ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

タイトなアンブシュアと噛み過ぎのアンブシュアの違い

今日は、「タイトなアンブシュアと噛み過ぎのアンブシュアの違い」ということで、以前の記事に書いた2つのアンブシュアの違いについて書いてみたいと思います。

過去の記事でも、部分的にこの2つのアンブシュアの違いについて触れているところもあるのですが、実際にどこが違うのかというところを記事にしてまとめてみることにしました。

この「タイトな~」という表現と、「噛み過ぎの~」という表現は、この2つのアンブシュアが違っているということを表すために私が自分で作った表現なのですが、さすがに言葉だけではピンと来ないという人や、実際にタイトなアンブシュアにしたつもりが、マウスピースを上下に噛み過ぎたアンブシュアになってしまったという人も中にはいるのではないでしょうか。

ですので、ここではこの2つのアンブシュアの大きな違いについて説明することにします。


まず、「タイトなアンブシュア」についてですが、これは高音域を吹く時や、ソプラノサックスなどの高音域のパートを担当するサックスを吹く時に使われるアンブシュアを指していて、私のよく使う表現で言うと、「きんちゃく袋の口をギュッと締めたようなアンブシュア」のことです。

噛み過ぎのアンブシュアと違う点は、マウスピースを周りから均等な力で締め付けてやようにして、上下に強く噛んで下の歯の力で下唇をリードに押し付けるようにしない点です。

タイトなアンブシュアでは、口の両端をギュッと内側にすぼめると同時に、下唇を硬くしてやり、リードの振動幅が小さくなるようにしてやります。

つまり、タイトなアンブシュアでは、下の歯の力を使わずに下唇を硬くしてやることでリードの振動を小さくすることです。


ところが、噛み過ぎのアンブシュアになっている人は、下の歯で下唇の裏側をギューーーッと噛んで下唇をリードに強く押し付けるようにしていますので、確かにリードの振動は小さくなりますが、リードの真ん中から根元部分の振動を殺してしまっていますので、響きのない詰まったような音色になってしまうというわけです。


簡単に言えば、下の歯で下唇を強く噛んでいるかどうかということが「タイトなアンブシュア」と「噛み過ぎのアンブシュア」の大きな違いということです。

腹式呼吸が正しくできていて、息に圧力がしっかりかかっていて、スピードもしっかりとついていれば、下の歯で下唇を強く噛んでやらなくても、下唇を少し硬くしてやるだけでリードの振動幅はすぐに小さくなりますので、高い音も楽に出ますし、リード全体が振動するようになりますので音もよく響いてくれます。

さぁ、みなさんはいかがでしょうか?

あなたは高い音を吹くときは、「タイトなアンブシュア」になっていますか?それとも、「噛み過ぎのアンブシュア」になっていますか?

この違いは、長時間吹いた時の疲れ方にも出てきます。

噛み過ぎのアンブシュアになっているという人は、もうお分かりですよね?
長時間、いや長時間吹かなくても、吹いているとすぐに下唇の裏側が痛くなってきます。


それでは、タイトなアンブシュアがちゃんとできている人はどうでしょうか???
これは過去の記事でも何度か書いたことがありますが、頬の筋肉が疲れて、頬が痛くなってきます。

頬の筋肉が疲れるのは、アンブシュアをタイトにするときに口の両端を内側にギュッとすぼめますので、そのときに頬の筋肉をすごく使うからです。

アンブシュアの練習でボールペンをくわえるということを書いたと思いますが、ボールペンを噛まずに唇の力だけでボールペンが水平になるように保とうとすると、口の両端をギュッとすぼめないといけませんので、かなり頬の筋肉の力を使わないとボールペンが下に下がってきてしまいます。

このように、長時間吹いた時の口や頬の疲れ方でも正しいアンブシュアになっているかどうかが判断できます。


あと、アンブシュアはしっかり固定して動かないようにするのが基本だということも書いたと思いますが、「アンブシュアをギュッと締めてタイトにしたり、ぐっと緩めてルーズにしたりするということは、アンブシュアは動いているんじゃないですか?」という質問を受けたことがありますが、「アンブシュアをしっかり固定して動かないようにする」というのは、アンブシュアを作る時に上の歯2本をしっかりとマウスピースに当てて、マウスピースがブレないようにすることを指しています。

つまり、上の歯2本をマウスピースにしっかりと当てて、マウスピースが前後左右に動かないようにしっかりと固定した上で、唇を周りからギュッと締めてタイトにしたり、口をぐっと縦に緩めてルーズにしたりすることでリードの振動をコントロールするということです。

アンブシュアをタイトにしたときに上の歯が浮いてしまって、マウスピースが動いてしまうという人は、上の歯2本がしっかりとマウスピースに当たっていないということです。

ちゃんとタイトなアンブシュアができると、口を周りからギュッと絞ったときに、上の歯2本がマウスピースにめり込むぐらい強く当たっているように感じると思います(笑)

私が指導している生徒さんに、「上の歯がマウスピースにめり込むようになってしまってるんですが、いいんでしょうか?」という質問を受けたのですが、「そうです!そうじゃないといけないんですよ!」って答えましたからね(笑)

つまり、下の歯は強く噛んではいけないのですが、逆に上の歯はマウスピースにめり込むぐらい強く当たってないといけません。

ここがアンブシュアの大切なポイントですので、みなさんもチェックしてみましょう。


正しいアンブシュアの基本は、上の前歯2本がしっかりとマウスピースに当たっていることですので、マウスピースの歯の当たる部分にティースマークが付いて、その部分が削れてくるということは、上の前歯2本がしっかりとマウスピースに当たっている証拠ですので、すごくいいことなんですよね。

マウスピースパッチを貼っていらっしゃるという方も多いと思いますが、正しいアンブシュアがちゃんとできている人は、マウスピースパッチを貼っていてもすぐに破れてくると思いますし、なかなか破れてこないという人は、上の歯の支えが甘い人だと思います。

ちなみに、私は基本はマウスピースパッチを貼らない人なんですが、新しいマウスピースにはパッチを貼って吹いてますが、吹いているうちにすぐに破れてきますし、ティースマークが付かないように貼ったはずが、パッチの交換のときにはがしてみたらしっかりとティースマークが付いてしまってますので、結局はマウスピースパッチを貼る意味がないんですけどね(笑)

つまり、そのぐらい上の歯がしっかりとマウスピースに当たっているということです。

記事のタイトルと少し話が横道にそれてしまいましたが、上の前歯の支えは正しいアンブシュアを作るうえでは非常に大切ですので、みなさんも普段から意識してみて下さい。


さて、今日は「タイトなアンブシュア」と「噛み過ぎのアンブシュア」の違いについて書いてみましたが、いかがだったでしょうか?

みなさんも、タイトなアンブシュアと噛み過ぎのアンブシュアの違いを正しく理解して、普段の練習でもしっかりと意識してみましょう。



スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンブシュア | コメント:5 | トラックバック:0 |

アンブシュアのポイント

今日は、「アンブシュアのポイント」について書いてみたいと思います。

これまでに、アンブシュアの記事について色々と書いてきましたが、アンブシュアについて悩んでいる方が多いようですので、ここでもう一度アンブシュアで大切なポイントについて書いてみたいと思います。

みなさんは、正しいアンブシュアで吹けていますか?

アンブシュアで悩みだすと、吹いているときにアンブシュアを色々と動かしてしまったり、アンブシュアを気にしすぎて息がしっかりと吹き込めなくなってしまったりとあまりいいことがありません。


アンブシュアは、悩んでいる人にとってはすごく難しく感じられるかも知れませんが、注意しなければいけないポイントは決まっていますし、実際のところはそんなに悩むほどのこともない、いたってシンプルなことなのです。


それでは、アンブシュアの主なポイントを以下にまとめてみたいと思います。


1.上の前歯2本をしっかりとマウスピースに当てる。(マウスピースの先端から約1cmのところ)

2.マウスピースを上下に強く嚙まずに口の両端を内側にすぼめるようにする。

3.上の歯のラインと下の歯のラインを合わせる。


主なポイントは、たったこの3つです。

いたって、シンプルですね。


アンブシュアで悩んでいる方は、この3つのポイントがしっかりとできているかどうかをチェックしてみて下さい。

この3つのポイントがちゃんと押さえられているのに、うまく吹けないという人は、腹式呼吸が正しくできていなかったり、息のスピードコントロールが上手くできていなかったりと、アンブシュア以外のところに問題があるケースがほとんどです。

特に、この3つのポイントの中でも1番目の「上の前歯2本をしっかりとマウスピースに当てる」のができていない人が結構います。

他の記事でも書いていますが、この上の前歯2本の支えはサックスを吹く上では非常に大切です。

過去に演奏の姿勢についての記事で書いたと思いますが、サックスを支えるのは、上の前歯2本とストラップとサムフックに引っかけた右手の親指の3点です。

ここでも繰り返して書きますが、この3点支持がサックスを吹く上での基本となります。


それでは、ここでちょっとみなさんのアンブシュアをチェックしてみましょうかね?

まずは、上の前歯をマウスピースにしっかりと当てて、ストラップをいい位置まで引き上げて、右手の親指をサムフックに引っかけてみて下さい。


どうですか? できましたか?


サックスが3点でしっかりと固定できていますか?


では次に、その状態のままで左右にぐるっと回ってみたり、その辺をうろうろと歩きまわってみて下さい(笑)

左右にぐるっと回ったり、歩いたりするとサックスがグラグラと揺れたり、バランスを崩して上の前歯がズレたりマウスピースから外れてしまったりした人は、サックスが3点でしっかりと固定できていないということです。

3点支持がしっかりとできていない人は、ストラップが下すぎて上の前歯の支えが甘くなっている人がほとんどだと思います。

ぐるっと回ったり、歩いたりしたときに、上の前歯がズレたりマウスピースから外れてしまうという人は、上の前歯2本の支えが甘いということですので、ストラップを少し引き上げて、もっとしっかりと上の前歯がマウスピースに当たるようにしましょう。

また、サムフックに引っかけた右手の親指が痛くなるという人は、ストラップが下すぎて右手の親指に楽器の重さがかかりすぎているという人です。

右手の親指が痛くなるという人は、ストラップをしっかりと引き上げて、楽器の重さをもっとストラップに任せるようにしましょう。


さて、みなさんは自分のアンブシュアをチェックしてみた結果はいかがだったでしょうか?

上の前歯2本って結構強くマウスピースに当てないといけないんだな…と思った人もいると思いますし、ストラップも普段そんなに意識していなかったけど、結構重要な役割をしているんだな…ということに気付いた人も結構いるのではないでしょうか。

アンブシュアと言えば、口の形や下唇とかに話題が集中しがちですが、大切なポイントは上の前歯2本の支えであったり、ストラップの位置とかがアンブシュアに影響していたりと、普段はそれほど意識しないようなところに大切なポイントがあったりしますので、上記の3つのポイントを今まで意識したことがなかったという人は、いい機会ですのでチェックしてみましょう。

案外できていなかったという人は、この3つのポイントをしっかりとマスターすれば、アンブシュアは悩むほど難しいことじゃないということに気付くと思います。


今日は、アンブシュアのポイントということで書いてみましたが、いかがだったでしょうか?


アンブシュアって実はそんなに難しいものじゃなくて、大切なポイントさえしっかりと押さえていれば、いたってシンプルなものだということに気付いて頂ければ嬉しいです。

大切なポイントを押さえてアンブシュアを作れば、あとは息のスピードコントロールと腹式呼吸を正しくマスターするだけなのです。


さぁ、アンブシュアで悩んでいるみなさんは、もっとシンプルに考えて、息のスピードコントロールと腹式呼吸の方をしっかりとマスターしましょう!!!



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンブシュア | コメント:3 | トラックバック:0 |

音の響きをよくするためには?

今日は、「音の響きをよくするためには?」というタイトルで記事を書きたいと思います。

サックスを吹いている人なら、誰もが「響きのある音」に憧れますよね?

サックスを吹き始めて、音が出せるようになって、運指も覚えて簡単な曲が吹けるようになると、次はどうすれば音の響きがよくなるんだろう・・・と考えるようになると思います。

それでは、どのようにすれば音の響きがよくなるのでしょうか?

今までの私の記事では、音の響きをよくするために「腹式呼吸が正しくできる」ことと、「喉を開く」ことについて書きましたが、ここでは後者の「喉を開く」ことにもう少し突っ込んで書いてみたいと思います。

みなさんは、喉を開く感覚はつかめていますか?

「喉を開く?!」という記事で、喉を開くことについていくつか表現をあげてみましたが、実践して音の響きはよくなりましたか?


では、喉を開くと、どうして響きがよくなるのでしょうか?


楽器を構えて、マウスピースをくわえて、息を吹き込むと音が出ると思います。

そこで、出た音の響きがどの辺で鳴っているかを感じてみて下さい。
みなさんの音は、どの辺で鳴っていますか?どの辺りで音が響いていますか?


おそらくみなさんが感じているのは、「口の中」、「口の周り」、「マウスピースの辺り」、「ネックの辺り」、「ベルの辺り」・・・
だいたいはこのぐらいですかね?

その他ですと、顔に音が響いているのを感じる人もいるかも知れませんね。


この音の鳴っている部分を見てみると、「口の中」以外は全部身体より外側の部分ですね。


そこで、「喉を開く」ことで身体の内側の部分に音の響く範囲を広げることで、音の響きがぐっとよくなります。


前回の「喉を開く?!」の記事では、実際に喉をどのようにして開いてやるかについて書きましたが、ここでは喉を開くことで音の響きを感じる部分を口の奥から喉へ、さらにはお腹にまで音の響きを感じる範囲を広げるように意識してみて下さい。

具体的には、口の中で響いている音を喉の奥の方まで持っていくような感じです。

イメージで言うと、「んのぉーーーーーー」って言う感じですかね(笑)

何のこっちゃ?!ちょっと変な表現かも知れませんが、実際に「んのぉーーーーーー」って言ってみると、喉の奥の方から鼻にかけて声が響くような感じになりませんか?(笑)


これは、私が感じる「イメージ」なのですが、口の中で響いている音をこのイメージで喉の奥の方でも響くような感じにしてやることで、音の響きがかなりよくなります。

そして、喉の方で音が響くようになると、さらに奥の食道からお腹まで音が響くように、「口~喉~お腹」が1本の通路でつながっているようなイメージで吹くと、さらに音の響きがよくなります。

この状態で腹式呼吸で息をしっかり入れることができると、音の響きは普通に吹いた時に比べると全然変わってきます。

実際に吹いている人は音の響きの違いがあまり感じられないかも知れませんが、傍で聞いている人にはその響きの違いがハッキリと分かります。

音の響きがよくなると、いつもと同じ音量で吹いても、実際の音はかなり音が大きく聞こえます。

みなさんも、音の響く範囲を口の中から喉、さらに奥のお腹まで広げて吹いてみて、その違いを人に傍で聞いてもらってみて下さい。

自分で感じているよりも実際にはかなり響きが変わっているんだなっていうことが分かると思います。


あ、もちろん、正しい腹式呼吸で息がしっかりと吹き込めていることが前提ですよ。

音の響く範囲を口の中から喉、お腹へと広げていった時に、吹き込む息が弱くなってしまうと、音がよく響かなくなりますからね。


さぁ、みなさんも試してみて下さい!


テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンブシュア | コメント:2 | トラックバック:0 |

アンブシュアと腹式呼吸の関係

今日はアンブシュアと腹式呼吸の関係について書いてみたいと思います。

これまで私のブログでは、アンブシュアと腹式呼吸は別のカテゴリで記事を書いてきましたが、実はアンブシュアと腹式呼吸の間には大きな関係があります。

これはどういうことなのか?ということについて説明してみたいと思います。

アンブシュアで苦労される方がたくさんいらっしゃると思いますが、アンブシュアの作り方はいたって単純で、アンブシュアの記事を読んでもらうと分かると思いますが、私が一番最初に書いている「アンブシュア」の記事は、他の記事に比べると、説明している文章の文字数も少ないと思います。

正しいアンブシュアでマウスピースをくわえる時は、マウスピースを周りから包み込むようにしてくわえることや、口を「オー」と発音する時のように縦型の口にしてくわえることについても書いてきました。

そして、口の両端は横に引くスマイルの口にならないように、口の両端を内側にすぼめるようにするということも書いたと思いますが、今日のポイントは「口の両端を内側にすぼめるようにする」ことです。

では、なぜそれと腹式呼吸が関係しているのかということですね。

サックスを吹く時は、腹式呼吸を使って、吐き出す息にしっかりと圧力をかけてやるのですが、この「腹式呼吸を使って吐き出す息にしっかりと圧力をかけること」と、アンブシュアの「口の両端を内側にすぼめるようにする」ことが実は大きく関係しています。

「息の圧力」の記事でも少し触れたかも知れませんが、吐き出す息に思いっ切り圧力をかけてやるとどうなりますか?

特に口先をほんの少しだけ開いた状態で、その状態を崩さないように、お腹で息に圧力をかけて、思い切り息を吐き出してみて下さい。

楽器を吹くことは関係なしにして、とにかく自分の力ある限りの息の圧力をかけて息を吐き出して下さい。



みなさん、どうですか?

息にものすごい圧力をかけて息を吐き出そうとしますので、口先をほんの少しだけ開いていても、息の圧力に負けて、ほんの少しだけ開いた口先が広がってしまいそうになりませんか?

その状態のままで、口先の息の出る穴が広がらないように必死で我慢しながら、吐く息をお腹でぐいぐいと押すような感じで圧力をかけてさらに息を吐き続けて下さい。

もっともっと強く!!!!!です。



さてさて、みなさんはどうなりましたか?

おそらく、多くの人が口が横に広がって、口の両端から息が漏れてくるようになると思います。

そうなんです。人間の口は、上下に閉じる力は物を噛んで食べるので強いのですが、口の両端を内側にすぼめる力は弱いので、口から思いっ切り圧力のかかった息を吐き出そうとすると、口の両端の方が力が弱いので、息の圧力に負けて横から息が漏れてくるんですよ。

サックスのアンブシュアでも、腹式呼吸を使ってお腹でしっかりと圧力をかけた息をスピードをつけて入れようとすると、まだサックスを始めて間もない方や、噛み癖のついてしまっている方は、口の両端から息漏れがしてしまいます。

もしも、サックスを始めて間もない方や、噛み癖のついてしまっている方が、サックスを吹く時に、口の両端から息が漏れることがほとんどないということであれば、吹きこむ息にかける圧力がまだまだ足りないということだと思います。

腹式呼吸を使ってお腹からしっかりと圧力のかかった息が吹きこめている人であれば、口の両端から息が漏れないようにするために、無意識に口の両端を内側にすぼめて息漏れがしないようにすると思いますし、そうするとほっぺたの筋肉をかなり使いますので、長時間練習していると両方のほっぺたの筋肉が疲れてかなり痛くなります。

長時間練習していると、下唇の裏側に歯形が付いて下唇は痛くなるけど、ほっぺたは全然痛くならないという方は、まだまだ吹きこむ息の圧力が足りないと思った方がいいかも知れません。

ちなみに私の場合は、長時間練習していると、ほっぺたももちろん痛くなってきますし、それでも吹きこむ息に圧力がかかっていますので、疲れて口をすぼめる力が足りなくなってますので、口の両端から息がププププ・・・と漏れてきます(笑)

ということで、アンブシュアと腹式呼吸の関係が分かって頂けましたでしょうか?

アンブシュアと腹式呼吸の関係というよりは、アンブシュアと息の圧力の関係かも知れませんね。

「腹式呼吸を使って ⇒ 息の圧力をしっかりかけてやり ⇒ 息漏れしないように口の両端をすぼめる」

という関係だと言えば分かりやすいかも知れませんね。


アンブシュアで悩む人はかなりたくさんいると思いますが、アンブシュアで悩んで、くわえ方を意識しながら吹いていると、くわえ方や口の形ばっかりに気を取られるようになりますので、吹きこむ息が浅くなってしまったり、息にしっかりと圧力がかけられなくなってしまって、余計に悪循環に陥ることも珍しくありません。

私自身、アンブシュアの作り方はいたって単純でシンプルなものだと思っています。

もちろん、アンブシュアはサックスを吹く上で非常に重要な要素であることは間違いないことだと思いますが、私はそれよりも腹式呼吸を使って、圧力のかかった息をしっかりと吹きこんで、どれだけリードを効率よく振動させるかを意識した方が、音色や響きは格段によくなると思います。

私も、このことが自分の身体で分かるようになってからは、マウスピースを強く噛んで下唇が痛くなることも全くなくなりましたし、特に何も意識しなくても自然に正しいアンブシュアが作れるようになりました。

サックスを吹くのに必要な要素が身についてくると、長時間サックスを吹いた後の疲れ方も違ってきます。

サックスを始めたばかりで、まだうまく吹けない方とかですと、長時間練習するとまず下唇が切れそうで痛くてたまらなくなったり、姿勢が悪かったり身体の余分なところに力が入りすぎて肩がすぐにこったり、喉が疲れたりと疲れ方もいい疲れ方になりません(笑)

正しいアンブシュアで、腹式呼吸を使ってしっかりと息に圧力をかけて吹けるようになってくると、長時間吹いているとまずはほっぺたの筋肉が疲れてきて、ほっぺたが痛くなってきます。

そして、ほっぺたの筋肉が限界に近づいて来ると、口の両端から息がププププ…と漏れてくるようになります(笑)

まぁ、この疲れ方が自分でいい疲れだなぁ…と感じられるかどうかは疑問ですが(笑)

私の場合は、さらに最後に練習が終わって、楽器を片づける時に腹筋が疲れていることもよく感じますよ。


まだまだ若いみなさんですと体力もあると思いますので、私よりも元気だと思いますし、なかなか疲れないとは思いますので、私ほどは疲れを感じないかも知れませんが…(笑)


私も、この傾向は社会人になって、楽器を毎日吹いていた学生の頃と違って、週に1~2度の練習でほんの数時間しか吹く機会がなくなってからですね。

サックスを吹くのも、スポーツや運動と同じで、吹く時間が減ってしまうとダメですね。。。


私もさすがに最近では、アンサンブルで5分ぐらいの曲を1曲通しで吹いただけでもクタクタになってしまう始末です(笑)


さてさて、話がすっかりとそれてしまいましたが、いかがだったでしょうか?

アンブシュアに悩んでいる方は多いと思いますが、アンブシュアで悩んでしまったら、アンブシュアのことはしばらく横に置いといて、腹式呼吸を使って圧力のしっかりとかかった息を吹き込むことを意識して練習してみて下さい。

そうすることで、アンブシュアも自然な形ができて余分なところに力が入らなくなりますし、音色や響きもよくなってきますからね。



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンブシュア | コメント:2 | トラックバック:0 |

喉を開く?!

今日は、「喉を開く」ことについて書いてみたいと思います。

サックスを吹くときに、よく「喉を開く」という表現を耳にすることがあると思います。

喉を開くと、音がまろやかになる、音がよく響くようになる、音が豊かになるなど、学生のみなさんは先輩から「喉を開く」ということを教えられた方もいるのではないでしょうか。

この「喉を開く」という表現ですが、実際に喉を開いているというよりは、口の奥の方を広げていると言った方が分かりやすいかも知れませんね。


実際に「喉を開く」ことを意識して実践している方は分かると思いますが、音色がまろやかになり、音がよく響くようになります。

これは、お腹から吹き込む息が口の奥の方を広げてやることで、息の流れがそこでゆるやかになり(息のスピードが少しゆるやかになります)、音色に柔らか味が出ますし、サックスの音が口の奥の広げた部分から喉の奥の方まで音が共鳴し、音がよく響くようになります。

サックスの音は、息の吹き込まれたマウスピースより先で鳴っているように見えますが、リードの振動音はマウスピースより先の楽器の部分だけではなくて、口の中から喉の奥、そして上の前歯をしっかりマウスピースに当てて吹きますので、音の振動は上の前歯を伝って、顔の骨から顔全体にも共鳴しています。

ですので、アンブシュアでは上の前歯をマウスピースにしっかりと当てることで、音の響きもよくなりますし、喉を開くとさらに音の響きがよくなります。

また、顔の輪郭は人によってそれぞれ違いますので、顔の骨に共鳴している音の響きは、人によって音色が少しずつ違ってくるようです。

面白いですよね(笑)

さてさて、話を元に戻しましょう。


この「喉を開く」ということについてですが、喉を開いてと言われても直感的によく分からない人も結構いるのではないでしょうか。

私も、この「喉を開く」という言葉自体は、自分ができるようになってから後から聞いた言葉ですので、「あぁ、このことか・・・」とすぐに分かるのですが、すぐにピンと来ない人のために、いくつかの表現を紹介します。


私が、喉を開くことを教えるときには、以下のような表現を使っています。

・口の中で、舌の奥の方をぐっと下にさげて下さい。

・口を閉じた状態で、あくびを我慢したときのような口の中の状態にして下さい。

・オペラ歌手の真似をして、歌を歌う時のような口の中の状態にして下さい。

・舌の先を上の歯の裏側に付けて、そのままの状態で息を吐き出そうとして下さい。(息は舌でせき止められているので出ません)


といった感じで、だいたいは上記の4つの表現で、「喉を開く」ことを覚えてもらいます。

みなさんに分かりやすい表現はありましたか?


いずれの表現も、口の奥の方を広げるような感じになると思います。

この「喉を開く」ということは、私が息のスピードコントロールのところで書いている、「口の中を広げる」、「オーーー」という発音の時の口の中の状態にすることと似ていますが、少し違います。

違っているのは、「口の奥の方」を広くする点です。

高音域を吹くときは、口の中を狭くしてやって、息のスピードを速くしてやりますが、この時に「口の奥の方」を広くしてやることで、高音域の音がよく響くようになります。

口の中を狭くして、口の奥の方(喉に近い部分)だけを広くしてやるのは結構難しいですが、慣れてくるとできるようになってきます。

舌の先端部分を上の歯の後ろの歯茎の部分に当てて、ほんの少しだけ息の通る隙間を作ってやれば、そんな感じになると思います。

舌の先端を上の歯の後ろの歯茎の部分につけたままで、舌の真ん中よりも後ろの部分を上げたり下げたりしてみると感覚がつかみやすくなると思います。

そして、マウスピースをくわえたときは、この舌の先端部分を上の歯の後ろの歯茎の部分ではなく、マウスピースとリードの先端部分に当ててやるようにすればいいのです。


このような口の中の状態で、息を入れる時に、舌の先端をマウスピースとリードの先端からほんの少しだけ離してやると、口の中が狭くなって息のスピードが速くなりますし、大きく離してやると息の通り道が広くなりますので、息のスピードがゆるやかになります。


少しややこしくなってしまったかも知れませんが、「喉を開く」ことと「口の中を広くする」ことの違いが少しでも分かって頂けたでしょうか?


整理してみますと・・・

・口の中を広くしたり狭くしたりすることは、息のスピードコントロールのときに行う。

・喉を開くことは、リードの振動音を口の奥から喉にかけて響かせるために行う。

という風に考えた方が分かりやすいかも知れませんね。


私が、この「喉を開く」ことを覚えたのは、ちょうど中学3年生の時だったと記憶しています。

プロのサックス奏者のレコードを聴いて、あれこれと試行錯誤しながら吹いているときに、口の奥の方を広くしてやると音がまろやかになって、よく響く音になることに気付いて、合奏中にもよく意識しながら吹いていた記憶があります。

ただ、その頃はまだ腹式呼吸がちゃんとできていませんでしたので、音がまろやかになってそれまでよりは柔らかい音色にはなりましたが、音自体はそれほど響く音にはなりませんでした。

そして、高校2年生のときに、腹式呼吸のコツがつかめるようになって、お腹から圧力のある息がしっかりと吹き込めるようになってきたときに、楽器がよく鳴る、音がよく響くようになってきました。


ですので、この「喉を開く」ことに合わせて、腹式呼吸がしっかりとできるようになることで、まろやかでよく響く音になってくると思います。


今回は、「喉を開く」ことについて書いてみましたが、いかがだったでしょうか?

みなさんも、この「喉を開く」ことを意識して、口の奥の方まで自分の吹いている音を響かせるような感じで練習してみて下さい。


サックスの上達には、日頃からの練習の積み上げが必要です。

なかなか上手くいかなくても、簡単に諦めずにコツコツと頑張りましょう!!


テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンブシュア | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。