ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Yanagisawa : 「サムの魔法使い」

今日は、ヤナギサワの小物では有名な、「サムの魔法使い」について書きたいと思います。

「オズの魔法使い」 のパクリでしょうかね(笑)

サム、つまりサックスの親指に関わる部分の小物ですね。

一般的には、サムレスト、サムフックと呼ばれています。
サムレストの方は、左手の親指を置く部分で、サムフックの方は右手の親指をひっかけるフックの部分になります。

最近のサックスは、このサムレストとサムフックがもともと金属製でできているものも増えましたが、例えば私の愛用しているセルマーのSERIEⅡなんかですと、このサムレストとサムフックが黒のプラスチック製でできています。

また、セルマーSERIEⅢですと、サムフックの部分が金属製で、サムレストの部分がプラスチックになっていますね。


今日ご紹介する、ヤナギサワから発売されている、「サムの魔法使い」という小物は、このサムレストとサムフックが金メッキのプレートでできた金属の部品です。

この「サムの魔法使い」は、ヤマハ用、ヤナギサワ用、セルマー用と分かれていますので、もし購入されるという方は、自分の楽器のメーカーに合わせて選んで下さい。




この写真を見て頂くと分かると思いますが、サムフックの裏側には5つのイボのような出っ張りが付いていて、取り付けるとサムフックが楽器に接触する面積が少なくなるようになっています。

私も、前からこの「サムの魔法使い」がずっと気になっていたのですが、いよいよ今週の日曜日がアンサンブルコンテストの本番ですし、本番に向けた私の楽器の強化ということで、ついに買ってしまいました(笑)

取り付けると、こんな感じになります。

サムレスト

こちらがサムレストです。



サムフック

こちらがサムフックになります。

この2つがセットになって、「サムの魔法使い」です。

では、この「サムの魔法使い」を取り付けることで、何が変わるのかということですが…

以下、私の使用感について書いてみたいと思います。


【 使用感 】

私の楽器は、20年以上前のセルマーSERIEⅡなのですが、特に中音から高音域にかけては、「サムの魔法使い(GP)」を付けると、自分で音の広がりをコントロールしなくても、音がギュッとまとまった感じになってくれますし、強奏した時の抵抗感が増して、鳴りの限界がさらに広がって、かなり息のコントロールレンジが広がりましたね。

息の量が多く、吹く力も普通の人よりもかなり強いタイプの私にとっては、本当に嬉しいですね。

サムレストとサムフックが金属製になった分、管体が全体的によく響くようになって、そうですね、レディーゴディバを吹いた時のような音の重厚感と音がさらに生き生きとしたようなビビッド感が出ましたね。ちなみに、Cannonball のレディーゴディバは、もともとサムレストとサムフックは両方とも金属製になっています。

あとは、ネックスクリューを変えた時と同じように、かなり息を荒く吹き込んでも、音が広がったようにならずにちゃんとまとまってくれるので、息のコントロールもかなりしやすくなると思います。

セルマーのSERIEⅢを始め、最近のサックスは、サムフックの部分は標準で金属製になっているものが多く、サムレストの部分だけがプラスチックになっているものが多いと思いますので、サムレストの部分だけでも金属製のものに変えることだけでもかなり音が変わるのではないでしょうか。

ヤナギサワの楽器であれば、この「サムの魔法使い」が標準で付いているモデルもたくさんありますね。

さて、気になる価格の方は、定価で¥16,800-と、マウスピース1本分ぐらいの値段になってしまいますが、吹奏感はかなり変わりますので、それなりの価値はあるのではないでしょうか。

ヤナギサワのこの「サムの魔法使い」は、私の付けた金メッキの他にも、以下の写真のような銅製のブロンズタイプのものもあります。

<セルマー用>



<ヤナギサワ用>


サムレストだけを変えられる場合は、石森楽器からWood Stone製の金属のサムレストが出ていますので、そちらを利用されるといいと思います。


<GP(金メッキ)>



<SP(銀メッキ)>



<サテンGP(サテン金メッキ)>


また、逆にサムフックだけも出ていますので、ネット検索で「サムフック」をキーワードにして検索すると、他社の製品がいろいろと出てくると思います。

サムレストとサムフックですと、口に近いサムレストの方が変えた時の音に与える影響は大きいと思います。

サムレストやサムフックがプラスチック製の方は、変えてみられると吹奏感も変わっていいと思いますので、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか?


また、このサムレストとサムフックは、リペアマンに頼んで付け替えてもらう必要がありますので、ネットで購入された方はリペアマンの常駐している楽器店に持ち込んで付けてもらうか、その楽器店で購入すれば取り付けは無料サービスにしてくれるところがほとんだと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

サックス小物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Selmer Ciger Cutter (シガー・カッター) | HOME | 気温による音程の変化>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。