ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

リードの付け方

今日はリードの付け方講座といきたいと思います。

サックスを吹く時には、マウスピースにリガチャーでリードが正しく固定されていなければなりません。

この時のリードの付け方ですが、サックスを吹く人にとって基本中の基本なのですが、正しい手順でできていない人が案外多いので、あえて記事にすることにしました。


以下が、正しいリードの付け方です。

1.マウスピースにリガチャーをつけ、リガチャーのネジを緩める。

2.リガチャーを少し上にずらし、マウスピースとリガチャーの間にリードを滑り込ませる。
  (マウスピースとリードを合わせて、後からリガチャーをつけると、リガチャーを付ける時にリードに当たって、リードを傷つけたり割ってしまうことがあるためです。)

3.リガチャーを下げて定位置に戻し、リードをマウスピースに正しく合わせる。
  この時、リードの先端とマウスピースの先端を合わせるのですが、マウスピースの先端の方がリードの先端よりも「髪の毛1本分」出るぐらいに合わせます。

4.リガチャーのネジを締める。(リガチャーが2本ネジの場合は、下側のネジをキツく締めて、上側のネジは緩めに締めます)


この手順は基本中の基本なのですが、リードを先に合わせてリガチャーを後から付ける人が結構います。

このリードの付け方でポイントとなるのは、3.の「マウスピースの先端の方がリードの先端よりも「髪の毛1本分」出るぐらいに合わせる」です。

この部分で、リードをかなりマウスピースの先端よりも下の方に付けていたり、リードの先端がマウスピースの先端よりも出すぎていると、音がちゃんと出なかったり、ノイズが混じるようになったりします。

「髪の毛1本分」というのは、リードの先端からマウスピースの先端が黒い線のように見えるぐらいですので、この加減が人によってそれぞれになってしまうのが難点です。

私がサックスを教える時に、ここの部分を聞いてみるのですが、「髪の毛1本分」という知識は持っているにも関わらず、実際にマウスピースに付けられているリードをチェックしたのですが、1mm~2mmぐらいリードがマウスピースの先端よりも下に付いていたという人がいて驚きました。

私は思わず、「もしかして、剛毛??」って冗談を言ってしまったぐらいです(笑)

この人は、サックス歴が9年の人なのですが、今まで9年の間、ずっとその状態でサックスを吹いていたそうで、それが「髪の毛1本分」だと自分では納得していて、特に気にもしてなかったそうです。

人によって感じ方が大きく違うので、言葉での表現って難しいですね。

プロの先生によっては、最近はマウスピースの先端とリードの先端をぴったり揃えるという風に指導される先生もいらっしゃるぐらいですので、この部分は「髪の毛1本分」というよりは、「マウスピースの先端とリードの先端をぴったり揃える」という表現の方がいいかも知れません。

リードの付ける位置は、ほんの少し変わるだけでもかなり吹きやすさが違ってきます。


さて、あなたはどうですか?


基本中の基本なのですが、念のためにチェックしてみましょう。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

リード | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<噛み過ぎのアンブシュア | HOME | リードの選び方>>

この記事のコメント

だいずさん、こんばんは。

ご訪問、ありがとうございます。

リガチャーのネジは、上側を緩めに締めることでリード全体が振動しやすくなります。

あまり緩く締めすぎるとリードミスの原因にもなるので、注意が必要ですが。

ちなみに、1本ネジのBG Traditional はネジの位置が下の方についてますので、リガチャーの上部の締まり具合が緩くなるような作りになっています。

今後もブログの情報を充実させていきたいと思いますので、ご意見、ご希望等ありましたらコメント頂けましたら幸いです。

またのご訪問、お待ちしております。
2008-08-06 Wed 22:52 | URL | Taka #HfMzn2gY[ 編集]
>>リガチャーが2本ネジの場合は、下側のネジをキツく締めて、上側のネジは緩めに締めます<<
そうなんですか!このブログは他のサイトでは教えてくれないようなことも書かれていてとても勉強になりますね。これからも頑張ってください!
2008-08-06 Wed 22:04 | URL | だいず #w6ihlzlQ[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。