ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

音の強弱による音程の変化

今日は、音の強弱による音程の変化について書いてみたいと思います。

音の強弱と言えば、楽譜に書かれてある強弱記号を元に音を強く(大きく)吹いたり、弱く(小さく)吹いたりしますよね。

主な強弱記号と言えば、ff(フォルティシモ)、f(フォルテ)、mf(メゾフォルテ)、mp(メゾピアノ)、pp(ピアニシモ)などが主に使われています。

これらの強弱記号の意味などは、みなさんも学生時代の音楽の授業で習いますので問題ないですよね?(笑)

あとは、クレッシェンドやデクレッシェンドのように、「だんだん強く(大きく)」や「だんだん弱く(小さく)」などもよく使われます。

これらの強弱記号に従って、大きな音で吹いたり、小さな音で吹いたり、音量をだんだん大きくしたり、だんだん小さくしたりする訳ですが、音の強弱が変わったとしても、音程は正確な音程で吹かなければなりません。

いたって当たり前のことですよね(笑)

しかしながら、私が過去の記事で書いている「噛みすぎのアンブシュア」になってしまっている人は、音の強弱によって音程が高くなってしまったり、低くなってしまったりします。


ん?どういうことだ???ということで、解説してみたいと思います。


「噛みすぎのアンブシュア」になっている人の傾向としては、大きな音で吹くと音程が下がり、小さな音で吹くと音程が上がってしまいます。

このブログの記事を読んで頂いて、噛みすぎのアンブシュアを矯正しました!!!という人もいると思いますが、噛みすぎのアンブシュアが完全に直っているかどうかは、この傾向があるかどうかでチェックできます。

噛まないように噛まないようにと気をつけることで、噛みすぎのアンブシュアはある程度は矯正されますが、息の入れ方(息を1点に集中させる)や腹式呼吸が正しくできていないと、マウスピースを少し噛んでしまう傾向が残ってしまいます。

この「少し噛んでしまう傾向」が残っていると、音の強弱を変えると音程が高くなったり低くなったりします。


それでは、チェックしてみましょう。


まず、音程を測るためにチューナーの電源を入れて、チューニングの用意をして下さい。

そして、オクターブキーを押さない中音域のソ(アルトは実音B♭)を、mf(メゾフォルテ)で吹いて正しい音程にチューニングしてください。

mf(メゾフォルテ)と言えば、普通に吹く音量ですね。

チューニングは合いましたか?



では、次にチューニングと同じように、mf(メゾフォルテ)で「ソ」の音をロングトーンして、そこからクレッシェンドをしてみてください。

mf(メゾフォルテ)からf(フォルテ)、ff(フォルティシモ)とだんだん音量を上げていきます。


もっと大きく吹いて下さい。


もっともっとです。


もっともっともっとです!!!!!


最後は、「fffff」ぐらいまで音量を上げて下さい(笑)



さてさて、みなさんどうですか?

チューナーの針はどのように変化しましたか?



「噛みすぎのアンブシュア」が直っている人は、クレッシェンドして音量を上げていってもチューナーの針は「0」を指したままで音程は変わらないはずです。

ここで、まだマウスピースを噛んでいる人は、音量を上げていくと、音程がどんどん下がっていきます。


では、マウスピースを噛んでいる人が、音量を上げることでなぜ音程が下がっていくのか?

私が過去の記事で既に書いたと思いますが、サックスでは「息の量」を変えることで音量調節をします。

つまり、大きな音で吹く時は、吹き込む息の量を増やしますし、小さな音で吹く時は息の量を減らしてやります。


ここではクレッシェンドですので、音をだんだん大きくしていくために、吹き込む息の量をだんだん増やしていきます。

しかしながら、マウスピースを強く噛んでしまっていると息の量を増やそうとしても、楽器にたくさん息が入りませんので音が大きくなりません。

そこで、噛むのをやめるとマウスピースとリードの間が広くなりますので、楽器に入る息の量が増えます。

そうすると、やっとこさ音量が大きくなってくれるのですが、今度は噛むのをやめたことで音程が下がってしまうのです。

最初からマウスピースを噛んでいなければ、息の量を増やしてもマウスピースとリードの間のすき間の広さは変わりませんし、息の量だけが変わりますので、音程は正しい音程のままで音量がだけが変わってくれます。

みなさん、この理屈がお分かりですか?

大きな音を出すためには、たくさん息を吹き込んでやらないといけないので、マウスピースを噛んでいては楽器にたくさん息が入らないということなのです。


つまり、大きな音を出すためにはマウスピースを噛むのをやめるしかないので、噛むのをやめたことで音程が下がってしまったという訳です。


じゃあ、今度は逆にmf(メゾフォルテ)からデクレッシェンドで音量をだんだん小さくしていってみて下さい。

音量を小さくする場合はもうお分かりですよね?

そうです。楽器に吹き込む息の量をどんどん減らしていきます。


はい、音をどんどん小さくしていって下さい。

もっと小さく。

もっともっと小さく。

もっともっともっとです!!!!!

「ppppp」ぐらいまで音を小さくして下さい(笑)


みなさん、いかがですか?

音程はどのように変化しましたか?


え?音がかすれて出なくなってしまいました???(笑)


今度は先程のクレッシェンドとは逆ですね。

デクレッシェンドで音をだんだん小さくしていきますので、吹き込む息の量をどんどん減らしていきます。

どうですか?みなさんはうまくできましたか???

息の量を増やすのは割と簡単ですが、息の量を減らすのは結構難しいと思います。


よく先生や先輩から「小さな音、pp(ピアニシモ)でちゃんと吹けるように練習しなさい。ppで吹けたら、fやffで吹くのは簡単です。」ということを言われたことがあるという人も結構いるのではないでしょうか。

小さな音で吹くには、「息の量」をぐっと減らしてやる訳ですが、「息の圧力」はそのまましっかりとかけてやらないといけませんので、たいていの人は「息の量」を減らすと同時に「息の圧力」まで下げてしまって、その結果「小さな音になるとうまく吹けない」、「小さな音で吹こうとすると音がかすれてしまう」ということになってしまうのです。

音を小さくしていくと音がかすれて出なくなってしまったという人は、まさにそれが原因という訳です。


では、次に噛みすぎのアンブシュアになっている人は、音量をどんどん小さくしてくと、さらに強くマウスピースを噛みますので、音が小さくなるにつれて音程がどんどん上がっていきます。

これは先程とは逆で、強く噛んでマウスピースとリードの間を狭くすることで吹き込む息の量を減らそうとしているためです。

つまり、正しい音程で小さな音を出すためには、マウスピースを強く噛まずに息の量を減らす必要があるということです。

そうするためには、これも過去の記事で書いたと思いますが、「口の中を狭くして息の通り道を狭くする」ことが必要です。

発音のイメージで言えば、「ツーーーーー」とか「スーーーーー」とか「クーーーーーー」と発音する時の口の中のイメージです。(実際はマウスピースをくわえてますので、そこまで狭くはなりませんのでイメージです)

そして、その状態で吹き込む息にしっかりと圧力をかけてやる訳です。

口の中を狭くして息に強い圧力をかけると、口の中が広がってしまいそうになりますが、そこはぐっと我慢です。

どうですか?みなさんはイメージ分かりますか?


簡潔に言えば、「マウスピースを強く噛まずに、口の中を極端に狭くして息の量をぐっと減らす」ことで音量を小さくするということです。

これは、音量の調節をする時だけではなく、息のスピードをしっかりつける時も理屈は同じですので、意識してしっかりと練習しましょう!!!


マウスピースを噛まずに口の中の状態を変えることで息の量が調節できるようになると、正しい音程のままで音量のコントロールが自由にできるようになってきますので、みなさんも一度自分でチェックしてみて下さい。



スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

音程 | コメント:0 | トラックバック:0 |

懐かしのコンクール課題曲

今日は本当に久しぶりに、吹奏楽の記事を書いてみたいと思います。

実は、ずっと前からこのブログの記事で書こう書こうと思いながら、ずっと頭の中で思っていたことです(笑)

私も、中学1年生からサックスを吹き始めてから、今年でかれこれ31年目になりますが、私が中高生だった頃、吹奏楽コンクールに出ていた頃のことをたまに思い出すことがあります。

ということで、私が中高生だった頃に、私の大好きだった懐かしのコンクール課題曲をご紹介します。

「1983年の課題曲A:吹奏楽のためのインヴェンション第1番/内藤淳一」

恐らく今の中高生の皆さんは全然知らない曲だと思いますが、私と同年代の方々ですと「あ、懐かしい!!!」と言って頂ける曲だと思います。

この曲は、私が中学3年生の時の課題曲で、アルトサックスの美しいソロの出てくるカッコイイ曲です!



これは、東京佼成ウィンドの模範演奏ですが、サックスのソロ、美しいですね~~
私も中学3年生の時は、この曲を吹きたくて仕方がなかったのですが、残念ながらうちの中学は課題曲Cの「カドリーユ」をやりました。

それでも、インヴェンションのサックスソロのメロディーはどうしても忘れられず、最初は耳コピして吹きまくり、それでも満足できずに 1st Alto の楽譜を手に入れて吹きまくってましたからね(笑)

それで、高校になってからも全国大会金賞団体のLPレコードを買って、この「吹奏楽のためのインヴェンション第1番」を聴きまくってました。

その私が買ったLPレコードに入っていた団体の1つが、この中央大学の全国大会金賞の演奏です。



中央大学と言えば、皆さんもご存知のように、今でも全国大会の常連校ですよね。

この中央大学の演奏は、金管セクションがとにかく素晴らしいです!!!!!
これでサックスのソロがもっといい演奏だったら言うことなしですね。

この吹奏楽のためのインヴェンション第1番の演奏で私の一番大好きな演奏は、東京の葛飾吹奏楽団の演奏なんですが、残念ながら YouTube にはありませんでした。

葛飾吹奏楽団の演奏は、全体的に落ち着いた重厚な演奏で、特にアルトサックスのソロはピカイチです。

当時は、LPレコードだったのですが、私もこの中央大学の演奏と葛飾吹奏楽団の演奏を繰り返し繰り返し聴きまくっていました(笑)

そして、高校時代には、吹奏楽部でこのインヴェンションや他にも昔の課題曲で、サックスソロの美しいフェリスタス、カッコイイ金管のイリュージョンなどの曲を色々と演奏しましたね。

フェリスタス





イリュージョン(関西学院大学)





私と同じ年代の方々は、よく同じことを言うのですが、この時代のコンクールの課題曲は、このインヴェンションもそうですが、他にも印象に残っている名曲がたくさんあって、今よりもずっといい曲がたくさんあったように思います。

私もここ数年は吹奏楽から離れてますので、近年の課題曲はよく知りませんが、中学1年の頃から一般バンドで吹奏楽をやっていた頃までのコンクール課題曲の移り変わりを見てきて感じるのは、昔に比べると学生の技術レベルもずっと高くなってきていますし、それにつれて課題曲もかなり難しくなってきたと思います。

このインヴェンションの他にも、シンフォニエッタ(関西大学)、マーチ・オーパス・ワン(三重大学)、土俗的舞曲(関西学院大学)などの名演奏が今も私の心の中に焼き付いています。


シンフォニエッタ




マーチ・オーパス・ワン




吹奏楽のための土俗的舞曲




あぁぁぁ、どの曲も懐かしくて、聴いてるとまた演奏したくなってきますね(笑)

私も若い学生の時は、最初に紹介した「吹奏楽のためのインヴェンション第1番」のアルトサックスのソロや、「吹奏楽のための土俗的舞曲」や「フェリスタス」の美しいサックスのメロディーを何度も何度も吹いて、どんな風に吹けば自分の音色が美しくなるかということに日々試行錯誤して練習したものです。


今の中高大学生の皆さんは、この時代の課題曲をあまり知らない方も多いかも知れませんが、ぜひこの機会に昔の課題曲の名曲に触れてみてください!

今の課題曲に比べたら、難易度も低い曲が多いかも知れませんが、それぞれの曲に個性があって、曲想も分かりやすいものが多くて親しみやすいと思います。


今、ふと思ったのですが、今これらの昔の課題曲を、今の中・高・大学のトップバンドが演奏したら、どんな演奏になるのでしょうね???

この時代よりもはるかに演奏技術も向上しているでしょうし、きっと素晴らしい演奏をするのでしょうね!!!

まぁ、今のトップバンドは、こんな昔の課題曲とかは絶対に演奏しないでしょうが、もし演奏するというのであれば、是非とも聴いてみたいですね。

私にとっては、きっと鳥肌モノだと思います(笑)



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

吹奏楽 | コメント:2 | トラックバック:0 |

タンギング 2

今日は、「タンギング 2」ということで、サックスを吹く時のタンギングについての記事を書きたいと思います。

過去の「タンギング」の記事では、タンギングの基本と、発音する際のイメージ、速いタンギングやダブルタンギング、トリプルタンギングについても触れました。

また、「レガートタンギング」の記事では、レガートで吹く時にもタンギングが必要だということ、メロディーが流れて聞こえるようにタンギングをしましょうということなどを書きました。

タンギングについては、サックスを始めた方々にとって1つの大きな壁になる人が結構いると思います。


ということで、今日は「タンギング」の第2弾として、タンギングをする際の舌の位置について触れてみたいと思います。


きれいにタンギングをするには、舌をベッタリとリードにつけず、できるだけ舌がリードに触れる面積を減らすことについて以前書きましたが、それでもタンギングがうまくできないという人もいるのではないでしょうか?


さて、みなさんはタンギングをする直前に、舌の位置はどのような位置にありますか?

タンギングで舌がリードに触れて、その後にリードから舌をリリースした後は、「舌の位置」はどこに落ち着きますか?

きれいなタンギングをするには、この「舌の位置」が非常に重要になってきます。



では、きれいなタンギングをする時の舌の位置はどうすればいいのでしょうか?



ズバリ書いてしまうと、「舌はできるだけリードに近いところに置く」です。

これに注意してタンギングをするだけでも、タンギングはかなりしやすくなりますし、速いタンギングにも対応し易くなります。


では、「なぜ舌をリードに近いところに置くとタンギングがきれいになるか?」ということについてですが、これは舌をリードに近いところに置くことで、タンギングをする時の舌の動き(ストローク)が小さくなりますので、軽く舌を動かしただけでタンギングができるからです。

タンギングの時に、舌をリードに付いてリリースしたときに、舌をリードから遠い位置まで離してしまうと、その分大きな舌の動きが必要になり、舌を大きく動かすのに余分な力が入ったりするため、タンギングがキツくて汚くなり易いという訳です。


分かりやすく書くと、「タンギングをする時の舌の動き(ストローク)をできるだけ小さくする」ことが大切だということです。

これに気を付けるようにするだけでも、舌の無駄な動きがなくなりますので、速いタンギングにも対応しやすくなります。

これは、少し前に記事にした、サックスを構えたときの指のポジションと同じような理屈ですね。


よくよく考えてみると、無駄のない舌の動きを心がけるということはごく当たり前のことだと思いますし、別に特殊なことをする訳ではないのですが、サックスを吹くのに必死になってしまうと、ついつい舌に力が入ってしまって、舌の動きも大きくなりますし、それに合わせてタンギングも雑で汚いタンギングになり易いという訳です。


では、低音域の音を吹く時は、口の中の容積をしっかりと取って、「ホォーーー」という感じで息を入れるということを以前に書いたと思いますが、「ホォーーー」と発音すると舌の位置がリードから遠くなってしまうのではないか?という疑問を持つ人が出てくるかも知れませんね。

これについては、下の「レ」から最低音の「シ♭」までの低音域を吹く時には、舌の奥の方をグッと下げて、口の中の容積をしっかりと取って、「ホォーーー」という発音のイメージで吹くには吹くのですが、このときでもリードに触れる舌の位置はリードからできるだけ近い位置になるようにして、「リードに触れない舌の奥の方をグッと下げて、喉を開くイメージで口の中の容積をしっかり取ってやる」ようにすればいいのです。

私が初心者の方にタンギングを教えた際に、この「舌の位置」をリードに近い位置に落ち着かせて、タンギングをする時の舌の動き幅(ストローク)をできるだけ小さくするように指導したところ、音の出だしからしっかりと息を吹き込んでも音の出だしがキツくならず、「スゥワーーーーー」といった、音の出だしで汚いタンギングを恐れるために息がしっかりと吹き込めないことで起こる問題も改善されました。

このように、舌の落ち着くポジションをほんの少し変えるだけでタンギングの質が全然違ってきます。


みなさんも、「音の出だしがキツくて汚い」、「音の出だしがハッキリしない(「スゥワーーーーー」となってしまう)」、「速いタンギングがなかなかできない」という人は、ぜひこの「舌の位置」を意識してみて下さい。

また、舌の位置を改善してうまくタンギングする感覚がつかめると、音の出だしからしっかりと息を入れられるようになりますので、人によっては副次効果として音の響きや音色が格段に良くなったりすることもあります。



みなさんはいかがでしょうか?

別に特殊なことを書いている訳でもないですし、書いていること自体はごくごく平凡で当たり前のことなのですが、ちょっと気を付けて吹いてみたら、今まで苦しんでいたことが何の苦労もなくあっさりできてしまった!という人もいますので、タンギングに悩んでいるという人はぜひとも一度試してみて下さい。


テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

奏法 | コメント:0 | トラックバック:0 |

バードストラップ

今日は、私のオススメのバードストラップをご紹介します。

かなり昔の記事で、私の使っているBGのストラップをご紹介しましたが、最近になってB.AIRから発売されたバードストラップ(BIRD STRAP)が大人気となって、プロのプレーヤーも使うようになりました。

このバードストラップが出る前ですと、ドイツ製のツェブラやブレステイキングが私のオススメだったのですが、値段が高かったりして、学生の皆さんですとなかなかそこまでお金が出せないという方もいたのですが、バードストラップですと、安いタイプのものは5000円前後からありますので、高くて買えないというほどの値段でもなくなったのでいいですね。


<一番安いライトタイプ(Mサイズ)>



普通のストラップに比べると少し値段が高いなぁ…と感じるかも知れませんが、バードストラップの機能性を考えると安いものだと思います。

このバードストラップの特徴は、何と言っても鳥が飛ぶ形をモチーフにした調節金具です。

この調節金具が横に長い形状になっているため、楽器を吊り下げた時にストラップで喉が締め付けられるようになりませんので、息が楽々吸えるという訳です。


私の知人でも「バードストラップを買いました!」という人がいて、「いいなぁ~私も使ってみたいなぁ…」と思っていたのですが、ついに私もバードストラップを購入しました。

バードストラップと言っても、いろんな種類があって、首のパットの色、形状、材質の異なるタイプがあり、調節金具も大きさの違うものが出ています。

    

上のモデルは、左側の方が調節金具のプレートがワイドで大きくなっていて、首の部分がより締まりにくくなっていますので、テナーやバリトンのように大きな楽器を吹く方に向いています。

サイズですが、S、M、L、XLとあって、Sサイズがソプラノ、アルト(女性)用、Mサイズがソプラノ、アルト、テナー(女性)用、Lがテナー、バリトン用、XLがバリトン用(身体の大きい人)というのがサイズの目安です。


また、バードストラップには、以下のようなプロのプレーヤーがその人の好みに合わせてカスタマイズしたモデルもあり、カラーのバリエーションも赤やインディゴなどもあります。

        

さすがにプロのカスタマイズモデルとなると結構いい値段しますね。

しかしながら、安いタイプのモデルですと、ブレステイキングのストラップ(定価:¥18900円)よりもかなり安いので、お買い得のストラップだと思います。

ということで、バードストラップもいろんな種類のものが出ていて、私もどれにしようか迷ったのですが、色はシンプルで目立たない黒でデザインもゴツくないものが欲しかったので、神戸のプロ奏者の井上麻子氏がカスタマイズした、井上麻子シグネイチャーモデルのMサイズにしました。(下の左から、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ)

<井上麻子シグネイチャーモデル>
          


このモデルの特徴は、シンプルで全体的に色が黒で統一されていて、首のパッドの部分が他のモデルのようにゴツくないし、パッドのサイズも一回り小さいので、私の好みに合っているということでコレにしました!

井上麻子氏のコメントでは、「『バードストラップの首パッドを薄めに改良して頂いて、首から肩にかけてよりフィットするようになり、女性にもとっても良いと思います。首周りの締め付け感がないので吹奏感がとても楽で、衣装でネックレスなどをしても、挟まって痛い思いをすることがなくなりました(ネックレスもキ レイに見えます)。」ということで、女性を意識したカスタマイズになっていますが、私は男ですしネックレスもしないのですが、コレにしました(笑)


BIRD STRAP_1   BIRD STRAP_11


実際に使ってみた感想ですが、とにかく喉の締め付け感が今までストラップとは違って全然ないですし、息が楽々と取れますのでコレは本当にいいですね!!

それと、私もメタルフックの金具のストラップは初めてだったのですが、音の響きが驚くほどよくなりますね~~~
ソプラノとアルトの両方とも響きが全然変わります。
以前に紹介した、ネックスクリューや支柱ネジでもかなり響きが変わりますが、メタルフックのストラップの効果も相当なものだと思います。
喉を締め付けがなくて息が吸いやすい上に、これだけ音の響きがよくなるのですから、このバードストラップの価格は決して高いとは感じませんね。

私よりもずっと早くからバードストラップを購入して使っている方もたくさんいらっしゃると思いますが、その方々もかなり満足されているのではないでしょうか?

あと、メタルフックの金具の部分の楽器の当たるところに、傷が付かないようにナイロン加工がしてあり、おぉ、細かい部分にもちゃーんと気を使ってるじゃん!と思いました。

また、首のパッドですが、私はスッキリしてゴツくないのが欲しかったのでこれで十分なのですが、楽器の重さをより軽減したいということであれば、パッドの真ん中に折り目が付いていてその左右にクッションの入ったゴツ目のパッドのスタンダードタイプがいいと思います。

<スタンダード タイプ>
          


また、調節金具が大きくて、より首の締まりがないのがいいという方は、ワイドプレートのモデルがオススメです。

<ワイドプレートモデル>
          


私も、このワイドプレートのMサイズと迷ったのですが、首のパッドがゴツくない方がよかったので、井上麻子シグネイチャーモデルの方を選びましたが、そこは個人の好みが分かれるところですね。


ということで、今日はバードストラップをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

楽器が重く感じて、首が締まるみたいで苦しいという方は、ぜひともこのバードストラップを試してみて下さい。

使ってみると分かると思いますが、とにかく息が楽に吸えるようになりますので、当然楽器に息もしっかりと吹き込めるようになると思いますし、メタルフックの金具で音がかなり響くようになりますので、人によってはバードストラップにしてから見違えるように音の響きが良くなったという方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。


ストラップをこれから購入するという方は、バードストラップを候補の1つにしてみてはいかがでしょうか。



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

サックス小物 | コメント:2 | トラックバック:0 |

トーンホールクリーナー

今日は久しぶりに、小物について書きたいと思います。

みなさんは、楽器の手入れをしっかりされていますか?
ご自分で楽器を購入された方などは、新しいピカピカの楽器で手入れのしがいもあるのではないでしょうか。

楽器の手入れをする時は、スワブなどで楽器内にたまったツバや水分をきれいにふき取って、楽器の表面はクロスなどで指紋などをきれいにふき取ったりしますよね。

しかしながら、サックスはキーがたくさん付いてますので、キーの間のホコリなどはうまく取れなかったりすると思います。

そこで重宝するのが、このトーンホールクリーナーです。



この「トーンホールクリーナー」は、ハリガネの周りにフサフサする綿のような繊維を巻きつけた、クラフト手芸で使用するモールのようなやつです。

これを使えば、サックスの複雑なキーの隙間に溜まったホコリや汚れを落とすことができます。


また、「トーンホールクリーナー」というその名前の通り、これはサックスのトーンホールを掃除するために使用します。

・・・というか、こちらが本来の使用用途ですね(笑)

トーンホールと言ってもピンと来ない人がいると思いますが、例えばサックスのネックの部分にある小さな穴や、オクターブキーを押した時に開閉する小さな穴(オクターブキーの右上の辺りにある、よくツバの溜まりやすい穴です)などを、このトーンホールクリーナーを使ってきれいに掃除します。

特に古い楽器とかですと、ホコリや汚れでトーンホールが詰まってしまっていて、音が出にくい楽器とかもあると思いますので、このトーンホールクリーナーを使って、汚れやホコリを取り除いてやると、急に音がよく出るようになることもありますので、今まで掃除したことがないという人は、このトーンホールクリーナーを使ってきれいに掃除してみるといいと思います。


まぁ、普段からサックスのお手入れをしっかりしている人にとっては、「なーーーんだ、別に珍しくも何ともないじゃん!」って思う方もいらっしゃると思いますが、案外知らないという人や、知ってても買うまではせずに使ったことがないという方が結構いるみたいですので、紹介してみました。



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

サックス小物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

音のタッチ

今日は、「音のタッチ」について書きたいと思います。

音のタッチと言えば、発音する時の「音の出だしの感じ」と言った方が分かりやすいでしょうか?

サックスを始めたばかりの人とかですと、この音のタッチが強すぎたりして、吹くメロディーがキツくて汚いものになってしまって悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

この「音のタッチ」は、タンギングと大きな関係があります。


f(フォルテ)やff(フォルティシモ)で音を出すときは、出す音が大きいので音のタッチが少々汚くても目立たないかも知れませんが、mp(メゾピアノ)やpp(ピアニシモ)で音を出すときは、出す音が小さいので音のタッチが汚いとものすごく目立ってしまいます。

そこで、大抵の人は小さな音を吹くときには、音のタッチがキツくなるのを恐れて、出だしからしっかり入れないといけないはずの息をセーブしてしまいます。

そうすると、どうなるでしょうか?

そうです。音の頭がかすれたりして、「スゥワーーーーー」という感じで、音の頭がハッキリしない音が出ます。

つまり、汚いタッチになるのを恐れて、息までそーーーっと入れようとしてしまうのです。

そうなってしまうと、音の出だしがハッキリしない上に、テンポも出遅れてしまったりします。

そして、今度はちゃんと音の出だしからハッキリと発音しようとすると、無意識にタンギングが強くなりますので、「タ!ゥワーーーーー」という感じで、音のタッチだけがキツくなってしまいます。

それで、またキツい音のタッチが恐くなって、結局「スゥワーーーーー」の方に戻ってしまいます。

これはどういうことかというと、発音時の「音のタッチ」を「息の圧力」で調整しようとするのでそうなってしまうということです。

過去の記事で書いたことがあるかも知れませんが、大きい音を吹くときでも小さい音を吹くときでも、「息の圧力」はしっかりとかけてやらないといけません。


上記でも少し触れましたが、発音時の「音のタッチ」をよくしようとするならば、タンギングを改善する必要があります。つまり、「音のタッチ」はタンギングによって変わってくるということです。

この問題を解消するためには、「息の圧力」は変えずに、タンギング時の舌のリリースに注意する必要があります。

タンギングの基本は、舌で息をせき止めて、その状態で「息にグッと圧力をかけ」て、後は「素早く舌をリリースする」だけということを過去の記事で書きましたが、この舌をリリースする時に、「丁寧に舌をリリース」することが大切です。

この点を意識せずに吹くと、「ハッキリと吹いて下さい」と言われると、音の大小に関わらず、無意識に舌のリリースがキツくて雑になってしまいます。

大きな音を吹く時は、もちろん息はたくさんしっかりと吹き込まないといけませんが、タンギング時に「丁寧に舌をリリースする」ことに注意すると、音のタッチはキツくなりません。

また、小さな音を吹く時は、「息にグッと圧力をかける」ことがおろそかになってしまいますので、音の出だしをハッキリと発音するためには、舌で息をせき止めている時に、「息にグッと圧力をかける」ことと、「舌を丁寧にリリースする」ことに加えて、「吹き込む息の量を極端に減らす」ようにすれば、音のタッチもキツくならず、小さな音でも音の出だしからハッキリと発音することができます。


文章で書くと少し分かりにくいと思いますので、簡単にまとめてみます。


<大きな音(ff)を吹くとき>

・息の圧力  : しっかりとかける
・タンギング : 舌を素早く「丁寧に」リリースする
・息の量   : たくさん入れる


<小さな音(pp)を吹くとき>

・息の圧力  : しっかりとかける
・タンギング : 舌を素早く「丁寧に」リリースする
・息の量   : 極端に減らす


みなさんはいかがでしょうか?

中高生の皆さんですと、先生や先輩から、p(ピアノ)やpp(ピアニシモ)でハッキリときれいに吹ける練習をしなさいと言われた経験があるという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

それは、まさにここで書いた、小さな音で吹くときでも「息の圧力をしっかりかける」こと、タンギング時に「舌を丁寧にリリースする」こと、「音量を息の量でコントロールする」ことなどができるようになると、p、ppでもきれいに吹けるようになると思います。


音のタッチで悩んでいる方は、上記のようなポイントに注意して頑張って練習しましょう!


テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

奏法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。