ミストなサックス

これまでのサックス人生を振り返りながら、サックスを吹くアマチュアプレーヤーの上達のヒントや情報交換の場になればと思い、当ブログを立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

オススメのチューナー (TM-50、TMR-50)

今日は、久しぶりにサックスの小物の記事を書きたいと思います。

少し前に、うちのカルテットのアルト吹きがちらっと話していたのですが、新しいチューナーで自分が吹いた音に近い音を返してくれるのが出たらしい…という話をしていて、その時はへぇ~~それすごいな!って言ってそのまま流していたのですが、よくよく考えてみるとその機能はサックス奏者に限らず、管楽器奏者の正しい音感を鍛えるのにすごくいい機能だと思いましたので、今回記事にすることにしました。

過去の記事で、メトロノームのオススメを紹介したことがあったと思いますが、その際に通称「メトチュー」と呼ばれている、メトロノームとチューナーが一体化した電子式チューナーの新しいモデルです。

私は、メトロノームは電子式よりも振子式を推奨しており、私自身もチューナーはメトロノームと別に使いますが、チューナーを使うときにセンサーを使わずに正しい音程の音を出して耳で音を合わせる時に、いちいちチューナーの音を手で変えて合わせるのが面倒だなぁ…って思っていたのですが、この新しいチューナーに搭載された機能ですと、自分が吹いた音に反応してその音に近い音をチューナーが自動的に出してくれますので、本当に便利ですね。

この新しい機能は、「サウンドバック機能」と呼ばれていて、「入力音に近い基準音をスピーカーで返す」そうです。


では、このサウンドバック機能が付いたチューナーをご紹介します。

まずは、KORG製の「TM-50」です。

     


こちらは、TM-50のマイク付きのセットです。

     


それにしても、「サウンドバック機能」が付いているのって本当に魅力ですよね!!!

実は私も欲しいのですが、今持ってるクリップ式のチューナーがまだ現役バリバリですので、次回購入のときにはぜひコレにしたいと思います(笑)

私が【音程】のカテゴリーの記事の中で、サックスで正しい音感を身に付けるには、チューナーや鍵盤楽器で正しい音程の音を出して、それをよく聴いてロングトーン練習をして、チューナーや鍵盤楽器の音と自分の吹いている音が1つに聴こえるように練習しましょうということを書いていたと思いますが、この「サウンドバック機能」の付いたチューナーがあれば、ハーモニーディレクターのような鍵盤楽器は不要ですよね。

前のモデルの「TM-40」には、基準音を出す「サウンドアウト機能」は付いていたのですが、自分で出す音をボタンを押して選ばないといけなかったのですが、この新しい「TM-50」の方は自分で選ばなくてもセンサーが吹いた音を感知して、その音を自動的に出してくれますので本当に便利です。

使い方としては、日々の基礎練習でこの「サウンドバック機能」を使って、まさに私が音程のトレーニングで書いていたように、自分の吹いた音とチューナーから出てくる音が1つの音に聴こえるようにロングトーンをするようにすればバッチリです!

これからチューナーを購入する予定の方は、ぜひこの「サウンドバック機能」付きのチューナーを購入して、正しい音感を身に付ける練習に役立てるとバッチリです。


…と言いながら、見ているとなんと録音機能まで付いたバージョンのものがありました(笑)

上記のTM-50の上位モデルで、TMR-50です。

     


そして、こちらはTMR-50のマイク付きセットです。

     


いやはや、恐れ入りました(笑)

この録音機能付きのモデルならば、ハンディーレコーダーも別に買う必要はないですよね~
実は、私はハンディーレコーダーも別でZoom製のH4を購入して使っているんですよね。


このTMR-50、かなり便利で優れものですので、今使っているクリップチューナーが壊れたら購入すると思います(笑)


自分の音を録音して客観的に聴いてみるのはすごくいい勉強になりますし、練習の際に自分の音をハンディーレコーダーで録音して聴くことをどなたかのご質問のアドバイスで何度か書かせて頂いた記憶がありますが、これ1台あれば普段の練習に必要な機能がほぼ全部オールインワンで収まっていますので、すごく便利ですよね。


最初からコレがあれば、クリップ式チューナーもハンディーレコーダーも買わなかったのに(笑)

しかも、お値段も1万円しませんので本当に便利でかなりイケてる小物だと思います。


それにしても、時代は一気に進化しましたね。

私が中学生の頃に使っていたチューナーもKORG製のもので、当時の価格で2万5千円もする高級品のチューナーを父親から渡されて使っていたのですが、今はその10分の1の価格で大きさは約5分の1、メトロノーム機能も搭載されてチューナーと同時使用ができるなど、恵まれた世の中になったと思います。


これからチューナーを購入されるという皆さんは、このような便利な機能がすべて1台に詰まったチューナーを利用しない手はないと思います。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

ミストなオススメ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<リードの管理 | HOME | エチュード(練習曲)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。