ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

喉を開く?!

今日は、「喉を開く」ことについて書いてみたいと思います。

サックスを吹くときに、よく「喉を開く」という表現を耳にすることがあると思います。

喉を開くと、音がまろやかになる、音がよく響くようになる、音が豊かになるなど、学生のみなさんは先輩から「喉を開く」ということを教えられた方もいるのではないでしょうか。

この「喉を開く」という表現ですが、実際に喉を開いているというよりは、口の奥の方を広げていると言った方が分かりやすいかも知れませんね。


実際に「喉を開く」ことを意識して実践している方は分かると思いますが、音色がまろやかになり、音がよく響くようになります。

これは、お腹から吹き込む息が口の奥の方を広げてやることで、息の流れがそこでゆるやかになり(息のスピードが少しゆるやかになります)、音色に柔らか味が出ますし、サックスの音が口の奥の広げた部分から喉の奥の方まで音が共鳴し、音がよく響くようになります。

サックスの音は、息の吹き込まれたマウスピースより先で鳴っているように見えますが、リードの振動音はマウスピースより先の楽器の部分だけではなくて、口の中から喉の奥、そして上の前歯をしっかりマウスピースに当てて吹きますので、音の振動は上の前歯を伝って、顔の骨から顔全体にも共鳴しています。

ですので、アンブシュアでは上の前歯をマウスピースにしっかりと当てることで、音の響きもよくなりますし、喉を開くとさらに音の響きがよくなります。

また、顔の輪郭は人によってそれぞれ違いますので、顔の骨に共鳴している音の響きは、人によって音色が少しずつ違ってくるようです。

面白いですよね(笑)

さてさて、話を元に戻しましょう。


この「喉を開く」ということについてですが、喉を開いてと言われても直感的によく分からない人も結構いるのではないでしょうか。

私も、この「喉を開く」という言葉自体は、自分ができるようになってから後から聞いた言葉ですので、「あぁ、このことか・・・」とすぐに分かるのですが、すぐにピンと来ない人のために、いくつかの表現を紹介します。


私が、喉を開くことを教えるときには、以下のような表現を使っています。

・口の中で、舌の奥の方をぐっと下にさげて下さい。

・口を閉じた状態で、あくびを我慢したときのような口の中の状態にして下さい。

・オペラ歌手の真似をして、歌を歌う時のような口の中の状態にして下さい。

・舌の先を上の歯の裏側に付けて、そのままの状態で息を吐き出そうとして下さい。(息は舌でせき止められているので出ません)


といった感じで、だいたいは上記の4つの表現で、「喉を開く」ことを覚えてもらいます。

みなさんに分かりやすい表現はありましたか?


いずれの表現も、口の奥の方を広げるような感じになると思います。

この「喉を開く」ということは、私が息のスピードコントロールのところで書いている、「口の中を広げる」、「オーーー」という発音の時の口の中の状態にすることと似ていますが、少し違います。

違っているのは、「口の奥の方」を広くする点です。

高音域を吹くときは、口の中を狭くしてやって、息のスピードを速くしてやりますが、この時に「口の奥の方」を広くしてやることで、高音域の音がよく響くようになります。

口の中を狭くして、口の奥の方(喉に近い部分)だけを広くしてやるのは結構難しいですが、慣れてくるとできるようになってきます。

舌の先端部分を上の歯の後ろの歯茎の部分に当てて、ほんの少しだけ息の通る隙間を作ってやれば、そんな感じになると思います。

舌の先端を上の歯の後ろの歯茎の部分につけたままで、舌の真ん中よりも後ろの部分を上げたり下げたりしてみると感覚がつかみやすくなると思います。

そして、マウスピースをくわえたときは、この舌の先端部分を上の歯の後ろの歯茎の部分ではなく、マウスピースとリードの先端部分に当ててやるようにすればいいのです。


このような口の中の状態で、息を入れる時に、舌の先端をマウスピースとリードの先端からほんの少しだけ離してやると、口の中が狭くなって息のスピードが速くなりますし、大きく離してやると息の通り道が広くなりますので、息のスピードがゆるやかになります。


少しややこしくなってしまったかも知れませんが、「喉を開く」ことと「口の中を広くする」ことの違いが少しでも分かって頂けたでしょうか?


整理してみますと・・・

・口の中を広くしたり狭くしたりすることは、息のスピードコントロールのときに行う。

・喉を開くことは、リードの振動音を口の奥から喉にかけて響かせるために行う。

という風に考えた方が分かりやすいかも知れませんね。


私が、この「喉を開く」ことを覚えたのは、ちょうど中学3年生の時だったと記憶しています。

プロのサックス奏者のレコードを聴いて、あれこれと試行錯誤しながら吹いているときに、口の奥の方を広くしてやると音がまろやかになって、よく響く音になることに気付いて、合奏中にもよく意識しながら吹いていた記憶があります。

ただ、その頃はまだ腹式呼吸がちゃんとできていませんでしたので、音がまろやかになってそれまでよりは柔らかい音色にはなりましたが、音自体はそれほど響く音にはなりませんでした。

そして、高校2年生のときに、腹式呼吸のコツがつかめるようになって、お腹から圧力のある息がしっかりと吹き込めるようになってきたときに、楽器がよく鳴る、音がよく響くようになってきました。


ですので、この「喉を開く」ことに合わせて、腹式呼吸がしっかりとできるようになることで、まろやかでよく響く音になってくると思います。


今回は、「喉を開く」ことについて書いてみましたが、いかがだったでしょうか?

みなさんも、この「喉を開く」ことを意識して、口の奥の方まで自分の吹いている音を響かせるような感じで練習してみて下さい。


サックスの上達には、日頃からの練習の積み上げが必要です。

なかなか上手くいかなくても、簡単に諦めずにコツコツと頑張りましょう!!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンブシュア | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<音がベーベーと薄っぺらい音になってしまう | HOME | 高音域のアンブシュア>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。