ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

音の響きをよくするためには?

今日は、「音の響きをよくするためには?」というタイトルで記事を書きたいと思います。

サックスを吹いている人なら、誰もが「響きのある音」に憧れますよね?

サックスを吹き始めて、音が出せるようになって、運指も覚えて簡単な曲が吹けるようになると、次はどうすれば音の響きがよくなるんだろう・・・と考えるようになると思います。

それでは、どのようにすれば音の響きがよくなるのでしょうか?

今までの私の記事では、音の響きをよくするために「腹式呼吸が正しくできる」ことと、「喉を開く」ことについて書きましたが、ここでは後者の「喉を開く」ことにもう少し突っ込んで書いてみたいと思います。

みなさんは、喉を開く感覚はつかめていますか?

「喉を開く?!」という記事で、喉を開くことについていくつか表現をあげてみましたが、実践して音の響きはよくなりましたか?


では、喉を開くと、どうして響きがよくなるのでしょうか?


楽器を構えて、マウスピースをくわえて、息を吹き込むと音が出ると思います。

そこで、出た音の響きがどの辺で鳴っているかを感じてみて下さい。
みなさんの音は、どの辺で鳴っていますか?どの辺りで音が響いていますか?


おそらくみなさんが感じているのは、「口の中」、「口の周り」、「マウスピースの辺り」、「ネックの辺り」、「ベルの辺り」・・・
だいたいはこのぐらいですかね?

その他ですと、顔に音が響いているのを感じる人もいるかも知れませんね。


この音の鳴っている部分を見てみると、「口の中」以外は全部身体より外側の部分ですね。


そこで、「喉を開く」ことで身体の内側の部分に音の響く範囲を広げることで、音の響きがぐっとよくなります。


前回の「喉を開く?!」の記事では、実際に喉をどのようにして開いてやるかについて書きましたが、ここでは喉を開くことで音の響きを感じる部分を口の奥から喉へ、さらにはお腹にまで音の響きを感じる範囲を広げるように意識してみて下さい。

具体的には、口の中で響いている音を喉の奥の方まで持っていくような感じです。

イメージで言うと、「んのぉーーーーーー」って言う感じですかね(笑)

何のこっちゃ?!ちょっと変な表現かも知れませんが、実際に「んのぉーーーーーー」って言ってみると、喉の奥の方から鼻にかけて声が響くような感じになりませんか?(笑)


これは、私が感じる「イメージ」なのですが、口の中で響いている音をこのイメージで喉の奥の方でも響くような感じにしてやることで、音の響きがかなりよくなります。

そして、喉の方で音が響くようになると、さらに奥の食道からお腹まで音が響くように、「口~喉~お腹」が1本の通路でつながっているようなイメージで吹くと、さらに音の響きがよくなります。

この状態で腹式呼吸で息をしっかり入れることができると、音の響きは普通に吹いた時に比べると全然変わってきます。

実際に吹いている人は音の響きの違いがあまり感じられないかも知れませんが、傍で聞いている人にはその響きの違いがハッキリと分かります。

音の響きがよくなると、いつもと同じ音量で吹いても、実際の音はかなり音が大きく聞こえます。

みなさんも、音の響く範囲を口の中から喉、さらに奥のお腹まで広げて吹いてみて、その違いを人に傍で聞いてもらってみて下さい。

自分で感じているよりも実際にはかなり響きが変わっているんだなっていうことが分かると思います。


あ、もちろん、正しい腹式呼吸で息がしっかりと吹き込めていることが前提ですよ。

音の響く範囲を口の中から喉、お腹へと広げていった時に、吹き込む息が弱くなってしまうと、音がよく響かなくなりますからね。


さぁ、みなさんも試してみて下さい!


スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンブシュア | コメント:2 | トラックバック:0 |

マウスピースの選び方

今日は、マウスピースの選び方について書きたいと思います。

今まで過去の記事で、いろんなマウスピースを紹介してきましたが、マウスピースを選ぶことについては記事として書いていませんでしたので、ここで書くことにします。

マウスピースを選ぶと言っても、マウスピースは本当に色んなメーカーから色んなタイプのマウスピースがたくさん売られていますので、みなさんの中でも迷ってしまうという方が多いのではないでしょうか?

サックスを始めたばかりの方とかですと、マウスピースのメーカーや型番などを言われても、どのメーカーのどの型番がいいか?と考えても、雑誌などの情報を参考にするか、楽器店の方に聞いたりするしか方法がないと思います。

もしくは、自分の好きなプレーヤーが使っているマウスピースを調べて購入する方も多いかも知れませんね。


しかしながら、マウスピースはアンブシュアに及ぼす影響が大きいパーツですので、初心者の方は特に慎重に選ぶ必要があります。

例えば、自分の好きなプレーヤーが愛用しているマウスピースを選んだとしても、それが自分に合っていないマウスピースであれば、上達を大きく妨げてしまうことも珍しくありません。

また、プロのサックスプレーヤーが使用しているマウスピースの大半は、市販されているマウスピースと同じ型番のモデルであっても、そのまま使っているというケースはほとんどなく、たいていそのプロの奏者専用にカスタマイズされています。

例えば、私の大好きなフュージョンプレーヤーの本田雅人さんは、ヤナギサワのメタルの7番を使っていますが、実際は本人用にカスタマイズされていて、ティップオープニングは8番ぐらいになっているそうです。(ライブの時に、ご本人から聞きました)

そんなこんなで、初心者の方、これからサックスを始めようとしている方がマウスピースを選ぶ場合は、各音楽ジャンルで使用されている定番モデルのマウスピースを使用した方が無難です。


【クラシック・吹奏楽】
 <ラバー>
  ・セルマー  : S80 C☆、S90-170、S90-180、S90-190
  ・バンドレン : V5 A27
  ・ヤマハ   : 4C


【ジャズ・フュージョン・ポップスなど】
 <ラバー>
 ・メイヤー  : 5MM、6MM

 <メタル>
 ・ヤナギサワメタル : 6、7


だいたい私が初心者の方とかにオススメする定番のマウスピースは、この辺りですかね。
この辺りのマウスピースであれば、初心者の方、これからサックスを始めたいという方でも安心して使えると思います。



まず、クラッシック・吹奏楽のジャンルですが、やはりセルマーのマウスピースが一番ユーザも多いのではないでしょうか。

バンドレンの V5 A27 を使っているという人も結構いると思いますが、私の周りでバンドレンのマウスピースを使っているという人は数えるぐらいしかいなかったように思います。

あと、ヤマハの 4C もヤマハの楽器に付属しているマウスピースですので、結構使っている方もいらっしゃるかも知れませんが、すぐにセルマーのマウスピースに買い替える人が多いですね。

セルマーの定番マウスピースで、どのモデルがどうだという部分については、別の記事に詳しく書いていますので、そちらを参考にして下さい。

また、ジャズでよく使われているラバーの定番マウスピースのメイヤー 5MM、6MM のマウスピースについてですが、こちらは定番と言われているのですが、メイヤーのマウスピースは個体差がかなり大きいマウスピースですので、同じ型番のモデルでも物によっては吹奏感が全然違いますし、中にはかなり品質の悪いハズレマウスピースもありますので、購入される場合は、もちろん試奏は当たり前で、プロや上級者に選定してもらうのが一番です。

あと、メタルのマウスピースですが、やはりヤナギサワのメタルが一番クセもないですし、品質もよく、安心して使えます。

私も、ヤナギサワメタルの7番を持っていますが、他のデュコフやオットーリンクなどのマウスピースに比べると個体差も少ないですし、クセもなくて吹きやすいので大好きなマウスピースです。

ジャズやフュージョンなどを中心にされている方は、やはり自分の音に個性を出したいという人や、自分の目指す音の方向性が人によって多岐に渡りますので、最初からクセのある個性的なマウスピースを使われる方も多いと思いますが、私が人にすすめる場合は、最初は必ず定番のモデルをすすめています。


ちなみに、私の身内で音大のサックス科に進んだ人がいるのですが、その人は音大受験の時に習っていた先生にルソーのマウスピースをすすめられて愛用していて、受験の時もルソーのマウスピースで受験して合格したのですが、音大のサックス科に入学してから日本でも有名な某サックスの先生に付いた時に、ルソーのマウスピースの使用をすぐに止めてセルマーの「S80 C☆」に変えるように言われたそうです。

しかしながら、それでもルソーの方が慣れてるし音も好きだから、先生に「今はお金がないので後で買います。」と言ってごまかしたら、「今私の手元に1本あるから、それを君にあげるからすぐに変えなさい。」と言われてシブシブ変えたそうです(笑)


少しダラダラになってしまいましたが、マウスピース選びのポイントを少し整理してみたいと思います。


<マウスピース選びのポイント>

 ・メーカー、型番については、最初は定番と言われているものを選ぶこと。

 ・マウスピースを購入する際は、必ず自分で試奏して購入すること。

 ・マウスピースは楽器と同様に個体差があるので、可能な限りプロや上級者が選定したものを購入すること。

 ・先生のレッスンに付いている人は、自分の先生ともよく相談した上で選ぶこと。

 ・自分の購入予定のマウスピースは、在庫本数の多い楽器店で必ず複数本の中から選んで購入すること。


だいたい以上のようなことに注意して購入すれば、マウスピースで失敗することはないと思います。


サックスは、口に近いパーツほど音に及ぼす影響が大きいので、自分の実力や目指したい音の方向性などに合わせて、可能な限りクセが少なくて吹きやすいマウスピースを選ぶことが大切です。


私がこのブログで紹介しているマウスピースの中には、確かにいいマウスピースなんだけど、本当に個性的で、初心者の方々にとってはとんでもなく扱いにくいモデルもいくつか紹介していますので、その点は留意しておいて頂ければと思います。

私もサックスを始めて30年以上になりますが、マウスピースを変えて音の方向性の違いを楽しんで吹くようになったのもここ数年の話ですし、それまでの20数年間は、愛用の1本のマウスピースで吹いてきてます。

何が言いたいのかというと、マウスピースは、そのぐらい長く同じものを使い続けたりする大切なパーツですので、最初のマイ・マウスピース選びというのは本当に大切だということです。

自分の身体の一部だと思って選んだ方がいいかも知れませんね。

私もマウスピースをいろいろと変えて吹くようになってから気付いたのですが、マウスピースをいろいろと変えて吹くと、アンブシュアもそのマウスピースによって変わってきますので、「これじゃあ、アンブシュアの基礎がしっかり固まってないと、アンブシュアが崩れやすくなってなかなか上達しないということにもなるなぁ・・・」とつくづく感じましたからね。


私も今まで知人がマウスピースを購入する際の選定に何度も付き合ってきましたが、必ず楽器店を複数件ハシゴして、本人に一番合う「モノ」が見つかるまで時間をかけて探しますからね。それで、いい個体がなかったりすると、次に楽器店に新しい商品が入庫するまで待ったりすることもあります。

普通にマイ・マウスピースが早く欲しい人にとってはそこまで我慢できないかも知れませんね(笑)

しかしながら、私の場合はビギナーのマウスピース選びにはそのぐらい慎重に選ぶことが大切だと思っています。


さて、みなさんはいかがですか?

中高生や学生の皆さんですと、マイ・マウスピースを買ってもらえるということになると、その喜びの方が先に立ってしまって、「いい個体のマウスピースを選ぶ」ことよりも、「早くモノが欲しい!」ということになってしまうかも知れませんね(笑)

でも、そこはぐっと我慢して、時間をかけてでも「いい個体のマウスピース」をじっくりと探して下さい。


「いい個体のマウスピース」に出会えるかどうかでも上達の早さは大きく違ってくると思います。



テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

マウスピース | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。