいいと思います。

また、フュージョンやバップなど、ハードでパワフルなサウンドであれば、レイキーやESMなどなど、本当に選択肢は広いです。

あと、ブログの記事にも書いてますが、ティップオープニングの開きによっても吹きやすさなどが変わってきますし、ティップの開きによって合うリードの硬さも変わってきます。

ティップの開きの大きなマウスピースは、2半や2の柔らかいリードを合わせないと吹くのがキツくなってしまいます。

また、マウスピースにも楽器と同じように個体差がありますので、例えば同じモデルのマウスピースでも、実際に吹いてみると全然吹きやすさが違ったり、音色が違ったりします。

オットーリンクなんかは、数あるマウスピースの中でも特に個体差の大きいマウスピースだと思いますので、もしも購入されるのであれば、同じモデルのものを複数本試奏してみて、一番自分に合うと思ったものを選ばれるのがベストです。

マウスピースを選ぶ時に使うリードについても、1枚のリードだけでなく、何枚かのリードで吹いてみて、総合的にどんな感じなのかも確かめた方がベターです。

一番危険なのは、例えば自分の好きなプレーヤーが吹いてるマウスピースだからとか、見た目がカッコいいからといって、試奏もせず、コレ!!!って買ってしまうことです。

セルマーで慣れてきたのであれば、まずはセルマーというのが一番無難だと思いますよ。
実際に楽器店で吹き比べてみて、どんな感じなのかを確かめてみられるといいと思います。

> オットーリンクのような細身のほうが吹きやすい気がするんです

・・・と思われているようですが、実際に吹いてみると見た目とはまた違った感覚に驚いた!っていうのも珍しくないと思いますよ^^

あとは、個人の好みとマウスピースそのものの個体差だと思います。

ジャズとか、ソロでプレイする機会が多いのであれば、個性的なマウスピースで個性的なサウンドを・・・というのもひとつですし、誰かと合わせたり、吹奏楽やアンサンブルなどで吹かれるのでしたら、セルマーとかの方が他の楽器とも合わせやすいと思いますよ!

ただ、アンブシュアがまだ固まっていなくて、どうも不安定だと思われるのであれば、高校時代の延長でセルマーにされた方がいいと思います。

マウスピースを変えるということは、それだけアンブシュアに大きな影響があることだと私は個人的に思っていますからね。


いろいろと書いてしまいましたが、「百聞は一奏に如かず」です。

楽器店でいろいろと試してみることをオススメします!(^-^)
2010-03-29 Mon 23:33 | URL | Taka #-[ 編集]
みなさん、こんばんは!

何かの手違いでYUKIさんの元の質問が消えてしまってたのと、私の返信と何故か順番が前後してしまってましたので、YUKIさんの元の質問を後から無理矢理再生させました(^^;)

>YUKIさん

ヤマハの大人の音楽レッスンですね。。(^^)
他にシマムラ楽器とかも個人レッスンをやってますので、いろいろと体験レッスンを受けて、相性のいい先生を選ばれるといいと思います。

また、ヤマハやシマムラの先生でも、インターネットなどにプロフィールがありますので、参考にされるといいと思います。

先生も様々ですが、音楽大学でクラッシックのサックスを専攻されていた先生とかですと、基礎から分かり易く教えてもらえると思います。(楽器店で教えている先生はほとんどが音大の専攻生だと思いますが・・・^^)
2010-03-29 Mon 22:58 | URL | Taka #-[ 編集]
はじめまして。YUKIと申します。質問させて下さい。昔からサックスの音色に憧れ、色んな曲を聞いていましたが、それで我慢できず4月頃からサックスを習おうかと思います。喉が慢性の咽頭炎でなのですが、特にいつも喉が痛いとかおかしいとかと、言うことでもなく普通の感じなのですが、こんな私でもサックスを習ったり吹くことは出来ますか?
2010-03-29 Mon 22:44 | URL | YUKI #-[ 編集]
お久しぶりです!

前回はアドバイスありがとうございました!

今はとりあえず バンドレンの3を使ってみてます
なんだか 厚さにこだわりすぎてました;

色々 試してみるものですね!


そして、今回新しいマウスピースを購入予定なのですが
オットーリンクのラバーを買おうと思うんです

実は 楽器に付属していたマッピが
バンドレンのB95 で
初めて吹いた時に かなり辛かったんです;
調べてみるとバンドレンの中で一番ティップオープニングが大きいとのことでした

バンドレンのB95は3.10mmだそうで
オットーリンクの何番がいいのかなと思いまして;

高校でバリを吹いていたときは
セルマーのを使っていて 吹きやすかったので
それくらいが いいかなって思ってるんですけど
セルマーのティップオープニングと同じ大きさのオットーリンクを買ったとしても
きっと違うんだろうな って思いまして

だったらセルマー買えばいいんですけど
オットーリンクのような細身のほうが吹きやすい気がするんです

長くなってしましましたが;
マッピについて助言くださると、うれしいです;
よろしくお願いします。
2010-03-29 Mon 15:59 | URL | うめ #-[ 編集]
YUKIさん

初めまして。Takaです。
書き込み、ありがとうございます。

喉が弱いようですね。実は私も鼻と喉は強い方じゃなくて、すぐに風邪を引いたり、仕事で長時間話したりすると喉が赤く腫れて炎症を起こしたりしますが、サックスは吹いてますし、サックスを始めることについては大きな問題はないと思いますよ。

ただ、吹く時に変に喉に力が入ってしまったり、自己流で変なクセがついてしまうと喉に負担がかかったりしますので、その点は注意して、連続して長時間吹き続けたりしないようにしたりするといいと思います。

サックスを始める際には、先生のレッスンとかに付かれるんですよね?
ジャンルはクラッシック、ジャズ、ポピュラーといろいろありますが、どのジャンルをされるんですかね?

習うのでしたら、先生選びも大切ですね。

いい先生に巡り合われるといいですね。。(^^)

なかなかブログの方も更新できてませんが、今後ともミストなサックスをよろしくお願いします!
2010-03-28 Sun 21:25 | URL | Taka #-[ 編集]
Takaさん、こんにちは!早々のお返事有難うございました。私は身近に習えるような方を知らないので、ヤマハの大人の音楽レッスンと言うものがあるので、まずそちらで習おうかと考えています。長時間やらなければ、大丈夫そうという事ですので、安心しました。有難うございます。まだ全く何も分からないので、喉の事も労わりながら、レッスンしていけたらと思います。とても参考になりました♪ 時々覗きに来ます。よろしくお願いします。
2010-03-28 Sun 17:27 | URL | YUKI #P32cpZnM[ 編集]
アイさん、こんばんは。
初めまして。Takaです。

返信が遅くなってしまってすみませんm(_ _)m

アイさんはバリトンから始めてテナー、アルトと変わっていったようですね。
バリトンから始めた場合ですと、楽器が小さくなるにつれてタイトなアンブシュアと息のスピードが必要になりますのでアルトですと慣れるまでキツいと思います。

高音で首が絞まっているようになってしまうのは、喉に力が入りすぎていませんか?
高音域を吹くときは息のスピードが必要になりますので、無理に高音域を出そうとすると喉に力が入ってしまいますので、口の中の広さを狭くすることで息のスピードを速くしてやり、喉はリラックスさせてやることが大切です。

ブログの息のスピードの記事に詳しく書いていますので、参考にしてみて下さい。

SERIEⅡですと、私と同じモデルの楽器ですね!
私のSERIEⅡはもう20年以上前のモデルで、見た目はメッキもハゲてきててボロボロですが、マメに調整に出しているので調子もいいですし、音抜けもよくて気に入ってます。

いい音色を作っていくのには結構時間がかかると思いますので、プロの先生のいい音をCDなどで聴いたりしながら、頭でいい音をイメージしながらコツコツと練習していってみて下さい。

音色に関する記事もありますので、参考にして頂ければと思います。

今後とも「ミストなサックス」をよろしくお願いします。
2010-03-06 Sat 02:15 | URL | Taka #-[ 編集]
初めまして!!
SAX暦約2のアイと言う者です。
 
私は、バリトン半年、テナー1年やって最近やっと
アルトを吹くようになりました(><)
 去年の11月ごろにアルト(セルマー・シリーズⅡ)
を買ったのですが、思うように音が出ず、合奏中、先生に「高音が首がしまってるようだ」と注意されました。
 
なので先輩に聞いてどうしたらなおるのか聴いてみたところ、「低音をロングトーンするといいよ。」
と言われたのでその日から毎日やるようにしているのですが、なかなか音色が綺麗になりません><
 
 楽器はまったく悪くないと思います。きっと私の力不足です!!アンブッシャーが悪いとしたら、どうしたらいいですか?よければおしえてください!(一応Takaさんのブログのアンブッシャーのところは、すべて読みました!)
 長々と失礼しましました。これからもよろしくお願いします!!(*><*)
2010-01-12 Tue 19:38 | URL | アイ #UoHbZ05Q[ 編集]
うめさん、こんばんは!

返事が遅くなってすみません。

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

楽器の購入、おめでとうございます!

新しい楽器の調子はいかがですか?

リードについての質問ですね。

リード選びの基本は、自分が一番音の出しやすい硬さのものを選ぶことです。

あとは、どんなジャンルの音楽をするか?そして、どんなマウスピースに合わせるかがポイントになると思います。

ブログの記事でも触れていますが、リードのカットには2種類ありますので、どちらのカットのタイプを選ぶのかでも違ってきますし、マウスピースのティップオープニングの開きの大きさによっても音の出しやすさは変わってくると思います。

通常、吹奏楽などでクラッシックを演奏される時には、バンドレンの青箱(ドラディッショナル)が一番ポピュラーです。

ジャズなどをされる場合ですと、ジャズ用のティップオープニングの開きの大きなマウスピースにシングルカット(アンファイルドカット)の柔らかいリードを合わせたりします。

リードの硬さについては、マウスピースとの相性がありますので、一概にどの硬さがいいかというのは実際にご自分のマウスピースに合わせてみて、自分が吹きやすいかどうかで判断されるのが一番です。

また、リードのメーカーについては、いろんなメーカーから出ていると思いますが、普通に吹奏楽などでクラッシックやポップスを演奏されるのであれば、バンドレンの青箱が一番オーソドックスですし、リードの品質もいいと思います。

ジャズとかですと、マーカー(MARCA)のリードを愛用されていらっしゃる方も多いですが、マウスピースとの相性や個人の好みでも違ってきますので、こればっかりは試してみるしかないです。

4番の硬さのリードについてですが、息の圧力が強くて息の量も多くて、抵抗感が強い方が好きな方であればいいかも知れません。

バリトンの場合は、低音域はリードの振動幅が特に大きくなりますので、硬いリードですと低音域が出しづらくなってしまう傾向が出るかもしれませんね。

以上、参考になれば幸いです。


Taka
2010-01-07 Thu 21:58 | URL | Taka #-[ 編集]
二回目になります、うめです。

前回は色々とアドバイスをありがとうございました!
とても参考になりました。

実はこのたび、バリトンサックスを購入しましたヽ(・∀・)ゝ
やはり、アンティグアのバリトンサックスなんですが;
まだモノは届いていません。
今回は手ごろな価格で、購入を即決してしまいましたが、
次に買うときは、もっとじっくり考えて買いたいですね;

それで、質問なのですが・・・
リードのことです。

以前はバンドレンの3半を使用していましたが、
今回楽器を購入したのを機会に
別のリードに手を出したいと思っています。

まずは、バンドレンの4を使ってみたいのですが
リードについて、メーカーや種類等のアドバイスをいただきたいです。
2009-12-26 Sat 20:14 | URL | うめ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-11-22 Sun 22:18 | | #[ 編集]
うめさん、こんばんは!

ご訪問、ありがとうございます。

バリサクの購入ですか。
バリトンはアルトなどに比べるとかなり楽器の値段が張るので、個人持ちの人も少ないですし、いざ購入するとなると楽器店にも在庫が少ないので苦労しますよね。

ご質問の件、私の分かる範囲ですが参考になればと思って以下に少し書きたいと思います。

> アンディグアのバリトンサックスというのはどんなもんなのでしょうか??
> あと、近くに楽器屋がないものでネットで買わざるを得ない状況なのですが
> やはり試奏できるところで買ったほうがいいですかね??

アンティグアのバリトンは、残念ながら私も吹いたことはないのですが、アルトとかですと安価の割にはいい楽器だという評判が高く、プロの先生の選定品なども出てますね。

アンティグアというメーカーに関しては、そんなに悪いものではないとは思いますが、国産のヤマハ、ヤナギサワ、外国産のセルマーなどに比べるとやはり楽器のグレードや完成度としては落ちてしまうところがあるのはどうしても仕方ないかと思います。(アンティグアのサックスは、コストパフォーマンスに優れているということです。)

恐らく、バリトンを購入するとなると予算的に厳しくなるので、安価なサックスで評価の高いアンティグアという選択になったのだと思いますが、私もブログの記事にも書きましたが、どこのメーカーのサックスを購入されるにしても、自分で試奏せずにネットで購入するということであれば、プロの先生の選定品を購入されることをオススメしますし、もちろん試奏できるのであれば可能な限り試奏して購入された方が絶対にいいです。

また、新品ではなくて、有名メーカーの中古品を狙うというのもひとつの選択肢だと思います。

ただ、中古品を探す場合は、楽器の程度によってとんでもない楽器もありますので、中古品の場合はプロの先生か、もしくは上級者に中古品の楽器を試奏してもらって、選んでもらうのが必須だと思います。

楽器は、1本1本が少しずつ違ってて、同じメーカーの同じモデルでも個体差があって、その楽器その楽器によって出来の良し悪しもありますので、自分で吹いて決められない場合は、プロの先生か上級者に選んでもらうというのがハズレの楽器をつかまないための必須条件ですね。

高い買物だと思いますので、あわてないで実際にいろいろと試奏してみて、自分の納得のいった上で購入された方がいいと思いますよ。

以上、参考になれば幸いです。

Taka
2009-11-22 Sun 00:33 | URL | Taka #-[ 編集]
はじめまして(・ω・)

自分はバリトンサックスを買おうと思い
ただいまバイトに明け暮れているのですが・・・

アンディグアのバリトンサックスというのは
どんなもんなのでしょうか??
あと、近くに楽器屋がないもので
ネットで買わざるを得ない状況なのですが
やはり試奏できるところで買ったほうがいいですかね??

ちなみに周りにサックス吹きはいますが
上級者ではありません
自分は、もともとオーボエ吹きなので
サックスのことに関しは
まるでわからないのです|ω・`)
あ、バリサキ経験はあります!

どなたか助言等お願いします。
2009-11-21 Sat 17:07 | URL | うめ #-[ 編集]
ほのかさん、こんばんは!

ご無沙汰しております。
お返事が遅くなってごめんなさいね。。m(_ _)m

定期演奏会、お疲れ様でした!
ステージでは気持ちよく演奏できましたか?

12月に本番があるということは、何かのイベントで演奏するんですかね?(^-^)
12月ということは、クリスマスコンサートか何かですかね。

私も今までのサックスの人生の中で、かなりの曲数をこなしてきましたが、昔に何度か演奏した曲をまた演奏することになって、まぁできるだろう・・・と思っていても、運指はすっかり忘れてしまっていたりして、また1から練習しないといけないということも多々ありますよ(笑)

黒い楽譜、最初に配られて見たときは倒れそうになりますよね~(笑)
私も、今は仕事が忙しくて大変なのですが、週に1度のカルテットの練習には参加して、仲間たちと冬のアンサンブルコンテストの候補曲を練習しています。

ほのかさんと同じく、楽譜は真っ黒で、テンポもかなり速く、アーティキュレーションも結構難しいので、少し遅めのテンポから地道に練習してますよ!
こればっかりは、メトロノームを使って指が覚えるまでコツコツと練習していくしかないですからね。

お互いに頑張って練習していきましょう!!
2009-09-02 Wed 20:25 | URL | Taka #-[ 編集]
こんばんは!
ご無沙汰しております!
定演も無事・・・(なのか?)に終了し、
12月の本番の曲にとりかかりました。
まぁ、12月の曲は問題ないのですが、
問題は、来年の定演候補曲・・・
1曲は、やったことある曲なので、
指が思い出してくれれば、なんとかなります。
が、もう1曲が大変です。
配られた楽譜を見てビックリ。
黒いんですもん・・・
指がまわらな~い!!
2009-08-22 Sat 23:09 | URL | ほのか #-[ 編集]
ほのかさん、こんにちは!

書き込みありがとうございます!

楽器が新しいと練習が楽しくなりますよね。

今回のセルマーのファイアバードの彫刻はヒットでしたよね。

私も、昔は彫刻の柄まで意識したことはなく、彫刻が入っている楽器も有名どころのセルマーぐらいしか知りませんでしたので、彫刻が入っていれば、高級なサックスっていうイメージがありましたね(笑)

私は、中学高校は、クランポンのSDAを吹いていて、クランポンも彫刻が入っていたのですが、年期モノでしたので、これも高級なサックスなのか??って当時はクランポンのサックスの価値もそれほどピンと来なかったんですけどね。

最近では、いろんなメーカーのサックスが出てきてますし、彫刻も美しいサックスが出てくるようになったので、私も楽しませてもらっています。

私が好きな彫刻は、以前の記事でも紹介した、キャノンボールのレディー・ゴディバの彫刻です。
女性と馬の彫刻は本当に素晴らしく、芸術品とも言える美しさですね。

> 以前持っていたヤナギサワも、結構好きな音なので、売りに出せずに、結局ボロボロですが、まだ家においてあります。

長く使っていた楽器も愛着がありますよね。

私のアルトは20年以上愛用しているSERIEⅡなのですが、はメッキもハゲてきて、小キズもたくさんあって見た目は全然イケてませんが、音抜けは抜群ですし、音色も音程もすごくいいので今も現役で愛用してますし、もちろん手放すつもりもないですよ!

ほのかさんは一般の楽団に入ってるのですね。
来月が定期演奏会ですと、練習にも熱が入りますね。

私もかなり昔に一般の楽団に所属していた時期もありましたが、人間関係のドロドロや、高慢で身勝手な指揮者などに嫌気がさして、コンクールで好成績を収めた直後に第一線を退き、後はひたすらエキストラとしてあちこちの楽団に呼んで頂いて美味しい思いばかりしてました(笑)

そして、エキストラで呼んで頂いて演奏する傍ら、サクソフォーンアンサンブルの魅力に取り付かれて、気の合うメンバーを誘ってはカルテットやクインテットを組んで活動するのがいつの間にか私のサックス活動の中心になってました。

> このパート決めって、どういうポイントでやればいいのでしょうね。

パート決めって結構難しいですよね~~~
私も楽団に所属していた時は、パート決めでいろいろと頭を痛めた経験がありますよ(笑)

私はパートリーダーとかセクションリーダーとかもやらされてたので、コンクールのパート分けなんかは結構大変でした。

サックスは、1st と 2nd で和音の一部などを構成したりしますので、人数が多い場合とかは、各個人の音の大きさで音量バランスを考えて人数を振り分けたり、中低音が得意な人は2nd、高音域が得意な人は1stという分け方もひとつですし、指が動く人、叙情的なメロディーを歌うのが得意な人とかを曲によってうまく振り分けたりもしてました。

定期演奏会とかですと、本人がどっちをやりたいかで選ぶのもひとつですね。
定期演奏会では、コンクールでやるようなクラッシックの曲、2部はポップスやジャズといったように曲もたくさんあって、ソロを吹く部分もいろいろと出てきますよね。

メンバーの中には、ソロを吹きたい!って思ってる人もいるでしょうし、いや自分は目立ちたくないから2nd がいいっていう人もいるので、難しいところですよね。

私がよくやっていたのは、曲によって交互に1st と 2nd を分けるなどして、席を頻繁に変わるのがうっとおしいから、1部はAさんが1st、2部はBさんが1st っていう分け方をしたこともありましたし、席は変わらずにそのまま1st と 2nd を交替して吹いたりもしてましたね。

あと、ソロの部分は、指揮者からの指名がない限りは、ソロのある曲をメンバーで話し合って、平等に分けてましたよ。

この部分は、メンバーのモチベーションにも影響してくる部分ですので、お互いに腹を割ってどれが吹きたいかっていうのを正直に話し合うべきですね。

メンバーの中には、実は自分がソロを吹きたいけど、それを言うといやらしいからあえて他の人に「ソロ、吹いてくれない?」って言う人もいますからね(笑)
そういう人は、他の人に頼んで他の人がソロを吹くようになると、自分から他の人に頼んだのに、後ですごく不満そうな顔をしてたりしますので、難しいものです(苦笑)

相手が腹を割ってくれなくて、なかなか話が進まないようなら、「じゃあ、私はこの曲とこの曲の1st またはソロを吹きますので、残りの曲の 1st と ソロをお願いできますか?」といった具合に、自分から先に自分の負担を先に申し出て、相手の本音の意見を引き出すのもひとつですね。

このように、メンバーの本音を引き出して話し合って公平に分担するのがあとで文句が出なくていいと思いますよ!(^^)

痛み分けっていうことで・・・(笑)

定期演奏会の練習、頑張って下さいね!!

2009-06-07 Sun 11:16 | URL | Taka #-[ 編集]
Takaさん、こんばんは。
2度目の登場、ほのかです。
コメント、ありがとうございました。

ファイアーバード、いつみてもうっとりです。
楽器を組立てる際、いつも酔いしれております。
見入ってます。

フラミンゴ、店頭で見ましたが、やっぱりファイアーバードですね!
大満足です。

おっしゃるように、深めの音色でいい音ですが、
私が吹いているので、
こんな音?って感じです・・・

以前持っていたヤナギサワも、結構好きな音なので、売りに出せずに、結局ボロボロですが、まだ家においてあります。

今年になって入った楽団も、来月定期演奏会があり、今、練習にもえております。
が、今、1番をやってる人が、定演が終わったら、バリトンにうつるので、今、2番をやってる私と、もう一人がそれぞれ1,2番をやることになります。
このパート決めって、どういうポイントでやればいいのでしょうね。
今から考えこんでます。
ちなみに、もう一人は、1,2番、両方やりたい。
私は、できれば2番が好き・・・
今、1番の人には、次からソロもやってねと言われてますが・・・
(今回は、1曲だけ、もう一人の2番の人がやりますが・・・私に話しがあったときは、ソロむきじゃないし・・・と、断ってしまいました・・・)
まぁ、曲を見ながら決めていこうとは思ってますが、こういうのって難しいですね。
2009-06-04 Thu 22:33 | URL | ほのか #-[ 編集]
ほのかさん、はじめまして!

コメント、ありがとうございます。

そして、新しい楽器の購入、おめでとうございます!

セルマーの新作の彫刻はファイアーバードですよね。
以前のモデルの彫刻はカワセミ、フラミンゴだったのですが、やはりファイアーバードの方が断然カッコイイですよね(笑)

SERIEⅡであれば、結構深めの音色でいい音するんじゃないでしょうかね。
私もアルトはSERIEⅡを使ってますが、もう買ってから20年以上使ってるやつなので、彫刻もノーマルで、メッキもハゲハゲなんですけど、いい音するので気に入ってます。

SERIEⅢも試奏したのですが、音もよく鳴るし、キーアクションもバッチリで、管体も軽量化されてていいのかも知れませんが、私はやはりSERIEⅡの方が好きですね。

今年になってサックスを再開されたとのこと。
楽器も新しい楽器になったことですし、頑張って下さいね!

またいつでも遊びに来て下さいね。
2009-05-20 Wed 02:29 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
はじめまして!
今年に入って、久しぶりにサックスを
再開しました。
楽器も新しく買い替え、がんばっていきたいと
思ってます!
新しい楽器、セルマーのファイヤーバード買っちゃいました。
といっても、シリーズ2の・・・ですが・・・
世界限定250本のほうは、
高くて手がでません・・・
まだちゃんと吹いたことがないので、
どんな感じの音になるのか、
楽しみです♪
2009-05-19 Tue 23:36 | URL | ほのか #-[ 編集]
みなさん、こんばんは!

時の流れは早いもので、もう4月になってしまいましたね。
みなさんは、寒の戻りで体調とか崩されてませんか?

大阪の桜はまだ満開ではありませんが、あと1週間もすれば桜も満開になるのではないでしょうか。

私の方は先週の水曜日から喉が痛くなり、扁桃腺を腫らしてしまって、病院で点滴を受けるというアクシデントに見舞われましたが、やっと少し復活しました!(^^)


>Yuriさん

Yuriさんのおっしゃるように、私も喉をやられてしまいました・・・(^。^;)
私も鼻と喉はもともと弱いのですが、花粉症とまではいかなかったのですが、歳を重ねるごとに花粉の時期になると喉が痛くなったりと年々身体の抵抗力が弱ってきてるように感じます。

> 須川先生の選定品はいかがでしたか?

実は、先日ですがとうとう新しいソプラノを購入してしまいました!\(^o^)/
色々と悩んだのですが、お世話になっている楽器店の方が私に気を利かせてくれて、ソプラノの最新モデルのまだ日本に2本しかない須川先生の選定品のうちの1本を取り寄せて頂いたので、思い切って買いましたよ!

まだブログの記事が全然追いついてないのですが、そのうち詳しくご紹介しますのでお楽しみに!(^_-)

>プロの先生の選定品ってやっぱりぜんぜん違うものなんでしょうか~!?

私も今年に入って、須川先生の選定品の他にも、トルヴェールカルテットの田中先生の選定品とかも数本試奏したのですが、同じメーカーの同じモデルの楽器でも選定する先生によって全然違いますよ。

選定品でも、選ぶ先生の好みによって吹奏感とかが違ってて、先生によって選ぶ楽器の傾向があって面白いですよ。

Yuriさんも日々練習の中で、また違った角度で見えてくるものがあったようですね!
私もサックスを吹き始めた中学生の頃は、ただ夢中で楽器を吹くのが精一杯だったのですが、練習を重ねていくうちにある日突然に視野が広がったり、自分の出したい音を出すコツのようなものが少しずつ分かってきたりと、楽しい時期がありましたよ。(^^)

そうなってくると、上達のスピードもグンと上がってくると思いますので、頑張って下さいね!(^_-)

私はサックスを始めたのが中学1年生の頃でしたし、私のいた中学校は吹奏楽部も全然強くない中学でしたので、3年間での進歩はそれほど大した進歩はありませんでしたが、Yuriさんのように大人になってから始めて、ちゃんとした先生のレッスンに付いて意識を高く持って練習を重ねていけば、5年もあればかなり吹けるようになると思いますよ!(^^)

私もここんとこバタバタしてて、ゆっくりとサックスと向き合う時間が取れてませんが、週1回のカルテットの練習は頑張って参加してますよ。

記事も音源もカメのように遅いかも知れませんが、頑張ってアップしていきたいと思ってます!
2009-04-01 Wed 22:45 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
Takaさんみなさんこんばんは!

3月もあっという間に後半ですね~。
三寒四温でどんどん春に近づくとはいえ、ここのところの寒さはちょっとこたえます!
私の花粉症はまだ軽いほうなのですが、年とともに年々症状が強くなってきたのでサックスを吹くときにはちょっと辛いものがあります(><)

Takaさんも、今の時期は花粉だけでなく埃や黄砂もありますので、喉をお大事に!


須川先生の選定品はいかがでしたか?
プロの先生の選定品ってやっぱりぜんぜん違うものなんでしょうか~!?
記事になるのを楽しみにしています(^_^)


手ぬぐいスワブ…説明が上手くなくてスミマセン!

先週の連休に写メを試みたのですが、わかりやすいショットがなかなか撮れなくて(^^ゞ
でも機会を見て送らせていただきます♪


私は今週のレッスンで、なんだか楽譜から別の角度のものが見えてきました…。
漠然とした表現で申し訳ないのですが、上下左右しか見えてなかったけれど手前と奥にも空間があったんだ!みたいな感覚で、楽譜に別の次元が現れた気がしました。

そんな感じで、最近は練習すればするほど自分のヒヨッコ具合がわかって、ダメダメだけれど…面白いです。
いうなれば「もぐら叩き的」な感覚で…まぁ、全部いっぺんには無理だから、ひとつずつ叩いていけばなんとか進むでしょう!(多分!)と思っています(笑)
そして5年くらい経ったころ何か見えてくるのではないかと…。


Takaさんもお忙しそうですが、ゆっくりとサックスを吹ける時間が出来るといいですね♪


記事も音源ものんびり待ってまぁす!
頑張ってください~(^^)g
2009-03-29 Sun 22:21 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
田舎だと楽譜が揃わないので、楽譜屋さんは有り難いです。

以前は大阪では日本橋しか行かなかったのですが、行かなければいけないところが増えてしまいましたf(^ー^;

また、連絡させていただきます。
2009-03-15 Sun 22:26 | URL | Sulcata #7bBJltH2[ 編集]
>Sulcata さん

Sulcata さん、こんにちは!

なんと、5月に大阪にいらっしゃるとのことで。
ホテルグランヴィアということは、大阪駅直結のホテルですね。

それだと、JEUGIA梅田ハービスENT店さんは徒歩で5分圏内ですので、ぜひ足を運んでみて下さい。

私がいつもお世話になっている楽器店さんなので、私の名前を出して頂ければいろいろとよくして頂けると思います(笑)

ここのお店は、見た目がちょっとVIPで近寄り難い雰囲気がしますが、店員の方はみなさんフレンドリーで手ぶらで行っても楽器の試奏をさせて頂けるので、ぜひお立ち寄り下さい。

大阪駅近辺ですと、大阪駅前ビルの第二ビルの2階にササヤという楽譜専門店があり、輸入楽譜がたくさん揃っています。また、大阪駅前第二ビルの何階だったか忘れましたが、BOSEのショップも入っていたと思います。後は、大阪マルビルの地下にタワーレコードが入っています。

三木楽器は地下鉄御堂筋線で心斎橋下車で、楽器の本数はかなりありますので、楽しめると思います。また、マウスピースも品揃えがかなりいいので、行ってみる価値アリです!

三木楽器まで足を伸ばすのであれば、三木楽器の右側にLOFTがありますので、その上に石橋楽器が入ってますので、覗いてみるといいかも知れません。

また、心斎橋筋商店街を難波方面に歩いていくと、右側にYAMAHA心斎橋店もありますよ。YAMAHA心斎橋店は、楽器の数はありませんが、楽譜やCDが結構揃っていますので、何か楽譜を探しているのであれば立ち寄ってみるのもいいかと思います。

また出張が近くなれば、メールでも頂ければ、オススメのお店などをご紹介しますので、ご連絡頂ければと思います。

2009-03-15 Sun 19:00 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
みなさん、こんにちは!

私の方は2月は忙しくて、全くブログが更新できていませんでした・・・m(_ _)m

>Yuri さん

書き込み、いつもありがとうございます!(^-^)

気が付けば、カウンターも7000を超えてましたね!

他のみなさんからも個別にメッセージを頂いたりして、感謝しております。

Yuri さんは花粉症なんですね。花粉症は今が一番辛い時期…(>_<)

私も花粉症とまではいかないんですが、喉が弱いので痛くなったりして、風邪みたいになっちゃったりしますよ。

>TakaさんはそろそろNEWソプラノの構想は決まった頃なのでしょうか?!(^o^)丿

私の方も色々と悩んだのですが、New ソプラノは購入する方向で動いています。新しいソプラノは、いつもお世話になっている楽器店に、須川先生の選定品を取り寄せてもらっていますので、来週辺りに試奏に行くことにしています。

ヤマハの新しいカスタムモデルで、High G の付いたヤツで、須川先生の選定品ということで楽しみにしてますよ。\(^o^)/

Yuri さんは薄い二重ガーゼの手ぬぐいを愛用してるんですね(笑)
ドラゴンスワブ、かなりお値段しますもんね~(^。^;)

どんなものかイメージが今ひとつ湧かないので、もし写メールが取れるのなら、送って見せて下さい(笑)

音源、発見されましたか!(笑)
お恥ずかしいですが、ありがとうございます!
私も、もう少し時間があればもっと他の曲も録音してアップしていきたいんですけど、ここ最近は忙しくてそこまで時間が取れなくて、まだ曲が増えてませんが、これからまた時間が取れたら録音してアップして行く予定にしてますので、お楽しみに~♪

これからも頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします!(^_-)
2009-03-15 Sun 18:48 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
5/15-17 大阪出張が決まりました。
ホテルはグランヴィアなのでTAKAさん御用達の梅田Jには行けそうです。
三木楽器とかも有名ですが、他にお勧めはありますか?
小物以外は買い物の予定はないんですが…
2009-03-12 Thu 10:36 | URL | Sulcata #7bBJltH2[ 編集]
Takaさん、みなさんこんばんは~!
すっかりご無沙汰しております~ <(_ _)>
カウンター7000超えおめでとうございます!

また季節はうつり、花粉がたくさん飛んでいますね~。
私は鼻をカミカミ、カメのような進捗で練習に励んでおります。
TakaさんはそろそろNEWソプラノの構想は決まった頃なのでしょうか?!(^o^)丿


おぉ・・・Takaさんのパットセイバー、お安かったんですね!
でもそんな罠が!(笑)

ドラゴンスワブもご覧になりましたかぁ。高いしイカツイですよね~。

私はあれから色々考えて、家にあった薄い二重ガーゼの手ぬぐいを愛用しています!
タオルと違って毛羽立たず、吸収もよくて、長さも割と長いので紐なしでも上から下まで通せてとても便利なんですよ~。貧乏スワブです(笑)
機会があったらお試しくださいませ!


そして・・・音源!
おっしゃる通り、見つけることが出来て(*^_^*)聴かせていただきました!!
かっこいいですねぇ~・・・。
登録とか不得手であちらにVeryGoodとかつけられていないのですが・・・全部につけたいです(笑)


そして、プロとアマチュアの違いについてすごく興味深いお答えをありがとうございます。

他にもの沢山の答えがあるかもしれないけれど、プロを目指されていたTakaさんの回答、私にはすごーく納得できました。
「プロならできて当たり前」
一言が重いですね。
そしてかっこいいですね!

将来、そういう(できて当たり前、というのとはもちろん違うんですけど)「凛とした精神」をもって、プレイしていきたいなぁと思いました。


Takaさんもお忙しそうですので、どうぞ体調にお気を付けて頑張ってくださいね~(^^)/~

でもあちらにひそかに曲が増えるのがちょっと楽しみです♪
アルト改造の記事も楽しみにしていますね!
2009-03-11 Wed 23:01 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
こんにちは!

最近、暖かい日が続いていると思ってましたが、また急に寒くなりましたね。

>ソラオさん

どうも、初めまして。
いつも私のブログをお読み頂き、本当にありがとうございます。

最近、更新の方が滞っており、いつも見て頂いている方にはご迷惑をおかけしております。

私が試験的にアップしている演奏を見つけられたようですね。

お恥ずかしながら、まだここではご紹介できないと思い、こっそりとアップしていたのですが、ご評価頂き、本当にありがとうございます。

ヤマハのMy Soundにアップしている 「太陽にほえろ!メイン・テーマ」ですが、あれはアルトサックスで演奏したものです。

まだまだ満足いく演奏ができていませんが、頑張っていきたいと思いますので、今後とも応援、よろしくお願いします。m(_ _)m
2009-02-17 Tue 18:11 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
TAKAさん、みなさん初めまして

いつもこちらを読ませて頂いております。

先程こちらへ書き込んだつもりが間違えてしまいました。

最近サックスを始めたばかりでこちらのHpはとても参考になることばかりです。

アンブシュアやマウスピースやリードのこと等とても勉強になります。

また、TAKAさんの演奏だと思うのですがあるHPにUPされていた曲で「太陽に吠えろ」のソプラノサックス(間違えていたらごめんなさい)とてもすばらしいです。

これからも色々と勉強させて頂きたいと思いますので宜しくお願いします。
2009-02-16 Mon 22:24 | URL | ソラオ #D5QD0jqw[ 編集]
みなさん、お久しぶりです。

あっという間に、2月になってしまいましたね。

私の方も、年が明けてからバタバタで、ブログの方の更新も滞っており、すみません。


>Yuri さん

お久しぶりになってしまいましたね。
お返事が遅れてしまってすみません…m(_ _)m

私の方も、1月、2月とバタバタしており、ブログの更新及び、Yuriさんへの返事が遅れてしまって…(>_<)

前回ご紹介したサイトのものは結構なお値段なんですが、私の使っているパッドセイバーはネットの通販で激安だった、¥980- の安物を使っています(笑)

安物なので、管体から抜き差しするたびにパッドセイーバの小さな毛が抜けて飛び散って、かなりイケてないです…(^。^;)
もしも、パッドセイバーを使うのであれば、そこそこの値段を出してちゃんとしたものを使った方がいいと思います。

あ、そうそう、Yuri さんの言っていた、Cannonball のドラゴンスワブ、楽器店で発見しましたよ!
すごくイカついスワブですね(笑)
お値段もいいお値段ですし、管体を拭き取るにはすごくよさそうな感じですよね。

私のアルトの方は、最近また改造を加えまして、管体のU字管を留めている丸い支柱リングのネジを、例のネックスクリューで紹介した、buzz 製の洋銀製のものにしてみたのですが、これまた音がものすごく変わってビックリ!!
この支柱リングネジも、ブログの記事で紹介するつもりにしているのですが、まだ更新できてなくて…(>_<)

近いうちに記事でも紹介しますので、楽しみに待ってて下さいね!

ソプラノの購入計画の方は、まだ構想段階ですが、4月までにはどうするかを決定する予定にしてます。

もし購入することになれば、須川先生の選定品を取り寄せてもらうことにしています。

それと、私の音源ですが、まだここのブログで紹介できるレベルではないので、まだここでは未公開ですが、試験的にとあるところにこっそりとアップしていますので、探してみて下さい(笑)
Yuri さんならきっと見つけられると思います(^^)

「正しい音程」の記事、読んで頂いてありがとうございます。もっとヒントになる記事を書いていきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いしますね!

プロとアマチュアの違い…
私もこの点について今までに何度かいろいろと考えをめぐらせてみたのですが、奥が深いテーマですよね。

もちろん、プロとして演奏してお客様からお金を頂くという点が一番大きな違いだとは思うのですが、その他にもいろいろと答えがあるように思います。

私が「プロとアマチュアの違い」として認識しているのは、まずは「プロならできて当たり前」ということだと思っています。

専門教育を受け、有料のコンサート、リサイタルを開き、CDをリリースしたり、サックスを学ぶ人にサックスを教えたりと、プロとしての活動はいろいろとあると思いますが、何をやるにしても、プロならば「できて当たり前」という言葉を常に背負っていかなければならないという点がアマチュアとは大きく異なる点だと思います。

例えば、どんなに難しくて大変な曲でも、プロなら演奏できて当たり前。しかも、演奏するだけでなく、その曲をプロの演奏家として、聴衆に対していい演奏をしなければならないということが当たり前のこととして求められることになります。

また、演奏する際には、人間なので調子が悪くて失敗したり間違えたりすることもあるでしょう。
しかし、そういったミスや間違えが、そのプロの演奏家の評判を下げることになったり、他に新しくて有能なプレーヤーが現れることで、自分の存在価値すらも危ぶまれる、まさに戦国時代のような世界だと思います。

また、もうひとつ違った観点ですと、我々アマチュアプレーヤーは、自分がサックスを吹くことで、自分が音楽を楽しむということが大きなテーマとしてありますが、プロの演奏家の場合は、自分も楽しむことができればベストなんでしょうが、まず第一に考えないといけないことが、「聴衆を楽しませる」ということです。

我々アマチュアプレーヤーは、自分の満足する演奏を追及していきますが、プロのプレーヤーはいくら自分が満足する演奏ができたとしても、聴いてもらう聴衆を楽しませ、感動を与えることができなければプロとしてはやっていけないことになります。

他にも、答えはたくさんあると思いますが、これが私の考える「プロとアマチュアの違い」だと思っています。

私も高校時代に、音大へ進んでプロの道に進むことを志したこともありましたが、今こうしてアマチュアとしてサックスを吹く中で、プロの先生と接する機会とかがあると、やっぱり私にはプロはとてもじゃないけど無理だったなぁ…と痛感させられることが多々あります(笑)

プロの奏者の先生方って、本当にスゴイ!!!っていつも尊敬の眼差しで見ていますね。


私の方は、少し風邪をひいたりもありましたが、幸い今のところ何とかインフルエンザにはかからずに済んでますので、このまま春まで行ければいいな…って思っています。(^-^)


私の方も少しバタバタしていますが、頑張ってブログも更新していきますので、みなさんよろしくお願いします!

また、応援のメッセージもよろしくお願いします!


Taka
2009-02-10 Tue 20:51 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
Takaさんこんにばんは!
1月に入ってなんだか身辺が忙しくて・・・だいぶご無沙汰になってしまいました!
質問にもお答えいただいたのに書き込めず・・・すみませんでしたm(__)m


スワブの件、ありがとうございました!
こんな素敵な道具があるんですね・・・・色合いもすごいですね~(^_^;
入れておくだけでいいんですか?
なかなかお値段もゴージャス(!?)ですね♪でも便利そう・・・。
いいもの教えていただいてありがとうございます!


あ、レディーゴディバ!今回はお見送りですね☆(ケースのイメージもわかりました!)
Takaさんの長年愛用のサックスを手放すのはちょっと・・・今までの演奏年数を共にしたとなるともったいない!しかも選定品の素晴らしい楽器・・・。
戦友みたいなものでしょうか!思い出も詰まってますものね。
私もなんだかんだいいつつ、1年だけでも愛着が沸いてきてます。
Takaさん、ソプラノも気に入ったいい個体にめぐり会えると良いですね!

幸いなことに、今の先生は私にとってすごく尊敬できる良い先生で信頼しているので、Takaさんのおっしゃるように次の楽器は先生に選定していただくつもりでいます!


私はテナーの音が気に入って始めて、今のところ聞く奏者もテナーがメインなのですが、さいきんちょっとソプラノもいいんじゃないかね・・・と思いはじめました!(吹く、となるとまた別の話ですけど・・・ ^^ゞ)
Takaさんの音源アップも楽しみにしています!


それと、先日の記事の「正しい音程」の件、ちょうど私もレッスンで教わったお話でした。
前にTakaさんがYouYubeでミスチルの曲を吹いていた方を紹介した記事で、「多分歌も上手いはず」とおっしゃっていた意図がよくよくわかりました。
正確な音のイメージが必要なんですね。
しっかりと音とリズムを捉え、耳を鍛えようと思います!

サックスもはじめてそろそろ1年で、まだ基礎もままならないのにアドリブを今年の目標というのは我ながらちょっと無謀!とおもいつつ・・・着実に練習していきたいと思っています。


Takaさんの今年の目標の曲も、動画を見る限りむちゃくちゃ難易度が高そうですね!
難しい奏法ってたくさんあるんですねぇ・・・。

しかしプロとアマチュアの違いって・・・なんでしょうかね?
だいぶ前に、音楽でプロを目指している友達に何の気なしに聞かれたんです。
単に、それでお金を稼ぐというところなのか、技術ももちろんすごいんだけろうけど、それだけではないんだろうなぁ・・・とも思って答えもわからず今に至っています。


わ。また長くなりましてすみませんです。
巷ではインフルエンザが流行っているそうですが、どうぞTakaさんもみなさまもお気をつけて~


P.S 試奏記事中の修正部分・・・こっそりお伝えしたつもりが・・・ちゃんとカミングアウトですね~!(笑)
2009-01-28 Wed 23:43 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
>Yuri さん

少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!(^^)

私の目標に挙げた曲は、またブログの記事にする予定ですが、吉松隆さん作曲の「ファジーバードソナタ」という現代曲です。

クラシカルサクソフォーンではかなり有名な曲で、須川先生のCDの「メイド・イン・ジャパン」というアルバムに収録されている曲です。

曲は3楽章から成っていて、どの楽章も難しくてプロじゃないと吹けそうもないような曲なので、無謀だと思いつつも選びました(笑)

2楽章、3楽章はさすがに仕上げるのは無理ですので、1楽章だけでも何とかなればいいな…と思いつつも、仕上げるのにいったい何年かかるんだろう…?って感じの曲です。(^。^;)

ジャズのアドリブは本当に難しいですよね。曲のコード進行に合わせて自分でメロディーを作って吹くので、私がアドリブをやる時は事前に自分でメロディーを作っておいて、それを楽譜にしないと即興ではさすがに無理ですね(笑)

ジャズを専門にやっている方は、その辺はコード進行に合わせたスケール練習をやったりしてますので、アドリブパターンとかもある程度頭の中に入ってますので、それができるようですね。(^^)
なので、私がもしもジャズでアドリブをやるのであれば、ジャズ吹きの方がやっているようなトレーニングを積まないと難しいと思います。(^^;)

Yuri さんも、アンブシュアを気を付けながら頑張っているようですね!(^_-)
噛みすぎのクセは一度ついてしまうとなかなか直らないので、日頃から噛みすぎないアンブシュアを意識して練習する必要がありますね。

長時間練習して口が疲れてくると、マウスピースを上下に強く噛むことでアンブシュアを保とうとしてしまい、お腹から息を吹きこむ力も弱くなって口先だけで吹こうとするようになってきますので、長時間練習する時には適度な休憩を入れて口を休ませてあげることも大切ですね。

お気に入りのレディー・ゴディバなんですが、いろいろと考えてたのですが、新しい楽器を買うなら、アルトよりもソプラノの方が使用頻度も高いので、やっぱりソプラノの方が先だよな…ってことになって、辛いところですが、心を鬼にしてレディー・ゴディバはとりあえず諦めることにしました…(>_<)

その代わり、ソプラノの方は新しい楽器を購入するとすれば、今のYSS-875 を下取りに出して、YSS-875EXを追い金で購入しようと思ってます。(^^)
まぁ、あくまでも構想段階なんですけどね(笑)

レディー・ゴディバのケースは、ケースの革の色がベージュの少し濃いぐらいの色合いで、ケースのふちにステッチが入ってて、オシャレな革製の旅行カバンみたいな感じなんですよ。(^^)
分かるかなぁ…?
今度機会があれば、写メールでも撮ってきますね(笑)

「ドラゴンスワブ」ですか??残念ながら知らないです…(^^)
龍みたいなイカついスワブ、面白そうですね(笑)
今度楽器店に寄った時に、置いてあるかどうかチェックしてみますね!(^_-)

私は楽器のネックとマウスピースは小さなスワブを使ってるのですが、楽器本体側の方は軽くスワブを通した後で、ソプラノもアルトも「パッドセイバー」を使ってますよ!(^^)
こんなヤツです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.egakki.com/care_article/60020.html

パッドセイバーを入れて楽器を片付けると、タンポについた水分をパッドセイバーが吸収してくれるのでかなり重宝してますよ。(^o^)b

キャノンボールは、アメリカでデザインされて台湾で製造されているのですが、日本に輸入して店頭に出す前にちゃんと1本1本再調整を施してありますので、かなり品質はいいですので、Yuri さんのモデルも安心して使えると思いますよ!(^_-)

My楽器は、同じぐらいの予算であれば、あとは個人の好みの問題になってきますからね。バランスが悪い楽器でない限りは、Yuri さんが気に入って購入したのですからいいと思いますよ!(^O^)

私も、レディー・ゴディバを諦めたのも、今のアルトのSERIEⅡが先生に選定してもらったバランスのいい楽器なのと、初めて手にしたMy 楽器なので愛着があって、下取りに出して手離せないからなんですよ。

もしも、Yuri さんがステップアップされて、上位機種を購入する際には、先生に選定してもらったり、プロの先生が選定した選定品を購入されるといいですよ。

ネックスクリュー、気になり始めましたか?(笑)
Cannonball 用のは、buzz にはありませんが、ネックのネジ穴が、セルマーか、ヤマハか、ヤナギサワと同じであれば、使えると思いますので、リペアの方に相談してみるといいと思います。


P.S. Yuri さん、4本のサックスの試奏の記事の修正し忘れを突っ込んでくれてありがとうございます(笑)

最近、あちらのサックスプレーヤー専用SNSに参加してて、そちらで書いた日記をブログに転用するという怠慢をしたのですが、見事に修正が漏れてましたね(笑)

ちなみに、だいずさんはSNSの方にも登録されて、あちらで少しメッセージをやりとりしたことがありますよ~(^^)

さすがにブログにSNSと両方の更新はちょっとキツいですが、ブログの方は大勢の方が見てくださっていますで、頑張って更新していきますので、今年もよろしお願いすますね!

2009-01-12 Mon 15:27 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
お正月気分も抜けた頃ですが、あけましておめでとうございます!
昨年はTakaさんには本当にお世話になりました~。

Takaさんの今年の目標、すごいですね!私にはみた事もない特殊奏法名が羅列してます~((+_+))
Takaさんが難関と仰っているという事は相当なんでしょうねぇ・・・。
頑張ってください!!


私ももっと具体的な目標を立てよう!と思いました。
Takaさんにも、ジャズとクラシックの更なる具体的な違いを教えていただいたので、今年は・・・ジャズのアドリブに挑戦・・します・・・(自信なし・・・)
一年後どうなることやら!


最近こちらの「アンブシュア」の項をよく読んで注意して練習していたら、ここのところのリードの不調がちょっと改善して来たみたいです。
やっぱり少し噛みすぎだったのかも。
音符を追うことに夢中になると色々と忘れがちになってしまいますので、こちらで何度もおさらいさせていただきます!


この間の豪華な試奏レポートも各楽器の特徴が良くわかって読んでいて楽しかったです!
レディーゴディバ、今回もやっぱりお気に入りだったのですね☆余計に良さを確認して欲しくなっちゃったりして・・・(←私が良くやってしまうパターンです(^^ゞ)

ケースは見たことないんですけど、私のモデルは上位のと同じ黒いクロコの型押し(無駄に豪華!笑)なんですが、それとは違うんですかね??

あと、Takaさんはキャノンボールが出している「ドラゴンスワブ」ってご存知ですか?
なんか龍みたいな、いかついスワブなんですけど・・・。
私はYAMAHAのお手入れセットに入っていたスワブを使っているんですが、洗ったときなどの乾きは早いのですがイマイチお手入れ時の水分の吸収が良くなくて・・・。
Takaさんやみなさんはどこの物を使ってますか?
「ドラゴンスワブ」は3000円くらいするんですよ。吸い込むのかな~。それともガーゼ等で自作しようかな~。と思っているところです。


そうそう、私の楽器なんですけど、先日、調整に持って行った際にベテランリペアマンの方に「ぶっちゃけこの楽器はどうでしょう?」と勇気を絞って聞いてみたんです!
たくさん楽器を見てらっしゃる方の評価が知りたくて・・・ドキドキでした。
そうしたら、「キャノンボールは昔より良くなってますね~!これだったらヤマハの62シリーズと同等です、全然使っていけますよ♪」とのお言葉をいただきました(^v^)
ビギナーモデルでもこれで安心して練習できます!

私の場合、レンタルはちょっと嫌だったのと、先生に選んでいただくならば生意気にも信頼できると感じた先生に選んで欲しかったので、卵が先かニワトリが先か、で、周りに詳しい人がいなかったのもあり、えいっと買ってしまった輩です・・・。
吹きやすさや音色は気に入ったのですが、造りなどの詳しい事はわからないし・・・失敗覚悟でした。でも始めたくて。

幸いにも結果オーライでしたが、やっぱりこれから始める場合は・・・Takaさんや諸先輩方が常に仰ってるように、詳しい方か、素直に(笑)先生と一緒に買われると良いですね!
素人にはそこの一歩もなかなか難しいんですけどね・・・。


>だいずさん
新しいマウスピースご購入、おめでとうございます!
新年から良い物を選べて良かったですね!
ロックバンドに参戦とは・・・カッコいいですね~。そしてとても楽しそう(^^)♪
上手くお勉強のストレスを発散できそうですね!

私もネックスクリュー・・・気になり始めました・・・。
調整で、ネックに付いている小さなコルクを変えたのですが、高音がすごく出しやすくなりました。
こんな小さなコルクで変わるのだから、ネジ一個・・・侮れませんよね!!


それでは、新年からまたずらずらと書き連ねましたが、みなさまどうぞ今年もよろしくお願いいたしますm(__)m
2009-01-11 Sun 23:21 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
> だいずさん

あけましておめでとうございます!

今年も、「ミストなサックス」をよろしくお願いします。

おぉ~~、ついに新しいマウスピースをGETしましたね!(^O^)
しかも、私と同じ ESM Jazz にしたとは…(笑)

Meyer 5MM、息の通りが良くて吹きやすかったでしょ?
Meyerの欠点は、マウスピースの個体差が大きいのと、中低音は驚くほど吹きやすいのですが、高音域はかなり息を吹き込んでやらないと音が痩せて響かないのがビギナーの方にはちょっとしんどいところだと思います。

ESM Jazz は私のは7番ですが、普通の人であれば、だいずさんのように6☆か、それ以下の方が吹きやすいと思います。

ESM Jazz は、店員さんの言うようにハイバッフルのマウスピースで、セルマーのS80 C☆と比べてみると分かると思いますが、マウスピースの内側のバッフルの部分がかなり高くなっていて、普通に吹いても息の流れが速くなるように設計されていますからね。

耳がキンキンするぐらいの音が出るでしょ?(笑)
ESM Jazz は超ハイバッフルのマウスピースですので、特に高音域の音抜けは素晴らしく、フラジオなんかもシャウトするような感じのバリバリの音が出ますよ。(^^)

ESM Jazz の欠点は、ハイバッフルのマウスピースですので、コントロールが少し難しいのと、低音域が高音域に比べると響きにくくて音が痩せてしまう傾向があるので、低音域を吹く時は少ししっかりと吹いてやらないと音が痩せて軽い音になってしまうところです。

そうですか、buzz のネックスクリューも購入したのですね!(^^)

実は、私が buzz のネックスクリューを、梅田のJEUGIAで買って、このブログで記事にしたのですが、その後でお店に行った時に、店員の方にあれから buzz のネックスクリューがかなり売れて、今のお客さんには入荷を待って頂いてるんですよ~って話を聞いて笑ってしまいました(笑)

ネックスクリューは、たかがネジ1本ですが、吹奏感がかなり変わったでしょ?(^-^)
私のオススメの小物ですね。

そうですか!だいずさんは、今日梅田のJEUGIAに行ってたんですね!

実は私も、今日の夜18時半ぐらいに梅田のJEUGIAに行って、ソプラノのマウスピースを買ったんですよ(笑)

今日は新春のセールで、マウスピースとリガチャーが20%割引だったので、GOODでしたよね!(^-^)

私も昼間にJEUGIAに行ってたら、だいずさんに会ってたかも知れませんね(笑)

梅田のJEUGIAさんは、試奏室もVIPルームのように立派で、お店の雰囲気もいいし、店員さんもいい人なので私もあそこに行くとつい色んな楽器を試奏させてもらったりして長居してしまいます(笑)

それにしても、新しいマウスピースがGETできて良かったですね!(^^)

今年もよろしくお願いします!
2009-01-02 Fri 21:38 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
 明けましておめでとうございます!

 今日マウスピースを買ってきました。楽器店はTakaさんを参考にさせていただいて、JEUGIAにしました。

 試奏したのは、順に
 ・メイヤー
 ・クラウドレイキー
 ・ESM Jazz
の3つです。

 メイヤーは驚くほど吹きやすかったです。

 クラウドレイキーはあんまり合いませんでした。

 ESMは、オープニングが6★と、広いものからしかなかったのですが、吹いてみるとびっくり、とても吹きやすかったです。オープニングは僕の苦手なS80C★よりも広いはずなのですが、とても楽に吹けます。店員さん曰く、ESMはハイバッフルだからじゃないかとのことです。

 ということで、ESMを購入しました。耳がキンキンするぐらいの音が出ますね。(汗)

 ついでにbuzzのネックスクリューも購入しました。思いっきり吹いても息が詰まる感じがしませんでした。

 店の雰囲気がよく、店員さんもキサクな方々だったので、落ち着いて満足がいくマウスピース選びが出来ました。Takaさん、何から何までアドバイスをありがとうございました。今年もよろしくお願いします。
2009-01-02 Fri 18:19 | URL | だいず #ax4px7aw[ 編集]
> Yuri さん

Yuri さん、こんばんは!(^-^)

2008年もあとわずかになりましたね。
私の方は、今年はコンテストが終わってからもみなさんに刺激されて個人練習に励んでますよ!(^^)

Yuri さんも風邪も治られたようで何よりです。

悪魔のささやきΨ(`∀´)Ψケケケ にやられて、また楽器店でゴディバを吹かしてもらいましたよ…(笑)

やっぱり、いい楽器ですね~~
それと、Yuri さんはレディー・ゴディバのケースは見たことありますか?
なんとなんと、ケースがこれまたすっごいオシャレで、またまた欲しさが倍増してしまってます…(^。^;)

先日、ゴディバをまた吹かせてもらった時に、アルトなんですが YAMAHAのジャズモデルの最上級モデルの YAS-82Z や、CONN の CAS280R を試奏させてもらったので、レポートを載せようと思ってます。

Yuri さんも練習、頑張っているようですね!(^O^)
噛み過ぎのアンブシュアかどうかを常に意識しながら吹いていると、噛み過ぎのクセがつかなくなるのでいいことですよ。
噛まずに、お腹からしっかりと息を吹き込むことを意識して練習することで、音も太くてしっかりした音が出るようになりますからね。(^^)

クラッシックとジャズの公開レッスン、楽しかったようですね!(^O^)

クラッシックとジャズは、まず音の方向性が全然違いますし、リズムの取り方やアクセントの付け方なども違ってきますし、何よりもジャズではコード進行に合わせたアドリブとかが出てきますよね。

ジャズではサブトーンも出てきますし、クラッシックのアンサンブルなどでは音色を揃えることを求められますし、ジャズでは音色に奏者の個性を求められますし、そういった点でも考え方が異なりますしね。

サックスって本当に素晴らしい楽器ですよね!!
私も心からそう思いますよ。

私は、クラッシックがメインで、ジャズやフュージョンはカジっている程度なので、ジャズをメインでされている方にはとうてい及びません…(^。^;)
コードに合わせて、即興でアドリブを吹くとかいう技もさすがに真似できませんしね(笑)

私がジャズを吹く時は、アドリブも即興ではなくて、書き譜を準備しますし、ジャズを専門にされている方からすれば、なんちゃってジャズかもしれません(笑)

今年は、このブログを立ち上げて、本当にいろんな方に出会うことができて、応援のメッセージを頂いたり、私自身がみなさんから元気をたくさん頂いて私も自分の演奏活動に頑張ることができましたので、本当に感謝しています。

このブログを立ち上げて本当によかったと思っています。

Yuri さんもたくさんのメッセージ、本当にありがとうございました。

ここんとこブログの更新が少し滞りがちになってしまっていますが、来年も今年同様、「ミストなサックス」をよろしくお願い致します。m(_ _)m

私の方も、来年も頑張って更新していきたいと思っていますので、また応援をよろしくお願いします!


私の来年の目標ですが…

まだちょっとブログの記事にできていないのですが、コンテストが終わってから個人練習を頑張るためにも何か目標とする曲を練習しようということで、吉松隆さん作曲の「ファジーバードソナタ」という、とんでもなく難しいソロ曲に挑戦しています…(^。^;)

須川さんの「メイド・イン・ジャパン」というアルバムにも収録されている曲なのですが、フラジオはもちろん、グリッサンドやポルタメント、スラップタンギングやフラッタータンギングも登場する、特殊奏法がてんこ盛りのソロ曲です。

3つの楽章から構成されているのですが、2楽章、3楽章はさすがに私もお手上げなので、せめて1楽章だけでも何とか攻略しようと思っています。

私も、特殊奏法に関してはこれまでのサックス人生の中でもフラジオとフラッタータンギングぐらいしかちゃんと練習したことがなかったので、来年はその他の特殊奏法のちゃんと練習してマスターしようと思っています。(^^)

私も、もっともっと上手くなりたいと思っていますし、もっともっといい音で吹けるようにと、みなさんと一緒にコツコツと頑張って行きたいと思っています。(^-^)


Yuri さん、今年は本当にいろいろとありがとうございました!

また、来年もよろしくお願いします!(^_-)
2008-12-30 Tue 22:43 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
> だいずさん

だいずさん、こんばんは!

ありがとうございます。

マウスピース選びですが、個体差(ばらつき)のないマウスピースについては、試奏して気に入れば在庫の新しいものを購入すればいいと思いますが、Meyer のように個体差(ばらつき)の大きいものは、お店の在庫をありったけ出してもらい、それを全部吹いてみて一番いいものを選び、その吹いてみてよかったもの(その現品)を購入するようにします。

じゃないと、試奏して選定する意味がありませんよね?(^-^)

中には、試奏用の専用マウスピースを置いてあって、だいずさんの言われる前者のようなお店もありますが、Meyer を購入するのであれば、前者のお店でも在庫をすべて出してもらって選ぶべきですよ。

ですので、お店に行って、例えばMeyerの定番5MMの在庫をあるだけ出してもらって、それを全部吹かせてもらって、自分が気に入ったものを購入するようにするといいと思います。

注意しないといけないのは、お店に在庫が1本しかないお店や、在庫を全部出して下さいと言っても出してくれないお店では購入しないようにした方がいいと思います。

マウスピースを試奏する時には、お店側が上の前歯が当たるところと、リガチャーの接触する部分にキズがつかないようにテープを貼って出してくれますよ。

年も押し迫りましたね!
私も、年明けは梅田のJEUGIAでソプラノのマウスピースを購入予定です。(^^)

来年も「ミストなサックス」をよろしくお願いしますね!(^_-)
2008-12-30 Tue 22:10 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
Takaさんみなさん、こんばんは!

いよいよ今年も明日でおしまいですね。
日中の街中はみんなせわしなく賑やかでした。
私はおかげさまで風邪は治りまして、年末の片付けの合間の息抜きにお邪魔してます♪


Takaさん、悪魔のささやきが届いてしまったようで・・・(笑)
我慢という言葉が出ているということは・・・・しかも、げ、限定品ですしね・・・(以下略・・・)


リードとヴィヴラートの件、ありがとうございます!
自分で噛みすぎのアンブシュアかどうなのか?ということがわからないのでなにかと気にしてしまうんですよね~。(先生はなにも仰らないので大丈夫かなーとも思うのですが・・・)
それよりも以前Takaさんが教えてくださったように、息のコントロールに注力してリードを育てつつ(笑)様子を見てみます!


クラシックとジャズの公開レッスンは楽しかったですよ~。
初心者の私には知らないことが多くて超貴重な時間でした!
二つがこんなにも違うとは!すごくわかりました。
歴史とかはもしかしたらネットで調べれば出てくるような事だったかもしれませんが、どう派生してきたかなど、いろんな雑談も交え、授業として直接聞いたほうが私には理解しやすかったので良かったです。

二人の先生の演奏は音色にしろ息の使い方、構え(これは個人の差?)などなどまったく違っていて、興味深かったです。
クラシックの音色は本当に眠れちゃうほど綺麗ですね・・・。初めての生クラシック音、感動しました。
うーん、サックスすばらしい!!v-268

しかしこんなに違うのにTakaさんはクラシック、ジャズスタイルでも吹けて・・・うーむ、あらためてすごいです。


今年はサックスも始めて、Takaさんとみなさんともこちらで交流できて、すごく楽しい出発の年でした。
こちらに訪れた時に感じていた「唇の裏のザラザラ感」は感じる事がなくなってきましたので、少しは進歩したかな?
Takaさん、色々と本当にありがとうございます♪
またTakaさんの豊富な知識の詰まった記事と試奏レポも楽しみにしています♪


みなさんの来年の目標はなんですか?
私は・・・たくさんあるのですが、息の使い方やリズム、譜読みはもちろん、バタバタしない運指を目標にしてみます。
カメの歩みのように上達していけたらいいなぁと思っています。


またまた長くなりました・・・m(__)m
それでは、みなさまお体には気を付けて・・・。
また来年もよろしくお願いいたします。
良いお年を・・・!
2008-12-30 Tue 22:01 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
 Takaさん、アンサンブルコンテスト金賞おめでとうございます。(大変遅れてごめんなさい!)

 ところで、メイヤーのマウスピースにはばらつきがあるとのことですが、マウスピースを試奏後に購入する際、そのマウスピースは試奏時に使用したマウスピースなのでしょうか?それとも同じものを在庫から出しているのでしょうか?後者の場合、特別にお願いしないと選定できないことになってしまいます。

 もうすぐで年明けですね。マウスピースを買いにいけるのが楽しみです!
2008-12-30 Tue 21:55 | URL | だいず #ax4px7aw[ 編集]
みなさん、Merry Christmas☆彡(^^)

寒さも一段と厳しくなり、すっかり冬らしくなりましたね。
クリスマスが終われば、あっという間に大晦日が来て、2009年がやって来ますね。


> Yuri さん

風邪の方は大丈夫ですか?
今年の風邪はお腹に来たりしますね。
実は、私も少し前に本格的に風邪をひくまでではなかったのですが、風邪の初期症状でお腹を壊してしまってました…(>_<)

バンドレンのV16、リードの先端が厚いでしょ?
青箱の3を使っているのであれば、V16は2半がいいでしょうね。

V16は、噛み過ぎるとちゃんとリード振動してくれないので、しっかり息を入れてリード全体を振動させるような感じで吹いてやるといいと思います。

ヴィブラートですが、結構大袈裟なぐらいに「オウオウオウ…」と発音してやらないと、波がちゃんと音にできないので、もうすこし大胆にかけてやるようにして練習するといいと思います。

リードは、その日の湿度とか奏者の体調とかによっても吹きやすさは変わってきますし、人間と一緒で生き物のようなものですので、これから吹き込んでいくとまた変わってくると思います。(^-^)

クラッシックとジャズの合同公開レッスン、楽しそうですね!
そうですか、Yuri さんはクラッシックの生音を聴くのは初めてなのですね。(^^)
クラッシックの生音は本当にいいですよ。CDとかの音とはまた全然違って、かなり美しい響きがしますよ。私も、中学の時は生音を聴いてすっかりハマってしまいましたからね。
両方のジャンルの違いを聴けるような公開レッスンも珍しいと思いますし、貴重な機会だと思いますので、楽しんで来て下さいね!(^O^)
またレポート聞かせて下さいね。


ううぅっ…… 悪魔のささやきが…(笑)

実は、昨日も楽器店で、レディー・ゴディバを吹かせてもらってきたんですよ(笑)

Yuri さんのコメント見て、ドキッとしました…(^。^;)

初めて吹いた時のインプレッションがかなり強かったので、もう一度吹いてみて冷静に評価しようと思ったのですが、やっぱりいいですね~~(^O^)

他にも、CONNのCAS280R(現行モデル)、YamahaのYAS-82Z、同じくYamahaのYAS-875EX(須川先生の選定モデル)の4本を試奏しましたが、やっぱり私はレディー・ゴディバの音色が一番お気に入りでしたね(笑)

レディー・ゴディバは、ちょうどジャズとクラッシックの中間ぐらいの音色ですので、両方に使える感じですし、アンティークラッカーも高級感あって綺麗ですしね。

でも、オフ会やった時に本当にレディー・ゴディバ持って登場したら笑っちゃいますね(笑)

今のところ我慢してますが、いつまで我慢できることやら…(^。^;)

昨日の試奏レポートは、また記事にしますのでお楽しみに!
2008-12-24 Wed 12:27 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
Takaさん、みなさんこんばんは!

寒かったり暑かったり、ヘンな冬ですね。
今年の風邪はノロウイルスのような症状が流行っているようですよ。
かく言う私も見事にそれをひいてしまい、床に伏せっておりました・・・。
皆さん気を付けてくださいね!


Takaさん、リードの件アドバイスありがとうございました~!
先日教えていただいたことを参考にバラ売りリードをゲットしました!が、吹き比べ始めたところで倒れたので(笑)今日やっとまた少し吹いてみました~。

バンドレンV16の3と2半を買ってみました。
Takaさんのおっしゃる通り、口にくわえた瞬間に「おー分厚い!」と思うくらい違いますね~!
そして音も太いですね~。
青箱の3に慣れてしまったので、V16の3はチト固すぎるように感じました^_^;
分厚いせいか、コントロールが難しいです。ヴィヴラートが出来ないです~・・・(元々あまり出来てませんが)実際は噛みすぎてるんでしょうか??
ただ、V16の2半はいい気がします!吹きやすいです~。
もうちょっと引き続き二つとも試してみます♪あと青箱の3半も試してみようかな・・・。
うーん、リードって・・・面白いです~。


話は変わって、今度私の先生がクラシックの先生と合同で単発の公開講義を行うんです。
クラシックのサックスとジャズのサックスの違いを二人の先生が語ってさらに演奏もあるようなのですが、生のクラシックの音を聞くのが初めての私はかーなり楽しみです~。


それとTakaさんのレディー・ゴディバ。
いつかオフ会があった時にお目にかかれる事を楽しみにしています♪(悪魔のささやき!?)


それではみなさま、年末お忙しいところ体調にはお気をつけて~!(体験者は語る~)
2008-12-23 Tue 22:48 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
みなさん、こんばんは!

あっという間に、2008年もあと半月足らずとなりましたね。

> Yuri さん

そうですか、じゃあ社長にツェブラのストラップを買ってもらったようなものですね(笑)

人間工学では世界的にも最先端を走っているドイツのストラップですからね。フックの部分は、楽器に傷が付くのが嫌な人もプラスチックのものにされる方が多いようですね。最近では、ブレステイキングも人気があって、プロの先生なども使っている人が多いようです。

レディー・ゴディバ、かなりのお気に入りですよ(笑)
音色は派手じゃないのですが、本当によく響くんですよ。だから、クラッシックで怪しい響きのする現代曲を吹いたら、音色がピッタリとハマってかなりカッコイイ演奏ができそうで…(笑)

リードの件ですが、バンドレンの青箱は先端部分が薄くカットされていますので、リードがヘタってくるとリードノイズが混じってきたりして、ビービー、ベーベー言うようになっちゃうんですよね。

バンドレンのV16は、先端部分が青箱よりも厚めにカットされていますので、高音部分のキンキンした音が緩和されますので、音色は青箱ほどクリアにはなりませんが、音が太くなってリードの持ちが割といいと思います。

V16は青箱よりも少しリードの先端が厚いので、青箱よりもワンランク柔らかめのものを使われるといいと思います。青箱3半であれば、V16は3でいいと思います。私は、青箱は4を使っていますので、V16を使う時は、3半を使ってます。

ちなみに、うちのテナー吹きも少し前までV16を使ってました。V16は、シングルカットのリードで先端が厚めにカットされてますので、マウスピースを上下に強く噛みすぎるとリードがちゃんと振動してくれないので、うちのテナー吹きは、噛み過ぎを直す意味でもV16を使ってました。

リードのバラ売りをしている楽器店があれば、一度バラで買って試してみるといいと思いますよ。


> モリカさん

ようこそいらっしゃいました!

ありがとうございます。アンサンブルは、4人全員の音色や技術などが揃っていないといい演奏はできないので、難しいですがやりがいもあって楽しいですね。

うちのカルテットも最初は金賞デビューを飾ったのですが、その後が続かず、メンバーの技術の底上げを図りながら少しずつステップアップして頑張ってます。

レンタル楽器、もう少しで手元に届きますね!

ということは、年末年始はプロ野球選手のように自主トレですね(笑)

このブログでは、私のこれまでの経験から得たノウハウをいろいろと記事にしてますので、参考にして頂ければ幸いです。
2008-12-18 Thu 19:36 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
お邪魔させてもらいます♪

Takaさん、アンコン金賞おめでとうございます!
去年銀賞だったようですので着実にステップアップですね。すてきです!

レンタル楽器が来週頭に手元に届くことになったので予定より早めに自主トレができそうですo(^-^)o
初心者でわからないことだらけですので、いろいろ教えて下さい。
2008-12-18 Thu 12:05 | URL | モリカ #17ClnxRY[ 編集]
みなさんこんばんは♪

そうなんです、買ってしまいました~。ツェブラ!
実は社長の気まぐれで、今年から社員のお誕生日プレゼント(金券)を貰えたんです。
そういうものはさっさと使おう!ということで、使い道に悩んでいましたが、ちょうどお値段もピッタリだったので買ってしまいました。
ありがとう社長!

私の先生は、正しい姿勢で吹けば今のストラップで大丈夫と教えてくださってたのですが、長く吹いていると首の付け根が痺れて感覚がなくなってくるので・・・ついついツェブラに逃げてしまいました(笑)。

首の部分のパットが真ん中が開いているので、その痺れはなくなりました(^_^)ふかふかで気持ち良いです。
でもその正しい姿勢を確認するため、今のストラップと平行で使ってみようと思っています~。

>だいずさん
フックはプラスチックの方にしました~。金属と両方試してそんなに違いがわからなかったんですけど、やや金属の方が響いちゃうかなぁ?と思ったのと、今は楽器付属のストラップを使っているのですがそれはプラスチックで使いやすいので使い慣れているほうにしました!
しかしストラップひとつで高いですよね~(笑)


Takaさん、かなりレディーゴディバ。。。お気に入りのご様子(*^。^*)
私もTakaさんの色々な試奏レポートを読んでいたら、吹いてみたくなったんですよ~。

真ん中の音からオクターブキーを押したときの音がスムーズなのにスゴクびっくりしました。他の音が入らずにスッと出たんです。(今は何かしら入ってしまいます)
3割増は上手くなった気がしました(笑)
しかも限定って惹かれますよね♪
オクターブキーの親指の窪みも凝ってました~。

カドソンも吹きやすいんですね~。
ヤナギサワのシルバーのソプラノも豪華で美しい・・・・。
ヴィンテージの記事も素晴らしいし、レポート読んでいるだけでも楽しいです。


リードの件!!
さっそくありがとうございますm(__)m
今までヘタったな、と思った現象がTakaさんのリードの項で書かれているようなことと、音がビービー、ベーベーになっちゃうということだったので、この、なんというか・・・リードが「固くて振動しなくなる感じ」というのと「張り付いている感じ」との違いが良くわからなかったんですよね。吹いてて途中で乾燥したのかな?という感じだったので(そんなことってあるんでしょうか?)、逆に厚いのかなーと思ってたんです。

VandrenのV16も試してみたいです!
変えるとしたら、青箱3半だとしたら、何番に相当するんでしょうかね?それともまずは青箱3を3半にしてみてからVandrenに変えたほうがいいのかしらん・・・。

次々と質問してしまってすみません!
おやすみなさいませ~。
2008-12-17 Wed 00:35 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
みなさん、こんにちは!

> Yuri さん

どうも、ありがとうございます!
今年はとりあえず金賞が取れて、ホッとしています…(^。^;)

おっと、Yuri さんはなんとツェブラのストラップを購入されたのですね!
かなり張り込みましたね!(笑)
私も、ツェブラのストラップにしようかとも思ったのですが、まぁまだBGのヤツでいいか…と思って購入は見送りました。

それと、Yuri さんもレディー・ゴディバのテナー、試奏されたのですね。。(^^)
音もまとまっていて、深みのある暖かい音色でしょ?

私も、最近はいろんな楽器を試奏していますが、レディー・ゴディバのアルトにかなり惹かれていますよ。

レディー・ゴディバや、ピート・クリストリブは限定モデルですので、楽器店の人の話ではもうすぐ供給がストップするという話も聞きましたし、余計に欲しくなってしまいますね~~~


さて、本題ですが、リードのことだったのですね。

しばらく吹いていると、「吹きづらくなって振動しなくなったり、金属音が出ちゃうときがある」とのことですが、書いて頂いている内容から想像するに、リードがヘタっているというのもひとつですし、最初から吹きにくいのはリードのバランスが悪いものだと思います。

「吹きづらくなって振動しなくなる」というのは、リードがマウスピースに張り付くような感じになってしまうことでしょうか?

リードは、吹いているうちに水分を含んできて、リードのコシなども変化してきますし、長時間吹くと調子が悪くなってくるものもあれば、吹いているうちに調子がよくなってくるリードとかもあります。

同じ3のリードでも、少し硬めのものや少し柔らかめのものも中にはありますからね。

Yuri さんは、青箱の3番を使われているのですね。
テナーのリードは5枚入りですので、当たりハズレが大きいと結構出費がかさんでしまいますしね。

青箱の3番で、すぐにリードがヘタってしまうような感じになってしまうのであれば、硬さを1ランク上げて、3半にしてみるのもひとつですよ。同じ3半のリードでも3のように柔らかいリードもあれば、4のように硬いリードもありますからね。

ペーパーで削って調整して使うことも考慮すれば、3半でもいいと思います。

青箱は記事でも触れましたが、フレンチカットというタイプのリードで、リードの先端が薄くカットされていますので、ジャズをされているのであれば、Vandren V16 のようなシングルカットのリードも試してみるといいと思います。

VandrenのV16は、リードの品質も青箱よりもいいですし、リードの先端が厚めにカットされていて、シングルカットですのでリード全体が振動するような感じになりますので、金属音のような音も青箱に比べると少ないと思います。

私は、クラッシックを中心に吹いていますが、V16のリードを使うこともありますよ。

リードは、本当にいろんなリードがありますので、行き詰まった時や、このリードはちょっと…って思ったときは、思い切って他のリードとかを試してみるとまた視野が広がりますし、他にも自分に合ったリードが見つけられるかも知れませんからね。

私は、他にも Rico の Grand Concert も使ったりしてますよ。


>だいずさん

あえて自分の夢のためにもっと上を目指すということなのですね!
夢があるということは本当に素敵なことですよ。
私も、この年ですが自分の夢を持って頑張ってますからね。
だいずさんは、まだまだこれからですので、自分の夢を目指して頑張って下さいね!(^_-)


ロックバンドとかで吹くのは、楽しそうですね!

マウスピースは、本当にいろんなマウスピースがあるので迷いますよ(笑)

そうです、百聞は一奏にしかずですよ。

ティップオープニングが狭い方がいいのであれば、メイヤーの定番の5MMとかも音が出しやすいのでいいかも知れませんね。

メイヤーは、マウスピースの個体差があるので、複数の中から選らんで購入されることをオススメします。また、メイヤーは高音域の音が少し出しにくいというマウスピース自体の性格もありますが、中音から低音までの音は、息は通りが抜群によくて、楽に音が出せると思います。

マウスピースは高い買物ですので、楽器店でいろんな楽器を吹かせてもらって、しっかり悩んで購入されるといいですよ。


2008-12-16 Tue 11:03 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
 僕の通っている学校はエスカレーター式で大学までいけるのですが、僕の夢のためにはもっと上のレベルの大学に行ったほうが有利かなと思ったので、受験することになりました。Takaさん、Yuriさんありがとうございます。頑張ります!

>Takaさん
 色々あって迷いますね。(笑)
 今はS80 C★ではなくヤマハ・スタンダード 4Cを使っています。S80はリードを薄くしてみても、どうも吹きにくいので、いつか使えるようになることを願って保管しています。1万円以上しますからね。(笑)どうやらオープニングの広いものは合わないようです。
 やはり、百聞は一奏にしかず(?)だとおもいますので、年明けまで、選択肢を増やしつつ楽しみにしていようと思います。
 レッスンのほうではジャズ曲を練習する機会が増え、友人のロックバンド(6,70年代風)にゲストとして参加することがあるので、もっとパワフルな音が欲しくなったというわけです。
 スタンダードにマイヤーあたりも試してみようかな・・・

>Yuriさん
 ツェブラのストラップですか。ネットで調べた感じでは高そうですね。フックは金属ですか?プラスティックですか?ちなみに僕はBGの紐でないものを使っています。
2008-12-15 Mon 16:21 | URL | だいず #ax4px7aw[ 編集]
Takaさん、みなさんこんばんは!
Takaさん、アンサンブルコンテストおつかれさまでした!そして金賞、おめでとうございます~♪

今日の東京は雨が降って寒かったです~。
そんな中でも楽しいレッスンに行ってきました♪
そろそろ色々な難しいことを教わる段階になってきたようです。頭がこんがらがってます・・・・。


実は今日、ずっと以前にマイサックスを手に入れたお店にツェブラのストラップについて問い合わせをしていてすっかり忘れていたのですが、今頃お店から面白そうだから入れてみましたという答えが返ってきたので、レッスン後に試着しに行ってきたんです☆

そしてついででしたので、私もレディーゴディバのテナー・・・試奏してみました!

いやいや、やっぱりステューデントモデルとは違いますね~(当たり前ですが・笑)
高音も低音も、普通に一発で当たる?し、音もまとまって深かった感じです。
キャノンボールの独特の音の豪快さというか、派手さはないですよね。私の楽器に比べて細身で軽くてキーも近いです。うーん、吹きやすい。
最初にこれが出ていたらすっごく欲しくて迷ったと思います。(お金がなかったですが)

ということで、ツェブラストラップを試しに行ったつもりが、自分の楽器と吹き比べ大会を一人でしてしまいました・・・。

私は首が弱いので、ツェブラならよさそうかなーと思っていたのです。楽器が軽く感じた気がするので、ゲットしてみました!
革がまだ固いのでちょびっと鎖骨に当たるのが気になりますが、きっと柔らかくなるでしょう~。


それと、このあいだからTakaさんにお伺いしたかった私の疑問というか悩みは、リードのことなんです。
3~40分くらい吹いているといきなり吹きづらくなって振動しなくなったり、金属音が出ちゃうときがあるんです。
一応、4~5枚をローテーションして使っているのですが、そうならないのとなるのがあるんです。新品でそういう状態のものもあって、ちょっと厚いのかな?と思って前にTakaさんがここで紹介してくださったサクソフォーン演奏技法の本に載っていた方法でリードを紙やすりで調整して見たらそれはちょっと吹きやすくなりました!
振動しなくなると言う感覚が、実はリードがヘタって張り付いてるんですかね・・・。
でも、最初からそうなりやすいのもあるし、そうでもなかったのが途中からそうなるのもあるんです。使っているリードは青箱3番で、始めた時から変えてないです。
なにか原因はあるんでしょうかねぇ?
なんだか抽象的でスミマセン。


それではみなさま、お風邪など召されぬよう。
だいずさんはお勉強頑張ってくださいね!
大変かもしれませんが、これからたくさんの選択肢があって羨ましいです~☆
2008-12-15 Mon 00:42 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
> だいずさん

こんにちは!本当に久しぶりですね。

大学受験、大変ですね。実は、私も大学受験では浪人もしましたし、苦労しましたよ。でも、長い人生のうちでたくさん勉強できる時ですので、頑張って下さいね!

私は、音大からプロの道を志していたのですが、両親に猛反対され、せめて吹奏楽の強い大学に行きたい!と頑張って勉強しました。

私も、受験勉強が忙しくて楽器を吹く余裕もないぐらいの時期がありましたが、それでも息抜きで楽器を吹いていましたし、演奏会にも誘ってもらって出たりもしてましたよ(笑)

サックスは、私にとってはモチベーションを高めるための大切なものでしたからね。

楽器の試奏は、楽器店に行くと別に楽器を買う予定がなくても試奏させてもらえるので、だいずさんも勉強の息抜きに楽器店に足を運んで、いろんなサックスを吹かせてもらうといいですよ。

吹いてみると分かると思いますが、いい楽器は音が全然違いますよ。



だいずさんは、お正月にマウスピースを買い換えようと思っているのですね。ラバーとメタルの両方の音が出るようなマウスピースとのことですが、フュージョン向けのマウスピースでしょうか。

レイキーは私も吹きましたよ。白いバイトプレートが入った特徴的なラバーのマウスピースですね。

かなり派手な音のする、メタル顔負けのマウスピースですね。かなり大きな音が出ると思います。

私も、昨年の年末にフュージョン向けのマウスピースが欲しくて買いに行ったのですが、その時に、ヤナギサワのメタル、レイキー、ESM Jazz、セルマースーパーセッションの4本のマウスピースを吹き比べました。

ヤナギサワのメタル以外のこれらの3本のマウスピースが、メタル系の音の出るラバーのマウスピースの有名どころです。

私の場合は、レイキーよりも ESM Jazz がよかったですね。

レイキーは確かに、派手でパワフルな音が出るのですが、かなり個体差があり、複数のマウスピースの中から選ばないと、ハズレのマウスピースを選ぶとなかなか鳴ってくれなくて苦労すると思います。ですので、もしレイキーを購入するのであれば、プロか上級者の方にマウスピースを選定してもらった方がいいと思います。

私が試奏した時のマウスピースはハズレでしたので、いい音が出なかったのと、音のコントロールがしにくかったので候補から外れました。

スーパーセッションも試したのですが、ティップオープニングの開きの大きなものしかなく、試奏してみたのですが、音色が少し荒っぽかったのでこれもまたパスしました。

ESM Jazz は、私の過去の記事でも写真と吹奏感を紹介していますが、かなりマウスピースの完成度が高く、個体差も少ないマウスピースで、高音域は特にクリアでシャウトするようなメタル顔負けの音が出てよかったので、私は最後はヤナギサワのメタルとESM Jazzの2本で悩みに悩んで、ESM Jazz の方を購入しました。

ESM は、かなり反応のいいマウスピースですので、かなり楽に音が出ますし、ボリュームもメタル顔負けの音がします。優しく吹けば、ラバーのようなクラッシック系の音も出ますし、私ならESMの方がオススメですね。

ESMには、私の買ったJazzモデルの他に、Classicモデルがあります。

派手なフュージョン系の音が欲しいなら、Jazzモデルがいいですが、クラッシックの音に近い方がいいということであれば、Classicモデルがいいと思います。

Classicモデルは、私もだいずさんも使っている S80 C☆ の音をもっともっと明るくして音抜けをよくしたような太い音が出ますので、クラッシック系の音に近い音を望んでいるのであれば、ESM のClassicモデルがいいと思います。

ただ、このClassicモデルでも、かなり明るくて派手な音が出ますので、実際に吹いてみるといいと思います。

ティップオープニングは、私は7番を使っていますが、初級者の方はもっと狭い6番ないし5番の方が吹きやすいと思います。

ちなみに、S80 C☆のティップオープニングが 1.7mm ですので、開きはそのぐらいのモデルを選ばれるといいと思います。

マウスピースを選ぶ時は、1枚のリードで選ぶのではなく、何枚かの複数のリードで試奏してみて選ぶようにするといいですよ。

だいずさんは、大阪でしたよね?
大阪であれば、心斎橋の三木楽器か、私がよく行っている梅田ハービスENTのJEUGIAですかね。

三木楽器は、マウスピースの試奏に自分の楽器を持っていかないと試奏させてもらえませんので、三木楽器に行くのであれば、楽器持参が必須です。

梅田ハービスENTのJEUGIAであれば、手ぶらで行ってもすべて貸し出しで試奏させてもらえますよ。


だいずさんも、大学受験が終わるまでは大変ですね。

でも、大学に入れば、自分の自由な時間がたくさんできると思いますし、思う存分にサックスが吹けますので頑張って下さいね!

私も、今までの人生の中で一番サックスをたくさん吹いたのは大学生の頃でしたからね。

受験勉強、大変だと思いますが、息抜きにサックスを吹いたりして頑張って下さいね!
2008-12-14 Sun 17:07 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
 大学受験をすることになりまして(再来年ですが)、ここのところ勉強でずっと忙しかったのでコメントできませんでした。サックスは平日30分、休日1時間ほどは出来そうなので、勉強と両立できると思います。音楽+腹式呼吸で、気分転換にはもってこいです。(笑)
 Takaさんは色々な楽器が試奏できて羨ましいですね。ぼくは今使っているヤマハの一番安いモデルしか吹いたことがないので、いいサックスがどういう吹奏感なのかさっぱり分かりません。やはりいいサックスはいいサックスなのでしょうか?
 それと、正月にマウスピースを買い換えようと思うのですが、ラバーとメタルの両方の音が出せるようなマウスピースってないでしょうか?もしくはラバーとメタルのの中間的なものとか。ネットで調べてみた感じではクラウド レイキーがそれに当たるような気がします。
 みなさん、かぜを引かないように気をつけてください。(僕はインフルエンザの予防注射受けてきました。)
2008-12-14 Sun 15:14 | URL | だいず #ax4px7aw[ 編集]
みなさん、こんばんは!

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
久しぶりのひろばへの書き込みです。

私の方は、高校生たちの前での演奏を無事?終えて、今週の日曜日に迫ったアンサンブルコンテストに向けて最後の追い込みをしています。

昨日もスタジオを借りて、2時間ほど個人練習してきました。
コンテストの曲がかなり苦戦していて、テンポの速いパッセージを腱鞘炎になりそうになりながら練習してきました(笑)

あと、先週の日曜日の練習の前に、前から欲しかったヤナギサワの「サムの魔法使い」をとうとう買ってしまいました。。(^。^;)

かれこれ20年以上使っている、愛器のSERIEⅡが蘇ったように楽器の抵抗感が戻ってきました。

使用感については、また記事にしたいと思っていますので、楽しみに待ってて下さいね。

また、今日は楽器店に足を運び、新たに4本の楽器を試奏してきました。

・Yanagisawa SC-9937 (新製品のカーブドソプラノ)
・Selmer Ciger Cutter (1930年代生産の往年の名器)
・Cadeson A-902V W/SE (A-902Vの特別豪華彫刻仕様モデル)
・Cannonball TV/PC-L (限定200本のテナー、ピート・クリストリブ)

どの楽器も名器揃いです。

これらの試奏レポートについても、写真入りで記事にするつもりでいますので、みなさんお楽しみに!!
2008-12-05 Fri 00:44 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
みなさん、こんばんは!

ここんとこ、寒さもかなり本格的になってきましたね。
風邪も流行っているようで、私もまたもや風邪をひきそうになりながらも何とか早め早めのケアで持ちこたえてます(笑)


> Yuri さん

実は水曜日に Cannonball をバッチリ試奏してきたんですよ!(^O^)v

アルトはCannonball の最新モデルの AV/LG-L という、女性と馬の彫刻の入った限定400本のモデルと、テナーは人気モデルのブラックニッケルの T5-BS という付け替え用ネックが2本付いているモデルの2本をたっぷりと吹いてきました!(^_-)

感想、聞きたいでしょ?(笑)

しっかりとしたブログの記事にしようと思ってますので、楽しみに待ってて下さいね!\(^o^)/

おっと、Yuri さんもリガチャーを変えようと思ってるのですね。
リガチャーを変えると、吹奏感や音色がガラッと変わりますよ!

たかがリガチャー変えたぐらいで…って思うかも知れませんが、リガチャーを変えたことのない人なら、きっと驚くと思いますよ(笑)

リガチャーもいろいろとありますが、リガチャーによって個性がありますので、いろいろと試してみるといいと思います。

人気があるのは、ハリソンハーツ(須川さんも使ってます)とかが人気ですが、私のオススメはブログの記事にも紹介してますが、BG Traditional がオススメですね。金メッキの塗装の厚さが0.3ミクロンのものと、0.5ミクロンのものがあり、0.5ミクロンの方がまろやかで音もよく響きます。

ハリソンは、結構音の輪郭がハッキリして硬めの音が出ますが、BGの方は太くて柔らか目の音のになります。

ちなみに、うちのアンサンブルでは、私の影響を受けて4人全員がBG Traditional の5ミクロンのリガチャーを使っていますよ(笑)
一応、全員とも試奏してみてBG Traditional が一番気に入ったようでしたからね。(^。^;)

また、音が少し明るすぎるからちょっと暗めの落ち着いた音にしたいということであれば、革製のリガチャーがオススメです。BGは革製のリガチャーも出していますし、他ですとロブナーの革製リガチャーなんかが人気がありますね。

リガチャーを変えると、さらに楽器がよく鳴るようになりますので、息もスムーズに入るようになると思います。

サックスでは、口により近いものが変わると音色や吹奏感に大きな影響を与えますので、マウスピース、リード、リガチャー、ネック、ネックスクリューなどを変えると音色や吹奏感が大きく変わるんですよ。。


BG のリガチャーについては、過去の記事で詳しく写真もアップしたりしてますので、また参考にしてみて下さいね!(^_-)
2008-11-13 Thu 02:04 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
こんばんは!

一気に寒くなって、朝は手袋が欲しいくらいです~。
冬は苦手です。。。


Takaさん、ビギナーモデルのとても詳しい見解ありがとうございます♪

まだまだ超初心者だし、しかも目指す音も明確ではないし・・・という気持ちもあって選んだのですが、今になってあまりビギナーモデル使ってる人って聞かないなぁ・・・と不安になってたので、ちょっと安心しました(^.^)
買ったとき、この子と一緒に成長しよう!と思ったので、物足りなくなるのが感じるくらいまで上達して大事にしようと思います☆

Takaさんのおっしゃる、響くって言うのがどういうことかもまだまだわかってないですし、生演奏などもたくさん聞いて、耳も肥やしたいなぁと思っています。

オフ会のサックスの大試奏会!
楽しそうですね~♪
キャノンボールの試奏レポもゆっくりでよいです☆楽しみにしています!

ボブ・バーグとグローバーワシントンジュニア、たぶん同じジャンルかもです♪


>だいずさん

私のマウスピースはS80 C*です。
楽器に付いていたキャノンボールのを使っていましたが、レッスンの早い段階で「マウスピースは変えたほうがいいかも」ということで試奏しながら先生に選定していただきました。
☆の意味やら90だか80の意味はわかりませんでしたが、4~5本吹いてみた中で、自分でこれかなぁ、と選んだのがS80 C*だった、と言うわけです。

自分に合ったのって、それぞれなんですね!


私はみなさんがリガチャーをどうされてるかが知りたいです。
そろそろボーナスと言う名の寸志っぽいものがでるかもなので、リガチャー変えようかなぁと・・・。
楽器が割と(良く言えば)豪快系なので、リガチャーによってどう変わるのかなーと・・・。もっと派手になってしまうのかしらん。
(実は、あんな小さな部品でホントに音なんて変わるの?ってちょびっと思ったりもしてます・笑)


ではでは、Takaさん、コンテストの練習と、演奏会の練習、頑張ってくださいね!
みなさんも体調崩されぬよう~。
2008-11-12 Wed 00:48 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
みなさん、お久しぶりです!(^。^;)

しばらくブログがご無沙汰になってしまっているうちに、ありがたいことにカウンタも「2000」を超えていましたね。

そして、秋もすっかり本番になり、紅葉が美しい季節になりましたね。


>Yuri さん

キャノンボールは、STUDENT MODELを使っていらっしゃるのですね!(^O^)

私の方はバタバタしててまだ楽器店に足を運べていませんが、そのうちバリバリ試奏してレポートしますから気長に待ってて下さいね!(^_-)

息が入りやすいということは大切なことですよ!
息が入りやすくても、腹式呼吸を使ってしっかりと楽器を吹かないといくら息の入りやすい楽器でもちゃんと鳴ってくれませんからね~(^^;)

私の感じ方で言うと、ハイエンドの楽器になればなるほど、楽器の響きの限界というか、幅が広くなりますね。かなり楽器を吹き込んでも、響きがなかなか飽和状態にならないっていう感じです。

分かり易く言えば、ビギナーモデルですとある程度息をしっかり吹き込むとそれ以上楽器が響かないというか、よく響くのですが、ある一定以上の息を入れるとそれ以上楽器が鳴らないみたいな感じになってしまうように私は感じます。

上達してくると、ビギナーモデルが物足りなくなるのはそのせいかな…と私は個人的に思っています。

でも、ビギナーモデルでもちゃんと調整されたバランスのいい楽器であれば、それなりの音は出ますので、最初はそれでも十分だと思いますよ。。(^_^)

いつかオフ会をした時にでも、みんなでサックスの大試奏会でもしましょうかね?!\(^o^)/


ボブ・バーグって、フュージョンジャズの奏者のようですね。。私の敬愛する、グローバー・ワシントン・Jr.のような感じですかね?

私も時間がなくてなかなか知らない奏者の研究ができていませんが、落ち着いたらいろいろと聴いてみようと思っています。

芸術の秋…

私は、コンテストの練習と高校生に聴かせるための演奏会の練習に追われています。。(^。^;)




>だいずさん

お久しぶりですね!元気にしていましたか?

マウスピースの選択で悩んでいるようですね。

S80 C* ということは、私の20年来の愛用マウスピースと同じですね!

ヤマハのマウスピースは、型番は何ですか?
スタンダードということは、4Cとかでしょうか?

マウスピースの記事でも触れていますが、マウスピースの吹きやすさやは、ティップオープニングの開きが一番大きな影響がある部分だと思います。

S80シリーズは、セルマーのマウスピースでも、ティップオープニングの開きが大きいマウスピースですので、息の量もそれなりに必要ですが音のボリューム的には大きな音が出ます。

S80 C* でちょっと吹くのがしんどいということであれば、S90シリーズの方が吹き易いと感じるかも知れませんよ。

私は、今はアンサンブルではS90 180を使っていますが、S80 C*よりもティップオープニングの開きが小さいので、音程も安定していますし、チェンバーがS80よりも広く設計されているので、特に中低音は音も出しやすくてよく響きますよ。S90 180でもちょっとしんどいようであれば、S90 170も試してみるといいと思います。

S90シリーズについては過去の記事でも触れていますので、参考にしてみて下さい。

マウスピースについては、楽器と同様に楽器店で試奏させてもらえますので、楽器店に行って試奏させてもらうと一番よく分かると思います。

大阪でしたら、梅田のハービスENTにあるJEUGIAに行けば、手ぶらで行ってもすべて貸し出しで試奏させてもらえるので足を運んでみてはいかがでしょうか?(私はJEUGIAでよく試奏させてもらってますよ)

もしくは、S80 C*がちょっとしんどいようであれば、リードの番手を1つ落として柔らかいリードを合わせるのもひとつですよ。ティップオープニングの開きが大きいマウスピースは、柔らかいリードとの相性がいいですからね。(^_-)

別に2半のリードを使っても、楽にいい音が出るのであれば全然OKですからね!

また、全部試してみて、ヤマハのマウスピースがやっぱり一番吹きやすくていい音が出るというのであれば、ヤマハのマウスピースがだいずさんには一番合っているということだと思いますので、迷わずそちらを使うのが一番です。


以上、参考になれば幸いです。
2008-11-09 Sun 02:56 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
 皆さんお久しぶりです。文化祭の準備に忙殺されていて、なかなか顔を出せませんでした。

 ところで、皆さんはどんなマウスピースを使ってらっしゃいますか?そのことで、僕は今悩んでいるんです。

 いままで楽器購入の際に付いてきたヤマハ スタンダードではなく、 セルマー S80 C★ を使っていたのですが、試しにヤマハのものを使ってみると、とても吹きやすいのです。

 息の入り具合は程よい抵抗感があるし、体の力みもとれて、楽に演奏できるんです。それで今、マウスピースをヤマハのものに変えようかと悩んでいます。

 セルマー S80 C★といえば、初心者でも吹きやすい定番のマウスピースということなので、このマウスピースで吹けないのは、僕のほうに問題があるのでしょうか?それとも相性が悪いだけなのでしょうか?
2008-11-08 Sat 18:51 | URL | だいず #ax4px7aw[ 編集]
Takaさんみなさんこんにちは♪
気温もすっかり下がってきて、すっかり秋冬モードですね。
早いもので今日で10月も最終日とは・・・おつかれさまでした☆

私は体の方は食欲の秋ですが、毎日の1時間練習のおかげで、顔周りがスッキリしてきたみたいです!サックス小顔エクササイズです☆(自分にしかわかりません・笑)


わぁ!Takaさんキャノンボールレポ、待ってます!!

私は購入する際、一番安かったYAMAHAの10万円台のモデルと、キャノンボールのブラックニッケルのと、同じくキャノンのスチューデントモデルと試奏してみて、YAMAHAのはなんとなく吹きづらかったので、あとの二つでずーっと悩んでいました。
キャノンの二つとも息はすごく入りやすくて、大きくてバリッという音でした。そしてずっしり重いです!

私なりに比較してみたところ、スチューデントモデルの方が少し小さめでキーも少し近くて扱いやすく、ブラックの方が迫力があってふくよかな音が出ていました。

ブラックの方はもちろん音は良かったのですが、私の体に大して大きくて、キーの位置も遠かったので、迷いに迷って・・・結局は見た目と果たして本当に続けられるか?ということと、予算で(その10万円の差が出せなかった!)、スチューデントモデルの方にしました。
黒いボディは玄人っぽかったので気後れしたのもあります・・・(笑)
(こんなようなことが、先日、某掲示板でも話題になってましたよね~)

いずれ上達したら、信頼の置ける先生に見て頂いて買い換えるつもりで購入はしましたが、息が入りやすいということは、腹式呼吸をちゃんと使わなくても吹けちゃうということなのでしょうか?
そんなこんなでこの選択は果たしてどうだったのだろうか?とちょっぴりもやもやしつつ練習してます・・・(Takaさんに吹いてみてもらいたいくらいです(^_^;)


さて、ボブ・バーグですが、ジャンルはジャズ奏者のようですが、CDを聞く限りではフュージョン系のジャズみたいです。
CDの解説によると、マイケルブレッカーが闘病中に、ボブ・バーグが事故でなくなったニュースを聞いてショックを受けた、ということのようですよ。
雰囲気があり、まっすぐで巧みな音色にオーラを感じます!ってこの説明ではやっぱり伝わらないですね(笑)


明日から11月ですね。そして芸術の秋本番です!
新たな季節のスタートですね、頑張っていきましょう♪
2008-10-31 Fri 14:35 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
みなさん、こんばんは!

風邪の方は、もうあと一息で復活というところまで来ましたが、今週は仕事の方がいよいよクライマックスに近付き、ブログの更新も全く手がつけられない多忙な1週間でした…(^。^;)

楽しみにいつも見に来てくれているみなさん、どうもすみません…m(_ _)m

今日(土曜日)は、昼間は仕事で仕事終わってからは、うちのテナー吹きが例のBuzzのネックスクリューを買って来て欲しいというので、それを帰りに買ってからアンサンブルの練習に少し遅刻して行き、アンサンブルではギリシャ組曲を含む3曲をみっちり?練習して帰ってきました。

ギリシャ組曲は、3楽章、4楽章を練習していて、それなりに形になってきましたが、肝心のコンテストの曲が全くダメですね…(笑)

うちのテナー吹きよ、もしもこのブログを読んでいたら、しっかりと練習しなさい! m9(`・ω・´)



>Yuri さん

なんとなんと、Yuri さんの楽器は、キャノンボールなんですね!!w(゚o゚)wワオ!!

カッコいいじゃないですか!
色はもしかして、ブラックニッケルとかですか?(^_^)

残念ながら、私はまだキャノンボールは試奏したことがないので、今度楽器店で試奏させてもらいますね!(^_-)

それで、また試奏レポートをブログのネタにしようと思います(笑)

新井さんの「ファンタジア」、よかったようですね。
Yuri さんのレポートを読んでいると、私もつい欲しくなってしまいますね…(^。^;)
でも、多分新井さんのソロアルバムを聴いたら、テナーが欲しくなって、テナーを買ってしまいそうです(笑)

ボブ・バーグって、JAZZ奏者ですか?
Yuri さんがどんな音が好きなのか興味ありますね~~(*^ー^)

あ、私の大好きなグローバー・ワシントン・Jr.も故人ですし、マイケルブレッカーも故人になってしまいましたし、私の大好きなプレーヤーも今は亡きという人が多いですよ。

私の大好きな故人となったプレーヤーで生で聴けたのは、マイケル・ブレッカーとクラッシックでは日本の阪口 新 先生ぐらいですね。

私も仕事の方が落ち着いたら、ゆっくり新しい音探しの旅に出たいですね。



>Sulcata さん

ようこそいらっしゃいました!(^o^)

そして、メッセージをどうもありがとうございます!m(_ _)m

あちらのサイトでは、私のブログはあえて紹介してませんので、あちらで私のことを知る人でこのブログを知ったという人は、偶然このブログを発見したという人しかいません(笑)


実は先日、Furu さんにも偶然このブログを発見されて、ブログのメッセージフォームから直接メールを頂きましたよ!(笑)

それにしても、ようこそいらっしゃいました!


またいつでも遊びに来て下さいね。

2008-10-26 Sun 03:08 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
あちらのサイトではお世話になっています。

Takaさんの豊富な知識と経験が沢山詰まった、いいブログですね。
とても勉強になります。

これからも時々寄らせたいただきます。
2008-10-25 Sat 21:29 | URL | Sulcata #7bBJltH2[ 編集]
Takaさんみなさんこんばんは!

Takaさん、お体はいかがでしょうか~?
こちら東京もなんだか暑かったり涼しかったりで、私の職場でもなかなか風邪が治らない人が何人かいますよ。
ビタミンCをたっぷり取って、頑張ってくださいね!


マウスピースの歯型、ますます安心しました(^_-)b 色が変わるまで大事にしていきたいです!


さて、私の楽器ですが、実はセルマーよりもさらに?キー配置が外国人向けの・・・
きゃのんぼーるです☆
はっははは~。先生のセルマーよりもキーが遠かったです(汗)
だから指が開いちゃうんですね!Takaさんに言われて気付きました!って遅すぎです・・・(苦笑)
慣れるしかなさそうですね(^^ゞ



新井さんの「ファンタジア」ですが・・・
クラッシックのサックスCDは初めて聴いたのですが、まず音が・・・弦楽器のようですね!!(驚)
そしてメロディーがとてもキレイで、クラッシックを聴きなれていない私でも、すぅーと体に染み込むようでした。ぜひ私も生で聴いてみたいです。小柳さんのピアノも素晴らしいですよ~。

それこそ星空の下で聴きたいですね~。すごく癒されます・・・。
これはまた新しいサックスの魅力に出会えました☆
(あぁ、レポートになってない・・・笑)


あと、他にも色々と物色中の私ですが、好みの人(・・・多分)を見つけました~。
ボブ・バーグです。
2枚しか聴いていないので、どこがどう好き!というのも言えないのですが、感覚で「おぉ?!これっ!」と思ったんですね~。
でももう亡くなってたんですね・・・残念・・・。生で聴きたかったなぁ。


そんなこんなでまた雑文を書いてしまいました~。
みなさまお忙しいとは思いますが、くれぐれもお体お大事に~(^^)/~

おやすみなさい!
2008-10-25 Sat 01:36 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
みなさん、こんばんは!

もうすっかり秋になりましたね。みなさんはいかがお過ごしですか?

私の方は、仕事の方がバタついているのと、とうとう風邪をひいてしまい、ちっくしょ~~悔しい!!と思いながら風邪から復活しようと頑張っています(笑)


星空のテンプレートは、みなさんに大好評のようですね!(^-^)
私の中では、星空は何となく秋のイメージなので、このテンプレートにしたのですが、みなさんにも気に入ってもらえたようでよかったです。。\(^o^)/


>しばわんこさん

しばわんこさんもレッスンの生徒さんたちで発表会をするんですね。
パート分けということは、アンサンブルですね。
サックスで作るハーモニーは、吹いている方も気持ちがいいので、楽しいですよ!(^O^)

どんなシンプルな曲でも、精一杯心を込めて吹こう!という気持ちはすごく大切ですよ。
音楽記号で言えば、Espressivo(表情豊かに)ですね。
その気持ちを大切にすれば、音色もどんどんいい音色になっていくと思いますので、頑張って下さいね!(^_-)

しばわんこさんも運指で悩んでいたようですね。
運指は、少し指を立てるようにして指先を使ってキーを押さえるようにすると、指がキーからあまり離れなくなると思いますよ。
慣れるまでは少し違和感があるかも知れませんが、慣れてしまうと自然にできるようになると思います。

私の場合は、中学時代にオンボロ楽器を使っていた時に、普通にキーを押さえてもタンポがちゃんと閉まらなくて音がちゃんと出ない楽器を使っていたりしましたので、キーを強く押さえてタンポをしっかり閉めるクセがついてしまっていたので、それを直すのが大変でしたよ…(^。^;)
今からその頃のことはとてもじゃないけど想像もできないことなんですけどね(笑)


>Yuri さん

私のマウスピース、掘れてますよ~~~(笑)
おまけに色もすっかり変色してしまって、見るからに汚らしいマウスピースですが、愛着もあって本当によく鳴るマウスピースですよ!(^_-)

ゆりさんのマウスピースもそんなに長く吹いていなくても掘れてきているようですが、悪いことではないのであまり気にすることはないと思いますよ。
マウスピースを上下に強く噛んでしまうことはよくないことですが、上の前歯2本をしっかりとマウスピースに当てることはすごく大切なことなので、それを意識して練習していると、マウスピースって必ず掘れてきますからね(笑)

あと、運指についてですが、そうそう、エレクトーンやピアノと同じ要領ですよ!
Yuri さんはどこのメーカーの楽器を吹いてますか?
セルマーとヤマハですと、キーの配置が大きく変わってきますし、同じヤマハでもキーの配置が微妙に違ったり、同じセルマーでも私の持っている古いセルマーSERIEⅡと今のSERIEⅡを比べてもキーの配置が違いますし、私も含めて指の短い日本人は結構楽器のキーの配置に苦労する人が多いと思います。

あとは、手首の位置を少し上げたり下げたりして、自分にとって指が動かしやすいポジションを探ることも大切ですよね。

本田さんの運指、見ましたか?(笑)
あの運指が私の目指している理想の運指なんですよ。
無駄な動きが全くなく、力の抜けたスムーズで速い運指…
本田さんのアンブシュアも私の理想とするアンブシュアですね。
涼しい顔で、力のまったく入っていない楽なアンブシュアで、出てくる音はパワフルでシャープな音。

最初に本田さんのあの吹きっぷりを見てしまうと、さすがにサックスはさすがに無理だって思うかもしれませんね(笑)

それか、逆にあんなに楽に吹いているのだから、自分も少しはできるかも知れない…って思うかのどっちかでしょうね(笑)

新井さんの音、素晴らしいでしょう。
私も新井さんのソロアルバムはまだ聴いたことがないのですが、トルヴェールカルテットのアルバムや、コンサートでの生音はよく聴いてますが、本当に素晴らしいと思います。

じっくり聴いたら、またレポートして下さいね!(^_-)



と言いつつも、私もかなりブログが遅れてしまっているので頑張らなきゃ…(^。^;)
2008-10-20 Mon 20:26 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
こんばんは!

満天の星空のテンプレート、すごく素敵ですねぇ!ほんと、癒されますね~。
starchartが見れるのもスゴイですね~。

だいずさん、テストと発表会、お疲れ様でした!
指の痛い原因も究明できてよかったですね~。
原因がわかったら対処の方法がつかめますもんね!

そしてしばわんこさんも来月ですか~!
「きよしこの夜」、なんだか季節的に気分が盛り上がりますね☆
「どんなシンプルな曲でも精一杯心をこめて吹こう!」って、とても大事ないい言葉ですね!ぜひ頑張ってください♪
私はお披露目はまだまだ先になりそうです(^u^)


だいずさんは天文学部ですか・・・いいですねぇ。
私もプラネタリウムは大好きでした!高校の時にバイトして初めて買った高価なものが天体望遠鏡でしたよ~☆


Takaさんのマウスピースも掘れてるんですね!
20年も・・・すごい。私もそのくらい大事にしたいです!

私のは経験が短い割には掘れすぎちゃっている気がして、先生に見て貰ったら”大丈夫、こんなものだよ”というお答えをいただいたので、Takaさんの経験談とも併せて、このまま掘れ続けて貫通するのか?という不安が払拭されました(笑)
これ以上掘れないように噛まないように気を付けます!

パッチは私も貼らない派です~。
実は教室に入る前に、体験教室を2回していて、今の先生の前に他の先生にしていただいたのですが、その先生は”パッチ貼ったほうがいいかも”とおっしゃっていました。今の先生は、Takaさんの持論と同じ事ようなことをおっしゃっていて、生意気にも私は補助輪は付けないで自転車に乗れるようになりたい派(←?)だったのでその根拠はとても理解できました。


運指に関しても、ありがとうございます!指を離さないように・・・先生にも言われました。が、なかなかできませんねぇ・・・卵をイメージして・・・なるほど、エレクトーンやピアノと同じですかね。
そうか、指が離れちゃうのはキーの配置ですね。演奏しやすい運指できれいに見えることを目指します!

しばわんこさんもバコバコ音の同じ悩みが!
少し安心しました(^^ゞ
私は個人レッスンなので、こういうちょっとの不安が共有できて嬉しいです。力を入れないようにって難しいですよねぇ~。音がなくなるように頑張りましょうね!


本田さんの運指も気になったのでYouTubeで見てみました~。
いやこれ、サックス始める前に見なくて良かったかもしれません(・_・;)
運指はもちろん、本田さんの演奏・・・凄すぎて自分で始めよう!って思わなかったかも・・・・。

体力もつけないと、ですね。Takaさんやみなさんは、なにか・・・鍛えてらっしゃいます?
運動嫌いな私も、長い演奏(いつの話だ!)に耐えうる体を作らないと・・・持久力を付けないと、と思い始めました。


新井さんのCDはまさしく「ファンタジア」です!
本日到着しました~。
まだ、さわりしか聞けていないのですが、これも同じサックスの音なのかぁ~!?っと耳を疑りながら美しい音に驚愕しています。
明日からもっとじっくり聞きたいと思っていますのでその節はまた拙い文ながらご報告いたします!


朝晩の寒暖の差がますます厳しくなりますので、ますます体調も崩しやすい季節になりますね。
風邪は首周りから入るそうですよ。首周りを暖めて、気を付けましょうね~!

では、おやすみなさい・・・
2008-10-17 Fri 00:47 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
こんばんわ~☆
ブログのデザインが変わって、凄く癒されます。
最初 「えっ!私間違えた?」ってドキドキしちゃいました。(何を間違えるんだって…)

Takaさん、前歯の質問へのお返事ありがとうございます。
(はい、顔面打った時の痛みは今でも夢に出て来る程です)
大切なのはやはり、口全体でマウスピースを包む事と改めて実感しました。

だいずさん、「発表会」お疲れ様でした!!
またお話聞かせて下さいね~♪
かくいう私も来月、あるんですよ…。
舞台に立つとかじゃなく、私の担当の先生の生徒さん達が一同に集まって、それぞれ演奏するんです。
私は5人のグループレッスンなので(かつ初心者の集まり)パートを分けて、
曲名は「きよしこの夜」…(どんなシンプルな曲でも精一杯心をこめて吹こう!と練習してます)

さて、Yuriさんが話題にされていた「指(というか手)」私も悩んでます。
最初の頃はがちがちに力が入りすぎてて、カクカクしてました(笑)
以前よりは、余計な力は抜けたとは思うのですが「バコバコ」が気になって…。
あまり離し過ぎない様にと意識しだしたら、少しスムーズになった様な気がします。
ホント、いろんな疑問や悩みが尽きないですね。
Takaさんの色々なジャンルでのコメントがホントに有り難いです!!

今週あたりから気温も少しは安定するでしょうか?
皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
おやすみなさい。


2008-10-14 Tue 00:00 | URL | しばわんこ #-[ 編集]
みなさん、こんばんは!

仕事の方でちょっとゴタゴタがあって、ブログの更新がちょっと遅れてしまってます。(^。^;)

おかげさまで風邪の方もひどくならずに復活できました。



>Yuri さん

そうですよ、肩こりがひどくなると、肩から首筋の筋肉が張ってきて、アゴが引っ張られる感じになるので、噛み合わせが変わるんですよ。そして、噛み合わせが変わると、歯と歯茎に負担がかかるようになったりして、歯が弱い人は詰め物が取れてしまったり、歯茎が弱い人は歯茎が腫れたりして、自分の弱いところのそのしわ寄せが来るそうです。

そんなに持ち上げてもらっても何も出てきませんよ~~(笑)

それに、私もアマチュアプレーヤーですからね…(^。^:)

サックスの大好きな人とサックスの話で盛り上がるのが楽しいので、ここでは気を使わずに何でも好きなこと書いて楽しんで下さいね!(^O^)

文章はどんなに下手でもかまいませんし、文章は長くてもいいし、むしろ長い方が読んでても楽しいので、ジャンジャン遠慮せずに書いて下さいね。連続投稿も大歓迎ですよ!

サックスの好きな人に自分のブログのように楽しんでもらえたら嬉しいですし、私も他のブログとはちょっと違うブログにしたいと思ってますからね。

マウスピースのことですが、私のセルマーのS80 C☆なんかは、マウスピースの記事に写真を載せていますが、もう20年以上も使っていますので、色は褪せて汚いですし、歯の部分もしっかりと掘れてますよ(笑)

それと、私はマウスピースパッチは貼らない派ですので、マウスピースにティースマークがくっきりと付くんですよね。最近買った新しいマウスピースはさすがにちょっと大切に使おうと思ってマウスピースパッチを貼って吹いてるのですが、一番薄いものを貼ってます。

マウスピースパッチは、響きが悪くなるのと、マウスピースパッチを付けると上の前歯が滑らなくなるので、パッチに頼ってしまって上の前歯がしっかりとマウスピースに当たらなくなるので、基本的に私は貼らない派です。


新井さんのCD、注文されたんですね!
「ファンタジア」かな…?
私も新井さんのソロアルバムはまだ聴いてないので、聴いたらまた感想を聞かせて下さいね。

指ですが、実は私も男のクセに指は長くないですし、どちらかと言えば短いんですよ。おまけに、楽器も昔のセルマーのSERIEⅡですので、キーの配置が思いっきり外人仕様ですので、もう慣れはしましたが運指は結構大変なんですよ。

指の長さもいろんな人がいると思いますが、私が運指で気をつけていることは、キーを押さえる時に、指をあまりキーから離さないようにして練習しています。それと、キーを押さえる時はできるだけ指の腹は使わないようにして、指の先で押さえるようにしています。指を少し立てるようにして、手の中に卵が1個分入るような感じです。そうすると、指の無駄な動きがなくなって、運指も綺麗になるからです。

ちなみに、私の目標とする運指のスタイルは、本田雅人さんの運指です。本田さんの運指がまさにキーから指があまり離れない、私の理想とする運指なんですよ。私もなかなか本田さんみたいな運指にならなくて、苦労してますが…(^。^;)

運指は人によって指の長さや楽器によってもキーの配列が違いますので、一番自然で動かし易い運指が理想だと思います。



>だいずさん

久しぶりですね!

大学推薦のテストの方は順調にクリアできましたか?

大学生になれば自分の時間も高校時代とは比べ物にならないぐらい増えますので、サックスも思う存分吹けると思います。

私も大学時代は自分のサックス人生の中でも一番充実した時期でしたし、一番サックスが上達したのが大学時代でしたからね。

ブログのデザイン、変えましたよ!(^-^)
もうすっかり秋になったので、さすがに夏の海のデザインが不似合いになってきましたからね(笑)

ブログのテンプレートでいろいろと探してたんですが、このデザインなら秋っぽさが少しは出せて文字も結構読みやすくてしっくりくるかな…と思って選びました。

そうですか、だいずさんは天文部なんですね!
私も夜の空を見上げることがありますが、天文は人間の計り知れないスケールの大きさなので夢がありますよね。かく言う私も、小学生の頃はプラネタリュームが大好きで、夏休みとかは毎日のように通ってましたよ(笑)

右手の親指が痛む原因が分かりましたか!
姿勢が崩れるということは、吹いてるうちに上体が前傾姿勢になってきてしまうのかな?

背筋を伸ばして、ストラップをしっかり引き上げて楽器を自分の方に持ってくるように気をつけると、親指で楽器を上に持ち上げようとしなくても楽器が安定すると思いますよ。そうして、自分のどこが悪いのかっていう原因を考えるように練習すると上達も早くなると思いますので、頑張って下さいね。


いよいよ明日(もう今日ですね)が初めての発表会なんですね!

ステージで演奏することは本当にいい経験になると思いますので、頑張って下さいね!

緊張したら、お腹で大きく深呼吸して、たっぷりと息を吸ってお腹からしっかりと息を吹き込むことを意識して吹くといい演奏ができると思いますよ。

明日の演奏会の成功を祈ってますからね!(^_-)

演奏会の報告、また聞かせて下さいね。
2008-10-12 Sun 01:48 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
 皆さんこんばんは!
大学推薦の大事なテストがあったのでしばらくコメントできませんでした。

 明日は初めての発表会なんです。曲は「この素晴らしき世界」です。頑張って来ます!

>>Takaさん
 ブログのデザインを変えられたんですね。凄くおしゃれだと思います。僕は天文部に入っているので、このデザインは好きですね~。

 右手親指の件ですが、いまだに痛みます。ですが、その原因は分かりました!
 どうやら僕は直ぐに姿勢が崩れてしまうみたいです。それに加えて親指で上に持ち上げようとしてしまってるので痛むんだと思います。原因が分かれば、後は時間が解決してくれると思います。
2008-10-11 Sat 22:20 | URL | だいず #ax4px7aw[ 編集]
こんばんは♪

お二人とも大丈夫ですか?季節の変わり目って体調崩しやすくなりますもんね。
風邪対策にはショウガがいいですよ~!
お大事になさってくださいね。
かくいう私も先週は風邪気味+偏頭痛が続いていました・・・これも季節や気圧の関係かしらん。

>Takaさん
肩こり⇒歯の噛みあわせが変わるんですか!反対はよく聞きますが・・・よっぽどの疲れだったんでしょうね・・・。歯茎も腫れたら辛そうですね(>_<)
もう大丈夫ですか?あまりご無理なさらず・・・。

>しばわんこさん
私なんて全然文章ダメです・・・。
人様のブログに、あまり長くなっては・・・と、まとめようとして、失礼なコメントになっていたり、逆にくどい文になっていたり。(現に前の時にはTakaさんにお礼を伝えそびれ追記して、前回は1000カウントおめでとうございますといういちばん大事な一言が抜けてしまっていました・・・Takaさんごめんなさい!!)

しばわんこさんのコメント、自然で優しい感じで私好きですよ♪だいずさんも爽やかで若さ溢れる人柄が伝わってきますしね~。
鏡で研究したり、イメトレしたりと素晴らしいと思います!「清水の舞台から飛び降りちゃっ」てくれてありがとうございます!私も同感です~☆
オフ会、あったらいいですねぇ~!


そしてブログの記事にしろコメントのお答えにしろ、Takaさんはすごいなぁ~・・・と思います。
ブログを続けるのって、毎日でもそうでなくても、本当に大変だと思います。しかもこの内容で!チューナーの記事も全然手抜きじゃないですよ~!このネジもカスタムできるのね!と思ってびっくりです。
教えていただいたアドバイスや、記事に全部に、ほぉ~っ、そうかっ、うんうん。と返事しながら読ませていただいてます!コメントでアドバイス全部にお返事書ききれなくてごめんなさいm(__)m

歯の疑問もなるほどーと思いました。
そうすると、マウスピースに付く歯型は個人個人で違うわけですね。私は上の前歯が、出てはいないのですが少し大きめなので、ふたつ掘れてます(笑)なんだか自分のマウスピースに愛着が沸きますね!
くれぐれも体調にはお気をつけて、適度にお休みして、楽しく書いていってくださいね。


しばわんこさんは須川さんのCDお買いになったんですね~。
私もTakaさんに教えていただいたテナーの新井さんのCDを注文しました♪届くのが楽しみです!

須川さんといえば、前にたまたまTVで演奏風景を拝見してはいましたが、Takaさんのブログの動画で初めてしっかりと拝聴しました・・・!
なんっていうんでしょう・・・指がこの上なく軽やかで、息も軽々入れていて、うひゃーって感じでした・・・。天使が角笛吹いてるみたいでした!(あっ、大先生に失礼な表現ですかね・・・(・・;)

そういえば、しばわんこさんの鏡を見ての練習と須川さんのあざやかな指使いで思い出したのですが、私もふと鏡を見た時に、左手がなんていうか・・・ガニマタみたいに、開いてるんです(;_;)

私の先生は指が長いからかキレイに揃ってますし、なーんか私の指はかっこ悪いんですよね・・・。手が小さいんですかね・・・。
斜め上方から押さえるようにするとか、揃えようと意識したほうがいいのかな?と思って、まぁ初心者だからそんなことにとらわれずに他のことに気を使ったほうがいいんだろうな~と思ったり。
でも最初のころは、あまりにバコバコと開閉音がいうものだから、自分でおかしくって吹き出してました。・・・それは少しは納まりましたが(^^ゞ

バタバタとならないように優雅に?演奏したいと思っています☆

やっぱり長くなってしまいました・・・
それではみなさん、風邪おだいじにしてくださいね!
2008-10-08 Wed 01:02 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
>しばわんこさん

風邪の方は大丈夫ですか…?

という、私も風邪をひきかけていたりするのですが…(^。^;)
季節の変わり目は、私なんかはいつも体調崩したりしやすいので、またかぁ…って感じです(苦笑)

ありがとうございます!
ブログの更新って結構大変だなぁ…と思いつつ、読んでくださるみなさんのために頑張って更新してます。

そんな尊敬するとか、そんな大したものじゃないですよ(笑)
私はただサックスが好きだというただそれだけですよ…(^^)

私もこのブログで長い文書いたりしてますが、これが日常生活の中で例えば自分の気持ちや感情を相手にうまく伝えたりするのは、めちゃくちゃ下手なんですよ…(苦笑)

言葉を選び間違えたり、一言多かったり、言わないといけないことを言わなかったり、言わない方がいいことを言ってしまったりと、いつも失敗ばかりしてます…(^。^;)

私も結構なめんどくさがりで、気持ちが乗らないとやらないし、気分のムラがかなり激しい人間なので、自分で自分をコントロールするのが大変です…(笑)

ですので、あまりお堅く考えずに、気楽に遊びに来て好きなこと書いてもらっていいですからね(笑)

「清水の舞台から飛び降りちゃった」なんて、そんな大したブログじゃないですし、ほとんど私の自己満足と独断と偏見の世界のようなブログですので、気楽に遊びに来て、くだらない冗談でも言ったりして気楽に楽しんでもらえたら嬉しいです。

「アリア」、よかったでしょ?1曲目のアヴェ・マリアからしてすごくいいですもんね…
私は、プッチーニやモリコーネ、フォーレなんかも大好きですね。私も、こういったクラシカルサクソフォーンの美しい音色を聴くと、サックスって本当にいい楽器だな…といつもつくづく思いますね。

しばわんこさん、頑張ってるみたいですね!
サックスは試行錯誤の連続ですよ。それがまた楽しくなってきますからね。

オフ会、いいですね~~!いつかオフ会を企画して、みなさんでアンサンブルしたり、小さな演奏会とかして楽しめると面白いですね。
その案は、是非ともいつか必ず実現させたいと思います!(^_-)

そうそう、歯のことですね。
実は私は前歯じゃないんですけど、右下の歯がブリッジしてますよ。

しばわんこさん、小学生の時に転んじゃったんですね…(>_<)
めちゃくちゃ痛かったでしょ?

前歯のブリッジですが、楽器を吹く上ではそれほど影響はないと思いますよ。

プロのプレーヤーでも、差し歯の人だっていますし、前歯のない人だってプロのプレーヤーとして活躍している人もいますので、大丈夫ですよ!
息は、口の周りの筋肉でしっかりと包み込んでいれば、息が漏れることはないですよ。

かく言う、私も上の前歯2本のうち、片方の前歯が長くなっているので、アンブシュアを作る時に、上の前歯は1本しかマウスピースに当たらないんですよ。
2008-10-07 Tue 07:43 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
Takaさん、皆さん、おつです。
一気に涼しくなったのはいいのですが、ついでに風邪をひいてしまい、なかなか治らず、臥せっておりました。(情け無い…トホホ (T T)

話は変わりますが、Takaさん、ブログの1000カウント達成おめでとうございます!!^^

(いつも思う事なのですが)Takaさんはもちろん、Yuriさん、だいずさんも、ご自分の知識や考えをきちんとアウトプットできるので、尊敬し、羨ましい限りです。

私はもともとが面倒くさがり、且つ、表現が下手で言い訳ですが…)で、思う事が合っても形に残す→つまり書き込みしたりとかはすごく苦手で、Takaさんのブログにはもうほんとに「清水の舞台から飛び降りちゃった」ぐらいの気持ちで、寄らせてもらってるんです…と愚痴はこのぐらいにしてと。

須川展也さんの「アリア」聞きました!
頭をガーンとやられました。サックスの音色ってこんなにも繊細で柔らかい響きだったなんて…。
多種多様な音色があるんだな~って改めて、サックの事が好きになりました~♪

最近は、息を1点にまとめる点や、息のスピード等のコメントをメモして、イメージしながら練習しております。(なかなか上手くいきません。あ~Takaさんとみなさんでオフ会あったらな~アハハ☆)

また、歯医者さんのお話が出ていたのでお聞きしたいのですが、私は左前歯・右前歯・その右の歯でブリッジにしてある為
<実は小6の時、転んで顔面強打→前歯が折れちゃったのです(><)>
右前歯と左前歯、右前歯とその右の歯の歯茎に少し隙間が開いているんです。
これって、やっぱり演奏に影響があるのかな?って時々考えちゃいます…(息が漏れるとか)

とりとめもなく書きこんでしまいました。
朝晩と気温の差がありますので、みなさんも体調には気をつけてくださいね。
では、おやすみなさい。











2008-10-06 Mon 22:50 | URL | しばわんこ #-[ 編集]
こんばんは。

10月も2週目に突入して、外もすっかり秋らしい気候になってきましたね。

私の方は、土日にちょっと練習しすぎたのか???
少し体調、崩しかけです…(苦笑)

みなさんは体調など崩さずに元気で過ごされていますか?


>Yuri さん

歯の噛み合わせを調整すると、肩こりや体調までよくなったりしますので、本当に影響大ですよ。
私も数ヶ月前に、仕事の疲れとストレスから肩こりがひどくなり、歯の噛み合わせが変わり、歯茎に思いっきり負担がかかって歯茎が腫れ上がってしばらく歯医者に通いましたからね…(T_T)

お腹の底から音を出すのが楽しくなれば、しめたものですよ!
音もどんどん良くなっていくと思いますので頑張って下さいね。
2008-10-06 Mon 20:49 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
こんばんは!

わぁ、実際に出来る技術だったんですねぇ~・・・。そしてすごいややこしい!超難関なのは文章で伝わってきました(笑) 私も見てみたいです。
昔のモヤモヤがスッキリしました~(^^♪ ありがとうございます!


Takaさんは信頼できる歯医者さんがいらしていいですね~。
私は歯医者さんでちょっと咬合の調整をしてみましょうかって話になりました。そして思ったよりも虫歯が多く発見されて良かったです!?


ロングトーンの練習の仕方、よくわかりました。
細く長く、より、太く・・・しっかり!なのですね。
腹式呼吸の項目も本当に参考になりますm(__)m

レンタル教室で練習するときなど、お腹の底から音を出すとほんとに気持ちいいですね~。
先生にも、深呼吸しながら演奏するようなものだから、緊張しにくい楽器なのだと聞きました。吹くとリラックスできるなんてスゴイ楽器ですね!(私はまだまだ教室で緊張しますが(^_^;)

そういえば、息に集中している時はTakaさんのおっしゃるようにそんなにアンブシュアが気にならず、アンブシュアを意識したときよりも唇の裏がザラザラにならないみたいです(笑)


さて、また今週を乗り切れば3連休ですね!
このところ気候も変わりやすくなってますので、Takaさんもみなさんも体調にはお気をつけて!
2008-10-05 Sun 23:19 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
>Yuri さん

こんばんは!

顎関節症は、うちのバリトン吹きもアゴが弱くて少し患っているようですが、ひどくなってくると痛くてサックスが吹けなくなってしまうので、早めに治療するのがベターですね。
早速、歯科を予約したとのことですので、安心ですね。(^O^)

私も信頼を置いてる歯科医の先生がいるのですが、アゴや噛み合わせなども含め、リンパなどの関係とかも丁寧に説明してくれたりしますので、私もいろいろと勉強になりましたよ。(^^)


おーーっと、その先生の言っている、、「鼻から息を吸って口で息を吐き続けて吹き続ける」 というのは、まさしく 「循環呼吸」 というやつですね!

循環呼吸は、サックスのプロの奏者でも、器用な人じゃないとなかなかできない超ウルトラCのテクニックですよ~(笑)

私も、そんなに有名じゃないプロの人(音大卒の若手)が、自分の演奏会でウケ狙いというか、ドッキリ技の披露みたいな感じで、器用にも循環呼吸をしながら、とんでもなく長いロングトーンをして聴衆の大拍手を浴びていたのを見たことがありますよ(笑)

循環呼吸の原理は、息がなくなってきたら、吐く息を口の中にいっぱい溜めておいて、喉と口の通路を閉じて、鼻と喉の通路に切替えて鼻から息を吸って、口の方は口の中に溜めておいた空気を楽器に少しずつ口で送り込んで音を繋いでおいて、息が鼻から取れたら、また喉と口を繋げて息を吐くという、文章にしただけでもややこしくなりそうな器用なことをやる訳です(笑)

この循環呼吸は、器用な人じゃないとできないので、有名なプロの奏者でもできないという人もいますし、逆にアマチュアの人とかでも器用な人ですと循環呼吸ができるという人もいますよ(笑)

そりゃあ、中学生で循環呼吸ができるような器用さの持ち主であれば、先生の言う通り音楽の成績は当然「5」でしょう!(笑)

さて、「息を続ける」ことについてですが、一般的には 「ロングトーン」 と呼ばれていますが、このロングトーンは私も中学生の頃には意味を履き違えていて、息を続けてどれだけ長く吹けるかというよりは、音を長く伸ばして、「どれだけしっかりと安定したいい音で吹けるか」 ということの方に重点を置いて練習することの方が大切なんですよね。

息を長く伸ばすことに重点を置くと、まず吹く時に息をセーブして吹き込むようになりますので、楽器に息がしっかりと入らない、というかセーブして入れないという傾向になると思いますし、さらにプラスしてマウスピースを強く噛んで息が出ていくのをセーブするという傾向も出てきてしまって、あまりよくないと思います。(うちのアンサンブルのテナー吹きがまさにその傾向が出てしまっていて、その悪い癖を治すために今頑張って練習してますよ)

ロングトーンでは、最初はそんなに長く音が伸びなくてもいいので、とにかく息をお腹にたっぷりと吸い込んで、吹く時も息をセーブせずにしっかりまっすぐに息を吹き込んでやるようにした方が、練習としては絶対に効果的だと思います。

最初は、四分音符=60の4拍ぐらいでもいいので、ロングトーン練習では音の長さよりも、しっかりと安定したいい音で吹けるように練習するのがいいと思います。

最初は息が持たなくてしんどいかも知れませんが、しっかりした音が出ていれば、最初は伸ばす音が短くなってしまっても全然OKだと思いますよ。

息を長く伸ばすロングトーンのコツは、本当に単純なことですが、息をたくさん吸うことです(笑)

それも、ちゃんと吸う息は腹式呼吸を意識して胸に息を入れるのではなく、お腹の方に息を入れてやるようにします。

そして、吐く時も息をセーブしたりせずに、楽器にたっぷりと吹き込んでやる感じでお腹からしっかりと息を吹き込むことです。

たっぷりお腹に息を吸い込むと、4拍ぐらいですと息が余ってしまうかも知れませんが、息が余ってしまった場合は、次のブレスでは一旦その余った息を素早く全部吐き出してから、また改めて息をガバッと吸うようにした方が、息はたくさん吸えると思います。

「たくさんお腹で息を吸って、吐くときはその息をセーブせずにしっかり楽器に吹き込む」

私は、これが基本だと思っていますね。


ロングトーン練習のときは、最初はブレスのために1拍分休みを取ってもいいので、しっかりと息を吸う習慣を身体に覚えさせるといいですよ。そして、息を吸う練習をするときは 「スーーーッ!」 と音を出して息を吸うようにすると、息を吸うことを自分で意識しながら練習できると思います。

この辺りの内容は、腹式呼吸の記事のところにも書いてますので、また参考にしてみて下さいね!(^_-)
2008-10-02 Thu 19:05 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
こんにちは!

Takaさん、アゴの件アドバイスありがとうございました~
時期的に、「タンギングをしながら息を続くところまで続ける」という練習を始めてからということに思い当たり、確認しながら吹いてみたところ、やっぱり苦しくて思いっきり力が入っていました(・・;)
自分ではコレが原因かなぁと思いますが・・・。
念のため、歯医者さんの予約しちゃいました!(虫歯もあったので・・・(^^ゞ)

そいうえば、Takaさんの中学生の頃のエピソードを読んで、思い出しました☆
中学時代に、たまたま吹奏楽部の先生がリコーダーの授業を受け持ったとき、「鼻から息を吸って口で息を吐き続けて吹き続けることができたら5をやる!」(注:女性です・笑)と言っていました。
そんなこと人間できるのかいな?と思って、先生のその言葉がしばらく気になっていましたが・・・

息を続けるって難しいですね・・・。
これはどういうところを鍛えればいいんでしょう。やはり腹式呼吸ですかねぇ?
運動音痴(自分 σ^_^;)でも大丈夫でしょうかねぇ・・・。
みなさんは、そのあたり、どういう練習をしていますか?
2008-10-02 Thu 14:38 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
みなさん、こんばんは!

台風も近づいてきて、今日は朝から雨で寒い1日でした。


>Yuri さん

こんな私のフォロー、ありがとうございます(笑)

でも、音楽の世界って結構ドロドロしてて、アマチュアの間でもプライドの高い人なんかだと、人の上に立ちたがる人がたくさんいるんですよ~~(苦笑)
私もそんな人を今までのサックス人生の中で本当にたくさん見てきましたからね…(^。^;)

私が一般の吹奏楽団とかにあまり入りたがらないのは、サックスのアンサンブルが大好きだという理由が一番大きいのですが、その次ぐらいに来るのが、そういう醜いドロドロみたいなのが嫌だからなんですよね…(^。^;)

プロの世界もそうなのですが、音楽をやってる人は結構自分なりの強い信念やポリシーみたいなのを持ってて、それが色濃く出てしまってぶつかる人が結構多いので、人数が増えれば増えるほど団体を運営していくのが大変なんですよ。

中学、高校とかは絶対権力を持った顧問の先生がいて、その先生がちゃんとまとめてくれたりしますが、大学や一般の団体になると、経験のある人間が自分達でまとめながら運営していくパターンがほとんどですので、いろいろと問題も多いんですよ…(^^;)


ギリシャ組曲は譜面上は見た感じ、それほど難しい曲ではないんですよ(笑)

例えば、デザンクロの四重奏曲みたいな曲は、楽譜を見ただけでも真っ黒の楽譜で、♯や♭の臨時記号の嵐で、楽譜を見た瞬間に吹く方も一瞬で戦意を喪失してしまうほどですが、ギリシャ組曲の楽譜はそんなに黒くありませんしね…(笑)

2楽章のソプラノパートのソロなんかは結構大変で、あとは4楽章の速いパッセージぐらいで、それ以外の部分は特に難しいスケールとかも特になくて、聴いた感じよりもかなりとっつき易い曲ですよ。

ただ、8分の7拍子などの変拍子があったり、ジャズ独特のノリやリズムを正確に刻んだりするのがかなり大変ですが…(汗)


Yuri さんも何年後とまで言わなくても、ちゃんと正しい練習をキッチリとこなしていけばすぐに合わせられるようになると思いますし、コツをつかめば上達も早いですよ!(^_-)


私なんかは、中学1年生の時は結構メチャクチャしてて、ロングトーンの時間を同級生と競うために、少ない息で長く音が伸ばせるようにと、リードを紙やすりで削りまくって、リードが半透明になって向こうが見えるぐらいペラペラにして吹いたりするようなムチャもたくさんしてきましたし、みなさんが恥ずかしいと思うようなこと以前に、笑い話にしかならないようなことをたくさんしてきましたから、恥ずかしいなんて思わなくても全然大丈夫ですよ…(笑)


アゴのことですが、できれば早いうちに一度病院で診てもらった方が安心ですね。
サックス吹きは、顎関節症になる人が多いですし、ひどくなるとしばらく楽器が吹けなくなるので、気になっているのであれば早めの通院をオススメしますよ。

サックスを始めたばかりの頃は、アンブシュアとかも気になりますし、結構意識して練習しているとアゴに力が入りすぎたり、マウスピースを強く噛み過ぎたりする人が多いですからね。

アンブシュアは非常に大切ですが、アンブシュアを気にしすぎると息がちゃんと吹き込めなくなってきますので、私はアンブシュアよりも吹き込む息のコントロールの方を意識して練習した方がいいように思います。

しっかりと息を吸って、息を1点に集中させる感じでしっかりとお腹から息が吹き込めていると、アンブシュアもそれほど力を入れなくても楽器がよく鳴ってくれることが分かると思いますからね。

アンブシュアを気にしすぎるのも、口やアゴに余分な力が入ったりして口だけでサックスを吹こうとしてしまう傾向が出てくるので注意した方がいいと思いますよ。

顎関節症になってしばらく楽器が吹けなくなったりすると辛いですからね…(T_T)
2008-09-30 Tue 23:13 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
こんにちは!

>Takaさん
あんなに難しそうなギリシャ組曲を初見で・・・Takaさんチームはさすがですね~。
何年後かはわかりませんが、そんな風になってみたいです。。。

「別に人の上に立って優越感に浸ってやろうとかそういうのではなくて」
ここのところ、つい笑ってしまいました~♪あまりにTakaさんのイメージに似つかわしくないフレーズで・・・(笑)
さまざまな記事やコメントからは、そんな風には微塵も感じませんし(*^。^*)たぶんみなさんもそう思ってると思います♪

人に教えるとかアドバイスって非常に難しいですよね。知識を伝えるだけじゃなく、言い方や方向性とか、相手によっても・・・。

自分がわかっていることを伝えることを、相手に通じるように説明するのは(面と向かっていても)本当に難しいことだと思いますが、初心者の無知な質問にも丁寧にお答えくださってるTakaさんにはとても感謝しています☆
ので、つい「こんなこと聞いたらちょっと恥ずかしいな。。。」と思うことも、Takaさんになら質問できるんですよね~。

>だいずさん
右手の親指の具合はいかがですか?
私も2ヶ月くらい前まで痛かったんですけど、先生に痛いことを訴えてみたらサムフックの角度を変えてくれました。あとは余計な力が抜けてきたのか、最近はもう痛くないです!
よい解決法が見つかって、早く良くなるといいですね。

実は私は2週間前くらいから、右アゴが小さく「カクッ」となることに気づきました・・・!
やはりこれも先生に訴えたら(笑)アゴに力が入っているか、ズレているかも・・・とのことで、ちょっと様子見です。
半年間はなにもなく、最近マウスピースにも脇の方に違う歯形がつきはじめたことに気づいたので、今のうちに曲がっているところや力の入れすぎ?を治したいんですが・・・こ、これは恐怖の顎関節症の一歩目なのでしょうか・・・(・・;)
2008-09-30 Tue 13:49 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
みなさん、こんにちは!

急に気候も肌寒くなって、一気に秋が来たような感じですね。

昨日は、アンサンブルの練習で4人揃った練習になったので、買ったばかりのギリシャ組曲を初見で合わせてみました!
1楽章と3楽章は、初見にもかかわらずみんな頑張って、これから練習していけば仕上がるかな…という希望が持てました。(^_-)

リズムはさすがにかなり難しくて苦労しましたけどね(笑)


>だいずさん
右手の親指の感じはどうですか?
正しい姿勢ができてくると、身体の余分なところに力が入らなくなってきますので、頑張って下さいね。

それにしても家で練習できる環境はやはり羨ましい限りですね。

だいずさんも左利きでしたか(笑)
右利きの人は、クロスの運指で本当に苦労していますよ。
音大生のサックス科の人なんかも、左手のクロスの運指に泣かされているという話をよく聞きましたからね。


>Yuri さん
Yuri さんは書き物関係が左で、お箸が右ですか(笑)
左利きの人って、たいてい両方が使えるんですよね。
私も、お箸を右で使うこともできますし、投げるのと蹴るのは左ですが、バットで打つのは右ですし、かと言っても左で打つこともできますしね(笑)

私のアドバイスがお役に立ててよかったです!(^-^)
私もサックスを吹き始めてから一通りの間違いをしてきたのと、社会人になってからいろんな人とアンサンブルを組んで活動してきたのですが、決して上手な人とばかり一緒にやってきた訳ではなくて、アンサンブルは最低でも4人揃えないといけないので、メンバーの選り好みもできませんし、私は上手い下手というよりもやる気のある人と一緒にやりたくて、昔はテナーの初心者の人をアンサンブルに入れたりして、その初心者の人を教えながら4人で練習して、前の記事でも紹介した難易度:5 の曲でコンテストに出たりしてましたよ(笑)

やる気があってちゃんと練習する人は、教えても吸収力がありますし、本人も頑張るのでどんどん上手くなるんですよね。そして、吹けるようになったら楽しくなってまたどんどん練習してと、いいようにいいように回ってくるようになって、そういうのを見ているとこっちもまたやる気になったりするんですよね。

それと、一番大きいのは、私自身が教えるのが結構好きなんですよ。
別に人の上に立って優越感に浸ってやろうとかそういうのではなくて、人に教えると自分が勉強になることが本当に多いんですよ。

人に教えるためには、自分はどうやって吹いてるかな…?とか、先生にはどんな風に教えてもらったかな…?とかを自分でいろいろと思い出したり、自分自身の奏法などを反省するいいきっかけになるんです。

それと、サックスの大きな楽しみのひとつは、自分であーでもない、こーでもないと試行錯誤しながら練習することなんですよね。

なかなかうまくいかないから、自分でいろいろと試してみたりしてると、新しい発見があったりして、それがまた楽しいんですよね~(笑)
2008-09-28 Sun 16:39 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
書きそびれてしまって連投すみません!^^;

Takaさん、オーバートーンのアドバイスすごくわかりやすかったので出せました!
文字だけでこんな初心者に伝えるって本当に凄いと思います☆

いつもありがとうございます!<m(__)m>
2008-09-28 Sun 00:42 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
みなさん、こんばんは!

>Takaさん、だいずさん
うわぁ~!なんという偶然。面白いですね(笑)
そうそう、電車が自動改札になったころはとても不便に感じました・・・。
そういう細かい世の中の仕組みが、だいずさんのおっしゃるように左利きを両利きにさせるような・・・。

我々は左のキィが動かしやすいんですね!・・・しかし当の左利きはよくわからないですね(^_^;
私は書き物やその他は左ですが、お箸は右です。
Takaさんと反対ですね~。

>しばわんこさん
しばわんこさんもマンションなのですね☆
私も集合住宅なのですが、体験レッスンの時に「家で練習できないので、続けられるか不安」と相談したところ、小さな音で練習する方法を教わりました。(腹式呼吸をしつつ、アンブシュアを噛まないで、小さな音って結構難しいです(・・;)
そうすると、テレビの大きめの音くらいになって・・・えー・・・まぁピアノを練習してる子もいるからいいかな・・・と色々自分に言い訳をしつつ・・・家族にも確かめてもらったら、OKだったので・・・夜は9時半までに終わらせて家で練習しています。
前から上の人の深夜からの騒音が酷いので(汗)ちょっと仕返し・・・とは大きな声では言えませんが・・・(笑)
他はレッスン前にレンタル教室をしてます♪

あと、サックス購入と同時にe-saxも考えたのですが、店員さんに6万円分カラオケボックスに行ったほうがいいですよ。と言われたので、購入しませんでした。でもまだボックスデビューはしていません・・・・。

公園や河原で外で吹くにはまだまだ恥ずかしいです~(*^_^*;)
けど気持ちよさそうですねぇ~!
2008-09-28 Sun 00:36 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
皆さんこんばんは!

>>Takaさん、Yuriさん
なんと僕も左利きなんです。
このブログには左利きが3人も!
右利きの人ってそんなに左手が動かし辛いものなんでしょうか?
左利きの人って日常生活の中で、自然と両利きになっていって、片方の手が極端に動かし辛いということは無いと思うんです。

>>しばわんこさん
僕は家が商店街と国道に面していて、向こう三軒両隣は離れているので、いつも家で吹いています。ただし夕方までですけど。
家でふけない場合は河川敷なんかがいいと聞きましたよ。
とくに橋の下とかで吹くと音響がいいそうです。
ただ砂が入ってタンポが痛みやすいというようなことも聞いたことがあります。
2008-09-27 Sat 22:06 | URL | だいず #ax4px7aw[ 編集]
Yuri さん、こんばんは!

そうですか、オーバートーンの上の音、出ましたか!
おめでとうございます!!(^O^)/

言葉だけで伝えるのは結構難しいですし、音を出すのに試行錯誤しながらちょっと練習しないと出ないかな…って思っていましたので、無事に上の音が出るようになったとのことでよかったです。(^O^)

音を出す感覚がつかめたら、後はそのコツを覚えて磨きをかけていけばいいだけですからね。
これで練習にまた精が出ますね。
いい音目指して頑張って下さいね!(^_-)


そうです、サウスポーですよ~(笑)
食事の時のお箸も左ですし、子供の頃は絵を書いたり字を書いたりするのも左だったんですが、さすがにそれは親に右で書くように直されましたね。(^。^;)

あ、あとボールを蹴るのも左足ですよ(笑)


サックスを吹くのに、「左利きが向いている」ということについてですが、その理由は…

サックスの運指で、左手の中指だけを押せば「ド」で、人差し指だけを押せば「シ」ですよね?
それで、例えば「ドシドシドシドシ……」と吹けば、左手の中指と人差し指を交互に押さえて吹くと思います。
これをサックスでは「クロスの指」と呼んでいて、普通の右利きの人はこの「クロスの指」が上手くできなくて、速いテンポでクロスの指が出てくるとすごく難しいんですよ。

それが、左利きの人ならばすんなりとできてしまう…(笑)
これが左利きがサックスを吹くのに有利だと言われる所以なんですよ!(^_-)

その代わりに、右手のファとファ♯のクロスの運指が苦手になってしまうんですけどね(笑)

上のドとシのクロスは、シの運指に右手のサイドキーの真ん中のキーをプラスするのが替え指になりますので、速い運指はその替え指で対応して、ファ♯の替え指はファの運指に右手の薬指で右手のサイドキーよりも少し下に付いているキーを押せばそれがファ♯の替え指ですので、どちらも替え指で対応はできるんですけどね(笑)

左利きがサックスに有利だというのは、その左手のクロスの指に強いということからよくそのように言われるんですよ!(^_-)


ギリシャ組曲、試聴したんですね。ジャズ調のカッコいい曲でしょ?(笑)

私はもともとジャズのスタイルや奏法が好きで、大学時代はサックス科の友人から、音色や吹き方がジャズスタイルだってよく言われてて、吹奏楽コンクールの審査員にまで講評に「サックスに一人だけジャズスタイルの人がいますね。これからも楽しくサックスを吹いて下さい。」って書かれちゃって、みんなに大爆笑された思い出があるんですよ(笑)

ですので、この「ギリシャ組曲」はかなり難しい曲だと覚悟の上で、絶対にやりたい!って思って楽譜を注文したんですよ!(^_-)

明日か明後日ぐらいには届くはず?なのですごく楽しみです。
2008-09-25 Thu 03:18 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
しばわんこさん、こんばんは!

23日は休出だったのですね。お疲れ様です!(^-^)
私の仕事もよく休出があるので、結構体力がいりますよ。(>_<)

アンブシュアのチェックしたりと、練習頑張ってますね。
文字だけで伝えるのって結構難しいので、分かりにくいところがあったら言って下さいね。
実際に見て音を聴けばどこが悪いかはだいたい分かるんですけどね…
アンブシュアはとにかく噛まないように注意して、ストローに息を吹き込むような感じで息を1点にまとめて吹くようにするといいですよ。
そうすると、口もすぼめる感じになると思いますし、下唇も歯でかまないようになると思います。

私は毎週1回、アンサンブルの練習の時に奈良の島村楽器のレッスン室を借りて4人で合わせ練習をしています。個人練習の時は、狭いレッスン室(確か1時間700円ぐらいかな?)を借りて練習してます。私は島村楽器のレッスンの受講生じゃないので割高料金なんですよね…(^。^;)

難しい曲をやる時は、週1回の練習では全然足りないので時間の取れる日にレッスン室借りたり、あとは夜に車で川の近くの周りに何もないところに車を止めて、車の中で楽器出してシートを倒して車の中で練習したりもしますよ(笑)
昔は、近所の公民館などの公共施設の音楽室なんかを借りてましたよ。そうすると料金も安いですし、通うのも楽ですからね。

あとは暑かったり寒かったりしなければ、人のいない淀川の堤防や河川敷で吹いたりすることもありますし、大阪城公園とかでもよく楽器の練習してる人がいるので、それに紛れて練習したりという手も使えますね(笑)

うちもマンションで音が出せないので、マンションで練習する時は、キーだけポコポコと押さえて運指の練習だけしたりすることもありますよ(笑)

e-sax のような商品も出てますが、そこまでお金かけるのももったいないと思いますからね。

やはり、練習時間が限られている場合は、私なら夜に車で出て周りに何もないところに車を止めて車の中で楽器吹くのが一番お手軽ですね!(^_-)

須川先生のCD、人気のようですね~~
私も楽器店のCDコーナーに在庫がないとすぐにAmazonで注文しますからね。

CDの到着、楽しみですね。
私も「ギリシャ組曲」の楽譜を注文してるので、もうすぐ届くはずなので楽しみです。(^-^)
2008-09-25 Thu 02:15 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
Takaさんもサウスポーですか(^_^)
ギターも不利ではなかったんですね~!
そういえばサックスを始めたころ、先生に「左利きは向いているんだよ」と言われましたがどうしてでしょうかね?

なるほど・・・これがオーバートーンというものでしたか。フラジオの基礎なんですね。

Takaさんのおっしゃるように、優しく喉に力を入れ過ぎないようにキューーッと言う感じで吹いてみたら・・・出ました!(まだ音はキタナイですが(^^ゞ)
舌や喉に力が入りすぎていたんですね。
ありがとうございます♪
よし、次は音をキレイに出すことと、別の音にも挑戦です!


追伸:ギリシャ組曲Ⅰ~Ⅳ試聴してみました。キレイな音色と、すごいフレーズというか音符の羅列というか・・・とにかくかっこいいです。かなり難しそうですね!
2008-09-25 Thu 00:54 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
Takaさん みなさん こんばんわ。
日毎に秋らしくなっていきますね。先週末は台風直撃かと冷や冷や(セーフでした)し、23日は休日出勤でへろへろになっておりました。

私は、まだまだ初心者で…TaKaさんの丁寧なコメントを(例えばアンブシュア)をメモして、譜面台に鏡を置いて、鏡を見ながら、イメージしながら練習してます(T T)

そういえば、みなさんはレッスン以外ではどこで練習されてますか?
私はスクールで部屋が空いていれば、1時間500円で借りてます。
毎日は行けないのが悩みの種…です。自宅はマンションなので吹けないし(グスン)
練習場所の確保も当面の課題です(笑)

明日ぐらいにはアマゾンへ注文した須川さんのCDが届くはず…。
(なんと、2件ショップを探しましたが在庫なしだったんです!)
それを楽しみにして今夜はZZZ…します。


2008-09-24 Wed 23:47 | URL | しばわんこ #-[ 編集]
変な飛び石連休でしたね。
みなさんはいかがお過ごしでしたか?
私はここんとこずっと働き詰めだったので、月曜は休みを取って、朝から目当ての楽譜を探し歩き、今日はいつもの練習場所でソプラノサックスの個人練習に汗を流してました。


Yuri さん、こんばんは。

おっと、Yuri さんは左利きなんですね。
実は、私も左利きなんですよ(笑)

左利きだと、リードギターとかですと指が早く動くので有利ですよ!(^_-)

私もフレット側の左手が動き易くて、結構ハマっていろいろと弾いてましたよ(笑)

クラッシックのサックスは、Jazz や Fusion のサックスしか聴いたことがない方にとってはかなり衝撃的だと思いますよ。
本当に美しい音色ですからね…


さて、高音域が安定しないとのことで、Yuri さんがレッスンでやった練習は、オーバートーン(倍音)練習ですね。

オーバートーンの練習は、吹奏楽やクラッシックでサックスを吹いている人はあまり知らない方が多いと思いますが、Jazz Sax では基本となる練習方法です。

オーバートーンの練習とは、さすが Jazz の先生ですね。

練習方法は、Yuri さんの書いているように、運指を変えずに、息のスピードだけを変えてその音の倍音を出す練習です。

上の音を出すのって、息のスピードがないと結構大変だと思います。
先生が言うように、裏声を出すような感じなのですが、イメージできないと結構辛いと思います…(>_<)

息のスピードを速くするのですが、オーバートーンの練習で高い音を出す時にはちょっとしたコツがあるんですよ。

口の中の状態を「イー」とか「キー」という発音にした時の口の中の状態にして、口の容積を減らしてやるんですが、あまり強く吹きすぎると出ないんですよ。だから、息のスピードだけ速くして、息の力が強くなりすぎないように、少し優しく吹く感じで吹くと出やすくなると思います。

発音で言えば、「キューーーー」っていう感じの発音で、口をすぼめて息を1点にまとめる感じでスピードのある細い息の柱を作ってやる感じにしてやって、息のスピードだけを速くして、息の強さは強くならないように少し優しい感じで吹いてやると出やすくなると思います。

息の力が強すぎたり、喉や口に力が入りすぎると出ませんので、アンブシュアは力が入りすぎないようにリラックスさせて、息は少し優しい感じで吹いてやると出やすくなると思いますよ。

実は、このオーバートーンの練習は、フラジオを出すためには効果的な練習です。

オーバートーンが操れるようになると、フラジオも出るようになりますので頑張って下さいね!(^_-)
2008-09-24 Wed 01:56 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
男の人はギターもカッコいいですね!
私も学生の時に挑戦しようかな?と頭をよぎりましたが、左利きなので普通に弾けるのか、それともシゲルマツザキみたいに左で弾いた方が弾きやすいのかな?と思って・・・えー、思った止まりです(笑)

>Takaさん
凝り性なんですね~。さすがですね!
このブログの詳細な記事や某BBSの丁寧なご回答、そして長くサックスを続けてらっしゃる理由がわかります。
>だいずさん
そうなんです、楽しいんですけど、ちょっと節操がないかな~とも思います・・・^_^;
でもオーネット・コールマン・・・折を見てチェックさせていただきます!

Takaさん、だいずさんお二方のコメントを見ていたらクラッシックのサックスを早く聴きたくなりました!

ところで話はがらっと変わってしまうのですが。。。
先日レッスンに行ったときに、高音部の音が安定していなく息のスピードが足りないとのことで、一番下のシ♭の指使いのままでその上のシ♭、ファ、一番上のシ♭を出す練習を習いました。

私の先生は裏声を出すように、と教えてくれていて、さらにTakaさんの記事の「息のスピード」という項目のように、喉の広さや口の中の様子を変えたりしてるのですが、どうにも一番上のシ♭がでません・・・(・_・;)
喉を狭めすぎて息が通らなくて脳の血管が切れそうになりますが(笑)高音部が出ない別の原因があるんでしょうか・・・。
(・・・という質問は「息のスピード」の記事のコメントにした方がいいでしょうか?(^^ゞ)
2008-09-24 Wed 01:02 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
みなさん、こんばんは!
今週はあっと言う間にまた週末が来て、さっき練習から帰ったところです。
今日は人数が揃わず、アルト吹きと2人の練習だったので、基礎練習して久しぶりにエチュードをガンガン吹いてきました(笑)

>Yuri さん
今週は私も生活のリズムがガタガタで、ダメな大人でしたよ(笑)そう思っているうちにまた週末が来てしまいましたが…(^。^;)

武田真治さん、当たりでしたね!(^^)
彼は芸能人でもちゃんと先生に習っていただけあって、サックスの腕前もかなりのものを持ってますし、ルックスもいいので人気がありますね~(^_-)

そうですか、Yuri さんはマイケルブレッカー似の音なんですね!太くて重厚な音ですね。
そうですよ、マイケルブレッカーは大好きですね。
何年か前に、大阪ブルーノートに彼が来た時に聴きに行ったのですが、彼のパワフルな音には感動しましたね。亡くなってしまったのが本当に残念でなりません…彼の訃報を聞いた時は本当に驚きましたね。

ボサノヴァ聴くんですね。私もボサノヴァのあのリズムとちょっとマイナーなメロディーの曲が好きですね。

私も凝り性なので、ハマってしまうと結構深くその音楽ばかりを聴いたりするんですよね~少し前は、ピアソラにハマってて、ピアソラの曲ばかり聴いてましたね(笑)

私の場合は、ハマるとCD買うわ、サックスの楽譜買うわで聴くだけにとどまらずに自分で吹くとこまでやってしまったりしますからね(笑)



>だいずさん

ギターは高校時代の吹奏楽部の先輩の影響でよく弾くようになりましたね~最初はアコギでフォークとか弾いたりしてましたが、別の先輩がロックバンド組んでて、ジャーニーとか、ヴァンヘイレン、マイケルシェンカー、懐かしのアースシェイカーのコピーとかやってたので、その影響ですね。

当時は、エレキのライトハンドが大流行してて、先輩にライトハンドとかも教えてもらったりしましたよ(笑)

まぁでも、ギターは上手い人がたくさんいるし、やっぱり自分はサックスかな~と思って、サックスばかり吹いてますよ…(^。^:)

今はクラッシックサックスがメインですが、一緒にやってくれるバンドがあれば、JazzやFusion、POPSなんかでも活動したいですね。

そっち方面の活動は、いつか必ずやってみようと思ってます。
その時は、AKAI の EWI を購入するつもりです。(^_-)
2008-09-21 Sun 02:09 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
>>Takaさん

ほんとだ、二重否定になってますね!
いつも投稿前に読み返すんですが、見過ごしてました。(笑)

へえ~、ギターもやってらしたんですね。
やっぱり男なら1度はあこがれるのでしょうか。
ぼくはアコギでツェッペリンやキング・クリムゾンの曲を弾いたりします。(サックスを始めて以来ほとんどやってませんが…)

色々な音楽を聴いてらっしゃるのですね。
多くの音楽を愛せる人って憧れます。
僕はどうも好きになれないものが多くて…
今度CD借りるときに参考にさせていただきます!



>>Yuriさん

なるほど、好みの音色を探していらっしゃるんですか。
そういうCDの買い方も楽しそうですね!
僕はクラッシック・サックスの音色がすきですね。
ジャズならオーネット・コールマンですかね。
2008-09-20 Sat 22:09 | URL | だいず #-[ 編集]
こんばんは!
すっかり週の頭に生活リズムが狂ってしまって今週はボロボロでした・・・ダメな大人です(笑)

明日死ぬかもって思ったのは始めてしまった今思うと、大げさでしたね~^^;
でも結果的にTakaさんたちの仲間入りさせて頂けて嬉しいです♪ずっと楽しんで頑張ります!

5月にロリンズを見に行ったのですが、さすがに足元はちょっとおじいちゃまでしたが、あの年で素晴らしかったですよ~!かっこよかったです☆
Takaさんもあんな風におじいさんになってもきっと吹き続けるんでしょうね!

あっ、某タレントさんは。。。仰る通りです・・・(^^ゞ
ふとテレビで見てかっこいいなぁと思って・・・。生を見に行ったら個性的でかっこよかったです☆


だいずさんは学生さんなんですね!いい環境で練習できて羨ましいです!試験頑張ってくださいね。
それにしてもなんと大人なご趣味で(笑)。
私は、好きな音色を探し中ですので、色々と聴いてみています!
今のところ、コルトレーンやアイク・ケベックが割と好きな音色かなぁと思っています。

Takaさんはマイケルブレッカーがお好きなんですね。私は楽器を試吹したときに、店員さんに「んっ!その音、我々の神様マイケルブレッカーにちょっと似てます!」といわれ、誰だろう・・・(スミマセン)と思ってCD聞いたら・・・全然違うじゃん(・。・; と思った思い出があります。
超素人にヨイショは通じなかった(笑)

この夏はよくボサノヴァを聞きましたね~。普段はJ-POPも聴きます。
最近購入したCDは、セロニアスモンクのオーケストラと、ジーンアモンズのボサノヴァ、あとデュークエリントンの極東組曲、ティナブルックス、ケニーバレル、日本ではPE'Z、ドーベルマン・・・。
あ、気になるのを買っていたら、今月買いすぎたことに今きづきました(笑)

そういえば、ロリンズを聴きに行ったときにスゴクいいなぁと思った曲があって、その曲が入っているCDを買ったら全然違う曲でした!アレンジ・・・にしては原型がないような・・・。
私の目下の悩みはその曲をどうやって探そうかと言うことです(笑)
2008-09-20 Sat 00:52 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
だいずさん、こんばんは。

「少し笑顔=横に引っ張る」ということではなくて、「少し笑顔≠横に引っ張る」ということですよ(笑)

表現がちょとややこしくなってしまいましたね…(^。^;)

シブい趣味ですね~(笑)
ツェッペリンも聴くんですね。
そう言えば、私は高校時代に先輩の影響でエレキを教わって、ジャーニーのリードギターを弾いたり、ツェッペリンの天国への階段を必死で練習したりしてましたよ(笑)

私が聴く曲は主にサックス(Fusion、Jazz、クラッシック)を中心にインスト関係が多いですね。

Fusionでは、もちろん2人のホンダさん。
Jazzでは、もう亡くなってしまった方ですが、グローバーワシントンJr. とか、マイケルブレッカーが大好きですよ。

ジャズピアノとかも好きで、チックコリアやジョーサンプルとかもよく聴きます。
メジャーなところだと、ジョージウィンストンも大好きですし、ちょっとミーハーですが、Kenny Gも聴きますね(笑)

その他にも、葉加瀬太郎、小松亮太、ヨーヨーマなどなど。

ボーカルでしたら、ノラ・ジョーンズ、ケイコ・リーなどの女性ボーカルが好きですね。

あと、かなり古いですが、サーカスも大好きです(笑)

上げていくとキリがないのでこのぐらいにしておきますが、J-POPとかも普通の人並には聴きますね(笑)
2008-09-19 Fri 22:57 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
なるほど、「少し笑顔≠横に引っ張る」ではないのですね。これで安心して眠れます。(笑)
ちなみに、テストというのは、僕の学校は大学までついているのですが、その大学推薦権がかかった試験なんです。

ところで、皆さんはどのような音楽を聴かれるのでしょうか?

僕はジャズ、クラッシック、プログレッシブ・ロックをよく聞きます。
クラッシックはまだまだ勉強中ですが…
他にもビートルズ、レッド・ツェッペリンなども聞きます。
見ての通り音楽の趣味が合う友人は少ないです。(笑)
サックス関連ではジョン・コルトレーン(今のところ一番のお気に入り)などのジャズを聞きます。
クラッシックサクソフォーンはまだYoutubeでしか聞いたことがありませんが、近いうちにCDを買おうと思っています。
2008-09-18 Thu 21:50 | URL | だいず #ax4px7aw[ 編集]
だいずさん、こんばんは!

試験勉強でしたか。今だと、中間テストかな…?
テスト勉強に励んでいた頃が懐かしいですよ(笑)

さっそくですが、先生に指摘されたアンブシュアですが、「唇を輪ゴムのように締めて」という指導については正しい指導だと思いますよ。

私のタイトなアンブシュアの記事でも触れましたが、私流の表現で言うと「きんちゃく袋の口をギュっと締めるような感じ」と同じことに当たります。
つまり、マウスピースを唇の周りから均等な力でギュッと締めてやるという意味です。

車のタイヤのホイールのようにと表現する先生もいらっしゃいます。(ホイールは周りから均等な力で車軸の中心を支えていますよね?)

そして、だいずさんの悩みの種となっているのは、「少し笑顔になる」という部分ですね。

私もこの表現でピンと来たのですが、注意しないといけないのは、

「少し笑顔になる」 = 「口を横に引っ張る」 ではない

ということです。

さて、この「少し笑顔になる」という表現ですが、私がピンと来た理由があります。

アンブシュアの形を教える時は、先生によっていろんな表現をされる先生がいて、私なんかは今までの記事でも触れてきましたが、「縦型の口」を作るようにして、「横型の口」になってはいけないということなのですが、先生によっては確か… 「イー」と「ウー」(だったかな…?)の中間ぐらいの発音の口にするという風に教えるプロの先生もいらっしゃいます。

「イー」と「ウー」の発音の中間ぐらいですと、「ユー」という発音に近くなると思いますが、結果を見てみると口先はすぼめた感じになりますし、おちょぼ口を作るような口になって、唇の周りからマウスピースを包み込む、輪ゴムで締める感じ…など、どの表現を取っても意味は同じようなことになるかと思います。

ただ、この「イー」と「ウー」の中間ぐらいの発音の口と教えられると、鏡で見ると口は横に引っ張ってはいないけど、少し笑顔になるような感じになっていませんか?

おそらく先生は、この時の状態を「少し笑顔になる」と表現したのではないかと私は思いました。

唇を輪ゴムのように締めるということは、唇の両端を横に引っ張る訳ではないですから、

「少し笑顔になる」 ≠ 「口の両端を横に引っ張る」

ということで、この等式が成り立たないということが分かりますよね?(笑)

アンブシュアは、教える先生によって表現も様々ですし、いろんな先生の教え方を吸収しようとした時に、あれ???っと混乱してしまうこともよくあると思います。

私もいろんな先生の教え方や表現を聞いてしまうタイプですので、混乱してしまうこともありますが、結果として自分が教える時に、教える相手が理解できなかった時に、別の表現で教えたりすると相手ができるようになったりしますので、語彙の引き出しが多い方が教える時にいいなぁと思って、いろんな先生のいろんな表現を引き出しにしまってますよ(笑)


ということで、少し長くなってしまいましたが、だいずさんの悩みは少しはクリアになりましたか?(^_-)b
2008-09-18 Thu 04:46 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
皆さんこんばんは!
試験勉強が忙しくてしばらくコメントできませんでした。

僕は学生なので、連休が終わっても社会人の人に比べればかなり時間があると思います。学生っていいですね。社会人の皆さんすみません!

僕は吹奏楽部には入っていないのですが、自宅が国道と商店街に面していてかなりうるさいので、家で吹いても問題がありません。趣味でサックスするのにとても恵まれた環境です。神様に感謝!

さて、先日サックスのレッスンに行ってきたのですが、アンブシュアについて指摘されました。その先生が言うには「唇を輪ゴムのように閉めて、少し笑顔になる」のだそうですが、横に引っ張るのはあまりよくないのではなかったでしょうか?悩んでいます。
2008-09-17 Wed 20:10 | URL | だいず #ax4px7aw[ 編集]
Yuri さん、こんばんは!

と言っても、もうすぐおはようございますになってしまいますが…(笑)

そうですか、Yuri さんは中学高校は吹奏楽部を敬遠されていたのですね(笑)

でも、サックスに目覚めてサックスを始められたということで、おめでとうございます!!

スタートが遅くても、きっかけが何であったとしても、今は同じサックスを吹く仲間ですよ。

やっと念願のサックスを手にされたということで、これからもずっとずっとサックスを楽しんでいきましょう!(^_-)

私も中学からサックスを始めてもう27年になりますが、これからもお爺さんになってもサックスは一生続けていくつもりですよ(笑)

それにしても、明日死ぬかもしれないから今日やりたい方をやろう!っていうのには笑ってしまいましたよ(笑)
でも、確かにそれは言えてますからね~

私もいつ死ぬか分からないので、サックスだけは辞めずにずっと吹いてます(笑)

某タレントさんというのは、誰でしょうね?
もしかして、武田真治さんとか…??

武田真治さんも音大を受験するため?か何かで、サックスの先生のレッスンについていたそうです。

国立音大のサックス科出身の人と同じ先生に付いていたそうです。

あ、某タレントさんが武田真治さんじゃなかったらごめんなさいね(笑)

私はアルトから始まり、大学時代はアルトだけにとどまらずバリトンもやりましたし、大学を卒業してからはソプラノ、アルト、テナー、バリトンと吹いていますが、どのサックスもそれぞれに大きな魅力があって、サックスの奥の深さと楽しさを実感しています。

Yuri さんもこれからずっとずっとサックスを楽しんで行きましょう!

おっと、もう時計は4時半を指してます…(笑)

3連休の最終日は昼間はゆっくり休みすぎて、目が冴えてしまってます…(^。^;)

まるで学生のような生活ですね…(笑)

ということで、今日からも仕事頑張りましょう!
2008-09-16 Tue 04:30 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
Takaさん、しばわんこさん、だいずさん、みなさんこんばんは!素敵なコーナーですね!ありがとうございます。

うぁ~・・・・お父様が楽器をされてたってかっこいいです!あこがれます。やっぱり環境ってすごい影響するんですねぇ・・・。うちの父は演歌派なので・・・(・・;)

しばわんこさんのお父様、テナーサックスでお仕事されていたのですね!
私は何ヶ月か前に菊地成孔さんのライブを新宿の元キャバレーだった開場に聴きに行って(そこはもうすぐ取り壊されてしまうのですが)赤いベルベットのソファやらきらびやかなシャンデリアやら、円形状の会場やら・・・初めてキャバレーの雰囲気を少し味わいました。なので、しばわんこさんのお父様。あのようなところで。むーん。かっこいいです!!


私は中学、高校と吹奏楽部が強い?ところだったので、吹奏楽部=運動部のように感じていて、運動がまったく苦手で美術部だった私はあまり近づけませんでした(笑)音楽も得意じゃありませんでした。

いきなりサックスを始めたのは、3年ほど前に知り合ったギター弾きの子がライブで「St.Thomas」を弾いていて、その曲が気になったのであとから誰の曲とか曲名とを教えてもらって、CDを聞いたのがきっかけでしょうか。
で、「こ、この音がサックスっていうのか!これアタシ好きだった!」という遅い目覚め(笑)です。

あとテレビの某音楽番組のテーマ曲も影響されました。それと某タレントさんにも・・・(ミーハー)。

それまではアルト、テナーはもちろん、トランペットとかトロンボーンとかサックスとか、そういう音の区別が出来てませんでした(~_~;)
でもそれから意識してみるとそのTVのテーマ曲とかお店のBGMとかでも、好きだなっと思ってた音色はテナーサックスだったのですね。

そんなこんなで、始めたくなってうずうずもんもんと、最初はアルトっていうけど、でもテナーがやりたいなぁ・・・と悩んでいて、よし、明日死ぬかもしれないから今日やりたいほうをやろう!と思って今年の2月にテナーを始めるに至ります(笑)

あ・・・書いているうちにすごい恥ずかしくなってきました。みなさんみたいに本格的に耳が肥えてないんです・・・今はCDを聴いたり、ライブに行ったりと体験勉強中です。

クラッシックも聴いたことがないのでTakaさんに教えていただいたCDも買ってみようかなぁと思っています!

長々とまたすみません。これからもよろしくおねがいします。
明日もお仕事、頑張りましょう!
って、わっ!こんな時間でしたので今日でした!(1時半)
2008-09-16 Tue 01:32 | URL | Yuri #mQop/nM.[ 編集]
しばわんこさん、こんばんは。

コメント、ありがとうございます。
実は、私がサックスを始めたきっかけも、父親が職場で楽団をやっていたのがきっかけなんですよ。
父親はサックスじゃなかったんですけどね。

そうですか、しばわんこさんのお父様はサックスをなさっていたのですね。
「イパネマの娘」、私も大好きな曲ですよ。

そうそう、須川さんがサックスを始めたきっかけが、確か「ハーレム・ノクターン」だったと思います(笑)

サックスは奥の深い楽器ですので、悩むこともたくさんありますが、本当に楽しい楽器ですよ!
ぜひともこれからもずっとずっと続けて下さいね。

須川先生の「アリア」、本当にいいですよ。
須川先生の本当に素晴らしいクラシカルサクソフォーンの音色が存分に堪能できると思います。

私も須川先生のアルバムはほとんど持っていますが、他にも「シシュポスの夢」、「エストレリータ」、「モリコーネ」、「sugar」なんかがオススメです。

ジャズやフュージョンがお好きでしたら、本多俊之さんとトルヴェールカルテット共演の「High Five」というアルバムが素晴らしいですね。

いろんなプロの奏者の音を聴いて頑張って下さいね!

私も一昨日がアンサンブルの練習でしたが、久しぶりに気合を入れて昨日もスタジオで2時間ほど個人練習してきましたよ。

最近、20年以上愛用していたマウスピースから新しいマウスピースにしたので、新しいマウスピースでの音色作りに励んでいます。

しばわんこさんのサックスとの出会いがよく分かるコメント、ありがとうございました!

これからも同じサックス吹きとして頑張りましょう!


そうだ、明日からまた仕事だ…(^。^;)
2008-09-15 Mon 21:15 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
Takaさん、 みなさん、 おつです☆
新しい「交流のひろば」に早速書き込みしております。

「音色の作り方」を拝見して、また色々と考えてしまいました。
Yuriさんはテナーからはじめられたんですね~。
私がサックスという楽器を知ったのは、父の影響です。父はその昔、今はもうほとんど無き「キャバレー」なる夜の世界のバンドでテナーサックスを吹いていたそうです。(私が生まれてからはその仕事は辞めてしまったそうですが…)
子供の頃は家で「サム・テイラー(だったかな?」
のレコードとかを父がよく聞いてました。
曲名で覚えているのは「ハーレム・ノクターン」とかだったような…。父はよく「イパネマの娘」とか吹いていた記憶があります。(古い話でスイマセン…年齢がバレバレ(><)

という私は中学の時は吹奏楽部でしたが、その時はフルートを吹いてました。
(理由は特になし、あえていえば父への反抗心か?)
でも、心の奥底ではいつかサックスを吹いてみたいという思いがどこかにありました。
ようやく今年の5月に念願かなった次第です。
思いはあるのですが、なかなか上手くいかずに日々悩みながら練習しております。

好きな奏者の音色をイメージして…今年の5月に本田雅人さんと矢野さおりちゃんのセッションライブにいった際、もちろん二人ともむちゃくちゃ上手いのですが、スタイル(音色)が違う事がこんな私でもよく解かりました。
これからも色々な曲を聴いて、勉強していきたいです。
ちなみに私はいままで、クラシカルなサックスを聞いた事がほとんどありません…m(--)m
先日、雑誌のCD紹介コーナーで須川展也氏の「アリア」というCDが絶賛されていたので、購入してみようと思います。

話が長くなっちゃいました。
TakaさんもYuriさん、だいずさんも明日からまたお仕事ですよね。また1週間がんばりましょう。





2008-09-15 Mon 20:19 | URL | しばわんこ #-[ 編集]
みなさん、こんばんは!
Takaです。
気軽に何でも書き込めるような場所を作ってみました。

昨日はアンサンブル、今日は個人練習と、久しぶりによく吹きました。
2008-09-15 Mon 00:07 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。