ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アンブシュアのポイント

今日は、「アンブシュアのポイント」について書いてみたいと思います。

これまでに、アンブシュアの記事について色々と書いてきましたが、アンブシュアについて悩んでいる方が多いようですので、ここでもう一度アンブシュアで大切なポイントについて書いてみたいと思います。

みなさんは、正しいアンブシュアで吹けていますか?

アンブシュアで悩みだすと、吹いているときにアンブシュアを色々と動かしてしまったり、アンブシュアを気にしすぎて息がしっかりと吹き込めなくなってしまったりとあまりいいことがありません。


アンブシュアは、悩んでいる人にとってはすごく難しく感じられるかも知れませんが、注意しなければいけないポイントは決まっていますし、実際のところはそんなに悩むほどのこともない、いたってシンプルなことなのです。


それでは、アンブシュアの主なポイントを以下にまとめてみたいと思います。


1.上の前歯2本をしっかりとマウスピースに当てる。(マウスピースの先端から約1cmのところ)

2.マウスピースを上下に強く嚙まずに口の両端を内側にすぼめるようにする。

3.上の歯のラインと下の歯のラインを合わせる。


主なポイントは、たったこの3つです。

いたって、シンプルですね。


アンブシュアで悩んでいる方は、この3つのポイントがしっかりとできているかどうかをチェックしてみて下さい。

この3つのポイントがちゃんと押さえられているのに、うまく吹けないという人は、腹式呼吸が正しくできていなかったり、息のスピードコントロールが上手くできていなかったりと、アンブシュア以外のところに問題があるケースがほとんどです。

特に、この3つのポイントの中でも1番目の「上の前歯2本をしっかりとマウスピースに当てる」のができていない人が結構います。

他の記事でも書いていますが、この上の前歯2本の支えはサックスを吹く上では非常に大切です。

過去に演奏の姿勢についての記事で書いたと思いますが、サックスを支えるのは、上の前歯2本とストラップとサムフックに引っかけた右手の親指の3点です。

ここでも繰り返して書きますが、この3点支持がサックスを吹く上での基本となります。


それでは、ここでちょっとみなさんのアンブシュアをチェックしてみましょうかね?

まずは、上の前歯をマウスピースにしっかりと当てて、ストラップをいい位置まで引き上げて、右手の親指をサムフックに引っかけてみて下さい。


どうですか? できましたか?


サックスが3点でしっかりと固定できていますか?


では次に、その状態のままで左右にぐるっと回ってみたり、その辺をうろうろと歩きまわってみて下さい(笑)

左右にぐるっと回ったり、歩いたりするとサックスがグラグラと揺れたり、バランスを崩して上の前歯がズレたりマウスピースから外れてしまったりした人は、サックスが3点でしっかりと固定できていないということです。

3点支持がしっかりとできていない人は、ストラップが下すぎて上の前歯の支えが甘くなっている人がほとんどだと思います。

ぐるっと回ったり、歩いたりしたときに、上の前歯がズレたりマウスピースから外れてしまうという人は、上の前歯2本の支えが甘いということですので、ストラップを少し引き上げて、もっとしっかりと上の前歯がマウスピースに当たるようにしましょう。

また、サムフックに引っかけた右手の親指が痛くなるという人は、ストラップが下すぎて右手の親指に楽器の重さがかかりすぎているという人です。

右手の親指が痛くなるという人は、ストラップをしっかりと引き上げて、楽器の重さをもっとストラップに任せるようにしましょう。


さて、みなさんは自分のアンブシュアをチェックしてみた結果はいかがだったでしょうか?

上の前歯2本って結構強くマウスピースに当てないといけないんだな…と思った人もいると思いますし、ストラップも普段そんなに意識していなかったけど、結構重要な役割をしているんだな…ということに気付いた人も結構いるのではないでしょうか。

アンブシュアと言えば、口の形や下唇とかに話題が集中しがちですが、大切なポイントは上の前歯2本の支えであったり、ストラップの位置とかがアンブシュアに影響していたりと、普段はそれほど意識しないようなところに大切なポイントがあったりしますので、上記の3つのポイントを今まで意識したことがなかったという人は、いい機会ですのでチェックしてみましょう。

案外できていなかったという人は、この3つのポイントをしっかりとマスターすれば、アンブシュアは悩むほど難しいことじゃないということに気付くと思います。


今日は、アンブシュアのポイントということで書いてみましたが、いかがだったでしょうか?


アンブシュアって実はそんなに難しいものじゃなくて、大切なポイントさえしっかりと押さえていれば、いたってシンプルなものだということに気付いて頂ければ嬉しいです。

大切なポイントを押さえてアンブシュアを作れば、あとは息のスピードコントロールと腹式呼吸を正しくマスターするだけなのです。


さぁ、アンブシュアで悩んでいるみなさんは、もっとシンプルに考えて、息のスピードコントロールと腹式呼吸の方をしっかりとマスターしましょう!!!


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンブシュア | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<マウスピースの選定品 | HOME | ロングトーン>>

この記事のコメント

アドバイスありがとうございます!!
参考にさせていただきます。
2013-12-15 Sun 22:10 | URL | まめ #-[ 編集]
> まめ さん

こんばんは。Takaです。

口の両端を引いてしまって空気が漏れてしまうのは、マウスピースを上下に強く噛んでしまう、いわゆる「噛みすぎのアンブシュア」になってしまっているように思います。

吹き始めの方は大丈夫とありますので、しばらくすると口が疲れてきて、「口を両端にすぼめる」ことができなくなってきて、アンブシュアを保つためにマウスピースを上下に強く噛むようになり、そうするとお書きのように口の両端を引いて空気が口の横から漏れるようになってきます。

これを改善するためには、頬の筋肉を鍛えることと、アンブシュアを作るときはマウスピースを上下に強く噛まずに口の両端を内側にすぼめることを意識して練習しましょう。

また、まめさんの場合は、吹くとしばらくしてとありますので、口が疲れてきたらこまめに休憩を取って、口の周りを手でほぐしたりして、口の周りの筋肉を休めてやるようにしましょう。

アンブシュアを作る上では、他の記事でも書いていますが、頬の筋肉を鍛えることが重要になってきます。

頬の筋肉を鍛えるには、ボールペンを歯で噛まずにくわえて、唇だけでまっすぐ前に保ち、下にさがらないようにすると、頬の筋肉がかなりキツイと思いますので、いい練習になると思います。

頬の筋肉は、日常生活ではそれほど使わない筋肉ですので、このボールペンを使った練習法などはいいトレーニングになると思います。

噛みすぎのアンブシュアがクセになってしまうとなかなか直りませんし、音質にも悪い影響を与えますので、アンブシュアは正しいアンブシュアをしっかりと作るようにしましょう。


頑張って下さいね!

2013-12-15 Sun 18:38 | URL | Taka #-[ 編集]
こんばんは
私はアルトサックスを吹くとき、吹き始めの方は大丈夫なのですがしばらくすると、どうしても口の両端を引いてしまって空気が漏れて音が出せなくなってしまうんです。これはどうすれば改善できるのでしょうか?よろしくお願いします。
2013-12-14 Sat 18:08 | URL | まめ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。