ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

林田さんのソロ

今日は新年初めての記事ということで、ちょっと素敵な演奏をご紹介したいと思います。

タイトルは「林田さんのソロ」ですが、これから紹介する動画に林田和之さんのアルトのソロの演奏が登場してましたので、タイトルをそう付けただけです。

私が年末にYouTubeをあれこれ聴いていて、久石譲 in 武道館(スタジオジブリ25周年記念コンサート)の動画を見つけて聴いていたのですが、その中に林田さんのソロが出てきたのでビックリ!!(笑)

実は、林田和之さんは私の大好きなプロのサックス奏者の一人なんですよね。

スタジオジブリと言えば、宮崎駿さんのアニメで、宮崎アニメの音楽プロデューサーと言えば、皆さんもよくご存知の久石譲さんですね。

宮崎アニメとの出会いは、私がちょうど高校1年の時に「風の谷のナウシカ」が劇場公開された時に、高校の吹奏楽部のクラリネットの友人に誘われて見に行ったのがキッカケで、そこから今までの宮崎アニメはほとんど全部制覇してます(笑)

宮崎アニメは奥が深く、特に久石譲さんの音楽は本当に素晴らしいですね。

とりあえず、まずは久石譲さんのコンサートを見て下さい!



いやはや、本当に素晴らしいですね~~

オーケストラあり、合唱あり、マーチングあり、そしてそして「崖の上のポニョ」の大橋のぞみちゃんまで登場してますね(笑)

久石譲さんの才能は本当に素晴らしいですよね!

この動画の中で私が一番好きなのは、やはり「紅の豚」の林田さんのソロですね。

ちょうどこの動画の、【1:01:56】から「紅の豚」が始まります。

久石譲さんの素晴らしいピアノのメロディーから、トロンボーンパートのメロディーに移って、その次に林田さんのアルトのソロが出てきます。

林田さんと言えば、雲井先生率いる雲井雅人サクソフォーン四重奏団、通称「雲カル」のテナー奏者ですね。

雲井先生の「昔の歌」のアルバムのギリシャ組曲の2楽章で、華麗なテナーのアドリブソロを吹いているのが林田さんです。

雲カルではテナーですが、この動画ではアルトのソロを吹いています。

【1:04:27】ぐらいから林田さんのソロが始まって、トロンボーンと交互に「紅の豚」のカッコイイフレーズを吹いてますね。

音色はクラッシックの音色で、ジャズ調の吹き方をしてるところが何ともたまらないんですよね~!

よく見るとバリトン奏者は、同じく雲カルの西尾貴浩さんも出てますね。

林田さんは、ジャンルはクラッシックからジャズ、パートもソプラノからバリトンまで幅広く演奏するマルチプレーヤーで、特に林田さんのジャズ調のアドリブの吹き方は私の好みなんですよね。

本格的なジャズの演奏とはちょっと違って、音色がクラッシックの音色で、吹き回しがジャズ調の演奏なのですが、そこがまた味があって個人的には大好きなんですよ。

まぁ、本格的にジャズをやってる人から言わせると、俗に言う「なんちゃってジャズ」って言うのかも知れませんけどね(笑)

林田さんの演奏だけじゃなく、このコンサートの動画は本当に素晴らしい動画だと思いますので、皆さんも暇なときやくつろぎのひとときなどにじっくりと鑑賞してみて下さい。


あ、それと林田さんは個人でブログもされてますので、ご興味のある方はのぞいてみられるといいと思います。

http://plaza.rakuten.co.jp/maruha/


他にも林田さんのソロの演奏がYouTubeにあります。
長野市の門前ジャズストリートで中学生の吹奏楽部との共演です。


<青春の輝き>



<宝島>



いや~~林田さんの音、本当にいい音してますね。

林田さんは、私の大好きなプロ奏者の一人です。

みなさんもいろんなプロの奏者の演奏を聴いて、自分の大好きな音、吹き方などを研究して、自分の目指す音に近づけるように頑張っていきましょう!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

アルト サクソフォーン | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<アンサンブルコンテスト県大会 (2012年度) | HOME | 2013年、あけましておめでとうございます!>>

この記事のコメント

> takako さん

コメント、ありがとうございます! 管理人の Taka です。

ジャズはクラッシックとは違って、それぞれのプレーヤーの演奏スタイルは自由ですし、一言にジャズと言っても、本当に様々な演奏スタイル、独特の個性を持ったプレーヤーがいますからね。

クラッシックの演奏スタイルが自由度がなくて個性的でないということではないですが、クラッシックの場合はプレーヤーによって音色や吹き方の違いがあっても、だいたい大筋は同じ路線の音色、吹き方ですからね。


他にもいい演奏があれば、どんどん紹介していきたいと思います。
2013-01-21 Mon 14:30 | URL | Taka #-[ 編集]
どの演奏も それぞれの良さがあって素敵ですね

〝なんちゃってジャズ〟いえいえ〝お行儀のいいジャズ〟とでもしておきましょう(笑)

また素敵な演奏を見つけたらアップしてください
2013-01-18 Fri 12:06 | URL | takako #AVgFLk6E[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。