ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オススメのチューナー (TM-50、TMR-50)

今日は、久しぶりにサックスの小物の記事を書きたいと思います。

少し前に、うちのカルテットのアルト吹きがちらっと話していたのですが、新しいチューナーで自分が吹いた音に近い音を返してくれるのが出たらしい…という話をしていて、その時はへぇ~~それすごいな!って言ってそのまま流していたのですが、よくよく考えてみるとその機能はサックス奏者に限らず、管楽器奏者の正しい音感を鍛えるのにすごくいい機能だと思いましたので、今回記事にすることにしました。

過去の記事で、メトロノームのオススメを紹介したことがあったと思いますが、その際に通称「メトチュー」と呼ばれている、メトロノームとチューナーが一体化した電子式チューナーの新しいモデルです。

私は、メトロノームは電子式よりも振子式を推奨しており、私自身もチューナーはメトロノームと別に使いますが、チューナーを使うときにセンサーを使わずに正しい音程の音を出して耳で音を合わせる時に、いちいちチューナーの音を手で変えて合わせるのが面倒だなぁ…って思っていたのですが、この新しいチューナーに搭載された機能ですと、自分が吹いた音に反応してその音に近い音をチューナーが自動的に出してくれますので、本当に便利ですね。

この新しい機能は、「サウンドバック機能」と呼ばれていて、「入力音に近い基準音をスピーカーで返す」そうです。


では、このサウンドバック機能が付いたチューナーをご紹介します。

まずは、KORG製の「TM-50」です。

     


こちらは、TM-50のマイク付きのセットです。

     


それにしても、「サウンドバック機能」が付いているのって本当に魅力ですよね!!!

実は私も欲しいのですが、今持ってるクリップ式のチューナーがまだ現役バリバリですので、次回購入のときにはぜひコレにしたいと思います(笑)

私が【音程】のカテゴリーの記事の中で、サックスで正しい音感を身に付けるには、チューナーや鍵盤楽器で正しい音程の音を出して、それをよく聴いてロングトーン練習をして、チューナーや鍵盤楽器の音と自分の吹いている音が1つに聴こえるように練習しましょうということを書いていたと思いますが、この「サウンドバック機能」の付いたチューナーがあれば、ハーモニーディレクターのような鍵盤楽器は不要ですよね。

前のモデルの「TM-40」には、基準音を出す「サウンドアウト機能」は付いていたのですが、自分で出す音をボタンを押して選ばないといけなかったのですが、この新しい「TM-50」の方は自分で選ばなくてもセンサーが吹いた音を感知して、その音を自動的に出してくれますので本当に便利です。

使い方としては、日々の基礎練習でこの「サウンドバック機能」を使って、まさに私が音程のトレーニングで書いていたように、自分の吹いた音とチューナーから出てくる音が1つの音に聴こえるようにロングトーンをするようにすればバッチリです!

これからチューナーを購入する予定の方は、ぜひこの「サウンドバック機能」付きのチューナーを購入して、正しい音感を身に付ける練習に役立てるとバッチリです。


…と言いながら、見ているとなんと録音機能まで付いたバージョンのものがありました(笑)

上記のTM-50の上位モデルで、TMR-50です。

     


そして、こちらはTMR-50のマイク付きセットです。

     


いやはや、恐れ入りました(笑)

この録音機能付きのモデルならば、ハンディーレコーダーも別に買う必要はないですよね~
実は、私はハンディーレコーダーも別でZoom製のH4を購入して使っているんですよね。


このTMR-50、かなり便利で優れものですので、今使っているクリップチューナーが壊れたら購入すると思います(笑)


自分の音を録音して客観的に聴いてみるのはすごくいい勉強になりますし、練習の際に自分の音をハンディーレコーダーで録音して聴くことをどなたかのご質問のアドバイスで何度か書かせて頂いた記憶がありますが、これ1台あれば普段の練習に必要な機能がほぼ全部オールインワンで収まっていますので、すごく便利ですよね。


最初からコレがあれば、クリップ式チューナーもハンディーレコーダーも買わなかったのに(笑)

しかも、お値段も1万円しませんので本当に便利でかなりイケてる小物だと思います。


それにしても、時代は一気に進化しましたね。

私が中学生の頃に使っていたチューナーもKORG製のもので、当時の価格で2万5千円もする高級品のチューナーを父親から渡されて使っていたのですが、今はその10分の1の価格で大きさは約5分の1、メトロノーム機能も搭載されてチューナーと同時使用ができるなど、恵まれた世の中になったと思います。


これからチューナーを購入されるという皆さんは、このような便利な機能がすべて1台に詰まったチューナーを利用しない手はないと思います。



スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

ミストなオススメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

めちゃモテ サックス

今日は、ジャズやポップスの初心者の方にオススメの楽譜がありましたので、紹介してみたいと思います。

またいつものようにYouTubeを色々と聴いていて見つけたのですが、ジャズ奏者の萩原 隆さんの模範演奏付きの「めちゃモテ サックス」というシリーズのサックスソロピースの楽譜です。

「めちゃモテ」って、あの「めちゃイケ」のパクリみたいですね(笑)

それにしても、萩原さんの演奏、いい音してますね~~~

こんな音で吹いてみたいという人も結構たくさんいるのではないでしょうか?

ということで、とりあえずは萩原さんのデモ演奏を聴いてみましょう!


<スウィート・メモリーズ>

(アルト)




(テナー)




松田聖子さんの名曲「スウィート・メモリーズ」ですね。

いや~~~本当にカッコイイ演奏ですね。


この曲も、もうかなり昔のナツメロになってしまいましたが、私は個人的にこの曲が大好きで、昔会社の同期の結婚式で吹いたことがあります(笑)

この「スウィート・メモリーズ」ですが、「めちゃモテ サックス」というシリーズで、1曲ずつピースの楽譜で伴奏CD付きで出てるんですよね。

(アルト)




(テナー)




編曲は、このデモ演奏の萩原隆さんがされていて、私も楽譜の中身を見たことがあるのですが、初心者の方でも簡単に演奏できるようなアレンジになっていますので、ジャズやポップスの初心者の方がチャレンジするのには超オススメの楽譜ですね。


この「めちゃモテ サックス」シリーズですが、スウィート・メモリーズの他にもたくさんの曲が出ています。


「めちゃモテ サックス」シリーズ(アルト)

 ・悲しい色やね







 ・Everything







 ・星に願いを



  



 ・家族になろうよ



   


 ・黒いオルフェ







 ・リカードボサノヴァ







 ・虹の彼方に







 ・ウェーブ







 ・我が心のジョージア







 ・歩いていこう







 ・ムーンライト・セレナーデ







 ・A列車で行こう







 ・上を向いて歩こう







 ・オールオブミー







 ・酒とバラの日々







 ・枯葉







 ・いつか王子様が








「めちゃモテ サックス」シリーズ(テナー)

 ・悲しい色やね







 ・歩いていこう







 ・家族になろうよ







 ・リカードボサノヴァ







 ・A列車で行こう







 ・Everything







 ・ウェーブ







 ・黒いオルフェ







 ・酒とバラの日々







 ・オールオブミー







 ・虹の彼方に







 ・ムーンライト・セレナーデ







 ・枯葉







 ・星に願いを







 ・いつか王子様が







 ・上を向いて歩こう







 ・我が心のジョージア







それにしても、アルトとテナーで色んな曲が出てますよね~~~
私も楽器店の楽譜コーナーでこの「めちゃモテ」シリーズの楽譜を見たのですが、初心者の方でもとっつきやすい編曲になっていますし、伴奏CDも付いて1曲¥1050円という価格は魅力ですね。

知人友人の結婚式で演奏を頼まれた時に、楽器店で楽譜を見ていても、10曲、15曲で1冊になっている曲集がほとんどですし、その中の曲は全部が全部自分の好みの曲ばかり入っている訳じゃないですし、値段も結構いい値段しますからね。

この「めちゃモテ サックス」シリーズでしたら、自分で「この曲がやりたい!」と思った曲だけをピースで購入できますので、ありがたいです。

それと、萩原さんのカッコイイ模範演奏がありますので、演奏を聴いて決めれるのでいいですね。


それにしても、このシリーズはどの曲も編曲がいいですね。

初心者の方でもとっつきやすいですし、デモ演奏を聴いても分かると思いますが、楽譜上は易しいのに演奏すればそれなりにカッコイイ演奏になるように編曲されていますので、オススメです!!


さて、ジャズやポップスをやっているみなさんはこの中に自分の気に入った曲がありましたか?



テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

ミストなオススメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

オススメのリードケース

今日はミストなオススメシリーズで、私も愛用しているRICOのリードケースを紹介したいと思います。

私も、もうかれこれサックスを始めて30年以上が経ちましたが、最近ではリードケースもいいものが出てきましたね。

私が中学生だった頃に、父親に買ってもらったリードケースは、札入れのような横長タイプのリードケースで、中央部分に付いている金具を横にズラすとパカッと開いて、中は下にガラスが斜めに敷いてあり、リードのかかと部分にコルクが付いている昔ながらのリードケースです。

実は、このリードケースを今でも大事に持っているのですが、欠点は持ち運びにかさばってしまうのと、振動などでリードがズレてきて、リードの先端がリードケースの開き口まで出てきてしまって、リードの先端を傷めてしまってリードをダメにしてしまうことがあることです。

ですので、その古いリードケースは、もう使わなくなった廃棄前のリードを一時的に入れておくためだけに使っています。

そして、今私が愛用しているのはコレです!!!





このリードケースは、RICOのリードケースなのですが、何よりも優れているのは、ソプラノからバリトンまでのリードが1つのリードケースに収納できる!!!

コレに尽きますね。

私は、カルテットでソプラノとアルトを吹いてますので、このリードケースは本当に便利ですね。

サックスの持ち替えなどをされる方には本当に重宝するリードケースです。

このリードケースは、リードのホルダーの部分がゴムで留めるようになってますので、ソプラノからバリトンまでのリードが柔軟に入れられるという訳です。

あと、RICOのリードヴァイタライザが入るようになっていますので、リードの湿度を保つのにもいいですね。

かわいいリードケースが好きな方や、リードケースにファッション性を求める方にはちょっとリードケースの外側のデザインがイマイチで不満かも知れませんが、機能性に関しては私は満点だと思います!


最後にこのリードケースの欠点ですが、残念なことにリードが8枚しか収納できないことです。

アルトやソプラノですと、リードを1箱買うと10枚入りですので、10枚全部リードケースには入れられないことになります。

私の場合は、リードを購入すると、最初にリード10枚全部を試して、使えないリード2枚を除いて残りの8枚をこのリードケースに収納しています。

このリードフォルダーには小さな番号が1から8番まで書いてますので、自分のお気に入り順に収納しておくのもいいかも知れませんね。


とにかく、このRICOのリードケースは私のイチオシです!!!

リードケースを購入しようと考えている方で、迷ってらっしゃる方はオススメですので、選択肢の1つに入れてみてはいかがでしょうか?



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

ミストなオススメ | コメント:0 | トラックバック:0 |

メトロノーム

「ミストなオススメ」シリーズということで、これから私の独断と偏見で、サックスに関わるオススメの品々を紹介していくことにしました。

サックスを教えたりしていると、「メトロノームはどんなものがいいですか?」、「チューナーはどんなものを買えばいいですか?」、「楽器ケースはどんなものがオススメですか?」などなど、サックスに関連する小物などを購入する時に色々と意見を求められることがありますので、自分のオススメってどんなものか整理してみると面白そうだな・・・と思いましたので、記事にしてみることにしました。

その第一回目ということで、サックスの練習では欠かせないメトロノームについてです。


みなさんは、練習の時にメトロノームは使われていますか?

「あ、私は使ってない・・・」という方は、練習の時には必ず使う習慣を付けましょう!

先生のレッスンに付いている方や、学校の指導者の先生がしっかりしているところなどは、メトロノームを使わずに練習していると叱られますよね?(笑)

メトロノームには、昔からあるネジを巻いて使う振り子式のものと、「ピッ、ピッ、ピッ、ピッ・・・」と電子音が鳴ってランプが点灯する電子式タイプのメトロノームの大きく2系統のメトロノームがあります。

私も昔から色々なメトロノームを使ったことがありますが、やはり何と言っても私は振り子式メトロノームが一番好きですし、みなさんにもオススメしたいです。

電子式のメトロノームの欠点は、楽器を吹きながらだと電子音が消えてしまって、テンポが分からなくなってしまうのと、ランプの点滅でテンポを取るのが結構難しいところです。

実際に使ってみるとよく分かるのですが、楽器を吹くと間違いなく電子音はほとんど聞き取れなくなりますので、ランプの点滅を見て合わせようとすると、これがまた合わせにくいです。

それに比べて、ネジを巻いて使う振り子式のメトロノームは、「カチカチカチ・・・」という振り子の音が大きい訳ではありませんが、自分の吹く楽器の音とは違った音質ですので、楽器を吹きながら聞くと音は聞こえにくくはなりますが、電子式メトロノームの電子音に比べると聞き取りやすいですね。

あとは、振り子が左右に振れる動きでテンポがつかみ易いというのが一番大きな利点だと思います。
この部分は、電子式メトロノームのランプの点滅に比べるとテンポのつかみ易さが全然違います。

また、ネジ巻き式の振り子タイプのメトロノームの欠点は、当たり前ですが、止まったらネジの巻き直しが必要なことと、故障すると「カッチ、カチ、カッチ、カチ・・・」とビッコをひいたようになってしまうことですね。

逆に電子式は、テンポが狂うことが絶対にないということと、電池が切れるまでずっと正確なテンポを刻み続けることができるのが大きな利点だと言えます。

このような違いがあるのですが、私は何と言っても振り子式をオススメします!

ということで、私のオススメのメトロノームを以下にご紹介します。


まずは、一番オーソドックスなヤマハの振り子式メトロノームです。

家や学校で練習される方は、持ち運びしないのであれば、これで十分だと思います。

    



次にご紹介するのは、持ち運びタイプで安価なメトロノームがいいという方にピッタリのNIKKOの小型振り子式メトロノームです。

実は、私もNIKKOのこのタイプの小型振り子式メトロノームが欲しいのですが、自分が練習する時は、練習スタジオにヤマハの上記の大きいメトロノームが常備されていますし、教える時は生徒さんが持っていますので、それを使用しますので、買う必要がないというのが現状です(笑)

                



最後に振り子式で私が最もオススメするメトロノームは、やはりウィットナーのメトロノームです!!!

このウィットナーのメトロノームを買うなら、やはり私は木製のが欲しいですね。

私がもし振り子式メトロノームを買うとすれば、やはり何と言っても、このウィットナーの木製の小型タイプのものを購入しますね。

ただ、ウィットナーのメトロノームはとにかく値段が高い!!!これが欠点です(笑)



            



こちらは、ウィットナーの大型メトロノームです。
さすがに高いですね~~~!!!(笑)

しかしながら、楽器と同じでやはりモノはいいですから、値段は少々張りますが、学生の皆さんであれば、お誕生日のお祝いに買ってもらってもいいですし、社会人の方であれば、ボーナスが出た時にでもちょっと張り込んでもいいですね(笑)


        



いかがでしょうか?
振り子式でも、安価なベーシックなものから、ウィットナーの木製メトロノームのように高級メトロノームまで様々なヴァリエーションがありますね。
いいモノを持てば、面白くない練習にも気合が入るのではないでしょうか?(笑)



さて、ここまでは私が振り子式メトロノームをオススメしているので、電子式メトロノームが登場していませんが、電子式のメトロノームでも、1つだけ私がオススメしているものがあります。

他の記事で紹介したと思いますが、メトロノームとチューナーが一体型になっているものです。

このメトロノームは、電子式なのですが、液晶画面に針が表示されて左右に動きますので、いわば振り子式と同じように、その針を見ることでテンポが取り易いという訳です。
また、メトロノームとチューナーが同時使用できるというのが画期的で、音程をチェックしながらメトロノームの役割も果たしてくれるというかなりの優れものです。

それと、コンパクトな持ち運びタイプでチューナーが一体型になっていますので、チューナーとメトロノームを別々に持ち運ぶ必要がないというのが大きな利点です。

みなさんも持っている方がたくさんいらっしゃると思いますが、中高生のみなさんの間では通称「メトチュー」とか言われているヤツです(笑)


    


これですと、値段も安価ですし、持ち運びも便利ですので、メトロノームが電子音でもいいという方であれば、お買い得だと思います。


【2013年2月追記~ここから~】

上記にご紹介している通称「メトチュー」ですが、新しいモデルが登場しました!

今までは、正しい音程の音をチューナーから出す時に手で操作しないといけないかったのですが、新しいモデルでは「サウンドバック機能」という新しい機能が搭載されて、自分が吹いた音をチューナーが感知して、吹いた音の正しい音程の音を自動的に出してくれるという画期的なことができるようになりました。

以下が新しいモデルになります。


【TM-50】
     


こちらは、便利なクリップマイク付きです。


     


また、新しいモデルのさらに上級モデルになると、ハンディーレコーダー機能も内蔵されているものも出ています。

このモデルならば、メトロノーム、チューナー、ハンディーレコーダーの1台3役をこなす非常に便利なアイテムですね!!!


【TMR-50】
     


こちらは、便利なクリップマイク付きです。


     


チューナーもメトロノームもまだ購入していないという方で、ハンディーレコーダーも購入する予定という方は、これ1台購入すれば事足りるという優れものですね。

価格も1万円しませんので、別々にメトロノーム、チューナー、ハンディーレコーダーを購入するよりもはるかに安く上がりますね(笑)


【2013年2月追記~ここまで~】



しかしながら、私が人にオススメしているのは、やはりチューナーとメトロノームは別々に持つということです。

私の教えている方は、たいていこの電子音の通称「メトチュー」が価格も安い上に、チューナーとメトロノームの両方の機能があるということで最初に購入されるのですが、練習で使っていると電子音が聴こえなくてテンポがうまく取れないということになってしまい、私が振り子式のメトロノームをオススメして、振り子式のメトロノームを後から購入していらっしゃいます。

私の教えているある方は、メトチューで音程を確認しながら、ウィットナーの木製の小型メトロノームで練習されていますが、最初は全然テンポが取れずに音階スケールをやってもテンポに全然ハマっていなかったのですが、最近になってかなりテンポ感もよくなり、ちゃんとテンポに合わせて音階スケールも吹けるようになってきました。

ウィットナーの木製メトロノームは、やはり音がいいですね。

カチカチカチと優しい音が出ますが、優しい音なのにしっかりと耳まで届きますので、振り子を目で見るのと耳に入ってくる優しい音でテンポがしっかりと取れますのでいいですね。



いかがだったでしょうか?


みなさんも、基礎練習に力を入れるためにも、自分のお気に入りのメトロノームを1台持たれてはいかがでしょうか。




テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

ミストなオススメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。