ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

噛み過ぎのアンブシュア

今日は、噛み過ぎのアンブシュアについてです。

これは、サックスを吹くアマチュアの人で、初心者、中高生のほとんどの人がこの「噛み過ぎのアンブシュア」になっているのではないでしょうか。

私もサックスを始めた頃は、この噛みすぎのアンブシュアにはずいぶんと苦しめられました。

この「噛み過ぎのアンブシュア」は、サックスを吹く上で一番タチの悪い癖で、習慣付いてしまうと直そうにもなかなか直らず、直すのにもかなり長い時間がかかったりします。

噛み過ぎのアンブシュアになっていると、サックスを吹いているうちに、下唇の裏側に歯型がついたりしてすぐに痛くなってきて、ひどい場合は下唇の裏側が切れて出血したり、口内炎ができてしまったりします。



では、この噛み過ぎのアンブシュアについて、じっくりと解説してみたいと思います。

この噛み過ぎのアンブシュアというのは、サックスを吹く時に、マウスピースを上下に強く噛んでしまうことを指します。

特に、高音域を吹く時は、この噛み過ぎのアンブシュアになりやすく、高音域をしばらく吹いていると、下唇の裏側が痛くなって楽器を吹くのが辛くなってきます。

この噛み過ぎのアンブシュアになると、下の歯で下唇を噛み締めるような感じになりますので、リードの振動を殺してしまうだけでなく、マウスピースとリードの間が狭くなりますので、マウスピースから息が入りにくくなります。

リードの振動が殺されて、マウスピースから息が入らなくなると、音は貧弱でか細い音になってしまいますし、音色も全然響かない汚い音になってしまいます。


では、どうして高音域を吹く時にマウスピースを上下に強く噛み過ぎてしまうのでしょうか?

サックスは、リードが振動して音が出る楽器で、低音域ではリードの振動幅が大きくなり、高音域ではリードの振動幅は小さくなります。

また、息のコントロール、息のスピードのところでも触れましたが、サックスでは高音域を吹く時には「息のスピード」が必要になってきます。

息のスピードが足りないと、リードの振動幅が小さくならないので、音が裏返ったりしてオクターブ下の音が出てしまったりします。

つまり、高音域を吹く時にマウスピースを上下に強く噛んでしまうアンブシュアになってしまうのは、吹き込む息のスピードが足りないため、下の歯で下唇を強く噛むことでリードの先端部分だけを振動させて、無理矢理リードの振動幅を小さくして高音域を出そうとするようになるのです。

下唇を強く噛むと、それほど息のスピードがなくても、リードの先端部分だけが振動するようになるので、リードの振動幅が小さくなり、高音が出やすくなるという訳です。



強く噛むことで高音は出やすくなるものの、リード全体の振動を殺してリードの先端部分だけを振動させるようにするので、実際に出る音は響きの悪い汚い音色になってしまいます。

また、マウスピースから息も入りにくくなりますので、貧弱で細い音になってしまいます。


噛みすぎのアンブシュアをやめることで、リード全体がよく振動するようになるので、リードの振動幅が大きくなり、音に倍音成分がたくさん含まれるようになるので、太くてよく響く音になってきます。

また、マウスピースの息の通りがよくなり、息もたっぷりと吹き込むことができるようにってなってくるので、今度は口の中の容積を減らしてスピードのある息をお腹からたっぷりと吹き込んでやることでリードの振動幅を小さくしてやります。


つまり、マウスピースを上下に強く噛んで高音を出している人は、息のスピードと量が足りないということなのです。

スピードのある息をたっぷりと吹き込んでやると、マウスピースを上下に強く噛むアンブシュアにしなくてもリードの振動幅が小さくなって高音域が楽に出るようになりますし、逆に噛みすぎをやめないと息が楽器に入りにくくなって、リードの振動も殺されてしまって細くて痩せた汚い音になってしまうという訳です。


この噛みすぎのアンブシュアは、いったん癖がついてしまうとそれを直すのにかなりの時間がかかりますので、矯正するのが非常に大変です。

マウスピースを強く噛まないようにすると、慣れないうちは音程が下がったり、ベーベーという音が出てしまったり、高音域の音が裏返って出しにくくなるので、そこを我慢して根気よく練習することが大切です。


あなたのアンブシュアも強く噛み過ぎていないかどうかチェックしてみましょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンブシュア | コメント:12 | トラックバック:0 |
<<くわえすぎのアンブシュア | HOME | リードの付け方>>

この記事のコメント

Takaさんお返事ありがとうございます!!
しかもご丁寧に。。。
大変感激しております。

やはり重要なのは息なのですね。
本当にロングトーンのときは全然噛んでないのに,曲になるとすぐ噛んでしまって,フラジオの出し損ねというかリードミスといいますか,「キャッ」って音にならない音が鳴るのです;;
Takaさんのおかげでこれからも基礎練習を頑張っていけそうな気持ちが湧いてきました。
今日は曲は吹かずにロングトーンとミュールの音階の本でずっと音階の練習をしていました。
「いかに綺麗な音で響かせられるか」を考えて,息とアンブシュアを意識して練習すると,ただの音階練習なのに楽しかったです。
息の入れ方,じっくりと基礎練習で学んでいきたいと思います。
しばらくの間ずっと気づけずにいたことなので,今まで漠然としていた練習がより密度の濃いものになりそうです。一歩前へ進めそうです。

そうですよね(笑)
ボザのアリアを知った頃まだ初めて間もないときでしたので,難しい曲だということも知らずに無謀でした。。。

はい,練習する時間は社会人の方よりもあると思いますので,十分に頑張っておきたいと思います!!

今後もTakaさんにお世話になることかと思いますが,どうぞよろしくお願いします。
大変有益なアドバイスありがとうございました!!
2011-09-28 Wed 01:55 | URL | しんのすけ #-[ 編集]
>しんのすけさん

ブログへのコメント、ありがとうございます。
大学3回生ということで、私も大学時代のことを懐かしく思い出しました。

噛み癖はかなりやっかいですよね。
私も中学生の頃は噛み癖に本当に悩まされましたので、お気持ちはよく理解できますよ。

ロングトーン練習の時は噛まないのに、曲を吹くとついつい噛んでしまうという方は結構多いと思います。
その原因としては、曲を吹くと運指に気を取られてしまいますので、息も浅くなってしまいますし、息が浅くなると息のスピードも落ちて、当然息の圧力も下がりますので、特に高音部は強く噛まないと音がちゃんと出てくれないという悪循環に陥ってしまいます。

指を動かさないロングトーンでは、アンブシュアや息の入れ方を意識する余裕がありますので、噛まずにしっかりと息を入れることができて、指を頻繁に動かす曲になると、その余裕がなくなって噛んでしまうということです。

これを解消するには、やはり基礎練習ですね。
ロングトーンで噛まずにしっかりと息を入れることができるようになれば、次は音階練習、つまりスケールを吹く中でそれができるようにすることです。
いきなり速いテンポでやると、余裕がなくて曲を吹く時と同じように噛んでしまうと思いますので、最初はアンブシュアと息を意識できるぐらい余裕の持てるゆっくりとしたテンポで吹いて下さい。
そして、できるようになれば、だんだんテンポを上げて・・・

曲は、スケールの組み合わせでできていますので、スケールの練習でも噛まないアンブシュアでしっかりと息を入れて吹くことができるようになれば、曲を吹いても同じようにできるようになると思います。

唇の痛みと、なかなか癖が直らないもどかしさは結構嫌気が差すかも知れませんが、そういう時こそ基礎練習をしっかりとやって下さい。

音階練習は面白くないと思いますが、その「面白くない音階をどれだけ綺麗な音を響かせて吹けるか?」に挑戦してみて下さい。
これは、私が高校時代によく個人練習で意識していたことです。

楽器も新しくていい楽器を手にしたことですし、ぜひ諦めずに頑張って下さい。
真面目に取り組んだ基礎練習の積み重ねは、決してあなたを裏切りませんし、必ず上達に繋がります。

ボザのアリア、私も好きで楽譜を持っていますが、本当に美しい曲ですね。
でも、こういうテンポの遅くてゆったりした曲が実は一番難しいんですよね。
ごまかしが一切効かないですから(笑)

大学3回生ですと、サックスを極めていくにはまだまだたくさん時間があると思いますし、ぜひぜひ目標を目指してコツコツと頑張って下さい。

2011-09-27 Tue 01:01 | URL | Taka #-[ 編集]
こんばんは。
突然のコメント失礼します。
私は今東京の大学に通う3年生で,一般楽団でアルトを吹いています。高校で吹奏楽部に入ったので今年でサックス歴6年目になります。
Takaさんの記事はどれも具体的で,非常に納得のいく記事ばかりで大変参考になります。

私も本当に曲を吹いているとすぐに噛む癖がついていて,吹奏楽の曲でも途中に2~3小節の休みがところどころにあるような曲でないと全部吹くことができないようになっています。
口の両端を寄せてなるだけ噛まないアンブシュアを意識してロングトーンをしているのですが,ロングトーンのときはよくても曲に入るとすぐに噛んでしまいます。
また,噛みすぎだなと気づいてからずっと,マウスピースの開きにしては柔らかいリードを合わせています。
昨年までレッスンに通っていて,師匠にも「下唇はクッションだから,噛みすぎは絶対にだめで,必ず口の両端を寄せるアンブシュアを意識しなさい」と言われていましたが,曲中でそれを続けることができませんでした。
楽器も一昨年にシリーズⅢを購入しましたし,本当に楽器が大好きで,好きな楽器のことでここまで苦しむのは本当に辛いです。
記事とコメントを読ませていただくとどうやらやはり息の圧力が足りていないようですね。
息の圧力とアンブシュアを意識してロングトーンを続けなければなりませんね。
本当にしばらくこの状態で吹いていたので矯正するのにどれだけ時間がかかるか心配でなりません。。。
これさえ解決すればどれだけ楽器吹くのが楽しくなることかと思います。
ずっと思い切り吹かなきゃいけないポップスの曲を吹いてるときは楽に吹けたりもするので,息の入れ方,圧力のかけ方を覚えれば解決できるような気はしています。
今まで息に注目したことがなかったので,非常に有用な記事でした。どうもありがとうございました。
クラシックサクソフォンが好きになったきっかけでもあるボザのアリアが吹ける日を楽しみに,矯正頑張りたいと思います。
2011-09-27 Tue 00:01 | URL | しんのすけ #-[ 編集]
>LILYさん

サックスは本当に奥の深い楽器ですよ^^
長く吹けば吹くほどいろんなことが分かるようになってくると思います。

後輩たちにとって憧れの先輩でいられるように、頑張って下さいね!


2011-05-05 Thu 23:53 | URL | Taka #-[ 編集]
ありがとうございます。

Takaさんのブログに出会って、
自分の悪い癖やその解決法など、
知らなかったサックスの事が学べたような気がします。

後輩も入ってきたので、
かっこいいところを見せられるようにがんばりたいと思います。

またいろいろコメントさせてもらうかもしれませんが、
よろしくお願いします!!
2011-05-05 Thu 23:33 | URL | LILY #aEmTB4nk[ 編集]
> LILYさん


> 曲を吹くと、すぐにかんでしまうんです…。

曲を吹くとすぐに噛んでしまうのは、曲を吹く時には、速い指使いに気を取られたりして、

「息をしっかりと入れる」ことがおろそかになってしまっているためだと思います。

ロングトーンは、1つの音を長く伸ばす練習ですので、息を入れることに集中できますが、

曲の練習になると、指を動かすことに気を取られてしまいやすいからです。

ですので、普段の練習では、ロングトーンや音階スケールなどの基礎練習ではもちろん、

曲の練習でも、「しっかりとスピードのある息を入れる」ことを意識して練習しましょう。

どうしても曲の指使いに気を取られてしまうのであれば、少しテンポを落として、

指使いに気を取られないゆっくりしたテンポで練習して、噛まずに吹けるようになれば、

少しずつテンポを上げて練習しましょう。

悪い癖を直すには、それなりの意識と地道な努力の積み重ねが必要ですよ。


すぐに直らないからと言って諦めずに、根気よく頑張って下さいね!


2011-05-04 Wed 18:30 | URL | Taka #-[ 編集]
お返事ありがとうございます!!

サックスをはじめて1年。
1年も噛みすぎでやってきてしまったので、
治るかどうか不安です。


ロングトーンの練習のときは、意識してるんですけど、
曲を吹くと、すぐにかんでしまうんです…。

なかなか手強いなぁ、と思いましたv-355

でも、意識してがんばれば、治るんですよね!
希望を信じてがんばってみます。

2011-05-04 Wed 16:05 | URL | LILY #aEmTB4nk[ 編集]
LILYさん、こんにちは。

管理人の Taka です。

LILYさんも、噛み癖がついてしまってるようですね。

もしも、高音域の音を吹く時に強く噛んでしまっているようであれば、
原因は明らかに息のスピード不足です。

噛み癖を直そうとするのであれば、スピードのある息をしっかりと
吹き込んでやる必要があります。

どのぐらいで直りますか?と言われると、人によって毎回意識して練習することで
すぐに直る人もいますが、何年も噛み過ぎのアンブシュアで吹き続けてきた人などは、
身体が反射的に噛んで吹くむように覚えてしまっていたりするので、そんな人であれば
直すのに何年もかかってしまう人もいます。

傾向としては、サックスを始めてまだ間もない初心者の人とかの方が、言われたことを
素直に守って意識して練習しますので、割と短期間で直る人が多いようです。

なので、一概にあと三ヶ月で間に合うかどうか?と言われると個人差がありますので、
何とも言えませんが、すぐに直る人もいますので、直る可能性は大いにあると思いますよ。

噛み癖を直すためには、ブログの記事にも書いていますが、お腹からしっかりと息を吹き込んで、
息のスピードをしっかりとつけてやることです。

口の中を少し狭くしてやって、水やりの時のホースの口をつまんで水を勢いよく遠くに飛ばす要領で、
同じようにスピードのある息をしっかりと吹き込んでやりましょう。

口から出る息で、細くて硬い息の柱を作ってやるようなイメージです。

それと、長時間楽器を吹いていると、口が疲れてきて、息を入れる力も弱ってきますので、
そうなるとまた強く噛んで高い音を出そうとするようになりますので、口が疲れてきたら
無理して練習を続けずに適度な休憩をはさんで口を休めてやりましょう。

私のように長くサックスを吹いている人でも、長時間吹いて疲れてくると無意識に噛むように
なってきますので、私も疲れてきて「噛むようになってきたな…」と思うと休むようにしています。

これから夏にかけてコンクールのシーズンがやってきますね。

間に合うかどうかはあまり気にせずに、毎日の練習で噛まずにスピードのある息をしっかりと
吹き込むように意識して頑張りましょう。

もし、短期間で噛む癖が直ったらラッキーですよ!

そう思って頑張って下さいね。。
2011-05-03 Tue 14:27 | URL | Taka #-[ 編集]
ある中学のブラスバンド部、アルトサックス担当です。

実は、私も噛み癖がついてしまって、
顧問の先生から音色が汚いと言われてしまいました。

あと三ヶ月くらいでコンクールがあるんですけど、
意識してがんばれば、間に合いますか?
2011-05-03 Tue 13:59 | URL | LILY #aEmTB4nk[ 編集]
長い文章、ありがとうございます!!
やっぱり、そんなに簡単に直ることでは
なさそうですが、根気強く頑張ります★
ストローの練習してみますっ^^
あと、確かに私は息のスピードが遅いです><
音量もないんで・・・
息をしっかり入れることを心がけます!
本当にアドバイスありがとうございます(*´∀`*)
また困った時は、相談するので
よろしくお願いします!
2010-10-08 Fri 21:36 | URL | そら #-[ 編集]
そらさん、こんばんは。Takaです。

コメント、ありがとうございます。

噛みすぎのアンブシュアが癖になってしまって苦労しているようですね。

噛みすぎのアンブシュアの矯正には結構時間がかかると思いますので、
すぐに直らなくても根気よく日頃の練習で意識しながら直していくしかないですね。

> 短時間で口が痛くなるし、歯型もついてるんですよ。
> 音程・音色も悪くて、高い音も細いです・・・。

これは、噛みすぎのアンブシュアになっている時に出る典型的な症状ですね。

ブログの記事にも書いていますが、噛みすぎのアンブシュアになってしまう大きな原因として、
楽器にスピードのある息がしっかり吹き込めていないことが挙げられます。

ですので、まずは楽器に息をしっかりと吹き込めているかどうかをチェックしてみましょう。

特に、高音域は息のスピードが必要ですので、口の中を狭くして、スピードのある息をしっかりと
吹き込んでやらないと、マウスピースを強く噛まないと高音域の音が出せないということになります。

> あと、どうしても「おー」の口にできずに
> スマイルの口になっちゃうんです(泣)
> どうすればイイでしょうか?

スマイルの口、よくないですね・・・
スマイルの口になっていると、息をしっかり吹き込もうとすると、口の両端から息が漏れてくると思います。

「オーーー」の口に矯正しようと思ってもなかなかうまくいかない場合は、ストローを使ってみましょう。
ストローを口にくわえて、そのストローに思いっきり息を吹き込んでみて下さい。

ストローは細いので、口をすぼめないと強く息を吹き込もうとすると、口の両端からすぐに息が漏れてしまいます。
口の両端から息が漏れないように口をすぼめて、ストローにたくさん強い息を吹き入れる練習をしてみて下さい。

ストローのような細い管の中にたくさんの息を入れようとすると、それなりに息に圧力をかけて、
お腹で息を支えてやらないといけないですし、口の両端もすぼめないと息漏れがしますので、
いい練習になると思います。

あとは、マウスピースをくわえた時も、ストローをくわえて息を強く吹き込む時と同じ要領で吹いてみて下さい。
マウスピースは、ストローよりは息が入りますので、よりたくさんの息を入れてやる必要があります。

そうすると、マウスピースを強く噛まなくても、高音域は楽に出るようになると思います。

息の入れ方、アンブシュアの矯正は、いつも練習の時に意識してやらないとなかなか直りませんので、
すぐに直らないからと言ってすぐに諦めてしまわずに、根気よく頑張って下さいね。
2010-10-06 Wed 21:21 | URL | Taka #pepA2lNQ[ 編集]
私はアルトサックスを吹いているんですが、
たぶん噛みすぎのアンブシュアなんですよ><。
短時間で口が痛くなるし、歯型もついてるんですよ。
音程・音色も悪くて、高い音も細いです・・・。
あと、どうしても「おー」の口にできずに
スマイルの口になっちゃうんです(泣)
どうすればイイでしょうか?
先輩もいなくなって、アルトはソロも多いので
不安を感じてます。教えてください!
2010-10-05 Tue 21:07 | URL | そら #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。