ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Vandoren V12 (銀箱)

今日は、バンドレンのリードの中でも一番新しい、Vandoren V12 (通称:銀箱)について書いてみたいと思います。

最近、私のブログに来て頂いている方で、この「銀箱」についてのご質問が増えてきましたが、私自身、まだ銀箱を試していませんでしたので、今回、Vandoren V12 (銀箱)を試してみました。

このリードは、約3年前ぐらいに出たリードで、私もちょうどこの銀箱が出た時に、馴染みの楽器店で3半を1箱買ったのですが、なかなかアルトを吹く機会がありませんでしたので、ずっと封を切らずにいたリードです。

2012年が明けて、最初に個人練習をした時に、この銀箱をじっくりと試してみましたので、レポートしたいと思います。

この銀箱のリードは、クラリネットでは前からあるリードで、クラリネット奏者の方は気に入って使ってる方が結構いらっしゃると思います。

箱はこんな感じです。

V12-1


中身は、青箱と同じで、リード1枚1枚が板ガムのように包装されている、私にとっては非常にうっとおしい仕様ですね(笑)

DSC_0003.jpg


ということで、もう3年近くも寝かしていた銀箱の封を切り、2時間の練習で吹き倒しました。



少し前に、中学生の方からリードに関しての質問がありましたが、最近のバンドレンのリードは、1枚ずつ板ガムのように包装されてますので、購入後は全部のリードを開封して、全部のリードを吹き比べていいリードを選んで下さいとアドバイスしたのですが、その様子を写真にするとこんな感じですね。

V12-3

箱を開けたら、リードの包装をさっさと全部取って、10枚のリードを全部並べて、全部のリードを吹き比べていきます。

そして、いいリードにはシャーペンや細いサインペンなどで小さく印や番号を書いたりして分かるようにします。

あとは、選ばれたリードたちをリードケースの方に移して、ローテーションでまんべんなく使ってリードを育てていきます。

最初は吹きにくいリードでも、使っていくうちに馴染んできて、いい音が出るようになってきたりしますので、それを「リードを育てる」という言い方をしたりします。

・・・という具合に、リードを1箱買ったら、こんな感じでリード選びをしていきます。


おっと、「銀箱」の話題から少し外れてしまいましたね(笑)

それでは、話題を銀箱に戻して、以下、私が銀箱を試したインプレッションについて書きますね。


<ソプラノ>
    


<アルト>
    


<テナー>
    



【 試奏データ 】

楽器: Selmer SA-80 SERIE Ⅱ
マウスピース: Selmer S80 C☆、Selmer S90 180
リガチャー: BG Traditional GP、Ligaphone Orchestra GP
リード: Vandoren V12 3 1/2



【 品質 】

Vandoren から新しく出たリードということで、V16と同様に品質面に大きな期待を持っていたのですが、大きく期待を裏切られましたね。
写真のように10枚全部を開封して試しましたが、使えるリードはわずかに2枚しかありませんでした。

まぁ、このぐらいならマシかな?というリードを入れても3枚しか使えるリードがなく、これじゃ青箱と同じ、いや、青箱よりも値段が高いのにこの品質だと青箱以下かもしれないと思いました。

この銀箱は、まだこのリードが出たばかりの頃のものなので、出たばかりで品質が悪かったかも知れませんね。
私の知人が、最近この銀箱を使い始めたので、感想をちょっと聞いてみたのですが、10枚中の5~6枚がいいリードだったという風に言ってましたので、今買えば品質はかなり良くなってるかも知れませんね。



【 吹奏感 】

リードの先端が厚めにカットされているとのことでしたので、今回試す前の私の想像では、少々荒っぽく吹いてもリードの振動が安定して、高音域のキンキンした音が抑えられて、まろやかな音色になるのでは?と思っていたら、その点は私の予想通りでしたね。

しかしながら、リードの先端が厚めにカットされているということは、音のクリアさの点では先端の薄い青箱の方にやはり軍配が上がりますね。

フラジオを吹いてみましたが、どの音もちゃんと当たりますし、青箱よりもミストーンは出にくいので、この部分は合格!!!

あとは、吹いた時の抵抗が青箱よりもかなり強めですので、高音域を吹く時はそれなりに息の圧力とスピードがないとしっかりと音が鳴ってくれない感じですね。

その点でいけば、シングルカットのV16の方が楽に鳴る感じです。




中音域に関してはこの銀箱は、特に音が出し易くて太い音がしますので、痩せてしまいやすい中音域がよく響いてくれますのでいいですね。

低音域は、さすがにリードの先端が厚めにカットされていますので、お腹で息の支えをしっかりしないと、音の出だしがかすれてしまうという人もいるのではないでしょうか。

低音域は、少し乱暴に息を入れた方が「ブーーーン」とハッキリ鳴ってくれますが、ppで低音域を吹かないといけないという場合は、音の出だしをハッキリと吹くのがかなり難しくなるのではないでしょうか。




【銀箱のまとめ】

・少々乱暴に息を入れても、高音域のキンキンした音が抑えられ、音色がまろやかになる。

・全体的に息の抵抗が強い。

・フラジオは当てやすくて、出しやすい。

・高音域を吹く時は、青箱よりも息のスピードが必要。

・中音域は音が痩せにくく、太い音が出る。

・低音域は青箱よりも息の圧力が必要。

・音の繊細さ、クリアさは、青箱の方が優れている。

・品質がイマイチ。(今のは良くなっているみたいですが、私はまだ試していません)

・リードの先端が厚めにカットされているため、自分の今使っている硬さよりもワンランク下のものが良い。


ということで、2つのマウスピースと2つのリガチャーで交互に1時間ほど吹き倒しましたが、私の場合はやはり青箱の方が好きですね。

理由は、やはり銀箱は音のクリアさに欠けるという点で、繊細な表現や音色のコントロールがしにくくなるということですね。


しかしながら、音が汚くて悩んでいる中高生にとっては、キンキンした音が抑えられて、音色がまろやかになるということで、この銀箱が好きという人が多いのではないでしょうか。


また、銀箱を購入されるのであれば、今自分が青箱で使っている硬さよりもワンランク柔らかいものを購入されるといいと思います。


今回は、Vandoren V12 のリードについて書いてみましたが、いかがでしたか?

リード選びは、「自分が一番音の出しやすいものを選ぶ」というのが基本ですので、銀箱が一番いい音を出しやすいという人は銀箱を使用されるといいと思いますし、私の場合であれば青箱か V16 の方が相性がいいです。







スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

リード | コメント:4 | トラックバック:0 |

10万アクセス突破!!!

みなさん、こんばんは!

管理人の Taka です。

ついに「ミストなサックス」が、10万アクセスを突破しました!!!

いつも訪問して頂いている皆さん、本当にありがとうございます。

今後もますますコンテンツを充実させていきたいと思いますので、よろしくお願いします。


また、「ミストなサックス」へのご意見、ご要望等ありましたら、お気軽にメッセージを頂ければと思います。

今後ともよろしくお願い致します。


Taka



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |

密度の濃い息

今日は、「密度の濃い息」というタイトルで書いてみたいと思います。

普段、何気なく口から吐いている息ですが、特に何も意識しないで息を吸って吐いている息と、自分で意識して「密度の濃い息を吐いてみよう」と思って吐く息には違いが出てきます。

サックスを吹く時には、普通にマウスピースからただ息を吹き込んだだけではもちろんいい音は出ません。

みなさんは、サックスを吹く時に、吹き込む息はどのような感じで息を吹き込むようにしていますか?


先生のレッスンに付いている方とかですと、いろいろと意識しながら息を入れる練習をしているのではないでしょうか。


サックスという楽器は、マウスピースにリードを付けて、息を吹き込むことでそのリードを振動させて音を出しています。

これは誰でもすぐに分かることだと思います。

しかしながら、いい音を出そうとしたときには、息の入れ方を工夫してやらないと、リードが効率よく振動してくれないため、「ベーーーー」といったような汚い音が出てしまったりします。

出てくる音をいい音にするためには、「正しいアンブシュア」で、「下唇のクッションを利かせ」て、「お腹から圧力のかかった息」を、「吹く音域に合わせたスピード」で吹き込んでやる必要があります。

例えば、高音域を吹く時には、口の中を狭くしてスピードの速い息を入れてやる必要がありますし、低い音では口の中を広くして、「ホォーーー」というような感じで、暖かい息を吹き込んでやるようにします。

このとき、高音域でも低音域でも、吹き込む息に共通することは、「密度の濃い息」を吹き込んでやることです。


では、「密度の濃い息」とはどのような息のことを言うのでしょうか?

「密度」と言えば、学校の理科の授業で出てきますよね(笑)


同じ体積の中に対象となる物質がどの程度の濃さで含まれているかを表すものが「密度」だったと思います。

私がここで言う、息の密度とは、理科に出てくる「密度」の意味とは少し違っていて、口から楽器に吹き込む息がギュッと圧縮されていて、「リードを効率的に振動させるのに適した息」のことを指します。

普通にマウスピースから息を吹き込んだ場合ですと、口から出た息が放射線状に広がってしまい、リードに息が当たっても、リードの振動が不安定になりますので、音が裏返ったり、息の力が分散されて、リードがうまく振動してくれません。

そこで、吹き込む息でリードを効率的に振動させるために、口から吹き込む息にお腹でしっかりと圧力をかけると同時に、口から出た息が広がってしまわないように、口から出る息の密度を濃くして楽器に吹き込んでやる訳です。

理屈で書けばこのように難しい書き方なりますが、もっと感覚的な感じで言えば、「濃い~~~~息」を吹き込んでやる感じですね(笑)

この「濃い息」というのは、別の記事でも書きましたが、「口から吐く息で硬い息の柱を作ってやる」という表現と意味は同じです。

吐く息で硬い息の柱を作ろうとすれば、自然と息を1点に集めるように吐かないとそうなりませんし、吐く息が広がってしまうと、柱のようにはなりません。


低音域を吹く時には口の中を広くして、「ホォーーーーー」という感じで、密度の濃い息で太い柱を作ってやるイメージで、高音域では、「フゥーーーーー」という感じで、同じように密度の濃い息で細い柱を作ってやるイメージです。

みなさん、イメージはつかめましたか?

高音域と低音域では、息のスピードが異なるだけで、目指すところは「太くて硬い息の柱」か、「細くて硬い息の柱」かの違いで、息の圧力、つまりここで私の書いている「息の密度」同じです。

この記事では、「密度」という言葉を使いましたが、要するに吐く息をまとめることが大切だということです。

いかがだったでしょうか。

このブログでは、実に様々な表現を使っていますので、中には混乱される方がいらっしゃるかも知れませんが、人によってしっくりくるという表現は様々ですので、「あの表現でやってみるとイマイチうまくできなかったけど、この表現の通りにやってみたら、いい音が出た!」ということがあると思いますので、色々と試してみて自分が一番いい音が出るという感覚を探ってみて下さい。

私も経験しましたが、この試行錯誤が非常に大切です。

今日よりも明日、明日よりも明後日と、自分の出したい音が出せるように頑張りましょう!



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

| コメント:0 | トラックバック:0 |

あけまして、おめでとうございます!

皆様、あけましておめでとうございます!

管理人の Taka です。

昨年は、たくさんの方々に当ブログに訪問して頂き、本当にありがとうございました。

おかげさまで、ブログのカウンタが間もなく10万カウンタを突破するまでになりました。

なかなか更新ができない時期もありましたが、みなさんからのたくさんのメッセージを頂き、何とか昨年後半は頑張って更新してきました。

今年は当ブログを今まで以上に充実したものにしていきたいと思っていますので、ご意見、ご要望等ありましたら、お気軽にメッセージを頂ければと思います。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

2012年 1月 1日


Taka

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

その他 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。