ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

月ノ光

今日はリガチャーについて書きたいと思います。

いつもお世話になっている楽器店(JEUGIA梅田ハービスENT店さん)に行ってきたのですが、店員のお姉さんに「是非試して頂いて感想を聞きたいと待ってたんですよ!」と言われて試奏したリガチャーを紹介したいと思います。

その名も雅(みやび)な、「月ノ光」です。

月の光1


このリガチャー、完全ハンドメイドのリガチャーだそうで、京都のJEUGIA本店と、JEUGIA梅田店でしかまだ扱ってないそうです。

生産元を聞いたのですが、京都にお住まいの方がハンドメイドで作成してJEUGIAさんに持ち込んだ製品だそうで、完全ハンドメイドだそうです。

この外観から想像するに、京都っぽい雰囲気がしますね。

月の光2


このリガチャーは、ロブナーの革リガチャーがベースになっているそうで、リードの接触部分は、革のヒモが張り巡らされ、両サイドの黒い革の部分は2重構造になっていて、中には薄い銅版が入っています。

リガチャーの特性を正確につかむために、私がいつも愛用している BG Traditional との吹き比べで試してみました。

【試奏データ】
リガチャー: 月ノ光
マウスピース: Selmer S90 180
リード: Vandren Traditional 3 1/2
楽器: Selmer SA-80Ⅱ(SERIEⅡ)


【試奏感】
リードを付けてネジを締めると、リードの当たる革紐の部分がキシキシと革のこすれる音がして、リードが革紐でしっかりと固定される感じがして、心地いい感じがしますね。

最初に、BG Traditional で吹いた後に試してみたのですが、BG で吹いた時の音の響きがキレイに取れた感じで、まさにジャズ奏者の好きなダークで乾いた音がしますね。

両サイドの革の内側に銅版が入っているためか、音色は柔らかくてマイルドな感じになります。

響きの押さえられた、ダークでマイルドで乾いた音がするリガチャーです。

お値段は、さすがに少しお高めの、\18,060- です。

完全ハンドメイドの他にはない珍しいリガチャーですので、注目度はかなり高いと思います。

私はクラッシックがメインですのでこのリガチャーは出番がありませんが、ジャズをされている方には個性的で魅力的なリガチャーではないでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

リガチャー | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<Bois | HOME | ZOOM H4>>

この記事のコメント

>月ノ光の作者 様

初めまして。Taka です。
コメントありがとうございます。

まさか、作者の方にコメント頂けるとは思っておりませんでしたので、光栄に思っております。

この紐は、革紐ではなくて、綿の特殊な紐だったのですね。

ロブナーをベースに・・・というコメントはお店の人が言っていたのですが、同じタイプということだったのですね。

元がクラリネットのリガチャーで製作されたとのことで、興味深いです。

これからもまた新しいリガチャーができましたら、是非とも試奏させて頂きたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。


Taka
2009-03-06 Fri 01:34 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
試奏して頂 有難うございます月ノ光の作者です。

このリガチャーはクラリネット用として作りました。
ドイツ式の紐で巻くタイプの暖かく深い音色を目指して制作いたしました。

ログナーをベースにと記載されておりますが、締めるネジが同じタイプで、ベースにはなっている訳ではありません。

それと、このリガチャーは皮ひもではなく綿の特殊な紐を使用しています。

あまりきつく締めすぎると本来の性能引き出せず暖かな音色が消えてしまいます。
締めすぎずリードが動かない程度で十分です。
一度締め方を色々変えて試してみてください。

因みに、クラリネットのリガチャーは元N響内山氏と横川氏に絶賛していただき現在も使用して下さっておられると思います。

リガチャー工房 月ノ光 moon shiner


2009-03-05 Thu 00:05 | URL | moon shiner #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。