ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

腹式呼吸が正しくできるということ

今日は、「腹式呼吸が正しくできるということ」について書きたいと思います。

腹式呼吸の重要性については、これまで私のブログで繰り返し取り上げてきましたが、腹式呼吸はできているが、音が以前とそれほど変わっていないという方もいるのではないでしょうか?

腹式呼吸はできているとは言われるのですが・・・ということで、腹式呼吸ができているのに、音の伸びや響きがイマイチで悩んでいるという方は、サックスを吹く上での腹式呼吸が正しくできていないということになります。

では、腹式呼吸が正しくできるということは、どういうことなのでしょうか?

私のこのブログで腹式呼吸の練習について書いていると思いますが、まず最初は「お腹で息をする感覚を覚える」ことから書いていると思います。

そして、腹式呼吸ができているのに、音の伸びや響きがイマイチだという人は、この「お腹で息をする感覚を覚える」ことはちゃんとできていて、息を吸った時もお腹でちゃんと息が吸えていると思います。

ところが、サックスを吹く上での腹式呼吸で大切なことは、「お腹で息をすること」と、もうひとつのポイントは息を吐く時にあります。私のブログの記事を色々と読んで下さっている方は、もうお分かりかと思いますが、「お腹から吐き出す息にしっかりと圧力をかける」ことができないと、サックスを吹く上での腹式呼吸が正しくできているとは言えません。

つまり、「腹式呼吸が正しくできるということ」は、お腹で吸った息にしっかりと圧力をかけて楽器に吹き込むことができるということなのです。

身体をリラックスさせて、お腹でしっかりと息を吸い込んで、息を吐く時はお腹を引っ込めずに、逆にお腹を前に突き出す感じでお腹に力をかけながら吐き出す息にしっかりと圧力をかけてやります。

この辺の要領については、過去の記事に詳しく書いてますので、参考にしてみて下さい。

例えば、せっかくお腹で息をちゃんと吸えているのに、息を吐く時にお腹を引っ込めながら吐いたり、口から息が出て行くときに、息が広がってしまったりする人は、お腹で息をする腹式呼吸ができていたとしても、実際の音に伸びがなく、響きも乏しい音になってしまいます。

音の大きさや響きなどは、奏者の身体の大きさや肺活量によって差が出てしまうことは確かにありますが、例えば背丈も小さくて、肺活量もそれほどないような女性の方でも、腹式呼吸が正しくできていて、吸った息に圧力がしっかりとかけてサックスを吹くことができれば、それなりに大きな音で響きのある音が出せるのです。

過去の記事で、韓国のサックス吹きの天才少年の演奏を紹介しましたが、彼のような背丈の小さな少年でも、あれだけの音量で響きのある音が出せるのは、まさに腹式呼吸が正しくできているということです。

肺活量の少ない女性の方や、背丈が小さくて身体もそれほどガッチリしてない人で、音が小さくて響かずに悩んでいる人は、お腹で呼吸をする感覚を覚えた後は、息を吐き出すときに圧力をしっかりとかけてサックスを吹くことを意識して練習してみましょう。

サックスは、リード楽器ですので、吐き出す息で効率良くリードを振動させることができれば、たとえ吐き出す息の量が少なかったとしても、大きくてよく響く音が出せるのです。

みなさんはいかがでしょうか?

お腹の腹筋が弱くて、息にそれほど強い圧力がかけられないという人は、その人なりに圧力のかかった息で十分振動するリードを選びましょう。このことが自分に合ったリードを選ぶということです。

もちろん、腹式呼吸が正しくできていないのに、いくらリードを柔らかいものにしても、音の伸びや響きは変わりませんし、変わるのは吹くのが楽になることぐらいです。

この点は勘違いしないように、吐く息は広がらないように1点にまとめるようにして、お腹でしっかりと圧力をかけて息を吹き込みましょう。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

腹式呼吸 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<リードの硬さと音色の関係 | HOME | Vandoren V12 (銀箱)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。