ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

バードストラップ

今日は、私のオススメのバードストラップをご紹介します。

かなり昔の記事で、私の使っているBGのストラップをご紹介しましたが、最近になってB.AIRから発売されたバードストラップ(BIRD STRAP)が大人気となって、プロのプレーヤーも使うようになりました。

このバードストラップが出る前ですと、ドイツ製のツェブラやブレステイキングが私のオススメだったのですが、値段が高かったりして、学生の皆さんですとなかなかそこまでお金が出せないという方もいたのですが、バードストラップですと、安いタイプのものは5000円前後からありますので、高くて買えないというほどの値段でもなくなったのでいいですね。


<一番安いライトタイプ(Mサイズ)>



普通のストラップに比べると少し値段が高いなぁ…と感じるかも知れませんが、バードストラップの機能性を考えると安いものだと思います。

このバードストラップの特徴は、何と言っても鳥が飛ぶ形をモチーフにした調節金具です。

この調節金具が横に長い形状になっているため、楽器を吊り下げた時にストラップで喉が締め付けられるようになりませんので、息が楽々吸えるという訳です。


私の知人でも「バードストラップを買いました!」という人がいて、「いいなぁ~私も使ってみたいなぁ…」と思っていたのですが、ついに私もバードストラップを購入しました。

バードストラップと言っても、いろんな種類があって、首のパットの色、形状、材質の異なるタイプがあり、調節金具も大きさの違うものが出ています。

    

上のモデルは、左側の方が調節金具のプレートがワイドで大きくなっていて、首の部分がより締まりにくくなっていますので、テナーやバリトンのように大きな楽器を吹く方に向いています。

サイズですが、S、M、L、XLとあって、Sサイズがソプラノ、アルト(女性)用、Mサイズがソプラノ、アルト、テナー(女性)用、Lがテナー、バリトン用、XLがバリトン用(身体の大きい人)というのがサイズの目安です。


また、バードストラップには、以下のようなプロのプレーヤーがその人の好みに合わせてカスタマイズしたモデルもあり、カラーのバリエーションも赤やインディゴなどもあります。

        

さすがにプロのカスタマイズモデルとなると結構いい値段しますね。

しかしながら、安いタイプのモデルですと、ブレステイキングのストラップ(定価:¥18900円)よりもかなり安いので、お買い得のストラップだと思います。

ということで、バードストラップもいろんな種類のものが出ていて、私もどれにしようか迷ったのですが、色はシンプルで目立たない黒でデザインもゴツくないものが欲しかったので、神戸のプロ奏者の井上麻子氏がカスタマイズした、井上麻子シグネイチャーモデルのMサイズにしました。(下の左から、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ)

<井上麻子シグネイチャーモデル>
          


このモデルの特徴は、シンプルで全体的に色が黒で統一されていて、首のパッドの部分が他のモデルのようにゴツくないし、パッドのサイズも一回り小さいので、私の好みに合っているということでコレにしました!

井上麻子氏のコメントでは、「『バードストラップの首パッドを薄めに改良して頂いて、首から肩にかけてよりフィットするようになり、女性にもとっても良いと思います。首周りの締め付け感がないので吹奏感がとても楽で、衣装でネックレスなどをしても、挟まって痛い思いをすることがなくなりました(ネックレスもキ レイに見えます)。」ということで、女性を意識したカスタマイズになっていますが、私は男ですしネックレスもしないのですが、コレにしました(笑)


BIRD STRAP_1   BIRD STRAP_11


実際に使ってみた感想ですが、とにかく喉の締め付け感が今までストラップとは違って全然ないですし、息が楽々と取れますのでコレは本当にいいですね!!

それと、私もメタルフックの金具のストラップは初めてだったのですが、音の響きが驚くほどよくなりますね~~~
ソプラノとアルトの両方とも響きが全然変わります。
以前に紹介した、ネックスクリューや支柱ネジでもかなり響きが変わりますが、メタルフックのストラップの効果も相当なものだと思います。
喉を締め付けがなくて息が吸いやすい上に、これだけ音の響きがよくなるのですから、このバードストラップの価格は決して高いとは感じませんね。

私よりもずっと早くからバードストラップを購入して使っている方もたくさんいらっしゃると思いますが、その方々もかなり満足されているのではないでしょうか?

あと、メタルフックの金具の部分の楽器の当たるところに、傷が付かないようにナイロン加工がしてあり、おぉ、細かい部分にもちゃーんと気を使ってるじゃん!と思いました。

また、首のパッドですが、私はスッキリしてゴツくないのが欲しかったのでこれで十分なのですが、楽器の重さをより軽減したいということであれば、パッドの真ん中に折り目が付いていてその左右にクッションの入ったゴツ目のパッドのスタンダードタイプがいいと思います。

<スタンダード タイプ>
          


また、調節金具が大きくて、より首の締まりがないのがいいという方は、ワイドプレートのモデルがオススメです。

<ワイドプレートモデル>
          


私も、このワイドプレートのMサイズと迷ったのですが、首のパッドがゴツくない方がよかったので、井上麻子シグネイチャーモデルの方を選びましたが、そこは個人の好みが分かれるところですね。


ということで、今日はバードストラップをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

楽器が重く感じて、首が締まるみたいで苦しいという方は、ぜひともこのバードストラップを試してみて下さい。

使ってみると分かると思いますが、とにかく息が楽に吸えるようになりますので、当然楽器に息もしっかりと吹き込めるようになると思いますし、メタルフックの金具で音がかなり響くようになりますので、人によってはバードストラップにしてから見違えるように音の響きが良くなったという方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。


ストラップをこれから購入するという方は、バードストラップを候補の1つにしてみてはいかがでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

サックス小物 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<タンギング 2 | HOME | トーンホールクリーナー>>

この記事のコメント

> 匿名希望さん?

こんばんは。管理人のTakaです。コメント、ありがとうございます。

お名前がありませんが、もしよろしければ次回からペンネームで結構ですので書いて頂けると幸いです。

> どのストラップを購入するかでとても悩んでいます。
> 私は女性で小柄なので長年テナーサックスを演奏する中で肩こりや頭痛、長時間の演奏による疲労に悩んでいます。
> 吹き心地、疲労を軽減する面でバードストラップと他社のハーネスとの違いを教えていただけるととても助かります。

ストラップの件ですね。
テナーですと、楽器も重たいですし、女性で小柄な方ですと首や肩にかかる負担は結構辛いと思います。

ストラップは、単純に首からつるすタイプのものと、身体にしっかりと巻きつける感じのハーネスタイプのものの大きく2つのタイプに分かれると思います。

単純に首からつるすタイプのものですと、楽器の重さがもろに首にかかり、首が締まるような感じになりますので、当たり前ですが大きい楽器ほど苦しいです。

その首が締まる感じがないのがバードストラップです。

バードストラップと、ハーネスタイプのストラップのどちらが楽かと言えば、楽器の重さを身体に分散するハーネスタイプのストラップの方がやはり楽だと思います。

ただし、見てもお分かりのように、ハーネスタイプのストラップは身体に巻きつけていますので結構目立ちますので、ビジュアル的にちょっと大げさで嫌だという方はバードストラップの方がシンプルで好きかも知れませんね。

私の教えている方にも女性で小柄な方がいらっしゃいますが、やはり首がキツイとのことで最初はツェブラのストラップを使っていましたが、ハーネスタイプのストラップに変えました。

バードストラップが出る前は、ドイツのツェブラというストラップが首の負担が少ないストラップで有名で、かなり人気があったのですが、バードストラップが出てからはバードストラップを使う人が多くなって、ツェブラを使う人も少なくなってしまったのではないでしょうか。

私の場合は、ストラップはできるだけ目立たないシンプルなものが好きなので、バードストラップの井上麻子モデルが一番いいなと思って購入しました。

バードストラップは、ハーネスタイプほど楽ではないですが、胸元のプレートのおかげで首が締まるようになりませんので、普通のストラップに比べると首は格段に楽ですね。

また、バードストラップでもワイドプレートのモデルですと、かなり首元が開きますので、テナーやバリトンのような大型楽器でハーネスタイプが嫌だという方にはいいと思います。

後は、ストラップは楽器をつるすフックの部分が金属かプラスチックかで楽器の響きが大きく変わってきます。

フックの部分が金属ですとかなり楽器の響きがよくなりますが、楽器をつるすところのメッキがハゲやすくなります。

私の場合は、楽器をつるす部分のメッキがハゲても気にしませんし、やはり音の響きがいい方がいいので、バードストラップでフックの部分が金属のものを使っています。

あと、バードストラップとハーネスタイプのストラップの違いと言えば、価格面ですね。

やはり、ハーネスタイプのストラップは身体をホールドするベルトの部分が多くなる分、お値段もバードストラップに比べると少し高くなります。(中にはハーネスタイプでも安いものもありますが・・・)

目立つのもちょっと嫌だし、でもハーネスタイプのように身体の楽なストラップがいいということであれば、私のオススメはお値段は少々張りますが、ハーネスタイプのブレステイキングのストラップがいいと思います。

ブレステイキングのストラップは胸元がバードストラップのように横棒が入っていますので、首も締まりませんし、首の後ろの見えにくいところから背中にかけてストラップが付いていますので、他のハーネスタイプのストラップほど見た目も目立たないですし、かなり楽だと思います。

ブレステイキングは、トルヴェールカルテットの先生方も使っていらっしゃいますし、ハーネスタイプであれば私はブレステイキングを個人的にはオススメします。

また、どちらのストラップも楽器店の店頭に並んでいるところもありますので、どうしても決めかねるということであれば、楽器店に足を運んで試着させてもらうといいかと思います。


以上、返信が遅くなってしまいましたが、ご参考になれば幸いです。

2014-08-19 Tue 02:24 | URL | Taka #-[ 編集]
初めまして。
私はアマチュアでテナーサックスを演奏しています。
どのストラップを購入するかでとても悩んでいます。
私は女性で小柄なので長年テナーサックスを演奏する中で肩こりや頭痛、長時間の演奏による疲労に悩んでいます。

吹き心地、疲労を軽減する面でバードストラップと他社のハーネスとの違いを
教えていただけるととても助かります。
よろしくお願い致します。


2014-08-11 Mon 17:33 | URL | 匿名希望 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。