ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

表現は大袈裟に

梅雨の蒸し暑い日が続いてますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

6月もいよいよ今日で最後ですね。

今日は、「表現は大袈裟に」というタイトルで記事を書いてみたいと思います。

サックスで曲を吹くときに、楽譜を見ると五線譜に音符が並んでいて、五線譜の下に色々な記号が書いてありますよね。

pp(ピアニッシモ)、p(ピアノ)、mp(メゾピアノ)、mf(メゾフォルテ)、f(フォルテ)、ff(フォルティッシモ)といった強弱記号や、クレッシェンド、デクレッシェンド、他にも fp(フォルテピアノ)などの特殊な記号もあります。

これらの記号は、音に強弱や音量の変化を付けることによって、その曲の曲想を作っている大切な記号です。

吹奏楽やオーケストラなどの演奏を聴いていると、音の強弱によって思わずハッとさせられたりすることも多いですよね。

上に書いた強弱記号は本当に基本的なものだけを挙げてみましたが、これらの記号以外にも演奏の際に効果的な表現をするための記号がたくさんあり、奏者はその記号を見てより魅力的な演奏をします。

皆さんは音の強弱を演奏でうまく表現できていますか?

サックスを吹いているときに、強弱を付けて吹いているつもりが、実際に録音してみると全然強弱が付いていなかったり、クレッシェンドしているのに全然音が大きくなっていないという経験はありませんか?

吹奏楽やアンサンブルでも、強弱を付けて吹いているつもりが、実際は全然音量が変わっていないということで指揮者の先生に何度も注意されるということがよくあるのではないでしょうか。

このような経験はサックスだけに限らず、管楽器を吹いている人であれば皆さんもよく経験すると思います。

では、なぜそうなってしまうのでしょうか?


例えば、歌を歌う場合ですと音を出すのが喉の声帯ですので、声の大きさをコントロールするのは比較的簡単にできますので、カラオケとかで歌ったりするときは、自分の思うように歌えば音の強弱も簡単にコントロールできますし、マイクもありますので声の強弱は面白いように操ることができると思います。

ところが、音を出すのが声ではなくて楽器ということになると、自分で強弱を付けて吹いているつもりでも、実際は自分が思っているほど音の強弱が付きません。

これは、音を出すのが自分の身体の一部ではなくて楽器であるため、かなり大袈裟で大胆に強弱を付けてやるようにしないと、実際に出てくる音の強弱は全然付かないということになってしまうのです。

ですので、サックスを吹くときの表現はかなり大袈裟で大胆にしてやるようにしましょう。

例えば、pp(ピアニシモ)であればかなり小さな音で吹くようにして、クレッシェンドとかもかなり小さな音からかなり大きな音にしてやり、音の強弱の変化を大袈裟にしてやるようにすると、聴いている方はちょうどいいぐらいになります。

この音の強弱の幅は、よく「音のダイナミックレンジ」と呼ばれていて、曲を演奏する時は音のダイナミックレンジが大きければ大きいほど効果的な演奏表現ができます。


さて、みなさんの吹くサックスの音のダイナミックレンジはいかがでしょうか?

初心者の方ですと、ある程度大きな音で吹くのは比較的簡単にできるかも知れませんが、小さな音で吹くのは息の圧力がしっかりかかっていないとすぐに音が出なくなってしまったりしますので難しいと思います。

サックスでよく小さな音でちゃんと吹けるように練習することが大切だということを先生や先輩から教わったりすることがよくあると思いますが、それは音のダイナミックレンジの幅を大きくすることにも大きく関係しますので、非常に大切です。

また、大きな音で吹く場合も、ある程度は大きな音で吹けても、それ以上大きな音で吹こうと思うと、噛み過ぎのアンブシュアになっていたりするとはマウスピースから息がたくさん入りませんので大きな音が出ませんし、腹式呼吸がちゃんとできていないと、息に圧力がしっかりとかかっていなかったり、息のスピードコントロールがうまくできないと音も響きませんので、音量もある一定の音量までくるとそれ以上の音量が出なかったりします。

ですので、小さな音でちゃんと音を出して吹く練習、噛み過ぎのアンブシュアにならないこと、腹式呼吸を使って息の圧力や息のスピードをコントロールする練習に加えて、実際に曲を演奏する時には、「表現は大袈裟に」することを心がけましょう。

そうすることで、どんな曲を吹いてもより効果的な演奏ができるようになります。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

奏法 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<強く吹くこととしっかり吹くことの違い | HOME | 本番にミスは付き物!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。