ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

音の強弱による音程の変化

今日は、音の強弱による音程の変化について書いてみたいと思います。

音の強弱と言えば、楽譜に書かれてある強弱記号を元に音を強く(大きく)吹いたり、弱く(小さく)吹いたりしますよね。

主な強弱記号と言えば、ff(フォルティシモ)、f(フォルテ)、mf(メゾフォルテ)、mp(メゾピアノ)、pp(ピアニシモ)などが主に使われています。

これらの強弱記号の意味などは、みなさんも学生時代の音楽の授業で習いますので問題ないですよね?(笑)

あとは、クレッシェンドやデクレッシェンドのように、「だんだん強く(大きく)」や「だんだん弱く(小さく)」などもよく使われます。

これらの強弱記号に従って、大きな音で吹いたり、小さな音で吹いたり、音量をだんだん大きくしたり、だんだん小さくしたりする訳ですが、音の強弱が変わったとしても、音程は正確な音程で吹かなければなりません。

いたって当たり前のことですよね(笑)

しかしながら、私が過去の記事で書いている「噛みすぎのアンブシュア」になってしまっている人は、音の強弱によって音程が高くなってしまったり、低くなってしまったりします。


ん?どういうことだ???ということで、解説してみたいと思います。


「噛みすぎのアンブシュア」になっている人の傾向としては、大きな音で吹くと音程が下がり、小さな音で吹くと音程が上がってしまいます。

このブログの記事を読んで頂いて、噛みすぎのアンブシュアを矯正しました!!!という人もいると思いますが、噛みすぎのアンブシュアが完全に直っているかどうかは、この傾向があるかどうかでチェックできます。

噛まないように噛まないようにと気をつけることで、噛みすぎのアンブシュアはある程度は矯正されますが、息の入れ方(息を1点に集中させる)や腹式呼吸が正しくできていないと、マウスピースを少し噛んでしまう傾向が残ってしまいます。

この「少し噛んでしまう傾向」が残っていると、音の強弱を変えると音程が高くなったり低くなったりします。


それでは、チェックしてみましょう。


まず、音程を測るためにチューナーの電源を入れて、チューニングの用意をして下さい。

そして、オクターブキーを押さない中音域のソ(アルトは実音B♭)を、mf(メゾフォルテ)で吹いて正しい音程にチューニングしてください。

mf(メゾフォルテ)と言えば、普通に吹く音量ですね。

チューニングは合いましたか?



では、次にチューニングと同じように、mf(メゾフォルテ)で「ソ」の音をロングトーンして、そこからクレッシェンドをしてみてください。

mf(メゾフォルテ)からf(フォルテ)、ff(フォルティシモ)とだんだん音量を上げていきます。


もっと大きく吹いて下さい。


もっともっとです。


もっともっともっとです!!!!!


最後は、「fffff」ぐらいまで音量を上げて下さい(笑)



さてさて、みなさんどうですか?

チューナーの針はどのように変化しましたか?



「噛みすぎのアンブシュア」が直っている人は、クレッシェンドして音量を上げていってもチューナーの針は「0」を指したままで音程は変わらないはずです。

ここで、まだマウスピースを噛んでいる人は、音量を上げていくと、音程がどんどん下がっていきます。


では、マウスピースを噛んでいる人が、音量を上げることでなぜ音程が下がっていくのか?

私が過去の記事で既に書いたと思いますが、サックスでは「息の量」を変えることで音量調節をします。

つまり、大きな音で吹く時は、吹き込む息の量を増やしますし、小さな音で吹く時は息の量を減らしてやります。


ここではクレッシェンドですので、音をだんだん大きくしていくために、吹き込む息の量をだんだん増やしていきます。

しかしながら、マウスピースを強く噛んでしまっていると息の量を増やそうとしても、楽器にたくさん息が入りませんので音が大きくなりません。

そこで、噛むのをやめるとマウスピースとリードの間が広くなりますので、楽器に入る息の量が増えます。

そうすると、やっとこさ音量が大きくなってくれるのですが、今度は噛むのをやめたことで音程が下がってしまうのです。

最初からマウスピースを噛んでいなければ、息の量を増やしてもマウスピースとリードの間のすき間の広さは変わりませんし、息の量だけが変わりますので、音程は正しい音程のままで音量がだけが変わってくれます。

みなさん、この理屈がお分かりですか?

大きな音を出すためには、たくさん息を吹き込んでやらないといけないので、マウスピースを噛んでいては楽器にたくさん息が入らないということなのです。


つまり、大きな音を出すためにはマウスピースを噛むのをやめるしかないので、噛むのをやめたことで音程が下がってしまったという訳です。


じゃあ、今度は逆にmf(メゾフォルテ)からデクレッシェンドで音量をだんだん小さくしていってみて下さい。

音量を小さくする場合はもうお分かりですよね?

そうです。楽器に吹き込む息の量をどんどん減らしていきます。


はい、音をどんどん小さくしていって下さい。

もっと小さく。

もっともっと小さく。

もっともっともっとです!!!!!

「ppppp」ぐらいまで音を小さくして下さい(笑)


みなさん、いかがですか?

音程はどのように変化しましたか?


え?音がかすれて出なくなってしまいました???(笑)


今度は先程のクレッシェンドとは逆ですね。

デクレッシェンドで音をだんだん小さくしていきますので、吹き込む息の量をどんどん減らしていきます。

どうですか?みなさんはうまくできましたか???

息の量を増やすのは割と簡単ですが、息の量を減らすのは結構難しいと思います。


よく先生や先輩から「小さな音、pp(ピアニシモ)でちゃんと吹けるように練習しなさい。ppで吹けたら、fやffで吹くのは簡単です。」ということを言われたことがあるという人も結構いるのではないでしょうか。

小さな音で吹くには、「息の量」をぐっと減らしてやる訳ですが、「息の圧力」はそのまましっかりとかけてやらないといけませんので、たいていの人は「息の量」を減らすと同時に「息の圧力」まで下げてしまって、その結果「小さな音になるとうまく吹けない」、「小さな音で吹こうとすると音がかすれてしまう」ということになってしまうのです。

音を小さくしていくと音がかすれて出なくなってしまったという人は、まさにそれが原因という訳です。


では、次に噛みすぎのアンブシュアになっている人は、音量をどんどん小さくしてくと、さらに強くマウスピースを噛みますので、音が小さくなるにつれて音程がどんどん上がっていきます。

これは先程とは逆で、強く噛んでマウスピースとリードの間を狭くすることで吹き込む息の量を減らそうとしているためです。

つまり、正しい音程で小さな音を出すためには、マウスピースを強く噛まずに息の量を減らす必要があるということです。

そうするためには、これも過去の記事で書いたと思いますが、「口の中を狭くして息の通り道を狭くする」ことが必要です。

発音のイメージで言えば、「ツーーーーー」とか「スーーーーー」とか「クーーーーーー」と発音する時の口の中のイメージです。(実際はマウスピースをくわえてますので、そこまで狭くはなりませんのでイメージです)

そして、その状態で吹き込む息にしっかりと圧力をかけてやる訳です。

口の中を狭くして息に強い圧力をかけると、口の中が広がってしまいそうになりますが、そこはぐっと我慢です。

どうですか?みなさんはイメージ分かりますか?


簡潔に言えば、「マウスピースを強く噛まずに、口の中を極端に狭くして息の量をぐっと減らす」ことで音量を小さくするということです。

これは、音量の調節をする時だけではなく、息のスピードをしっかりつける時も理屈は同じですので、意識してしっかりと練習しましょう!!!


マウスピースを噛まずに口の中の状態を変えることで息の量が調節できるようになると、正しい音程のままで音量のコントロールが自由にできるようになってきますので、みなさんも一度自分でチェックしてみて下さい。



スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

音程 | コメント:0 | トラックバック:0 |

正しい音程での発音

今日は、サックスを吹く時の「正しい音程での発音」について書いてみたいと思います。

 サックスという楽器は、他の楽器に比べると音程の変わりやすい楽器で、例えばアンブシュアが少し変化するだけでも音程が上がったり下がったりしてしまう楽器です。
 
 過去の記事にも書きましたが、気温の変化によっても音程が変わったり、サックスの楽器自体の個体によっても音程のばらつきの少ないしっかりした個体から、人間では「オンチ」と呼ばれるような音程の悪い個体まであるというほどサックスという楽器は音程の不安定な楽器なのです。
 
 個体差の少ないバランスのいい楽器を吹くとしても、サックスを吹く場合には、正しい音程で楽器をコントロールしてやる必要が出てきます。

  一番音程を簡単にコントロールしやすいのがアンブシュアですよね。アンブシュアをタイトにすると音程は上がりますし、緩めてやると音程は下がります。後は息のスピードを速くすると音程は上がりますし、遅くしてやると音程は下がります。

 多少の音程の変化であれば、このアンブシュアと息のスピードでコントロールしてやる訳ですが、かなり音程を大きく変化させないといけない場合は、替え指を使って音程を変えたりして調整してやります。

 音程のコントロールは、このような感じでしてやればいい訳なのですが、今日は「正しい音程での発音」ということで、正しい音程でサックスを吹くためにはどうすればよいのか?ということについて触れたいと思います。

 サックスという楽器は、ピアノのように鍵盤を叩けば正しい音程の音が出ないところが難しいですよね。

 人間の声と同じで、その人の音感が狂っていたりすると、音程の悪いオンチな演奏になってしまいます(笑)

 過去の記事にも書きましたが、正しい音感を身につけるために、チューナーとかで実際に正しい音程の音を出して、その正しい音程の音を耳でよく聴きながらロングトーン練習を積むことで、正しい音程の音を身体に覚えこますのが非常に効果的な練習ですね。
 そして、正しい音程の音感がついたら、今度はその正しい音程で発音することです。
   
 オクターブキーを押さない、右手だけを使った中音域が一番音程も安定してて、初心者の方は一番吹きやすい音域ですよね。 逆に発音や音程を取るのが難しいのは、下のレ(Low D)から最低音までの低音域とオクターブキーを押して右手だけを使う高音域です。

 まず、「下のレ(Low D)から最低音までの低音域」は、息のスピードは高音域ほど必要ないのですが、アンブシュアを縦に緩めて口の中の容積をしっかりと取ってやり、息を「ホォーーーー」という感じでお腹から息を支えてやるような感じでしっかり吹き込んでやらないと、音がひっくり返ったりして、ちゃんと音が発音できないと思います。

 この低音域を吹く時は、アンブシュア、口の中の状態、息の入れ方に注意して息を吹き込んでやるのですが、正しい音程で発音するために、頭の中で正しい音程をイメージしながら発音してやることで、より音が出しやすくなると思います。

 頭の中で、「レ、ド#、ド、シ、シ♭」と正しい音程の音をイメージして、その正しい音程の音を狙って発音することで、音がひっくり返ることも少なくなります。
        

 上の音から順番に半音階で下がっていくと低音域が出しやすいので、最初は半音階スケールで練習されるといいと思います。

 そして、低音域の発音に慣れてくると、今度はロングトーン練習で、音の出だしから低音域の音を発音して長く伸ばす練習をします。この時は、低音域を出す時のアンブシュア、口の中の状態、息の入れ方を身体で覚えておいて、正しい音程をイメージして、音の頭から「発音する音を狙って」音を出します。

 初心者の方ですと、最初は低音域の音を発音するのに苦労されると思いますが、このように、何度も繰り返して発音練習をすることで、低音域を吹く時の感覚を体に覚えこませることが大切ですね。

 次に、「オクターブキーを押して右手だけを使う高音域」の発音についてです。オクターブキーを押した「ラ」よりも上の音になってくると、息のスピードがより必要になってきますので、息のスピードが足りないと音程も下がってきますし、それをカバーするためにマウスピースを強く噛んでしまう傾向が出てきてしまいます。

 息のスピードと噛み過ぎについては過去の記事で触れましたが、ここは高音域の音程と発音について書きたいと思います。  サックスの高音域は、息のスピードをつけて噛まないアンブシュアでしっかりと息を吹き込んでやる訳ですが、高音域もさきほど触れた低音域と同様に、正しい音程をイメージして、音の頭から「発音する音を狙って」音を出してやる必要があります。

 正しい音程のイメージが頭にないと、高音域を吹いた時に音程の悪い、聴くに耐えないような音になってしまいます(笑)

 よくあるのが、「ヒェ~~~~~」とか、「ヒャ~~~~~」とかいう感じで、高音域の音程が高く上ずっていまうケースです。

 これは、息の向きが上向きになっていたり、息のスピードが足りないことも原因としてあるのですが、頭の中にある高音域の音程のイメージが「高音域はものすごく高い音」というイメージを持っていると、高音域は出しにくいという意識が働いて、余計に音程が上ずって不安定になってしまいます。

 正しい音程は、そんなに頭でイメージしているほど高い音ではないことが分かれば、高音域の上ずりもマシになってくると思いますので、正しい音程の音をピアノなどの鍵盤や、チューナーで音を出してよく聴いてみて、サックスで高音域を吹く時には、吹く音がそんなに高い音ではないことを意識してみましょう。

 もうかなり下火になりましたが、お笑いで「世界のナベアツ」が、「1、2、サン!!、4、5、ロク!!・・・」って、3の倍数のところだけ甲高い声を出すというギャグがありますよね?(笑)

 少し例えが変ですが、サックスで高音域を吹く時の高音域の音程の高さのイメージは、そのナベアツのギャグの3の倍数のような、他の音に比べてかなり高い音程のような印象を持ってしまってるのではないでしょうか?(笑)

 下の音から、「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ、ソ・・・」と吹いていって、その上の「ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ」の辺りの音になると、音も出しにくくなってきますので、頭の中では「ものすごく高い音」というイメージを持ってしまいやすいと思います。

 また、その高音域の音階を声に出して歌ってみた時にも、声の低い人とかですと音が高くて声が出ない場合もありますので、声が出ないと同じように頭の中では「ものすごく高い音」というイメージを持ってしまうと思います。

 でも、実際は高い声や高い音が出しにくいだけで、実際の音はそれほど高い音ではありませんので、正しい音程の音をよく聴いて、高音域を吹く時は1オクターブ下げたぐらいの音の高さのイメージを持って吹いてやると、不思議なことに高音域が上ずらなくなってくると思います。


 少し長くなってしまいましたが、「正しい音程での発音」で大切になってくることは、

  ・正しい音程を知り、頭でイメージする
  ・高音域は、音が高いというイメージを持たない
  ・低音域は、何度も吹いて、アンブシュア、口の中の状態、息の入れ方の感覚を覚える
  ・高音域、低音域ともに、その音を頭でイメージして狙って吹く

 以上のようなことがポイントになってくると思います。

 少し概念的な話になってしまいましたが、頭でイメージしながら吹くことは非常に大切ですので、みなさんもぜひ頭でイメージしながら練習していきましょう。



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

音程 | コメント:3 | トラックバック:0 |

気温による音程の変化

秋もすっかりと深まり、外もかなり寒くなりましたね。

もうすぐアンサンブルコンテストの時期ですね。

今日は、気温による音程の変化について書きたいと思います。

この時期になると、気温も下がり、楽器を吹く時も楽器を触ると冷たいと感じることが多いと思います。

また、ここんとこ楽器の音程が低くて、チューニングがなかなか合わないっていう人も多いのではないでしょうか。

ご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、楽器が冷えている状態と暖まっている状態では、音程が全然違ってきます。

他の管楽器についてもすべて共通することなのですが、気温が低くなって楽器が冷えていると、楽器の音程は下がり、気温が高くなって楽器が暖まっていると音程は上がります。

今の時期ですと、気温が低くて楽器も冷えていますので、音程がものすごく下がってしまって、いつもの位置までマウスピースを差し込んでも、チューナーの針が真ん中に来ないということが当たり前のように起きます。

楽器をずっと吹いていると、楽器が暖まって来ますので、吹いているうちに楽器の音程が徐々に上がってきます。

そして、楽器を吹くのを止めてしばらく楽器を放置していると、楽器が冷たくなって冷えてきてまた音程が下がってしまい、またチューニングが狂ってきてしまいます。

ですので、この時期はチューニングを合わせるのが非常に難しくなります。

冬に行われる、アンサンブルコンテストでは、寒さによる音程の下がりがひどかったりすると、本番でチューニングが狂って音が合わなかったり、和音が綺麗にハモらなかったりと、命取りになってしまうことがよくあります。

そうなってしまわないように、本番前にはキーを全部押さえて、音を出さないようにして息をしっかりと楽器に吹き込んで、楽器が冷えないように保っておくことが大切です。

ホカロンなどのカイロをネックのところに巻いたり、楽器の管体に当てたりして楽器を暖めるのもひとつですね。

逆に、暑い夏場は気温が高いので、楽器も暖まりやすいですし、直射日光などが当たると、とてつもなく音程が高くなってしまったりします。

夏と言えば、吹奏楽コンクールですよね。

吹奏楽コンクールでも、会場や本番までのコンディションによっては、この気温による音程の変化が命取りになることがよくあります。

冷房のよく効いている会場ですと、冬の場合と同様に楽器が冷え易くなりますので、音程が下がることが予想されますので、冷房が効いている場合は楽器が冷えてしまわないように、楽器にしっかりと息を入れて楽器を暖めておくことが必要になります。

また、控え室からステージで演奏するまでの間に、冷房のよく効いているリハーサル室や、冷房のない控え室、舞台袖の前には炎天下の外を通らないといけないような会場もあるでしょうし、そのような温度差の激しい場所を移動する時に、チューニングが大きく狂ってしまうことがよくあります。

そのような場合には、温度差が楽器に影響を与えないように、外に出た時には楽器に直射日光がなるべく当たらないようにしたり、冷房の効いている部屋では楽器に息を吹き込んで楽器が冷えないようにしたりと、気温の差に応じたケアが大切です。

私は、昔からこのように気温の変化に応じて音程が上がったり下がったりしないように、当たり前のようにケアをしてきたのですが、結構このことを知らない人がいるなぁ…と思いましたので、記事にしてみました。

最近、楽器の音程が低いなぁ……と思っている人は、楽器にしっかりと息を吹き込んで楽器を暖めてみて下さい。

また、練習しているうちに楽器が暖まって、音程が上がって来ますので、練習の合間合間でチューニングを合わせ直してみることも大切です。





テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

音程 | コメント:7 | トラックバック:0 |

アンブシュアと息のスピードによる音程の変化

おかげさまで、当ブログも1000カウンタを突破しました!

いつも見て頂いている方、本当にありがとうございます。


今日は、アンブシュアと息のスピードによる音程の変化ということで、アンブシュアや息のスピードを変えることでサックスの音程が変化するということについて書いてみたいと思います。

サックスという楽器は、他の楽器に比べると音程の取りにくい楽器で、ピアノのように調律さえできていれば、鍵盤を叩くだけで正確な音程が出るというような楽器ではないことはみなさんもよくご存知だと思います。

また、サックスという楽器は、固体差があり、同じメーカーの同じモデルの楽器であっても、1つ1つの楽器にその楽器特有のクセがあり、そのクセの悪い楽器とかですと、新品の楽器であるにも関わらず、もともとの楽器の音程の高い低いのバランスが悪かったりして、その楽器のクセの悪さのために実際の演奏の時などにかなり苦労したりします。

よく楽器店で並んでいる、○○先生の選定品などという楽器が並んでいると思いますが、そういった楽器はプロの先生が楽器の工場などで生産されたばかりのたくさんの楽器の中から、音抜けや音色、音程のバランスなどのいい楽器を厳密に選定した楽器ですので、同じメーカーの同じモデルの新品の楽器の中でも選りすぐられた「いい楽器」ということなのです。

ということで、以前の記事でも触れましたが、楽器を購入する際のポイントとなるのが、可能な限りプロの先生の楽器の選定品を購入するか、上級者などに付き添ってもらって、その上級者に楽器を選んでもらって購入するというのが一番大切なことだと思います。

少し前置きが長くなってしまいましたね…

しかしながら、このようにプロの先生が選んだ選定品のようなバランスのいい楽器であったとしても、サックスという楽器は楽器の特性上、正しい音程を取るのが難しい楽器です。

サックスの音程は、一般的には、高音域になると音程が下がり、低音域になると音程が上がってしまうという楽器の特性がありますので、例えばアンブシュアも息のスピードも何も意識せずに普通に音階を上から下まで吹いてみると、このような傾向があることが分かると思います。



そこで、「アンブシュア」と「息のスピード」をコントロールすることによって音程を変化させて、このようなサックスの楽器の特性を理解した上で、正しい音程で音を出すことが必要になってきます。


まずは、アンブシュアについて考えてみましょう。

正しいアンブシュアの作り方については、過去にも触れてきましたので省略しますが、今回のテーマである「音程」という部分についての関連で言えば、アンブシュアをタイトにすると音程は上がり、アンブシュアを緩めてやると音程は下がります。

つまり、サックスの音程の特性に合わせると、高音域ではアンブシュアをタイトにしてやり、低音域ではアンブシュアを緩めてやるという感じで音程をコントロールしてやる訳です。

このアンブシュアをタイトにしたり緩めたりする時の注意なのですが、過去の記事でも触れましたが、アンブシュアをタイトにする時は、「噛み過ぎのアンブシュア」にならないようにすることです。

「アンブシュアをタイトにする」というのは、マウスピースを強く上下に噛むことではなく、口の周りの筋肉を使って、きんちゃく袋の口をギュッと締めるような感じで、アンブシュアをタイトにしてやるということです。

また、逆にアンブシュアを緩める時は、アンブシュアを縦に緩めてやるイメージで緩めてやると、アンブシュアを緩めた時に、口の両端から息が漏れたりしません。

以上が、アンブシュアで音程の上下をコントロールするための基本的な原理です。



次は、息のスピードについて考えてみましょう。

息のスピードコントロールについても、過去の記事で何度も触れたと思いますが、口の中の広さ(容積)を狭くしてやると息のスピードが速くなり、逆に口の中の広さ(容積)を広くしてやると息のスピードがゆるやかになります。

これは、ホースで水遣りをする時に、ホースから出る水を遠くに飛ばすために、ホースの口をつまんで水のスピードを上げて、水を遠くに飛ばしてやる原理と同じです。

言い方を変えると、息のスピードをだんだん速くしていくためには、言葉の発音で言うと、

「オー」 ⇒ 「ウー」 ⇒ 「イー」 ⇒ 「ヒー」 ⇒ 「キー」

という順番で発音していくと、口の中の広さがだんだん狭くなっていくと思います。
また、逆に息のスピードをだんだんゆるやかにしていくためには、この逆になります。

そして、今回のテーマである「音程」と「息のスピード」との関連で言えば、息のスピードを速くしてやると音程は上がり、逆に息のスピードを緩やかにしてやると音程は下がります。

つまり、サックスの楽器の音程の特性に合わせると、高音域では口の中を狭くして息のスピードを速くして音程を上げてやり、低音域では息のスピードを緩やかにしてやることで音程を下げてコントロールしてやる訳です。


この、息のスピードを速くしたり緩やかにしたりする時の注意点ですが、息のスピードコントロールをするためには、上記のように口の中の状態を変化させる訳なのですが、変化させるのはあくまでも口の中の状態だけであって、アンブシュアは変ってしまわないように十分に注意しなければなりません。

特に、「イー」 ⇒ 「ヒー」 ⇒ 「キー」 の部分では、アンブシュアが横型の口になってしまったり、マウスピースを上下に噛んでしまったりする人がたくさんいますので、この部分は要注意です!!!


アンブシュアは、縦型の口が基本ですので、その縦型の口での発音で言えば、

「オー」 ⇒ 「ウー」 ⇒ 「ユー」 ⇒ 「ヒュー」 ⇒ 「キュー」

という発音の方がいいかも知れませんね(笑)



少し長くなりましたが、これが「アンブシュア」と「息のスピード」と「音程」の関係です。

つまり、サックスの楽器の特性に合わせて、アンブシュアと息のスピードをうまくコントロールして正しい音程でサックスを吹く練習をするのです。

正しい音程は、チューナーのセンサーで計って正しい音程をチェックするのではなく、チューナーの音を出したり、音程の正確なキーボードなどの鍵盤楽器を使って正しい音程の音を出して、その正しい音程の音を自分の耳でよく聴きながら、頭でその音程をイメージしながらロングトーンや音出しをする練習をしましょう。

もしも音程が高かったり低かったりすると、自分の音とチューナーや鍵盤の音が合わなくて濁った音になりますし、ぴったり音程が合うとチューナーや鍵盤の音と自分の音が1つの音になって聴こえます。


この練習をしっかりと積んでいけば、正しい音感が身につきますし、最初はアンブシュアや息のスピードの調節を意識して練習しなければいけませんが、慣れてくると正しい音程で吹く時のアンブシュアの状態や息のスピードを自然に身体が覚えてくれますので、そのうち意識しなくても普通に吹くと身体が正しい音程でサックスを吹ける身体になってきます。


少しややこしくなってしまいましたが、最初は自分でアンブシュアをタイトにしたり緩めたり、息のスピードを速くしたり遅くしたりして、音程が上がったり下がったりするのを自分で感じてみて下さい。

そして、自分がアンブシュアと息のスピードを意識的にいろいろと変えられるように練習していくといいと思います。


今回は少し長くなってしまいましたが、いかがだったでしょうか?

これまでの記事の内容の復習も兼ねて、サックスでは結構ネックとなる音程について書いてみました。


私も長くサックスを吹いていますが、「音程」を合わすことについては、いつも難しさを感じています。

特に、一緒に吹く人同士で音程を合わせる時は、相手の音を耳で聴いて合わせていかないといけませんし、相手の音感がいいか悪いかにも大きく左右されるところです。

相手が自分に合わせられる技量を持った人であれば楽ですが、相手が音程のコントロールができない人であれば、自分が合わせられなければ永遠にお互いの音程は合わせられないですからね(笑)


このように、誰しもが音程を柔軟に合わせられるようになれば、あとはお互いに合わせる気持ちさえあれば、音程のバッチリ合ったいい演奏ができますよね!

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

音程 | コメント:0 | トラックバック:0 |

替え指による音程の微調整

今日は、サックスの音程の微調整です。

みなさんご存知かも知れませんが、サックスという楽器は正しい音程を取るのが難しい楽器です。

サックスでは、楽器の特性で音程が高くなりやすい音、低くなりやすい音がありますね。

また、同じメーカーの同じモデルのサックスでも、楽器1本1本のクセのようなものがあり、生産された時に固体差ができてしまうので、楽器を購入する際には、可能であれば上級者やプロの先生が選んだ選定品を購入するのがサックスを購入する時のポイントだということについても以前の記事で触れたと思います。

音程のムラの少ないプロの先生の選定品のサックスであっても、サックスという楽器は音によっては音程が高くなったり低くなったりしてしまうものです。

他の楽器と一緒に演奏したり、合奏、アンサンブルをする時に、他の楽器と音程を合わせる時には音程を微調整する必要が出てきます。

まずは、基本となる音でのチューニングです。

吹奏楽では、実音B♭でのチューニングが一般的ですが、オケを意識したバンドなどでしたら、実音Aでチューニングをします。


サックスの場合は、実音B♭もしくはAでチューニングをしても、必ずと言っていいほど他の音の音程が高くなったり低くなったりします。

そんな時は、たいていの場合は、アンブシュアをタイトにして音程を上げたり、アンブシュアを緩めて音程を下げたりして対応していることが多いと思います。


そこで、例えば音程のズレが大きく、アンブシュアで音程の調節が対応できない時には、替え指を使って音程の微調整をします。


サックスにはたくさんのキーがついていますよね。

そこで、アンブシュアで対応できないような音程の微調整は、このたくさん付いているキーを利用して替え指を使ってやる訳です。

例えば、シ♭やファ♯などの半音の代表的な替え指は運指表などにも掲載されていると思いますが、代表的なもの以外の替え指は運指表に書かれていなかったり、覚えるのが大変だったりしますよね。

そこで、便利なのが即席の替え指をその場で探してやるのです。

例えば、オクターブキーを押したレの音(サックスではこもりやすい音ですね)を例にしてみましょう。

オクターブキーを押した中音のレの音はサックスの楽器の特性上、音程の高くなりやすい音ですね。

この音の音程を下げるための替え指を探してやります。

このとき、自由に使える指は、右手の親指以外は左右の小指がフリーで使えますよね?

このフリーになっている小指を使って、音が変わらずに音程が少し下がるキーを探して押さえてやる訳です。

この場合でしたら、左手の小指で低音のシ、シ♭を吹く時のテーブルキーを押さえてやると音が変わらずに音程だけが下がります。

低音のシのキーを押さえると中音レの音が少し下がって、低音シ♭のキーを押さえるとさらに中音レの音程が下がります。


このように、アンブシュアで対応できない音程の微調整は、フリーになっている指を使って、音が変わらないけど、音程だけが上がったり下がったりするキーを探して、即席の替え指を見つけてやるのです。

正規の運指で押さえた時に、フリーになっている指を利用して、音程を下げたい時は押さえるとタンポが閉まるキーで音程は下がるけど音の変わらないキーを、音程を上げたい時は押さえるとタンポが開いて音が変わらずに音程だけが上がるキーを探してやる訳です。


文章にすると少し分かりにくいですね。

要は、フリーになっている指を使って、いろんなキーを押してみて、音程が上がったり下がったりするキーを見つけてそれを即席の替え指にしてやるということです。

替え指によっては、音色がこもりやすくなったり、音抜けも悪くなったりするものもあったりして、前後の音との繋がりが悪くなったりすることもありますので、替え指を使う時はその辺りも考慮して使うといいですね。

私も替え指はあまり好きではないのですが、アンサンブルなどで他のサックスと和音を吹く時にはこの即席の替え指をよく利用してます。


ソロを吹くときなどは多少の音程のズレなどは気にならないかもしれませんが、伸ばしの音とかで他の楽器との和音などを吹く時には、音程の微調整は不可欠ですね。


ということで、どんどん即席の替え指を見つけて、音程の微調整に利用しましょう!

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

音程 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。