ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Selmer S80 C☆ VS Selmer S90 180

過去の「Selmer S80 C☆ と Selmer S90 180 の違い」の記事でも書いたのですが、アンサンブルコンテストが終わってから個人練習の時間が取れましたので、過去の記事の続編ということで、「Selmer S80 C☆」と、「Selmer S90 180」のそれぞれの良さを改めて検証するために吹き比べをしてみました。

ということで、今日は、クラッシックや吹奏楽ではまさに2大バイブルとも言われている、セルマーの定番マウスピースの「S80 ☆」と「S90 180」のもっと詳細な比較という観点でインプレッションについて書きたいと思います。


Selmer Mouth Pieces


写真は、私の持っているもので、左側が20年以上愛用している、S80 C☆で、右側が最近ずっとカルテットで愛用している、S90 180です。

どちらも、クラッシックや吹奏楽をやっている初心者の方にオススメのマウスピースです。


【S80 C☆】
1980年代に開発された、S80シリーズの定番と言われているマウスピース。

私が20年来愛用してきたマウスピースなので、私も今まではこれが基準となっていたのですが、最近はS90 180の方をよく使ってますので、今回はこのマウスピースの特徴がよく分かりました。

吹奏感: S90シリーズよりもフェイシングが短いため、息を吹き込んでから音になるまでの立ち上がりが非常に早いですね。レスポンスのいいマウスピースです。中音から低音にかけては、口の中の容積をしっかりと取って喉を開いて吹いてやることで豊かな響きが得られますし、高音域ではかなり音抜けが良く、フラジオなどもかなり当たりがよくてよく鳴ります。

音色: ポップスなどにも十分通用する明るくて張りのある音で、音色は1本硬い芯の通ったような感じの少し硬めの音色ですね。音のエッジがはっきりしていて、細かくて速い音符をちゃんと聴かせたいという場合には非常に有効なマウスピースです。

音程: 私の場合は20年来愛用して慣れてるだけあって、音程のコントロールもし易いですね。音色の性格上、少し音が♯気味に聴こえることもありますが、人と音を合わせたりする場合も、耳で聴いて合わせやすいです。かなり素直なマウスピースで、奏者の音程の悪さも素直に出てしまうところがあり、基礎を習うための教科書のようなマウスピースですね。

音抜け: 高音域の音抜けが特に抜群で、遠くまでよく響く音が出ます。また、中音から低音にかけても同じように音抜けがいいために、低音域の音などは、音抜けがいいですが少し硬くて軽い音のように感じるところがあります。また、ティップオープニングもS90シリーズよりも開きが大きいので、音のボリュームも出ます。


【S90 180】
S80シリーズをベースにして、1990年代に開発されたマウスピースで、現在のセルマーの楽器に付属しているマウスピースです。

私も、最近カルテットで音色を他の人と合わせるために使っていますが、
プロ奏者の須川展也さん(S90-170)や、新井靖志さん(S90-170)も愛用されている、今や人気のマウスピースです。

吹奏感: フェイシングが長くなっていますので、息を吹き込んでから音になるまでのレスポンスがS80に比べると、若干遅く感じられますが、音の出だしのタッチが非常にソフトな感じです。チェンバーが広くなっている分、S80よりも少し抵抗感があるような感じで、中音から低音にかけてはそれほど口の中を広げたり、喉を開いたりしなくても音がよく響いてくれます。また、ティップオープニングの開きが小さいので、女性のように息の量が少ない方でも楽に音が出せると思います。

音色: S80は、かなり明るい音色ですが、S90の方は少し暗めの音色で、マイルドでソフトで甘い音色になります。まさに、須川サウンドはこのマウスピースから出て来ているのだなぁ…と想像できますね。少し暗めのソフトなサウンドですので、細かい音符などは少しハッキリ目に発音してやらないと、音がこもったような感じになって細かい音符が分からなくなってしまうと思います。

音程: 私の個人的な感想では、最初は少し音程が♭に感じて変に感じましたが(S80のシビアで硬めの音に慣れていたせいです)、音程はとにかく安定しています。私のように、S80の明るい音色に慣れた方ですと、S90の音程がすごく♭に感じるんですよね。音色が少し暗い分、音程は正確なのに音が少し♭に聞こえてしまうと思います。(最初からS90を吹いている方ですと問題ないと思います)また、ティップオープニングの開きが、S80シリーズよりも小さいので、音程のコントロールもし易いと思います。

音抜け: S80ほどの音抜けの良さはありませんが、音が本当によく響いてくれますね。マウスピースの特徴としては、芯のある音の硬さで音抜けがよいというS80 C☆とは対照的に、音の響きがものすごくいいため、音の響きで音が飛ぶタイプのマウスピースだと思います。ティップオープニングは、S80よりも開きが小さいため、音量はそれほど出ないですね。


【総評】
どちらも、クラッシックや吹奏楽で使用するには、非常に適したマウスピースですが、上記のようにそれぞれのマウスピースの個性がありますので、好みに応じて選ばれるのがいいと思います。

もしも、私が初心者の方にどちらを主に推奨するか?と言えば、使用する方の性格やタイプによって変わりますね(笑)

体育会系で、私のように自分の音を聴いてショックを受けながらそれでも負けるか!って思いながら頑張るタイプの方には、S80 C☆の方がいいように思います(笑) S80 C☆の方が、「音の響き」という面ではシビアで、しっかりと息を入れてやらないと軽い音になってしまいますし、素直なマウスピースですので、自分の生の音をよく知ることができます。その代わり、このマウスピースでかなり上達すると、しっかり基本が身に付きますので、他のマウスピースに変えた時に、たいていのマウスピースには対応できると思いますし、ジャズやフュージョン向けのマウスピースでも素直に入っていけると思います。

また、息の量が少なくて吹く力も弱い女性の方や、どちらかと言えば誉められて伸びるタイプの方でしたら、S90 180の方で始められるのがオススメです。音量はS80ほど大きな音が出ませんが、とにかくマウスピースの特性で音がよく響いてくれますので、楽によく響く音が出せるようになります。須川サウンドに憧れていらっしゃる方であれば、迷わずこちらから始められるのがいいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

マウスピース | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<メトロノーム: KORG MM-1 | HOME | Cadeson A-902V W/SE (A-902Vの特別豪華彫刻仕様モデル)>>

この記事のコメント

>みらーさん

コメント、ありがとうございます。管理人のTakaです。

みらーさんに合ったマウスピースは見つかりましたか?
マウスピース購入は、楽器購入の時と同じで、試奏は必須だと思います。
また、マウスピースは同じメーカーの同じモデルでも、1個1個が微妙に違っていて、それぞれのマウスピースの個体で特徴が少しずつ違いますからね。
どれも吹き易いが、これは高音が出易くてよく響く、これは全体的に暗い音色がする、これは息の抵抗感が少し強い・・・などなど、吹き比べてみると同じモデルでもこんなに違うのか・・・と驚くことが多いと思います。
私も知人のマウスピース購入の際の選定に付き合うことがありますが、いつもそう思います。

小さい楽器店ですと、マウスピースの在庫数も少なかったりしますので、楽器店をハシゴして探すこともよくありますよ。

マウスピースは一番口に近いパーツですので、マウスピースの良し悪しは音色や奏法に大きな影響を与えますので、それだけマウスピース選びは大切です。
2011-09-27 Tue 01:17 | URL | Taka #-[ 編集]
今回もお世話になりました!!
早速、お店で5本くらい出してもらって試し吹きをしたいと思います。
ありがとうございました。
また更新してもらえるとうれしいです。
2011-09-23 Fri 22:14 | URL | みらー #-[ 編集]
hiroさん、こんばんは。
返信が2ヶ月も遅くなってすみませんm(_ _)m

もうマウスピースは購入されて、バリバリと頑張ってる頃ですかね。
S80 C☆は人によっては吹くのがちょっとしんどいっていう方も多いと思いますが、セルマーのマウスピースではベストセラーのモデルですので、S90シリーズと同様に使ってる人は多いです。

他の記事でも書いたと思いますが、マウスピースも楽器と同様に個体差がありますので、同じモデルでも吹いてみると音色や吹きやすさなどが全然違ってきますので、楽器店で複数の在庫がある場合は、すべて出してもらって吹き比べをして選ぶようにするのがベストです。

特に中高生の方は、試奏せずにセルマーのC☆を下さい、S90 180を下さいと言って簡単に購入してしまう方がほとんどだと思いますので、マウスピースを購入される際には、たとえ購入するメーカーやモデルが決まっていたとしても、お店の在庫が複数ある場合は、それらを試奏して吹き比べてから購入することをオススメします。
2010-03-06 Sat 02:02 | URL | Taka #-[ 編集]
去年アルトサックスを始めた高校一年です。
明日マウスピースを買うのにとても参考になりました。
知識が乏しく、S90 180を須川さんが使っている事だけは知っていたのでそれにしようと考えていたのですが(笑)、 S80 C☆もそれに劣らず、また音量が出るということで、試し吹きして決めたいと思います。
ありがとうございました。
2010-01-09 Sat 23:18 | URL | hiro #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。