ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

華麗なるサクソフォンアンサンブルの世界: J.Y.フルモー・サクソフォンカルテット

今日は、久しぶりにCDの記事ということで、私の大好きなプレーヤーの一人で、今や世界のクラシカルサクソフォーンの巨匠と言われている、ジャン・イヴ・フルモー氏率いる、J.Y.フルモー・サクソフォンカルテットのアルバムです。

このアルバムは、もう10年以上前にリリースされた古いアルバムで、私も当時はかなり聴き込んでいたアルバムなのですが、前に組んでいたカルテットのメンバーに貸したままで、もう何年も貸しっぱなしで返ってきていないアルバムです(笑)

T君、もうしばらく会ってないけど、今度の機会にはちゃんと返してね!(笑)




華麗なるサクソフォンアンサンブルの世界
~ J.Y.フルモー・サクソフォンカルテット
価格: ¥ 3,066 (税込)


【 収録曲 】

1. 合奏協奏曲より/A.ヴィヴァルディ (arr.P.ルマン)
2. 3つの小品/D.スカルラッティ (arr.G.ピエルヌ、M.ミュール)
3. アヴェ ヴェルム コルプス/W.A.モーツァルト (arr.M.ミュール)
4. サバの女王の登場/G.F.ヘンデル (arr.J.Y.フルモー)
5. 異教徒の踊り/P.スキョルティーノ
6. パッチワーク/J.ノレ セヴィラ/J.アルベニス(arr.M.ミュール)
7. アンダルシアの騎士/P.ヴェローン
8. ゴリヴォーグのケークウォーク/C.ドビュッシー (arr.M.ミュール)
9. ダンス/G.ロッシーニ (arr.J.ドヴォーゲル)
10. トラベリング組曲より/R.アレサンドリーニ
11. クールダシーズ/R.アレサンドリーニ
12. グラーヴェとプレスト/J.リヴィエー


カルテットの名曲、「異教徒の踊り」や「グラーヴェとプレスト」も収録されており、フルモーカルテットの魅力満載のアルバムです。

昔のダニエル・デファイエ四重奏団の演奏を彷彿させるようなダイナミックな演奏ですね。

フルモー氏のソプラノの音、本当に美しい音ですね。


このアルバムの中で、私が最も心を奪われた曲は、7曲目の「アンダルシアの騎士」です。
この曲は、アンサンブルの選曲のクラッシック編の記事でも紹介した曲なのですが、フルモーカルテットの華麗な演奏がものすごく光っていますね。

出だしの冒頭部の超高速半音階スケールの受け渡しの凄さ…
中間部の何とも言えない美しい音色とハーモニー…

もう、「ブラボーー!!」と叫んでしまいたくなるような演奏です。

かなり感動してしまいましたね。

もう10年以上?ぐらい昔になりますが、このフルモーカルテットの「アンダルシアの騎士」に感動してしまった私は、その当時に一緒にカルテットを組んだ仲間に声をかけて、メンバーの足りないバリトンは私の知人のバリトン吹きにお願いして、半分無理矢理メンバーを揃えた形で、淡路島のサクソフォーンフェスティバルにこの「アンダルシアの騎士」で出演し、またもう1つ別のイベントでもこの「アンダルシアの騎士」を演奏しました。

私も、コレ!!と思ったら、突き進んでしまうタイプですので、当時もこのアルバムに影響されて、「アンダルシアの騎士」の楽譜をすぐに入手して、この曲をやろう!!ということで、メンバーもすぐに集めて練習に取りかかりました。

最近では、ペドロ・イトゥラルデの「ギリシャ組曲」にハマった時のような勢いでしたね(笑)

当時のカルテットを懐かしく思い出しましたね。

最初は、私の呼びかけで3人のメンバーでスタートしたのですが、その後にバリトンのメンバーが加わり、さらにもう1人が加わってクインテットの編成になり、過去の記事で紹介した、トルヴェールカルテット with 本多俊之 のアルバム 「High Five」 の中の曲を演奏して活動したりと、本当に楽しかったですね。

今は当時のメンバーも、それぞれが仕事が忙しくなって練習に参加できなくなったり、転勤で他県に遠く離れてしまって一緒にできなくなったりと、みんなバラバラになってしまいました。

そして一昨年の秋には、とてもとても悲しい出来事があり・・・

もうあの時のメンバーでは、二度と演奏ができなくなってしまいました・・・

記事を書きながら、いろんなことを思い出しました。


いろんなことがありましたが、サックスって本当にいいですね・・・

ちっぽけな私のこれまでのサックス人生の中にも、本当にいろんなドラマがありました。


昔を懐かしく思い出しながら、ちょっとしんみりとしてしまいましたが、話を元に戻して・・・

このアルバム「華麗なるサクソフォンアンサンブルの世界 ~ J.Y.フルモー・サクソフォンカルテット」 は、サクソフォーンアンサンブルのアルバムとしてはオススメのアルバムですので、機会があれば是非とも一度聴いてみて下さい。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

Taka のオススメCD | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<豪華絢爛!アルトサックス吹き比べ | HOME | メトロノーム: KORG MM-1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。