ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

息のスピード

サックスを吹く時の息のコントロールで最も大切なのは、「息のスピード」です。

息のスピードが足りないと、音程が下がってきたり、細くて汚い音になったりして、豊かで太い音が出なくなってしまいます。

サックスでは、高音域ほど息のスピードが必要になってきます。

つまり、音が高くなるにつれて、スピードの速い息を吹き込んでやらなければなりません。

息のスピードコントロールの方法ですが、息を吹き込む時の口の中の状態を変化させることで、息のスピードを速くしたり遅くしたりします。

息のスピードを速くするためには、息を吹き込む時の口の中の容積を減らしてやって、息が勢いよく口から吐き出せるようにするのです。

ちょうど、ホースで水遣りをする時に、ホースの口をつまんでやり、ホースから出る水を遠くに飛ばす原理と同じです。ホースから出る水の量は変わりませんが、ホースの口をつまんでやることで水にスピードがついて、水がより遠くに飛ぶようになる、あの要領です。

このホースの原理と同じで、口の中の状態を、「オー」と発音した時の口の状態から、「ウー」、「イー」、「キー」と発音した時の口の中の状態に変化させていくことで、息のスピードがだんだん速くなっていきます。

息のコントロールのところでも触れましたが、サックスの低音域では「オー」、中音域では「ウー」、高音域では「イー」、さらに高いフラジオ音域では「キー」と発音した時の口の中の状態にしてやり、音が高くなっていくごとに息のスピードを速くしていきます。

もっと分かり安い表現ですと、口笛を吹く時の口の中の状態と同じです。

口笛では、低い音を出す時は口の中の容積は多くなっていますが、高い音を出そうと思えば、口の中の容積を減らして、口の中を狭くしないと高い音が出ないと思います。

また、口の中の容積が多い、つまり口の中が広くなっている状態では高い音は出せないと思います。

サックスの場合はキーを押さえることで音を変えられますが、口笛の場合は口の中の状態を変えて音の高さを変えなければならないので、正確に言えば音を変化させる仕組みが違いますが、口の中の状態の変え方の要領では同じ要領です。

この口の中の状態を変えて息のスピードをコントロールする際の注意点ですが、口の中の容積を増やしたり減らしたりすることで息のスピードを変化させますが、マウスピースをくわえたアンブシュアは変化させてはいけません。

口の中の状態を変えると、口の中の容積を減らしていくにつれて、マウスピースを上下に強く噛むアンブシュアになりやすいので、アンブシュアはしっかりと固定して動かないように十分注意しましょう。

口の中の容積を増やしたり減らしたりするには、「オー」「ウー」「イー」「キー」と舌の位置を上下することでコントロールできると思います。

また、「イー」と「キー」の時は、口の両端を横にひっぱって横型の口にならないように注意しましょう。

アンブシュアのところでも触れましたが、口の両端は口をすぼめるような感じでマウスピースをまわりから包み込むような感じにしないといけないので、「イー」と「キー」の時は、舌の位置だけを上げてやって口の中の容積を減らすようにしてみて下さい。

少し難しいかも知れませんが、息のスピードをコントロールすることは非常に大切ですので、毎日の練習でしっかり練習しましょう。

最初は意識して口の中の状態を変化させて息のスピードコントロールをする練習をしないといけないかも知れませんが、慣れてくると、音域が変わると自然に体が必要な息のスピードを覚えるようになりますので、意識しなくても自然にその音域を吹く時の口の中の状態が作れるようになると思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

| コメント:7 | トラックバック:0 |
<<高音域の音 | HOME | 息のコントロール>>

この記事のコメント

> きなこもちさん

こんばんは。はじめまして。管理人の Taka です。

返信が遅くなってすみません。

クラリネットを吹いている方にも見て頂いているとのことで、ありがとうございます。

さて、息のスピードについてですが、管楽器であればサックスだけに限らず、金管楽器でも木管楽器でも注意するポイントは同じです。

私はサックス以外にも、トランペットなどの金管楽器も吹けますが、息のコントロールについては同じ要領で、高い音域ではスピードのある息が必要になります。

「ホースの水をイメージする」ことについては、当ブログでも触れていることですね。

口の中を狭くしてやることで口から出る息のスピードが速くなりますので、ホースの先をつまんで水の出口を狭くすることで出てくる水のスピードを速くしてやるのと原理は同じです。

もちろん、息にしっかりと圧力をかけてやることも必要ですが、高音域では息の通り道である口の中を狭くして、吐き出す息のスピードが速くなるように意識して練習してみて下さい。

つまり、結論としてはサックスとクラリネットでは少しアンブシュアは違いますが、息の使い方は同じです。


頑張ってくださいね!
2014-03-17 Mon 02:07 | URL | Taka #-[ 編集]
初めまして、クラリネットを吹いている高校生です。

私はいつも先輩に、特に高めの音を吹いている時に「息のスピードが足りない」と言われています。解決方法として「ホースの水をイメージして」と言われたのですがイメージがわかず、ただかける圧力をあげていたら「音が汚い」と言われどうしていいかわからなくて困っているときにこの記事を見つけました!前置きが長くなりましたがこの記事の話はクラリネットにおいても同じことなのでしょうか?
2014-03-04 Tue 01:52 | URL | きなこもち #dqCzc6fo[ 編集]


何度もすみませんでした!これからは夏の大会もあるので気合いを入れて頑張ります!



ありがとうございました。


2009-04-02 Thu 21:15 | URL | はる #-[ 編集]
実音A♯ということは、最高音のF♯の音ですね。

最高音はかなりの息のスピードが必要になりますので、口の中も極端に狭くしてやる必要があります。

息の量よりもスピードを意識して、「キーーッ!!」と発音するぐらい口の中を狭くして、息を針の穴に通すような感じでスピードのある息を鋭く吹き込むような感じにすることで、出やすくなると思います。

この鋭く息を吹き込む要領は、フラジオ奏法でも必要になってきますので、しっかり練習されるといいと思います。

音がキツくなるようであれば、口の中を狭くしたままで息のスピードを保ったまま、息の量を気持ちだけ減らしてやると音のキツさが緩和されると思います。


頑張って下さい!
2009-04-02 Thu 21:06 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]

質問に答えてくださって、ありがとうございます!


最後に質問で、私は高い方の音になると音がきつくなったり、上手く出せなかったりします。


特にいちばん高いA♯の音は鳴るときと鳴らないときがあります。




息のスピードで変わるんでしょうか?


2009-04-02 Thu 20:42 | URL | はる #-[ 編集]
はるさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。

口の中の状態のことですね。
もちろん、スケールの時でも、「低音域→中音域→高音域」と音域をまたいでいく場合には、その音域に合わせて口の中の状態を変化させてやります。

「イー」、「キー」の部分は、「ユー」、「キュー」という発音の方がいいかも知れません。

これは、「イー」、「キー」の発音を忠実に守ると、アンブシュアが口を横に引いた横型のアンブシュアになってしまったりするからです。

はるさんは、「口の形」と書かれていますが、正確には「口の中の状態」です。
つまり、アンブシュアはしっかり固定して動かさないままで、口の中の状態だけを変化させてやるわけです。

この記事では、分かりやすいように発音を書きましたが、要は音が高くなるほど口の中を狭くしてやり、音が低くなるほど口の中を広くしてやるということです。

スケールですと、徐々に口の中の広さを広くしたり狭くしたりしてやりますが、オクターブ上と下の音が続いているような跳躍の音の場合は、「ウ、オ、ウ、イ、ウ、イ・・・」といった具合に、口の中の広さを極端に変化させてやる必要が出てきますし、そうしなければ音が跳躍した時に、音が裏返ってしまったりしてちゃんと出なかったりします。

以上、参考になれば幸いです。
2009-04-02 Thu 19:44 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
こんにちは!
私はアルトサックスを吹いています!


息のスピードのことについて読ませて頂きましたが…

スケールのときも「オー」
とか「ウー」とか「イー」という口の形に変えるんでしょうか?

2009-04-02 Thu 19:20 | URL | はる #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。