ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アンブシュアと腹式呼吸の関係

今日はアンブシュアと腹式呼吸の関係について書いてみたいと思います。

これまで私のブログでは、アンブシュアと腹式呼吸は別のカテゴリで記事を書いてきましたが、実はアンブシュアと腹式呼吸の間には大きな関係があります。

これはどういうことなのか?ということについて説明してみたいと思います。

アンブシュアで苦労される方がたくさんいらっしゃると思いますが、アンブシュアの作り方はいたって単純で、アンブシュアの記事を読んでもらうと分かると思いますが、私が一番最初に書いている「アンブシュア」の記事は、他の記事に比べると、説明している文章の文字数も少ないと思います。

正しいアンブシュアでマウスピースをくわえる時は、マウスピースを周りから包み込むようにしてくわえることや、口を「オー」と発音する時のように縦型の口にしてくわえることについても書いてきました。

そして、口の両端は横に引くスマイルの口にならないように、口の両端を内側にすぼめるようにするということも書いたと思いますが、今日のポイントは「口の両端を内側にすぼめるようにする」ことです。

では、なぜそれと腹式呼吸が関係しているのかということですね。

サックスを吹く時は、腹式呼吸を使って、吐き出す息にしっかりと圧力をかけてやるのですが、この「腹式呼吸を使って吐き出す息にしっかりと圧力をかけること」と、アンブシュアの「口の両端を内側にすぼめるようにする」ことが実は大きく関係しています。

「息の圧力」の記事でも少し触れたかも知れませんが、吐き出す息に思いっ切り圧力をかけてやるとどうなりますか?

特に口先をほんの少しだけ開いた状態で、その状態を崩さないように、お腹で息に圧力をかけて、思い切り息を吐き出してみて下さい。

楽器を吹くことは関係なしにして、とにかく自分の力ある限りの息の圧力をかけて息を吐き出して下さい。



みなさん、どうですか?

息にものすごい圧力をかけて息を吐き出そうとしますので、口先をほんの少しだけ開いていても、息の圧力に負けて、ほんの少しだけ開いた口先が広がってしまいそうになりませんか?

その状態のままで、口先の息の出る穴が広がらないように必死で我慢しながら、吐く息をお腹でぐいぐいと押すような感じで圧力をかけてさらに息を吐き続けて下さい。

もっともっと強く!!!!!です。



さてさて、みなさんはどうなりましたか?

おそらく、多くの人が口が横に広がって、口の両端から息が漏れてくるようになると思います。

そうなんです。人間の口は、上下に閉じる力は物を噛んで食べるので強いのですが、口の両端を内側にすぼめる力は弱いので、口から思いっ切り圧力のかかった息を吐き出そうとすると、口の両端の方が力が弱いので、息の圧力に負けて横から息が漏れてくるんですよ。

サックスのアンブシュアでも、腹式呼吸を使ってお腹でしっかりと圧力をかけた息をスピードをつけて入れようとすると、まだサックスを始めて間もない方や、噛み癖のついてしまっている方は、口の両端から息漏れがしてしまいます。

もしも、サックスを始めて間もない方や、噛み癖のついてしまっている方が、サックスを吹く時に、口の両端から息が漏れることがほとんどないということであれば、吹きこむ息にかける圧力がまだまだ足りないということだと思います。

腹式呼吸を使ってお腹からしっかりと圧力のかかった息が吹きこめている人であれば、口の両端から息が漏れないようにするために、無意識に口の両端を内側にすぼめて息漏れがしないようにすると思いますし、そうするとほっぺたの筋肉をかなり使いますので、長時間練習していると両方のほっぺたの筋肉が疲れてかなり痛くなります。

長時間練習していると、下唇の裏側に歯形が付いて下唇は痛くなるけど、ほっぺたは全然痛くならないという方は、まだまだ吹きこむ息の圧力が足りないと思った方がいいかも知れません。

ちなみに私の場合は、長時間練習していると、ほっぺたももちろん痛くなってきますし、それでも吹きこむ息に圧力がかかっていますので、疲れて口をすぼめる力が足りなくなってますので、口の両端から息がププププ・・・と漏れてきます(笑)

ということで、アンブシュアと腹式呼吸の関係が分かって頂けましたでしょうか?

アンブシュアと腹式呼吸の関係というよりは、アンブシュアと息の圧力の関係かも知れませんね。

「腹式呼吸を使って ⇒ 息の圧力をしっかりかけてやり ⇒ 息漏れしないように口の両端をすぼめる」

という関係だと言えば分かりやすいかも知れませんね。


アンブシュアで悩む人はかなりたくさんいると思いますが、アンブシュアで悩んで、くわえ方を意識しながら吹いていると、くわえ方や口の形ばっかりに気を取られるようになりますので、吹きこむ息が浅くなってしまったり、息にしっかりと圧力がかけられなくなってしまって、余計に悪循環に陥ることも珍しくありません。

私自身、アンブシュアの作り方はいたって単純でシンプルなものだと思っています。

もちろん、アンブシュアはサックスを吹く上で非常に重要な要素であることは間違いないことだと思いますが、私はそれよりも腹式呼吸を使って、圧力のかかった息をしっかりと吹きこんで、どれだけリードを効率よく振動させるかを意識した方が、音色や響きは格段によくなると思います。

私も、このことが自分の身体で分かるようになってからは、マウスピースを強く噛んで下唇が痛くなることも全くなくなりましたし、特に何も意識しなくても自然に正しいアンブシュアが作れるようになりました。

サックスを吹くのに必要な要素が身についてくると、長時間サックスを吹いた後の疲れ方も違ってきます。

サックスを始めたばかりで、まだうまく吹けない方とかですと、長時間練習するとまず下唇が切れそうで痛くてたまらなくなったり、姿勢が悪かったり身体の余分なところに力が入りすぎて肩がすぐにこったり、喉が疲れたりと疲れ方もいい疲れ方になりません(笑)

正しいアンブシュアで、腹式呼吸を使ってしっかりと息に圧力をかけて吹けるようになってくると、長時間吹いているとまずはほっぺたの筋肉が疲れてきて、ほっぺたが痛くなってきます。

そして、ほっぺたの筋肉が限界に近づいて来ると、口の両端から息がププププ…と漏れてくるようになります(笑)

まぁ、この疲れ方が自分でいい疲れだなぁ…と感じられるかどうかは疑問ですが(笑)

私の場合は、さらに最後に練習が終わって、楽器を片づける時に腹筋が疲れていることもよく感じますよ。


まだまだ若いみなさんですと体力もあると思いますので、私よりも元気だと思いますし、なかなか疲れないとは思いますので、私ほどは疲れを感じないかも知れませんが…(笑)


私も、この傾向は社会人になって、楽器を毎日吹いていた学生の頃と違って、週に1~2度の練習でほんの数時間しか吹く機会がなくなってからですね。

サックスを吹くのも、スポーツや運動と同じで、吹く時間が減ってしまうとダメですね。。。


私もさすがに最近では、アンサンブルで5分ぐらいの曲を1曲通しで吹いただけでもクタクタになってしまう始末です(笑)


さてさて、話がすっかりとそれてしまいましたが、いかがだったでしょうか?

アンブシュアに悩んでいる方は多いと思いますが、アンブシュアで悩んでしまったら、アンブシュアのことはしばらく横に置いといて、腹式呼吸を使って圧力のしっかりとかかった息を吹き込むことを意識して練習してみて下さい。

そうすることで、アンブシュアも自然な形ができて余分なところに力が入らなくなりますし、音色や響きもよくなってきますからね。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンブシュア | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<テナー、バリトンのソロCD | HOME | アルトサックス吹きの天才少年>>

この記事のコメント

> バウムクーヘンさん

こんばんは。管理人の Taka です。コメント、ありがとうございます。

口がすぐに疲れて音が揺れてしまうのは、マウスピースを強く噛みすぎているからだと思います。
噛み癖を直すには、口の両端を内側にすぼめることの方を意識されるといいと思います。

噛み癖を直すのには少し時間がかかるかも知れませんが、大切なことですので噛まずにいい音が出せるように頑張りましょう!

腹式呼吸を使って、息にしっかりと圧力をかけてスピードのある息が吹き込めるようになると、アンブシュアも噛まなくても楽に高い音が出せるようになりますし、音もよく響くようになります。

頑張って下さい!
2012-02-21 Tue 22:36 | URL | Taka #-[ 編集]
はじめまして、バウムクーヘンといいます。

現在高1で吹奏楽部でテナーサックスを担当している男子です。

初めてコメントさせていただきます。

今自分が悩んでいる課題とまったく同じで驚きました。

口が疲れて音が揺れてしまいます。噛みぐせ、腹式呼吸等もう一度見直します。

また、質問させていただくかもしれませんがよろしくお願いします。
2012-02-21 Tue 00:12 | URL | バウムクーヘン #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。