ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

タイトなアンブシュアと噛み過ぎのアンブシュアの違い

今日は、「タイトなアンブシュアと噛み過ぎのアンブシュアの違い」ということで、以前の記事に書いた2つのアンブシュアの違いについて書いてみたいと思います。

過去の記事でも、部分的にこの2つのアンブシュアの違いについて触れているところもあるのですが、実際にどこが違うのかというところを記事にしてまとめてみることにしました。

この「タイトな~」という表現と、「噛み過ぎの~」という表現は、この2つのアンブシュアが違っているということを表すために私が自分で作った表現なのですが、さすがに言葉だけではピンと来ないという人や、実際にタイトなアンブシュアにしたつもりが、マウスピースを上下に噛み過ぎたアンブシュアになってしまったという人も中にはいるのではないでしょうか。

ですので、ここではこの2つのアンブシュアの大きな違いについて説明することにします。


まず、「タイトなアンブシュア」についてですが、これは高音域を吹く時や、ソプラノサックスなどの高音域のパートを担当するサックスを吹く時に使われるアンブシュアを指していて、私のよく使う表現で言うと、「きんちゃく袋の口をギュッと締めたようなアンブシュア」のことです。

噛み過ぎのアンブシュアと違う点は、マウスピースを周りから均等な力で締め付けてやようにして、上下に強く噛んで下の歯の力で下唇をリードに押し付けるようにしない点です。

タイトなアンブシュアでは、口の両端をギュッと内側にすぼめると同時に、下唇を硬くしてやり、リードの振動幅が小さくなるようにしてやります。

つまり、タイトなアンブシュアでは、下の歯の力を使わずに下唇を硬くしてやることでリードの振動を小さくすることです。


ところが、噛み過ぎのアンブシュアになっている人は、下の歯で下唇の裏側をギューーーッと噛んで下唇をリードに強く押し付けるようにしていますので、確かにリードの振動は小さくなりますが、リードの真ん中から根元部分の振動を殺してしまっていますので、響きのない詰まったような音色になってしまうというわけです。


簡単に言えば、下の歯で下唇を強く噛んでいるかどうかということが「タイトなアンブシュア」と「噛み過ぎのアンブシュア」の大きな違いということです。

腹式呼吸が正しくできていて、息に圧力がしっかりかかっていて、スピードもしっかりとついていれば、下の歯で下唇を強く噛んでやらなくても、下唇を少し硬くしてやるだけでリードの振動幅はすぐに小さくなりますので、高い音も楽に出ますし、リード全体が振動するようになりますので音もよく響いてくれます。

さぁ、みなさんはいかがでしょうか?

あなたは高い音を吹くときは、「タイトなアンブシュア」になっていますか?それとも、「噛み過ぎのアンブシュア」になっていますか?

この違いは、長時間吹いた時の疲れ方にも出てきます。

噛み過ぎのアンブシュアになっているという人は、もうお分かりですよね?
長時間、いや長時間吹かなくても、吹いているとすぐに下唇の裏側が痛くなってきます。


それでは、タイトなアンブシュアがちゃんとできている人はどうでしょうか???
これは過去の記事でも何度か書いたことがありますが、頬の筋肉が疲れて、頬が痛くなってきます。

頬の筋肉が疲れるのは、アンブシュアをタイトにするときに口の両端を内側にギュッとすぼめますので、そのときに頬の筋肉をすごく使うからです。

アンブシュアの練習でボールペンをくわえるということを書いたと思いますが、ボールペンを噛まずに唇の力だけでボールペンが水平になるように保とうとすると、口の両端をギュッとすぼめないといけませんので、かなり頬の筋肉の力を使わないとボールペンが下に下がってきてしまいます。

このように、長時間吹いた時の口や頬の疲れ方でも正しいアンブシュアになっているかどうかが判断できます。


あと、アンブシュアはしっかり固定して動かないようにするのが基本だということも書いたと思いますが、「アンブシュアをギュッと締めてタイトにしたり、ぐっと緩めてルーズにしたりするということは、アンブシュアは動いているんじゃないですか?」という質問を受けたことがありますが、「アンブシュアをしっかり固定して動かないようにする」というのは、アンブシュアを作る時に上の歯2本をしっかりとマウスピースに当てて、マウスピースがブレないようにすることを指しています。

つまり、上の歯2本をマウスピースにしっかりと当てて、マウスピースが前後左右に動かないようにしっかりと固定した上で、唇を周りからギュッと締めてタイトにしたり、口をぐっと縦に緩めてルーズにしたりすることでリードの振動をコントロールするということです。

アンブシュアをタイトにしたときに上の歯が浮いてしまって、マウスピースが動いてしまうという人は、上の歯2本がしっかりとマウスピースに当たっていないということです。

ちゃんとタイトなアンブシュアができると、口を周りからギュッと絞ったときに、上の歯2本がマウスピースにめり込むぐらい強く当たっているように感じると思います(笑)

私が指導している生徒さんに、「上の歯がマウスピースにめり込むようになってしまってるんですが、いいんでしょうか?」という質問を受けたのですが、「そうです!そうじゃないといけないんですよ!」って答えましたからね(笑)

つまり、下の歯は強く噛んではいけないのですが、逆に上の歯はマウスピースにめり込むぐらい強く当たってないといけません。

ここがアンブシュアの大切なポイントですので、みなさんもチェックしてみましょう。


正しいアンブシュアの基本は、上の前歯2本がしっかりとマウスピースに当たっていることですので、マウスピースの歯の当たる部分にティースマークが付いて、その部分が削れてくるということは、上の前歯2本がしっかりとマウスピースに当たっている証拠ですので、すごくいいことなんですよね。

マウスピースパッチを貼っていらっしゃるという方も多いと思いますが、正しいアンブシュアがちゃんとできている人は、マウスピースパッチを貼っていてもすぐに破れてくると思いますし、なかなか破れてこないという人は、上の歯の支えが甘い人だと思います。

ちなみに、私は基本はマウスピースパッチを貼らない人なんですが、新しいマウスピースにはパッチを貼って吹いてますが、吹いているうちにすぐに破れてきますし、ティースマークが付かないように貼ったはずが、パッチの交換のときにはがしてみたらしっかりとティースマークが付いてしまってますので、結局はマウスピースパッチを貼る意味がないんですけどね(笑)

つまり、そのぐらい上の歯がしっかりとマウスピースに当たっているということです。

記事のタイトルと少し話が横道にそれてしまいましたが、上の前歯の支えは正しいアンブシュアを作るうえでは非常に大切ですので、みなさんも普段から意識してみて下さい。


さて、今日は「タイトなアンブシュア」と「噛み過ぎのアンブシュア」の違いについて書いてみましたが、いかがだったでしょうか?

みなさんも、タイトなアンブシュアと噛み過ぎのアンブシュアの違いを正しく理解して、普段の練習でもしっかりと意識してみましょう。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アンブシュア | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<高音域は楽に出せる | HOME | 奏法の問題か?楽器の問題か?>>

この記事のコメント

高音の🎵レ・ミ・ファが(特にミ
、ファの音程が下がってしまうのですが、安定させる良い方法を教えて下さい🎷宜しくお願い致します。
2017-01-30 Mon 08:36 | URL | sax-taka #-[ 編集]
> ムーンさん

こんばんは。Taka です。コメントの方は24時間いつ書いていただいても結構ですよ。
携帯が鳴ったりする訳でもないですし、私の方も返信する時間が取れる時に返信するようにしてますからね。

さて、アルトの音がひっくり返って困っているとのことですね。

実は、これも「交流のひろば」でましゅまろさんから頂いたご質問と同様に、まずは原因の切り分けが必要です。

私の方で実際の楽器を見てチェックすることもできませんので、どこに原因があるのかを順番にチェックしていくしかないです。

私が当ブログの記事でリードミスについて書いているのですが、そこでリードミスの原因をチェックするポイントを書いていますが、そこに書いている内容もチェックポイントのひとつになると思います。

例えば、リードを変えてみても同じ現象が出るかどうか。リードを変えてみても同じ症状が出るのであれば、リードが原因ではないということが分かります。

あと、リガチャーが歪んでいたりすると、リードミスも多くなり音がひっくり返ったりもしますので、リガチャーを他のリガチャーに変えてみてチェックしてみます。

リガチャーを変えても同じ症状が出るようであれば、リガチャーが原因でないことが分かります。

そして、その楽器を同じマウスピース、リガチャー、リードで他の人が吹いてみても同じように音がひっくり返るかどうか。

そういう感じで、ひとつずつ原因をつぶしていくと、原因がどこにあるのかが分かってくると思います。

ですので、まずは楽器(本体、マウスピース、リード、リガチャー)に原因があるのかどうかをチェックしてみましょう。

それで楽器には問題がないということであれば、自分の奏法に問題があるということですので、そこで初めて自分のアンブシュアなどの奏法を疑うようにするといいと思います。
2013-05-26 Sun 23:05 | URL | Taka #-[ 編集]
丁寧なお答え ありがとうございました。年数だけ長くなってますが、ダラダラと続けて来たので、たいして上達してないのです。 参考にさせて頂きます。 後 アルトの音が ひっくり返って、大変困っておりますが… やっぱり アンブシュアが関係しているのでしょうか。遅い時間に コメントして申し訳ありません。お答えは、また後日で結構ですので。
2013-05-25 Sat 21:27 | URL | ムーン #-[ 編集]
> ムーンさん

こんばんは。管理人のTakaです。
コメント、ありがとうございます。

サックス歴20数年ということはもうベテランですね!

アンブシュアは難しく考えすぎると長くサックスを吹いている人でも悩んでしまいますし、逆にシンプルに考えた方が案外簡単にできたりします。

長くサックスを吹いているベテランの方でも、アンブシュアが噛みすぎになってしまうという方は、腹式呼吸がちゃんとマスターできてなかったり、息のスピードコントロールがうまく出来ていないことが原因になっているケースが多いので、アンブシュアで悩んだ時は、腹式呼吸を使った息の入れ方や、息のスピードコントロールの方をしっかりと練習した方がアンブシュアが自然といい形になったりしますので、練習のポイントを変えてみるのもひとつだと思います。
2013-05-15 Wed 02:11 | URL | Taka #-[ 編集]
参考にさせて頂きます。一応 サックス歴二十数年なのですが、なかなか難しくて。
2013-05-14 Tue 22:03 | URL | ムーン #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。