ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

中音域の音

中音域の音は、サックスでも一番響きにくい音域です。

この音域は指が開放になっていく上に、音も中音域ですので楽器の特性上、一番響きにくい音域になります。

高音域はリードの振動幅が小さいため、息のスピードがあればよく響くのですが、オクターブキーを離した中音域の音は、リードの振動幅が高音域よりは大きくなり、なおかつ運指も開放の運指になるため、息がたくさん入る割には音は響きませんので、「息の量」を思っている以上にたくさん入れてやらないと、高音域のように息のスピードだけでは音が痩せてしまって、なかなか響いてくれません。

逆に中音の「ソ(アルトならばB♭)」よりも下の低音域は、ホールが塞がれて息が通る管の距離が長くなりますので、息が管の外に逃げなくなり、リードの振動幅もより大きくなりますので、息のスピードや量も高音域や中音域ほどなくても、お腹で息をしっかり支えて息の圧力を保ってやることで音がよく響いてくれます。

しかし、中音域の音は運指が開放の運指になると、閉塞の運指よりも息がどんどん管の外に出ていってしまいますので、どんどん出ていってしまう息よりもさらに多くの量の息を楽器に吹き込むようにして、「吹き込む息が余って口のところで出ていくのを待ってる」ぐらいの感じにするといいと思います。

また、中音域では息が広がりやすくなりますので、普通に息を入れていたのでは、音が、「ビーーー」とか「ベーーー」といった汚い音になってしまいます。

吹き込む息は、腹式呼吸の練習でも書きましたが、「息を1点に集中して吹き込む」ことを意識して、「息の量」をたくさん吹き込んでやることで汚い音にならなくなり、音も太くなります。

「息の量」をたくさん吹き込むようになると、息が広がって音が汚くなりやすいので、「息を1点に集中して吹き込む」ことが非常に重要になってくるわけです。

スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

奏法 | コメント:0 | トラックバック:0 |

高音域の音

「息のスピード」の記事でも触れましたが、サックスで高音域の音を吹く時は、「息のスピード」が必要になります。

きれいな高音を出したい、高音域の音が痩せて貧弱な音がするなど、サックスで高音域を吹く時に悩みを抱えている人は多いと思います。

サックスで高音域を吹く時には、「息のスピード」が必要になるわけですが、初心者の方や中高生の方などに多く見られるのは、高音を吹く時に息のスピードが足りないため、音程が極端に下がったり、不安定で情けない音が出てしまったり、汚い音が出てしまうために、それをカバーしようとして、マウスピースを上下に強く噛んでしまうことです。

サックスは、リードを振動させて音を出す楽器で、低音域ではリードの振動幅が大きくなり、高音域ではリードの振動幅が小さくなります。

つまり、息のスピードが足りないのを下唇でリードを強く噛むことによって、リードの先端部分だけを振動させて、高音域の小さなリードの振動幅を無理矢理作り出すことで高音を鳴らそうとします。

その結果として、高音域は細くて痩せた貧弱な音になってしまい、下唇の裏側は強く噛むことで歯型がついて、ひどい場合は下唇の裏側が切れて出血したり口内炎になってしまったりします。

このように、マウスピースを上下に強く噛むことは、リード全体が振動するのを妨げるだけでなく、音程も非常に高くなってしまい、マウスピースから息が入りにくくなってしまいますし、下唇を傷めるだけで百害あって一利なしです。

また、厄介なことに、この下唇でリードを強く噛んでしまうことは、一度癖がついてしまうとなかなか直りません。

もしも、身に覚えのある方は、すぐにでもマウスピースを上下に強く噛んでしまう癖を治す努力を始めるべきです。

豊かでよく響くきれいな高音を出したいと思うのであれば、まずはマウスピースを上下に強く噛むことを止め、マウスピースから息がたくさん入る状態を作るようにして下さい。

下唇は、リードを支えるクッションの役割をしますので、マウスピースは上下に強く噛まず、リードは下唇だけで支えてやるような感じにしましょう。

そして、「息のスピード」を上げる練習に励みましょう。

息のスピードコントロールについては、すでに別の記事で触れました。

サックスの高音域でよく響くきれいで太い音を出すためには、口の中の容積を減らしてやって、スピードのある息を1点に集中させて高音域を吹くように奏法を変えてみて下さい。

いつもの癖でマウスピースを強く噛んでしまいそうになると思いますが、そこをぐっと我慢して、最初は汚い音が出たり、音程が下がってしまってもいいので、とにかくマウスピースを上下に強く噛まない習慣を定着させましょう。




テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

奏法 | コメント:1 | トラックバック:0 |

息のスピード

サックスを吹く時の息のコントロールで最も大切なのは、「息のスピード」です。

息のスピードが足りないと、音程が下がってきたり、細くて汚い音になったりして、豊かで太い音が出なくなってしまいます。

サックスでは、高音域ほど息のスピードが必要になってきます。

つまり、音が高くなるにつれて、スピードの速い息を吹き込んでやらなければなりません。

息のスピードコントロールの方法ですが、息を吹き込む時の口の中の状態を変化させることで、息のスピードを速くしたり遅くしたりします。

息のスピードを速くするためには、息を吹き込む時の口の中の容積を減らしてやって、息が勢いよく口から吐き出せるようにするのです。

ちょうど、ホースで水遣りをする時に、ホースの口をつまんでやり、ホースから出る水を遠くに飛ばす原理と同じです。ホースから出る水の量は変わりませんが、ホースの口をつまんでやることで水にスピードがついて、水がより遠くに飛ぶようになる、あの要領です。

このホースの原理と同じで、口の中の状態を、「オー」と発音した時の口の状態から、「ウー」、「イー」、「キー」と発音した時の口の中の状態に変化させていくことで、息のスピードがだんだん速くなっていきます。

息のコントロールのところでも触れましたが、サックスの低音域では「オー」、中音域では「ウー」、高音域では「イー」、さらに高いフラジオ音域では「キー」と発音した時の口の中の状態にしてやり、音が高くなっていくごとに息のスピードを速くしていきます。

もっと分かり安い表現ですと、口笛を吹く時の口の中の状態と同じです。

口笛では、低い音を出す時は口の中の容積は多くなっていますが、高い音を出そうと思えば、口の中の容積を減らして、口の中を狭くしないと高い音が出ないと思います。

また、口の中の容積が多い、つまり口の中が広くなっている状態では高い音は出せないと思います。

サックスの場合はキーを押さえることで音を変えられますが、口笛の場合は口の中の状態を変えて音の高さを変えなければならないので、正確に言えば音を変化させる仕組みが違いますが、口の中の状態の変え方の要領では同じ要領です。

この口の中の状態を変えて息のスピードをコントロールする際の注意点ですが、口の中の容積を増やしたり減らしたりすることで息のスピードを変化させますが、マウスピースをくわえたアンブシュアは変化させてはいけません。

口の中の状態を変えると、口の中の容積を減らしていくにつれて、マウスピースを上下に強く噛むアンブシュアになりやすいので、アンブシュアはしっかりと固定して動かないように十分注意しましょう。

口の中の容積を増やしたり減らしたりするには、「オー」「ウー」「イー」「キー」と舌の位置を上下することでコントロールできると思います。

また、「イー」と「キー」の時は、口の両端を横にひっぱって横型の口にならないように注意しましょう。

アンブシュアのところでも触れましたが、口の両端は口をすぼめるような感じでマウスピースをまわりから包み込むような感じにしないといけないので、「イー」と「キー」の時は、舌の位置だけを上げてやって口の中の容積を減らすようにしてみて下さい。

少し難しいかも知れませんが、息のスピードをコントロールすることは非常に大切ですので、毎日の練習でしっかり練習しましょう。

最初は意識して口の中の状態を変化させて息のスピードコントロールをする練習をしないといけないかも知れませんが、慣れてくると、音域が変わると自然に体が必要な息のスピードを覚えるようになりますので、意識しなくても自然にその音域を吹く時の口の中の状態が作れるようになると思います。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

| コメント:7 | トラックバック:0 |

息のコントロール

サックスを吹くには腹式呼吸に加えて、吹き込む息をコントロールする「息のコントロール」が非常に大切になってきます。


サックスを吹く上で、息のコントロールに必要な要素は、

・息のスピード
・息の量
・息の圧力

です。


また、それぞれのコントロールは、

・息のスピード:
 口の中の状態を「オー」「ウー」「イー」と発音した時の口の中の状態にして、水遣りの時にホースの口をつまんで水を遠くに飛ばす原理と同じ要領で息のスピードを調節します。

・息の量:
 吹き込む息の量を単純に増やしたり減らしたりして調節します。

・息の圧力:
 吹き込む息をお腹の力で強く押し出すことで、息に圧力をかけてやることで調節します。

サックスを吹くときは、サックスの楽器の特性に応じて、この3つの要素をうまくコントロールしてやる必要があります。


サックスの楽器の特性ですが、

高音域:
リードの振動幅が小さいため、息のスピードがないと音程が下がり、音がぶらさがるようになる。

中音域:
開放の運指になってくると息がどんどん楽器の外に出ていく上に、リードの振動幅も高音域より大きくなるため、息の量が少ないと音が痩せて響かなくなり、息の通る管の長さも短いためにノイズも増える。

低音域:
閉塞の運指で息が通る管の長さが長いため、お腹から圧力をかけて息をしっかり押し出してやらないと、音がこもったようになって響かない。

といった特性があります。


ですので、

高音域:
「息のスピード」をしっかりつけて、音程がぶら下がらないように音をしっかり響かせる。

中音域:
高音ほど息のスピードはいらないが、開放の運指の運指になるにつれて、音が痩せないように「息の量」をたっぷりと楽器に吹き込んでやる。

低音域:
息のスピードは高音、中音ほどいらず、運指も閉塞の運指になるため、息の量も中音ほどは必要ないが、「息の圧力」を意識してお腹でしっかりと息を押し出して圧力をかけてやる。

という点にそれぞれ重点を置いて息をうまくコントロールしましょう。




テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

| コメント:0 | トラックバック:0 |

腹式呼吸の練習3

腹式呼吸の練習の第3回目は、実際にサックスを吹く時の腹式呼吸を使った息の吹き込み方の練習です。

第1回目、2回目の練習で、お腹を使った呼吸方法とその強化練習について触れました。

これらの練習がしっかりできてくると、今度は実際に腹式呼吸を使ってサックスに息を吹き込む時の「息の入れ方」です。

サックスはマウスピースから腹式呼吸を使って息を吹き込み、リードを振動させて音を鳴らす訳ですが、息を吹き込む時にはちょっとしたコツがいります。


今後の記事にも登場してくると思いますが、息をマウスピースから吹き込む時は、「息を1点に集中させて吹き込む」ことが非常に大切になってきます。


今回は、その練習方法です。

この練習方法も、第2回目の練習と同様に楽器や道具は何も使いませんので、暇さえあればどこでも練習可能です。

さあ、始めまてみましょう。



まず、顔の約30センチぐらい前に、人差し指を1本立てます。

そして、これまでの練習のようにお腹にたっぷりと息を吸い込んで、顔の前に立てた人差し指に目がけて息を吹きつけます。

ポイントは、このとき「吹きつける息が全部、人差し指に命中」するように息を吐くことです。

もしくは、人差し指を1本立てるのではなく、代わりに親指と人差し指で丸い輪っかを作ってやって、その輪っかに息を全部集めて通すような感じで息を吹きつけてもかまいません。


この練習をすることで、口から吐き出す息が1点にまとまって、ただ息を吐き出すよりも力強い息になります。

この「息を1点に集中させて吹き込む」ことは、サックスを吹くには非常に大切ですので、しっかり練習しましょう。


この練習は、腹式呼吸でお腹で吐き出す息にしっかりと圧力をかけて、息を効率的に吹きこむための練習です。


別の表現で言えば、ちょうど風船を膨らますときの息の入れ方と同じです。風船を膨らませる時は、息を1点に集中させてしっかりと息をお腹から吹き込まないと膨らまないと思います。

さて、みなさんはどうですか?


力強い息が人差し指に全部命中していますか?


テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

腹式呼吸 | コメント:0 | トラックバック:0 |

腹式呼吸の練習2

腹式呼吸の練習の第2回目は、お腹で呼吸する感覚がつかめたら、今度はそれを強化していく練習です。

この練習は、楽器や道具がなくてもできる練習ですので、暇さえあればどこでもできます。

方法はいたって簡単です。

歯を噛み締めたままで、腹式呼吸の練習1で練習した要領でお腹にしっかり息を吸い込みます。

この時に、「スーーーーーッ!」と音を立てて息を吸い込むようにします。

お腹が空気で膨らんだら、今度はその吸い込んだ息を歯を噛み締めたままで力強く吐き出します。

この時も吸った時と同様に、「フーーーーーーーッ!」と音を立てて息を吐き出すようにします。

慣れてきたら、息を吸い込む時は、「スーッ!」とできるだけ短い時間で早くたくさんの息を吸い込むようにします。

そして、「スッ!」、「フーーーーーーーッ!」と素早くたくさんの息を吸い込んで、力強く息を吐くのを何度も繰り返します。

これは、サックスを吹く時の腹式呼吸の基本になります。

歯を噛み締めたままで息を吸ったり吐いたりしますので、普通に息を吸ったり吐いたりするよりも息の抵抗が強くなり、腹式呼吸を強化できるという訳です。

また、音を出すことでお腹で息をすることを頭で意識しやすくなり、息継ぎ(ブレス)のタイミングを取る練習にも役立ちます。

この練習は、暇さえあればどこでもできる練習ですが、大きな息の音を立てながら練習しますので、誰かに見られると怪しい人に思われる可能性があるので、やはり一人の時に練習するのがいいかも知れませんね(笑)



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

腹式呼吸 | コメント:0 | トラックバック:0 |

腹式呼吸の練習1

腹式呼吸で一番大切なことは、「お腹で息をする感覚を覚えること」です。

それでは、腹式呼吸を習得するための簡単な練習方法をいくつか紹介したいと思います。

第1回目は、「お腹で息をする感覚」を体に覚え込ませる練習です。


まず、普段ズボンやスカートをはくときに着用しているベルトを用意して下さい。

次に、用意したベルトを腰ではなく、ちょうどお腹の真ん中のおへその辺りにぐるっと巻きます。

そして、お腹は膨らませたり引っ込めたりせずに普通の状態にして、ベルトを少しゆるめに締めます。


これで準備完了です。

この状態で、肩を上げないように息を吸ってお腹に空気を入れてふくらませます。

そうすると、ベルトがお腹をふくらませることでピンと張ってくると思います。

つまり、息を吸ってお腹をふくらませてベルトをはち切れさせるような感じで息をたっぷり吸います。

息をお腹にたっぷり吸いこんだら、今度は吸った息をお腹に力を入れて勢いよく吐き出してやります。


この息を吐き出す時に、お腹を引っ込めないように注意して下さい。

息をどんどん吐き出すとお腹が引っ込んできて、ベルトが緩くなって下にズリ落ちそうになると思いますが、そこをグッと我慢して、ベルトが下にズリ落ちないようにお腹に力を入れてお腹が引っ込まないように我慢して下さい。

真剣にやると結構キツいと思います(笑)


この練習を繰り返すことで、お腹で息を吸う感覚が覚えられます。

ポイントは、ベルトがはち切れるぐらいたっぷりと息を吸い込むようにすることと、吐く時にお腹を引っ込めないように我慢して息をしっかり吐くことです。

最初は少しベルトをきつめに締めて、慣れてくるとだんだんベルトをゆるくしていって、お腹で息をたくさん吸うように練習していきます。

どうですか?

あなたは、お腹で息をする感覚を感じることができましたか?



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

腹式呼吸 | コメント:0 | トラックバック:0 |

腹式呼吸

管楽器を演奏する奏者にとって、腹式呼吸は必ず習得しなければならないものの1つです。

腹式呼吸ができなければ、いくら練習をしてもいい音を出すことはできません。


腹式呼吸とは、簡単に言えばお腹で息をすることです。
「お腹で息をするんだよ」と言われても、なかなかピンと来ない人が多いのではないでしょうか。


腹式呼吸で一番大切なことは、「お腹で息をする感覚を覚えること」です。


人間は、日常生活の中では肺呼吸を行い、空気中から酸素を取り入れて二酸化炭素を吐き出しています。

深呼吸をする時に、あなたはどのようにしますか?

きっと両手を広げたりして、肩を上げて空気を胸いっぱいに吸い込むのではないでしょうか。

これが肺式呼吸です。


腹式呼吸は、肺式呼吸とは違って肺ではなくお腹で息をします。

息を吸う時に肩を上げてしまうと肺に息が入りますので、肩を上げないようにして、吸った息でお腹を膨らませるように息を吸って、吐く時はお腹を引っ込めるようにしてお腹に入った息を押し出すようにして吐きます。

これが腹式呼吸です。


ここでは「吐く時はお腹を引っ込めるようにして」と書きましたが、サックスなどの管楽器を吹く時に使う腹式呼吸では、息を吐く時はお腹は引っ込めるようにせずに、「お腹を引っ込めないように」吐きます。

つまり、腹筋に力を入れて、逆にお腹を突き出すような感じで息を吐きます。


中高生の方で、吹奏楽部に入っている人とかですと、腹式呼吸の練習ということで腹筋運動をよくやっている人がいらっしゃるようですが、正直言って腹筋運動は管楽器を吹く時に使う腹式呼吸を習得するための練習としてはあまり効果がないように思います。

腹筋運動をすることによって、お腹の筋肉は鍛えられますが、この「お腹で息をする」感覚が分からなければ、腹式呼吸の時にせっかく鍛えた腹筋を使うことができません。

これが腹筋運動が腹式呼吸の練習にはあまり効果がないという理由です。


ですので、管楽器を吹く時に使う腹式呼吸を正しく効果的に習得するためには、まず「お腹で息をする」という感覚をしっかりと覚えることが大切です。



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

腹式呼吸 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ESM Jazz #7 (アルト)

ESM Jazz #7


ドイツのマウスピースの「ESM Jazz #7」(アルト)です。

このESMというマウスピースはコンピュータで設計されているため、非常に精巧にできています。

また、著名なプロのJazz Playerからの様々な要望が盛り込まれているため、プロの高い要求にも応えられるように設計されています。

マウスピースも楽器と同様に固体差があるのですが、このESMについては固体差の少ないマウスピースだと言えます。

このESMのサイズは7番ですので、ティップオープニングの開きは 2.1mmで、ジャズやフュージョンでよく使われるサイズです。

クラッシック向けのマウスピースに比べると少しティップオープニングの開きが広いので、息がたくさん入り、柔らかめのリードとの相性がいいと思います。

シャンクのゴールドの金属部分は音の伝導をよくして、音のレスポンスをよくする働きがあります。

マウスピースの内側の部分は、超ハイバッフルになっていて、吹き込む息がマウスピースの中で高速に流れるようになっています。

吹いた感じは、非常に音が出しやすく、音は他のクラッシックやJazzのマウスピースに比べるとはるかに明るくてパワフルな音がします。

また、このマウスピースは、ラバー製のマウスピースですが、メタルのマウスピース顔負けのパンチの効いた音がしますので、メタルマウスピースの代わりを勤めることも十分可能です。

使用ジャンルは、フュージョンやバップなどに向いていて、電子楽器にも音負けしないボリュームの音量を出すことができます。

音の特性は、全音域に渡って音ムラが少なく、特に高音域の抜けと鳴りは素晴らしいですね。

フラジオは、息をグッと吹き込めばシャウトするような感じの音が出ますし、音程もすごく安定しています。

このマウスピースの欠点といえば、低音域が少々扱いにくいことでしょうか。

高音域重視で設計されているようですので、低音域はしっかり吹き込んでやらないと音が細くなってしまうと思います。

ESMはこの写真のJazzモデルの他に、同じJazzモデルでも、「Heaven」というブルーで透明なクリスタル調のモデルがあります。

「Heaven」の方は素材がアクリル製ですので、普通のラバーモデルよりもさらに音色が明るくなります。

価格は、¥16,800- とメタルのマウスピースを買うことを考えるとかなりお得な価格設定です。

フュージョンなどで、ガンガンサックスを吹くには超オススメのマウスピースです。

最近ではESMの在庫を置く楽器店が増えましたので、機会があればぜひとも試してみて下さい。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

マウスピース | コメント:0 | トラックバック:0 |

アンブシュア

サクソフォーンのアンブシュアについてですが、教則本などでいろんな表現がされていると思いますが、私が初心者などにアンブシュアを教える時の表現で書いてみます。

まず、上の前歯2本をマウスピースの先端から約1センチぐらいのところにしっかりと当たるようにします。

このとき、ストラップを少し引き上げて、マウスピースが上の前歯2本を上に押し上げるような感じにして、頭の体重を上の前歯2本だけで支えるような感じにします。

そして楽器は、上の前歯2本、ストラップ、サムフックに引っ掛けた右手の親指の3点で楽器を支えるようにします。その状態で、口の形は口の両端をすぼめるようにして、「オ」と発音した時のような縦型の口を作ります。

次に下唇についてですが、口の内側にかるく巻き込んでやり、巻き込んだ下唇を下の歯で強く噛むようにくわえるのではなく、「下唇だけでリードを支えてやる」感じにして、下唇がリードの振動をコントロールするためのクッションになるような感じにして、マウスピースは唇全体で周りから包み込むような感じで自然にくわえます。

このとき、下アゴは少し前に出してやり、上の歯のラインと下の歯のラインが上下で合うようにしてやります。

下唇の巻き込み加減ですが、昔はクラッシックでは、下唇をかなり巻き込んだアンブシュア(シンリップ)が主流でしたが、最近では下唇を巻き込まないアンブシュア(ファットリップ)の人が多くなってきていますので、どちらでも自分がいい音のする方のスタイルでくわえたので問題ありません。


テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンブシュア | コメント:20 | トラックバック:0 |

G by Meyer #6 (アルト)

G by Meyer #6


MCグレゴリーの復刻版マウスピースの「G by Meyer #6」(アルト)です。

Meyerのマウスピースは、Jazzでは定番のマウスピースで、5MM、6MMが定番モデルとして人気があります。

この、G by Meyer は、テイクファイブでお馴染みのポールデスモンド氏の愛用していたMCグレゴリーのビンテージマウスピースを、Meyerが復刻したものです。

5MMよりも息の抵抗が若干強いですが、6MMよりは音も出しやすくて吹きやすいと思います。

音色は明るめで柔らかくて太い音が出ます。

また、現行Meyerよりも高音域の音抜けがよく、フラジオの音程もしっかりしています。

柔らかくて太い音が好みの人にはオススメですね。

リードは、柔らかめのリードとの相性がよく、私のベストマッチングは、バンドレンV16の2 1/2です。

価格は、現行Meyerと同じ価格ですので、楽器店に在庫があればぜひとも試してみて下さい。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

マウスピース | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。