ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

音のタッチ

今日は、「音のタッチ」について書きたいと思います。

音のタッチと言えば、発音する時の「音の出だしの感じ」と言った方が分かりやすいでしょうか?

サックスを始めたばかりの人とかですと、この音のタッチが強すぎたりして、吹くメロディーがキツくて汚いものになってしまって悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

この「音のタッチ」は、タンギングと大きな関係があります。


f(フォルテ)やff(フォルティシモ)で音を出すときは、出す音が大きいので音のタッチが少々汚くても目立たないかも知れませんが、mp(メゾピアノ)やpp(ピアニシモ)で音を出すときは、出す音が小さいので音のタッチが汚いとものすごく目立ってしまいます。

そこで、大抵の人は小さな音を吹くときには、音のタッチがキツくなるのを恐れて、出だしからしっかり入れないといけないはずの息をセーブしてしまいます。

そうすると、どうなるでしょうか?

そうです。音の頭がかすれたりして、「スゥワーーーーー」という感じで、音の頭がハッキリしない音が出ます。

つまり、汚いタッチになるのを恐れて、息までそーーーっと入れようとしてしまうのです。

そうなってしまうと、音の出だしがハッキリしない上に、テンポも出遅れてしまったりします。

そして、今度はちゃんと音の出だしからハッキリと発音しようとすると、無意識にタンギングが強くなりますので、「タ!ゥワーーーーー」という感じで、音のタッチだけがキツくなってしまいます。

それで、またキツい音のタッチが恐くなって、結局「スゥワーーーーー」の方に戻ってしまいます。

これはどういうことかというと、発音時の「音のタッチ」を「息の圧力」で調整しようとするのでそうなってしまうということです。

過去の記事で書いたことがあるかも知れませんが、大きい音を吹くときでも小さい音を吹くときでも、「息の圧力」はしっかりとかけてやらないといけません。


上記でも少し触れましたが、発音時の「音のタッチ」をよくしようとするならば、タンギングを改善する必要があります。つまり、「音のタッチ」はタンギングによって変わってくるということです。

この問題を解消するためには、「息の圧力」は変えずに、タンギング時の舌のリリースに注意する必要があります。

タンギングの基本は、舌で息をせき止めて、その状態で「息にグッと圧力をかけ」て、後は「素早く舌をリリースする」だけということを過去の記事で書きましたが、この舌をリリースする時に、「丁寧に舌をリリース」することが大切です。

この点を意識せずに吹くと、「ハッキリと吹いて下さい」と言われると、音の大小に関わらず、無意識に舌のリリースがキツくて雑になってしまいます。

大きな音を吹く時は、もちろん息はたくさんしっかりと吹き込まないといけませんが、タンギング時に「丁寧に舌をリリースする」ことに注意すると、音のタッチはキツくなりません。

また、小さな音を吹く時は、「息にグッと圧力をかける」ことがおろそかになってしまいますので、音の出だしをハッキリと発音するためには、舌で息をせき止めている時に、「息にグッと圧力をかける」ことと、「舌を丁寧にリリースする」ことに加えて、「吹き込む息の量を極端に減らす」ようにすれば、音のタッチもキツくならず、小さな音でも音の出だしからハッキリと発音することができます。


文章で書くと少し分かりにくいと思いますので、簡単にまとめてみます。


<大きな音(ff)を吹くとき>

・息の圧力  : しっかりとかける
・タンギング : 舌を素早く「丁寧に」リリースする
・息の量   : たくさん入れる


<小さな音(pp)を吹くとき>

・息の圧力  : しっかりとかける
・タンギング : 舌を素早く「丁寧に」リリースする
・息の量   : 極端に減らす


みなさんはいかがでしょうか?

中高生の皆さんですと、先生や先輩から、p(ピアノ)やpp(ピアニシモ)でハッキリときれいに吹ける練習をしなさいと言われた経験があるという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

それは、まさにここで書いた、小さな音で吹くときでも「息の圧力をしっかりかける」こと、タンギング時に「舌を丁寧にリリースする」こと、「音量を息の量でコントロールする」ことなどができるようになると、p、ppでもきれいに吹けるようになると思います。


音のタッチで悩んでいる方は、上記のようなポイントに注意して頑張って練習しましょう!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

奏法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<トーンホールクリーナー | HOME | ほぐし屋 「にんにん」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。