ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

バリトンサックスからのコンバート

今日は、バリトンサックスから、アルトサックス、ソプラノサックスへの楽器のコンバートについて書きたいと思います。

先日、ブログのコメントで、バリトンサックスからアルトやソプラノサックスへ楽器が変わる視点で記事を書いて下さいというご依頼がありましたので、それにお応えして記事にすることにしました。

中学生や高校生の吹奏楽部の方ですと、入部していきなりバリサクを吹くことになったという方も多いと思います。

普通は、サックスの基本はアルトサックスですので、まずはアルトサックスで基本をしっかりと身に付けた後に、テナーやバリトン、ソプラノへの楽器の持ち替えをしますので、その場合は他のサックスを吹くのもそれほど大変ではないのですが、特に初めてのサックスがバリトンで、その後に音域の高いアルトやソプラノにコンバートすることになったという人は、もともとアルトやソプラノを吹いている人と同じように吹くのに苦労すると思います。

では、なぜバリトンサックスからサックスを始めた人が、アルトやソプラノに楽器が変わるとなかなか上手く吹けずに苦労するのでしょうか?

今回の焦点はそこになります。

では、順番に書いてみたいと思います。

一番分かり易いところで行くと、まずは楽器の大きさが全然違いますよね?

あとは、マウスピースの大きさが小さくなること、リードの大きさも小さくなること、そして、吹いて出てくる音もバリトンに比べるとアルトやソプラノは高い音が出ますよね。

これらの違いが各楽器の奏法への違いとなって出てきます。

サックスは、吹奏楽で普通に使われている楽器は、音が低い順に並べるとバリトン、テナー、アルト、ソプラノの4種類です。

楽器の調は違っていても、この4種類のサックスの奏法や運指は、基本はどれも同じです。

ところが、基本は同じと言っても、大きく違うところは以下の点が違ってきます。

1.アンブシュアの締め具合
2.息のスピード
3.息の量

順番に説明していきましょう。

まずは、1.アンブシュアの締め具合です。

アンブシュアは、バリトンからテナー、アルト、ソプラノとなるにつれて、タイトなアンブシュアが必要になります。
このタイトなアンブシュアとは、「上下にマウスピースを強く噛む」ということではなく、「マウスピースを唇の周りから均等にギュッと締める」ことを指します。

つまり、バリトンが一番ゆるいアンブシュアになるのです。
これは、リードの大きさがバリトンが一番大きく、音も低い音を出すためにリードの振動幅もそれだけ大きくなるためです。

そのため、バリトンからアルトやソプラノに楽器が変わると、アンブシュアの締め具合はバリトンの時に比べるとギュッとタイトにしてやらないと、リードの振動幅が小さくならずに高い音を出すのがしんどくなると思います。

アルトを最初に身に付けておくと、タイトなアンブシュアも感覚として分かっているので、テナーやバリトンに変わる時は、アンブシュアをぐっと緩めてやればいいですし、ソプラノになると少しだけタイトにしてやるぐらいで対応できるのですが、初めてのサックスがバリトンから始めたという人であれば、ゆるいアンブシュアで慣れてしまっていますので、タイトなアンブシュアに変えるのはかなり大変になるという訳です。

ですので、バリトンから始めたという方は、アルトやソプラノに楽器をコンバートする際には、思ったよりもかなりアンブシュアはタイトにしてやらないといけないと思いますので、きんちゃく袋の口をギュッと締めてやるような感じでアンブシュアを絞ってみて下さい。


次に、2.息のスピードについてです。

恐らく、バリトンからアルトやソプラノに楽器が変わった時に、一番大きな壁となり、一番苦労するのは、この「息のスピード」が大きく変わるという点だと思います。

アルトサックスを吹く時に、低音域、中音域、高音域と吹く場合は、口の中の広さをだんだん狭くしていって、高い音になればなるほど息のスピードを速くしてやる必要があるということは、非常に大切なこととして何度も書いてきましたが、バリトンからアルト、ソプラノと楽器をまたがると、アルトの低い音から高い音までの息のスピードの違いよりもはるかに大きな息のスピード違いが出てくることになります。

バリトンでは、楽器が大きくてマウスピースやリードも大きいので、息の量はたくさん必要になりますが、息のスピードに関しては、アルトやソプラノに比べるとそれほど息のスピードがなくても、低音から高音まで楽に音が出てくれるので、息のスピードをそれほど意識しなくても、それなりに音が出てくれるんですよね。(本当は、アルトやソプラノと同じように、息のスピードもそれなりに意識して吹く必要があるのは言うまでもありませんが・・・)

このように、バリトンからサックスを始めた方は、息のスピードをそれほど必要とされませんので、アルトやソプラノのように息のスピードがかなり必要な楽器に変わった時に、必要となる息のスピードに全く対応できずに、特に高い音が全然出ないとか、高い音が裏返って低い音しか出ないということがよく起こるのです。

ですので、バリトンから始めて、アルトやソプラノに楽器をコンバートする方は、「息のスピード」の記事をしっかりと読んで、口の中の広さをコントロールしながら息のスピードを速くする練習を積む必要があります。

バリトンでは、低音域から中音域は、「オー」と発音した時の口の中で、高音域でも「ウー」ぐらいの発音の時の口の中の広さで十分に対応できますが、アルトやソプラノではそれよりもはるかにスピードの速い息が必要になりますので、「イー」や「キー」または「キュー」、最高音ぐらいでは「チー」または「シー」ぐらいの発音で、口の中をかなり狭くしてやって、スピードの速い息を楽器に吹き込むトレーニングをしっかりとして下さい。

これが、バリトンからサックスを始めて、アルトやソプラノに楽器が変わる時に一番大切なポイントになります。

ついついバリトンの時のように、口の中が広がってしまうと、息のスピードが足りなくなってしまって、特に高音域を吹く時にマウスピースを上下に強く噛む、いわゆる「噛み過ぎのアンブシュア」になってしまう可能性が非常に高くなってしまいます。


最後は、3.息の量についてです。

息の量については、上にも書きましたが、バリトンが一番たくさんの息が必要になりますので、アルトやソプラノに変わった場合は、必要となる息の量は減りますので、バリトンと同じような感じで吹くと、息が口元で余るぐらいに感じるかも知れませんね。

その分、口元から楽器に入っていく息のスピードを上げてやらないと口元で息が余って逆に苦しくなることもあると思います。

ですので、「2.息のスピード」さえうまくコントロールできれば、アルトやソプラノに変わった場合の「3.息の量」については、それほど注意すべき点はないと思います。

あえて「3.息の量」について注意すべき点を挙げるとすれば、バリトンからアルトやソプラノに変わった時に、バリトンと同じように息をたくさん入れようとすると、口の中が広がってしまいますので、アルトやソプラノを吹く時には、バリトンの時のように口の中が広がりすぎないように注意してやるぐらいでいいと思います。

バリトンからサックスを始めて、アルトやソプラノに楽器をコンバートすることになった方、いかがでしょうか?

吹奏楽の顧問の先生とかで、サックスのことにあまり詳しくない先生とかですと、サックスの初心者の方に最初にバリトンを吹かせたりすることも多いと思います。

しかしながら、バリトンサックスは、それほど息のスピードコントロールができなくてもそれなりに吹けてしまうところがあるので、いきなり初心者の子にバリトンから吹かせるということなんだと思いますが、バリトンからサックスを始めて、後でアルトやソプラノに楽器を変えさせる先生も、こういった部分をしっかりとアドバイスできないとダメだと思います。

私が吹奏楽部の顧問であれば、1年生の初心者にはまずアルトサックスをやらせて、ある程度経験を積んで基礎ができて来てから、テナーやバリトン、ソプラノに楽器をコンバートさせる方法を取ると思います。

その方が、アルトで基本をしっかりと身につけていますので、いざとなれば誰をどのパートにでも振り分けることができますからね。

まぁでも、それぞれの学校の吹奏楽部の事情で、部員が足りないために、仕方なく初心者の方にいきなりバリトンから始めてもらうしかないという学校も多いのだと思います。

そういう中高生の皆さん、バリトンからサックスを始めたという方は、ぜひこの記事を参考にして、アルトやソプラノへの楽器のコンバートを成功させて下さいね!!



スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

バリトン サクソフォーン | コメント:4 | トラックバック:0 |

バリトンサックスについて

今日は、バリトンサックスについて書いてみたいと思います。

今の時代は、私が中学生の頃とは時代が変わって、たいていの中学校にバリトンサックスがある時代で、中学の頃からバリトンやってますっていう人も本当に多くなりましたね。


バリトンサックスは、バリサクと略して呼ばれることが多く、サックスの中でも低音を受け持つパートですね。

アルトを吹いていたのに、ある日先生にバリトンを吹けと言われてバリトンを吹きだしたという人もいるでしょうし、最初からバリトンを担当という人もいると思います。

バリトンサックスは、アルトサックスに比べると楽器の大きさはもちろん、マウスピースもリードも大きくなり、アルトサックスよりもかなり多くの息の量が必要になります。

しかしながら、サックスという楽器はアルトサックスが基本の楽器で、アルトサックスがちゃんと吹けると、ソプラノ サックス、テナー サックス、バリトン サックスと4種類の楽器を吹くことはそれほど難しいことではありません。

もちろん、それぞれの楽器の特性に応じて注意しないといけないことはいろいろとありますが、アンブシュアや呼吸法、運指などの基本はほとんど同じです。



ここでは、アルトとバリトンを比較した場合に注意しないといけないことについて少し書いてみたいと思います。

まず、アンブシュアについてですが、バリトンのアンブシュアも基本はアルトと同じで、上の前歯2本をしっかりとマウスピースに当てて、アンブシュアは「オー」と発音した時のような縦型の口にして、マウスピースを唇全体で包み込むようにしてくわえるようにします。下唇についても、私が下唇の記事で触れたように、「下唇だけでリードを支える感じ」にするのも同じです。

違ってくる部分は、アンブシュアのタイトさがアルトよりもかなり緩いアンブシュアにしてやる必要があります。

バリトンサックスでは、音域が低くなり、出る音も当然低くなりますので、リードの振動が他のサックスに比べると大きな幅で振動しますので、アンブシュアもそれだけ緩いアンブシュアにしてやって、リードが大きく振動するようにしてやることが必要になります。

もちろん、「噛み過ぎのアンブシュア」はリードの振動を殺したりしますので NGです。バリトンの場合は、少しでもマウスピースを上下に噛むようにしてしまうと低音域が裏返ったり出にくくなってしまったりします。

次に大きく違ってくるのは、「息のスピード」です。「息のスピード」の記事でも少し触れましたが、サックスでは高音域を吹く時は息のスピードを速くしてやり、低音域を吹く時はアンブシュアをぐっと緩めてやり、息のスピードも遅くしてやる訳ですが、例えばアルトからバリトンに変わると必要となる息のスピードがぐっと緩やかになります。つまり、口の中の容積をしっかりと取ってやることで、息のスピードが緩やかになります。しかし、バリトンは息のスピードが緩やかになる分、今度は息の量がたくさん必要になってくるという訳です。

バリトンを吹く時は、アンブシュアをぐっと緩めてやり、「オー」と発音する時の口の中の状態を作ってやり、口の中の容積をしっかり取った上で、喉を開いて「ほぉーーーーー」という感じで吹くのが基本になります。また、アンブシュアを緩める時は、口を縦に緩めるようにしてやるといいと思います。

バリトンで高音域を吹く時も、アルトの時と同じ要領で口の中の容積を減らして息のスピードをつけてやるのですが、アルトの時ほど口の中を狭くしてやる必要はなく、「ウー」と発音した時の口の中の状態ぐらいで十分バリトンの高音域はきれいに鳴ってくれると思います。


上記でも書きましたが、バリトンは息のスピードよりも「息の量」が他のサックスよりもかなり多く必要になりますので、ブレスの時はお腹の息を十分に吐き切ってから、息をたっぷりと吸ってたっぷりと息を吹き込むように練習することが大切です。

また、基本的なことですが、演奏姿勢についてもチェックしてみましょう。
座って吹く時によく前かがみになって吹いている人を見かけますが、前かがみになるとお腹に息があまり入らなくなるので、背筋を伸ばして上体を起こして姿勢を正すようにすることが大切です。


バリトンサックスを吹いている人で、ロングトーンでよく息が続かないという人が多いのですが、上記の演奏姿勢を正すことと、自分の使っているリードの硬さについてもチェックしてみましょう。

バリトンサックスでは、他のサックスよりも音が低く、リードの振動幅も大きくなりますので、自分に合わない硬めのリードを使っていると、リードを大きく振動させるのにより多くの息の量と息の力を持っていかれますので、3半のリードを使っている人は3のリード、3のリードを使っている人は2のリードと、リードの硬さを落として、自分が楽に音の出せるリードにすることも大切です。

また、これはプロの先生に教わったのですが、楽器を吹いていて息が足りなくなってくると、お腹を前に突き出すようにすると息持ちがよくなります。

これは、バリトンだけでなく、他のサックスでも同じですので、ぜひ試してみて下さい。

ちなみに、私も息が足りなくなるとお腹を突き出しています。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

バリトン サクソフォーン | コメント:13 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。