ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

リードの硬さと音色の関係

今日は、「リードの硬さと音色の関係」について書いてみたいと思います。

サックスを吹く人でしたら、おそらくほとんどの方がリードの硬さで悩んだという経験を持っていると思います。

ブログの記事でも、リードの硬さについては色々と書いてきましたが、ここではリードの硬さと音色の関係について少しお話したいと思います。

よく、中高生の皆さんの中で、「硬いリードの方がまろやかでいい音が出る」とか、「硬いリードが吹ける人が上手い人」とか思っている方が結構たくさんいるみたいですが、これは全くの間違いです。

何度も言いますが、リード選びの基本は、「自分が一番音の出しやすいリードを選ぶ」ことです。

では、リードの硬さと音色の関係はいったいどのようになっているのでしょうか?

まずは、「硬いリードの方がまろやかでいい音が出る」、「硬いリードが吹ける人が上手い人」ということが間違っているということについて説明します。


このようなことを信じている人は、恐らく柔らかいリードを使って吹いた時に、音色が「べーーべーー」言って汚い音になってしまっているからではないでしょうか?

柔らかいリードを使うと、音色が「べーーべーー」という粗くて汚い音になってしまう人は、ほとんどの人がアンブシュアと息の使い方に問題があります。

音色が「べーーべーー」といってしまう時は、吹いた時のリードの振動が大きくて雑になる時に出てしまうのであって、決してリードが柔らかいことが原因ではありません。

マウスピースをくわえる位置が深すぎたり、下唇のクッションが効いてなかったり、吹き込む息が広がってしまっているとそうなってしまいます。

アンブシュアが正しくて、息も広がらずにちゃんと吹き込めているのに、音が「べーーべーー」と言ってしまう人は、リードの硬さに対して息の力が強すぎるという人です。リードの硬さをワンランク硬くしてもいいのは、この場合だけです。

私の場合は、かなり息の力が強いので、柔らかいリードを使うと音が「べーーべーー」というよりは、リードがマウスピースにペタっとくっついて音が出なくなってしまいそうになりますので、少し硬めのリードを使ってます。

マウスピースをくわえる位置が深すぎたり、下唇のクッションが効いてなかったり、吹き込む息が広がってしまっている人が、「硬いリードを使った方がまろやかでいい音が出る」というように感じるのは、硬いリードにするとリードが十分に振動しないため、少しこもったような音色になって、「べーーべーー」というリードの粗っぽいノイズが抑えられるので、「まろやかでいい音が出る」ということと勘違いしているからです。

では、自分に合ったリードの硬さを知るには、どのようにしてチェックすればいいのでしょうか?

私は、「自分が一番音の出しやすいもの」という風に書いていますが、以下のようにチェックしてみるとすぐに分かります。

硬いリードの方がいい音が出るという方は、オクターブキーを押さない下の「ミ」の音から最低音の「シ♭」までの音を吹いてみて下さい。

もし、この時に音がかすれて息の音が混じってしまうようでしたら、リードの硬さが合っていないということです。

サックスで低音域を吹く時は、自分に合ったリードを使っていてもそれなりに息の力が必要になりますので、硬いリードを使っていると、かなり息の力が強くないと低音域の音はかすれてしまいます。

ですので、お腹で息をしっかりと支えても低音域の音がかすれてしまうようであれば、リードの硬さをワンランク落とすことをオススメします。

低音域がかすれずにちゃんと出せる硬さのリードに変えると、中音域や高音域の音が汚い音色になってしまうという方は、アンブシュアや息の入れ方に問題がありますので、そちらの方をチェックして直すようにしましょう。

マウスピースを深くくわえすぎないように注意して、アンブシュアは決して上下に強く噛んだりせずに、下唇のクッションをうまく効かして、リードの振動が雑にならないようにしてやり、吹き込む息も広がらないように1点に集中させて、密度の濃い息を吹き込むようにすると、柔らかいリードでも中音域や高音域の音がきれいに出せるはずです。

みなさんはいかがでしょうか?

硬いリードで吹けるようになることが上手くなることだと信じている人、硬いリードで吹いている人が上手い人だと思い込んでいる人、それは大きな間違いですよ!

プロの奏者でも、バンドレンのリードで言うと、3や2半のリードを愛用している奏者の方はたくさんいます。

身体の小さい人や女性の人は、もともと息の力がそれほど強くないという方も多いですし、そういう方が無理をして硬いリードを使うと何もいいことはありません。

自分に合わない硬いリードを使うと、リードが十分に振動しませんので、音もこもったようになって響きませんし、低音域を吹くと音がかすれたりします。


「リードの硬さと音色の関係」、いかがだったでしょうか?

リードは、「自分が一番音の出しやすいものを選ぶ」ということが基本だということがお分かり頂けたと思います。


みなさんも、自分の使っているリードが自分に合った硬さかどうかをもう一度チェックしてみましょう。



スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

リード | コメント:5 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。