ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

正しい音程での発音

今日は、サックスを吹く時の「正しい音程での発音」について書いてみたいと思います。

 サックスという楽器は、他の楽器に比べると音程の変わりやすい楽器で、例えばアンブシュアが少し変化するだけでも音程が上がったり下がったりしてしまう楽器です。
 
 過去の記事にも書きましたが、気温の変化によっても音程が変わったり、サックスの楽器自体の個体によっても音程のばらつきの少ないしっかりした個体から、人間では「オンチ」と呼ばれるような音程の悪い個体まであるというほどサックスという楽器は音程の不安定な楽器なのです。
 
 個体差の少ないバランスのいい楽器を吹くとしても、サックスを吹く場合には、正しい音程で楽器をコントロールしてやる必要が出てきます。

  一番音程を簡単にコントロールしやすいのがアンブシュアですよね。アンブシュアをタイトにすると音程は上がりますし、緩めてやると音程は下がります。後は息のスピードを速くすると音程は上がりますし、遅くしてやると音程は下がります。

 多少の音程の変化であれば、このアンブシュアと息のスピードでコントロールしてやる訳ですが、かなり音程を大きく変化させないといけない場合は、替え指を使って音程を変えたりして調整してやります。

 音程のコントロールは、このような感じでしてやればいい訳なのですが、今日は「正しい音程での発音」ということで、正しい音程でサックスを吹くためにはどうすればよいのか?ということについて触れたいと思います。

 サックスという楽器は、ピアノのように鍵盤を叩けば正しい音程の音が出ないところが難しいですよね。

 人間の声と同じで、その人の音感が狂っていたりすると、音程の悪いオンチな演奏になってしまいます(笑)

 過去の記事にも書きましたが、正しい音感を身につけるために、チューナーとかで実際に正しい音程の音を出して、その正しい音程の音を耳でよく聴きながらロングトーン練習を積むことで、正しい音程の音を身体に覚えこますのが非常に効果的な練習ですね。
 そして、正しい音程の音感がついたら、今度はその正しい音程で発音することです。
   
 オクターブキーを押さない、右手だけを使った中音域が一番音程も安定してて、初心者の方は一番吹きやすい音域ですよね。 逆に発音や音程を取るのが難しいのは、下のレ(Low D)から最低音までの低音域とオクターブキーを押して右手だけを使う高音域です。

 まず、「下のレ(Low D)から最低音までの低音域」は、息のスピードは高音域ほど必要ないのですが、アンブシュアを縦に緩めて口の中の容積をしっかりと取ってやり、息を「ホォーーーー」という感じでお腹から息を支えてやるような感じでしっかり吹き込んでやらないと、音がひっくり返ったりして、ちゃんと音が発音できないと思います。

 この低音域を吹く時は、アンブシュア、口の中の状態、息の入れ方に注意して息を吹き込んでやるのですが、正しい音程で発音するために、頭の中で正しい音程をイメージしながら発音してやることで、より音が出しやすくなると思います。

 頭の中で、「レ、ド#、ド、シ、シ♭」と正しい音程の音をイメージして、その正しい音程の音を狙って発音することで、音がひっくり返ることも少なくなります。
        

 上の音から順番に半音階で下がっていくと低音域が出しやすいので、最初は半音階スケールで練習されるといいと思います。

 そして、低音域の発音に慣れてくると、今度はロングトーン練習で、音の出だしから低音域の音を発音して長く伸ばす練習をします。この時は、低音域を出す時のアンブシュア、口の中の状態、息の入れ方を身体で覚えておいて、正しい音程をイメージして、音の頭から「発音する音を狙って」音を出します。

 初心者の方ですと、最初は低音域の音を発音するのに苦労されると思いますが、このように、何度も繰り返して発音練習をすることで、低音域を吹く時の感覚を体に覚えこませることが大切ですね。

 次に、「オクターブキーを押して右手だけを使う高音域」の発音についてです。オクターブキーを押した「ラ」よりも上の音になってくると、息のスピードがより必要になってきますので、息のスピードが足りないと音程も下がってきますし、それをカバーするためにマウスピースを強く噛んでしまう傾向が出てきてしまいます。

 息のスピードと噛み過ぎについては過去の記事で触れましたが、ここは高音域の音程と発音について書きたいと思います。  サックスの高音域は、息のスピードをつけて噛まないアンブシュアでしっかりと息を吹き込んでやる訳ですが、高音域もさきほど触れた低音域と同様に、正しい音程をイメージして、音の頭から「発音する音を狙って」音を出してやる必要があります。

 正しい音程のイメージが頭にないと、高音域を吹いた時に音程の悪い、聴くに耐えないような音になってしまいます(笑)

 よくあるのが、「ヒェ~~~~~」とか、「ヒャ~~~~~」とかいう感じで、高音域の音程が高く上ずっていまうケースです。

 これは、息の向きが上向きになっていたり、息のスピードが足りないことも原因としてあるのですが、頭の中にある高音域の音程のイメージが「高音域はものすごく高い音」というイメージを持っていると、高音域は出しにくいという意識が働いて、余計に音程が上ずって不安定になってしまいます。

 正しい音程は、そんなに頭でイメージしているほど高い音ではないことが分かれば、高音域の上ずりもマシになってくると思いますので、正しい音程の音をピアノなどの鍵盤や、チューナーで音を出してよく聴いてみて、サックスで高音域を吹く時には、吹く音がそんなに高い音ではないことを意識してみましょう。

 もうかなり下火になりましたが、お笑いで「世界のナベアツ」が、「1、2、サン!!、4、5、ロク!!・・・」って、3の倍数のところだけ甲高い声を出すというギャグがありますよね?(笑)

 少し例えが変ですが、サックスで高音域を吹く時の高音域の音程の高さのイメージは、そのナベアツのギャグの3の倍数のような、他の音に比べてかなり高い音程のような印象を持ってしまってるのではないでしょうか?(笑)

 下の音から、「ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ、ソ・・・」と吹いていって、その上の「ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ」の辺りの音になると、音も出しにくくなってきますので、頭の中では「ものすごく高い音」というイメージを持ってしまいやすいと思います。

 また、その高音域の音階を声に出して歌ってみた時にも、声の低い人とかですと音が高くて声が出ない場合もありますので、声が出ないと同じように頭の中では「ものすごく高い音」というイメージを持ってしまうと思います。

 でも、実際は高い声や高い音が出しにくいだけで、実際の音はそれほど高い音ではありませんので、正しい音程の音をよく聴いて、高音域を吹く時は1オクターブ下げたぐらいの音の高さのイメージを持って吹いてやると、不思議なことに高音域が上ずらなくなってくると思います。


 少し長くなってしまいましたが、「正しい音程での発音」で大切になってくることは、

  ・正しい音程を知り、頭でイメージする
  ・高音域は、音が高いというイメージを持たない
  ・低音域は、何度も吹いて、アンブシュア、口の中の状態、息の入れ方の感覚を覚える
  ・高音域、低音域ともに、その音を頭でイメージして狙って吹く

 以上のようなことがポイントになってくると思います。

 少し概念的な話になってしまいましたが、頭でイメージしながら吹くことは非常に大切ですので、みなさんもぜひ頭でイメージしながら練習していきましょう。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

音程 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<ZOOM H4 | HOME | 息継ぎ (ブレス)>>

この記事のコメント

>takaさん
ありがとうございます!
さっそくその練習方法でがんばります(*^^*)
2013-06-24 Mon 12:54 | URL | yurisophone #-[ 編集]
> yurisophone さん

こんばんは。Taka です。

音程のズレを聞き分けるのは、小さな頃からピアノを習っているとか、音感を鍛えるトレーニングを積んだ人じゃないと、普通の人ですと結構難しいと思います。

私も中学1年からサックスを始めましたが、それまでは楽器も何もやってませんでしたので、音程の違いを耳で聞き分けて音程を合わせるのは結構苦労しましたよ。

ということで、音感を鍛えるには耳で聞いて音を合わせるトレーニングを積むしかありません。

音程の記事でも書いていますが、まずは正しい音程の音をしっかり聞きながらロングトーン練習をしましょう。

ただロングトーンをするのではなく、チューナーや鍵盤楽器で正しい音程の音を出して、その音に合わせて自分が吹いた時に、チューナーの音と自分の音が1つに聞こえるように練習します。

チューナーや鍵盤楽器から出てくる音に対して、わざと音程の大きく違う音を吹いてみると、音のうねりが聞こえるのが分かりますか?

音程が大きく違うと、音のうねりというよりは、音が濁って聞こえると思います。

そこから音程を合わせていくと、音のうねりがだんだんなくなってきて、ピッタリと音程が合うと音が1つの音に聞こえるようになると思います。

アンブシュアを大きく緩めてみたり、ギュッと締めてみたときに、自分の合わせようとしている音に対して、どんな風に聞こえるか、また音程を変化させた時の聞こえてくる音の濁りやうねりがどのように変化しているのかを注意深く聞いてみて下さい。

そして、音が1つに聞こえるポイントでアンブシュアを固定させて、その時のアンブシュアが締めすぎている状態であれば、音程が低いということですのでマウスピースを少し詰めないといけないですし、アンブシュアをかなり緩めている状態ですと音程が高いということですので、マウスピースを少し抜かないといけないということになります。

そして、自然なアンブシュアで吹いた時に、音が1つに聞こえる状態が楽器のチューニングが合っている、つまり音程が合っている状態ということになります。

この練習をしっかり積んでいくと、音程が合っているのがどういう状態かが分かるようになります。

最初は、音程のズレを感じるのが難しいと思いますが、この音の濁りやうねりを耳でしっかりと感じ取って修正するトレーニングを積んでいくと、耳が鍛えられていきますので、わずかな音程のズレも分かるようになってきます。

当ブログの【音程】のカテゴリの記事に、音感を鍛えるトレーニングについても書いていますので、読んで参考にしてみて下さい。


大変だと思いますが、地道な練習が必要ですので頑張って下さいね!

2013-06-24 Mon 00:42 | URL | Taka #-[ 編集]
以前も質問させていただきました。
お礼もせずすみませんm(__)m
バリサク担当で、そのときは中3でしたが高1になりました!

サックスは初めて6年目なのですが
吹いていて、他の人と自分の音が、音程がどうずれているのかわかりません。
周りの音も自分の音も聴こえているので、たぶん音感が狂っている?んです(泣)

アンブシュアや息のスピードで調節することはできるのですが、20セント以下の誤差だと合ってるのかすらわかりません。
音感を直す?というか、音程がわかるようになるにはどうすればいいでしょうか?
2013-06-24 Mon 00:17 | URL | yurisophone #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。