ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

レガートタンギング

今日は、タンギングの中でも最も基本となる、レガートタンギングについて書いてみたいと思います。

レガート(legato)はイタリア語で、「なめらかに」という意味であることはみなさんもよくご存知だと思います。

ウィキペディアには、「レガート(伊: legato)は、音楽のアーティキュレーションのひとつ。ある声部において、連続する2つの音(通常音の高さは異なる)を途切れさせずに滑らかに続けて演奏することである。」と書かれています。

今回の記事で書こうと思っているのは、このレガートで吹く時のタンギングについてです。

みなさんの中には、レガート=スラーと思っていらっしゃる方もいると思いますが、サックスではレガートで吹く時にも基本はタンギングをします。

そして、スラーで吹く時はタンギングをせずに運指だけで音を変えて吹きます。

音の高さが変わる場合は、タンギングをしないスラーでもレガートでも同じような感じになるかも知れませんが、同じ音で四分音符や八分音符が続く時は、タンギングをしないとタイで繋がった伸ばしの音になってしまいますよね?(笑)

分かりやすく言いますと、サックスでは・・・

レガート: タンギングをする
スラー : タンギングをしない

です。

サックス初心者の方や、タンギングの苦手な方は、ついついタンギングをしないスラーで吹いたりして、タンギングによる汚い発音を避けようとしたりしますが、楽譜の指示でスラーのない場合は、基本はタンギングをして吹かないといけません。

音の出だしも、他の記事(音の出だしのタンギング)に書きましたが、基本はタンギングをして吹きます。

このタンギングをするところと、スラーの指示があってタンギングをしないところをちゃんと吹き分けることが、「正しいアーティキュレーションで吹く」ということです。

初心者の方や自己流で練習されている方などは、この正しいアーティキュレーションが守れていない人が結構います。

少し話がそれましたので、レガートタンギングの話に戻しましょう。

このレガートで吹く時のタンギング(レガートタンギング)は、タンギングはするんだけど、ウィキペディアの意味でもあるように、「連続する2つの音(通常音の高さは異なる)を途切れさせずに滑らかに続けて演奏すること」ですので、タンギングをすることで音と音の間が途切れてしまってはレガートになりません。

極端に言えば、このレガートタンギングがうまくできない人は、曲を吹いた場合に、吹いた曲が途切れ途切れになってしまって、まるで幼稚園児や小学生がピアニカやリコーダーを覚えたての頃のような演奏になってしまいます(笑)

例えば、「メリーさんのひつじ」を例にとってみると・・・

ミー、レ、ドー、レ、ミ、ミ、ミーー、レ、レ、レーー、ミ、ソ、ソーー

タンギングをする「、」の部分で音と音のつながりが途切れてしまいます。


レガートタンギングが上手にできると・・・

ミーレドーレーミミミーーレーレーレーーミーソーソーー

という感じで、すべての音をタンギングしているにも関わらず、スラーで吹いているようにメロディーがなめらかになります。


これがレガートタンギングが上手にできる人とできない人の違いです。

文章で書くと少し分かりにくくなってしまうかも知れませんが、実際に歌ってみるとすぐにニュアンスの違いがはっきりと分かります。

実は、このレガートタンギングが上手にできることと、他の記事で書いた「フレーズを長く取る」ということも大きく関係してきます。

レガートタンギングが上手にできると、フレーズを長く取ることもでき、メロディーが繋がって聞こえるようになります。

つまり・・・

「ミーレドーレーミミミーーレーレーレーーミーソーソーー」

が、1つの繋がったメロディーに聞こえるという訳です。


レガートタンギングが上手くできない人がおちいりやすい傾向としては、以下のようなことがあげられます。

・1音1音が途切れて聞こえる。
・タンギングをする度に、メロディーが止まってしまう。
・音の余韻がほとんどなく、音の最後がブツブツと切れてしまう。


では、レガートタンギングはどのようにすればいいのでしょうか?

上の3点であげたような事象におちいってしまう人の一番の原因は、息の流れに問題があります。

一番大きいのが、タンギングをする度に息が止まってしまうということです。

タンギングは舌を使いますので、舌をリードに当てたり離したりする時に、無意識に息も止めたり出したりしてしまっているのがその原因となります。

レガートタンギングをする時のポイントは、「吹き込む息は出しっぱなしで、舌だけをリードに軽く付く」です。

たとえ舌をリード面に付いた時でも、息は止めずにずーーーーっと「出しっぱなし」のイメージで吹いてみて下さい。

そうすることで、タンギングで舌を付いた時に音の区切りが聞こえて、息は出しっぱなしですので舌が離れた直後からそのまま音が立て続けに出ている状態になります。


これがレガートタンギングです。

どうですか?レガートタンギングのイメージが分かりましたでしょうか???

このレガートタンギングは、普通にサックスを吹く上での最も基本となりますので、しっかりと身に付けましょう。

レガートタンギングが正しくできるようになると、フレーズも長く取れるようになりますし、曲を吹いても曲のメロディーが流れて聞こえるようになります。

繰り返しますが、レガートタンギングでのポイントは、「息はずっと出しっぱなしで、舌だけを軽く付く」イメージです。

このレガートと対極に当たる、「スタッカート」については、また別途説明したいと思います。



スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

奏法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。