ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Ligaphone UNIVERSAL (リガフォン ユニバーサル)

今日は、またまたリガチャーについて書きたいと思います。

リガチャーについては、これまでも私の愛用リガチャーから、楽器店で試奏した様々なリガチャーのあれこれ、リガチャーを変えることによる効果などを書いてきました。

今日は、私が今アルトで愛用しているフランスのリガフォン(Ligaphone)のリガチャーで、ユニバーサルというリガチャーについて紹介したいと思います。

私の愛用しているリガフォンのLigaphone Orchestre GP については、過去の記事を参考にして下さい。

http://takasax.blog39.fc2.com/blog-entry-132.html

私の使っているリガフォンのリガチャーは、アルトとB♭クラリネットの兼用リガチャーなのですが、今回紹介するユニバーサルは、リガチャーの上半分の逆締めネジの部分がワイヤーによる可変式の留め金になっていて、マウスピースの径に関係なく、ソプラノからバリトンまでの楽器に対応できるリガチャーなんですよ。

とりあえず、どんな感じなのかを見てみましょう。

まずは、ゴールドプレート(GP)のモデルからです。


【リガフォンGPオーケストラ】



・24金メッキ仕上
・オーケストラ(薄いパッド)…パワフルで艶やかな音色
・Eb・B♭・アルト・バスクラリネット、 ソプラノ・アルト・テナー・バリトンサックス用

まずオーケストラモデルですが、私の愛用しているモデルの可変式バージョンです。
リードの当たるパッドの部分が薄手の布パッドになっていますので、吹いた時の抵抗感も少なく、BG Tradition GP に比べると楽に音が出ますし、吹いた時の吹奏感は軽い感じで、音色は華やかで明るい音がすると思います。



【リガフォンGPクラシカル】



・24金メッキ仕上
・クラシカル(厚いパッド)…豊かで明るめの音色
・Eb・B♭・アルト・バスクラリネット、ソプラノ・アルト・テナー・バリトンサックス用

次はGPのクラシカルですが、こちらは私の愛用しているモデルよりもリードの当たる部分のパッドが厚手になっていますので、オーケストラに比べると吹いた時の抵抗感も強めで、音色はオーケストラよりも少し落ち着いた感じの音になると思います。



次は、ブラックニッケルメッキのバージョンですね。

【リガフォンブラックニッケルオーケストラ】



・ブラックニッケル仕上
・オーケストラ(薄いパッド)…パワフルで艶やかな音色
・Eb・B♭・アルト・バスクラリネット、 ソプラノ・アルト・テナー・バリトンサックス用



【リガフォンブラックニッケルクラシカル】



・ブラックニッケル仕上
・クラシカル(厚いパッド)…豊かで明るめの音色
・Eb・B♭・アルト・バスクラリネット、 ソプラノ・アルト・テナー・バリトンサックス用


私の持っているリガフォンの説明書には、ブラックニッケルではなく、ブラックシルバーという名前で書かれていました。

ブラックニッケルですとメッキの特徴から想像すれば、ゴールドメッキのきらびやかな響きの音色に比べるとシブめの音色になるように思います。

試奏レポートでも書いていますが、キャノンボールのブラックニッケルメッキのテナーを試奏したことがあるのですが、ブラックニッケルメッキは吹いた時のレスポンスが相当よくて、音の立ち上がりもすごくいいので、このリガフォンユニバーサルのブラックニッケルメッキのリガチャーもレスポンスのいいシブい感じの音になるような気がします。

ですので、ジャズなどをされている方はブラックメッキ、吹奏楽やクラッシックをされている方は、ゴールドメッキのものが適していると思います。

また、抵抗感が弱めの吹奏感が好きな人はオーケストラ、抵抗感が強い吹奏感が好きな人はクラシカルを選ばれるといいと思います。


私がリガフォンのリガチャーを購入した時は、このユニバーサルの存在を知りませんでしたので、アルト用のものを購入しましたが、もしこのユニバーサルの存在を知っていれば、ソプラノも吹きますので、このユニバーサルを購入していたと思います。

マウスピースの径とリガチャーには相性がありますので、可変式で調整のできるリガフォンのユニバーサルはすごく便利だと思いますし、何よりも今の一番の私のお気に入りのリガチャーの可変式リガチャーですので、オススメです。


私のようにソプラノ、アルト、テナー、バリトンと、複数の楽器を掛け持ちする人にとっては嬉しいリガチャーですね。

BG Tradition GP のリガチャーに比べると、価格も安いですし、コストパフォーマンスにも優れたすごくいいリガチャーですので、みなさんもぜひ一度お試し下さい!



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

リガチャー | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<エチュード(練習曲) | HOME | 息を入れた方が指が回る>>

この記事のコメント

> ぱぼ さん

こんばんは。管理人の Taka です。

いつも当ブログを見て頂いてありがとうございます。

> リガフォンのリガチャーを購入したのですが、可動式で「動かない・・・」と格闘していたら、ネジがぬけてしまいました。上のアマゾンの商品の写真でいうと、向かって左側です。緩めすぎたようで、閉めても閉まらないなぁ(空回りして全然ネジが閉まらない)と思ってよくみたらネジになっている部分が、ネジのしまる部分から抜けてしまって、強くいれると歪むかな~と怖いですが、強く入れるしか無いでしょうか?

このご質問ですが、私の方では製品に対する責任を負えませんので、大変申し訳ありませんが私の方で「こうすればよい」というアドバイスができません。

私の方でアドバイスできるとすれば、リガフォンのリガチャーはTeeda(ティーダ)という会社が輸入元になっていますので、そちらに一度お問い合わせしてみてはいかがでしょうか?

Teeda(ティーダ)のサイトURLは以下になります。

http://www.teeda-japan.com/accessories_ligaphone.html


Teeda(ティーダ)は大阪の会社ですので、関西圏にお住まいであれば、電話で相談の上、修理に持ち込めるようであれば、ちゃんと直してもらえる可能性も高いと思います。


お力になれなくて、大変申し訳ありません。。。
2013-08-29 Thu 20:50 | URL | Taka #-[ 編集]
こんにちは。いつも参考にさせていただいています。
とっても、間抜けな質問ですみません。
リガフォンのリガチャーを購入したのですが、可動式で「動かない・・・」と格闘していたら、ネジがぬけてしまいました。上のアマゾンの商品の写真でいうと、向かって左側です。緩めすぎたようで、閉めても閉まらないなぁ(空回りして全然ネジが閉まらない)と思ってよくみたらネジになっている部分が、ネジのしまる部分から抜けてしまって、強くいれると歪むかな~と怖いですが、強く入れるしか無いでしょうか?
まだ一回も使ってないのに~~ (☍﹏⁰)。
コツなどありましたら、教えてください。
2013-08-29 Thu 15:26 | URL | ぱぼ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。