ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

腹式呼吸の壁

今日は「腹式呼吸の壁」というタイトルで記事を書いてみたいと思います。

腹式呼吸の重要性については、これまでの記事でも色々と書いてきましたが、サックスで伸びやかで芯のある音を出すためには、腹式呼吸をマスターすることが必須になります。

サックスを吹いているみなさんであれば、腹式呼吸をマスターすることが大切だということはよくご存知だと思うのですが、実はこの腹式呼吸がちゃんとマスターできないと、いくら練習時間を多く積んだとしても、ある一定のラインまでは上達しても、それ以上にいい音を出すことが難しくなります。


これが、今日の記事のタイトルで取り上げた「腹式呼吸の壁」です。

サックスは、リード楽器と呼ばれていて、息を吹き込んでリードを振動させて音を出す仕組みですので、金管楽器のトランペットやトロンボーンとかよりも最初は簡単に音を出すことができますし、運指もソプラノリコーダーとほぼ同じですので、ある程度まで上達することはそれほど難しいことではありません。

ところが、ロングトーン、音階スケールなどの基礎練習もしっかりやって、16分音符や32分音符などのたくさんあるような速い曲も吹けるようになったけど、肝心の音色がそんなに良くならず、音のボリュームもあまり大きな音が出なくて、他の楽器と一緒に演奏すると音が埋もれてしまったり、かき消されてしまったり・・・というような人もいます。

私が昔、音大生のサックス専攻生の方と一緒にデュオを演奏させて頂いたことがあったのですが、その方の音はすごく綺麗な音色で技術的なテクニックもかなりスゴイものを持っていたのですが、音の響きやボリュームがすごく乏しくて、全然音が前に出てこないのをすごく不思議に思った記憶があります。

その方は女性の方だったので、身体の大きさや息の量とかも少しは関係しているとは思いますが、別の音大生の女性は、背丈などもそんなに違わない人ですが、ものすごくよく響く音で、音のボリュームもかなり出るという人がいましたので、その違いはやはり腹式呼吸がしっかりできているかできていないかの違いだと思います。

このように、同じ音大のサックス専攻生でも、腹式呼吸がしっかりできている人とできていない人では音に大きな差が出てきます。

いくら音の綺麗さや技術的なテクニックに優れている音大生でさえも、腹式呼吸の壁を越えられない人もいるんですよね。


おそらく、アマチュアプレーヤーの皆さんの中にも、長年サックスを吹いてきて、ある程度は吹けるんだけど、そこからもうワンランク、ツーランク上の演奏がなかなかできないんだよなぁ~~という人がたくさんいらっしゃると思いますが、そういう方は「腹式呼吸の壁」にぶち当たってしまっているという人が多いのではないでしょうか?


速い運指は、ゆっくりのテンポからだんだん速くして地道に練習すれば誰でも吹けるようになりますが、音色や音の響き、音の伸びなどは、腹式呼吸をマスターしないと全然良くなっていきません。


さて、みなさなんはいかがでしょうか?

音大生やプロの先生が演奏するような難しい曲にチャレンジして、その曲が吹けるようになりたい!と思って、頑張って難しい曲を必死で練習している人もいらっしゃるかも知れませんが、それよりも先に腹式呼吸をしっかりとマスターして、音の響きや音色を自分でコントロールできるようにすることの方が、難しい曲が吹けるということよりもずっと意味があることですし、腹式呼吸の壁を越えられると、その人の運や音楽センスによってはプロになったりする人もいるぐらいです。

「腹式呼吸の壁」

この壁は乗り越えるのが結構大変ですが、乗り越えてしまうとサックスを吹く楽しさが何10倍にも膨れ上がりますし、視野が全然変わってきますので、みなさんも頑張って腹式呼吸がしっかりとできるように練習しましょう!


もちろん、ほんの少しの間だけ一生懸命に腹式呼吸の練習をしたからといっても、すぐにマスター出来るという訳ではありませんので、普段の練習でも常に意識しながら練習して、身体に覚えこませることが大切です。

さぁ皆さんも、腹式呼吸をしっかりマスターして、響きのいい伸びやかな音を出しましょう!



スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

腹式呼吸 | コメント:0 | トラックバック:0 |

腹式呼吸の前提

今日は、サックスを吹く上でも最も大切な要素のひとつである腹式呼吸について、「腹式呼吸の前提」というタイトルで記事を書いてみたいと思います。

腹式呼吸についてもこれまでにいくつかの記事を書いてきましたが、腹式呼吸を身に付けていく上で前提となる大切なことについて今日は触れてみたいと思います。

腹式呼吸が大切だということは、みなさんもよくご存知の人ばかりですよね?

サックスの上達のために腹式呼吸の練習をしている人もたくさんいらっしゃると思いますが、腹式呼吸と言えばお腹から息にしっかりと圧力をかけて吐き出すということで、息を吐く方に焦点が当たると思いますが、その腹式呼吸を使って息を吐く前にその前提となる大切なことがあります。

みなさんはそれが何だと思いますか???




答えはいたって簡単なことです。

そうです、「息をしっかりと吸うこと」です。

なーーーーーんだ、当たり前のことじゃん・・・とがっかりした方もいらっしゃるかも知れませんが、実はこの「息をしっかりと吸う」という当たり前のことが案外できていない人が多いんですよね。

私がサックスを教えている生徒さんの中にも、最初はこの「息をしっかりと吸うこと」ができていない人が結構いました。

身体が小さい方や、女性の方とかは、身体の大きい人や男性の方よりも吸う息の量はどうしても少なくなってしまうのは仕方のないことですが、それでもその人が吸うことのできる息の量よりもはるかに少ない息しか吸えてないケースが多いですね。

息がしっかり吸えてない原因としては、だいたい以下のようなことがあげられます。

1.姿勢が悪い。

2.お腹でなく主に胸で息を吸っている。

3.緊張したりして身体に余分な力が入りすぎている。

4.息を吸うことよりも吐くことの方を意識しすぎている。

5.息を吸う要領がわからない。

だいたいはこんなところでしょうか。

これらの項目に当てはまる方は、だいたいが初心者の方や自己流でサックスを吹いてきた方が多いのではないでしょうか?

先生のレッスンに付いている方や、吹奏楽の強豪校で腹式呼吸の練習を学校でしっかりと指導されている方とかですと、この辺のことは当たり前のこととして一番最初に徹底的に指導されますのでよくお分かりだと思います。


ということで、この辺りのことがちゃんとできていない人のために1つずつ解説していきたいと思います。

1.姿勢が悪い。
⇒ まず、「姿勢が悪い」ということについてですが、もう自分で姿勢が悪いのはよく分かっているという人もいらっしゃるかも知れませんが、姿勢が悪いと音や奏法に大きな影響を与えますし、何よりも息がしっかりと吸えません。

例えば、姿勢が前かがみになっていたりすると、お腹に息が入りにくくなりますので、当然息をたくさん吸おうとしても息がたくさん吸えません。ですので、姿勢が悪いという人は背筋をまっすぐ伸ばして、お腹の部分がきゅうくつにならないようにして息がしっかりと吸えるようにしましょう。



2.お腹でなく主に胸で息を吸っている。
⇒ これは腹式呼吸ではなくて肺式呼吸で息を吸っている人ですね。胸で息を吸っている人は、息を吸ったときに肩が上がりますので、息を吸ったときに肩が上がっているという人は、まずは腹式呼吸の基礎となるお腹で息を吸う感覚を覚えて下さい。

腹式呼吸の練習方法については、私が過去の記事でいろいろと書いていますので、それをよく読んで、まずはお腹で息を吸う感覚をしっかり覚えましょう。



3.緊張したりして身体に余分な力が入りすぎている。
⇒ 身体に余分な力が入りすぎているという人は、主にサックスを始めたばかりでまだ楽器を持って間がないという人が多いと思います。楽器を持って間がないという人は、サックスを吹いているというよりは、サックスに吹かれているような感じの人が多いかも知れませんね(笑)

サックスはそれなりに重量もありますし、慣れるまでは首から吊り下げただけでも重いと感じる上に、何だか高価なものを手にしている感じがして緊張したり、ストラップで楽器をしっかりと吊り下げているんだけど楽器を誤って落としたりしないかとか余計な心配で緊張したりして、身体に余分な力が入ったりするパターンですね。

あとは、レッスンを受けたりする時に緊張したりして身体に力が入ってしまうという人もいらっしゃるかも知れませんね。
これも当たり前のことですが、身体に余分な力が入りすぎると、当然息もしっかりと吸えなくなりますので、焦らずに気持ちに余裕を持って身体をリラックスさせてやりましょう。



4.息を吸うことよりも吐くことの方を意識しすぎている。
⇒ これは息がしっかり吸えていない人のほとんどに言えることではないでしょうか。楽器を吹くのに「息を吸う」ということはごくごく当たり前のことですので、意識の中にはあまりなくて、息を入れて音を出す方の「息を吐くこと」の方に気を取られすぎているために、本来はもっと息をたくさん吸わないといけないのに、それほど息が吸えていないということになってしまっているパターンです。

これについては、今まではあまり意識していなかった「息をしっかりと吸う」ことを意識して、いい音でサックスを吹くにはまずは「息をしっかりと吸うこと」という風に頭にインプットしましょう。

息がたくさん吸えると、吐く息にも余裕が出てきますし、息のコントロールもかなり楽になりますし、いいことばかりです。

逆に息があまり吸えていないと、サックスを吹いていてもすぐに息が足りなくなってしまいますし、息がすぐに足りなくなると息のスピードも落ちますので、それをカバーしようとしてマウスピースを強く嚙んで吹くようになりますし、そうなると音が揺れて不安定になってきますし、どんどん悪循環に陥ってしまいます。

この悪循環を考えると、本当にごく当たり前の「息をしっかりと吸う」ことが非常に大切だということがお分かり頂けると思います。



5.息を吸う要領がわからない。
⇒ これは知らない人は覚えればいいだけですので、息を吸う要領が分からないと言う人はこの際に覚えてしまいましょう。

腹式呼吸の基本となるお腹で息を吸う感覚については、私の過去の記事をよく読んで参考にして頂ければいいと思いますが、息を吸うときの要領ですが、まず息をしっかりと吸う前に最初は身体の中に残っている息を全部吐き出して下さい。

これは、息を吸う前に身体の中に残っている息を全部吐き出してから息を吸った方がたくさん息が吸えるからです。このことを知らなかったと言う人は、今ここで覚えましょう!

それでは、ここで息をしっかりと吸う練習をしてみましょう。

メトロノームがすぐ手元にある人はメトロノームを使ってもいいですし、ない人は自分でゆっくりとしたテンポを感じながらやってみましょう。

速さは、だいたいメトロノームで言うと、60~72ぐらいのテンポでいいと思います。

メトロノームがない人は時計の秒針でテンポを取ってもいいですね。

そして、4拍子を数えると思って、1、2、3(吐く)、4(吸う)、フゥーーーーーー(吐く)という感じでやってみて下さい。

4拍子の最初の2拍でテンポを感じて、3拍目で身体の中の息を全部吐き出して、4拍目でしっかりと息を吸って、その次の拍でお腹からしっかりと息を吐き出す要領です。

テンポ60ですと、かなりゆっくりのテンポですので、息がたっぷりと吸えると思いますので、まずはこのテンポでたっぷり息を吸う練習をしましょう。

そして、息を吸うときは、肩を上げずにお腹の力を抜いて、吸う息がお腹だけでなく手の先から足の先、頭のてっぺんまでいきわたるようなイメージで、たーーーーーっぷりと息を吸いましょう。

イメージで言うと、「お腹で深呼吸をする」ような感じですかね(笑)

さぁ、みなさんもやってみて下さい。

1、2、3でしっかり吐いて~~、4でたーーーぷり吸って吸って吸って~~~~~、そしてお腹をへこまさないように音を立てながらしっかりと息を吐くーーーーー!!!


どうですか?みなさんはしっかりと息が吸えましたか???

息がしっかりと吸えるようになると、当然吐く息もコントロールしやすくなりますし、気持ちにもかなり余裕が出てきますので、それが音にも現れてくるようになりますので、いいことばかりです。

私も「息をたっぷり吸ってたっぷり吐く」ことについては、中学時代から楽器をやっていた父親からもよく言われていたことで、当時は反抗期だったこともあって話半分で聞き流していたところがありますが、高校時代に腹式呼吸をマスターして腹式呼吸の重要性が分かるようになってからは、この「息をたっぷり吸ってたっぷり吐く」ということを常に意識しながらサックスを吹いてきました。

腹式呼吸で、息にしっかりと圧力をかけて、息のスピードをコントロールしてサックスを吹くことは非常に大切なことですが、それ以前に腹式呼吸の前提条件として「息をしっかりと吸うこと」ができなければ、いい音につながっていかないということをみなさんもぜひ日々の練習の中で頭に入れておいて下さい。


さて、今日は腹式呼吸の前提ということで記事を書いてみましたが、いかがだったでしょうか?

この記事を書きながら思ったのですが、サックスを吹くには、ごくごく当たり前のことほど非常に大切なことが多いということをつくづく感じさせられましたね。

私もこれまで30年以上サックスを吹いてきましたが、サックスの指導をする度に、いつも自分の中ではごくごく当たり前のこととしてやってきたことがサックスを上達していく上では必ず押さえておかないといけない重要なポイントになっているということに気付かされますし、逆に私自身がすごく勉強になることが多いですね。



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

腹式呼吸 | コメント:0 | トラックバック:0 |

腹式呼吸を使った息のコントロール

今日は、「腹式呼吸を使った息のコントロール」について書いてみたいと思います。

過去の記事で、【息】のカテゴリーで一番最初に書いた「息のコントロール」という記事がありますが、そこに書いているように、サックスを吹く上で息のコントロールに必要な要素は、「息のスピード」、「息の量」、「息の圧力」の3つだということに触れましたね。

サックスでは、これらの要素をコントロールして演奏をするのですが、これらのコントロールをする際に、「腹式呼吸」を使ってコントロールしてやる必要があります。

このブログでは、【息】と【腹式呼吸】ということで、カテゴリーは別に書いていますが、実際にサックスを演奏する上では、腹式呼吸と息のコントロールは連動していなければなりません。

つまり、腹式呼吸を使って、息のスピード、息の量、息の圧力をコントロールしてやるという訳です。


腹式呼吸が正しくマスターできていないと、息のスピード、息の量、息の圧力を口先や喉でコントロールしようとしてしまいますので、音が細くて貧弱になってしまったり、よく響かない音になってしまったりします。

では、腹式呼吸がマスターできていない人が、これらの3つの要素をコントロールしようとするとどうなってしまうのでしょうか?


まずは、「息のスピード」ですが、息のスピードは口の中を広くしたり狭くしたりして、息のスピードをコントロールして、特に高音域の音になると速いスピードの息が要求されますので、口の中を狭くした上で、腹式呼吸をしっかりと使って速い息を送り込んでやらないと高い音がちゃんと出てくれません。

また、腹式呼吸がちゃんと連動していないと、喉や口先だけで息のスピードをコントロールしようとしてしまいますので、息に十分なスピードがつきませんので、マウスピースを強く噛んで、リードの先端だけを無理矢理振動させて高い音を出すようになりますので、下唇の裏側がすぐに痛くなってしまい、リードの振動も強く噛むことで殺されていますので、響きの悪い細い音になってしまいます。


次に「息の量」についてですが、息の量はサックスの音量をコントロールするための要素です。息の量を増やしてやれば音は大きくなりますし、息の量を減らしてやると音が小さくなります。

腹式呼吸を使わずに、喉や口先だけで息の量をコントロールしようとすると、息の量を大きく変えることができませんので、クレッシェンドしたつもりでも音がそれほど大きくならなかったり、息の量を少なくすると息の圧力まで下がってしまって、小さい音どころか音がかすれてしまって出なくなってしまったりします。


最後に「息の圧力」ですが、息の圧力は音の響きや音の太さに大きく影響してくる要素ですので、息の圧力が十分でないと音の響きが悪くなったり、細くて貧弱な音になってしまったりします。

喉や口先だけでも息に圧力をかけることはできますが、お腹の力を使った腹式呼吸に比べると、喉や口先だけでかける圧力の強さは本当に知れていますので、いくら頑張って喉や口先で息に圧力をかけたとしても、喉や口先の力でかけた圧力では、サックスから出てくる音は全然響いてくれません。

また、息に十分な圧力がかかっていないと、いくら吹いている自分が大きな音が出ていると思っても、その音はいわゆる「近鳴りの音」で、近くでは大きな音として聞こえても、遠く離れると全然聞こえない小さな音になってしまいます。

このように、息のコントロールの3つの要素に腹式呼吸が連動していないと、いくら息のコントロールができるようになったとしても、結局は十分なコントロールができませんので、結果としてはサックスからいい音は出てくれないということになります。


サックスを始めて、ある程度までは音が出せるようになったけど、音が細くて貧弱な音しか出せないとか、下唇の裏側がすぐに痛くなってしまうとかいう人は、腹式呼吸がうまく使えていないという壁にぶち当たっているということです。

では、腹式呼吸がうまく使えているかどうかは、どこで判断すればいいのでしょうか?


腹式呼吸がちゃんとできている人は、長時間練習していると必ずお腹が疲れてきます。


みなさんは、面白いことで大笑いしてしまった時に、「笑いすぎてお腹が痛いよ~~~」って状況になったことがありますか?(笑)

おそらくたいていの人は、笑いのツボにハマって笑いすぎたときに、笑いすぎでお腹が痛くなったという経験があると思いますが、これは笑うときにお腹の腹筋が使われていて、笑うときに口から吐く息がお腹の腹筋で「ハハハハハハ~~~」といった具合に強く押し出されている状態にあります。

腹式呼吸がちゃんとできている人は、これと同じような状態でお腹の腹筋を使って息が吐き出されていますので、サックスを長時間吹いていると、お腹の腹筋が疲れてきて、お腹にだるい疲労感が出てきます。

つまり、サックスの練習をしていても、この「お腹のだるい疲労感」が全然ないという人は、腹式呼吸がちゃんとできていないということなのです。

腹式呼吸がちゃんとできていない人は、サックスを吹いているときに「首から先」でしかサックスを吹いていないような感覚がありますので、サックスを吹いている時に首から先でしか吹いていないような感じのする人は、腹式呼吸が全くできていないと思って、腹式呼吸をしっかりとマスターしましょう。


今まで腹式呼吸がちゃんとできていなかった人が、腹式呼吸を意識して練習するようになると、腹式呼吸をマスターしている人よりも早くお腹のだるい疲労感が出てきますので、サックスを吹いた後にお腹が全然疲れないという人は、お腹を使ってしっかりと息を吹き込むように日々の練習でしっかりと意識するようにしましょう。


腹式呼吸を使って息のコントロールができるようになると、息をマウスピースから吹き込むときに、「息をお腹でグリグリと押してやる」感覚が分かるようになります。

この感覚が分かってくると、お腹で息をグリグリと押すことでサックスの響きが生き生きとしてくるのが体でリアルに感じ取れるようになりますので、そうなるとしめたものです。


クレッシェンドやデクレッシェンドも、腹式呼吸を使って音量のコントロールができるようになると、音量が急に大きくなったり、急に小さくなったりするようなこともなくなります。


つまり、腹式呼吸が正しくできるのとできないのでは、サックスを吹く上では天と地の差が出てくるという訳です。

ですので、「サックスはお腹で息をグリグリと押して吹く」という風にイメージして吹くといいかも知れませんね。

今までサックスは首から先の口だけで吹いていたという人は、「サックスはお腹でグリグリと吹くもの」だという風にイメージを変えましょう!



さて、みなさんはいかがでしょうか?


あなたは、サックスを吹くときにお腹で息をグリグリできていますか?(笑)


テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

腹式呼吸 | コメント:0 | トラックバック:0 |

腹式呼吸が正しくできるということ

今日は、「腹式呼吸が正しくできるということ」について書きたいと思います。

腹式呼吸の重要性については、これまで私のブログで繰り返し取り上げてきましたが、腹式呼吸はできているが、音が以前とそれほど変わっていないという方もいるのではないでしょうか?

腹式呼吸はできているとは言われるのですが・・・ということで、腹式呼吸ができているのに、音の伸びや響きがイマイチで悩んでいるという方は、サックスを吹く上での腹式呼吸が正しくできていないということになります。

では、腹式呼吸が正しくできるということは、どういうことなのでしょうか?

私のこのブログで腹式呼吸の練習について書いていると思いますが、まず最初は「お腹で息をする感覚を覚える」ことから書いていると思います。

そして、腹式呼吸ができているのに、音の伸びや響きがイマイチだという人は、この「お腹で息をする感覚を覚える」ことはちゃんとできていて、息を吸った時もお腹でちゃんと息が吸えていると思います。

ところが、サックスを吹く上での腹式呼吸で大切なことは、「お腹で息をすること」と、もうひとつのポイントは息を吐く時にあります。私のブログの記事を色々と読んで下さっている方は、もうお分かりかと思いますが、「お腹から吐き出す息にしっかりと圧力をかける」ことができないと、サックスを吹く上での腹式呼吸が正しくできているとは言えません。

つまり、「腹式呼吸が正しくできるということ」は、お腹で吸った息にしっかりと圧力をかけて楽器に吹き込むことができるということなのです。

身体をリラックスさせて、お腹でしっかりと息を吸い込んで、息を吐く時はお腹を引っ込めずに、逆にお腹を前に突き出す感じでお腹に力をかけながら吐き出す息にしっかりと圧力をかけてやります。

この辺の要領については、過去の記事に詳しく書いてますので、参考にしてみて下さい。

例えば、せっかくお腹で息をちゃんと吸えているのに、息を吐く時にお腹を引っ込めながら吐いたり、口から息が出て行くときに、息が広がってしまったりする人は、お腹で息をする腹式呼吸ができていたとしても、実際の音に伸びがなく、響きも乏しい音になってしまいます。

音の大きさや響きなどは、奏者の身体の大きさや肺活量によって差が出てしまうことは確かにありますが、例えば背丈も小さくて、肺活量もそれほどないような女性の方でも、腹式呼吸が正しくできていて、吸った息に圧力がしっかりとかけてサックスを吹くことができれば、それなりに大きな音で響きのある音が出せるのです。

過去の記事で、韓国のサックス吹きの天才少年の演奏を紹介しましたが、彼のような背丈の小さな少年でも、あれだけの音量で響きのある音が出せるのは、まさに腹式呼吸が正しくできているということです。

肺活量の少ない女性の方や、背丈が小さくて身体もそれほどガッチリしてない人で、音が小さくて響かずに悩んでいる人は、お腹で呼吸をする感覚を覚えた後は、息を吐き出すときに圧力をしっかりとかけてサックスを吹くことを意識して練習してみましょう。

サックスは、リード楽器ですので、吐き出す息で効率良くリードを振動させることができれば、たとえ吐き出す息の量が少なかったとしても、大きくてよく響く音が出せるのです。

みなさんはいかがでしょうか?

お腹の腹筋が弱くて、息にそれほど強い圧力がかけられないという人は、その人なりに圧力のかかった息で十分振動するリードを選びましょう。このことが自分に合ったリードを選ぶということです。

もちろん、腹式呼吸が正しくできていないのに、いくらリードを柔らかいものにしても、音の伸びや響きは変わりませんし、変わるのは吹くのが楽になることぐらいです。

この点は勘違いしないように、吐く息は広がらないように1点にまとめるようにして、お腹でしっかりと圧力をかけて息を吹き込みましょう。





テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

腹式呼吸 | コメント:0 | トラックバック:0 |

腹式呼吸のコツ

今日は、久しぶりに「腹式呼吸」について書いてみたいと思います。

腹式呼吸については、これまで何度か記事に書きましたが、今回は「腹式呼吸のコツ」について書いてみたいと思います。


管楽器の基本と言われている腹式呼吸ですが、私もちゃんと習得するまでには結構な時間がかかりました。

私も思い起こしてみると、中学3年間の間は、腹式呼吸がちゃんとできてなかったと思います(笑)

私が腹式呼吸が自分で意識できるようになってきたのは、高校2年生の時だったと思います。


個人練習で、ただひたすら音階スケールの練習を毎日毎日繰り返している時に、だんだん疲れてきて、口先がバテバテになった時に、口や喉に力が入らなくなって、お腹から息をふりしぼるようにして出さないと音が出なくなった記憶があります(笑)

その時に、お腹に力を入れて「フーーーーッ・・・」と意識的に息を吐く感覚が分かるようになりました。

その後、お腹を意識して息が吐けるようになってからは、今までとは見違えるように音色がよくなったことに自分で驚いたのを今でもよく覚えています。


私の場合は、こんな感じで腹式呼吸ができるようになっていったのですが、その後、プロの先生や、音大のサックス科の知人友人から聞いて、なるほど!!!そういう風に意識すればよかったんだ・・・って後になって感心した記憶があります。

今日は、そんなことも踏まえて、腹式呼吸のコツについて書いてみたいと思います。

みなさんは、腹式呼吸をする時は、どのような感じでされていますか?

私が、以前書いた腹式呼吸の記事にも書いてますが、息を吸うときは肩を上げずにお腹を膨らます感じで息を吸うところは割と分かりやすいと思うのですが、問題は吸った息を吐く時です。

実際に、楽器を吹く時に重要となってくるのが、息の圧力と息のスピードコントロールなのですが、息を吐く時に腹式呼吸が意識できてないと、せっかくお腹で吸った息が効果的に吐けず、息の圧力も息のスピードも十分につかなくなってしまいます。

ということで、腹式呼吸のコツは、お腹で吸った息を吐く時にポイントがあります。

まずはお腹を膨らませる感じでしっかりと息を吸って・・・(この時は、お腹には力を入れないように自然な感じで吸います)


次に吐く時です。

吐く時には、「お腹に力を入れて息を吐く」という風に教える場合もありますが、その表現で分かる人はいいのですが、お腹に力を入れて息を吐くと言ってもよく分からず、うまく息が吐けない場合は、私は別の表現を使います。

お腹に力を入れて息を吐くと言われてうまくできない人は、

「お腹をへこまさないようにして息を吐く」

ようにしてみて下さい。

お腹をへこまさないようにして息を吐こうとすれば、自然とお腹に力が入りますからね(笑)


次に、これでも息を吐く感覚がイマイチ分からない人は、

「お腹に吸い込んだ息を、お尻の穴に力を入れて息を吐く」

ようにしてみて下さい(笑)

ちょっと下品な表現ですが、中にはこの表現が一番分かりやすいっていう人もいます(笑)


最後は、もう少し上品な表現で、

「お腹に吸い込んだ息を、足のつま先から吐くような感じで息を吐く」

ようにしてみて下さい。


つま先から息なんて吐くことができないのは誰でも分かりますよね?(笑)

でも、実はこの表現が私にとってはものすごく分かりやすくて的を得た表現だったと思います。


お腹で吸った息を、つま先から吐くようにイメージして息を吐くと、お腹の横隔膜が下がりますので、あらあら不思議。

腹式呼吸がちゃんとできるようになるんですよ。。


実は、腹式呼吸で息を吐くときは、お腹の横隔膜を下げながら息を吐くのがポイントなのです。


この「つま先から息を吐く」という表現は、声楽の先生などが歌を歌う時の腹式呼吸を教える時にも使っている表現で、私も知らなかったのですが、管楽器だけではなく声楽の腹式呼吸の指導でも使われているんですよ。


「つま先から息を吐く」ことをイメージすると、息を吐く時にお腹がへこまさないようになりますし、息を吐く時にお腹に力も入りますし、結果として私が上記で使った表現のどれにも当てはまるんですよ。

私もこの「つま先から息を吐く」という表現を聞いた時には、思わず感動して笑ってしまいました(笑)

なかなか腹式呼吸が意識できない方は、ぜひぜひこの「つま先から息を吐く」つもりで息を吐いてみて下さい。

そして、息が足りなくなってきたら、お腹を前に突き出す。

そうすることで、息持ちも不思議と良くなります。


いかがでしょうか?

みなさんは、腹式呼吸のコツがうまくつかめたでしょうか?


腹式呼吸がマスターできると、音の大きさ、音の張り、音の太さ、音色が見違えるように変わってきます。

そして、その変化が自分で体感できるようになると、サックスがますます面白くなりますし、吹くのが楽しくて仕方がなくなりますよ。

私もその一人ですからね。


最初はなかなかうまくできなくて試行錯誤するかも知れませんが、うまくコツをつかんで、腹式呼吸がちゃんとできるようになってしまえばこっちのものです。

さぁ、みなさんもぜひぜひ腹式呼吸をマスターしましょう!!!


テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

腹式呼吸 | コメント:10 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。