ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

下唇の役割

今回は、アンブシュアに大きく関わる、下唇の役割について書いてみたいと思います。

クラッシックのサックスでは、アンブシュアを作る時には、下唇を内側に巻き込んでくわえるのが基本で、これを「シンリップ」と呼んでいます。

また、ジャズなどでは下唇を内側に巻き込まないアンブシュアをよく使います。この下唇を巻き込まないスタイルを、「ファットリップ」と言います。

クラッシック、吹奏楽の世界では、昔は下唇を内側に巻き込んでくわえる、「シンリップ」が主流でしたが、最近では下唇を巻き込まない「ファットリップ」を使う人も多くなりました。

シンリップの方は、音程が取りやすく、音色も安定しているのが特徴で、「ファットリップ」の方は下唇が柔軟に使えますので、音程や音色を柔軟にコントロールできるのが特徴です。

また、特殊なアンブシュアで、上下の両方の唇を内側に巻き込む、「ダブルリップ」という唇の使い方もあります。

どのスタイルがいいかについては、演奏する音楽のジャンルに合わせて、自分が一番音が出しやすくて、自分がいい音の出せるスタイルを選択するといいと思いますし、どれが一番いいということはありません。


おそらく、吹奏楽をされている方は「シンリップ」を使っている方がほとんどだと思います。


噛み過ぎのアンブシュアでも触れましたが、シンリップで下唇を強く噛んでしまうと、リードの振動を殺してしまい、音が細くなって響かなくなり、マウスピースから息があまり入らなくなってしまいます。


サックスでは、下唇はリードを支える役割を担っていて、リードに対するクッションの役割を果たしています。

下唇がリードに対するクッションの役割をすることで、リードの振動をコントロールするのです。

従って、下の歯で強く下唇を噛んでしまうと、下唇がリードに対するクッションの役割を果たさなくなってしまいます。

そういう意味でも、下唇は下の歯で強く噛んでしまわないように、「下唇だけでリードを支える」感じにしてやることが大切です。


そして、下唇だけの力でリード面を圧迫したり緩めたりして、リードの振動をまろやかにしたり、振動幅を大きくしたりします。

ちなみに、私は軽いシンリップで吹いていて、シンリップのいいところとファットリップのいいところの両方をうまく使えるようにしています。

マウスピースの噛み過ぎをやめて、下唇だけでリードを支える感じにすると、最初は音程もふらついたりしてすごく違和感があると思いますが、慣れてくると気にならなくなりますし、下唇のクッションを使ってリードの振動をうまくコントロールできるようになるので、下唇を噛んでしまいたくなるのを我慢して練習に励みましょう。


また、ダブルリップですと、上下の唇を内側に巻き込むようにしてくわえますので、マウスピースを噛むと上下の唇が痛くてたまらないので、マウスピースの噛み過ぎの悪い癖を直すのにはいい練習になりますが、まともな音を出すまでが結構大変だと思います。

いずれのスタイルにしても大切なことは、「唇の力だけでリードを支える感じ」にしてやることです。


下唇の役割は、サックスでいい音を出すための非常に重要な役割を果たしていますので、自分の下唇をチェックして、リードの振動を殺してしまっていないかどうかを確認してみて下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンブシュア | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ティップオープニング | HOME | くわえすぎのアンブシュア>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。