ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オススメのリードケース

今日はミストなオススメシリーズで、私も愛用しているRICOのリードケースを紹介したいと思います。

私も、もうかれこれサックスを始めて30年以上が経ちましたが、最近ではリードケースもいいものが出てきましたね。

私が中学生だった頃に、父親に買ってもらったリードケースは、札入れのような横長タイプのリードケースで、中央部分に付いている金具を横にズラすとパカッと開いて、中は下にガラスが斜めに敷いてあり、リードのかかと部分にコルクが付いている昔ながらのリードケースです。

実は、このリードケースを今でも大事に持っているのですが、欠点は持ち運びにかさばってしまうのと、振動などでリードがズレてきて、リードの先端がリードケースの開き口まで出てきてしまって、リードの先端を傷めてしまってリードをダメにしてしまうことがあることです。

ですので、その古いリードケースは、もう使わなくなった廃棄前のリードを一時的に入れておくためだけに使っています。

そして、今私が愛用しているのはコレです!!!





このリードケースは、RICOのリードケースなのですが、何よりも優れているのは、ソプラノからバリトンまでのリードが1つのリードケースに収納できる!!!

コレに尽きますね。

私は、カルテットでソプラノとアルトを吹いてますので、このリードケースは本当に便利ですね。

サックスの持ち替えなどをされる方には本当に重宝するリードケースです。

このリードケースは、リードのホルダーの部分がゴムで留めるようになってますので、ソプラノからバリトンまでのリードが柔軟に入れられるという訳です。

あと、RICOのリードヴァイタライザが入るようになっていますので、リードの湿度を保つのにもいいですね。

かわいいリードケースが好きな方や、リードケースにファッション性を求める方にはちょっとリードケースの外側のデザインがイマイチで不満かも知れませんが、機能性に関しては私は満点だと思います!


最後にこのリードケースの欠点ですが、残念なことにリードが8枚しか収納できないことです。

アルトやソプラノですと、リードを1箱買うと10枚入りですので、10枚全部リードケースには入れられないことになります。

私の場合は、リードを購入すると、最初にリード10枚全部を試して、使えないリード2枚を除いて残りの8枚をこのリードケースに収納しています。

このリードフォルダーには小さな番号が1から8番まで書いてますので、自分のお気に入り順に収納しておくのもいいかも知れませんね。


とにかく、このRICOのリードケースは私のイチオシです!!!

リードケースを購入しようと考えている方で、迷ってらっしゃる方はオススメですので、選択肢の1つに入れてみてはいかがでしょうか?


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

ミストなオススメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<あけまして、おめでとうございます! | HOME | テナー、バリトンのソロCD>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。