ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Ligaphone Orchestre GP (リガフォン)

今日は、私の今の愛用しているアルトのリガチャーについて書いてみたいと思います。

フランスのリガチャー、Ligaphone Orchestre GP (リガフォン)のアルト用です。

リガフォン1

リガフォン2



馴染みの楽器店にふらっと立ち寄った時にリガチャーコーナーにふと目をやると、見慣れないリガチャーが・・・

馴染みの店員さんが休憩中だったので、もう一人の店員さんに聞いてみると、どうやら他のお客さんが取り置きしておいたものがキャンセルになったとのことで、店頭に並んでいるとのことでした。

このリガフォンのリガチャーは、なんと24金メッキだそうです。

形も実にユニークで、1本ネジの逆締めなのですが、リード側の方にかたつむりのツノのような突起物が2つ出ており、リードの当たる部分はガーゼのような布が張り付けてあって、見るからに面白そうなリガチャーでしたので、もちろん試奏させてもらいました。

ついでに他のリガチャーと比較しようと、以下のリガチャーを出してもらいました。

・Harrison PGP
・MOMO Special 縦型 PGP
・BG Traditional GP
・Ligaphone Orchestre GP
・D.BONADO GP

試奏用の楽器は、SERIEⅡで、マウスピースはS90 190、リードは、Vandren Traditional 3 で試しました。

PGPはメッキが違うので、GPの3つのリガチャーで比較したのですが、このリガフォンのリガチャー、とにかくメチャメチャいいです・・・(驚)


ボナードGPは、確かに響きはいいのですが、ちょっと物足りない感じでBGとかに比べると少し音色も硬めの音色ですね。

私も BG Traditional GP が一番いいと思って、アルトのリガチャーは BG Traditional GP を気に入って、もうかれこれ10年以上使い続けてきたのですが、この Ligaphone Orchestre GP の方がはるかにいい音してますね~~~

とにかく、音が柔らかくてよく響くんですよね。

BGも音は柔らかくてよく響くのですが、音の柔らかさについては、はるかにLigaphoneの方が上を行っていて、まさにクラッシックではバッチリのリガチャーだと思いました。

抵抗感はそれほど強くなく、楽に音が出せますし、クラッシックでは必須の柔らかい音色が本当によく響きますね。

吹いていて思ったのですが、故 阪口 新先生のあの太くて柔らかい独特の響きを彷彿させるような感じでした。

これだけ柔らかい音が出るのは、24金のせいなのか、はたまたリードの当たる部分にガーゼのような布みたいなのが付いてるせいなのか・・・?

このかたつむりのツノのような2つの突起物も、音の響きに大きく貢献しているのかなぁ・・・

とにかく吹いてみてビックリでした!


メッキも24金ですし、どのぐらいの値段がするのか・・・と思いきや、

価格はお手頃の¥11,340円!!!

在庫品ですので、割引が適用されて、さらに25%引きになり・・・




そして、このリガフォンのリガチャーは、写真を見て頂くと分かると思いますが、リード面側にある面白い2つの突起物のために、マウスピースキャップも合うものがないため、付属のキャップが付いているのですが、これがまた面白い!

写真には撮れなかったのですが、この2つの突起物に引っ掛けるようにしてジグサグの溝が2つ付いていて、マウスピースの先端だけを保護するような特殊な形をしたキャップが付いていてすごく面白いですね(笑)


このリガフォンのリガチャーですが、この写真のタイプが Orchestre というリード面に当たる布の薄いモデルで、もうひとつ Classical という布が厚くなっているモデルの2種類があるようです。

Classical モデルの方は、在庫がないので比較はできませんでしたが、この Orchestre GP というモデルでも本当にいい音が出ますね。


実は、私の狙いは PGPメッキのリガチャーで、MOMO のリガチャーは高くて手が出ないので、ハリソンPGP 狙いだったのですが、一気に心変わりしてしまいましたね・・・


私も今まで人に散々 BG Traditional GP」を勧めてきたのですが、この Ligaphone のリガチャーを試してみて、今度からは BG Traditional GP を人に勧めるのは止めようと思ったぐらいのすごくいいリガチャーですね。

クラッシックをされている方には、本当にオススメ品ですよ!


ということで、またもや比較ということで、以下のリガチャーとリガフォンのリガチャーを比較してみました。

・Harrison PGP
・Ligaphone Orchestre GP
・Harrison Solid Silver
・Vandren Master ラッカー
・Wood Stone コパー

一応、一通りは試してみたのですが、やはり最後に残ったのは、Harrison PGP と Ligaphone Orchestre GP の2つでしたね。

かなり悩みました・・・

何度も変えて吹いてみたのですが、どちらも甲乙付け難かったのですが、私はクラッシックですので、音色の柔らかい方がやっぱり好きですし・・・

ということで、大逆転ですが、Ligaphone Orchestre GP を購入しました!!!

Harrison PGP もよかったのですが、クラッシックで使うにはやはりちょっとエッジが立ちすぎるのが気になったのと、Ligaphone Orchestra GP の方がやはり音のキメが細かくて、高音がやはり柔らかくてすごく綺麗に鳴るのが決め手になりましたね。

あとは、在庫品ということで Harrison PGP よりも2000円ぐらい安くなるということで(笑)


このリガフォンのリガチャーですが、CL.ASシリーズっていうことで、B♭クラとアルトサックスの兼用リガチャーのようですね。

パッケージの箱に貼り付けてあった説明書には、このような説明書きがありました。

【クラシカル(赤シール)・厚手パッド】

(24金メッキ)
パワフルで輝かしい高音域に強い。
強めの抵抗感を持ち、明るく豊かな音。
吹奏楽などに特におすすめ。
11,340円

(ブラックシルバー)
やや丸みがあり豊かな深い音。
強めの抵抗感を持ち、明るく豊かな音。
ソロ奏者などに特におすすめ。
8,190円


【オーケストラ(青シール)・薄手パッド】

(24金メッキ)
パワフルで輝かしく高音域に強い。
弱めの抵抗で、艶やかな音色。
吹奏楽などに特におすすめ。
11,340円

(ブラックシルバー)
やや丸みがあり豊かな深い音。
弱めの抵抗で、艶やかな音色。
ソロ奏者などに特におすすめ。
8,190円


このリガフォンのリガチャーは、大阪のTeedaという会社が扱っているリガチャーのようです。

http://www.teeda-japan.com/accessories_ligaphone.html



ちなみに、私が購入したのは、オーケストラの24金メッキのやつです。

それにしても、この説明書きを読んでると、ブラックシルバーが気になりますね。。

CL.ASシリーズ以外にも、UNIVERSALシリーズというのがあって、こちらは可調節ワイヤー式で、E♭CL~BassCL・S.Sx~Bri.Sx と書いてありますので、こちらであれば1つあれば4種類のサックスに対応できそうですよね(笑)

でも、このリガフォンのリガチャーは、とにかくオススメですね。

普通のリガチャーでも、Ligaphone のように、リードの接触面に布を貼り付けてみると音が柔らかくてまろやかになるのかも知れませんね。

長松のリガチャーもリードの接地面にフェルトが張り付けてありますしね(笑)


みなさんも、リガフォンのリガチャーにお目にかかる機会があれば、是非ともお試し下さい。



スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

リガチャー | コメント:10 | トラックバック:0 |

ソプラノのリガチャーあれこれ

今日は、ソプラノのリガチャーをあれこれと試しましたので、そのレポートをしたいと思います。

馴染みの楽器店で、以下の6つのソプラノのリガチャーを試奏してきました。


ソプラノのリガチャーあれこれ


・Wood Stone GP
・Vandoren Master GP
・Harrison PGP
・D.BONADE PGP
・Vandoren Optimum ラッカー
・BG Traditional ラッカー


ラッカーはやはり響かなくて×ですね・・・
この中で、思いもよらずよかったのが、Harrison PGP と Vandoren Master GPでした。

ラッカーのリガチャーは、響きが悪かったので割愛して、それ以外の4つについてインプレッションを書きます。


【Harrison PGP】

 Harrison GP のソプラノ用は古いのを持っているのですが、このPGPのハリソンは抵抗感も少ないですし、本当によく響きますね。吹いてみた感じは、やはりハリソンらしく、音のエッジが立って明るい音色なのですが、PGPですのでGPほどの派手さはなくて、柔らかい響きでなおかつ音がハッキリしてるという感じです。

 私はソプラノ用のハリソンであれば、GPよりもPGPの方が好きですね。

 このハリソンの PGP は特注品だそうで、私はハリソンは既にソプラノ用の GP を持ってますので買わなかったのですが、このPGPのハリソンはオススメですね。








【Vandoren Master GP】

 クラリネット奏者の間では大人気のMasterのリガチャーなのですが、私も試した事がなくて今回初めて試してみたのですが、これがまた結構いいんですよ!!

 見た目は線が細くて、少し頼りないイメージなのですが、吹いてみると鳴るわ鳴るわ・・・(笑)

 クラリネット奏者がこぞってMasterのリガチャーを使っている理由がよーーく分かりましたね。
 抵抗感が少なくて本当に楽に音が出ますし、GPですのでよく音が響きますね。
 見た目は、こんな華奢なリガチャーでいい音が出るんだろうか?っていう感じなのですが、吹いてみるとすごく楽に音が出て吹きやすいですし、GPですので音もよく響きますので、このVandren Master GP もオススメです。





【Wood Stone GP】
 Wood Stone GP ですが、さすがにGPらしくて、重厚な音色で煌びやかに響いてくれますし、音質もすごくクリアな
 音質ですので、クラッシックには持って来いのリガチャーですね。

 アルトの Wood Stone GP も試奏したことがあるのですが、私個人としてはアルトの方の Wood Stone GP はイマイチで、アルトなら BG Traditional GP の方がやっぱりいいと思ったのですが、ソプラノの方は BG Traditional GP よりも、Wood Stone GP の方がいいかも知れません。





【D.BONADE PGP】
 ボナードのリガチャーはよく楽器店では見かけてはいたのですが、私がボナードのリガチャーを試してみたのは、実は今回が初めてで、吹いてみて「おぉーーー結構いいじゃん。。」っていうのが第一印象でした。

 実は、このボナードのリガチャーは、PGPで、ピンクゴールドのメッキなのですが、実はBUZZ(中島楽器)加工品なんですよ。
 リガチャーのリード側の方には、D.BONADEのロゴが入ってるのですが、ネジ側の方にはBUZZのロゴが入ってます。

 ボナードのリガチャーにBUZZのブランド名で有名な中島楽器がピンクゴールドのメッキ加工をしているものです。

 楽器店の人の話によれば、中島楽器がボナードのリガチャーにさらにハンマリングをかけて金属粒子を整えて、上からPGPの加工を施しているらしいです。

 お店の人に教えてもらったのですが、ハンドメイドの管楽器などはよく金属をハンマリングで叩いて仕上げるという話を聞きますが、ハンマリングで叩き上げることで金属の粒子の目の並びが音響にとって一番いい状態になる瞬間があるそうで、ハンマリング仕上げをするのはそういう意味があるそうです。

 少し話がそれましたが、このボナードのPGPのリガチャーですが、Wood Stone GP に比べると音色は暗くて、暗い音色でよく響きます。

 そして、何よりも印象が強かったのは、音がとにかく太い!!!です。

ボナードPGP
 


ということで、試奏だけのつもりが、思わずボナードのリガチャーを買ってしまいました(笑)

Wood Stone GP のリガチャーと最後まで悩みに悩んだのですが、暗い音色でよく響いてくれるのと、やはりこの音の太さに惹かれてしまい、ボナードに決めました。

普段は、カルテットで BG Traditional GP を使っているので、ちょっと違ったテイストのリガチャーが欲しかったので、ボナードにしました。


私の持っているリガチャーの中で、PGP のリガチャーは初めてですが、PGP ってかなりいいですよ。

PGP 好きの人は、PGP のネックとかを使っている方とかもよく見かけますが、その理由がよく分かるような気がしますね。


みなさんも、PGP のリガチャーをまだ試したことがないという方は、楽器店で見かけたらぜひ試してみて下さい。


テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

リガチャー | コメント:0 | トラックバック:0 |

MORGAN 6J、7J、7 (ソプラノ)

今日は、だいぶ前になるのですが、知人から珍しいマウスピースを3本ほど借りて試奏しましたので、そのインプレッションについて書きたいと思います。

MORGAN


写真の左から、6J、7J、7 と並べてます。

借りてから最初に少し吹いてみたのですが、もっと集中して吹いて、マウスピースの特性をもっと詳細にレポートしたかったので、2時間ほどスタジオを借りて、個人練習がてら試奏してきました。

前に Vandren V16 S6 を借りて吹いた時も思ったのですが、私の知人、本当にいいマウスピースを色々と持ってます。

今回試した、MORGANの3本のマウスピースもすごく良かったですね!


【試奏データ】
楽器: YSS-875EXHG
マウスピース: MORGAN 6J、7J、7
リガチャー: BARI 付属リガチャー
リード: LaVoz MH


【 MORGAN 6J 】
吹いてみて驚いたのですが、本当によく響くマウスピースですよね~~~
私がこの知人に借りてすごく気に入って購入した、Vandren V16 S6 や BARI 66と吹き比べてみたのですが、まず音の太さが全然違ってて、音がかなり太くてよく響きますね。

音色の柔らかさは、V16とは少し違う音の柔らかさで、柔らかい音色をしてるのですが、音に芯があってかなり太い音しますね。音が太いのに、音色は決して硬くはならず、芯のある音で甘い響きがします。

音色はかなりダークで、「あれぇ、ピッチが低いのか???」と思ってしまうぐらいダークな音色ですね。

このMORGANの「J」が付いている型番のモデルって、チェンバー部分が広くなっているんですかね?

「J」のついていない7番と吹き比べてみたんですが、「J」の付いてる方が音が本当によく響きます。

セルマーで言うと、S90シリーズのような感じで、音色がダークなのにすごく響きがいいマウスピースだと思いました。

6Jは、ティップの開きがあとの2本のマウスピースより狭いため、音も安定していて、息の力や量がそんなになくても楽に音が出ますし、ヴィブラートやベンドアップ、ベンドダウンなども、そんなに大袈裟にしなくても楽々できますが、この6Jは欲を言えば音が楽に出せて安定しているのですが、表現の幅があとの2本に比べると、少し狭いように感じました。

しかしながら、いつも私の使っているセルマーのマウスピースに比べると全然音の太さが違いますので、これを吹いた後にセルマーのマウスピースで吹いてみると音が貧弱に聴こえてしまうぐらいです。

高音域やフラジオもキッチリと出ますし、高い音が当たらないというストレスもないですね。


【 MORGAN 7J 】
お次は、6Jよりもティップの開きの大きい7Jです。
このマウスピースも、6Jと同様に音がものすごく太くて、本当に音がよく響きます。

この7Jも6Jと同様に、太くて柔らかい音色が特徴で、ティップの開きが大きい分、音量もかなりの音量が出ます。

ティップの開きが大きい分、ヴィブラートやベンドアップ、ベンドダウンもコントロールしやすくて、6Jに比べるとかなり表現の幅が広いマウスピースですね。

それにしても、MORGANの「J」の付く型番のマウスピースは、本当によく響きますね~~~

音色は、6Jと同様にかなりダークな音色なんですが、6Jよりも息がよく入るので、音の響き、音抜けが6Jよりもかなりよくて、まるで「管体のまわりが音の響きに包まれたような感じ」で鳴ってくれるので、吹いててすごく気持ちいいです。

中低音域は特に音の響きがよくて、息をドーーーンと入れるとかなり太い音でしっかり鳴ってくれますし、ルーズで太い息を入れると、甘くてセクシーな音も出ますし、Vandren V16 S6 のようにクラッシックにはちょっと使えそうにはないですが、スローバラードやスウィートなジャズには持って来いのマウスピースだと思います。

高音域も、フラジオを含め、音の当たり、抜けも共によくて、上から下まで本当にバランスよく鳴ってくれます。

いや~~~~本当にいいマウスピースですね・・・

この3本の中では、評価は1番の「◎」です!!
私は、この3本の中では、個人的にはこの7Jが一番好きですね。。

柔らかくて太い音色で本当によく響いてくれますし、何よりヴィブラートやベンドアップ、ベンドダウンなどのコントロールのしやすさが抜群にいいです。


【 MORGAN 7 】
最後は、7番のモデルです。

この7番のモデルは、「J」の付いた後の2本とは少しテイストの違ったマウスピースで、「J」付きのマウスピースに比べると音の響きが抑えられた感じです。

MORGANのマウスピースの音色の傾向としては、柔らかくて太い音色という路線は同じなのですが、「J」のモデルに比べると音色は若干明るめでストレートな音が出ますね。

ティップの開きが広くなってる分、息がたくさん入り、音量もかなり出るのは7Jと同じですが、響きが抑えられた分、少し乾いた感じの音がします。

また、音がストレートな感じのせいなのか、音色があとの2本に比べると若干明るい感じがしますね。セルマーのマウスピースで言うと、「J」付きがS90シリーズで、この「J」なしのモデルが S80シリーズに相当するような感じの違いと言えば分かりやすいですかね。

7Jと7を比べてみると、ティップの開きは同じなのかも知れませんが、チェンバーの広さが違っているせいか、音の響きが抑えられている点が違ってたり、7の方がかなり息を持っていかれる感じがしました。

身体が大きくて、息の力が強くて、かなりダイナミックに吹くようなスタイルの奏者であれば、「J」付きのモデルよりも、「J」なしのこちらのモデルの方がいいのではないでしょうか。

音の響きが抑えられていて、乾いたような感じの音がしますので、吹く時の表情をかなり大胆に付けてやったぐらいでちょうどいいぐらいの演奏になるかも知れません。

6J、7Jの方は、音の響きがよくて、コントロールもしやすいので、割と簡単に表情が付けられる感じなのですが、この7番のモデルは素直に音が出る感じのマウスピースですので、しっかりと息を入れてやって、かなり大胆に表情を付けてもいやらしくならない感じでいいですね。


今回は、私の知人から借りた珍しい3本のMORGANのマウスピースを試奏しましたが、先日購入した Vandren V16 S6 と BARI のマウスピースも一緒に吹き比べてみたのですが、音の太さが全然違っていて、MORGANのマウスピースの後に吹いてみると、かなり音が細くて響かないように感じました。

私がこの3本の中でオススメするとしたら、やはり7Jですね!



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

マウスピース | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。