ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

YAMAHA YSS-875EXHG (ソプラノ)

今日は、YAMAHA YSS-875EXHG について書きたいと思います。
私も、ソプラノは約10年ほどヤマハのカスタム(YSS-875)を吹き続けてきたのですが、とうとう楽器を買い替えることにしました。

YSS-875も愛着があったのですが、いつもお世話になっている楽器店のJEUGIA梅田ハービスENT店さんからお声掛けを頂き、日本で在庫が2本だけある楽器のうちの1本を取り寄せて頂けるとのことで、買い替えの検討に入りました。

そして、ついに購入しました!!

YAMAHA YSS-875EXHG です。

YSS-875EXHG

楽器: YAMAHA YSS-875EXHG (須川展也選定品)


ヤマハのカスタムの最新機種で、フラジオのHigh Gキーの付いたモデルです。

2月の終わりに、このモデルは一度試奏したことがあり、その時は田中靖人先生の選定品を吹いて、いいなぁ・・・と思っていたのですが、須川先生の選定品があるということで、JEUGIA梅田店のスタッフの方に取り寄せて頂きました。

選定書

一応、須川さんの選定品をメーカーを通じて日本中を探してもらったのですが、東北に1本と、ヤマハ浜松工場に1本あり、そのうちのヤマハ浜松工場に1本だけあったものをキープして頂きました。

楽器店のスタッフの方には、お取り寄せできるかどうかは保証できませんが、最善を尽くしますということで、私もそれほど期待はしてなかったのですが、頑張って私のために取り寄せてくれたとのことで、入荷の連絡を頂いて、試奏に行って来ました。

田中先生の選定品は、アルトもソプラノもそうなのですが、少し抵抗感が強くて、音色は太くて鳴りも割とパワフルに鳴る個体で、須川先生の選定品は今までアルトを3本ほど吹いたことがあるのですが、どの個体も抵抗感が少なくて、響きも柔らかくて繊細な感じがするものだったので、YSS-875EXHGの須川先生の選定品はどんな個体なのか楽しみでした。

楽器店に出向いて、いつも使い慣れたマウスピースとリガチャーにリードを付けて、試奏してみたのですが、やはり須川先生の選定品ですね。

少し前に試奏した、田中先生の選定品と同じ YSS-875EXHG なのですが、田中先生の選定品とは全く対照的な個体で、吹いた時の抵抗感が少なくて、口元で息が余るような感じもそれほどなくて柔らかくて繊細な響きがして、楽に音が出る感じですごくよかったですね。

今まで吹いたアルトの須川先生の選定品の個体と吹いた吹奏感は同じような感覚でしたね。


ということで、少し吹いただけで想像通りの個体だということがよく分かり、音程も一通りチェックしましたが全くもって問題ありませんでしたので、めでたく購入致しました!

EXHGは新しいモデルなので、まだ製造本数も少ないみたいで、製造シリアルNo. も 「1127」と、まだ番号が若いですね。


それにしてもいい楽器との出逢いでしたね。

私も、今までいろんなメーカーのソプラノを試したのですが、やはり前に吹いていた楽器が YSS-875 ということもあるのですが、次に手にする楽器もヤマハのカスタムと決めていましたので、本当にタイミングよくいい楽器との出会いになりました。

JEUGIA梅田ハービスENT店のスタッフの皆さんには、本当に感謝感謝ですね!

私の前の愛器の YSS-875 も高値で買い取って頂きましたし、本当にありがとうございました。


私の前の愛器も、今店頭に並んでいますので、しっかり吹いて大事にしてもらえる方の手に渡ってくれることを祈るばかりですね。



スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

ソプラノ サクソフォーン | コメント:0 | トラックバック:0 |

YAMAHA YSS-875 Custom

今日は、ソプラノサクソフォーンについて書きたいと思います。

サックスには、音の高さによっていろんな種類がありますが、上からソプラニーノサクソフォーンの次の2番目の高音を担当するサックスがソプラノサクソフォーンですね。

昔は持っている人も少なかったと思いますが、今や中学校の吹奏楽部でもこのソプラノサクソフォーンのある中学校も増え、ソプラノ、アルト、テナー、バリトンのアンサンブルができる学校も増えました。

各サックスメーカーからソプラノサックスが出ていますが、今回は私の愛用しているソプラノサクソフォーンを紹介したいと思います。


写真が私の愛用している、YAMAHAのYSS-875です。

YAMAHA YSS-875 Custom


今のモデルでは、YSS-875EXというこれよりも上のグレードのものが出ていますが、写真のソプラノは私の愛用している一昔前のCustomモデルです。

Selmer SerieⅢと同じデタッチャブルネックのモデルで、ネックの部分がストレートネックとカーブドネックの2種類のネックを付け替えることができます。

ストレートネックの方は、硬くて芯のある文字通りストレートな音が出て、カーブドネックの方がストレートネックよりも柔らかくてまろやかな音がします。

私は、クラッシックで主に吹いていますので、いつもカーブドネックの方を使用しています。

カーブドネックの方は、音が柔らかい音が出るだけでなく、演奏する時の姿勢で楽に楽器を構えることができますし、その分、運指もスムーズに動かすことができます。

ソプラノサックスは、このようにネックを付け替えることのできるデタッチャブルネックの方式のものと、Selmer SerieⅡのようにネックの部分に継ぎ目がなくて、ストレートで本体と一体型になっているものがあります。

この一体型になっているソプラノサックスの特徴は、管の継ぎ目がありませんので、管全体の音の響きがよくなるという特徴があります。

また、その他にも、アルトサックスと同じような形をして、本体管がU字に曲がっているタイプのカーブドソプラノという種類のソプラノサックスもあります。このカーブドソプラノの特徴は、音が柔らかくてまろやかなことはもちろんのこと、他のアルトやテナーなどのサックスと同じようにベルが上に向いているために音が遠くに飛びやすく、他のサックスとも音がよく溶け合うようになっています。

カーブドソプラノは、ヤナギサワのSC-991やSC-992(ブロンズモデル)などが有名で、人気があるモデルですね。

話を元に戻しますが、私の愛用しているこの写真の、YSS-875(Custom)は製造番号が700番台の初期モデルで、もう10年以上の付き合いになります。メッキがところどころハゲかかっていますが、大きなヘコみもなくて、昨年に楽器のオーバーホールをしてから楽器の調子も非常にいい状態です。


YAMAHAの875シリーズは、YAMAHAのハイエンドモデルなのですが、Selmerに比べると音も柔らかくて吹きやすく、固体差も少なくて品質もいいので、プロの奏者も使っている方が多くて、アルトのYAS-875EXなんかは非常に人気があります。

私がアルトを買った頃には、このYAMAHAの875シリーズはまだありませんでしたので、この875シリーズが出た時は欲しくてたまりませんでしたね。

YAMAHAの875シリーズは、これから楽器を買いたいという方にはオススメのモデルです。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

ソプラノ サクソフォーン | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。