ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Selmer Super Action 80 (SERIEⅠ) (アルト)

今日はアルトの試奏レポートです。

懐かしい楽器ですので、昔を思い出される方も多いのではないでしょうか。

Selmer Super Action 80 (SERIEⅠ)、通称「エイティー」です。

先日から新しいソプラノの購入やら、SAX NIGHTの出演のことでJEUGIA梅田ハービスENT店さんに足を運んだ時に、店頭に並んでいるのを思わず見つけてしまい・・・

私が中学1年生の時の屈辱のアンサンブルコンテストに出場した時に、私の父親が知人に借りてきてもらい、その時に吹いた楽器がこのエイティーです。

つまり、私の思い出のモデルでもあるんですよね。

懐かしい楽器とのご対面に、当然私のことですので「試奏」という運びになりました(笑)

SA80

【試奏データ】
楽器: Selmer SA-80
マウスピース: Selmer S90 180
リガチャー: BG Traditional GP 5micron
リード: Vandren Traditional 3 1/2


【試奏感】
いや~~~何とも懐かしいというか、こんな感じだったかな?と昔のかすかな記憶を辿りながら吹かせて頂きました。

このSA-80、元オーナーがかなり大切に扱っていたようで、多少のメッキのハゲはあるものの、ゴールドラッカーは綺麗にほとんど残っている状態で、私のSERIEⅡなんかよりもはるかに綺麗ですね。

吹いてみた感じは、SERIEⅡよりも少し抵抗感は強めで、音色は暗い感じで、こんな感じの音色が好きな方は結構多いのではないでしょうか。

抵抗感は少し強めですが、音程もしっかりしており、特に高音域は音の上ずりがなく綺麗に出ますし、フラジオもバッチリ当たりますね。

下の音域も最低音までムラなくしっかりと鳴る感じで、まだ楽器が成長しきってない感じがたまりませんね。

それにしても、SA-80がこんな綺麗な状態で残っているなんて感激でした!!

懐かしさ故にしばらく吹き倒していたのですが、うーーむこれは・・・
と思ってチェックしてみたら、タンポの浮きを発見!!

店員さんによると、最近下取りで入ったばかりだそうで、まだ未調整の状態だったようで・・・

浮いていたタンポの部分は、精密ドライバー1本で簡単に調整できるところでしたし、楽器がちゃんと調整されるともっとよく鳴ると思います(笑)

「これ、こんなに状態がいいのに調整が狂ってますよ~~」と、店員さんに調整の狂っているところを指摘してあげました(笑)

これでちゃんと調整さえされれば、かなりのお買い得品ですね。

この状態のよさで、気になるお値段はなんと、¥315,000円!!


さすがに私はもう新しいソプラノも買ってしまったことですし、財布のお金はスッカラカンで、喉から手が出るほど欲しいのですが、さすがに手が出ません・・・


これほど程度のいいエイティーは探してもなかなか見つからないと思いますので、オススメですね。


それにしてもこの楽器、かなりの美品で私もさすがに驚きました!


スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

試奏レポート | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。