ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

息継ぎ (ブレス)のコツ

今日は久しぶりに、記事を書いてみたいと思います。

仕事の方がバタバタしており、なかなかゆっくりと記事が書けず、いつも楽しみに来て頂いている方にはいつもがっかりさせてしまっており、大変申し訳ありません。

少し前に、よくメールでご質問を頂く方からブレスについてのご質問を頂いたのですが、私の方が忙しくて返信が遅くなってしまい、その方にご回答を返信したのですが、メールアドレスを変更されたのかメールが戻ってきてしまいました。

それもあり、今回は息継ぎ(ブレス)のコツについて書きたいと思います。

昔の息継ぎ(ブレス)の記事でも書きましたが、サックスだけでなく息を吹き込んで吹く管楽器はすべて息継ぎ(ブレス)が必要ですよね。

みなさんはこんな経験はありませんか?

ロングトーン練習や曲を吹いているときに、できるだけ音を長く吹こうとしたり、曲の構成上、どうしても息継ぎがしにくい長いフレーズなどを吹くときは、息が足りなくなって苦しくなって、あわてて息継ぎをしたせいで息継ぎの前の音が汚くなってしまったり、息継ぎの後の音がちゃんと出なかったり・・・

もともと吸える息が少ない女性の方や、体の小さい方など、あまり息をたくさん吸うことのできない方ですと、こういった息継ぎ(ブレス)の悩みは特に深刻な問題なのではないでしょうか?

また、そういう人ほど頑張ってギリギリまで息を持たせようと頑張ってしまうものです。

例えば、ロングトーン練習で音を長く伸ばす練習をしているときも、できるだけ長く音を伸ばすことを強く意識している人とかも、上記のような悩みを抱えていらっしゃる方が多いと思います。

というのも、ロングトーンや曲の中の長いフレーズで、できるだけ音を長く伸ばすことを意識しすぎると、息が苦しくなるまで頑張って吹いてしまうくせが付いてしまうからです。

ロングトーン練習や曲の中の長いフレーズを吹くときに、一息でちゃんと吹けるのであればそれに越したことはありませんが、息が苦しくなるギリギリまで頑張ることよりも、まだ息が残っているうちに余裕を持って息継ぎをして、息継ぎの前後の音の処理をキッチリとした方が絶対にいい演奏になります。

私がロングトーン練習の指導するときは、もちろん音を長く伸ばして吹いてもらうのですが、その人の息に余裕がある長さまで音を伸ばしてもらうようにして、そこで息継ぎ(ブレス)をしてもらっています。



そこで、今日の記事の「息継ぎ(ブレス)のコツ」なのですが・・・


簡単なことです。


「息の余裕のあるうちに息継ぎ(ブレス)をすること」です。



いい息継ぎ(ブレス)をするためには、息を吸うタイミングを少し早くして、苦しくなる前に余裕を持って息を吸うことが大切です。


しかしながら、息に余裕があるうちは息を吸おうと思っても、まだ息が残っていますので、自分で息を吸おうと思っても思うように息が吸えないと思います。



そこで、今日のポイントです。


まだ息が残っている状態で息継ぎをするときに、そのまま息を吸おうとするとほとんど息が吸えないと思いますので、その残っている息をまずは全部吐き出して下さい。

そして、残っている息をきれいに全部吐き出してから息をたっぷりと吸うのです。

これが、「息継ぎ(ブレス)のコツ」の一番大切なポイントです。



分かりにくいという方に、もう少しイメージしやすい表現で書いてみましょう。

この私が書いた、「息継ぎ(ブレス)のコツ」ですが、実はコツというほどのことでもないんですよね(笑)

ズバリ書いてしまうと、この「息継ぎ(ブレス)のコツ」は、水泳の息継ぎと同じ要領なんですよ。

水泳が苦手、水泳の息継ぎができないという人にはごめんなさいですが、普通に息継ぎをして泳げる人であれば、「水泳の息継ぎと同じ要領」と言えばすぐにイメージできると思います。

例えば、クロールでの息継ぎですと顔を横に向けて口を水面から出して、口や鼻に水が入らないようにまずは口の中の息を吐き出してから息を吸いませんか?

平泳ぎですと、顔を水面からガバっと出して、その場合でもまずは口の中の息を吐き出してから息を吸うと思います。

息を吸った後は、水中で鼻や口から息を出してからまた顔を水面から出して息を吸う場合もあると思いますが、息を吸うときは必ずと言っていいぐらい口の中に残っている息をいったん吐き出してから息を吸っていると思います。

水泳の場合ですと、息を全部水中で吐き出してしまって、苦しくなってから息継ぎをすると、鼻や口から水が入ってしまってえらいことになってしまいますよね?(笑)

ですので、サックスを吹くときも水泳と同じ要領で、いいブレスをするためには、息を吸うタイミングを少し早くして、余裕を持って息を吸うことが大切なのです。


次に練習方法についてです。

ロングトーンの練習の時に意識するといいと思いますが、例えばメトロノームでテンポ60でロングトーンの練習をするときに、自分がまだ息の余裕があるときにブレスしてみましょう。

みなさんは、テンポ60ぐらいだとどのぐらい息が持ちますか?

8拍ぐらいでまだ息の余裕があるのであれば、8拍伸ばしてブレスします。
8拍でも苦しいようであれば、4拍でブレスしてみましょう。

そして、息の余裕がある時のブレスは、まだ身体の中に息が残っていますので、ブレスをするときに残っている息を全部吐き出してから、また新たに息をたくさん吸います。

息の余裕のあるうちにブレスをするためには、身体の中に残っている息を全部吐き出さないと息がしっかりと吸えませんので、瞬間的に息を吐いてまた息を吸うのです。

息継ぎの瞬間に「プハッ、スッ」って感じですかね?(笑)

このような要領で、息の余裕のあるうちにブレスをすることで、ブレスの直前の音もブツッと切れずに残った息を使って音を十分に響かしておいてから息が吸えますので、ブレスの前後の音が汚くなったりしなくて済みますし、演奏にも余裕が出てきます。


さて、今日は「息継ぎ(ブレス)のコツ」について書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

ちょっとしたことなのですが、これができるようになると格段に息継ぎが楽になり、演奏にもかなり余裕が出てきます。



スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

| コメント:0 | トラックバック:0 |

息の柱

今日は、「息の柱」ということで記事を書いてみたいと思います。

柱と言えば、みなさんはどんな柱をイメージされるでしょうか?

四角い柱、丸い柱、太い柱、細い柱などなど…

柱と言えば、たいてい家などの建物に使われている柱をみなさんはイメージされるのではないでしょうか?

ちなみに、私は柱と言えば、日本古来の神社やお寺などに使われている、太くて丸い柱をイメージします。
色は赤色の柱が頭に浮かびますね(笑)

柱は、家などの建物を支える大切な部分で、柱がしっかりしていると建物の強度が高くなり、地震などにも強くて建物が安定しますよね。


ちょっと話がそれてしまいましたが、今日話題に取り上げるのは、建物の柱ではなくて、「息の柱」についてです。

建物の柱ならば目に見えますが、「息の柱」と言えば、息で作る柱のことですので、目に見えませんね(笑)
それに、息の柱なんて実際に実在するものじゃないですよね(笑)

ですので、これからお話する「息の柱」は、あくまでもイメージとしてとらえていただければと思います。


私が過去の記事の中で、「息の柱」という言葉を使って説明している箇所がいくつかありますので、過去の記事を読んで覚えていらっしゃる方ならもうピンと来ていると思いますが、サックスを吹くときに口から吐き出す息で柱を作るようなイメージで息を吹き込むようにすれば、安定した太い音が出せるようになります。

では、口から息を吐き出すときには、どんな柱を作ってやればいいのでしょうか?


まず、息で作る柱の形状ですが、まんまるい円柱状の柱です。

これは、アンブシュアのポイントでもありますが、口から吐き出す息でまんまるい円柱状の柱を作ろうと思えば、口の両端をすぼめるようにしてやらないと、口から吐き出す息の柱がまんまるい円柱状になりません。

人間の口は横に長い形ですので、そのまま息を吐き出すようにすると、口から出る息の柱は、ぺしゃんと横につぶれた楕円形というか、極端な場合は薄い板のような形の柱になってしまいます。

ですので、サックスを吹くときは口の両端を内側にすぼめる感じにして、口から吐き出す息で作る柱が、まんまるい円柱状になるようにしてやらないと、出てくる音も薄っぺらい広がったような音になってしまいます。

次に、柱の太さですが、低音域の音を吹く時には「ホォーーーーー」と発音するような感じで、口の中を広くして「太い息の柱」を作るようなイメージにしてやり、高音域の音を吹く時には「フゥーーーーー」とか「キュゥーーーーー」と発音するような感じで、口の中を狭くして「細い息の柱」を作るようなイメージにします。

もちろん、息で作るにしても「柱」ですので、柱の太さは口からの距離が遠くなっても同じ太さになるようにしないといけません。

息が広がってしまうと、息の柱は口から遠くなればなるほど太くなってしまいますので、そうならないように同じ太さの長い柱にするために、腹式呼吸をしっかりと使って、同じ太さで長い円柱状の息の柱を作ってやるようにします。

みなさん、ここまではイメージできましたでしょうか?

お次は、柱の硬さです。柱の硬さは、息のスピードと考えてもらったらいいと思います。
つまり、速いスピードの息が要求される高音域では、硬い柱を作ってやるイメージにして、息のスピードがゆるやかな低音息では、柔らかい息の柱を作ってやるようなイメージで息を入れます。

低音域の息の柱は、「柔らかい柱」というよりは、「弾力のある柱」という風に考えた方がいいかも知れませんね。

まとめて書くと、高音域の音を吹くときには、「細くて硬い息の柱」を作ってやるイメージで、低音域の音を吹くときには「太くて弾力のある息の柱」を作ってやるイメージです。

高音域の音を吹くときには、「細くて硬い息の柱」ですが、腹式呼吸でしっかりと圧力をかけて、喉を開いてやることで、「細くて硬い息の柱」にほんの少しだけ弾力性を持たせるようにしてやると、よく響く高音域の音になると思います。

逆に低音域は、「太い息の柱」ですが、腹式呼吸を使ってお腹でしっかりと息を支えてやらないと、弾力性がない「太くて柔らかすぎる息の柱」になってしまいますので、そうなると口から吐き出す息が広がってしまって、「ボェ~~~~~」という感じの汚い音になってしまいます。

まとめると、


高音域: 「細くて硬い息の柱」を作るイメージ(喉を開いて、柱の硬さにほんの少し弾力性を持たせると響きがよくなる)

低音域: 「太くて弾力性のある息の柱」を作るイメージ(息をお腹で支えて、柱がや柔らかくなりすぎないようにする)


ということになります。

中音域については書いていませんが、低音域から高音域にいくにつれて息の柱がだんだん細くて硬い柱になっていくイメージですので、中音域は細くて硬い柱と太くて弾力性のある柱の中間ぐらいだと考えてもらえばいいと思います。

このように、サックスを吹くときは、口から吐き出す息でまんまるい柱を作ってやるイメージで息を入れるようにすると、息がまとまって入りますので、リードも効率よく振動してくれますし、音も太くてよく響く音になります。

もちろん、息の柱を作るときは腹式呼吸を使うのは必須ですよ。


さて、今回はいかがでしたでしょうか?

みなさんは、「息の柱」を作る感覚がつかめましたか?

サックスを吹くときに、息の柱を作るイメージを持って吹くようにすると、吹き込む息が広がらずに1点に集まるようになりますし、口の両端を内側にすぼめるようにするアンブシュアのポイントもきっちりとおさえられるようになりますので、みなさんもぜひ口から吐く息で「息の柱」を作るイメージで吹いてみて下さい。




テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

| コメント:0 | トラックバック:0 |

息のスピード不足のチェック

今日は、「息のスピード不足のチェック」ということで書いてみたいと思います。

少し前に、息のスピードとは?ということで、「息のスピード」と言われてもイマイチ頭にピンと来ないという人のために少し分かりやすく書いてみました。

今回は、じゃあ息のスピードが足りないと具体的にどうなるの?ということで、息のスピードと量の関係について詳しく書いてみたいと思います。


まずは、サックスという楽器は、高音パートを担当するソプラニーノやソプラノから、中音域を担当するアルト、中低音を担当するテナー、低音域を担当するバリトン、バス、コントラバスサックスという具合で、サックスのパートが分かれます。

中でも、一般的によく使われているソプラノサックスからバリトンサックスまでのパートで、「息のスピード」と「息の量」の関係を図で表すと下の図のようになると思います。


【楽器の違いによる息のスピードと量の関係】

 <高音楽器> ⇒ 息のスピードを速くして、息の量を少なくする (楽器、マウスピース、リードが小さい)
  |
  |
  +ソプラノ
  |
  |
  +アルト
  |
  |
  +テナー
  |
  |
  +バリトン
  |
  |
 <低音楽器> ⇒ 息のスピードを緩やかにして、息の量を増やす (楽器、マウスピース、リードが大きい)



そして、今度は1つの楽器の中で出せる音域の違いによる「息のスピード」と「息の量」の関係は下の図のようになると思います。


【音域の違いによる息のスピードと量の関係】

 <音が高い> ⇒ 息のスピードを速くして、息の量を少なくする (口の中は狭く、アンブシュアはタイト)
  |
  |
  +アルティシモ音域(フラジオ)
  |
  |
  +高音域
  |
  |
  +中音域
  |
  |
  +低音域
  |
  |
 <音が低い> ⇒ 息のスピードを緩やかにして、息の量を増やす (口の中は広く、アンブシュアはルーズ)


この2つの図を見ていただくと分かると思いますが、「楽器の違い」と「音域の違い」を比べてみると、必要となる「息のスピード」と「息の量」の関係はどちらも同じですね。

このように、サックスだけに限らず、トランペットやホルン、トロンボーンなどの金管楽器もそうですが、息を吹き込んで鳴らす管楽器は上の図のような「息のスピード」と「息の量」の関係があります。

この関係を頭にしっかりと入れておくと、サックスパート内で楽器の持ち替えをしたりする時に、それほど苦労せずに対応できると思います。

少し前置きが長くなってしまいましたが、本題に戻りたいと思います。


このように音域の高い低いによって必要となる息のスピードが変わってきますが、たいていの方は高い音域を吹く時の息のスピードが不足してしまって、マウスピースを上下に強く嚙んでしまうクセが付いてしまっています。

これは以前にも説明しましたが、マウスピースを強く嚙むことによって、下唇越しに歯で強くリードを押してリードの振動を殺して、リードの先端だけが振動するような状態を作り出すことでリードの振動幅を小さくして高い音を出しているということです。

この場合、リードは下の歯で強く嚙んでいますので、リードの先端部分だけしか振動しない状態ですので、当然リードの振動は小さくなりますので、息のスピードが足りなくても高い音が簡単に出てくれます。

しかし、下唇越しにリードを下の歯で強く嚙んでいますので、下唇はすぐに痛くなり、ひどくなってくると下唇の裏側が切れて出血したり、口内炎がすぐにできてしまったりします。

これは、エレキギターなどを弾く人が最初はフレットを指で押さえるとスチールの弦が指にめり込んで痛くなってしまうけど、長く弾いていると指の先が硬くなって、弦を押さえても指先が馴染んで痛くなくなるという風にはいきませんので、いくら長くサックスを吹いていても、下唇が硬くなって馴染んで、強く嚙んでも痛くなくなるということはありません(笑)

サックスの場合は、何年も吹いているうちに下唇が痛くなくなったという人は、息のスピードをうまくコントロールできるようになって、下唇を噛まなくなったということです。

また、噛み過ぎのもうひとつの大きな弊害は、音が細くなって響かない音になってしまうことです。
これは、少し考えてみるとすぐに分かると思いますが、リードを下の歯で強く嚙んでいますので、リード全体の振動が殺されてしまって、よく響く豊かな音が出ないということです。

息のスピードがしっかりと付いている状態ですと、強く嚙まなくてもリードの振動幅が小さくなりますので、その状態で出す高音域の音はリード全体が振動するようになりますので、音に倍音の成分も多くなり、太くて豊かなよく響く音が出ます。


では、息のスピード不足をチェックしてみましょう。

まず、左手だけの運指で、オクターブキーを押さない中音域の「ソ」の音を吹いてみて下さい。

「ソーーーーー」

次に、その「ソ」の音を伸ばしたままでオクターブキーを追加で押して、そのまま上の「ソ」を吹いてみて下さい。


さぁ、みなさんはいかがでしょうか?

オクターブキーを押して上の「ソ」の音を出した時に、何か変化はありましたか?


ここで息のスピード不足の人は、オクターブキーを押した時に上の「ソ」の音がちゃんと出ずに、音がひっくり返ったような感じになると思います。

もしくは、オクターブキーを押した時に、マウスピースを上下に強く嚙んで上の「ソ」を出してしまっていると思います。

このとき、オクターブキーを押して上の高い同じ音を出す時には、アンブシュアは動いてはいけません。

つまり、この練習ではオクターブキーを押して上の音を出すときは、アンブシュアはしっかりと固定したままで息のスピードを速くしてやる必要があるということです。

息のスピードを速くするためには、口の中を狭くしてやることで息のスピードを付けてやることについてはこれまでの記事で何度も書いてきましたね。

しかしながら、口の中を狭くすると同時にマウスピースを嚙んでしまうという人がいますので、口の中だけを狭くして息のスピードだけを速くしてやるようにして、アンブシュアはしっかりと固定したままにすることが大切です。

分かり易いように発音のイメージで書くとこんな感じでしょうかね?


「ウーーーーーフーーーーーッ!」

「ウーーーーー」の部分が下の「ソ」の音で、「フーーーーーッ!」の部分がオクターブキーを押した時の上の「ソ」の音の息のスピードのイメージです。

最後に「ッ!」と書いているのは、息のスピードの違いを分かりやすくするために書いてます。

さて、みなさんはこのイメージが分かりますか?


全然関係ないことですが、女性がちょっと意味深な笑いをする時に、「ウフッ!」って笑う表現がありますよね?(笑)

それをちょっとマネしてみると、この「ウフッ!」の「ウ」の部分よりも「フッ!」の部分の方が息のスピードが速くなっていませんか?(笑)

ちなみに、声の高さも「ウ」の部分よりも「フッ!」の部分の方が高い声ですよね?(笑)

ちょっと例えがくだらない例えになってしまいましたが、これを極端に応用した形で、マウスピースを強く嚙んでしまわないようにアンブシュアをしっかりと固定したままで、息のスピードだけを速くして、オクターブ上の音を出すようにしてやればいいのです。

練習方法としては、下の音を長く伸ばしてオクターブキーを押してそのまま上の音を出して、オクターブキーを離してまた下の音に戻るような練習がいいと思います。


「ウーーーーーフーーーーーウーーーーー」


メトロノームでテンポを60~72ぐらいにして、1つの音を2拍ずつ伸ばして練習するといいと思います。


<ポイント>

・オクターブキーを押して上の音を出す時に、アンブシュアは動かさない。(マウスピースを上下に強く嚙まない)

・上の音を吹く時は、口の中を狭くして息のスピードを速くすることを意識する。

・上の音も下の音も同じ音程で吹くことを意識する。(どちらかの音の音程が高くなったり低くなったりしない)


この練習は、息のスピードをコントロールするためのいい練習になりますし、「ソ」の音だけでなく、他の音でも練習してみるといいと思います。


さぁ、いかがでしたでしょうか?

実際に試してみた方は分かると思いますが、この練習は息のスピードコントロールが上手くできていない人にとっては結構キツいと思います。


息のスピード不足かも?と思っている方は、一度チェックしてみて、この練習を日々の練習に取り入れてみましょう。



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

| コメント:9 | トラックバック:0 |

息のスピードとは?

今日は、いつも私がよく使っている言葉の「息のスピード」について書いてみたいと思います。


そもそも、「息のスピード」とは?「息のスピード」って何だろう???


私のブログをよく読んで頂いている人の中には、私がよく使う「息のスピード」という言葉の意味がイマイチよく分からなくてピンと来ないという人もいるのではないでしょうか。


みなさんは、「スピード」という言葉で何を連想するでしょうか?

多くの人は、車のスピードや、スピード違反などを連想したりしませんか?(笑)


「スピード」と言えば、当たり前ですが日本語で言えば「速さ」ですね。

台風などでもよく出てくる「風速」というのも、風の速さ、つまり風のスピードを表します。


私がよく使っている「息のスピード」についても、同じように考えてもらったのでいいと思います。

つまり、お腹に吸い込んだ息が喉を通って口から楽器へと流れていくスピードのことを「息のスピード」と表現しています。


つまり、台風の風で使う風速、つまり「風のスピード」も、「息のスピード」も同じような意味になります。


ただ、風にしても息にしても、目には見えない気体の速さですので、スピードと言ってもピンと来ないかも知れませんので、代わりに「川の流れ」をイメージした方が分かりやすいかも知れませんね。

川の河口付近の緩やかな川の流れと、山奥の急流の速い川の流れの違いを息のスピードの違いに例えたらイメージしやすいですかね?

河口付近の流れは川幅も太くて水の流れるスピードも緩やかですし、山奥の急流では川幅も細くて水の流れる速さも速いですよね。

サックスを吹く時の息のスピードは、低音域を吹くときは「太くてスピードの緩やかな息」を吹き込んで、高音域を吹くときは「細くてスピードの速い息」を吹き込む必要がありますので、まさにこの川の流れの例えにぴったりとくるかも知れませんね(笑)

つまり、お腹から口へと送り出される息が川の水で、口の中の広さが川幅だと考えれば、口の中の広さを変えることで川幅を広くしたり狭くしたりして、川の水の流れの速さ、つまり息の速さをコントロールしてやると考えたら、「息のスピード」という言葉も少しはイメージしやすくなるでしょうか。

ご存知のように、サックスはリード楽器ですので、口から吹き出す息でリードを振動させて音を出す楽器です。

そして、この口から吹き出す息のスピードによってリードの振動幅が大きくなったり小さくなったりする訳です。


つまり、息のスピードが速くなれば、リードの振動幅は小さくなって高い音が出ますし、息のスピードが遅くなるとリードの振動幅が大きくなって低い音が出ます。

「当たり前のことをなんで今さら?」と思っている方もいらっしゃるかも知れませんが、このことを十分に意識できていれば、息のスピードをコントロールすることで高い音域と低い音域を吹き分けるということが感覚的につかみやすくなるのです。


「噛み過ぎのアンブシュアになっているのですが、直すのにはどうすればいいでしょうか?」というご相談をよく頂きますが、この息のスピードの違いによるリードの振動幅の違いの大原則をよく考えてみると、マウスピースを強く噛まずに口の中を狭くすることで「息のスピード」を速くして「リードの振動幅を小さくする」練習をしなければならないことがお分かりになると思います。

高音域を吹くときに噛み過ぎのアンブシュアになっているということは、マウスピースを強く噛むことで、リードの先端部分だけが振動するような状態を作り出して、スピードの遅い息でもリードの振動幅が小さくなるように無理矢理しているということですので、マウスピースを強く噛まないようにすると、息のスピードが速くならない限りはリードの振動幅が小さくなりませんので、噛むのをやめると高い音が出なくなってしまうという訳です。

また、息のスピードに加えて、楽器に吹き込む「息の太さ」も低音域と高音域では違ってきます。

この「息の太さ」という表現も少し分かりにくいと思いますが、分かりやすい表現にすると、低音域では口から出る息で「太い息の柱」を作るイメージで、高音域では「細い息の柱」を作るイメージを「息の太さ」という風に表現しています。

これは、口から吐き出す息を1点に集めるように吐き出すことで、口から出る息で柱を作ってやる訳です。

口の中を広くして息を吐き出すと、口から出る息の柱は太くなると思いますし、口の中を狭くして息を吐き出すと、息の柱は細くなります。

つまり、息の柱の太さが違うということは、息の量も柱が太い方が多くなりますし、柱が細いと息の量も少なくて済みます。


どういうことかと言うと、低音域では息のスピードは緩やかでもいいけど息の量はたっぷりと送り込んでやる必要があり、高音域では息の量は少なくてもいいので、スピードの速い息を入れる必要があるということです。

マウスピースを強く噛んで高い音を出すということは、リードの先端部分だけを振動させるような状態を作り出しているだけでなく、強く噛むことでリードとマウスピースの隙間を狭くして、送り込む息の量も減らしているので高い音が出やすくなるのです。

ですので、噛むのをやめることでリードとマウスピースの隙間が広くなって息が通りやすくなり、リードもよく振動するようになりますので、口の中を狭くして息のスピードを速くしてやるのと同時に、吹き込む息の量も少し減らしてやれば強く噛まなくても高い音が楽に出せるようになるのです。

特に、左手のパームキーを使った上の「レ」の音から最高音の「ファ#」までの音は、息の量が多すぎると、いくら息のスピードが速くても音が裏返って下の音が出てしまいますので、そういう時は息の量をほんの少し減らしてやると高い音が噛まなくても出やすくなります。


さて、みなさんは「息のスピード」について理解は深まりましたでしょうか?


この「息のスピード」と「息の量」の関係が感覚的に分かるようになってくれば、マウスピースを強く噛まなくても高い音が楽に出せるようになってくると思います。


そして、さらにこの「息のスピードコントロール」が腹式呼吸を使って息に圧力をしっかりかけてできるようになれば、音の響きも格段に良くなってきますし、音も見違えるように変わってきます。


私がいつも使っている「息のスピード」という言葉の意味、今までよりも理解できるようになりましたか?



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

| コメント:0 | トラックバック:0 |

喉に力が入ってしまう

今日は、「喉に力が入ってしまう」というタイトルで記事を書きたいと思います。

サックスを吹くときに、よく「喉に力が入ってしまう」という人がいます。
これは、息を吸って楽器に息を吹き込むときに、喉がボコッとふくらんでいる人がこれに当たります。

この「喉に力が入ってしまう」のは、特に中高生の皆さんや、サックスを始めたばかりの初心者の方によく見られる傾向です。



では、サックスを吹くときにどうして喉に力が入ってしまうのでしょうか?


サックスを吹くときに、「喉に力が入ってしまう」という人は、具体的にどういうときに喉に力が入ってしまいますか?

該当するという方はちょっと考えてみて下さい。

・・・・・・・


どうですか?

おそらく、喉に力が入ってしまうという人は、サックスを吹くときに、特に大きな音、強弱記号で言えば、ff(フォルティッシモ)などで吹くときに喉に力が入ってしまうという人が多いのではないでしょうか?

大きな音で吹くときには、たくさんの息を吹き込んでやらないといけませんので、そうすると喉に力が入ってしまうという人がほとんどではないでしょうか。


このように大きな音でサックスを吹くときに喉に力が入ってしまうという人は、ズバリ書いてしまうと、サックスを口先だけで吹いている人です。

つまり、腹式呼吸でお腹からしっかりと息を吹き込めていない人が喉に力が入ってしまうのです。

力を入れないといけないのは「喉」ではなくて「お腹」の方ですので、喉に力が入っているとお腹から息をしっかり息を吐き出せなくなります。


あとは、高音域を吹くときにスピードのある息を吹き込もうとした時に、腹式呼吸がうまく使えない人も喉に力が入ってしまいます。

高音域を吹くときに喉に力が入ってしまう人は、息のスピード不足と息の圧力不足を補うために、マウスピースを強く噛んだ(息のスピード不足)上に、喉に力を入れて(息の圧力不足)息を吹き込んでいるのではないでしょうか。

腹式呼吸が正しくできるようになると、口の中の広さを狭くすると楽に息のスピードがつきますので、喉に力が入らずに楽に高音域が出せるようになります。


ですので、喉に力が入ってしまうという人は、腹式呼吸が正しくできるようにする必要があります。

腹式呼吸をマスターするには、当ブログの【腹式呼吸】のカテゴリーの記事をよく読んで、腹式呼吸が正しくできるようにしっかりと練習しましょう。

喉にすぐに力が入ってしまう人は、それがクセになってしまっていると思いますので、腹式呼吸をマスターするのと同時に、喉の力を抜いて息を入れる感覚をしっかりと覚える必要があります。

喉の力を抜いて息を入れる感覚を覚えるには、喉に力を入れなくても楽に音の出せる音域で、腹式呼吸を意識しながらしっかりとロングトーン練習をするといいと思います。

音階で言えば、オクターブキーを押さない左手だけの運指で出せる、「ソ」~「ド」の音でロングトーンをしっかりやりましょう。


喉に力が入っている人はそれがクセになってしまっていると思いますので、中には喉の力を抜いて吹くと音がかすれてしまったり、音の出だしがハッキリ出ないという人がいるかも知れませんが、そういう人は今まで喉の力に頼り切っていたということです。

喉の力を抜いて息を入れると音がかすれたり、音の出だしがハッキリと出ないという人は、腹式呼吸が弱く、息の圧力が足りないということですので、腹式呼吸を使って吹きこむ息にしっかりと息に圧力がかけられるまでは、今使っているリードよりも柔らかいリードを使って練習しましょう。

喉に力が入ってしまっている人は、今の硬さのリードをそのまま使うと、喉に力を入れないとちゃんと音が出ないので、悪いクセがなかなか直らないと思います。

これは、私がリード選びでいつも書いている、「自分の一番音の出しやすいリードを選ぶ」という大原則に通じるところですね。


さて、みなさんはいかがでしょうか?

喉に力が入っているという方は、クセになってしまっているという人がほとんどだと思いますので、そう簡単には直らないかも知れませんが、リードを柔らかいものに替えて、サックスで一番音の出しやすい音域でしっかりとロングトーンなどの基礎練習を積んで、喉に力を入れずにお腹から圧力のかかった息を入れて音を出す感覚をしっかりと体に覚え込ませましょう!


テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

| コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。