ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

密度の濃い息

今日は、「密度の濃い息」というタイトルで書いてみたいと思います。

普段、何気なく口から吐いている息ですが、特に何も意識しないで息を吸って吐いている息と、自分で意識して「密度の濃い息を吐いてみよう」と思って吐く息には違いが出てきます。

サックスを吹く時には、普通にマウスピースからただ息を吹き込んだだけではもちろんいい音は出ません。

みなさんは、サックスを吹く時に、吹き込む息はどのような感じで息を吹き込むようにしていますか?


先生のレッスンに付いている方とかですと、いろいろと意識しながら息を入れる練習をしているのではないでしょうか。


サックスという楽器は、マウスピースにリードを付けて、息を吹き込むことでそのリードを振動させて音を出しています。

これは誰でもすぐに分かることだと思います。

しかしながら、いい音を出そうとしたときには、息の入れ方を工夫してやらないと、リードが効率よく振動してくれないため、「ベーーーー」といったような汚い音が出てしまったりします。

出てくる音をいい音にするためには、「正しいアンブシュア」で、「下唇のクッションを利かせ」て、「お腹から圧力のかかった息」を、「吹く音域に合わせたスピード」で吹き込んでやる必要があります。

例えば、高音域を吹く時には、口の中を狭くしてスピードの速い息を入れてやる必要がありますし、低い音では口の中を広くして、「ホォーーー」というような感じで、暖かい息を吹き込んでやるようにします。

このとき、高音域でも低音域でも、吹き込む息に共通することは、「密度の濃い息」を吹き込んでやることです。


では、「密度の濃い息」とはどのような息のことを言うのでしょうか?

「密度」と言えば、学校の理科の授業で出てきますよね(笑)


同じ体積の中に対象となる物質がどの程度の濃さで含まれているかを表すものが「密度」だったと思います。

私がここで言う、息の密度とは、理科に出てくる「密度」の意味とは少し違っていて、口から楽器に吹き込む息がギュッと圧縮されていて、「リードを効率的に振動させるのに適した息」のことを指します。

普通にマウスピースから息を吹き込んだ場合ですと、口から出た息が放射線状に広がってしまい、リードに息が当たっても、リードの振動が不安定になりますので、音が裏返ったり、息の力が分散されて、リードがうまく振動してくれません。

そこで、吹き込む息でリードを効率的に振動させるために、口から吹き込む息にお腹でしっかりと圧力をかけると同時に、口から出た息が広がってしまわないように、口から出る息の密度を濃くして楽器に吹き込んでやる訳です。

理屈で書けばこのように難しい書き方なりますが、もっと感覚的な感じで言えば、「濃い~~~~息」を吹き込んでやる感じですね(笑)

この「濃い息」というのは、別の記事でも書きましたが、「口から吐く息で硬い息の柱を作ってやる」という表現と意味は同じです。

吐く息で硬い息の柱を作ろうとすれば、自然と息を1点に集めるように吐かないとそうなりませんし、吐く息が広がってしまうと、柱のようにはなりません。


低音域を吹く時には口の中を広くして、「ホォーーーーー」という感じで、密度の濃い息で太い柱を作ってやるイメージで、高音域では、「フゥーーーーー」という感じで、同じように密度の濃い息で細い柱を作ってやるイメージです。

みなさん、イメージはつかめましたか?

高音域と低音域では、息のスピードが異なるだけで、目指すところは「太くて硬い息の柱」か、「細くて硬い息の柱」かの違いで、息の圧力、つまりここで私の書いている「息の密度」同じです。

この記事では、「密度」という言葉を使いましたが、要するに吐く息をまとめることが大切だということです。

いかがだったでしょうか。

このブログでは、実に様々な表現を使っていますので、中には混乱される方がいらっしゃるかも知れませんが、人によってしっくりくるという表現は様々ですので、「あの表現でやってみるとイマイチうまくできなかったけど、この表現の通りにやってみたら、いい音が出た!」ということがあると思いますので、色々と試してみて自分が一番いい音が出るという感覚を探ってみて下さい。

私も経験しましたが、この試行錯誤が非常に大切です。

今日よりも明日、明日よりも明後日と、自分の出したい音が出せるように頑張りましょう!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<10万アクセス突破!!! | HOME | あけまして、おめでとうございます!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。