ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

サクソフォンのための50の易しく漸新的な練習曲 第1巻 (ラクール)

今日は久しぶりに、私のオススメする教則本をご紹介したいと思います。

これまでに色々な教則本をご紹介しましたが、今一番よく使われているメジャーな練習曲集をご紹介するのを忘れていましたので、今日ここにご紹介します。

ご存知の皆さんも多いと思いますが、「サクソフォンのための50の易しく漸新的な練習曲 第1巻(ラクール)」です。

通称「ラクールの1巻」と言われている教則本です。





この教則本は、第1巻と第2巻があり、2冊で50曲の練習曲が収録されています。

このラクールは、クラシカルサクソフォーンの教則本では定番中の定番と言われている練習曲集です。

クラッシックの先生のレッスンに付いている人であれば、おそらくほとんどの人がこのラクールの練習曲集を練習していると思います。

グレードとしては、ここで紹介している第1巻が初級者向けで、私が以前に紹介した「サミによるサクソフォンのための24のやさしい練習曲」と同じ位置付けに当たる教本です。

第1巻の中身は、No.1 ~ 25までの練習曲が収録されていて、最初は易しい曲から始まって、番号が進むごとに少しずつ難しくなっていきます。

そして、第2巻になると内容はさらにに難しくなり、No.26~50の練習曲が収録されていて、レベルとしては以前にご紹介した、クローゼの「サクソフォンのための練習曲 25の日課練習」と同じぐらいの難易度になります。




ですので、初級者の方は「第1巻」、中級者以上の方は「第2巻」を練習されるといいと思います。

教則本の組み合わせとしては、須川先生のトレーニングブックで音階スケール練習をして、エチュードはこの「サクソフォンのための50の易しく漸新的な練習曲 第1巻(ラクール)」と「第2巻」か、「第2巻」へ進まずに「サクソフォンのための練習曲 25の日課練習(クローゼ)」へ進むのもいいですし、ラクール1巻ではなくて「サミによるサクソフォンのための24のやさしい練習曲(ミュール)」から始めて、「サクソフォンのための練習曲 25の日課練習(クローゼ)」、もしくは「サクソフォン教程 18の技術練習、または練習曲(ベルビギエ)」に進んでもいいと思います。

ちなみに、私は「サミによるサクソフォンのための24のやさしい練習曲(ミュール)」から始めて、「サクソフォンのための練習曲 25の日課練習(クローゼ)」と「サクソフォン教程 18の技術練習、または練習曲(ベルビギエ)」に進みました。

これまでに私がご紹介した練習曲集ですが、中身の練習曲の中には同じようなフレーズの曲があちこちに登場してきたりしていますので、教則本が違っても練習するべき内容は共通しているんだなぁって思いますし、全部をやらなければ上達しないという訳ではありませんし、どれが一番いいかといっても教本の内容としての差もそれほどないと思いますので、好みと自分のレベルに合わせて選ばれるといいと思います。

さてみなさんはいかがでしょうか?

ここでご紹介した、ラクールの第1巻も、私のオススメの教則本ですので、クラッシックや吹奏楽をされている初級~中級者の方の個人練習用のエチュードに利用されてみてはいかがでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

教則本 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<息のスピード不足のチェック | HOME | 清水大輔>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。