ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

タンギング 2

今日は、「タンギング 2」ということで、サックスを吹く時のタンギングについての記事を書きたいと思います。

過去の「タンギング」の記事では、タンギングの基本と、発音する際のイメージ、速いタンギングやダブルタンギング、トリプルタンギングについても触れました。

また、「レガートタンギング」の記事では、レガートで吹く時にもタンギングが必要だということ、メロディーが流れて聞こえるようにタンギングをしましょうということなどを書きました。

タンギングについては、サックスを始めた方々にとって1つの大きな壁になる人が結構いると思います。


ということで、今日は「タンギング」の第2弾として、タンギングをする際の舌の位置について触れてみたいと思います。


きれいにタンギングをするには、舌をベッタリとリードにつけず、できるだけ舌がリードに触れる面積を減らすことについて以前書きましたが、それでもタンギングがうまくできないという人もいるのではないでしょうか?


さて、みなさんはタンギングをする直前に、舌の位置はどのような位置にありますか?

タンギングで舌がリードに触れて、その後にリードから舌をリリースした後は、「舌の位置」はどこに落ち着きますか?

きれいなタンギングをするには、この「舌の位置」が非常に重要になってきます。



では、きれいなタンギングをする時の舌の位置はどうすればいいのでしょうか?



ズバリ書いてしまうと、「舌はできるだけリードに近いところに置く」です。

これに注意してタンギングをするだけでも、タンギングはかなりしやすくなりますし、速いタンギングにも対応し易くなります。


では、「なぜ舌をリードに近いところに置くとタンギングがきれいになるか?」ということについてですが、これは舌をリードに近いところに置くことで、タンギングをする時の舌の動き(ストローク)が小さくなりますので、軽く舌を動かしただけでタンギングができるからです。

タンギングの時に、舌をリードに付いてリリースしたときに、舌をリードから遠い位置まで離してしまうと、その分大きな舌の動きが必要になり、舌を大きく動かすのに余分な力が入ったりするため、タンギングがキツくて汚くなり易いという訳です。


分かりやすく書くと、「タンギングをする時の舌の動き(ストローク)をできるだけ小さくする」ことが大切だということです。

これに気を付けるようにするだけでも、舌の無駄な動きがなくなりますので、速いタンギングにも対応しやすくなります。

これは、少し前に記事にした、サックスを構えたときの指のポジションと同じような理屈ですね。


よくよく考えてみると、無駄のない舌の動きを心がけるということはごく当たり前のことだと思いますし、別に特殊なことをする訳ではないのですが、サックスを吹くのに必死になってしまうと、ついつい舌に力が入ってしまって、舌の動きも大きくなりますし、それに合わせてタンギングも雑で汚いタンギングになり易いという訳です。


では、低音域の音を吹く時は、口の中の容積をしっかりと取って、「ホォーーー」という感じで息を入れるということを以前に書いたと思いますが、「ホォーーー」と発音すると舌の位置がリードから遠くなってしまうのではないか?という疑問を持つ人が出てくるかも知れませんね。

これについては、下の「レ」から最低音の「シ♭」までの低音域を吹く時には、舌の奥の方をグッと下げて、口の中の容積をしっかりと取って、「ホォーーー」という発音のイメージで吹くには吹くのですが、このときでもリードに触れる舌の位置はリードからできるだけ近い位置になるようにして、「リードに触れない舌の奥の方をグッと下げて、喉を開くイメージで口の中の容積をしっかり取ってやる」ようにすればいいのです。

私が初心者の方にタンギングを教えた際に、この「舌の位置」をリードに近い位置に落ち着かせて、タンギングをする時の舌の動き幅(ストローク)をできるだけ小さくするように指導したところ、音の出だしからしっかりと息を吹き込んでも音の出だしがキツくならず、「スゥワーーーーー」といった、音の出だしで汚いタンギングを恐れるために息がしっかりと吹き込めないことで起こる問題も改善されました。

このように、舌の落ち着くポジションをほんの少し変えるだけでタンギングの質が全然違ってきます。


みなさんも、「音の出だしがキツくて汚い」、「音の出だしがハッキリしない(「スゥワーーーーー」となってしまう)」、「速いタンギングがなかなかできない」という人は、ぜひこの「舌の位置」を意識してみて下さい。

また、舌の位置を改善してうまくタンギングする感覚がつかめると、音の出だしからしっかりと息を入れられるようになりますので、人によっては副次効果として音の響きや音色が格段に良くなったりすることもあります。



みなさんはいかがでしょうか?

別に特殊なことを書いている訳でもないですし、書いていること自体はごくごく平凡で当たり前のことなのですが、ちょっと気を付けて吹いてみたら、今まで苦しんでいたことが何の苦労もなくあっさりできてしまった!という人もいますので、タンギングに悩んでいるという人はぜひとも一度試してみて下さい。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

奏法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<懐かしのコンクール課題曲 | HOME | バードストラップ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。