ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

中音域の音

中音域の音は、サックスでも一番響きにくい音域です。

この音域は指が開放になっていく上に、音も中音域ですので楽器の特性上、一番響きにくい音域になります。

高音域はリードの振動幅が小さいため、息のスピードがあればよく響くのですが、オクターブキーを離した中音域の音は、リードの振動幅が高音域よりは大きくなり、なおかつ運指も開放の運指になるため、息がたくさん入る割には音は響きませんので、「息の量」を思っている以上にたくさん入れてやらないと、高音域のように息のスピードだけでは音が痩せてしまって、なかなか響いてくれません。

逆に中音の「ソ(アルトならばB♭)」よりも下の低音域は、ホールが塞がれて息が通る管の距離が長くなりますので、息が管の外に逃げなくなり、リードの振動幅もより大きくなりますので、息のスピードや量も高音域や中音域ほどなくても、お腹で息をしっかり支えて息の圧力を保ってやることで音がよく響いてくれます。

しかし、中音域の音は運指が開放の運指になると、閉塞の運指よりも息がどんどん管の外に出ていってしまいますので、どんどん出ていってしまう息よりもさらに多くの量の息を楽器に吹き込むようにして、「吹き込む息が余って口のところで出ていくのを待ってる」ぐらいの感じにするといいと思います。

また、中音域では息が広がりやすくなりますので、普通に息を入れていたのでは、音が、「ビーーー」とか「ベーーー」といった汚い音になってしまいます。

吹き込む息は、腹式呼吸の練習でも書きましたが、「息を1点に集中して吹き込む」ことを意識して、「息の量」をたくさん吹き込んでやることで汚い音にならなくなり、音も太くなります。

「息の量」をたくさん吹き込むようになると、息が広がって音が汚くなりやすいので、「息を1点に集中して吹き込む」ことが非常に重要になってくるわけです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

奏法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<低音域の音 | HOME | 高音域の音>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。