ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ヤコブ・デ・ハーン

今日は、アルトサックスのやさしいソロ曲の紹介をしたいと思います。

3年ほど前に、You Tubeをあれこれと見ていた時に、須川さんの演奏を色々と聴いていて、いい曲だなぁ…と思った曲です。

実は、以下に紹介する曲は、ずっと当ブログで紹介しようと思っていたのですが、紹介するタイミングを失ってしまってそのまま放置してしまっていましたので、今回やっとこさで記事にすることにしました(笑)

どちらの曲もヤコブ・デ・ハーンという作曲者の書いた曲で、ヤコブ・デ・ハーンは、吹奏楽の曲とかも結構色々と書いている作曲家です。


まず、1曲目は、「Le jardin du museum 」という曲です。




なんとも切ない感じのいい曲ですね~~~
この曲を聴いた私は、「この曲、吹いてみたい!!!」ということで、すぐに楽譜を入手するためにあちこちと探しました(笑)

この曲の楽譜はデ・ハスケ社というオランダの出版社が出版している楽譜で、海外で販売されている楽譜なんですよね。

この楽譜はこの曲の他にも何曲か収録されている「須川展也 アンコール曲集」という曲集で、この曲はそのうちの1曲です。

今は、アマゾンでも手に入るようになりましたが、私が吹きたいと思って楽譜を探した3年前は海外でしか販売されていませんでしたので、当時は海外のサイトから輸入という形で購入しました。
それで、早速楽譜が届くと同時に、楽譜とハンディーレコーダーを持ってスタジオに行って吹いて録音してみたのがこの曲です。



この、「Le jardin du museum」は、楽譜上は易しい譜面で、初見で十分に吹けるぐらいの曲ですが、譜面づらが簡単な分、ごまかしの効かない曲ですので、きれいに吹き上げるのは結構難しいですね。

音色を綺麗にするための練習曲とかには最適の曲だと思いますので、みなさんも「吹いてみたい!!!」と思われた方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


2曲目は、これもヤコブ・デ・ハーンの曲で、「The Only Answer」という曲です。



この「The Only Answer」という曲も、オランダのデ・ハスケ社から出版されている楽譜で「須川展也 ニュー・エッセンシャル・ レパートリー」という曲集の中の1曲です。

この曲も、私の好きな曲の1つです。
3年前に、上で紹介した、「Le jardin du museum 」と一緒に楽譜を探したのですが、当時はこちらの楽譜の方が見つからなかったので、上の「須川展也 アンコール曲集」の方だけを購入しました。

この「The Only Answer」が入った、「須川展也 ニュー・エッセンシャル・ レパートリー」も今は、アマゾンから手に入るようですね。



この曲も、音色を綺麗にするための練習曲としては、いい曲だと思いますので、みなさんも「この曲を吹いてみたい!!!」と思われた方は、楽譜を入手して吹いてみられてはいかがでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アルト サクソフォーン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<口の中の広さのコントロール | HOME | 音の響きをよくするためには?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。