ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

くわえすぎのアンブシュア

サックスは、マウスピースをくわえて吹くのですが、人によってマウスピースをくわえる深さはそれぞれだと思います。

サックスは、マウスピースを深くくわえるとリード全体が振動しやすくなるので、リードの大きな振動幅が必要になる低音域が出しやすくなるので、結構深めにマウスピースをくわえる人が多いのではないでしょうか。

また、マウスピースを深めにくわえると音がベーベーいいやすくなって音が汚くなりやすいので、そこでまたマウスピースを強く噛んで、汚い音を緩和させようとして悪循環におちいりやすくなります。

音色が汚くて悩んでいる人は、マウスピースを少し浅めにくわえてみるといいと思います。


マウスピースをくわえる深さは、上の歯がマウスピースの先端からだいたい1cmぐらいのところに当たるぐらいがひとつの目安です。

人によって口の形や唇の厚い薄いがありますので、だいたいこのぐらいを目安にして、いい音の出る自分に合った位置を探してみましょう。

マウスピースを浅めにくわえることで、下唇がリードの先端に近いリードの柔らかい部分に当たるようになるので、マウスピースを噛まなくても下唇だけでリードの振動をコントロールしやすくなります。


上手な人でマウスピースを深くくわえているような人もいるかも知れませんが、唇の分厚い人とかですと、実際にはマウスピースを浅めにくわえているのに、外から見るとマウスピースを深くくわえているように見えることもあります。

音がベーベーいって汚い音が出たりして悩んでいる人は、このマウスピースのくわえる深さを少し浅めにすることで下唇でリードの振動をコントロールしやすくなりますので、汚くて粗っぽい音が解消されてくると思います。

マウスピースをくわえる深さは、マウスピースの噛み過ぎにも影響してきますので、一度自分のマウスピースをくわえる深さもチェックしてみて、少し深くくわえているようであれば、くわえる位置を浅めにしてやり、マウスピースに息がしっかりと入るように、噛み過ぎているアンブシュアをリラックスさせて緩めてやることで音が全然変わってくると思います。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンブシュア | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<下唇の役割 | HOME | 噛み過ぎのアンブシュア>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。