ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

高音域の音

「息のスピード」の記事でも触れましたが、サックスで高音域の音を吹く時は、「息のスピード」が必要になります。

きれいな高音を出したい、高音域の音が痩せて貧弱な音がするなど、サックスで高音域を吹く時に悩みを抱えている人は多いと思います。

サックスで高音域を吹く時には、「息のスピード」が必要になるわけですが、初心者の方や中高生の方などに多く見られるのは、高音を吹く時に息のスピードが足りないため、音程が極端に下がったり、不安定で情けない音が出てしまったり、汚い音が出てしまうために、それをカバーしようとして、マウスピースを上下に強く噛んでしまうことです。

サックスは、リードを振動させて音を出す楽器で、低音域ではリードの振動幅が大きくなり、高音域ではリードの振動幅が小さくなります。

つまり、息のスピードが足りないのを下唇でリードを強く噛むことによって、リードの先端部分だけを振動させて、高音域の小さなリードの振動幅を無理矢理作り出すことで高音を鳴らそうとします。

その結果として、高音域は細くて痩せた貧弱な音になってしまい、下唇の裏側は強く噛むことで歯型がついて、ひどい場合は下唇の裏側が切れて出血したり口内炎になってしまったりします。

このように、マウスピースを上下に強く噛むことは、リード全体が振動するのを妨げるだけでなく、音程も非常に高くなってしまい、マウスピースから息が入りにくくなってしまいますし、下唇を傷めるだけで百害あって一利なしです。

また、厄介なことに、この下唇でリードを強く噛んでしまうことは、一度癖がついてしまうとなかなか直りません。

もしも、身に覚えのある方は、すぐにでもマウスピースを上下に強く噛んでしまう癖を治す努力を始めるべきです。

豊かでよく響くきれいな高音を出したいと思うのであれば、まずはマウスピースを上下に強く噛むことを止め、マウスピースから息がたくさん入る状態を作るようにして下さい。

下唇は、リードを支えるクッションの役割をしますので、マウスピースは上下に強く噛まず、リードは下唇だけで支えてやるような感じにしましょう。

そして、「息のスピード」を上げる練習に励みましょう。

息のスピードコントロールについては、すでに別の記事で触れました。

サックスの高音域でよく響くきれいで太い音を出すためには、口の中の容積を減らしてやって、スピードのある息を1点に集中させて高音域を吹くように奏法を変えてみて下さい。

いつもの癖でマウスピースを強く噛んでしまいそうになると思いますが、そこをぐっと我慢して、最初は汚い音が出たり、音程が下がってしまってもいいので、とにかくマウスピースを上下に強く噛まない習慣を定着させましょう。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

奏法 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<中音域の音 | HOME | 息のスピード>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-07-15 Sun 22:20 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。