ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

音の強弱による音程の変化

今日は、音の強弱による音程の変化について書いてみたいと思います。

音の強弱と言えば、楽譜に書かれてある強弱記号を元に音を強く(大きく)吹いたり、弱く(小さく)吹いたりしますよね。

主な強弱記号と言えば、ff(フォルティシモ)、f(フォルテ)、mf(メゾフォルテ)、mp(メゾピアノ)、pp(ピアニシモ)などが主に使われています。

これらの強弱記号の意味などは、みなさんも学生時代の音楽の授業で習いますので問題ないですよね?(笑)

あとは、クレッシェンドやデクレッシェンドのように、「だんだん強く(大きく)」や「だんだん弱く(小さく)」などもよく使われます。

これらの強弱記号に従って、大きな音で吹いたり、小さな音で吹いたり、音量をだんだん大きくしたり、だんだん小さくしたりする訳ですが、音の強弱が変わったとしても、音程は正確な音程で吹かなければなりません。

いたって当たり前のことですよね(笑)

しかしながら、私が過去の記事で書いている「噛みすぎのアンブシュア」になってしまっている人は、音の強弱によって音程が高くなってしまったり、低くなってしまったりします。


ん?どういうことだ???ということで、解説してみたいと思います。


「噛みすぎのアンブシュア」になっている人の傾向としては、大きな音で吹くと音程が下がり、小さな音で吹くと音程が上がってしまいます。

このブログの記事を読んで頂いて、噛みすぎのアンブシュアを矯正しました!!!という人もいると思いますが、噛みすぎのアンブシュアが完全に直っているかどうかは、この傾向があるかどうかでチェックできます。

噛まないように噛まないようにと気をつけることで、噛みすぎのアンブシュアはある程度は矯正されますが、息の入れ方(息を1点に集中させる)や腹式呼吸が正しくできていないと、マウスピースを少し噛んでしまう傾向が残ってしまいます。

この「少し噛んでしまう傾向」が残っていると、音の強弱を変えると音程が高くなったり低くなったりします。


それでは、チェックしてみましょう。


まず、音程を測るためにチューナーの電源を入れて、チューニングの用意をして下さい。

そして、オクターブキーを押さない中音域のソ(アルトは実音B♭)を、mf(メゾフォルテ)で吹いて正しい音程にチューニングしてください。

mf(メゾフォルテ)と言えば、普通に吹く音量ですね。

チューニングは合いましたか?



では、次にチューニングと同じように、mf(メゾフォルテ)で「ソ」の音をロングトーンして、そこからクレッシェンドをしてみてください。

mf(メゾフォルテ)からf(フォルテ)、ff(フォルティシモ)とだんだん音量を上げていきます。


もっと大きく吹いて下さい。


もっともっとです。


もっともっともっとです!!!!!


最後は、「fffff」ぐらいまで音量を上げて下さい(笑)



さてさて、みなさんどうですか?

チューナーの針はどのように変化しましたか?



「噛みすぎのアンブシュア」が直っている人は、クレッシェンドして音量を上げていってもチューナーの針は「0」を指したままで音程は変わらないはずです。

ここで、まだマウスピースを噛んでいる人は、音量を上げていくと、音程がどんどん下がっていきます。


では、マウスピースを噛んでいる人が、音量を上げることでなぜ音程が下がっていくのか?

私が過去の記事で既に書いたと思いますが、サックスでは「息の量」を変えることで音量調節をします。

つまり、大きな音で吹く時は、吹き込む息の量を増やしますし、小さな音で吹く時は息の量を減らしてやります。


ここではクレッシェンドですので、音をだんだん大きくしていくために、吹き込む息の量をだんだん増やしていきます。

しかしながら、マウスピースを強く噛んでしまっていると息の量を増やそうとしても、楽器にたくさん息が入りませんので音が大きくなりません。

そこで、噛むのをやめるとマウスピースとリードの間が広くなりますので、楽器に入る息の量が増えます。

そうすると、やっとこさ音量が大きくなってくれるのですが、今度は噛むのをやめたことで音程が下がってしまうのです。

最初からマウスピースを噛んでいなければ、息の量を増やしてもマウスピースとリードの間のすき間の広さは変わりませんし、息の量だけが変わりますので、音程は正しい音程のままで音量がだけが変わってくれます。

みなさん、この理屈がお分かりですか?

大きな音を出すためには、たくさん息を吹き込んでやらないといけないので、マウスピースを噛んでいては楽器にたくさん息が入らないということなのです。


つまり、大きな音を出すためにはマウスピースを噛むのをやめるしかないので、噛むのをやめたことで音程が下がってしまったという訳です。


じゃあ、今度は逆にmf(メゾフォルテ)からデクレッシェンドで音量をだんだん小さくしていってみて下さい。

音量を小さくする場合はもうお分かりですよね?

そうです。楽器に吹き込む息の量をどんどん減らしていきます。


はい、音をどんどん小さくしていって下さい。

もっと小さく。

もっともっと小さく。

もっともっともっとです!!!!!

「ppppp」ぐらいまで音を小さくして下さい(笑)


みなさん、いかがですか?

音程はどのように変化しましたか?


え?音がかすれて出なくなってしまいました???(笑)


今度は先程のクレッシェンドとは逆ですね。

デクレッシェンドで音をだんだん小さくしていきますので、吹き込む息の量をどんどん減らしていきます。

どうですか?みなさんはうまくできましたか???

息の量を増やすのは割と簡単ですが、息の量を減らすのは結構難しいと思います。


よく先生や先輩から「小さな音、pp(ピアニシモ)でちゃんと吹けるように練習しなさい。ppで吹けたら、fやffで吹くのは簡単です。」ということを言われたことがあるという人も結構いるのではないでしょうか。

小さな音で吹くには、「息の量」をぐっと減らしてやる訳ですが、「息の圧力」はそのまましっかりとかけてやらないといけませんので、たいていの人は「息の量」を減らすと同時に「息の圧力」まで下げてしまって、その結果「小さな音になるとうまく吹けない」、「小さな音で吹こうとすると音がかすれてしまう」ということになってしまうのです。

音を小さくしていくと音がかすれて出なくなってしまったという人は、まさにそれが原因という訳です。


では、次に噛みすぎのアンブシュアになっている人は、音量をどんどん小さくしてくと、さらに強くマウスピースを噛みますので、音が小さくなるにつれて音程がどんどん上がっていきます。

これは先程とは逆で、強く噛んでマウスピースとリードの間を狭くすることで吹き込む息の量を減らそうとしているためです。

つまり、正しい音程で小さな音を出すためには、マウスピースを強く噛まずに息の量を減らす必要があるということです。

そうするためには、これも過去の記事で書いたと思いますが、「口の中を狭くして息の通り道を狭くする」ことが必要です。

発音のイメージで言えば、「ツーーーーー」とか「スーーーーー」とか「クーーーーーー」と発音する時の口の中のイメージです。(実際はマウスピースをくわえてますので、そこまで狭くはなりませんのでイメージです)

そして、その状態で吹き込む息にしっかりと圧力をかけてやる訳です。

口の中を狭くして息に強い圧力をかけると、口の中が広がってしまいそうになりますが、そこはぐっと我慢です。

どうですか?みなさんはイメージ分かりますか?


簡潔に言えば、「マウスピースを強く噛まずに、口の中を極端に狭くして息の量をぐっと減らす」ことで音量を小さくするということです。

これは、音量の調節をする時だけではなく、息のスピードをしっかりつける時も理屈は同じですので、意識してしっかりと練習しましょう!!!


マウスピースを噛まずに口の中の状態を変えることで息の量が調節できるようになると、正しい音程のままで音量のコントロールが自由にできるようになってきますので、みなさんも一度自分でチェックしてみて下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

音程 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<マウスピースの選び方 | HOME | 懐かしのコンクール課題曲>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。