ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

喉に力が入ってしまう

今日は、「喉に力が入ってしまう」というタイトルで記事を書きたいと思います。

サックスを吹くときに、よく「喉に力が入ってしまう」という人がいます。
これは、息を吸って楽器に息を吹き込むときに、喉がボコッとふくらんでいる人がこれに当たります。

この「喉に力が入ってしまう」のは、特に中高生の皆さんや、サックスを始めたばかりの初心者の方によく見られる傾向です。



では、サックスを吹くときにどうして喉に力が入ってしまうのでしょうか?


サックスを吹くときに、「喉に力が入ってしまう」という人は、具体的にどういうときに喉に力が入ってしまいますか?

該当するという方はちょっと考えてみて下さい。

・・・・・・・


どうですか?

おそらく、喉に力が入ってしまうという人は、サックスを吹くときに、特に大きな音、強弱記号で言えば、ff(フォルティッシモ)などで吹くときに喉に力が入ってしまうという人が多いのではないでしょうか?

大きな音で吹くときには、たくさんの息を吹き込んでやらないといけませんので、そうすると喉に力が入ってしまうという人がほとんどではないでしょうか。


このように大きな音でサックスを吹くときに喉に力が入ってしまうという人は、ズバリ書いてしまうと、サックスを口先だけで吹いている人です。

つまり、腹式呼吸でお腹からしっかりと息を吹き込めていない人が喉に力が入ってしまうのです。

力を入れないといけないのは「喉」ではなくて「お腹」の方ですので、喉に力が入っているとお腹から息をしっかり息を吐き出せなくなります。


あとは、高音域を吹くときにスピードのある息を吹き込もうとした時に、腹式呼吸がうまく使えない人も喉に力が入ってしまいます。

高音域を吹くときに喉に力が入ってしまう人は、息のスピード不足と息の圧力不足を補うために、マウスピースを強く噛んだ(息のスピード不足)上に、喉に力を入れて(息の圧力不足)息を吹き込んでいるのではないでしょうか。

腹式呼吸が正しくできるようになると、口の中の広さを狭くすると楽に息のスピードがつきますので、喉に力が入らずに楽に高音域が出せるようになります。


ですので、喉に力が入ってしまうという人は、腹式呼吸が正しくできるようにする必要があります。

腹式呼吸をマスターするには、当ブログの【腹式呼吸】のカテゴリーの記事をよく読んで、腹式呼吸が正しくできるようにしっかりと練習しましょう。

喉にすぐに力が入ってしまう人は、それがクセになってしまっていると思いますので、腹式呼吸をマスターするのと同時に、喉の力を抜いて息を入れる感覚をしっかりと覚える必要があります。

喉の力を抜いて息を入れる感覚を覚えるには、喉に力を入れなくても楽に音の出せる音域で、腹式呼吸を意識しながらしっかりとロングトーン練習をするといいと思います。

音階で言えば、オクターブキーを押さない左手だけの運指で出せる、「ソ」~「ド」の音でロングトーンをしっかりやりましょう。


喉に力が入っている人はそれがクセになってしまっていると思いますので、中には喉の力を抜いて吹くと音がかすれてしまったり、音の出だしがハッキリ出ないという人がいるかも知れませんが、そういう人は今まで喉の力に頼り切っていたということです。

喉の力を抜いて息を入れると音がかすれたり、音の出だしがハッキリと出ないという人は、腹式呼吸が弱く、息の圧力が足りないということですので、腹式呼吸を使って吹きこむ息にしっかりと息に圧力がかけられるまでは、今使っているリードよりも柔らかいリードを使って練習しましょう。

喉に力が入ってしまっている人は、今の硬さのリードをそのまま使うと、喉に力を入れないとちゃんと音が出ないので、悪いクセがなかなか直らないと思います。

これは、私がリード選びでいつも書いている、「自分の一番音の出しやすいリードを選ぶ」という大原則に通じるところですね。


さて、みなさんはいかがでしょうか?

喉に力が入っているという方は、クセになってしまっているという人がほとんどだと思いますので、そう簡単には直らないかも知れませんが、リードを柔らかいものに替えて、サックスで一番音の出しやすい音域でしっかりとロングトーンなどの基礎練習を積んで、喉に力を入れずにお腹から圧力のかかった息を入れて音を出す感覚をしっかりと体に覚え込ませましょう!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<素晴らしいトランペットの演奏 | HOME | 口の中の広さのコントロール>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。