ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

高音域のアンブシュア

今日は、高音域のアンブシュアについて書いてみたいと思います。

アンブシュアに関する記事はこれまでに色々と書いてきましたが、今回はアンブシュアを音域によって微妙に変化させるというところに視点を当てて書いてみたいと思います。

アンブシュアの基本は、これまでの記事を参考にして頂けると分かると思いますが、アンブシュアは音域によって微妙に変化させてやる必要があります。

低音域を吹く時は、リードの振動幅が大きくなりますので、アンブシュアもそれに合わせて緩めてやる必要がありますし、逆に高音域を吹く時は、アンブシュアをぎゅっと絞ってやる感じで、タイトなアンブシュアにする必要があります。

低音域の時にアンブシュアを緩めてやるのは割と楽ですが、逆に高音域の時にタイトなアンブシュアにするのが結構難しいと思います。

今までの記事にも書きましたが、この「タイトなアンブシュア」というのがクセモノで、これを勘違いすると「噛み過ぎのアンブシュア」になってしまいます。

以前の記事にも書きましたが、腹式呼吸がちゃんとできていな人は、吹き込む息の圧力が不足していたり、息のスピードが足りなかったりするので、高音域を吹く時にはマウスピースを上下に強く噛む「噛み過ぎのアンブシュア」で高音域の音を出そうとしてしまいます。

そうなってしまうと悪循環で、高い音は貧弱な音しか出ず、ペラペラの薄っぺらい音で、音も響かなくなってしまいます。

高音域では、アンブシュアを「タイトなアンブシュア」にする必要があるのですが、この「タイトなアンブシュア」とはどういうアンブシュアを言うのかということですが、タイトなアンブシュアは、マウスピースを上下に強く噛むということではなく、マウスピースを包むようにしてくわえている唇を、きんちゃく袋の口をぎゅっとしぼるような感じで、マウスピースの周りから均等な力でぎゅっと締めてやるようにします。

この「きんちゃく袋の口をぎゅっとしぼるような感じで、マウスピースの周りから均等な力でぎゅっと締めてやる」のは、感覚を覚えるまでは、ついついマウスピースを上下に強く噛んでしまいそうになったりするのですが、ちょっとしたことに気をつけるだけで、すぐにできるようになります。

何を気をつけてやればいいかと言えば、「唇をぎゅっとしぼる時の唇への力の入れ方」です。

アンブシュアの基本は、マウスピースを周りから均等な力で包み込むようにくわえます。
そして、高音域になるにつれて、アンブシュアをタイトにしぼっていくのですが、このアンブシュアをしぼるときに、唇を上下に噛むようにしぼるのはNGです!

唇を上下に噛むようにしぼると、高音も出やすくなるのでついついそうしてしまいがちですが、上下に噛むようにしぼることよりも、「左右から内側に向けて唇ぎゅっとしぼるようする」ことの方を意識しましょう。

上下にしぼるのは簡単ですので、意識しなくてもできますが、左右から内側に唇をしぼるのは意識してやらないと以外と難しくてなかなかできません。

左右から内側に唇をしぼるのには、頬の筋肉を使いますので、最初慣れないうちは、頬の筋肉が疲れて痛くなってきたりしますが、練習を積んでいくうちに頬の筋肉が鍛えられますので、徐々に痛くなくなっていくと思います。


何が言いたいかと言うと、左右の唇のしぼりの方だけを意識してやるぐらいで、ちょうどいい具合にタイトなアンブシュアになるということです。

唇をしぼる練習をするには、ボールペンなどの細くて長い棒を口にくわえて、歯で噛まずに唇だけでくわえて、くわえた棒が下にさがらないように水平に保つようにすると頬の筋肉が鍛えられます。

このトレーニングは、結構キツくてこたえますよ(笑)


アンブシュアは、口の左右を内側にすぼめるのがすごく大切なんですよ。

低音域では、口の上下を緩めてやり、口の中は広げていって、発音で言うと「ウーーー」、「オーーー」という感じにしていきますが、口の左右は内側にすぼめておくのは高音域と同じです。


このように、口の両端(左右)を内側にすぼめることを意識すると、頬の筋肉をよく使うようになりますので、頬の筋肉が鍛えられるまでは、吹いてると頬が痛くなってくると思いますので、痛くなったら休憩を取って、指でマッサージをしてほぐしてやるようにしましょう。


・・・ということで、少し話がそれてしまいましたが、今日は高音域のアンブシュアについて書きました。


アンブシュア、難しいですね。

みなさんも苦労するところだと思いますが、頑張って練習していきましょう!



スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンブシュア | コメント:0 | トラックバック:0 |

BAY GP 14K (テナー用)

今日は、テナーのリガチャーについて書きます。

うちのカルテットのテナー吹きが、音色の改造をしたいということで、その一環としてリガチャーを新調するのでオススメのリガチャーを選んで欲しいということで、楽器店で以下のテナーのリガチャーを試奏してきました。

・BG Traditional GP(現在使用中のリガチャー)
・ブルズアイ GP
・ハリソン PGP
・BAY GP 14K
・ボナード GP
・Wood Stone コパー

試奏では、現在使っている楽器と同じモデルのテナー(SERIEⅢ)と、マウスピースはS90 180、リードは青箱のセッティングで試しました。

テナーのSERIEⅢは、SERIEⅡに比べるとかなりパワフルな鳴りのするモデルで、柔らかくてまろやかな響きのするSERIEⅡとは全く性格の異なるモデルですので、
楽器の性格によって合うリガチャーも変わってきますね。

以下、私が試奏したリガチャーのひとくちコメントです。

・BG Traditional GP(現在使用中のリガチャー)
⇒ 音色が明るく、音抜けもよい。抵抗感は少なめ。

・ブルズアイ GP
⇒ 音色は明るくて、パワフルな鳴り。鳴りはパワフルだが、音は少し粗め。

・ハリソン PGP
⇒ 音色は明るくて、音のエッジが効いている。音は少し軽めでクラシカルな響きにはちょっと不向き。

・BAY GP 14K
⇒ 音色は落ち着いていて、まろやかでよく響く深い音色。低音域が特に深くてよく響き、少々荒っぽく吹いても音が綺麗にまとまってくれる。

・ボナード GP
⇒ 高音域と低音域が鳴らしやすく、音抜けもよくて音色は明るい。ブルズアイよりは音も少しおとなし目。

・Wood Stone コパー
⇒ BAYと同様に音色は落ち着いていて、まろやか。抵抗感は弱めで、楽に音が出るが、音の響きはBAYの方がよい。


ということで、SERIEⅢとの組み合わせということで、BAY GP 14K と Wood Stone コパーに絞って、後は本人に好みで選んでもらうことに。

BAY GP 14K は、私も初めて試したのですが、クラシカルな響きにはピッタリで、すごくいい感じのリガチャーでしたので驚きましたね。

BAY GP K14

写真を載せましたが、外見はかなり豪華な彫刻が施されていてますが、音色の方は外見のような派手さはなく、かなり深い音色でよく響いてくれます。

クラリネット奏者には人気の高い BAY のリガチャーですが、サックス用もかなりイケてますね。

吹奏楽やクラッシックでテナーを吹く方には、この「BAY GP 14K」のリガチャーは本当にオススメです!!


そして後日、本人にも試してもらいましたが、やはり「BAY GP 14K」のリガチャーが一番良いとのことで、即、ご購入と相成りました(笑)



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

リガチャー | コメント:0 | トラックバック:0 |

腹式呼吸のコツ

今日は、久しぶりに「腹式呼吸」について書いてみたいと思います。

腹式呼吸については、これまで何度か記事に書きましたが、今回は「腹式呼吸のコツ」について書いてみたいと思います。


管楽器の基本と言われている腹式呼吸ですが、私もちゃんと習得するまでには結構な時間がかかりました。

私も思い起こしてみると、中学3年間の間は、腹式呼吸がちゃんとできてなかったと思います(笑)

私が腹式呼吸が自分で意識できるようになってきたのは、高校2年生の時だったと思います。


個人練習で、ただひたすら音階スケールの練習を毎日毎日繰り返している時に、だんだん疲れてきて、口先がバテバテになった時に、口や喉に力が入らなくなって、お腹から息をふりしぼるようにして出さないと音が出なくなった記憶があります(笑)

その時に、お腹に力を入れて「フーーーーッ・・・」と意識的に息を吐く感覚が分かるようになりました。

その後、お腹を意識して息が吐けるようになってからは、今までとは見違えるように音色がよくなったことに自分で驚いたのを今でもよく覚えています。


私の場合は、こんな感じで腹式呼吸ができるようになっていったのですが、その後、プロの先生や、音大のサックス科の知人友人から聞いて、なるほど!!!そういう風に意識すればよかったんだ・・・って後になって感心した記憶があります。

今日は、そんなことも踏まえて、腹式呼吸のコツについて書いてみたいと思います。

みなさんは、腹式呼吸をする時は、どのような感じでされていますか?

私が、以前書いた腹式呼吸の記事にも書いてますが、息を吸うときは肩を上げずにお腹を膨らます感じで息を吸うところは割と分かりやすいと思うのですが、問題は吸った息を吐く時です。

実際に、楽器を吹く時に重要となってくるのが、息の圧力と息のスピードコントロールなのですが、息を吐く時に腹式呼吸が意識できてないと、せっかくお腹で吸った息が効果的に吐けず、息の圧力も息のスピードも十分につかなくなってしまいます。

ということで、腹式呼吸のコツは、お腹で吸った息を吐く時にポイントがあります。

まずはお腹を膨らませる感じでしっかりと息を吸って・・・(この時は、お腹には力を入れないように自然な感じで吸います)


次に吐く時です。

吐く時には、「お腹に力を入れて息を吐く」という風に教える場合もありますが、その表現で分かる人はいいのですが、お腹に力を入れて息を吐くと言ってもよく分からず、うまく息が吐けない場合は、私は別の表現を使います。

お腹に力を入れて息を吐くと言われてうまくできない人は、

「お腹をへこまさないようにして息を吐く」

ようにしてみて下さい。

お腹をへこまさないようにして息を吐こうとすれば、自然とお腹に力が入りますからね(笑)


次に、これでも息を吐く感覚がイマイチ分からない人は、

「お腹に吸い込んだ息を、お尻の穴に力を入れて息を吐く」

ようにしてみて下さい(笑)

ちょっと下品な表現ですが、中にはこの表現が一番分かりやすいっていう人もいます(笑)


最後は、もう少し上品な表現で、

「お腹に吸い込んだ息を、足のつま先から吐くような感じで息を吐く」

ようにしてみて下さい。


つま先から息なんて吐くことができないのは誰でも分かりますよね?(笑)

でも、実はこの表現が私にとってはものすごく分かりやすくて的を得た表現だったと思います。


お腹で吸った息を、つま先から吐くようにイメージして息を吐くと、お腹の横隔膜が下がりますので、あらあら不思議。

腹式呼吸がちゃんとできるようになるんですよ。。


実は、腹式呼吸で息を吐くときは、お腹の横隔膜を下げながら息を吐くのがポイントなのです。


この「つま先から息を吐く」という表現は、声楽の先生などが歌を歌う時の腹式呼吸を教える時にも使っている表現で、私も知らなかったのですが、管楽器だけではなく声楽の腹式呼吸の指導でも使われているんですよ。


「つま先から息を吐く」ことをイメージすると、息を吐く時にお腹がへこまさないようになりますし、息を吐く時にお腹に力も入りますし、結果として私が上記で使った表現のどれにも当てはまるんですよ。

私もこの「つま先から息を吐く」という表現を聞いた時には、思わず感動して笑ってしまいました(笑)

なかなか腹式呼吸が意識できない方は、ぜひぜひこの「つま先から息を吐く」つもりで息を吐いてみて下さい。

そして、息が足りなくなってきたら、お腹を前に突き出す。

そうすることで、息持ちも不思議と良くなります。


いかがでしょうか?

みなさんは、腹式呼吸のコツがうまくつかめたでしょうか?


腹式呼吸がマスターできると、音の大きさ、音の張り、音の太さ、音色が見違えるように変わってきます。

そして、その変化が自分で体感できるようになると、サックスがますます面白くなりますし、吹くのが楽しくて仕方がなくなりますよ。

私もその一人ですからね。


最初はなかなかうまくできなくて試行錯誤するかも知れませんが、うまくコツをつかんで、腹式呼吸がちゃんとできるようになってしまえばこっちのものです。

さぁ、みなさんもぜひぜひ腹式呼吸をマスターしましょう!!!


テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

腹式呼吸 | コメント:10 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。