ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

トーンホールクリーナー

今日は久しぶりに、小物について書きたいと思います。

みなさんは、楽器の手入れをしっかりされていますか?
ご自分で楽器を購入された方などは、新しいピカピカの楽器で手入れのしがいもあるのではないでしょうか。

楽器の手入れをする時は、スワブなどで楽器内にたまったツバや水分をきれいにふき取って、楽器の表面はクロスなどで指紋などをきれいにふき取ったりしますよね。

しかしながら、サックスはキーがたくさん付いてますので、キーの間のホコリなどはうまく取れなかったりすると思います。

そこで重宝するのが、このトーンホールクリーナーです。



この「トーンホールクリーナー」は、ハリガネの周りにフサフサする綿のような繊維を巻きつけた、クラフト手芸で使用するモールのようなやつです。

これを使えば、サックスの複雑なキーの隙間に溜まったホコリや汚れを落とすことができます。


また、「トーンホールクリーナー」というその名前の通り、これはサックスのトーンホールを掃除するために使用します。

・・・というか、こちらが本来の使用用途ですね(笑)

トーンホールと言ってもピンと来ない人がいると思いますが、例えばサックスのネックの部分にある小さな穴や、オクターブキーを押した時に開閉する小さな穴(オクターブキーの右上の辺りにある、よくツバの溜まりやすい穴です)などを、このトーンホールクリーナーを使ってきれいに掃除します。

特に古い楽器とかですと、ホコリや汚れでトーンホールが詰まってしまっていて、音が出にくい楽器とかもあると思いますので、このトーンホールクリーナーを使って、汚れやホコリを取り除いてやると、急に音がよく出るようになることもありますので、今まで掃除したことがないという人は、このトーンホールクリーナーを使ってきれいに掃除してみるといいと思います。


まぁ、普段からサックスのお手入れをしっかりしている人にとっては、「なーーーんだ、別に珍しくも何ともないじゃん!」って思う方もいらっしゃると思いますが、案外知らないという人や、知ってても買うまではせずに使ったことがないという方が結構いるみたいですので、紹介してみました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

サックス小物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<バードストラップ | HOME | 音のタッチ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。