ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

高音域のアンブシュア

今日は、高音域のアンブシュアについて書いてみたいと思います。

アンブシュアに関する記事はこれまでに色々と書いてきましたが、今回はアンブシュアを音域によって微妙に変化させるというところに視点を当てて書いてみたいと思います。

アンブシュアの基本は、これまでの記事を参考にして頂けると分かると思いますが、アンブシュアは音域によって微妙に変化させてやる必要があります。

低音域を吹く時は、リードの振動幅が大きくなりますので、アンブシュアもそれに合わせて緩めてやる必要がありますし、逆に高音域を吹く時は、アンブシュアをぎゅっと絞ってやる感じで、タイトなアンブシュアにする必要があります。

低音域の時にアンブシュアを緩めてやるのは割と楽ですが、逆に高音域の時にタイトなアンブシュアにするのが結構難しいと思います。

今までの記事にも書きましたが、この「タイトなアンブシュア」というのがクセモノで、これを勘違いすると「噛み過ぎのアンブシュア」になってしまいます。

以前の記事にも書きましたが、腹式呼吸がちゃんとできていな人は、吹き込む息の圧力が不足していたり、息のスピードが足りなかったりするので、高音域を吹く時にはマウスピースを上下に強く噛む「噛み過ぎのアンブシュア」で高音域の音を出そうとしてしまいます。

そうなってしまうと悪循環で、高い音は貧弱な音しか出ず、ペラペラの薄っぺらい音で、音も響かなくなってしまいます。

高音域では、アンブシュアを「タイトなアンブシュア」にする必要があるのですが、この「タイトなアンブシュア」とはどういうアンブシュアを言うのかということですが、タイトなアンブシュアは、マウスピースを上下に強く噛むということではなく、マウスピースを包むようにしてくわえている唇を、きんちゃく袋の口をぎゅっとしぼるような感じで、マウスピースの周りから均等な力でぎゅっと締めてやるようにします。

この「きんちゃく袋の口をぎゅっとしぼるような感じで、マウスピースの周りから均等な力でぎゅっと締めてやる」のは、感覚を覚えるまでは、ついついマウスピースを上下に強く噛んでしまいそうになったりするのですが、ちょっとしたことに気をつけるだけで、すぐにできるようになります。

何を気をつけてやればいいかと言えば、「唇をぎゅっとしぼる時の唇への力の入れ方」です。

アンブシュアの基本は、マウスピースを周りから均等な力で包み込むようにくわえます。
そして、高音域になるにつれて、アンブシュアをタイトにしぼっていくのですが、このアンブシュアをしぼるときに、唇を上下に噛むようにしぼるのはNGです!

唇を上下に噛むようにしぼると、高音も出やすくなるのでついついそうしてしまいがちですが、上下に噛むようにしぼることよりも、「左右から内側に向けて唇ぎゅっとしぼるようする」ことの方を意識しましょう。

上下にしぼるのは簡単ですので、意識しなくてもできますが、左右から内側に唇をしぼるのは意識してやらないと以外と難しくてなかなかできません。

左右から内側に唇をしぼるのには、頬の筋肉を使いますので、最初慣れないうちは、頬の筋肉が疲れて痛くなってきたりしますが、練習を積んでいくうちに頬の筋肉が鍛えられますので、徐々に痛くなくなっていくと思います。


何が言いたいかと言うと、左右の唇のしぼりの方だけを意識してやるぐらいで、ちょうどいい具合にタイトなアンブシュアになるということです。

唇をしぼる練習をするには、ボールペンなどの細くて長い棒を口にくわえて、歯で噛まずに唇だけでくわえて、くわえた棒が下にさがらないように水平に保つようにすると頬の筋肉が鍛えられます。

このトレーニングは、結構キツくてこたえますよ(笑)


アンブシュアは、口の左右を内側にすぼめるのがすごく大切なんですよ。

低音域では、口の上下を緩めてやり、口の中は広げていって、発音で言うと「ウーーー」、「オーーー」という感じにしていきますが、口の左右は内側にすぼめておくのは高音域と同じです。


このように、口の両端(左右)を内側にすぼめることを意識すると、頬の筋肉をよく使うようになりますので、頬の筋肉が鍛えられるまでは、吹いてると頬が痛くなってくると思いますので、痛くなったら休憩を取って、指でマッサージをしてほぐしてやるようにしましょう。


・・・ということで、少し話がそれてしまいましたが、今日は高音域のアンブシュアについて書きました。


アンブシュア、難しいですね。

みなさんも苦労するところだと思いますが、頑張って練習していきましょう!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンブシュア | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<喉を開く?! | HOME | BAY GP 14K (テナー用)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。