ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

キーを押さえる時の指の形

今日は、キーを押さえる時の指の形について書きたいと思います。

ちゃんとできている人にとっては、「何を今更???」と思う方もいらっしゃると思いますが、これが結構できてない人をよく見かけますので、記事にすることにしました。

みなさんは、サックスを吹く時はどのような感じでキーを押さえますか?

「ドーレーミーファーソーラーシードーーー」

と、普通に音階を吹いた時に、キーを押さえる指はどのようになっているでしょうか。
音を出す前に構えた時の指のポジションとキーを押さえた時の指の形をチェックしてみて下さい。

先生に付いてレッスンを受けている人とかは、最初に習う人がほとんどだと思いますし、いつもレッスンの時に注意されている方も多いと思いますので問題ないと思いますが、指のポジションやキーの押さえ方を教えてもらったことがない人はたいていの人が変な癖がついてしまっていることが多いようです。

まずは、楽器を構えて吹く前の指のポジションですが、指を各キーの上に置いて、出す音に合わせてキーを押すわけですが、みなさんは指のどの辺りをキーの上に置いていますか?

初心者の方や、指の形について教えてもらったことがない人とかは、たいていの方が指の腹の部分をベッタリとキーに当てて構えている方が多いのではないでしょうか?
つまり、極端に言えば、楽器を構えたときにキーの上に置く指がまっすぐ伸びた状態で、キーを指の腹の部分で押さえている状態です。

この状態でキーを押さえると、速いパッセージを吹いた時に、キーを離した時に指がキーから離れすぎて、次に押さえた時に違うキーを押してしまったり、無駄な動きが多くなりますので指が速い動きに対応できなかったりします。

また、指の腹をベッタリとキーに付けていると、キーを押した時に、指の第一関節が少し逆に曲がるような感じになってしまって、指に余分な力をかけないとキーがちゃんと押さえられなかったりしますので、指に力が入りすぎて指が思うように動かなかったりします。


それでは、正しい指のポジション、形はどのようにすればよいのでしょうか?

右手は、楽器の管が太くなっていますので、指の短い人や女性の方などは指がある程度ピンと伸びてしまうのも仕方ないと思いますが、楽器を構えた時の指の形は、手の中にタマゴを持つような感じでほんの少し内側に曲げるようにしてセットするのが基本です。

ピアノを習っている方は、ピアノの鍵盤を押さえる時に指の形を習うと思いますが、それと同じような形です。

そして、キーの上に乗せる指の位置は、指を少し立てぎみにして、指がキーに当たる部分は指の腹よりもツメに近い指の先の方で押さえるようにしてやります。(ただし、あまり指を立てすぎてもダメです)


そうすることで、キーを押さえた時は、それほど指に力を入れなくてもキーがしっかりと押さえられますので、力を入れてキーを押さえなくても音がちゃんと出てくれますし、キーを離した時は指がキーから遠く離れなくなりますので、無駄な指の動きがなくなり、速い指の動きにも対応しやすくなります。

特に左手の指は、押さえる指の形を直すだけでかなり違ってきます。


うちのカルテットのテナー吹きは、実はこの指の形が全然できていなくて、指の腹でベッタリとキーを押さえる変な癖が付いてしまっていて、練習のたびに私が注意してもなかなか直らずに大変でした。

特に速いパッセージになると、指がキーから大きく離れてしまいますので、速いパッセージで指が回りませんし、キーを押さえると指の第一関節が逆に少し曲がりますので、キーを押さえるのに力が入りすぎたりして苦労していました。

今では私が毎回結構うるさく注意してきたので指の形は直ってきましたが、演奏に余裕がなくなるとまたすぐに指が元の変な形に戻ってしまいます(笑)

実は、かく言う私もサックスを始めた頃にこの変な指の形が癖になってしまい、直すのにかなり苦労しました。

このように、キーを押さえる時の指の形は、マウスピースを上下に強く噛んでしまう「噛み癖」と同じで、毎回練習の時に意識して直すようにしないと、いったん変な癖が付いてしまうと直すのに本当に苦労します。


さて、いかがだったでしょうか?

みなさんはキーを押さえる時の指の形はどうですか?変な癖がついたりしていませんか?

ちょっとしたことだと思うかもしれませんが、このちょっとした指の形が違うだけでも実際の奏法に大きく影響してきます。

キーを押さえる指の形で変な癖が付いていると、見た目にもカッコ悪いですし、何よりも指の動きが悪くて速いパッセージにも対応できなかったりしますので、もしキーを押さえる時の指の形が悪い人は日々の練習で意識して直していきましょう!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

奏法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<緊張してアガらないためには? | HOME | リードの硬さと音色の関係>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。